徳田 栄一

薬学部 薬学科専任講師

プロフィール学部時代の講義で筋萎縮性側索硬化症(ALS)という神経難病の存在を知り、衝撃を受けました。それ以来、現在まで一貫してALS研究を続けています。薬学出身のALS研究者として「ALSを薬で治せる病気にすること」が私の研究人生のゴールです。創薬に直結するALSの治療標的を明らかにするために、ALS病因タンパク質SOD1がどのように運動ニューロンを変性させるか、その分子メカニズムの解明を目指しています。特に、SOD1がALSの運動ニューロン内で凝集する性質に着目し、SOD1凝集体の病理学的役割に関する研究を進めています。現在は、SOD1凝集体が細胞間や脳内をどのように伝播していくか?、また、凝集体の伝播をコントロールする因子は何か?、SOD1凝集体の伝播メカニズムを分子・細胞・生体レベルで理解することを目的としています。

学位

  • 博士(薬学), 日本大学, 2010年03月

研究キーワード

  • 筋萎縮性側索硬化症
  • 神経変性疾患
  • タンパク質凝集体
  • SOD1
  • TDP-43
  • 細胞間伝播
  • エンドサイトーシス
  • エンドソーム
  • オートファジー
  • 組換えタンパク質
  • 細胞モデル
  • 動物モデル
  • メタロチオネイン

研究分野

  • ライフサイエンス, 病態神経科学
  • ライフサイエンス, 病態医化学, 神経変性疾患
  • ライフサイエンス, 機能生物化学
  • ライフサイエンス, 分子生物学

経歴

  • 2019年04月 - 現在
    日本大学, 薬学部, 専任講師
  • 2018年04月 - 2019年03月
    徳島文理大学, 薬学部, 講師
  • 2015年04月 - 2018年03月
    慶應義塾大学, 理工学部 化学科, 助教
  • 2010年04月 - 2015年03月
    スウェーデン王国 ウメオ大学, 医学部, ポスドク
  • 2008年04月 - 2010年03月
    日本学術振興会, 特別研究員(DC2)

学歴

  • 2007年04月 - 2010年03月
    日本大学大学院, 薬学研究科, 博士課程
  • 2005年04月 - 2007年03月
    日本大学大学院, 薬学研究科, 修士課程
  • 2001年04月 - 2005年03月
    日本大学, 薬学部

委員歴

  • 2022年06月 - 現在
    Topic Advisory Panel, International Journal of Molecular Sciences (MDPI, Switzerland)
  • 2021年09月 - 現在
    NISTEP定点調査, 文部科学省 科学技術・学術政策研究所科学技術予測センター
  • 2020年01月 - 現在
    Advisory Board, Life (MDPI, Switzerland)

受賞

  • せりか基金, せきか基金「金賞」
    徳田栄一
  • 内藤記念科学振興財団, 海外留学フェローシップ
    徳田 栄一
  • メタルバイオサイエンス研究会, 研究奨励賞
    徳田 栄一

論文

  • MS785-MS27, a Commercially Available Antibody Cocktail against Misfolded SOD1, Recognizes Various Conformation-disordered SOD1 Species Lacking the Incorporated Zn ion
    Eiichi Tokuda
    2024年04月
  • FUS regulates RAN translation through modulating the G-quadruplex structure of GGGGCC repeat RNA in C9orf72-linked ALS/FTD
    Yuzo Fujino; Morio Ueyama; Taro Ishiguro; Daisaku Ozawa; Toshihiko Sugiki; Hayato Ito; Asako Murata; Akira Ishiguro; Tania F. Gendron; Kohji Mori; Eiichi Tokuda; Tomoya Taminato; Takuya Konno; Akihide Koyama; Yuya Kawabe; Toshihide Takeuchi; Yoshiaki Furukawa; Toshimichi Fujiwara; Manabu Ikeda; Toshiki Mizuno; Hideki Mochizuki; Hidehiro Mizusawa; Keiji Wada; Kinya Ishikawa; Osamu Onodera; Kazuhiko Nakatani; Hideki Taguchi; Leonard Petrucelli; Yoshitaka Nagai
    eLife, 2023年02月, 査読有り, 通常論文
  • A Metal-Free, Disulfide Oxidized Form of Superoxide Dismutase 1 as a Primary Misfolded Species with Prion-Like Properties in the Extracellular Environments Surrounding Motor Neuron-Like Cells.
    Chika Takashima; Yasuhiro Kosuge; Masahisa Inoue; Shin-Ichi Ono; Eiichi Tokuda
    International Journal of Molecular Sciences, 2021年04月, 査読有り, 通常論文
    ラスト(シニア)オーサー
  • Stagnation of glymphatic interstitial fluid flow and delay in waste clearance in the SOD1-G93A mouse model of ALS
    Mikako Hirose; Mito Asano; Saori Watanabe-Matsumoto; Koji Yamanaka; Yoichiro Abe; Masato Yasui; Eiichi Tokuda; Yoshiaki Furukawa; Hidemi Misawa
    Neuroscience Research, 2020年12月, 査読有り, 通常論文
  • Does wild-type Cu/Zn-superoxide dismutase have pathogenic roles in amyotrophic lateral sclerosis?
    Yoshiaki Furukawa; Eiichi Tokuda
    Translational Neurodegeneration, 2020年12月, 査読有り, 通常論文
  • Oxidative misfolding of Cu/Zn-superoxide dismutase triggered by non-canonical intramolecular disulfide formation.
    Itsuki Anzai; Eiichi Tokuda; Sumika Handa; Hidemi Misawa; Shuji Akiyama; Yoshiaki Furukawa
    Free radical biology & medicine, 2020年02月, 査読有り, 通常論文
  • Wild-type Cu/Zn-superoxide dismutase is misfolded in cerebrospinal fluid of sporadic amyotrophic lateral sclerosis.
    Eiichi Tokuda; Yo-Ichi Takei; Shinji Ohara; Noriko Fujiwara; Isao Hozumi; Yoshiaki Furukawa
    Molecular neurodegeneration, 2019年11月, 査読有り, 通常論文
    筆頭著者
  • [Prion-like Properties of Misfolded Cu/Zn-superoxide Dismutase in Amyotrophic Lateral Sclerosis: Update and Perspectives].
    Eiichi Tokuda
    Yakugaku Zasshi : Journal of the Pharmaceutical Society of Japan, 2019年01月, 査読有り, 通常論文
    筆頭著者
  • A copper-deficient form of mutant cu/Zn-superoxide dismutase as an early pathological species in amyotrophic lateral sclerosis.
    Tokuda E; Nomura T; Ohara S; Watanabe S; Yamanaka K; Morisaki Y; Misawa H; Furukawa Y
    Biochimica et biophysica acta, 2018年06月, 査読有り, 通常論文
    筆頭著者
  • Cu/Zn-superoxide dismutase forms fibrillar hydrogels in a pH-dependent manner via a water-rich extended intermediate state.
    Fujiwara N; Wagatsuma M; Oba N; Yoshihara D; Tokuda E; Sakiyama H; Eguchi H; Ichihashi M; Furukawa Y; Inoue T; Suzuki K
    PLoS One, 2018年, 査読有り, 通常論文
  • An essential role of N-terminal domain of copper chaperone in the enzymatic activation of Cu/Zn-superoxide dismutase
    Mami Fukuoka; Eiichi Tokuda; Kenta Nakagome; Zhiliang Wu; Isao Nagano; Yoshiaki Furukawa
    JOURNAL OF INORGANIC BIOCHEMISTRY, 2017年10月, 査読有り, 通常論文
  • Abnormal protein oligomers for neurodegeneration
    Eiichi Tokuda; Yoshiaki Furukawa
    ONCOTARGET, 2017年06月, 査読有り, 通常論文
    筆頭著者
  • Regulatory Role of RNA Chaperone TDP-43 for RNA Misfolding and Repeat-Associated Translation in SCA31
    Taro Ishiguro; Nozomu Sato; Morio Ueyama; Nobuhiro Fujikake; Chantal Sellier; Akemi Kanegami; Eiichi Tokuda; Bita Zamiri; Terence Gall-Duncan; Mila Mirceta; Yoshiaki Furukawa; Takanori Yokota; Keiji Wada; J. Paul Taylor; Christopher E. Pearson; Nicolas Charlet-Berguerand; Hidehiro Mizusawa; Yoshitaka Nagai; Kinya Ishikawa
    NEURON, 2017年04月, 査読有り, 通常論文
  • A misfolded dimer of Cu/Zn-superoxide dismutase leading to pathological oligomerization in amyotrophic lateral sclerosis
    Itsuki Anzai; Eiichi Tokuda; Atsushi Mukaiyama; Shuji Akiyama; Fumito Endo; Koji Yamanaka; Hidemi Misawa; Yoshiaki Furukawa
    PROTEIN SCIENCE, 2017年03月, 査読有り, 通常論文
  • Immunochemical characterization on pathological oligomers of mutant Cu/Znsuperoxide dismutase in amyotrophic lateral sclerosis
    Eiichi Tokuda; Itsuki Anzai; Takao Nomura; Keisuke Toichi; Masahiko Watanabe; Shinji Ohara; Seiji Watanabe; Koji Yamanaka; Yuta Morisaki; Hidemi Misawa; Yoshiaki Furukawa
    MOLECULAR NEURODEGENERATION, 2017年01月, 査読有り, 通常論文
    筆頭著者
  • Aggregation of FET proteins as a pathological change in amyotrophic lateral sclerosis
    Yoshiaki Furukawa; Eiichi Tokuda
    Advances in Experimental Medicine and Biology, 2017年, 査読有り, 通常論文
  • Screening of drugs inhibiting in vitro oligomerization of Cu/Zn-superoxide dismutase with a mutation causing amyotrophic lateral sclerosis
    Itsuki Anzai; Keisuke Toichi; Eiichi Tokuda; Atsushi Mukaiyama; Shuji Akiyama; Yoshiaki Furukawa
    Frontiers in Molecular Biosciences, 2016年08月, 査読有り, 通常論文
  • Copper Homeostasis as a Therapeutic Target in Amyotrophic Lateral Sclerosis with SOD1 Mutations
    Eiichi Tokuda; Yoshiaki Furukawa
    International Journal of Molecular Sciences, 2016年05月, 査読有り, 通常論文
    筆頭著者
  • Low autophagy capacity implicated in motor system vulnerability to mutant superoxide dismutase
    Eiichi Tokuda; Thomas Braennstroem; Peter M. Andersen; Stefan L. Marklund
    ACTA NEUROPATHOLOGICA COMMUNICATIONS, 2016年01月, 査読有り, 通常論文
  • Regulation of Intracellular Copper by Induction of Endogenous Metallothioneins Improves the Disease Course in a Mouse Model of Amyotrophic Lateral Sclerosis
    Eiichi Tokuda; Shunsuke Watanabe; Eriko Okawa; Shin-ichi Ono
    Neurotherapeutics, 2015年04月, 査読有り, 通常論文
    筆頭著者
  • Overexpression of metallothionein-I, a copper-regulating protein, attenuates intracellular copper dyshomeostasis and extends lifespan in a mouse model of amyotrophic lateral sclerosis caused by mutant superoxide dismutase-1
    Eiichi Tokuda; Eriko Okawa; Shunsuke Watanabe; Shin-ichi Ono
    Human Molecular Genetics, 2014年03月, 査読有り, 通常論文
    筆頭著者
  • Dysregulation of intracellular copper homeostasis is common to transgenic mice expressing human mutant superoxide dismutase-1s regardless of their copper-binding abilities
    Eiichi Tokuda; Eriko Okawa; Shunsuke Watanabe; Shin-Ichi Ono; Stefan L. Marklund
    Neurobiology of Disease, 2013年06月, 査読有り, 通常論文
    筆頭著者
  • An attempt to treat amyotrophic lateral sclerosis by intracellular copper modification using ammonium tetrathiomolybdate and/or metallothionein: Fundamentals and perspective
    Shin-Ichi Ono; Ei-Ichi Tokuda; Eriko Okawa; Shunsuke Watanabe
    Brain Diseases and Metalloproteins, 2012年07月, 査読有り, 通常論文
  • Effects of Pergolide Mesilate on Metallothionein mRNAs Expression in a Mouse Model for Parkinson Disease
    Shin-ichi Ono; Kohji Hirai; Ei-ichi Tokuda
    BIOLOGICAL & PHARMACEUTICAL BULLETIN, 2009年10月, 査読有り, 通常論文
  • Dysregulation of intracellular copper trafficking pathway in a mouse model of mutant copper/zinc superoxide dismutase-linked familial amyotrophic lateral sclerosis
    Eiichi Tokuda; Eriko Okawa; Shin-ichi Ono
    Journal of Neurochemistry, 2009年10月, 査読有り, 通常論文
    筆頭著者
  • Ammonium tetrathiomolybdate delays onset, prolongs survival, and slows progression of disease in a mouse model for amyotrophic lateral sclerosis
    Eiichi Tokuda; Shin-ichi Ono; Kumiko Ishige; Shunsuke Watanabe; Eriko Okawa; Yoshihisa Ito; Takashi Suzuki
    EXPERIMENTAL NEUROLOGY, 2008年09月, 査読有り, 通常論文
  • Dysequilibrium between caspases and their inhibitors in a mouse model for amyotrophic lateral sclerosis
    Eiichi Tokuda; Shin-ichi Ono; Kumiko Ishige; Shunsuke Watanabe; Eriko Okawa; Yoshihisa Ito; Takashi Suzuki
    BRAIN RESEARCH, 2007年05月, 査読有り, 通常論文
  • Different patterns in the induction of metallothionein mRNA synthesis among isoforms after acute ethanol administration
    Shin-Ichi Ono; Yuriko Ishizaki; Ei-Ichi Tokuda; Kei-Ichi Tabata; Satoru Asami; Takashi Suzuki
    BIOLOGICAL TRACE ELEMENT RESEARCH, 2007年02月, 査読有り, 通常論文
  • Metallothionein proteins expression, copper and zinc concentrations, and lipid peroxidation level in a rodent model for amyotrophic lateral sclerosis
    Eiichi Tokuda; Shin-ichi Ono; Kumiko Ishige; Akira Naganuma; Yoshihisa Ito; Takashi Suzuki
    Toxicology, 2007年01月, 査読有り, 通常論文
    筆頭著者
  • Upregulation of metallothionein-I mRNA expression in a rodent model for amyotrophic lateral sclerosis
    Shin-ichi Ono; Yuko Endo; Ei-ichi Tokuda; Kumiko Ishige; Kei-ichi Tabata; Satoru Asami; Yoshihisa Ito; Takashi Suzuki
    BIOLOGICAL TRACE ELEMENT RESEARCH, 2006年10月, 査読有り, 通常論文

MISC

  • Zn未結合型SOD1を認識する市販ミスフォールドSOD1抗体MS785
    徳田栄一; 阪下優芽; 山老直哉
    日本薬学会年会要旨集(Web), 2023年
  • ALS病因タンパク質の凝集を抑制するZn結合型メタロチオネイン
    徳田 栄一; 桂馬 茉衣子; 池田 知亜子; 小菅 康弘; 小野 真一
    日本薬学会年会要旨集, 2022年03月
  • Zn結合型メタロチオネインによるALS関連タンパク質の凝集抑制
    徳田栄一; 桂馬茉衣子; 池田知亜子; 小菅康弘; 小野真一
    日本神経化学会大会抄録集(Web), 2022年
  • メタロチオネイン機能の新たな展開 神経変性疾患ALSに対するメタロチオネインの防御作用 SOD1タンパク質の凝集化抑制
    徳田 栄一; 桂馬 茉衣子; 池田 知亜子; 小野 真一
    The Journal of Toxicological Sciences, 2021年07月
  • ALS関連タンパク質凝集体の構造多型に共通した細胞間伝播経路
    徳田栄一; 田上美帆; Stefan Marklun; 小野真一
    日本薬学会 141年会, 2021年03月
  • ショウジョウバエモデルによるC9orf72関連ALS/FTDの病態解明
    上山盛夫; 上山盛夫; 上山盛夫; 石黒太郎; 小澤大作; 小澤大作; 杉木俊彦; 石黒亮; 徳田栄一; 今野卓哉; 小山哲秀; 武内敏秀; 武内敏秀; 古川良明; 藤原敏道; 和田圭司; 小野寺理; 永井義隆; 永井義隆; 永井義隆; 永井義隆
    日本臨床ストレス応答学会大会抄録集, 2021年
  • SOD1-ALSモデルマウスにおけるグリアリンパ系の破綻と老廃物排泄遅延
    廣瀬 美嘉子; 麻野 珠都; 松本 さおり; 山中 宏二; 阿部 陽一郎; 安井 正人; 徳田 栄一; 古川 良明; 三澤 日出巳
    日本薬理学会年会要旨集, 2021年, 査読無し
  • 運動ニューロン周囲の細胞外液に存在するミスフォールドSOD1の構造特性とプリオン性伝播能
    徳田栄一; 高島千佳; 小菅康弘; 井上正久; 小野真一
    日本毒性学会 第4回 生体金属部会(メタロバイオサイエンス研究会2020), 2020年11月
    筆頭著者
  • Distinct influences of ALS-linked SOD1 mutants on endocytosis: implication of strain type of SOD1 aggregates
    Eiichi Tokuda; Miho Tagami; Rieko Fujiwara; Asuka Eguchi; Stefan L. Marklund; Shin-ichi Ono
    The 43rd Annual Meeting of the Japan Neuroscience Society, 2020年07月
    筆頭著者
  • 細胞外ミスフォールドSOD1の運動ニューロン毒性 エンドサイトーシスの機能低下とALS病理の関連
    徳田栄一; 高島千佳; 田上美帆; 小野真一
    日本薬学会年会要旨集, 2020年03月, 査読無し, 通常論文
  • ALSの病態進行におけるグリアリンパ系の関与
    廣瀬 美嘉子; 麻野 珠都; 設楽 周聖; 阿部 陽一郎; 安井 正人; 徳田 栄一; 古川 良明; 三澤 日出巳
    日本薬理学会年会要旨集, 2020年, 査読無し
  • 神経変性疾患関連タンパク質SOD1の自己酸化によるミスフォールディング機構
    安齋樹; 徳田栄一; 向山厚; 秋山修志; 古川良明
    日本細胞生物学会, 2019年12月, 査読無し, 通常論文
  • 筋萎縮性側索硬化症マウスにおける変異SOD1と glutaredoxinの検討
    小野真一; 徳田栄一; 浅見覚
    日本毒性学会 第3回 生体金属部会(メタロバイオサイエンス研究会2019), 2019年10月
  • エンドサイトーシス受容体LRP2によるメタロチオネインの神経内移行: 変異型SOD1毒性の軽減作用
    徳田栄一; 井上正久; 小野真一
    日本毒性学会 第3回 生体金属部会(メタロバイオサイエンス研究会2019), 2019年10月
  • 運動ニューロン疾患ALSに対するメタロチオネインの保護作用 LRP2を介したエンドサイトーシスの関与
    徳田 栄一; 井上 正久; 小野 真一
    The Journal of Toxicological Sciences, 2019年06月, 査読無し, 通常論文
  • ヒト子宮頸部扁平上皮病変(CSIL)における細胞周期調節因子p27Kip1発現の免疫組織化学的検討
    笠井佑美; 安宅菜月; 徳田栄一; 瀬津弘順; 井上正久
    日本薬学会年会, 2019年03月, 査読無し, 通常論文
  • 横紋筋融解症に伴う急性尿細管障害に対するEdaravone反復投与の影響
    仙石瞳友; 廣瀬陽美; 前田紗希; 徳田栄一; 瀬津弘順; 井上正久
    日本薬学会, 2019年03月, 査読無し, 通常論文
  • ALSモデルマウスにおけるアクアポリン4欠損は異常タンパク質蓄積と病態進行を加速させる
    設樂周聖; 渡辺(松本)さおり; 廣瀬美嘉子; 山中宏二; 阿部陽一郎; 安井正人; 徳田栄一; 古川良明; 三澤日出巳
    日本薬理学雑誌, 2019年
  • 銅シャペロンCCSによるSOD1タンパク質への金属イオン供給メカニズム
    羽飼友昭; 福岡真実; 徳田栄一; 徳田栄一; 古川良明
    メタルバイオサイエンス研究会2018, 2018年11月, 査読無し, 通常論文
  • 筋萎縮性側索硬化症(Amyotrophic Lateral Sclerosis;ALS)とCu,Zn,そしてmisfolding
    小野真一; 徳田栄一
    メタルバイオサイエンス研究会2018, 2018年11月, 査読無し, 通常論文
  • バクテリアにおけるSodC‐IIタンパク質の「抗老化」機能
    吉田昂生; 徳田栄一; 徳田栄一; 古川良明
    メタロバイオサイエンス研究会2018, 2018年11月, 査読無し, 通常論文
  • 酸化ストレスが引き起こす銅・亜鉛スーパーオキシドディスムターゼのミスフォールディング機構
    古川良明; 安齋樹; 徳田栄一; 徳田栄一; 向山厚; 秋山修志
    メタルバイオサイエンス研究会2018, 2018年11月, 査読無し, 通常論文
  • ALS原因タンパク質であるSOD1の線維化やゲル化には適度な水分子を含む伸びた中間体が必要である
    藤原 範子; 我妻 美千留; 大場 矢登; 吉原 大作; 徳田 栄一; 江口 裕伸; 崎山 晴彦; 井上 正志; 古川 良明; 鈴木 敬一郎
    日本生化学会大会プログラム・講演要旨集, 2018年09月, 査読無し, 通常論文
  • 筋萎縮性側索硬化症に見られるSOD1タンパク質の凝集を抑制するメカニズム
    松本響佳; 中村滉平; 徳田栄一; 古川良明
    日本蛋白質科学会年会プログラム・要旨集, 2018年05月23日, 査読無し, 通常論文
  • システイン残基の酸化が促進するSOD1タンパク質のミスフォールディング
    安齋樹; 徳田栄一; 古川良明
    日本蛋白質科学会年会プログラム・要旨集, 2018年05月23日, 査読無し, 通常論文
  • SOD1タンパク質への銅イオン供給に金属シャペロンCCSが果たす役割
    羽飼友昭; 福岡真実; 徳田栄一; 古川良明
    日本蛋白質科学会年会プログラム・要旨集, 2018年05月23日, 査読無し, 通常論文
  • 運動ニューロン疾患ALSにおけるミスフォールドタンパク質のプリオン様特性:現状と今後の展望
    徳田栄一; MAKLUND Stefan; 古川良明
    日本薬学会年会要旨集(CD-ROM), 2018年, 査読無し, 通常論文
  • 神経変性疾患ALSの病初期に現れる銅イオン欠乏型SOD1
    徳田栄一; 大原慎司; 山中宏二; 三澤日出巳; 古川良明
    メタルバイオサイエンス研究会講演要旨集, 2017年10月13日, 査読無し, 通常論文
  • タンパク質の構造異常を検出できるファージの開発と神経変性疾患の病理解明への応用
    古川良明; 徳田栄一; 長澤健一; 野村尚生; 山中宏二; 三澤日出巳; 大原慎司
    生体分子科学討論会講演要旨集, 2017年06月23日, 査読無し, 通常論文
  • 神経変性疾患の発症に関わるタンパク質のミスフォールディングを抑制する化合物の探索
    半田純夏; 徳田栄一; 古川良明
    日本化学会春季年会講演予稿集(CD-ROM), 2017年03月03日, 査読無し, 通常論文
  • 神経変性疾患に関連したタンパク質の線維化を抑制する化合物の探索
    中村滉平; 徳田栄一; 古川良明
    日本化学会春季年会講演予稿集(CD-ROM), 2017年03月03日, 査読無し, 通常論文
  • 筋萎縮性側索硬化症にみられる変異型SOD1への金属イオン結合の異常
    古川良明; 徳田栄一; 大原慎司; 山中宏二; 三澤日出巳
    日本生化学会大会(Web), 2017年, 査読無し, 通常論文
  • 筋萎縮性側索硬化症における変異SOD1オリゴマーの免疫化学的な検出
    徳田栄一; 森崎祐太; 三澤日出巳; 渡邊征爾; 山中宏二; 大原慎司; 古川良明
    日本薬学会年会要旨集(CD-ROM), 2017年, 査読無し, 通常論文
  • 神経変性疾患の発症に関わるタンパク質オリゴマーの形成と毒性発揮のメカニズム
    ANZAI Itsuki; TOKUDA Eiichi; MUKAIYAMA Atsushi; AKIYAMA Shuji; FURUKAWA Yoshiaki
    日本化学会春季年会講演予稿集(CD-ROM), 2017年
  • 免疫化学的手法を利用した神経変性疾患関連タンパク質の構造変化解明
    古川良明; 徳田栄一; 大原慎司; 三澤日出巳; 山中宏二
    生体分子科学討論会講演要旨集, 2016年06月24日, 査読無し, 通常論文
  • 神経変性疾患の治療法開発を目指したミスフォールドタンパク質認識ペプチドの作製
    古川良明; 長澤健一; 徳田栄一; 野村尚生
    日本蛋白質科学会年会プログラム・要旨集, 2016年05月19日, 査読無し, 通常論文
  • 銅・亜鉛スーパーオキサイドディスムターゼの金属イオン結合状態を識別できる新規抗体の開発と筋萎縮性側索硬化症の病理解明への応用
    徳田栄一; 森崎佑太; 三澤日出巳; 渡邊征爾; 山中宏二; 大原慎司; 古川良明
    日本薬学会年会要旨集(CD-ROM), 2016年, 査読無し, 通常論文
  • 細胞内Cu恒常性破綻はALS関連SOD1変異に共通した病態機序である
    徳田栄一; 大川枝里子; 渡辺俊輔; MARKLUND Stefan L; 小野真一
    メタルバイオサイエンス研究会講演要旨集, 2015年08月27日, 査読無し, 通常論文
  • 筋萎縮性側策硬化症マウスにおける変異SOD1とglutaredoxinの検討
    小野真一; 安田あずさ; 徳田栄一
    日本神経学会学術大会プログラム・抄録集, 2013年, 査読無し, 通常論文
  • Cu結合たん白質メタロチオネイン‐Iは進行期のALSモデルマウスに奏効する
    小野真一; 徳田栄一
    日本神経学会総会プログラム・抄録集, 2010年, 査読無し, 通常論文
  • Metallothionein誘導は筋萎縮性側索硬化症マウスの運動ニューロン死を抑制し,ALS様症状を改善する
    徳田栄一; 渡辺俊輔; 大川枝里子; 鈴木孝; 内倉和雄; 小野真一
    神経治療学, 2009年05月25日, 査読無し, 通常論文
  • 病気と薬 パーフェクトBOOK2009 神経疾患 筋萎縮性側索硬化症
    小野真一; 徳田栄一
    薬局, 2009年03月24日, 査読無し, 通常論文
  • 変異Cu/Zn superoxide dismutaseは家族性筋萎縮性側索硬化症モデルマウスでCu輸送障害を引き起こす
    大川枝里子; 徳田栄一; 伊藤芳久; 鈴木孝; 小野真一
    日本薬学会年会要旨集, 2009年03月05日, 査読無し, 通常論文
  • 銅キレート剤ammonium tetrathiomolybdateは筋萎縮性側索硬化症マウスの生存期間を延長し,運動ニューロン変性を抑制する
    徳田栄一; 大川枝里子; 伊藤芳久; 鈴木孝; 小野真一
    日本薬学会年会要旨集, 2009年03月05日, 査読無し, 通常論文
  • 外因性metallothionein‐Iは筋萎縮性側索硬化症マウスのALS様症状に奏効する
    徳田栄一; 鈴木孝; 小野真一
    日本大学薬学部学術講演会講演要旨集, 2009年, 査読無し, 通常論文
  • 変異SOD1はCu排泄トランスポーターAtp7aを凝集体成分にし,Cu排泄障害を引き起こす
    徳田栄一; 大川枝里子; 小野真一
    日本神経学会総会プログラム・抄録集, 2009年, 査読無し, 通常論文
  • 筋萎縮性側索硬化症の病態解明と新規治療薬開発をめざして
    伊藤芳久; 小菅康弘; 徳田栄一; 宮岸寛子; 小野真一; 鈴木孝; 石毛久美子; 吉川正信; 橋本篤司
    生体機能と創薬シンポジウム要旨集, 2008年09月01日, 査読無し, 通常論文
  • 筋萎縮性側索硬化症の新規治療戦略~メタロチオネイン誘導がALS症状を改善する~
    渡辺俊輔; 徳田栄一; 大川枝里子; 伊藤芳久; 鈴木孝; 小野真一
    日本薬学会年会要旨集, 2008年03月05日, 査読無し, 通常論文
  • プロテオーム情報に基づく筋萎縮性側索硬化症の創薬戦略:細胞内の銅不均衡をターゲットとした創薬
    徳田栄一; 小野真一; 石毛久美子; 伊藤芳久; 鈴木孝
    日本薬学会年会要旨集, 2008年03月05日, 査読無し, 通常論文
  • 家族性ALSの背景に銅輸送体たん白質の異常が存在する
    大川枝里子; 徳田栄一; 石毛久美子; 伊藤芳久; 鈴木孝; 小野真一
    日本神経学会総会プログラム・抄録集, 2008年, 査読無し, 通常論文
  • 変異Cu/Zn superoxide dismutaseは脊髄Cu輸送障害を引き起こす
    大川枝里子; 徳田栄一; 伊藤芳久; 鈴木孝; 小野真一
    日本大学薬学部学術講演会講演要旨集, 2008年, 査読無し, 通常論文
  • Metallothionein‐I/II誘導はマウスのALS様症状を改善する
    渡辺俊輔; 徳田栄一; 小野真一
    日本神経学会総会プログラム・抄録集, 2008年, 査読無し, 通常論文
  • 銅キレート剤ammonium tetrathiomolybdateは麻痺を呈した筋萎縮性側索硬化症マウスのALS様症状を改善する
    徳田栄一; 大川枝里子; 伊藤芳久; 鈴木孝; 小野真一
    日本大学薬学部学術講演会講演要旨集, 2008年, 査読無し, 通常論文
  • 筋萎縮性側索硬化症の病態解明と新規治療薬開発をめざして (生体機能と創薬シンポジウム2008--生命システムにおける情報ネットワークの重要性を解く 講演要旨集) -- (シンポジウム 慢性・難治性疾患治療を目指した最新のトランスレーショナルリサーチ)
    伊藤 芳久; 小菅 康弘; 徳田 栄一
    薬学雑誌, 2008年, 査読無し, 通常論文
  • ミトコンドリアDNAの酸化損傷は筋萎縮性側索硬化症の運動麻痺発症に関与する
    徳田栄一; 小野真一; 石毛久美子; 伊藤芳久; 鈴木孝
    日本薬学会年会要旨集, 2007年03月05日, 査読無し, 通常論文
  • 筋萎縮性側索硬化症における新規治療戦略メタロチオネイン誘導による治療効果の検討
    渡辺俊輔; 徳田栄一; 伊藤芳久; 石毛久美子; 鈴木孝; 小野真一
    日本大学薬学部学術講演会講演要旨集, 2007年, 査読無し, 通常論文
  • 銅キレート剤テトラチオモリブデン酸はALSモデルマウスの生存を延長する
    徳田栄一; 小野真一; 石毛久美子; 渡辺俊輔; 大川枝里子; 伊藤芳久; 鈴木孝
    日本神経学会総会プログラム・抄録集, 2007年, 査読無し, 通常論文
  • Metallothionein‐I overexpressing筋萎縮性側索硬化症マウスは生存期間が短縮する
    徳田栄一; 小野真一; 小菅康弘; 石毛久美子; 伊藤芳久; 鈴木孝
    日本大学薬学部学術講演会講演要旨集, 2007年, 査読無し, 通常論文
  • 筋萎縮性側索硬化症モデルマウスにおける銅輸送体たん白質の検討
    大川枝里子; 徳田栄一; 石毛久美子; 伊藤芳久; 鈴木孝; 小野真一
    日本大学薬学部学術講演会講演要旨集, 2007年, 査読無し, 通常論文
  • 筋萎縮性側索硬化症における新規治療の可能性:メタロチオネインによるアポトーシス均衡の破綻および脂質過酸化の是正
    徳田栄一; 小野真一; 石毛久美子; 伊藤芳久; 永沼章; 鈴木孝
    日本薬学会年会要旨集, 2006年03月06日, 査読無し, 通常論文
  • ALSの運動ニューロン死に対するメタロチオネインの防御効果
    徳田栄一; 小野真一; 石毛久美子; 伊藤芳久; 永沼章; 鈴木孝
    日本神経学会総会プログラム・抄録集, 2006年, 査読無し, 通常論文
  • Cuキレート剤テトラチオモリブデン酸は筋萎縮性側索硬化症モデルマウスの生存を延長する
    徳田栄一; 小野真一; 渡辺俊輔; 大川枝里子; 石毛久美子; 伊藤芳久; 鈴木孝
    日本大学薬学部学術講演会講演要旨集, 2006年, 査読無し, 通常論文
  • Pergolide mesilateが線条体metallothionein誘導と過酸化脂質生成量に及ぼす影響
    小野真一; 徳田栄一; 平井浩一; 鈴木孝
    神経治療学, 2005年05月25日, 査読無し, 通常論文

書籍等出版物

  • Brain Diseases and Metalloproteins
    徳田 栄一, 共著, Chapter 11. An attempt to treat amyotrophic lateral sclerosis by intracellular copper modification using ammonium tetrathiomolybdate and/or metallothionein: fundamentals and perspective
    Pan Stanford Publishing, 2012年07月, 査読無し
    9789814316019
  • Aggregation of FET Proteins as a Pathological Change in Amyotrophic Lateral Sclerosis.
    共著, Furukawa Y, Tokuda E
    Springer, 2017年, 査読有り
    0065-2598
  • 病気と薬 パーフェクトBOOK2009 神経疾患 筋萎縮性側索硬化症
    共著, 小野真一, 徳田栄一
    南山堂, 2009年03月24日
    0044-0035
  • Aggregation of FET Proteins as a Pathological Change in Amyotrophic Lateral Sclerosis.
    共著, Furukawa Y, Tokuda E
    Springer, 2017年, 査読有り
    0065-2598
  • 病気と薬 パーフェクトBOOK2009 神経疾患 筋萎縮性側索硬化症
    共著, 小野真一, 徳田栄一
    南山堂, 2009年03月24日
    0044-0035
  • Aggregation of FET Proteins as a Pathological Change in Amyotrophic Lateral Sclerosis.
    共著, Furukawa Y, Tokuda E
    Springer, 2017年, 査読有り
    0065-2598
  • 病気と薬 パーフェクトBOOK2009 神経疾患 筋萎縮性側索硬化症
    共著, 小野真一, 徳田栄一
    南山堂, 2009年03月24日
    0044-0035

講演・口頭発表等

  • Neuroprotection of metallothionein in ALS-SOD1 is mediated by an endocytic receptor LRP2/Megalin
    徳田 栄一
    1st International Symposium on Metal in ALS, 2019年03月, 招待有り
  • Wild-type SOD1 is misfolded in cerebrospinal fluid of sporadic ALS
    徳田 栄一
    29th International Symposium on ALS/MND., 2018年12月, 通常論文
  • Development of peptides that specifically recognize misfolded SOD1 proteins in amyotrophic lateral sclerosis
    徳田 栄一
    28th International Symposium on ALS/MND, 2017年12月, 通常論文
  • In vivo and in vitro characterization of SOD1 in early stages of ALS as a precursor to insoluble aggregates
    徳田 栄一
    27th International Symposium on ALS/MND., 2016年12月, 通常論文
  • Human spinal ventral horn contains a lower autophagic capacity than other CNS areas: Implication for selective vulnerability of motor system in ALS
    徳田 栄一
    26th International Symposium on ALS/MND, 2015年12月, 通常論文
  • Co-expression of strain A- and B-aggregate forming human SOD1 mutants in mice: studies of aggregate structure and disease phenotype
    徳田 栄一
    25th International Symposium on ALS/MND, 2014年12月, 通常論文
  • Impairment of autophagy exacerbates disease courses accompanied by accumulation of superoxide dismutase-1 aggregates in a mouse model of amyotrophic lateral sclerosis
    徳田 栄一
    5th Scandinavia Symposium on Amyloid Disease and Amyloid Mechanisms., 2014年10月, 招待有り
  • The effects of metabolic disturbances on the level of misfolded SOD1 in ALS patient-derived fibroblast lines
    徳田 栄一
    12th European Network for Cure of ALS, 2014年05月, 通常論文
  • Overexpression of human wild-type SOD1 hastens disease onset and induces earlier presence of mutant SOD1 aggregates in a mouse model of ALS
    徳田 栄一
    24th International Symposium on ALS/MND, 2013年12月, 通常論文
  • Reduction in the autophagy protein, Beclin 1, accelerates disease progression and leads to accumulation of mutant SOD1 aggregates in a mouse model of ALS
    徳田 栄一
    23rd International Symposium on ALS/MND, 2012年12月, 通常論文
  • Dysregulation of intracellular copper homeostasis is common for dismutase active and inactive form of SOD1 mutants
    徳田 栄一
    22nd International Symposium on ALS/MND, 2011年11月, 通常論文
  • “Dysregulation of intracellular copper homeostasis is common for dismutase active and inactive form of SOD1 mutants
    徳田 栄一
    9th European Network for Cure of ALS, 2011年05月, 通常論文
  • Administration of recombinant metallothionein-I starting at onset prolongs survival in a mouse model of mutant SOD1-linked familial ALS
    徳田 栄一
    21st International Symposium on ALS/MND, 2010年12月, 通常論文
  • Overexpression of glial metallothionein slows disease progression in a mouse model of mutant SOD1-linked familial ALS
    徳田 栄一
    20th International Symposium on ALS/MND, 2009年12月, 通常論文
  • Ammonium tetrathiomolybdate, a copper-chelating drug, suppresses superoxide dismutase-1 aggregation and has therapeutic effects in a mouse model of amyotrophic lateral scleros
    徳田 栄一
    19th International Symposium on ALS/MND, 2008年11月, 通常論文
  • Metallothionein-I serves a protective function in amyotrophic lateral sclerosis
    徳田 栄一
    11th International Congress of Toxicology, 2007年07月, 通常論文
  • Zinc-binding metallothionein inhibits the SOD1 aggregation via binding of core regions for aggregate growth
    Eiichi Tokuda, Maiko Keima, Chiako Ikeda, Yasuhiro Kosuge, Shin-ichi Ono
    Neuro2022 (The 45th Annual Meeting of the Japan Neuroscience Society), 2022年06月30日, 通常論文
  • ALS病因タンパク質の凝集化を抑制するZn結合型メタロチオネイン
    徳田 栄一、桂馬 茉衣子、池田 知亜子、小菅 康弘、小野 真一
    日本薬学会142年会, 2022年03月26日, 通常論文
  • 神経難病ALSの創薬標的としてのメタロチオネイン: ALS関連タンパク質の凝集抑制作用
    徳田栄一
    第1回 産官学公金マッチングシンポジウム 千葉エリア産官学公金共創イノベーションネットワーク, 2022年03月03日, 千葉大学、学術研究・イノベーション推進機構, 招待有り
    https://imo.chiba-u.jp/news/event/chiba-inet.html
  • A conformational feature of extracellular misfolded SOD1 with prion-like properties in the extracellular environment surrounding motor neuron-like cells
    Eiichi Tokuda, Chika Takashima, Yasuhiro Kosuge, Masahisa Inoue, Shin-ichi Ono
    The 44th Annual Meeting of the Japan Neuroscience Society, 2021年07月31日, 通常論文
  • 神経変性疾患ALSに対するメタロチオネインの防御作用: SOD1タンパク質の凝集化抑制
    徳田栄一, 桂馬茉衣子, 池田知亜子, 小野真一
    第48回 日本毒性学会学術年会, 2021年07月09日, 招待有り
  • ALS関連タンパク質凝集体の構造多型に共通した細胞間伝播経路
    徳田 栄一、田上 美帆、Stefan L. Marklund、小野 真一
    日本薬学会141年会, 2021年03月28日, 通常論文
  • Zinc-binding metallothionein inhibits the SOD1 aggregation via binding of core regions for aggregate growth
    Eiichi Tokuda, Maiko Keima, Chiako Ikeda, Yasuhiro Kosuge, Shin-ichi Ono
    Neuro2022 (The 45th Annual Meeting of the Japan Neuroscience Society), 2022年06月30日, 通常論文
  • ALS病因タンパク質の凝集化を抑制するZn結合型メタロチオネイン
    徳田 栄一、桂馬 茉衣子、池田 知亜子、小菅 康弘、小野 真一
    日本薬学会142年会, 2022年03月26日, 通常論文
  • 神経難病ALSの創薬標的としてのメタロチオネイン: ALS関連タンパク質の凝集抑制作用
    徳田栄一
    第1回 産官学公金マッチングシンポジウム 千葉エリア産官学公金共創イノベーションネットワーク, 2022年03月03日, 千葉大学、学術研究・イノベーション推進機構, 招待有り
    https://imo.chiba-u.jp/news/event/chiba-inet.html
  • A conformational feature of extracellular misfolded SOD1 with prion-like properties in the extracellular environment surrounding motor neuron-like cells
    Eiichi Tokuda, Chika Takashima, Yasuhiro Kosuge, Masahisa Inoue, Shin-ichi Ono
    The 44th Annual Meeting of the Japan Neuroscience Society, 2021年07月31日, 通常論文
  • 神経変性疾患ALSに対するメタロチオネインの防御作用: SOD1タンパク質の凝集化抑制
    徳田栄一, 桂馬茉衣子, 池田知亜子, 小野真一
    第48回 日本毒性学会学術年会, 2021年07月09日, 招待有り
  • ALS関連タンパク質凝集体の構造多型に共通した細胞間伝播経路
    徳田 栄一、田上 美帆、Stefan L. Marklund、小野 真一
    日本薬学会141年会, 2021年03月28日, 通常論文
  • Zinc-binding metallothionein inhibits the SOD1 aggregation via binding of core regions for aggregate growth
    Eiichi Tokuda, Maiko Keima, Chiako Ikeda, Yasuhiro Kosuge, Shin-ichi Ono
    Neuro2022 (The 45th Annual Meeting of the Japan Neuroscience Society), 2022年06月30日, 通常論文
  • ALS病因タンパク質の凝集化を抑制するZn結合型メタロチオネイン
    徳田 栄一、桂馬 茉衣子、池田 知亜子、小菅 康弘、小野 真一
    日本薬学会142年会, 2022年03月26日, 通常論文
  • 神経難病ALSの創薬標的としてのメタロチオネイン: ALS関連タンパク質の凝集抑制作用
    徳田栄一
    第1回 産官学公金マッチングシンポジウム 千葉エリア産官学公金共創イノベーションネットワーク, 2022年03月03日, 千葉大学、学術研究・イノベーション推進機構, 招待有り
    https://imo.chiba-u.jp/news/event/chiba-inet.html
  • A conformational feature of extracellular misfolded SOD1 with prion-like properties in the extracellular environment surrounding motor neuron-like cells
    Eiichi Tokuda, Chika Takashima, Yasuhiro Kosuge, Masahisa Inoue, Shin-ichi Ono
    The 44th Annual Meeting of the Japan Neuroscience Society, 2021年07月31日, 通常論文
  • 神経変性疾患ALSに対するメタロチオネインの防御作用: SOD1タンパク質の凝集化抑制
    徳田栄一, 桂馬茉衣子, 池田知亜子, 小野真一
    第48回 日本毒性学会学術年会, 2021年07月09日, 招待有り
  • ALS関連タンパク質凝集体の構造多型に共通した細胞間伝播経路
    徳田 栄一、田上 美帆、Stefan L. Marklund、小野 真一
    日本薬学会141年会, 2021年03月28日, 通常論文
  • 運動ニューロン周囲の細胞外液に存在するミスフォールドSOD1の構造特性とプリオン性伝播能
    徳田栄一, 高島千佳, 小菅康弘, 井上正久, 小野真一
    日本毒性学会 第4回 生体金属部会(メタロバイオサイエンス研究会2020), 2020年11月, 通常論文
  • Distinct influences of ALS-linked SOD1 mutants on endocytosis: implication of strain type of SOD1 aggregates
    Eiichi Tokuda, Miho Tagami, Rieko Fujiwara, Asuka Eguchi, Stefan L. Marklund, Shin-ichi Ono
    The 43rd Annual Meeting of the Japan Neuroscience Society, 2020年07月, 通常論文
  • 細胞外ミスフォールドSOD1の運動ニューロン毒性 エンドサイトーシスの機能低下とALS病理の関連
    徳田 栄一, 高島 千佳, 田上 美帆, 小野 真一
    日本薬学会140年会, 2020年03月, 通常論文
  • 神経変性疾患関連タンパク質SOD1の自己酸化によるミスフォールディング機構
    安齋樹, 徳田栄一, 向山厚, 秋山修志, 古川良明
    第71回 日本細胞生物学会, 2019年12月, 通常論文
  • 筋萎縮性側索硬化症マウスにおける変異SOD1と glutaredoxinの検討
    小野真一, 徳田栄一, 浅見覚
    日本毒性学会 第3回 生体金属部会(メタロバイオサイエンス研究会2019), 2019年10月, 通常論文
  • エンドサイトーシス受容体LRP2によるメタロチオネインの神経内移行: 変異型SOD1毒性の軽減作用
    徳田栄一, 井上正久, 小野真一
    日本毒性学会 第3回 生体金属部会(メタロバイオサイエンス研究会2019, 2019年10月, 通常論文
  • 運動ニューロン疾患ALSに対するメタロチオネインの保護作用 LRP2を介したエンドサイトーシスの関与
    徳田 栄一, 井上 正久, 小野 真一
    第46回 日本毒性学会 学術年会, 2019年06月, 通常論文
  • ヒト子宮頸部扁平上皮病変(CSIL)における細胞周期調節因子p27Kip1発現の免疫組織化学的検討
    笠井佑美, 安宅菜月, 徳田栄一, 瀬津弘順, 井上正久
    日本薬学会 139年会, 2019年03月, 通常論文
  • 横紋筋融解症に伴う急性尿細管障害に対するEdaravone反復投与の影響
    日本薬学会 139年会, 2019年03月
  • 運動ニューロン周囲の細胞外液に存在するミスフォールドSOD1の構造特性とプリオン性伝播能
    徳田栄一, 高島千佳, 小菅康弘, 井上正久, 小野真一
    日本毒性学会 第4回 生体金属部会(メタロバイオサイエンス研究会2020), 2020年11月, 通常論文
  • Distinct influences of ALS-linked SOD1 mutants on endocytosis: implication of strain type of SOD1 aggregates
    Eiichi Tokuda, Miho Tagami, Rieko Fujiwara, Asuka Eguchi, Stefan L. Marklund, Shin-ichi Ono
    The 43rd Annual Meeting of the Japan Neuroscience Society, 2020年07月, 通常論文
  • 細胞外ミスフォールドSOD1の運動ニューロン毒性 エンドサイトーシスの機能低下とALS病理の関連
    徳田 栄一, 高島 千佳, 田上 美帆, 小野 真一
    日本薬学会140年会, 2020年03月, 通常論文
  • 神経変性疾患関連タンパク質SOD1の自己酸化によるミスフォールディング機構
    安齋樹, 徳田栄一, 向山厚, 秋山修志, 古川良明
    第71回 日本細胞生物学会, 2019年12月, 通常論文
  • 筋萎縮性側索硬化症マウスにおける変異SOD1と glutaredoxinの検討
    小野真一, 徳田栄一, 浅見覚
    日本毒性学会 第3回 生体金属部会(メタロバイオサイエンス研究会2019), 2019年10月, 通常論文
  • エンドサイトーシス受容体LRP2によるメタロチオネインの神経内移行: 変異型SOD1毒性の軽減作用
    徳田栄一, 井上正久, 小野真一
    日本毒性学会 第3回 生体金属部会(メタロバイオサイエンス研究会2019, 2019年10月, 通常論文
  • 運動ニューロン疾患ALSに対するメタロチオネインの保護作用 LRP2を介したエンドサイトーシスの関与
    徳田 栄一, 井上 正久, 小野 真一
    第46回 日本毒性学会 学術年会, 2019年06月, 通常論文
  • ヒト子宮頸部扁平上皮病変(CSIL)における細胞周期調節因子p27Kip1発現の免疫組織化学的検討
    笠井佑美, 安宅菜月, 徳田栄一, 瀬津弘順, 井上正久
    日本薬学会 139年会, 2019年03月, 通常論文
  • 横紋筋融解症に伴う急性尿細管障害に対するEdaravone反復投与の影響
    日本薬学会 139年会, 2019年03月
  • 運動ニューロン周囲の細胞外液に存在するミスフォールドSOD1の構造特性とプリオン性伝播能
    徳田栄一, 高島千佳, 小菅康弘, 井上正久, 小野真一
    日本毒性学会 第4回 生体金属部会(メタロバイオサイエンス研究会2020), 2020年11月, 通常論文
  • Distinct influences of ALS-linked SOD1 mutants on endocytosis: implication of strain type of SOD1 aggregates
    Eiichi Tokuda, Miho Tagami, Rieko Fujiwara, Asuka Eguchi, Stefan L. Marklund, Shin-ichi Ono
    The 43rd Annual Meeting of the Japan Neuroscience Society, 2020年07月, 通常論文
  • 細胞外ミスフォールドSOD1の運動ニューロン毒性 エンドサイトーシスの機能低下とALS病理の関連
    徳田 栄一, 高島 千佳, 田上 美帆, 小野 真一
    日本薬学会140年会, 2020年03月, 通常論文
  • 神経変性疾患関連タンパク質SOD1の自己酸化によるミスフォールディング機構
    安齋樹, 徳田栄一, 向山厚, 秋山修志, 古川良明
    第71回 日本細胞生物学会, 2019年12月, 通常論文
  • 筋萎縮性側索硬化症マウスにおける変異SOD1と glutaredoxinの検討
    小野真一, 徳田栄一, 浅見覚
    日本毒性学会 第3回 生体金属部会(メタロバイオサイエンス研究会2019), 2019年10月, 通常論文
  • エンドサイトーシス受容体LRP2によるメタロチオネインの神経内移行: 変異型SOD1毒性の軽減作用
    徳田栄一, 井上正久, 小野真一
    日本毒性学会 第3回 生体金属部会(メタロバイオサイエンス研究会2019, 2019年10月, 通常論文
  • 運動ニューロン疾患ALSに対するメタロチオネインの保護作用 LRP2を介したエンドサイトーシスの関与
    徳田 栄一, 井上 正久, 小野 真一
    第46回 日本毒性学会 学術年会, 2019年06月, 通常論文
  • ヒト子宮頸部扁平上皮病変(CSIL)における細胞周期調節因子p27Kip1発現の免疫組織化学的検討
    笠井佑美, 安宅菜月, 徳田栄一, 瀬津弘順, 井上正久
    日本薬学会 139年会, 2019年03月, 通常論文
  • 横紋筋融解症に伴う急性尿細管障害に対するEdaravone反復投与の影響
    日本薬学会 139年会, 2019年03月

担当経験のある科目_授業

  • 疾患と薬物治療III
    2023年04月 - 現在
    日本大学薬学部
  • プレ実務実習II
    2019年09月 - 現在
    日本大学薬学部
  • 特別講義II
    2019年04月 - 現在
    日本大学薬学部
  • 英語V
    2019年04月 - 現在
    日本大学薬学部
  • EBMと薬物治療
    2019年04月 - 2022年07月
    日本大学薬学部
  • 機能形態学
    2018年09月 - 2019年03月
    徳島文理大学 薬学部
  • 基礎生物学実習
    2018年04月 - 2018年07月
    徳島文理大学薬学部
  • 自然科学実験
    2015年04月 - 2017年07月
    慶應義塾大学理工学部

所属学協会

  • 2023年09月 - 現在
    日本認知症学会
  • 2011年05月 - 現在
    European Network for Cure of ALS
  • 2019年04月
    日本毒性学会
  • 2017年12月
    日本神経科学学会
  • 2016年01月
    日本薬学会

共同研究・競争的資金等の研究課題

  • 微小空間における化学量論的生命科学解析の実践とアルツハイマー病病態研究への応用
    日本大学, 学術研究助成金, 2024年04月 - 2026年03月
    宮坂 知宏; 徳田 栄一; 宮岸 寛子; 田中 融
  • エンドソームのpH制御因子から紐解く神経難病ALSの病態進展機構
    公益財団法人 武田科学振興財団, 薬学研究助成, 2022年11月 - 2025年05月
    徳田栄一
  • 細胞間を伝播するタンパク質凝集体を「細胞内」で食い止めるための基本原理の構築
    公益財団法人 金原一郎記念医学医療振興財団, 基礎医学医療研究助成金, 2023年11月 - 2024年10月
    徳田栄一
  • 神経変性疾患のタンパク質病理におけるエンドソームの普遍的役割の解明
    日本大学薬学部, 共同研究助成金, 2023年04月 - 2024年03月
    徳田栄一; 田中融
  • ALS病因タンパク質の凝集化を促進させるホフマイスターイオンの探索とALS診断への応用
    公益信託 宮田幸比古記念 ALS研究助成基金, 研究助成金, 2022年09月 - 2023年09月
    徳田栄一
  • 異常型タンパク質のシーディングを利用した神経難病ALSの血液診断法の開発
    日本学術振興会, 科研費 挑戦的研究(萌芽), 2021年07月 - 2023年03月
    徳田 栄一
  • 凝集体の構造多型に着目した神経難病ALSの多様な臨床像を生み出す分子基盤の解明
    一般財団法人 濱口生化学振興財団, 研究助成, 2022年01月 - 2023年01月
    徳田栄一
  • エンドソームから拡大するALS病因タンパク質凝集体の細胞間伝播
    一般社団法人 せりか基金, 「せりか基金」研究奨励金, 2021年12月 - 2022年12月
    徳田栄一
  • 薬物送達学の理論から学ぶALS病因タンパク質凝集体の細胞間伝播の分子機構
    日本大学, 若手研究者環境整備支援助成金, 2021年10月 - 2022年03月
  • 構造異常型SOD1のシーディングを基盤とした神経難病ALSの血液診断法の開発
    日本大学, 研究推進助成金, 2021年04月 - 2022年03月
    徳田栄一
  • エンドサイトーシス受容体LRP2が制御するSOD1凝集体の細胞間伝播
    一般社団法人 日本ALS協会, ALS基金 研究奨励金, 2021年04月 - 2022年03月
    徳田栄一
  • エンドサイトーシス受容体LRP2とタンパク質凝集体の相互作用を標的とした神経難病ALSの治療戦略
    持田記念医学薬学振興財団, 研究助成, 2020年12月 - 2021年12月
    徳田栄一
  • ミスフォールド型タンパク質のシーディング現象を基盤とした神経難病ALSの血液診断法の開発
    一般財団法人 横山臨床薬理研究助成基金, 一般研究助成, 2020年10月 - 2021年06月
    徳田栄一
  • 細胞間を伝播するタンパク質凝集体の制御因子を網羅的に検出できるプロテオーム手法の開発
    猪之鼻奨学会, 研究助成, 2020年07月 - 2021年06月
    徳田栄一
  • 細胞外ミスフォールドタンパク質の効率的な除去を可能にするエンドサイトーシス誘導薬の探索とALSへの治療応用
    公益財団法人 薬理研究会, 研究助成, 2019年09月 - 2020年10月
    徳田 栄一
  • クロスシーディングが神経変性疾患の病態形成に果たす役割
    日本学術振興会, 科研費 若手研究 B, 2017年04月 - 2019年03月
    徳田 栄一
  • 「薬剤シード」によるタンパク質のアミロイド化誘起現象と神経変性疾患の発症危険性
    みずほ学術振興財団, 工学研究助成, 2016年04月 - 2018年03月
    徳田 栄一
  • 神経変性疾患の病態を進行させる分子メカニズムの解明
    日本学術振興会, 科研費 研究活動スタート支援, 2015年08月 - 2017年03月
    徳田 栄一
  • パーキンソン病の病態進行メカニズムを解明するための新たな線虫モデルの確立
    慶應義塾先端科学技術研究センター, 次世代先端分野探索研究, 2015年04月 - 2016年03月
    徳田 栄一
  • 神経変性疾患の病態拡大を評価できる新しいモデル動物の構築
    慶應工学会, 研究助成, 2015年04月 - 2016年03月
    徳田 栄一
  • 神経変性疾患の病態が拡大・伝播する分子メカニズムの解明
    慶應義塾大学, 学事振興資金, 2015年04月 - 2016年03月
    徳田 栄一
  • 筋萎縮性側索硬化症の病態伝播メカニズムを解明するための新たな線虫モデルの確立
    三井住友信託銀行, 生命の彩 ALS研究助成基金, 2015年04月 - 2016年03月
    徳田 栄一
  • 新規の線虫モデルを利用したALS病態伝播メカニズムの検証
    日本ALS協会, ALS基金 研究奨励金, 2015年04月 - 2016年03月
    徳田 栄一
  • 細胞外superoxide dismutaseは筋萎縮性側索硬化症の血管障害に保護作用を示すか?
    内藤記念科学振興財団, 海外研究留学助成金, 2010年04月 - 2011年03月
    徳田 栄一
  • 筋萎縮性側索硬化症における新規治療薬の検索
    日本学術振興会, 科研費 特別研究員 奨励費, 2008年04月 - 2010年03月
    徳田 栄一

産業財産権

  • 特許第5099620号, 特開2008-106006, 特願2006-290606, 筋萎縮性側索硬化症治療薬
    小野 真一, 徳田 栄一

学術貢献活動

  • アドバイザー委員: International Journal of Molecular Sciences(MDPI, Switzerland)
    企画立案・運営等
    International Journal of Molecular Sciences, 2022年06月 - 現在
  • NISTEP専門調査員
    学術調査立案・実施
    文部科学省 科学技術・学術政策研究所科学技術予測センター, 2021年09月 - 現在
  • アドバイザー委員: Life(MDPI, Switzerland)
    企画立案・運営等
    Life, MDPI, 2020年01月 - 現在