在間 一将

薬学部 薬学科助教

学位

  • 修士(薬学), 星薬科大学
  • 博士(薬学), 星薬科大学

研究分野

  • ライフサイエンス, 薬系分析、物理化学

経歴

  • 2024年04月 - 現在
    日本大学薬学部, 専任講師
  • 2015年04月 - 2024年03月
    日本大学薬学部, 助教
  • 2012年04月 - 2015年03月
    厚生労働省 国立医薬品食品衛生研究所, 流動研究員

受賞

  • 日本生薬学会論文賞

論文

  • Development of Systematic Separation Method of the Ingredients Containing in Crude Aloin Using Countercurrent Chromatography
    Kazumasa ZAIMA; Mizuki HAMANO; Toru UMEZAWA; Natsumi IWAFUCHI; Chizuru TSUZUKI; Kazufusa SHINOMIYA
    CHROMATOGRAPHY, 2023年10月, 査読有り
    筆頭著者
  • Real-time PCR method for detection of short DNA using a deoxyuridine probe and application for detection of fomivirsen
    Naoki Harikai; Yuko Tanaka; Satoshi Miyashita; Kazumasa Zaima; and Kazufusa Shinomiya
    Bio Techniques, 2022年11月, 査読有り
  • Partition efficiency of eccentric coil for countercurrent chromatographic separation of proteins using small-scale cross-axis coil planet centrifuge with circular and elliptic cylindrical columns.
    Kazufusa Shinomiya; Koji Tokura; Tomomi Hashimoto; Ruina Watanabe; Tomoya Takeda; Kazumasa Zaima; and Yoichiro Ito
    Analytical Sciences, 2021年02月, 査読有り
  • Complanadine F, a novel dimeric alkaloid from Lycopodium complanatum
    Yusuke Hirasawa; Manami Agawa-Kakimoto; Kazumasa Zaima; Nahoko Uchiyama; Yukihiro Goda; Hiroshi Morita
    Journal of Natural Medicines, 2021年, 査読有り
  • Application of High-Speed Countercurrent Chromatography of Flavanonol, Phenylcoumaran and Flavonolignans in Silybum marianum
    Kazumasa Zaima; Risako Koga; Riku Motegi; Hanae Sato; Susumu Kitanaka; Yoichiro Ito and Kazufusa Shinomiya
    Chromatography, 2020年07月, 査読有り, 通常論文
    筆頭著者
  • Transfer of epinastine to infants through human breast milk
    Iwasa C.; Zaima K.; Harikai N.; Tanaka Y.; Hamada J.; Shinomiya K.; Hayashi H
    Pharmazie, 2019年12月, 査読有り, 通常論文
  • Partition efficiencies of three different coiled columns for the coil satellite centrifuge at higher rotation speed combinations
    Kazufusa Shinomiya; Kazumasa Zaima; Miho Yasue; Rika Honda; Yoshiyuki Sakuma; Naoki Harikai; Koji Tokura; Yoichiro Ito
    Journal of Chromatography A, 2019年07月, 査読有り, 通常論文
  • Kinetic Study of the Equilibration between Carminic Acid and Its Two Isomers Isolated from Cochineal Dye
    Kazumasa Zaima; Azusa Fukamachi; Ryoko Yagi; Yusai Ito; Naoki Sugimoto; Hiroshi Akiyama; Kazufusa Shinomiya; Noki Harikai
    Chem. Pharm. Bull., 2017年03月, 査読有り, 通常論文
    筆頭著者
  • Comparison of the peak resolution and the stationary phase retention between the satellite and the planetary motions using the coil satellite centrifuge with counter-current chromatographic separation of 4-methylumbelliferyl sugar derivatives
    Kazufusa Shinomiya; Kazumasa Zaima; Yukina Harada; Miho Yasue; Naoki Harikai; Koji Tokura; Yoichiro Ito
    JOURNAL OF CHROMATOGRAPHY A, 2017年01月, 査読有り, 通常論文
  • Improved Separations of Proteins and Sugar Derivatives Using the Small-Scale Cross-Axis Coil Planet Centrifuge with Locular Multilayer Coiled Columns
    Kazufusa Shinomiya; Kazumasa Zaima; Naoki Harikai and Yoichiro Ito
    Separations, 2016年09月, 査読有り, 通常論文
  • TLCを用いたチクヨウの確認試験及び純度試験の設定とその指標成分の同定
    吉冨太一,在間一将,内山奈穂子,吉田雅昭,秋葉秀一郎,山本豊,浅間宏志,近藤誠三,横倉胤夫,五島隆志,山浦高夫,高橋喜久美,富塚弘之,佐々木博,神本敏弘,山路弘樹,菊池祐一,嶋田康男,川原信夫,丸山卓郎,合田幸広,袴塚高志
    生薬学雑誌, 2016年08月, 査読有り, 通常論文
  • 1H-NMR-メタボロミクスによるショウガ抽出エキスの規格化.
    若菜大悟,丸山卓郎,在間一将,武田尚,杉村康司,安食菜穂子,飯田修,川原信夫,合田幸広,細江智夫
    日本食品化学学会誌, 2014年08月, 査読有り, 通常論文
  • Identification of marker compounds for Japanese Pharmacopoeia non-conforming jujube seeds from Myanmar.
    Oshima N; Zaima K; Kamakura H; Hamato A; Yamamoto Y; Kang D.-H; Yokokura T; Goda Y; Hakamatsuka T; Maruyama T
    Journal of Natural Medicines, 2014年08月, 査読有り, 通常論文
  • Isoheleproline: A new amino acid-sesquiterpene adduct from Inula helenium
    Kazumasa Zaima; Daigo Wakana; Yosuke Demizu; Yukie Kumeta; Hiroyuki Kamakura; Takuro Maruyama; Masaaki Kurihara; Yukihiro Goda
    Journal of Natural Medicines, 2014年, 査読有り, 通常論文
    筆頭著者
  • Dapoxetine および flibanserin の LC-PDA-MS 分析
    在間一将,最所和宏,丸山卓郎,合田幸広
    日本食品化学学会誌, 2013年08月, 査読有り, 通常論文
    筆頭著者
  • Vasorelaxant effects on rat aortic artery by two types of indole alkaloids, naucline and cadamine.
    Ishizuka M; Koga I; Zaima K; Kaneda T; Hirasawa Y; Hadi A H A; Morita H.
    Journal of Natural Medicines, 2012年07月, 査読有り, 通常論文
  • Alstiphyllanines I-O, ajmaline type alkaloids from Alstonia macrophylla showing vasorelaxant activity
    Hiroko Arai; Kazumasa Zaima; Erika Mitsuta; Haruka Tamamoto; Aiko Saito; Yusuke Hirasawa; Abdul Rahman; Idha Kusumawati; Noor Cholies Zaini; Hiroshi Morita
    BIOORGANIC & MEDICINAL CHEMISTRY, 2012年06月, 査読有り, 通常論文
  • Naucline, a New Indole Alkaloid from the Bark of Nauclea officinalis
    Sook Yee Liew; Mat Ropi Mukhtar; A. Hamid A. Hadi; Khalijah Awang; Mohd Rais Mustafa; Kazumasa Zaima; Hiroshi Morita; Marc Litaudon
    MOLECULES, 2012年04月, 査読有り, 通常論文
  • Vasorelaxant effect of FR900359 from Ardisia crenata on rat aortic artery.
    Zaima K; Deguchi J; Matsuno Y; Kaneda T; Hirasawa Y; Morita H.
    Journal of Natural Medicines, 2012年03月, 査読有り, 通常論文
    筆頭著者
  • Vasorelaxant activity of indole alkaloids from Tabernaemontana dichotoma.
    Zaima K; Koga I; Iwasawa N; Hosoya T; Hirasawa Y; Kaneda T; Ismail I S; Lajis N H; Morita H.
    Journal of Natural Medicines, 2012年02月, 査読有り, 通常論文
    筆頭著者
  • Neonaucline, a new indole alkaloid from the leaves of Ochreinauclea maingayii (Hook. f.) Ridsd. (Rubiaceae).
    Mukhtar M R; Osman N; Awang K; Hazni H; Qureshi A K; Hadi A H A; Zaima K; Morita H; Litaudon M.
    Molecules, 2011年12月, 査読有り, 通常論文
  • Vasorelaxant effect of isoquinoline derivatives from two species of Popowia perakensis and Phaeanthus crassipetalus on rat aortic artery.
    Zaima K; Takeyama Y; Koga I; Saito A; Tamamoto H; Azziz S S S A; Mukhtar M R; Awang K; Hadi A H A; Morita H.
    Journal of Natural Medicines, 2011年10月, 査読有り, 通常論文
    筆頭著者
  • Vasorelaxant effects of macrocyclic bis(bibenzyls) from liveraorts.
    Morita H; Zaima K; Koga I; Saito A; Tamamoto H; Okazaki H; Kaneda T; Hashimoto T; Asakawa Y.
    Bioorganic & Medicinal Chemistry, 2011年05月, 査読有り, 通常論文
  • New vasorelaxant indole alkaloids, villocarines A-D from Uncaria villosa.
    Matsuo H; Okamoto R; Zaima K; Hirasawa Y; Ismail I S; Lajis N H; Morita H.
    Bioorganic & Medicinal Chemistry, 2011年05月, 査読有り, 通常論文
  • Lancifoliaine, a New Bisbenzylisoquinoline from the Bark of Litsea lancifolia
    Syazreen Nadia Sulaiman; Mat Ropi Mukhtar; A. Hamid A. Hadi; Khalijah Awang; Hazrina Hazni; Azeana Zahari; Marc Litaudon; Kazumasa Zaima; Hiroshi Morita
    MOLECULES, 2011年04月, 査読有り, 通常論文
  • 26 マレーシア産Hunteria zeylanicaおよびLeuconotis griffithiiより単離した新規ビスインドールアルカロイドの構造と生物活性(口頭発表の部)
    Nugroho Alfarius E.; 平澤 祐介; 細谷 孝博; 在間 一将; Awang Khalijah; Hadi A.Hamid.A.; 森田 博史
    天然有機化合物討論会講演要旨集, 2010年09月
  • Bisnicalaterines B and C, Atropisomeric Bisindole Alkaloids from Hunteria zeylanica, Showing Vasorelaxant Activity
    Yusuke Hirasawa; Mayumi Hara; Alfarius E. Nugroho; Masatomo Sugai; Kazumasa Zaima; Nobuo Kawahara; Yukihiro Goda; Khalijah Awang; A. Hamid A. Hadi; Marc Litaudon; Hiroshi Morita
    JOURNAL OF ORGANIC CHEMISTRY, 2010年06月, 査読有り, 通常論文
  • Papuabalanols A and B, new tannins from Balanophora papuana.
    Hosoya T; Nakata A; Zaima K; Latip J; Din L B; Muslim N; Morita H.
    Chemical and Pharmaceutical Bulletin, 2010年02月, 査読有り, 通常論文
  • Synthesis and structure-activity relationships of cassiarin A as potential antimalarials with vasorelaxant activity.
    Morita H; Tomizawa Y; Deguchi J; Ishikawa T; Arai H; Zaima K; Hosoya T; Hirasawa Y; Matsumoto T; Kamata K; Ekasari W; Widyawaruyanti A; Wahyuni T S; Zaini N C; Honda T.
    Bioorganic & Medicinal Chemistry, 2009年10月, 査読有り, 通常論文
  • 3 インドネシア産Tabernaemontana属植物より単離した新規多環性モノテルペンインドールアルカロイドの構造と生物活性(口頭発表の部)
    平澤 祐介; 深山 さおり; 在間 一将; 細谷 孝博; 小山 晃一郎; Cholies Zaini Noor; 森田 博史
    天然有機化合物討論会講演要旨集, 2009年09月
  • Biscarpamontamines A and B, an aspidosperma-iboga bisindole alkaloid and an aspidosperma-aspidosperma bisindole alkaloid, from Tabernemontana sphaerocarpa.
    Zaima K; Hirata T; Hosoya T; Hirasawa Y; Koyama K; Rahman A; Kusumawati I; Zaini N C; Shiro M; Morita H.
    Journal of Natural Products, 2009年08月, 査読有り, 通常論文
    筆頭著者
  • α’-Oxoperakensimines A-C, new bisbenzylisoquinoline alkaloids from Alseodaphne perakensis (Gamble) Kosterm.
    Mukhtar M R; Nafiah M A; Awang K; Thomas N F; Zaima K; Morita H.
    Heterocycles, 2009年04月, 査読有り, 通常論文
  • Alstiphyllanines A-D, Indole Alkaloids from Alstonia macrophylla
    Yusuke Hirasawa; Hiroko Arai; Kazumasa Zaima; Rice Oktarina; Abdul Rahman; Wiwied Ekasari; Aty Widyawaruyanti; Gunawan Indrayanto; Noor Cholies Zaini; Hiroshi Morita
    JOURNAL OF NATURAL PRODUCTS, 2009年02月, 査読有り, 通常論文
  • Alkaloids from the seeds of Peganum harmala showing antiplasmodial and vasorelaxant activities.
    Astulla A; Zaima K; Matsuno Y; Hirasawa Y; Ekasari W; Widyawaruyanti A; Zaini N C; Morita H.
    Journal of Natural Medicines, 2008年06月, 査読有り, 通常論文
  • Alstilobanines A-E, new indole alkaloids from Alstonia angustiloba.
    Koyama K; Hirasawa Y; Zaima K; Hoe T C; Chan K L; Morita H.
    Bioorganic & Medicinal Chemistry, 2008年05月, 査読有り, 通常論文
  • Flavisiamines E-F and fruticosiamine A, new methyl chanofruticosinate- and aspidofractinine-type indole alkaloids, from two species of Kopsia.
    Sekiguchi M; Hirasawa Y; Zaima K; Hoe T C; Chan K L; Morita H.
    Heterocycles, 2008年05月, 査読有り, 通常論文
  • Flavisiamines A - D, new indole alkaloids from Kopsia flavida
    Mitsuhiro Sekiguchi; Yusuke Hirasawa; Kazumasa Zaima; Teh Chin Hoe; Kit-Lam Chan; Hiroshi Morita
    Heterocycles, 2008年, 査読有り, 通常論文
  • Kopreasin A, a new indole alkaloid from Kopsia arborea
    Kazumasa Zaima; Yosuke Matsuno; Yusuke Hirasawa; Abdul Rahman; Gunawan Indrayanto; Noor Cholies Zaini; Hiroshi Morita
    Heterocycles, 2008年, 査読有り, 通常論文
    筆頭著者
  • Studies on the constituents from fruits of Phaleria macrocarpa.
    Oshimi S; Zaima K; Matsuno Y; Hirasawa Y; Iizuka T; Studiawan H; Indrayanto G; Zaini N C; Morita H.
    Journal of Natural Medicines, 2007年11月, 査読有り, 通常論文
  • Huncaniterine A, a new bisindole alkaloid from Hunteria zeylanica
    Khalit Mohamad; Tomoko Suzuki; Yuki Baba; Kazumasa Zaima; Yosuke Matsuno; Yusuke Hirasawa; Mat Ropi Mukhtar; Khalijah Awang; A. Hamid A. Hadi; Hiroshi Morita
    HETEROCYCLES, 2007年, 査読有り, 通常論文

MISC

  • 混合物の構造解析のためのフッ素核核磁気共鳴法
    在間一将
    ぶんせき, 2018年12月, 査読有り
    筆頭著者
  • シソから生まれる鎮痛薬
    在間一将
    ファルマシア, 2014年03月, 査読有り
    筆頭著者

書籍等出版物

  • 薬学生のための分析化学問題集
    四宮一総; 小谷明; 在間一将; 四宮一総; 東海林敦; 中川沙織; 袴田秀樹; 張替直輝; 柳田顕郎, 共著, 4.1(4)屈折率測定法、4.1(5)旋光度測定法と旋光分散・円偏光二色性測定法、4.2構造解析分析法, 四宮一総(編集)、小谷明、在間一将、四宮一総、東海林敦、中川沙織、袴田秀樹、張替直輝、柳田顕郎
    廣川書店, 2019年08月, 査読無し
    9784567258005
  • わかりやすい機器分析学 第4版
    片岡洋行; 四宮一総; 編集; 石﨑厚; 伊納義和; 片岡洋行; 齋藤啓太; 在間一将; 四宮一総; 竹内政樹; 田中秀治; 村井毅; 森山圭, 共著, 3.7 構造解析の総合演習, 片岡洋行,四宮一総(編集)石﨑厚,伊納義和,片岡洋行,齋藤啓太,在間一将,四宮一総,竹内政樹,田中秀治,村井毅,森山圭
    廣川書店, 2018年03月, 査読無し
    9784567256131

講演・口頭発表等

  • 臨床を志向した分析化学系実習における採血趣味レーション実習の実施
    四宮一総; 張替直輝; 在間一将
    日本薬学会第144年会(横浜), 2024年03月
  • 衛星運動型向流クロマトグラフにおけるカラム回転速度の各種二相溶媒の分離効率
    四宮一総; 小林亮太; 加澤英希; 碓井琴子; 片岡里奈; 原田幸奈; 安江美帆; 在間一将; 戸倉幸治
    第35回バイオメディカル分析科学シンポジウム(BMAS2023), 2023年07月
  • 血清中 fomivirsen の ligase detection reaction 測定法の感度向上のための前処理法
    張替直輝,山本椿,内山拓海,在間一将,四宮一総
    第35回バイオメディカル分析科学シンポジウム(BMAS2023), 2023年07月
  • 高極性有機溶媒-水系二相溶媒の下層を移動相とした向流クロマトグラフィー分離における衛星運動の固定相保持率への影響
    四宮一総; 加澤英希; 在間一将
    第83回分析化学討論会, 2023年05月
  • 衛星運動型向流クロマトグラフにおける高極性有機溶媒-水系二相溶媒の分離効率
    四宮一総; 加澤英希; 在間一将
    日本薬学会第143年会(札幌), 2023年03月
  • 汎用型向流クロマトグラフによるタンパク質分離の条件検討と回転中加速度変化の測定
    第34回バイオメディカル分析科学シンポジウム, 2022年09月
  • Ligase detection reaction による生体試料からの核酸医薬品 fomivirsen の定量
    第34回バイオメディカル分析科学シンポジウム, 2022年09月
  • 畜産物中カルプロフェンおよびカルプロフェングルクロン酸抱合体の定量法の開発
    第8回次世代を担う若手のためのレギュラトリーサイエンスフォーラム(東京), 2022年08月
  • Effect of Rotation Speed Combinations on Counntercurrent Chromatographic Separation of Proteins Using Coil Satellite Centrifuge with Aqueous Two-Phase Solvent Systems
    The 11th International Conference on Countercurrent Chromatography (CCC2022), 2022年08月
  • 小型交軸型高速向流クロマトグラフによるアミノ酸,鏡像異性体の分離
    第82回分析化学討論会(水戸), 2022年05月
  • Ligase detection reaction による核酸医薬品 fomivirsen の定量
    日本薬学会第142年会(名古屋), 2022年03月
  • 偏心コイルカラムを用いた衛星運動型向流クロマトグラフによるタンパク質の分離
    日本薬学会第142年会(名古屋), 2022年03月
  • 向流クロマトグラフィーを用いたアロエ含有成分の系統的分離法の開発
    第32回クロマトグラフィー科学会議, 2021年11月
  • 衛星運動型向流クロマトグラフによるタンパク質の分離
    第33回バイオメディカル分析科学シンポジウム, 2021年09月
  • 生体試料中での DNA 断片化の経時的な解析と短鎖 DNA の検出法の開発
    令和2年度(第31回)日本大学薬学部学術講演会, 2020年10月
  • 高速向流クロマトグラフィーを用いたオオアザミ含有成分の精製
    日本薬学会第140年会(京都), 2020年03月, 通常論文
  • リガーゼ連鎖反応によるホミビルセンの検出法の開発
    日本薬学会第140年会(京都), 2020年03月, 通常論文
  • ドーピング規制の可能性のある天然生理活性物質の分離-アロエ含有成分を中心に-
    日本大学学長特別研究シンポジウム, 2019年11月
  • 核酸アプタマーを固定したポリエチレングリコールを用いる水性二相分配法によるマウスIgGの分離
    第32回バイオメディカル分析科学シンポジウム(BMAS2019), 2019年08月, 通常論文
  • 糖誘導体の向流クロマトグラフィー分離による円筒型カラムと楕円型カラムの分離効率の比較
    第26回クロマトグラフィーシンポジウム(岡山), 2019年06月, 通常論文
  • 向流クロマトグラフィーによるタンパク質分離における隔室チューブのハイピッチ多層コイルを巻きつけた楕円型カラムの分離効率
    第79回分析化学討論会(小倉), 2019年05月, 通常論文
  • 高速向流クロマトグラフィーによる天然生理活性化合物の分離法-オオアザミ含有成分分離への応用-
    日本薬学会第139年会(千葉), 2019年03月, 通常論文
  • 衛星運動型高速向流クロマトグラフにおける分析用コイル状カラムの分離効率
    日本薬学会第139年会(千葉), 2019年03月, 通常論文
  • Deoxyuridine 含有プローブを用いた PCR 法の開発と fomivirsen 定量への応用
    平成30年度(第29回)日本大学薬学部学術講演会, 2018年11月
  • 隔室チューブの多層コイルを巻き付けた楕円カラムによるタンパク質の同期的向流クロマトグラフィー分離
    第31回バイオメディカル分析科学シンポジウム(BMAS2018), 2018年08月, 通常論文
  • Partition Efficiency of Double-Spaced Coil for Protein Separation Using Small-Scale Cross-Axis Coil Planet Centrifuge with Circular and Elliptic Cylindrical Columns
    The 10th International Conference on Countercurrent Chromatography (CCC2018), 2018年08月, 通常論文
  • Partition Efficiencies of Three Different Coiled Columns for Coil Satellite Centrifuge at Higher Rotation Speed Combinations
    The 10th International Conference on Countercurrent Chromatography (CCC2018), 2018年08月, 通常論文
  • 衛星運動型高速向流クロマトグラフによるペプチドの分離
    第25回クロマトグラフィーシンポジウム(弘前), 2018年06月, 通常論文
  • 衛星運動型高速向流クロマトグラフ装置における衛星運動の高速化とその分離効率への効果
    第78回分析化学討論会(宇部), 2018年05月, 通常論文
  • ヒト母乳中への抗ヒスタミン薬の移行に関する研究-フェキソフェナジンの母乳中濃度-
    日本薬学会第138年会(金沢), 2018年03月, 通常論文
  • 静的平衡系向流クロマトグラフによる糖誘導体の分離と分離機構の力学的解析
    日本薬学会第138年会(金沢), 2018年03月, 通常論文
  • 向流クロマトグラフィーを用いた生体試料の前処理法-母乳中抗ヒスタミン薬を例として-
    日本薬学会第138年会(金沢), 2018年03月, 通常論文
  • Deoxyuridine含有DNAプローブを用いたPCR法によるfomivirsenの定量
    日本薬学会第138年会(金沢), 2018年03月, 通常論文
  • 生体試料中抗アレルギー剤の分析法の開発
    平成29年度(第28回)日本大学薬学部学術講演会, 2017年11月
  • 静的平衡系向流クロマトグラフ装置を用いた水性二相溶媒によるタンパク質の分離
    第30回バイオメディカル分析科学シンポジウム (BMAS2017), 2017年08月, 通常論文
  • ハイピッチコイルをカラムに用いた静的平衡系向流クロマトグラフ装置のタンパク質分離効果
    第77回分析化学討論会(京都), 2017年05月, 通常論文
  • 偏心コイル向流クロマトグラフィーを用いた水性二相溶媒によるタンパク質の分離
    日本薬学会第137年会(仙台), 2017年03月, 通常論文
  • オオアザミ種子の成分探索
    日本薬学会第137年会(仙台), 2017年03月, 通常論文
  • ヒト母乳中への抗アレルギー薬の移行に関する研究-エピナスチンの母乳濃度-
    日本薬学会第137年会(仙台), 2017年03月, 通常論文
  • 核酸アプタマーを固定した水性二相溶媒によるタンパク質のアフィニティー分離に関する基礎検討
    新アミノ酸分析研究会第6回学術講演会, 2016年11月, 通常論文
  • 隔室チューブをコイル状カラムに用いた小型交軸型向流クロマトグラフによるタンパク質及び糖誘導体の分離
    第29回バイオメディカル分析科学シンポジウム(BMAS2016), 2016年09月, 通常論文
  • Comparison of Partition Efficiency between Satellite and Planetary Motions of Coil Satellite Centrifuge for Counter-Current Chromatographic Separation of 4-Methylumbelliferyl Sugar Derivatives
    The 9th International Conference on Countercurrent Chromatography (CCC2016), 2016年08月, 通常論文
  • 加速度センサーを用いた衛星運動型高速向流クロマトグラフ装置におけるカラム回転運動の解析
    第76回分析化学討論会(岐阜), 2016年05月, 通常論文
  • 衛生運動型高速向流クロマトグラフ装置における二相溶媒系の極性と固定相保持率との関連性
    日本薬学会第136年会, 2016年03月, 通常論文
  • 振盪式高速向流クロマトグラフ装置におけるカラム回転運動の力学的解析
    日本薬学会第136年会, 2016年03月, 通常論文
  • 交軸型向流クロマトグラフ装置における新規楕円カラムの分離効率
    日本薬学会第136年会, 2016年03月, 通常論文
  • TLCを用いたチクヨウの確認及び純度試験の設定とその指標成分の同定
    日本薬学会第136年会, 2016年03月, 通常論文
  • 母乳中エピナスチン測定のためのHPLC分析法の検討
    日本薬学会第136年会, 2016年03月, 通常論文
  • 向流クロマトグラフィーによるカタラーゼ精製の基礎検討
    新アミノ酸分析研究会第5回学術講演会, 2015年12月, 通常論文
  • Polygonum 属植物由来のanthraquinone 類および resveratrol の LC/MS 分析と定量的評価
    平成27年度(第26回)日本大学薬学部学術講演会, 2015年11月
  • ビーズ封入隔室チューブを用いた向流クロマトグラフィーによる分離の最適化
    第59回日本薬学会関東支部大会, 2015年09月, 通常論文
  • Deoxy uridine 含有 DNA プローブを用いた短鎖 DNA の検出法に関する基礎検討
    第59回日本薬学会関東支部大会, 2015年09月, 通常論文
  • 衛生運動型高速向流クロマトグラフ装置における衛生運動の分離効率への影響と力学的解析
    第28回バイオメディカル分析科学シンポジウム, 2015年08月, 通常論文
  • LC/MS による Polygonum 属植物に含有されるアントラキノン類およびレスベラトロールの定量分析
    日本生薬学会第61回年会, 2014年09月, 通常論文
  • アスヒカズラ Lycopodium complanatum より単離した新規アルカロイドの構造
    日本生薬学会第61回年会, 2014年09月, 通常論文
  • Polygonum 属植物に含有されるResveratrol および anthraquinone 類のLC/MS 分析
    日本食品化学学会第20回総会・学術大会, 2014年05月, 通常論文
  • ミャンマー産サンソウニン(酸棗仁)の特異的成分の同定について
    日本薬学会第134年会, 2014年03月, 通常論文
  • Dapoxetine および Flibanserin のLC-PDA-MS 分析
    日本食品化学学会第19回総会・学術大会, 2013年08月, 通常論文
  • Inula helenium の含有成分から見た安全性の評価に関する研究
    日本薬学会第133年会, 2013年03月, 通常論文
  • センプクカ由来セスキテルペンラクトンの分析法の開発と基源植物について
    日本生薬学会第59回年会, 2012年09月, 通常論文
  • バンレイシ科 Anomianthus dulcis より単離したアルカロイドの血管弛緩作用に関する研究
    日本生薬学会第59回年会, 2012年09月, 通常論文
  • マレーシア産 Tabernaemontana dichotoma より単離したインドールアルカロイドの構造と血管平滑筋弛緩作用およびラットにおける降圧作用
    第53回天然有機化合物討論会, 2011年09月, 通常論文
  • Alstonia pneumatophore および A. angustiloba 由来の新規多環性インドールアルカロイドの構造研究
    第53回天然有機化合物討論会, 2011年09月, 通常論文
  • マレーシア産アカネ科植物から単離された Naucline および Cadamine の血管平滑筋弛緩作用
    日本生薬学会第58回年会, 2011年09月, 通常論文
  • Alstonia macrophylla の葉より単離した vincamedine の血管平滑筋弛緩反応の作用機序
    日本生薬学会第58回年会, 2011年09月, 通常論文
  • Tabernaemontana dichotoma より単離したインドールアルカロイドの血管平滑筋弛緩作用
    第18回天然薬物の開発と応用シンポジウム, 2010年11月, 通常論文
  • 苔類より単離されるビスビベンジル類の血管弛緩作用
    第54回日本薬学会関東支部大会, 2010年10月, 通常論文
  • バンレイシ科 Popowia perakensis および Phaeanthus crassipetalus より単離したイソキノリンアルカロイド類縁体の血管平滑筋弛緩作用
    第54回日本薬学会関東支部大, 2010年10月, 通常論文
  • マレーシア産 Hunteria zeylanica および Leuconotis griffithii より単離した新規インドールアルカロイドの構造と生物活性
    第52回天然有機化合物討論会, 2010年10月, 通常論文
  • 苔類より単離されるビスビベンジル類の血管平滑筋弛緩作用
    日本生薬学会第57回年会, 2010年09月, 通常論文
  • Tabernaemontana dichotoma より単離した新規インドールアルカロイドの構造と血管平滑筋弛緩作用
    日本生薬学会第57回年会, 2010年09月, 通常論文
  • Uncaria villosa に含まれるインドールアルカロイドの血管平滑筋弛緩作用に関する研究
    日本生薬学会第57回年会, 2010年09月, 通常論文
  • インドネシア産 Tabernaemontana 属植物より単離した新規多環性アルカロイドの構造と生物活性
    第51回天然有機化合物討論会, 2009年10月, 通常論文
  • Tabernemontana sphaerocarpa より単離した新規インドールアルカロイドの構造に関する研究
    日本生薬学会第56回年会, 2009年10月, 通常論文
  • 抗マラリア活性を有する Cassiarin A の構造活性相関に関する研究
    日本生薬学会第56回年会, 2009年10月, 通常論文
  • Tabernaemontana 属植物より得られた二量体インドールアルカロイドの構造と細胞増殖阻害活性
    日本生薬学会第56回年会, 2009年10月, 通常論文
  • ツチトリモチ科 Balanophora papuana の成分に関する研究
    日本生薬学会第56回年会, 2009年10月, 通常論文
  • キョウチクトウ科 Kopsia arborea より単離した新規インドールアルカロイドの構造研究と血管平滑筋弛緩作用
    日本薬学会第128年会, 2008年03月, 通常論文
  • Kopsia arborea に含有されるアルカロイド成分の構造研究
    第51回日本薬学会関東支部大会, 2007年10月, 通常論文