塚本 晴二朗

法学部 新聞学科教授

研究キーワード

  • 倫理
  • ジャーナリズム
  • 新聞学・ジャーナリズム倫理学・人権

研究分野

  • 人文・社会, 図書館情報学、人文社会情報学

経歴

  • 2010年04月 - 現在
    日本大学大学院新聞学研究科教授
  • 2004年04月 - 現在
    Research Scholar, The institute of Communications Research at The College of Communications at The University of Illinois
  • 2003年10月 - 現在
    日本大学法学部教授
  • 2006年10月 - 2010年03月
    日本大学大学院法学研究科教授
  • 1998年04月 - 2003年09月
    日本大学法学部助教授
  • 1994年04月 - 1998年03月
    日本大学法学部専任講師
  • 1993年04月 - 1994年03月
    早稲田大学現代政治経済研究所研究員
  • 1993年04月 - 1994年03月
    東海大学短期大学部(社会学)
  • 1993年04月 - 1994年03月
    日本大学文理学部講師(社会学演習Ⅰ・Ⅱ)
  • 1993年04月 - 1994年03月
    日本大学法学部講師(新聞倫理・表現学)
  • 1989年01月 - 1993年03月
    日本大学法学部助手
  • 1990年04月 - 1992年09月
    常磐大学講師(マス・コミュニケーション発達史)

学歴

  • 1989年
    日本大学, 大学院 法学研究科, 政治学専攻
  • 1984年
    日本大学, 法学部, 新聞学科

委員歴

  • 2024年04月 - 現在
    理事, 日本出版学会
  • 2017年08月 - 現在
    副理事長, 特定非営利活動法人 政策マネジメント研究所
  • 2008年11月 - 現在
    理事, 特定非営利活動法人 政策マネジメント研究所
  • 2022年04月 - 2024年03月
    監事, 日本出版学会
  • 2021年12月 - 2022年05月
    特別委員会委員, 出版文化産業振興財団
  • 2020年04月 - 2022年03月
    会長, 日本出版学会
  • 2006年04月 - 2022年03月
    理事, 日本出版学会
  • 2014年04月 - 2020年03月
    副会長, 日本出版学会
  • 2000年04月 - 2003年03月
    理事, 日本出版学会

論文

  • スティーブン・J・A・ウォードのジャーナリズム倫理学―客観性と党派性を中心として―
    塚本晴二朗
    ジャーナリズム&メディア, 2024年03月, 招待有り
  • 書評:Ward, Stephen J. A. (2019) Ethical Journalism in a Populist Age : The Democratically Engaged Journalist, Lanham: Rowman & Littlefield.
    ジャーナリズム&メディア, 2022年09月, 査読無し, 通常論文
  • 序章 パブリッシング・スタディーズへの誘い
    塚本晴二朗
    パブリッシング・スタディーズ, 2022年04月, 招待有り
  • 書評:Christians, Clifford G.,(2019) Media Ethics and Global Justice in the Digital Age, New York: Cambridge University Press.
    塚本晴二朗
    ジャーナリズム&メディア, 2022年03月, 査読無し
  • コンテンツとしてのジャーナリズム-技術革新と生産者の倫理学-
    塚本晴二朗
    出版研究, 2021年03月, 査読無し, 招待有り
  • 日本新聞協会「記者クラブに関する見解」小史-便宜供与を中心として-
    法学紀要, 2021年03月, 査読有り, 通常論文
  • スティーブン・J・A・ウォード『ラジカル・メディア倫理学』書評と資料
    塚本晴二朗・本多祥大
    ジャーナリズム&メディア, 2020年10月, 査読無し, 通常論文
  • 専門職教育と社会的責任論-ジャーナリズムの規範理論研究の原点-
    日本法学, 2020年03月, 査読有り, 通常論文
  • ジョン・C・メリルの実存主義ジャーナリズム
    塚本晴二朗
    政経研究, 2019年09月, 査読有り, 通常論文
  • クリフォード・G・クリスチャンズの「トランスフォーマティブ(Transformative 変容的)・ジャーナリズム」
    塚本晴二朗
    政経研究, 2019年07月, 査読有り, 通常論文
  • エドマンド・B・ランベスの「スティワードシップ(Stewardship・受託者の任務)」
    塚本晴二朗
    ジャーナリズム&メディア, 2019年02月, 査読有り, 通常論文
  • 「極化」現象とジャーナリズムの倫理-ヘイト・スピーチを手がかりとして-
    塚本晴二朗
    「極化」現象と報道の倫理学的研究, 2018年10月, 査読無し, 招待有り
  • 紛争地取材とジャーナリストの専門職倫理-後藤健二の事例を中心として-
    塚本晴二朗
    政経研究, 2016年10月, 査読有り, 通常論文
  • ジャーナリズム研究と二次被害
    塚本晴二朗
    人文・社会科学のための研究倫理ガイドブック, 2015年10月, 査読無し, 通常論文
  • 少年犯罪報道と専門職倫理-成長発達権を手がかりとして-
    塚本晴二朗
    応用倫理-理論と実践の架橋-, 2013年10月, 査読有り, 通常論文
  • プライバシー侵害に関する倫理学的考察-『逆転』事件を手懸かりとして-
    塚本 晴二朗
    出版研究, 2012年03月, 査読有り, 通常論文
  • アメリカ・ジャーナリズム倫理学における行為規範の基盤
    塚本 晴二朗
    ジャーナリズム&メディア, 2010年03月, 査読有り, 通常論文
  • クリフォード・クリスチャンズの「メディア倫理学」教育方法論
    塚本 晴二朗
    政経研究, 2009年11月, 査読有り, 通常論文
  • 社会的責任論と戦後日本のジャーナリズム倫理
    日本大学法学部創設120周年記念論文集, 2009年10月, 査読有り, 通常論文
  • 「ジャーナリズム倫理の五原則-ジャーナリストの行為規範の確立を目指して-」
    塚本 晴二朗
    『ジャーナリズム&メディア』, 2009年03月, 査読有り, 通常論文
  • 「『ジャーナリズム倫理教育の方法』私案-外務省秘密電文漏洩事件を教材として-」
    塚本 晴二朗
    桜文論叢, 2009年02月, 査読有り, 通常論文
    筆頭著者
  • クリフォード・クリスチャンズのメディア倫理学-出版倫理の視座-
    塚本 晴二朗
    出版研究, 2008年03月, 査読有り, 通常論文
    筆頭著者
  • アメリカ・ジャ-ナリズム倫理研究の潮流-日本が学ぶべきこと-
    塚本晴二朗
    マス・コミュニケーション研究, 2007年01月, 査読有り, 通常論文
    筆頭著者
  • Social Responsibility Theory and the Study of Journalism Ethics in Japan
    Seijiro Tsukamoto
    Journal of Mass Media Ethics, 2006年03月, 査読有り, 通常論文
    筆頭著者
  • 名誉毀損・プライバシー侵害と小説-『名もなき道を』事件と「石に泳ぐ魚」事件を中心として-
    塚本 晴二朗
    『桜文論叢』(日本大学法学部), 2002年08月, 査読有り, 通常論文
    筆頭著者
  • 出版研究における法制・倫理
    塚本 晴二朗
    出版研究, 2001年03月, 査読有り, 通常論文
    筆頭著者
  • 臓器移植とジャーナリズム
    『政経研究』(日本大学法学会), 2000年09月, 査読有り, 通常論文
    筆頭著者
  • 第三者機関に関する一考察-「放送と人権等権利に関する委員会機構」(BRO)を中心として-
    塚本 晴二朗
    法学紀要, 2000年03月, 査読有り, 通常論文
    筆頭著者
  • セカンド・レイプ-「東電社員殺害事件」の週刊誌報道に関する一考察-
    塚本 晴二朗
    政経研究, 1999年05月, 査読有り, 通常論文
    筆頭著者
  • 「ジャーナリズムを学ぶということ」
    塚本 晴二朗
    『新聞研究』(日本新聞協会), 1999年, 査読無し, 通常論文
  • 記者クラブに関する一考察-日本新聞協会の記者クラブに関する「新見解」を中心として-
    塚本 晴二朗
    社会学論叢, 1998年11月, 査読有り, 通常論文
    筆頭著者
  • 犯罪報道に関する今日的諸問題-神戸・児童連続殺傷事件の報道を事例として-
    塚本 晴二朗
    法学紀要, 1998年03月, 査読有り, 通常論文
    筆頭著者

MISC

  • 「研究討論会の記録」
    塚本晴二朗
    ジャーナリズム&メディア, 2024年03月, 招待有り
    筆頭著者
  • 書評: Clifeord G. Christians, Mark Fackler & John P. Ferre Ethics for Public Communication:Defining Moments in Media History, Oxford University Press, 2012
    塚本 晴二朗
    『ジャーナリズム&メディア』, 2017年03月15日, 査読無し, 通常論文
  • Clifford G. Christians, Theodore L. Glasser, Denis McQuail, Kaarle Nordenstreng, and Robert A. White(2009), “Normative 書評:Theories of the Media: Journalism in Democratic Societies,”Urbana and Chicago; University of Illinois Press.
    塚本 晴二郎
    『ジャーナリズム&メディア』, 2014年03月20日, 査読有り, 通常論文
    筆頭著者
  • ローリー・アン・フリーマン『記者クラブ-情報カルテル-』橋場義之訳、緑風出版(2011)
    塚本 晴二朗
    『ジャーナリズム&メディア』, 2012年03月20日, 査読有り, 通常論文
    筆頭著者

書籍等出版物

  • ★ジャーナリズムの規範理論
    単著
    日本評論社, 2021年04月
    9784535587588
  • ★「ポスト・トゥルース」時代における「極化」の実態-倫理的議論と教育・ジャーナリズム-
    共編者(共編著者)
    印刷学会出版部, 2021年03月
    9784870852402
  • ★ジャーナリズム倫理学試論
    単著
    南窓社, 2010年05月, 査読無し
    9784816503849
  • 「極化」現象と報道の倫理学的研究
    共編者(共編著者)
    印刷学会出版部, 2018年10月, 査読無し
    9784870852310
  • 出版メディア入門[第2版]
    川井良介他, 共著, 176-195, 川井良介他
    日本評論社, 2012年06月, 査読無し
    9784535586161
  • 叢書 現代のメディアとジャーナリズム 1 グローバル社会とメディア
    武市英雄; 原寿雄他, 共著, 267-286, 武市英雄、原寿雄他
    ミネルヴァ書房, 2003年10月, 査読無し
    4623036189
  • 統治システムの理論と実際
    外山公美他, 共著, 179-195, 外山公美他
    南窓社, 1999年03月, 査読無し
    4816502432

講演・口頭発表等

  • 『出版学』を問い直す——『パブリッシング・スタディーズ』を題材に
    塚本晴二朗
    日本出版学会 2022年度秋季研究発表会, 2022年12月, 日本出版学会, 通常論文
  • ジャーナリズムの倫理と実際--出版と放送の視点から考える理論と実践的課題--
    塚本晴二朗
    日本出版学会 2022年度春季研究発表会, 2022年05月, 日本出版学会
  • コンテンツとしてのジャーナリズム-技術革新と生産者の倫理学-
    塚本晴二朗
    第19回国際出版フォーラム, 2020年11月, 韓国出版学会, 通常論文
  • 日本出版学会のこれから-何をどうする学会であるべきか-
    日本出版学会 2019年度春季研究発表会, 2019年05月, 日本出版学会, 招待有り
  • 「極化」現象のメカニズムの解明と「ポスト・トゥルース」時代の倫理学の役割
    塚本晴二朗・茨木正治・上村崇・眞嶋俊造・笹田佳宏・阿部圭介・鯉渕拓也
    応用哲学会第11回年次総会, 2019年04月, 応用哲学会, 通常論文
  • 出版メディア・出版学の新たなる展望
    第18回 国際出版研究フォーラム(IFPS), 2018年11月, 招待有り
  • 地方紙と政治
    2018年度日本地方政治学会・日本地域政治学会 総会・研究会, 2018年06月, 日本地方政治学会・日本地域政治学会, 通常論文
  • 出版研究と大宅壮一文庫――ネット時代の雑誌専門図書館のあり方
    日本出版学会 2018年度春季研究発表会, 2018年05月, 日本出版学会, 通常論文
  • 新しい「コミュニケーションの流れ」研究の方法論を考える ――雑誌とネット世論の繋がりの探り方を求めて
    日本出版学会 2018年度春季研究発表会, 2018年05月, 通常論文
  • ヘイト・スピーチ報道の倫理学
    北海道大学大学院文学研究科応用倫理研究教育センター 応用倫理研究会, 2017年08月, 北海道大学大学院文学研究科応用倫理研究教育センター, 通常論文
  • 偏向・客観報道の実証分析から導き出される倫理学的視座の検討
    応用哲学会第9回年次総会, 2017年04月, 通常論文
  • 「ジャーナリズムとしての書店業 ――情報の「送り手」にとっての「公平性」とは何か」
    司 会:塚本晴二朗・問題提起者:福嶋 聡・討 論 者:笹田佳宏
    日本出版学会 2016年度春季研究発表会, 2016年05月
  • 「ジャーナリズムとしての書店業――情報の「送り手」にとっての「公平性」とは何か」
    司 会; 塚本晴二朗; 問題提起者; 福嶋 聡; 討 論 者; 笹田佳宏
    日本出版学会 2016年度春季研究発表会, 2016年05月, 通常論文
  • 哲学・倫理学上の課題における実証研究とその妥当性──客観報道の倫理性と 偏向・極化問題を中心として
    塚本晴二朗・上村崇・茨木正治・栗山雅俊
    応用哲学会第8回年次総会, 2016年05月
  • 哲学・倫理学上の課題における実証研究とその妥当性──客観報道の倫理性と偏向・極化問題を中心として
    塚本晴二朗; 上村崇; 茨木正治; 栗山雅俊
    応用哲学会第8回年次総会, 2016年05月, 通常論文
  • メディアの規範倫理とジャーナリストの倫理 -Normative Theories of the Mediaの枠組みの応用を考える-
    塚本晴二朗
    北海道大学大学院文学研究科応用倫理研究教育センター 応用倫理研究会, 2015年07月, 北海道大学大学院文学研究科応用倫理研究教育センター, 招待有り
  • 嫌中嫌韓本ブームを考える-出版界は「極化」しているか
    司会者:塚本晴二朗 問題提起者:笹田佳宏 討論者:茨木正治
    日本出版学会 2015年度春季研究発表会, 2015年05月, 日本出版学会, 通常論文
  • 報道における客観性と偏向報道・極化問題に関する応用哲学的考察
    塚本晴二朗・上村崇・茨木正治・栗山雅俊
    応用哲学会第7回年次総会, 2015年04月, 応用哲学会, 通常論文
  • 「事例研究と二次被害-報道関連研究の倫理問題-」
    塚本晴二朗
    北海道大学大学院文学研究科応用倫理研究教育センター 応用倫理研究会, 2014年07月, 北海道大学大学院文学研究科応用倫理研究教育センター, 通常論文
  • ジャーナリズム教育における倫理学の位置づけ -日米の「社会的責任論」の扱い方の相違を中心として-
    塚本晴二朗
    一橋大学 職業倫理教育プロジェクト 研究会, 2013年11月, 一橋大学 職業倫理教育プロジェクト, 招待有り
  • 少年犯罪報道に関する倫理的考察
    塚本晴二朗
    北海道大学大学院文学研究科応用倫理研究教育センター 応用倫理研究会, 2013年05月, 北海道大学大学院文学研究科応用倫理研究センター, 通常論文
  • 権利の倫理学と共通善の倫理学-出版ジャーナリズムにおけるプライバシー侵害の新しい視点-
    日本出版学会 2011年度秋季研究発表会, 2011年11月, 通常論文
  • アメリカ・ジャーナリズム倫理学の史的展開
    北海道大学大学院文学研究科応用倫理研究教育センター 応用倫理研究会, 2011年07月, 北海道大学大学院文学研究科応用倫理研究教育センター, 通常論文
  • 「出版倫理の課題-クリフォード・クリスチャンズのメディア倫理学を手掛かりとして-」
    日本出版学会 2007年度秋季研究発表会, 2007年11月, 通常論文
  • 「ジャーナリズムおよびマス・コミュニケーション教育に関する調査報告書」について
    塚本晴二朗
    日本マス・コミュニケーション学会 第29期第8回研究会(ジャーナリズム研究部会企画), 2004年, 通常論文
  • アジアにおける国際情報システムの実態─「東京サミット」の新聞報道に関する内容分析─
    塚本晴二朗・吉岡至・藤田真文
    日本マス・コミュニケーション学会, 1993年, 通常論文
  • ジャーナリズム史研究方法論の展開─アメリカにおける二つのアプローチを中心として─
    塚本晴二朗
    日本マス・コミュニケーション学会第23期第33回研究会, 1993年, 通常論文

所属学協会

  • 日本メディア学会
  • 日本政治学会
  • 日本法政学会
  • 情報通信学会
  • 日本広告学会
  • 日本倫理学会
  • 日本出版学会

共同研究・競争的資金等の研究課題

  • 極化現象の分析と「ポスト・トゥルース」時代の倫理学的視座の探求
    2018年 - 2020年
    塚本晴二朗
  • 「党派性」をめぐる倫理的研究:ジャーナリズムにおける規範の多角的研究
    2021年04月 - 2024年03月
    石川徳幸
  • 「偏向報道・極化」問題における実証的研究と倫理学的研究の統合的把握
    文部科学省, 科学研究費, 2015年 - 2017年
    上村崇
  • 「新しい」専門職の職業倫理:理論と実践の架橋を目指す領域横断型研究
    文部科学省, 文部科学省科学研究費, 2013年 - 2015年
    眞嶋俊造
  • 「公共圏の汚染」に対する放送メディアの制度的実践:デジタル時代におけるメディア倫理学の再構築
    放送文化基金
    笹田佳宏

社会貢献活動

  • 特定非営利活動法人 政策マネジメント研究所
    その他
    2008年11月04日 - 現在
  • 出版文化産業振興財団, 特別委員会委員
    その他
    2021年12月07日 - 2022年05月14日

メディア報道

  • 大手出版社が流通新会社を設立
    毎日新聞社, 毎日新聞, 2022年03月25日, 新聞・雑誌
  • 新聞見聞 新聞学科の意義とは
    読売新聞 東京本社, 夕刊 読売新聞, 7面, 2021年01月23日
  • 昨今の現象を歴史的に把握する
    株式会社 読書人, 週刊 読書人, 3面, 2020年11月20日, 新聞・雑誌
  • 本の消費税込み価格表示来春から義務化,中小出版社 悲鳴
    中日新聞東京本社, 東京新聞, 22面 特報, 2020年10月29日, 新聞・雑誌
  • 実名速やかに公表すべき
    共同通信, 2019年08月28日, 新聞・雑誌