河越 正明

経済学部(専門)教授

学位

  • 経済学士, 東京大学経済学部, 1987年03月
  • MSc. in Economics, London School of Economics and Political Science, 1994年07月
  • 博士(国際公共政策), 大阪大学, 2017年02月

研究キーワード

  • マクロ経済
  • 医療経済
  • 日本経済

研究分野

  • 人文・社会, 経済政策

経歴

  • 2022年04月 - 現在
    大阪大学大学院医学系研究科, 医療経済・経営学寄附講座, 招へい教授
  • 2016年03月 - 2022年03月
    大阪大学大学院医学系研究科, 医療経済・経営学寄附講座, 特任教授

委員歴

  • 2022年04月 - 現在
    理事, 日本社会関係学会
  • 2020年04月 - 現在
    研究顧問, 一般社団法人経済社会システム総合研究所
  • 2020年04月 - 現在
    「KAITEKI 研究会」委員, 一般社団法人経済社会システム総合研究所
  • 2018年07月 - 現在
    賃金データ検討ワーキング・グループ委員, 公益財団法人連合総合生活開発研究所
  • 2004年04月 - 現在
    ESPフォーキャスト調査企画員会委員, 公益社団法人日本経済研究センター
  • 2015年11月 - 2022年03月
    理事, 景気循環学会
  • 2020年01月 - 2020年03月
    「KAITEKI 研究会」委員, 一般社団法人日本リサーチ総合研究所

受賞

  • 景気循環学会2012年度中原奨励賞受賞

論文

  • 企業の社会課題への取組みは就職市場でどのように評価されるのか
    河越正明; 小島明子
    日本労働研究雑誌, 2024年07月, 査読有り
    筆頭著者
  • 消費者は安全性向上のためにいくら払うつもりがあるのだろうか? 『意思決定に社会課題が及ぼす影響に関する意識調査』2022年度の再検討
    河越 正明
    IESS分析レポート, 2023年10月, 査読無し
  • 消費者は社会的課題の解決のためにいくら払う用意があるのだろうか? (2022年度調査):『意思決定に社会課題が及ぼす影響に関する意識調査』
    河越 正明
    IESS分析レポート, 2023年07月, 査読無し
  • 社会の変化と家計消費の変容
    長町理恵子; 前田佐恵子; 河越正明
    経済分析, 2022年11月, 査読無し, 招待有り
  • 世代会計の再検討~生涯消費からみた世代間格差~
    前田佐恵子; 山崎朋宏; 河越正明
    経済分析, 2022年11月, 査読無し, 招待有り
  • 企業の社会的課題への取組みは労働市場でどのように評価されるのか
    河越 正明; 小島 明子
    IESS分析レポート, 2022年04月, 査読無し
    筆頭著者
  • 選挙を通じて我々は何を選択しているのか? 政策選択肢のコンジョイント分析
    河越 正明
    IESS分析レポート, 2022年04月, 査読無し
    筆頭著者
  • 消費者は社会的課題の解決のためにいくら払う用意があるのだろうか?:「意思決定に社会課題が及ぼす影響に関する意識調査」の実施について
    河越正明
    IESS分析レポート, 2021年11月, 査読無し
    筆頭著者
  • リカレント教育に所得連動返済型奨学金はどのように適用できるか
    河越正明; 伊藤由樹子; 高良真人
    経済集志, 2021年09月, 査読有り, 通常論文
    筆頭著者
  • The Change of Plasma Potassium Level in Hemodialysis is a Strong Predictor for High Risk Premature Ventricular Contraction
    KIDA; Nanami; Shunro AGETA; Masayuki NAGAHARA; Yoshinosuke HAMADA; Masaaki KAWAGOE; and Nariaki MATSUURA
    Nano Biomedicine, 2019年, 査読有り, 通常論文
  • 消費者マインドアンケート調査(オープン調査)のテキストデータは何を語るのか?
    河越正明; 北島美雪; 塚田すず菜
    ESRI Research Note, 2018年04月, 査読無し, 通常論文
    筆頭著者
  • 新たな福祉国家像への模索
    河越正明
    生産と技術, 2018年04月, 査読無し, 招待有り
    筆頭著者
  • 日本人の寿命の価値が伸びた経済価値はどれだけか? 経済成長の成果の一試算
    河越正明
    経済分析, 2018年03月, 査読有り, 通常論文
    筆頭著者
  • Empirical Studies on Regional and Macroeconomic Developments of the Japanese Economy
    Masaaki Kawagoe
    博士論文, 2017年02月, 査読有り, 通常論文
    筆頭著者
  • 家計属性別の所得支出勘定にみる再分配効果の影響について
    前田佐恵子; 河越正明
    ESRI New Working Paper, 2015年11月, 査読無し, 通常論文
    筆頭著者
  • 家計の行動とSNA:SNA分布統計を用いた分析例
    河越正明; 前田佐恵子
    ESRI New Working Paper, 2013年07月, 査読無し, 通常論文
    筆頭著者
  • INFLATION EXPECTATIONS OF JAPANESE HOUSEHOLDS: MICRO EVIDENCE FROM A CONSUMER CONFIDENCE SURVEY
    Masahiro Huri; Masaaki Kawagoe
    HITOTSUBASHI JOURNAL OF ECONOMICS, 2013年06月, 査読無し, 通常論文
  • 我々は日本の経済予測専門家のサーベイ調査から何を学んだか--ESPフォーキャスト調査の4年間を振り返る--
    小峰隆夫、伴金美、河越正明、吉田博
    経済分析, 2010年03月, 査読無し, 招待有り
  • 消費税率引き上げによる増収を社会保障に充てた場合の所得再分配効果について
    河越正明; 一方井洵子; 斎藤達夫; 吉中孝
    日経研月報, 2009年08月, 査読無し, 通常論文
    筆頭著者
  • 都市別データによる外国人労働者の一考察:現状および地域経済に与える影響
    河越正明・星野歩
    経済分析, 2009年01月, 査読有り, 通常論文
    筆頭著者
  • 横並び意識がどのように地方公共団体による調整手当支給率の設定に作用しているか? 空間計量経済学的アプローチ
    河越正明・本城勝義
    季刊政策分析, 2008年10月, 査読有り, 通常論文
    筆頭著者
  • 経済成長率はいかに事後改訂されたか:実質GDPのリアル・タイム・データによる分析
    河越正明
    季刊国民経済計算, 2007年12月, 査読無し, 招待有り
    筆頭著者
  • 日本の地域労働市場:欧米との比較の観点から
    河越正明; 渡邊啓輝
    日経研月報, 2007年06月, 査読無し, 通常論文
    筆頭著者
  • 日本の財政の持続可能性とバランス・シートについて
    河越正明
    大阪大学経済学, 2005年03月, 査読無し, 招待有り
    筆頭著者
  • FTPL (Fiscal Theory of Price Level)を巡る論点について
    河越正明; 広瀬哲樹
    経済分析, 2003年12月, 査読無し, 通常論文
    筆頭著者
  • The Tax System in Japan: A Needed Comprehensive Reform
    Thomas Dalsgaard; Masaaki Kawagoe
    Economics Department Working Paper, 2000年01月, 査読無し
  • Business Start-ups in Japan: Problems and Policies
    Yutaka Imai; Masaaki Kawagoe
    Oxford Review of Economic Policy, 2000年, 査読有り, 通常論文
  • Regional dynamics in Japan: A reexamination of Barro regressions
    M Kawagoe
    JOURNAL OF THE JAPANESE AND INTERNATIONAL ECONOMIES, 1999年03月, 査読有り, 通常論文

MISC

  • 喫煙できる場所の減少とその効果
    河越正明
    歯界展望, 2024年07月, 査読無し
    筆頭著者
  • 社会保障ニーズの変化への対応:ベーシック・アセットの構想
    河越 正明
    歯界展望, 2024年05月, 査読無し
  • 支え合い社会における経済成長目標
    河越正明
    金融財政ビジネス, 2024年03月, 査読無し
  • 医療が「武器化」する日
    河越正明
    歯界展望, 2024年03月, 査読無し
  • 医師への信頼:ダンバー数の克服
    歯界展望, 2024年01月, 査読無し
  • 中期的な経済成長をどう考えるか:経済予測の深読み
    河越正明
    歯界展望, 2023年11月, 査読無し, 招待有り
  • 困ったときはお互い様:社会選好を探る試み
    河越 正明
    歯界展望, 2023年09月, 査読無し
  • 少子化対策の財源は何が適当か
    河越 正明
    歯界展望, 2023年07月, 査読無し
  • 割引率と意思決定:再論
    河越 正明
    歯界展望, 2023年05月, 査読無し
  • ふるさと納税をオンラインショッピングから改めるには:返礼品ではなく事業の良し悪しで寄附を募る仕組みの構築
    河越 正明; 小川 顕正
    金融財政ビジネス, 2023年05月, 査読無し
    筆頭著者
  • 有権者は社会保障をどれくらい強化したいのか:政策に対する選好を知る試み
    河越 正明
    歯界展望, 2023年03月, 査読無し
  • 若年世代が損をしているという議論の落とし穴
    河越 正明
    歯界展望, 2023年01月, 査読無し
  • 歯科医の給与の長期的な変化
    河越 正明
    歯界展望, 2022年11月, 査読無し
  • 公的部門で女性の雇用を増やす意義
    河越正明
    歯界展望, 2022年09月, 査読無し, 招待有り
  • 懸念される休業者数の下げ止まり
    河越正明
    歯界展望, 2022年07月, 査読無し, 招待有り
    筆頭著者
  • 経済動向の不確実性を再考する:予測値のバラツキを見るだけでは不十分
    河越正明
    金融財政ビジネス, 2022年06月30日, 査読無し, 招待有り
    筆頭著者
  • 歯の健康と社会関係資本:認知症予防の観点から
    河越正明
    歯界展望, 2022年05月, 査読無し, 招待有り
    筆頭著者
  • 生命の価値を貨幣価値で表すことの意味
    河越正明
    歯界展望, 2022年03月, 査読無し, 招待有り
    筆頭著者
  • なぜ医薬品卸業界で談合が起こるのか?
    河越正明
    歯界展望, 2022年01月, 査読無し, 招待有り
    筆頭著者
  • 社会的課題への取り組みはどう評価されるか:消費者・有権者の本音をマーケティングで探る
    河越正明
    金融財政ビジネス, 2021年11月29日, 査読無し, 招待有り
  • 受診控えから医療費は2020年度に大きく減少
    河越正明
    歯界展望, 2021年11月, 査読無し, 招待有り
    筆頭著者
  • 医薬品が最大の輸入品目となる日
    河越正明
    歯界展望, 2021年09月, 査読無し, 招待有り
    筆頭著者
  • 将来はどれくらい大事か:割引率と意思決定
    河越 正明
    歯界展望, 2021年07月, 査読無し, 招待有り
    筆頭著者
  • コロナ禍1年の仕事と生活を振り返る
    河越 正明
    歯界展望, 2021年05月, 査読無し, 招待有り
    筆頭著者
  • 反転しつつある?東京一極集中とその影響
    河越正明
    歯界展望, 2021年03月15日, 査読無し, 招待有り
    筆頭著者
  • 望ましい高等教育の修学支援策を探る:持続可能で公平かつ効果的な方策
    河越 正明
    金融財政ビジネス, 2021年03月, 査読無し, 招待有り
    筆頭著者
  • 「8020運動」の成果をどうモニターするか
    河越正明
    歯界展望, 2021年01月15日, 査読無し, 招待有り
    筆頭著者
  • 日本人は市場競争をどうみているか
    河越正明
    歯界展望, 2020年11月15日, 査読無し, 招待有り
  • 市場の道徳的『腐敗』とは何か:サンデル教授の市場と道徳をめぐる議論を再考する
    河越正明
    金融財政ビジネス, 2020年09月24日, 査読無し, 招待有り
  • コロナ禍の修学支援:将来の収入を担保に現在の学費をまかなう仕組みの活用
    河越正明
    歯界展望, 2020年09月15日, 査読無し, 招待有り
  • マスク不足対策について:地方公共団体によるマスク買上制度の提案
    河越正明
    歯界展望, 2020年07月15日, 査読無し, 招待有り
  • 「コロナショック」を考える:未曽有の危機も、社会や意識変える契機に
    河越正明
    金融財政ビジネス, 2020年05月18日, 査読無し, 招待有り
  • 行動経済学は医療や社会保障に役立つか?
    河越正明
    歯界展望, 2020年05月15日, 査読無し, 招待有り
    筆頭著者
  • 歯科医療費における大阪問題
    河越正明
    歯界展望, 2020年03月15日, 査読無し, 招待有り
  • 産業政策の経験からみる地域医療提供体制見直し
    河越正明
    歯界展望, 2020年01月15日, 査読無し, 招待有り
    筆頭著者
  • 歯科衛生士の人手不足
    河越正明
    歯界展望, 2019年11月15日, 査読無し, 招待有り
    筆頭著者
  • 診療行為別統計にみる医科歯科連携
    河越正明
    歯界展望, 2019年09月15日, 査読無し, 招待有り
    筆頭著者
  • (歯科)診療所の経営と(歯科)医師の給与
    河越正明
    歯界展望, 2019年07月15日, 査読無し, 招待有り
    筆頭著者
  • 患者の地域分布:2017年患者調査の検討
    河越正明
    歯界展望, 2019年05月15日, 査読無し, 招待有り
    筆頭著者
  • 歯科医師の地域分布とその変化:二次医療圏データによる考察
    河越正明
    歯界展望, 2019年03月15日, 査読無し, 招待有り
    筆頭著者
  • 30年間で高齢世帯のみ消費増:高齢化時代に適した再配分政策のためには家計の収支を細かく把握する必要がある
    河越正明
    週刊 エコノミスト, 2019年01月15日, 査読無し, 招待有り
    筆頭著者
  • 歯科医師の地域分布とその変化(1996~2016年)
    河越正明
    歯界展望, 2019年01月15日, 査読無し, 招待有り
    筆頭著者
  • 春闘の賃上げ率は『二極化』傾向:春闘の実態把握のために賃上げ率の丁寧な分析が必須だ。
    河越正明
    週刊 エコノミスト, 2018年11月27日, 査読無し, 招待有り
    筆頭著者
  • 医療の効率化による医療費の節減幅
    河越正明
    歯界展望, 2018年11月15日, 査読無し, 招待有り
    筆頭著者
  • 医療提供体制の効率化で費用削減:効率的な医療体制を実現している地域を手本に見直しを進めるべきだ。
    河越正明
    週刊 エコノミスト, 2018年10月16日, 査読無し, 招待有り
    筆頭著者
  • 再論『全世代型社会保障』:国民目線からの再検討
    河越正明
    歯界展望, 2018年09月15日, 査読無し, 招待有り
    筆頭著者
  • 『所得連動返還型ローン』の可能性:財政コストや公平の観点から給付型より望ましい仕組みがある
    河越正明
    週刊 エコノミスト, 2018年09月04日, 査読無し, 招待有り
    筆頭著者
  • 持続危うい『全世代型社会保障』:生涯の負担と給付をバランスさせる必要がある
    河越正明
    週刊 エコノミスト, 2018年07月17日, 査読無し, 招待有り
    筆頭著者
  • 公的保険制度は維持可能か
    河越正明
    歯界展望, 2018年05月15日, 査読無し, 招待有り
    筆頭著者
  • 政策目標としての賃金を巡る覚書:過去の議論からの管見
    河越正明
    景気とサイクル, 2017年11月, 査読無し, 招待有り
    筆頭著者
  • 海外調査にみるコンセンサス調査の意義
    河越正明
    統計, 2015年12月, 査読無し, 招待有り
    筆頭著者
  • 貿易収支の赤字は今後も続くのか:批判的な一考察
    河越正明; 吉岡徹哉
    国際金融, 2012年10月01日, 査読無し, 通常論文
    筆頭著者
  • マクロ経済成長と産業構造の変化:ボーモルの「病」の再検討
    河越正明
    国際金融, 2011年04月01日, 査読無し, 通常論文
    筆頭著者
  • 地方公共団体にどのように財政規律は働いているのか--調整手当支給率の計量分析
    河越 正明; 本城 勝義
    ESP economy,society,policy, 2006年08月
  • 第32回 日本経済研究センター中期経済予測(2005-2015年度) 就業継続と国際分業で拓く明日--グローバル化の中の高齢化
    河越 正明
    日本経済研究センター会報, 2006年01月
  • リスク分散動機と国際資本移動に関する一考察
    河越 正明
    国際金融, 2005年12月15日
  • シミュレーション 日本に求められる財政再建の規模
    河越正明
    論争 東洋経済, 2000年03月, 査読無し, 招待有り
  • Book Review "Peter Bacon and Assocition 1998, An Economic Analysis of Recent Housing Price Developments: Report submitted to the Ministry of Housing and Urban Renewal: Stationary Office."
    Masaaki Kawagoe
    Economic and Social Review, 1999年03月, 査読無し, 招待有り
    筆頭著者

書籍等出版物

  • "Cabinet Secretariat and Office" in E. Nakabayashi and H. Tanaka (eds.) Hanbook of Japanese Public Administration and Bureaucracy
    Masaaki Kawagoe, 単著, Chapter 12
    Japan Document, an imprint of MHM Limited, 2024年05月
  • 『やりすぎの経済学:中毒・不摂生と社会政策』
    ハロルド・ウィンター, 単訳, 翻訳, ハロルド・ウィンター
    大阪大学出版会, 2020年01月
  • 「公的統計におけるコメントの分析」牛沢賢二『やってみよう テキストマイニング:自由回答アンケートの分析に挑戦!』
    河越正明, 分担執筆, 第7章7.4節, 河越正明
    朝倉書店, 2018年08月, 査読無し
  • 医療と経済
    本間正明監修; 松浦成昭; 河越正明; 日高政浩編, 共編者(共編著者), 第2, 3, 9, 10, 13, 14章(すべて共著), 本間正明監修、松浦成昭・河越正明・日高政浩編
    大阪大学出版会, 2016年12月, 査読無し
  • グローバル化の進展とマクロ経済
    樋口一清; 河越正明編著, 共編者(共編著者), 第2, 3, 5, 6章(第2章を除き共著), 樋口一清・河越正明編著
    慧文社, 2011年10月, 査読無し

講演・口頭発表等

  • 有権者の声は割れているか? 政策選択肢の支払意思額の検討
    河越正明
    日本社会関係学会第4回年次大会, 2024年03月, 通常論文
  • 政策選択肢のコンジョイント分析再論:2022年7月の参院選における有権者の選択
    河越正明
    日本財政学会第80回全国大会, 2023年10月, 通常論文
  • 消費者は安全性向上のためにいくら払うつもりがあるのだろうか? コンジョイント分析による推計
    河越 正明
    日本消費者政策学会年次大会, 2023年09月, 通常論文
  • 企画パネル7:変わる家族 個票が語る共同体の変容と政府
    河越正明
    日本社会関係学会第3回大会, 2023年03月, 日本社会関係学会
  • 2021年衆議院選挙における有権者の選好を探る:コンジョイント分析による考察
    河越正明
    日本社会関係学会第3回大会, 2023年03月, 日本社会関係学会
  • 2021年10月の総選挙で有権者はどのような政策を選んだのか,~政策選択肢のコンジョイント分析~
    河越 正明
    日本財政学会第79回全国大会, 2022年10月, 日本財政学会, 通常論文
  • 2021年0月の総選挙で有権者はどのような政策を選んだのか,~政策選択肢のコンジョイント分析~
    河越 正明
    日本財政学会第79回全国大会, 2022年10月, 日本財政学会, 通常論文
  • 企業の社会的課題への取組みは労働市場でどのように評価されるのか
    河越正明; 小島明子
    日本社会関係学会第2回大会, 2022年03月, 日本社会関係学会, 通常論文
  • 選挙を通じて我々は何を選択しているのか? 政策選択肢のコンジョイント分析
    河越正明
    日本社会関係学会第2回大会, 2022年03月, 日本社会関係学会, 通常論文
  • リカレント教育に所得連動返済型奨学金はどのように適用できるか
    日本財政学会第78回大会, 2021年10月, 日本財政学会, 通常論文
  • Toward Sustainable Growth and Fiscal Consolidation in Japan: Several Specific Issues
    KAWAGOE Masaaki
    2019 China's Public Finance Forum, 2019年12月, Peking University China Center for Public Finance, 招待有り
  • What Do Microsimulations Tell US about Fiscal Costs of the Newly Launched Income Contingent Loans in Japan?
    河越正明
    日本財政学会第75回大会, 2018年10月, 日本財政学会, 通常論文
  • What Do Microsimulations Tell US about Fiscal Costs of the Newly Launched Income Contingent Loans in Japan?
    Masaaki Kawagoe
    2018 Asia-Pacific Regional Conference of International Microsimulation Association, 2018年03月, International Microsimulation Association, 通常論文
  • Education Reform from a Viewpoint of a Macroeconomist
    Masaaki Kawagoe
    Financing Higher Education in Japan, 2017年10月, Research School of Economics & Australia-Japan Research Centre, Australian National University, Japan Center for Economic Research and Ochanomizu University, 招待有り
  • 賃金をめぐる一考察:なぜ賃金は上がらないのか
    河越正明
    景気循環学会2016年度総会, 2016年11月, 景気循環学会, 招待有り
  • Evaluating Density Forecasts with Applications to ESPF
    Masaaki Kawagoe
    応用経済時系列研究会第30回大会, 2013年07月, 応用経済時系列研究会, 通常論文
  • ESPフォーキャスト調査から何を学んだか:8年余の回顧と今後の展望(2012年度中原奨励賞受賞講演)
    河越正明
    景気循環学会2012年度総会, 2012年11月, 景気循環学会, 招待有り
  • 家計行動とSNA:SNA分布統計を用いた分析例
    河越正明
    第69回日本財政学会, 2012年10月, 日本財政学会, 通常論文
  • アジアの金融市場の統合はどこまで進んだか
    河越正明
    日本金融学会2006年度春季大会, 2006年04月, 日本金融学会, 通常論文

担当経験のある科目_授業

  • Macroeconomic Developments and Economic Policy in Japan
    2022年04月 - 現在
    慶應義塾大学理工学研究科
  • The Japanese Economy in English
    2018年04月 - 現在
    日本大学経済学部
  • 日本経済入門
    2018年04月 - 現在
    日本大学経済学部
  • 日本経済論
    2018年04月 - 現在
    日本大学経済学部
  • 国際経済学
    中央大学法学部
  • 医療経済学総論
    大阪大学大学院医学系研究科

所属学協会

  • 2020年09月 - 現在
    日本社会関係学会
  • 景気循環学会
  • 日本財政学会
  • 日本金融学会
  • 応用経済時系列研究会

共同研究・競争的資金等の研究課題

  • リカレント教育における所得連動型奨学金の活用について
    公益財団法人北野生涯教育振興会, 2018年生涯教育研究助成金, 2019年01月 - 2020年12月
  • 奨学金と若者の経済負担、少子化の課題に関する研究会
    一橋大学経済研究所, 共同利用・共同研究拠点事業, 2018年04月 - 2019年03月
    永瀬伸子

社会貢献活動

  • 基調講演「中長期的にみた日本経済:変わる市場・技術・政府」
    講師
    日本労働組合総連合会, 2018春季生活闘争中央討論集会, 2018年11月01日 - 現在