金丸 和典

医学部 医学科准教授

学位

  • 博士(医学), 東京大学

研究キーワード

  • β細胞
  • 細胞内小器官カルシウムインジケーター
  • 神経保護作用
  • アストロサイト
  • グリア細胞
  • カルシウムイメージング

研究分野

  • ライフサイエンス, 生理学, 膵臓・β細胞・インスリン分泌
  • ライフサイエンス, 神経科学一般, 神経生理学・グリア・自律神経・カルシウムイメージング

経歴

  • 2021年04月 - 現在
    日本大学医学部, 生理学分野, 准教授
  • 2018年04月 - 2021年03月
    日本大学医学部, 細胞分子薬理学部門, 准教授(研究所)
  • 2019年04月 - 2019年09月
    広島大学, 総合科学部, 客員准教授
  • 2008年04月 - 2018年03月
    東京大学大学院, 医学系研究科, 助教
  • 2006年04月 - 2008年03月
    東京大学, 大学院医学系研究科, ポストドクトラルフェロー

受賞

  • 公益社団法人 日本薬理学会, 日本薬理学会 第 32 回学術奨励賞受賞
    カルシウムイメージングで切り拓くアストロサイト機能, 国内学会・会議・シンポジウム等の賞

論文

  • Inhibition of Epithelial-Mesenchymal Transition Maintains Stemness in Human Amniotic Epithelial Cells
    Chika Takano; Masafumi Horie; Isamu Taiko; Quang Duy Trinh; Kazunori Kanemaru; Shihoko Komine-Aizawa; Satoshi Hayakawa; Toshio Miki
    Stem Cell Reviews and Reports, 2022年12月
  • Selection of red fluorescent protein for genetic labeling of mitochondria and intercellular transfer of viable mitochondria
    Isamu Taiko; Chika Takano; Masayuki Nomoto; Shingo Hayashida; Kazunori Kanemaru; Toshio Miki
    Scientific Reports, 2022年11月
  • Anti‑tumor effects of perampanel in malignant glioma cells
    Juri Tatsuoka; Emiko Sano; Yuya Hanashima; Chihiro Yagi; Shun Yamamuro; Koichiro Sumi; Hiroyuki Hara; Kazuhide Takada; Kazunori Kanemaru; Shihoko Komine‑Aizawa; Yoichi Katayama; Atsuo Yoshino
    Oncology Letters, 2022年10月
  • Cytosolic Ca2+-dependent Ca2+ release activity primarily determines the ER Ca2+ level in cells expressing the CPVT-linked mutant RYR2
    Nagomi Kurebayashi; Takashi Murayama; Ryosaku Ota; Junji Suzuki; Kazunori Kanemaru; Takuya Kobayashi; Seiko Ohno; Minoru Horie; Masamitsu Iino; Fumiyoshi Yamashita; Takashi Sakurai
    Journal of General Physiology, 2022年09月
  • Ratio-metric measurement of intracellular calcium in visceral muscles via selective expression of a yellow cameleon calcium sensor
    Chiho Takai; Naoko Iwata; Kazunori Kanemaru; Kenji F. Tanaka; Yao Yu; Satoshi Iino; Shinsuke Nakayama
    Sensors and Actuators B: Chemical, 2022年08月
  • Differences in the stemness characteristics and molecular markers of distinct human oral tissue neural crest‐derived multilineage cells
    Shigehiro Abe; Atsushi Kaida; Kazunori Kanemaru; Keiichiro Nakazato; Naoko Yokomizo; Yutaka Kobayashi; Masahiko Miura; Toshio Miki; Chiaki Hidai; Hisataka Kitano; Tetsuya Yoda
    Cell Proliferation, 2022年06月
  • EGF domain peptide of Developmentally regulated endothelial locus1 facilitates gene expression of extracellularly applied plasmid DNA
    Hisataka Kitano; Kazunori Kanemaru; Toshio Miki; Chiaki Hidai
    Biologicals, 2022年01月, 査読有り
    筆頭著者
  • Soluble factors released by dedifferentiated fat cells reduce the functional activity of iPS cell-derived cardiomyocytes.
    Hirofumi Watanabe; Kazunori Kanemaru; Kazuhiro Hagikura; Taro Matsumoto; Mamoru Ayusawa; Ichiro Morioka
    Cell biology international, 2020年10月, 査読有り
  • Red fluorescent CEPIA indicators for visualization of Ca2+ dynamics in mitochondria
    Kazunori Kanemaru, Junji Suzuki, Isamu Taiko, Masamitsu Iino
    Scientific Reports, 2020年02月, 査読有り, 通常論文
    筆頭著者
  • Insights into channel modulation mechanism of RYR1 mutants using Ca2+ imaging and molecular dynamics.
    Toshiko Yamazawa, Haruo Ogawa, Takashi Murayama, Mari Yamaguchi, Hideto Oyamada, Junji Suzuki, Nagomi Kurebayashi, Kazunori Kanemaru, Katsuji Oguchi, Takashi Sakurai, Masamitsu Iino
    Journal of General Physiology, 2019年06月, 査読有り, 通常論文
  • Inositol 1,4,5-trisphosphate receptor type 2-independent Ca2+ release from the endoplasmic reticulum in astrocytes.
    Okubo, Y; Kanemaru, K; Suzuki, J; Kobayashi, K; Hirose, K; Iino, M
    Glia, 2019年, 査読有り, 通常論文
  • Role of endoplasmic reticulum-mediated Ca2+ signaling in neuronal cell death.
    Okubo; Y.; Mikami; Y.; Kanemaru; K. and Iino; M.
    Antioxidant Redox Signaling, 2018年, 査読有り, 通常論文
  • Efficient High-Throughput Screening by Endoplasmic Reticulum Ca2+ Measurement to Identify Inhibitors of Ryanodine Receptor Ca2+-Release Channels.
    Murayama, T; Kurebayashi, N; Ishigami-Yuasa, M; Mori, S; Suzuki, Y; Akima, R; Ogawa, H; Suzuki, J; Kanemaru, K; Oyamada, H; Kiuchi, Y; Iino, M; Kagechika, H; Sakurai, T
    Molecular Pharmacology, 2018年, 査読有り, 通常論文
  • Genotype-Phenotype Correlations of Malignant Hyperthermia and Central Core Disease Mutations in the Central Region of the RYR1 Channel
    Takashi Murayama; Nagomi Kurebayashi; Haruo Ogawa; Toshiko Yamazawa; Hideto Oyamada; Junji Suzuki; Kazunori Kanemaru; Katsuji Oguchi; Masamitsu Iino; Takashi Sakurai
    HUMAN MUTATION, 2016年11月, 査読有り, 通常論文
  • Nitric Oxide-induced Activation of the Type 1 Ryanodine Receptor Is Critical for Epileptic Seizure-induced Neuronal Cell Death
    Yoshinori Mikami; Kazunori Kanemaru; Yohei Okubo; Takuya Nakaune; Junji Suzuki; Kazuki Shibata; Hiroki Sugiyama; Ryuta Koyama; Takashi Murayama; Akihiro Ito; Toshiko Yamazawa; Yuji Ikegaya; Takashi Sakurai; Nobuhito Saito; Sho Kakizawa; Masamitsu Iino
    EBIOMEDICINE, 2016年09月, 査読有り, 通常論文
  • Genetically Encoded Fluorescent Indicators for Organellar Calcium Imaging
    Junji Suzuki; Kazunori Kanemaru; Masamitsu Iino
    BIOPHYSICAL JOURNAL, 2016年09月, 査読有り, 通常論文
  • Whisker experience-dependent mGluR signaling maintains synaptic strength in the mouse adolescent cortex
    Jun Kubota; Yoshinori Mikami; Kazunori Kanemaru; Hiroshi Sekiya; Yohei Okubo; Masamitsu Iino
    EUROPEAN JOURNAL OF NEUROSCIENCE, 2016年08月, 査読有り, 通常論文
  • Visualization of Ca2+ Filling Mechanisms upon Synaptic Inputs in the Endoplasmic Reticulum of Cerebellar Purkinje Cells
    Yohei Okubo; Junji Suzuki; Kazunori Kanemaru; Naotoshi Nakamura; Tatsuo Shibata; Masamitsu Iino
    JOURNAL OF NEUROSCIENCE, 2015年12月, 査読有り, 通常論文
  • Neuronal Regulation of Schwann Cell Mitochondrial Ca2+ Signaling during Myelination
    Daisuke Ino; Hiroshi Sagara; Junji Suzuki; Kazunori Kanemaru; Yohei Okubo; Masamitsu Iino
    CELL REPORTS, 2015年09月, 査読有り, 通常論文
  • Divergent Activity Profiles of Type 1 Ryanodine Receptor Channels Carrying Malignant Hyperthermia and Central Core Disease Mutations in the Amino-Terminal Region
    Takashi Murayama; Nagomi Kurebayashi; Toshiko Yamazawa; Hideto Oyamada; Junji Suzuki; Kazunori Kanemaru; Katsuji Oguchi; Masamitsu Iino; Takashi Sakurai
    PLOS ONE, 2015年06月, 査読有り, 通常論文
  • In Vivo Visualization of Subtle, Transient, and Local Activity of Astrocytes Using an Ultrasensitive Ca2+ Indicator
    Kazunori Kanemaru; Hiroshi Sekiya; Ming Xu; Kaname Satoh; Nami Kitajima; Keitaro Yoshida; Yohei Okubo; Takuya Sasaki; Satoru Moritoh; Hidetoshi Hasuwa; Masaru Mimura; Kazuki Horikawa; Ko Matsui; Takeharu Nagai; Masamitsu Iino; Kenji F. Tanaka
    CELL REPORTS, 2014年07月, 査読有り, 通常論文
  • Imaging intraorganellar Ca2+ at subcellular resolution using CEPIA
    Junji Suzuki; Kazunori Kanemaru; Kuniaki Ishii; Masamichi Ohkura; Yohei Okubo; Masamitsu Iino
    NATURE COMMUNICATIONS, 2014年06月, 査読有り, 通常論文
  • Calcium-dependent N-cadherin up-regulation mediates reactive astrogliosis and neuroprotection after brain injury
    Kazunori Kanemaru; Jun Kubota; Hiroshi Sekiya; Kenzo Hirose; Yohei Okubo; Masamitsu Iino
    Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America, 2013年07月, 査読有り, 通常論文
  • Imaging of Ca2+ and related signaling molecules and investigation of their functions in the brain
    Yohei Okubo; Kazunori Kanemaru; Masamitsu Iino
    Antioxidants and Redox Signaling, 2011年04月, 査読有り, 通常論文
  • Imaging of Ca2+ and related signaling molecules and investigation of their functions in the brain.
    Okubo Y; Kanemaru K; Iino M.
    Antioxidant Redox Signaling, 2011年, 査読有り, 通常論文
  • Regulation of neurite growth by spontaneous Ca2+ oscillations in astrocytes
    Kazunori Kanemaru; Jun Kubota; Yohei Okubo; Kenzo Hirose; Masamitsu Iino
    JOURNAL OF PHARMACOLOGICAL SCIENCES, 2009年, 査読有り, 通常論文
  • Regulation of neurite growth by spontaneous Ca2+ oscillations in astrocytes
    Kazunori Kanemaru; Yohei Okubo; Kenzo Hirose; Masamitsu Iino
    JOURNAL OF NEUROSCIENCE, 2007年08月, 査読有り, 通常論文
  • Solution structure of ADO1, a toxin extracted from the saliva of the assassin bug, Agriosphodrus dohrni
    C Bernard; G Corzo; S Adachi-Akahane; G Foures; K Kanemaru; Y Furukawa; T Nakajima; H Darbon
    PROTEINS-STRUCTURE FUNCTION AND GENETICS, 2004年02月, 査読有り, 通常論文
  • Distribution of the Aplysia cardioexcitatory peptide, NdWFamide, in the central and peripheral nervous systems of Aplysia
    F Morishita; Y Nakanishi; K Sasaki; K Kanemaru; Y Furukawa; O Matsushima
    CELL AND TISSUE RESEARCH, 2003年04月, 査読有り, 通常論文
  • Aplysia cardioactive peptide (NdWFamide) enhances the L-type Ca2+ current of Aplysia ventricular myocytes
    Kazunori Kanemaru; Fumihiro Morishita; Osamu Matsushima; Yasuo Furukawa
    Peptides, 2002年11月, 査読有り
  • Aplysia cardioactive peptide (NdWFamide) enhances the L-type Ca2+ current of Aplysia ventricular myocytes
    K Kanemaru; F Morishita; O Matsushima; Y Furukawa
    PEPTIDES, 2002年11月, 査読有り, 通常論文
  • NdWFamide: A novel excitatory peptide involved in cardiovascular regulation of Aplysia
    Fumihiro Morishita; Kosei Sasaki; Kazunori Kanemaru; Yuka Nakanishi; Osamu Matsushima; Yasuo Furukawa
    Peptides, 2001年, 査読有り, 通常論文

MISC

  • Molecular Dynamics and Ca2+ Imaging of Mutant Type 1 Ryanodine Receptor
    Toshiko Yamazawa; Haruo Ogawa; Takashi Murayama; Maki Yamaguchi; Hideto Oyamada; Junji Suzuki; Nagomi Kurebayashi; Kanemaru Kazunori; Takashi Sakurai; Masamitsu Iino
    BIOPHYSICAL JOURNAL, 2020年02月
  • Investigation of Mutant Ryanodine Receptor Channel Activity using Functional Analysis and Molecular Dynamics
    Toshiko Yamazawa; Haruo Ogawa; Maki Yamaguchi; Takashi Murayama; Hideto Oyamada; Junji Suzuki; Nagomi Kurebayashi; Kazunori Kanemaru; Takashi Sakurai; Iino Masamitsu
    BIOPHYSICAL JOURNAL, 2019年02月
  • 小胞体内Ca2+濃度測定を利用した新規RyR1阻害薬のハイスループットスクリーニング
    村山 尚; 呉林 なごみ; 湯浅 磨里; 石上; 森 修一; 鈴木 志奈; 秋間 龍之介; 小川 治夫; 鈴木 純二; 金丸 和典; 小山田 英人; 木内 祐二; 飯野 正光; 影近 弘之; 櫻井 隆
    日本筋学会学術集会プログラム・抄録集, 2018年08月, 査読無し, 通常論文
  • 悪性高熱症関連変異を有する骨格筋型リアノジン受容体の構造と機能変化
    山澤 徳志子; 山口 眞紀; 小川 治夫; 村山 尚; 小山田 英人; 呉林 なごみ; 鈴木 純二; 金丸 和典; 櫻井 隆; 飯野 正光
    日本筋学会学術集会プログラム・抄録集, 2018年08月, 査読無し, 通常論文
  • Regulation of Store Ca2+ Level in HEK293 Cells Expressing Type 2 Ryanodine Receptor (RyR2) with CPVT Mutations
    Kurebayashi Nagomi; Murayama Takashi; Ohta Ryosaku; Yamashita Fumiyoshi; Suzuki Junji; Kanemaru Kazunori; Iino Masamitsu; Sakurai Takashi
    BIOPHYSICAL JOURNAL, 2018年02月02日, 査読無し, 通常論文
  • Search for Type 2 Ryanodine Receptor Inhibitor by Monitoring Endoplasmic Reticulum Ca2+
    Tamura Mai; Kurebayashi Nagomi; Murayama Takashi; Mori Shuichi; Ishigami-Yuasa Mari; Kagechika Hiroyuki; Suzuki Junji; Kanemaru Kazunori; Iino Masamitsu; Sakurai Takashi
    BIOPHYSICAL JOURNAL, 2018年02月02日, 査読無し, 通常論文
  • カルシウムイメージングによるアストロサイト機能解析(受賞講演総説)
    金丸和典
    日本薬理学雑誌, 2018年, 査読無し, 招待有り
  • Visualization of Ca2+ dynamics within the endoplasmic reticulum for the investigation of neuronal and astrocytic functions
    Okubo Yohei; Suzuki Junji; Kanemaru Kazunori; Nakamura Naotoshi; Shibata Tatsuo; Lino Masamitsu
    JOURNAL OF PHARMACOLOGICAL SCIENCES, 2016年03月, 査読有り, 通常論文
  • Intra-organellar Ca2+ Signaling Imaged Using Genetically Encoded Ca2+ Indicators CEPIA
    Suzuki Junji; Kanemaru Kazunori; Ishii Kuniaki; Ohkura Masamichi; Okubo Yohei; Iino Masamitsu
    JOURNAL OF PHARMACOLOGICAL SCIENCES, 2016年03月, 査読有り, 通常論文
  • In vivo imaging of cerebral extracellular ATP dynamics
    Kenji Takikawa; Hiroshi Sekiya; Kaname Satoh; Miki Takagi; Nami Kitajima; Kazunori Kanemaru; Hirokazu Sakamoto; Shigeyuki Namiki; Toshiko Yamazawa; Kenji Tanaka; Kenzo Hirose; Masamitsu Iino
    JOURNAL OF PHARMACOLOGICAL SCIENCES, 2016年03月
  • S-nitrosylation of the type 1 ryanodine receptor mediates neuronal cell death
    Yoshinori Mikami; Kazunori Kanemaru; Yasuhiro Oda; Sho Kakizawa; Kazuki Shibata; Hiroki Sugiyama; Ryuta Koyama; Akihiro Ito; Takashi Murayama; Toshiko Yamazawa; Masahiko Watanabe; Yuji Ikegaya; Nobuhito Saito; Takashi Sakurai; Masamitsu Iino
    JOURNAL OF PHARMACOLOGICAL SCIENCES, 2016年03月
  • Alterations in neuronal mitochondrial functions in response to nitric oxide-induced Ca2+ release via type 1 ryanodine receptor
    Takuya Nakaune; Junji Suzuki; Yoshinori Mikami; Kazunori Kanemaru; Masamitsu Iino
    JOURNAL OF PHARMACOLOGICAL SCIENCES, 2016年03月
  • Comparison of Ca2+ release properties of RyR2 mutations causing catecholaminergic polymorphic ventricular tachycardia versus idiopathic ventricular fibrillation
    Kurebayashi Nagomi; Murayama Takashi; Ohta Ryosaku; Yamashita Fumiyoshi; Suzuki Junji; Kanemaru Kazunori; Iino Masamitsu; Sakurai Takashi
    JOURNAL OF PHARMACOLOGICAL SCIENCES, 2016年03月, 査読無し, 通常論文
  • Correlation of Molecular Dynamics Analysis and Calcium Signaling in Mutant Ryanodine Receptors
    Toshiko Yamazawa; Takashi Murayama; Hideto Oyamada; Junji Suzuki; Nagomi Kurebayashi; Kazunori Kanemaru; Maki Yamaguchi; Chikara Sato; Masamitsu Iino
    BIOPHYSICAL JOURNAL, 2016年02月, 査読無し, 通常論文
  • Characterization of Ca2+ - Induced Ca2+ Release via RyR2 Carrying Arrhythmogenic Mutations
    Nagomi Kurebayashi; Takashi Murayama; Junji Suzuki; Kazunori Kanemaru; Masamitsu Iino; Takashi Sakurai
    BIOPHYSICAL JOURNAL, 2016年02月, 査読無し, 通常論文
  • 成熟マウス大脳皮質におけるmGluRを介した経験依存性シナプス維持機構
    大久保洋平; 久保田淳; 三上義礼; 三上義礼; 金丸和典; 関谷敬; 飯野正光; 飯野正光
    日本薬理学会関東部会プログラム・要旨集, 2016年
  • 一酸化窒素は1型リアノジン受容体のS-ニトロシル化修飾を介して神経細胞死を誘導する
    三上義礼; 三上義礼; 金丸和典; 大久保洋平; 中畝拓哉; 鈴木純二; 柿澤昌; 村山尚; 柴田和輝; 小山隆太; 伊藤明博; 山澤徳志子; 伊藤雅方; 冨田太一郎; 村上慎吾; 赤羽悟美; 櫻井隆; 池谷裕二; 齊藤延人; 飯野正光; 飯野正光
    日本分子生物学会年会プログラム・要旨集(Web), 2016年
  • Ca2+シグナルから解明するアストロサイト機能
    金丸和典
    生化学, 2016年, 査読無し, 招待有り
  • 高感度Ca2+指示タンパク質YC-Nano50発現マウスを用いた生体内アストロサイトの活動解析
    金丸和典
    日本薬理学雑誌, 2016年, 査読無し, 招待有り
  • 高感度Ca²⁺指示タンパク質を用いた生体内アストロサイト活動の可視化解析 (特集 グリア研究の最先端) -- (グリア機能の基礎研究)
    金丸 和典; 飯野 正光
    生体の科学, 2015年11月
  • Imaging intraorganellar Ca2+ at subcellular resolution using CEPIA
    Suzuki Junji; Kanemaru Kazunori; Ishii Kuniaki; Ohkura Masamichi; Okubo Yohei; Iino Masamitsu
    JOURNAL OF PHARMACOLOGICAL SCIENCES, 2015年07月, 査読有り, 通常論文
  • In vivo Ca2+ imaging of cortical astrocytes during ischemia using a mouse thromboembolic disease model
    Miki Takagi; Hiroshi Sekiya; Nami Kitajima; Toshiko Yamazawa; Kazunori Kanemaru; Kenji Tanaka; Masamitsu Iino
    JOURNAL OF PHARMACOLOGICAL SCIENCES, 2015年07月
  • Nitric oxide induces neuronal cell death by activation of RyR1 through S-nitrosylation
    Yoshinori Mikami; Kazunori Kanemaru; Yasuhiro Oda; Sho Kakizawa; Hiroki Sugiyama; Kazuki Shibata; Ryuta Koyama; Akihiro Ito; Toshiko Yamazawa; Masahiko Watanabe; Yuji Ikagaya; Nobuto Saito; Masamitsu Iino
    JOURNAL OF PHARMACOLOGICAL SCIENCES, 2015年07月
  • Effects of Arrhythmogenic Mutations on Ca2+-Induced Ca2+ Release Activities of Type 2 Ryanodine Receptors
    Kurebayashi Nagomi; Murayama Takashi; Suzuki Junji; Kanemaru Kazunori; Iino Masamitsu; Sakurai Takashi
    BIOPHYSICAL JOURNAL, 2015年01月27日, 査読無し, 通常論文
  • Effects of MH and CCD Mutations in the Central Region on RyR1 Channels
    Takashi Murayama; Nagomi Kurebayashi; Toshiko Yamazawa; Hideto Oyamada; Junji Suzuki; Kazunori Kanemaru; Katsuji Oguchi; Masamitsu Iino; Takashi Sakurai
    BIOPHYSICAL JOURNAL, 2015年01月, 査読無し, 通常論文
  • FUNCTIONAL ANALYSIS OF RYANODINE RECEPTOR CARRYING MALIGNANT HYPERTHERMIA ASSOCIATED MUTATIONS
    T. Yamazawa; T. Murayama; H. Oyamada; J. Suzuki; N. Kurebayashi; K. Kanemaru; K. Oguchi; T. Sakurai; S. Takemori; M. Iino
    BASIC & CLINICAL PHARMACOLOGY & TOXICOLOGY, 2014年07月, 査読無し, 通常論文
  • Calcium-dependent N-cadherin upregulation mediates reactive astrogliosis and neuroprotection after brain injury
    Kazunori Kanemaru; Jun Kubota; Hiroshi Sekiya; Kenzo Hirose; Yohei Okubo; Masamitsu Iino
    JOURNAL OF PHARMACOLOGICAL SCIENCES, 2014年, 査読無し, 通常論文
  • 1型リアノジン受容体のS-ニトロシル化を介した神経細胞死の誘導
    三上義礼; 金丸和典; 小田康弘; 杉山弘樹; 小山隆太; 伊藤明博; 柿澤昌; 山澤徳志子; 村山尚; 渡辺雅彦; 斉藤延人; 飯野正光
    日本薬理学会関東部会プログラム・要旨集, 2014年
  • Analysis of Ca2+ dynamics in the endoplasmic reticulum and mitochondria in pancreatic beta-cells
    Tsubasa Nishikawa; Junji Suzuki; Kazunori Kanemaru; Masamitsu Iino
    JOURNAL OF PHARMACOLOGICAL SCIENCES, 2014年, 査読無し, 通常論文
  • Ca2+ release properties of arrhythmogenic ryanodine receptor type 2 mutants
    Nagomi Kurebayashi; Takashi Murayama; Junji Suzuki; Kazunori Kanemaru; Masamitsu Iino; Takashi Sakurai
    JOURNAL OF PHARMACOLOGICAL SCIENCES, 2014年, 査読無し, 通常論文
  • In vivo Ca2+ imaging of vascular smooth muscle cells in cerebral cortex
    Nami Kitajima; Hiroshi Sekiya; Kazunori Kanemaru; Kenji Tanaka; Masamitsu Iino
    JOURNAL OF PHARMACOLOGICAL SCIENCES, 2014年, 査読無し, 通常論文
  • Imaging of Ca2+ dynamics within the endoplasmic reticulum and mitochondria using new GFP-based fluorescent Ca2+ indicators
    Junji Suzuki; Kazunori Kanemaru; Kuniaki Ishii; Masamichi Ohkura; Yohei Okubo; Masamitsu Iino
    JOURNAL OF PHARMACOLOGICAL SCIENCES, 2014年, 査読無し, 通常論文
  • Functional Analysis of Ryanodine Receptor Carrying Malignant Hyperthermia Associated Mutations
    Toshiko Yamazawa; Takashi Murayama; Hideto Oyamada; Junji Suzuki; Kazunori Kanemaru; Nagomi Kurebayashi; Shigeru Takemori; Masamitsu Iino
    BIOPHYSICAL JOURNAL, 2014年01月, 査読無し, 通常論文
  • Imaging of activity-dependent Ca2+ dynamics in the endoplasmic reticulum of Purkinje cells
    Yohei Okubo; Junji Suzuki; Kazunori Kanemaru; Masamitsu Iino
    JOURNAL OF PHARMACOLOGICAL SCIENCES, 2014年, 査読無し, 通常論文
  • Functional analysis of type 1 ryanodine receptor carrying N-terminal malignant hyperthermia associated mutations
    Toshiko Yamazawa; Takashi Murayama; Hideto Oyamada; Junji Suzuki; Kazunori Kanemaru; Nagomi Kurebayashi; Katsuji Oguchi; Takashi Sakurai; Shigeru Takemoril; Masamitsu Iino
    JOURNAL OF PHARMACOLOGICAL SCIENCES, 2014年, 査読無し, 通常論文
  • Mitochondrial calcium signaling in Schwann cells mediates myelination in the peripheral nervous system
    Daisuke Ino; Hiroshi Sagara; Junji Suzuki; Kazunori Kanemaru; Yohei Okubo; Masamitsu Iino
    JOURNAL OF PHARMACOLOGICAL SCIENCES, 2014年, 査読無し, 通常論文
  • Disease-associated mutations at the N-terminal region on the RyR1 divergently affect the calcium channel activity
    Takashi Murayama; Nagomi Kurebayashi; Toshiko Yamazawa; Hideto Oyamada; Junji Suzuku; Kazunori Kanemaru; Shigeru Takemori; Katsuji Oguchi; Masamitsu Iino; Takashi Sakurai
    JOURNAL OF PHARMACOLOGICAL SCIENCES, 2014年, 査読無し, 通常論文
  • Induction of neuronal cell death through S-nitrosylation of the type 1 ryanodine receptor
    Yoshinori Mikami; Kazunori Kanemaru; Yasuhiro Oda; Akihiro Ito; Sho Kakizawa; Toshiko Yamazawa; Nobuhito Saito; Masamitsu Iino
    JOURNAL OF PHARMACOLOGICAL SCIENCES, 2014年, 査読無し, 通常論文
  • Experience-dependent regulation of synaptic functions in mature mouse barrel cortex
    Jun Kubota; Kazunori Kanemaru; Yohei Okubo; Masamitsu Iino
    JOURNAL OF PHARMACOLOGICAL SCIENCES, 2014年, 査読無し, 通常論文
  • Calcium-dependent N-cadherin upregulation mediates reactive astrogliosis and neuroprotection after brain injury
    Kazunori Kanemaru; Jun Kubota; Hiroshi Sekiya; Kenzo Hirose; Yohei Okubo; Masamitsu Iino
    JOURNAL OF PHARMACOLOGICAL SCIENCES, 2013年, 査読無し, 通常論文
  • Divergent effects of disease-associated mutations on type 1 ryanodine receptor channel
    Takashi Murayama; Nagomi Kurebayashi; Hideto Oyamada; Junji Suzuki; Kazunori Kanemaru; Takashi Sakurai; Masamitsu Iino; Takashi Sakurai
    JOURNAL OF PHARMACOLOGICAL SCIENCES, 2013年, 査読無し, 通常論文
  • Imaging of Ca2+ dynamics within the endoplasmic reticulum using new fluorescent Ca2+ indicators
    Junji Suzuki; Kazunori Kanemaru; Kuniaki Ishii; Masamichi Ohkura; Masamitsu Iino
    JOURNAL OF PHARMACOLOGICAL SCIENCES, 2013年, 査読無し, 通常論文
  • Ca2+-dependent regulation of N-cadherin expression level in astrocytes underlies reactive astrogliosis and neuroprotection upon brain injury
    K. Kanemaru; J. Kubota; H. Sekiya; K. Hirose; Y. Okubo; M. Iino
    JOURNAL OF NEUROCHEMISTRY, 2012年10月, 査読無し, 通常論文
  • Bidirectional roles of brain 2-arachidonoylglycerol in bombesin-induced activation of central sympatho-adrenomedullary outflow in rats
    Daisuke Ino; Kazunori Kanemaru; Yohei Okubo; Kuniaki Ishii; Masamichi Ohkura; Masamitsu Iino
    JOURNAL OF PHARMACOLOGICAL SCIENCES, 2012年, 査読無し, 通常論文
  • Imaging of Ca2+ dynamics within the endoplasmic reticulum using a new fluorescent Ca2+ indicator
    Junji Suzuki; Kazunori Kanemaru; Kuniaki Ishii; Masamichi Ohkura; Masamitsu Iino
    JOURNAL OF PHARMACOLOGICAL SCIENCES, 2012年, 査読無し, 通常論文
  • Ca2+-dependent translational control of N-cadherin in astrocytes underlies neuroprotection upon brain injury
    Kazunori Kanemaru; Jun Kubota; Kenzo Hirose; Yohei Okubo; Masamitsu Iino
    JOURNAL OF PHARMACOLOGICAL SCIENCES, 2012年, 査読無し, 通常論文
  • Axonal ATP signaling mediates Schwann cell myelination
    Daisuke Ino; Kazunori Kanemaru; Yohei Okubo; Kuniaki Ishii; Masamichi Ohkura; Masamitsu Iino
    JOURNAL OF PHARMACOLOGICAL SCIENCES, 2012年, 査読無し, 通常論文
  • Pumilio 2 mediates Ca2+ signal-dependent maintenance of N-cadherin expression in astrocytes
    Kazunori Kanemaru; Yohei Okubo; Kenzo Hirose; Masamitsu Iino
    JOURNAL OF PHARMACOLOGICAL SCIENCES, 2011年, 査読無し, 通常論文
  • Calcium and pumilio 2-dependent regulation of N-cadherin expression underlies neuroprotection by reactive astrocytes
    Kazunori Kanemaru; Jun Kubota; Yohei Okubo; Kenzo Hirose; Masamitsu Iino
    NEUROSCIENCE RESEARCH, 2011年, 査読無し, 通常論文
  • ATP-induced inositol 1,4,5-trisphosphate signaling in Schwann cells is required for myelination
    Daisuke Ino; Kazunori Kanemaru; Yohei Okubo; Kuniaki Ishii; Masamichi Ohkura; Masamitsu Iino
    JOURNAL OF PHARMACOLOGICAL SCIENCES, 2011年, 査読無し, 通常論文
  • Imaging of Ca2+ dynamics within the endoplasmic reticulum using a new fluorescent Ca2+ indicator
    Junji Suzuki; Kazunori Kanemaru; Kuniaki Ishii; Masamichi Ohkura; Masamitsu Iino
    JOURNAL OF PHARMACOLOGICAL SCIENCES, 2011年, 査読無し, 通常論文
  • Time-lapse imaging of individual lung cancer cells undergoing epithelial-mesenchymal transition
    Naotoshi Nakamura; Kazunori Kanemaru; Toshiko Yamazawa; Yohei Okubo; Masamitsu Iino
    JOURNAL OF PHARMACOLOGICAL SCIENCES, 2011年, 査読無し, 通常論文
  • 高感度Ca2+指示タンパク質を用いた生体内アストロサイト活動の可視化解析
    金丸和典; 飯野正光
    生体の科学, 2011年, 査読無し, 招待有り
  • A novel translational regulator of Ca2+ signal-dependent maintenance of N-cadherin expression in astrocytes
    Kazunori Kanemaru; Yohei Okubo; Kenzo Hirose; Masamitsu Lino
    JOURNAL OF PHARMACOLOGICAL SCIENCES, 2010年, 査読無し, 通常論文
  • A novel translational regulator of Ca2+ signal-dependent maintenance of N-cadherin expression in astrocytes
    Kazunori Kanemaru; Okubo Yohei; Kenzo Hirose; Masamitsu Iino
    NEUROSCIENCE RESEARCH, 2010年, 査読無し, 通常論文
  • Inositol 1,4,5-trisphosphate signaling in Schwann cells mediates the formation of myelin sheath
    Daisuke Ino; Kazunori Kanemaru; Yohei Okubo; Masamitsu Iino
    JOURNAL OF PHARMACOLOGICAL SCIENCES, 2010年, 査読無し, 通常論文
  • The novel regulator of spontaneous Ca2+ oscillation-dependent maintenance of N-cadherin expression level in astrocytes
    Kazunori Kanemaru; Yohei Okubo; Kenzo Hirose; Masamitsu Iino
    NEUROSCIENCE RESEARCH, 2009年, 査読無し, 通常論文
  • Regulation of astrocyte-dependent neurite growth by spontaneous Ca2+ oscillations in astrocytes
    Kazunori Kanemaru; Yohei Okubo; Kenzo Hirose; Masamitsu Iino
    JOURNAL OF PHARMACOLOGICAL SCIENCES, 2007年, 査読無し, 通常論文
  • Roles of spontaneous Ca2+ signals in astrocytes in neurite outgrowth
    K Kanemaru; Y Okubo; K Hirose; M Iino
    JOURNAL OF PHARMACOLOGICAL SCIENCES, 2006年, 査読無し, 通常論文
  • Roles of spontaneous Ca2+ signals in astrocytes in neurite outgrowth
    Kazunori Kanemaru; Yohei Okubo; Kenzo Hirose; Masamitsu Iino
    NEUROSCIENCE RESEARCH, 2006年, 査読無し, 通常論文

書籍等出版物

  • カルシウムイメージングによるアストロサイト機能解析(受賞講演総説)
    金丸和典
    2018年, 査読無し
  • Ca2+シグナルから解明するアストロサイト機能
    金丸和典
    2016年, 査読無し
  • 高感度Ca2+指示タンパク質YC-Nano50発現マウスを用いた生体内アストロサイトの活動解析
    金丸和典
    2016年, 査読無し
  • 高感度Ca2+指示タンパク質を用いた生体内アストロサイト活動の可視化解析
    金丸和典; 飯野正光
    2011年, 査読無し

講演・口頭発表等

  • オルガネラのカルシウムセンサーの開発と生体内イメージングへの応用
    金丸和典
    日本生理学会 第100回記念大会, 2023年03月
  • 遺伝子改変マウス膵臓および肝臓細胞のin vivoカルシウムイメージング解析
    第96回日本薬理学会年会, 2022年12月
  • 膵β細胞におけるコリン作動性カルシウム抑制
    太向 勇; 金丸 和典; 飯野 正光
    第96回日本薬理学会年会, 2022年12月
  • In vivo カルシウムイメージングによるマウス生体内 β 細胞の活動様式解明
    金丸 和典; 太向 勇; 陳 開; 茂木 優貴; 平岡 優一; 飯野 正光
    2022 年度 生理学研究所研究会「細胞システム理解のためのシグナル応答原理解明の最前線」, 2022年09月
  • カルシウムセンサータンパク質発現マウスを用いた肝細胞カルシウム動態のin vivoイメージング解析
    金丸和典
    第29回肝細胞研究会, 2022年08月
  • マウスβ細胞カルシウム活動のin vivoイメージング解析
    金丸和典
    第85回 Blood Vessel Club, 2022年07月
  • 膵β細胞におけるMICU1によるミトコンドリアカルシウムシグナルの制御
    太向 勇、金丸 和典、飯野 正光
    第95回日本薬理学会年会, 2022年03月
  • レシオ型Ca2+センサー発現マウスを用いた生体内β細胞におけるCa2+活動解析
    金丸 和典、太向 勇、飯野 正光
    第95回日本薬理学会年会, 2022年03月
  • 神経変性疾患モデルマウスにおけるアストロサイトCa2+活動の脳表イメージング解析
    茂木 優貴、飯野 正光、金丸 和典
    第95回 日本薬理学会年会, 2022年03月
  • レシオ型Ca2+センサー発現マウスによる生体内β細胞Ca2+動態のイメージング解析
    金丸 和典; 太向 勇; 飯野 正光
    第94回日本薬理学会年会, 2021年03月
  • 神経変性疾患におけるアストロサイトCa2+活動のマウス脳表in vivoイメージングによる解析
    茂木 優貴; 飯野 正光; 金丸 和典
    第94回日本薬理学会年会, 2021年03月
  • アストロサイトCa2+シグナルに制御される神経保護因子の探索
    金丸和典
    第39回日本認知症学会学術集会, 2020年11月, 招待有り
  • 神経変性疾患におけるグリア細胞Ca2+活動解析を目指したマウス脳表in vivoイメージング実験法
    茂木 優貴; 飯野 正光; 金丸 和典
    第42回神経組織培養研究会, 2020年11月
  • 赤色蛍光CEPIAを用いたミトコンドリアCa2+動態の可視化解析
    金丸 和典; 鈴木 純二; 太向 勇; 飯野 正光
    第63回日本神経化学会, 2020年09月
  • 高感度レシオ型Ca2+インジケーター発現マウスを用いた生体内β細胞と膵島のCa2+イメージング解析
    金丸 和典; 太向 勇; 飯野 正光
    第93回日本薬理学会年会, 2020年03月
  • 膵β細胞におけるミトコンドリアカルシウムシグナルの制御
    太向 勇; 金丸 和典; 飯野 正光
    第93回日本薬理学会年会, 2020年03月, 通常論文
  • Intracellular, intercellular and organellar Ca2+ imaging analysis for elucidation of cellular functions
    金丸和典
    NEW YEAR JOINT LAB MEETING Div. Microbiology of Nihon Univ. with Hanyang Univ. and Meikai Univ., 2020年01月, 通常論文
  • In vivoアストロサイトCa2+イメージング
    金丸和典
    第41回神経組織培養研究会, 2019年11月, 招待有り
  • 細胞内カルシウムイメージングで明らかになってきたグリア・膵β細胞の活動様式とその機能
    金丸和典
    第106回生命科学セミナー, 2019年09月, 招待有り
  • 生体イメージング・方法論・技術
    第92回日本薬理学会年会, 2019年03月, 通常論文
  • タンパク質型Ca2+インジケーター発現マウスを用いたβ細胞の生体内Ca2+イメージング解析
    金丸 和典; 太向 勇; 飯野 正光
    第92回日本薬理学会年会, 2019年03月, 通常論文
  • カルシウム依存性神経保護因子のプロテオミクス解析
    金丸和典
    第24回グリアクラブ, 2019年02月, 通常論文
  • 膵β細胞カルシウムシグナルの生体内イメージング解析
    金丸和典
    平成30年度生理研研究会「シグナル動態の可視化と操作に基づく多階層機能解析の新展開」, 2018年09月, 通常論文
  • オルガネラ局在型および細胞質局在型超高感度カルシウムインジケーターを用いたβ細胞カルシウムシグナル解析
    金丸和典
    第73回Blood Vessel Club, 2018年07月, 通常論文
  • 細胞分子薬理学部門の研究紹介
    平成30年度日本大学医学部基礎教育総医局会上半期情報交換会, 2018年07月, 通常論文
  • In vivo Ca2+ imaging analysis of β-cells using an ultrasensitive Ca2+ indicator YC-Nano50
    Kanemaru Kazunori; Isamu Taiko; Nami Kitajima; Hiroshi Sekiya; Masamitsu Iino
    WCP2018 KYOTO (18th WORLD CONGRESS of basic and clinical Pharmacology), 2018年07月, 通常論文
  • 高感度カルシウムインジケータータンパク質YC-Nano50を用いた膵β細胞の生体内イメージング解析
    金丸 和典; 太向 勇; 北島 奈美; 関谷 敬; 飯野 正光
    第138回日本薬理学会関東部会, 2018年03月, 通常論文
  • In vivo analysis of astrocytic calcium signaling
    Kazunori Kanemaru; Hiroshi Sekiya; Yohei Okubo; Masamitsu Iino
    第5回グリアアセンブリ国際シンポジウム「グリアアセンブリによる脳機能の発現と病態」, 2018年01月, 通常論文
  • カルシウムインジケーター発現マウスを用いた生体内β細胞カルシウムシグナル解析
    金丸 和典; 太向 勇; 北島 奈美; 関谷 敬; 飯野 正光
    第90回日本薬理学会年会, 2017年03月, 通常論文
  • カルシウムイメージングで切り拓くアストロサイト機能(日本薬理学会 学術奨励賞受賞講演)
    金丸和典
    第90回日本薬理学会年会, 2017年03月, 招待有り
  • オルガネラ内腔Ca2+インジケーターおよびCa2+インジケーター発現マウスを用いたβ細胞Ca2+シグナル解析
    金丸 和典; 太向 勇; 北島 奈美; 関谷 敬; 飯野 正光
    第135回日本薬理学会関東部会, 2016年10月, 通常論文
  • Calcium imaging method using YC-Nano50 for the visualization of subtle and local activity of astrocytes in vivo
    Kazunori Kanemaru
    2nd "Young Glia" meeting in Homburg, Germany: Japanese-German YoungGlia collaborative meeting for mutual research exchange, 2016年05月, 通常論文
  • 超高感度カルシウムセンサーを発現するマウスを用いた生体内アストロサイトのイメージング解析
    金丸 和典; 関谷 敬; 北島 奈美; 高木 美貴; 田中 謙二; 飯野 正光
    第89回日本薬理学会年会, 2016年03月, 通常論文

所属学協会

  • Blood Vessel Club(運営委員)
  • 日本糖尿病学会
  • 日本神経化学会
  • 日本神経科学会
  • 日本生理学会
  • 日本薬理学会(学術評議員)

共同研究・競争的資金等の研究課題

  • ★生体内インスリン動態制御機構の新規in vivo肝・膵イメージング法による解明
    基盤研究(B)
    日本大学
    2020年04月 - 2023年03月
    科学研究費助成事業 基盤研究(B)
  • ★膵β細胞イメージングを基盤とする糖尿病の新規治療戦略創出
    2021年04月 - 2022年03月
  • ★新規生体内β細胞 Ca2+イメージング法による生体内インスリン動態解析
    第34回ノバルティス研究奨励金
    2021年04月
  • ★Partnership to Realize Innovative Seeds and Medicines (PRISM) 若手研究者共創型
    2020年03月
  • ★アストロサイト活動依存的な反応性グリオシス制御因子の探索
    公益財団法人 武田科学振興財団 2018年医学系研究助成(精神・神経・脳領域)
    2018年11月
    2018 年医学系研究助成(精神・神経・脳領域)
  • ★遺伝子改変マウスを用いた膵β細胞カルシウムシグナル時空間動態の生体内解析
    第49回内藤記念科学奨励金・研究助成
    2018年03月
    第49回内藤記念科学奨励金・研究助成
  • ★グリア細胞由来の神経細胞死制御因子の同定と解析
    若手研究(A)
    2015年04月 - 2017年03月
    科研費 若手研究(A)
  • 生体内インスリン動態とその形成機構を遺伝子改変マウスの膵・肝 in vivo カルシウムイメージングから解き明かす
    2022年08月 - 2027年05月
    2022年度 武田科学振興財団 医学系研究助成 基礎
  • マウス膵臓および肝臓のin vivoカルシウムイメージングによる生体内インスリン動態とその発生・制御機構の解明
    2023年04月 - 2024年03月
    2022年度 内藤記念科学奨励金・研究助成
  • 膵β細胞活動を生体内で可視化する新規指標を用いた2型糖尿病治療戦略基盤の探索
    基盤研究(B)
    日本大学
    2020年04月 - 2023年03月
    科学研究費助成事業 基盤研究(B)
  • 脳損傷時アストロサイトのカルシウム活動依存的な神経保護因子の探索
    公益財団法人薬理研究会 平成30年度研究助成
    日本大学医学部
    2018年09月 - 2019年09月
    平成30年度研究助成
  • 国際グリア研究ネットワーク構築プロジェクト:日独若手研究者交流・育成を軸として
    新学術領域研究(研究領域提案型)
    生理学研究所
    2015年11月 - 2018年03月
    科学研究費助成事業 新学術領域研究(研究領域提案型)
  • カルシウムシグナルの可視化と制御によるグリアアセンブリ動態の解明
    新学術領域研究(研究領域提案型)
    2013年06月 - 2018年03月
    新学術領域研究(研究領域提案型) グリアアセンブリによる脳機能発現の制御と病態
  • 中枢神経系ネットワークのカルシウム制御と病態生理機構
    基盤研究(S)
    2013年05月 - 2018年03月
    科研費 基盤研究(S)
  • 中枢神経系細胞間ネットワークにおけるシグナル機構の可視化解析
    基盤研究(S)
    2009年05月 - 2014年03月
    基盤研究(S)
  • アストロサイトのカルシウムシグナルにより発現制御される翻訳抑制因子の機能解明
    若手研究(B)
    2010年04月 - 2011年03月
    科研費 若手研究(B)
  • 膵β細胞イメージングを基盤とする糖尿病の新規治療戦略創出
    2021年度難治疾患共同研究拠点共同研究
  • 膵 β 細胞の生体内イメージング解析による糖尿病の治療戦略創生
    2020年度難治疾患共同研究拠点共同研究
    2020年度難治疾患共同研究拠点共同研究

産業財産権

  • 特開2017-216924, 特願2016-113147, Ca2+誘発性Ca2+遊離活性抑制剤のスクリーニング方法
    村山 尚, 國廣 なごみ, 飯野 正光, 金丸 和典, 鈴木 純二