大谷 直樹

医学部 医学科准教授

学位

  • 医学博士(防衛医科大学校 医学研究科 脳神経外科学講座)

研究分野

  • ライフサイエンス, 脳神経外科学

学歴

  • 防衛医科大学校
  • 防衛医科大学校, 医学研究科

委員歴

  • 現在
    世話人, 手技にこだわる脳神経外科ビデオカンファランス
  • 現在
    理事, 日本脳神経外傷学会
  • 現在
    理事, 日本頭蓋底外科学会

受賞

  • The 12th international symposium of brain edema and brain tissue injury Best award
  • 防衛医科大学校, 防衛医科大学校学術賞
  • 米国神経外傷学会, The first joint symposium of the 20th annual national neurotrauma society and the 6th international neurotrauma symposium 米国神経外傷学会 (Best award)
  • 日本脳神経外科学会, 日本脳神経外科学会奨励賞 (ガレーヌス賞)
  • 日本脳神経外科学会, 第61回日本脳神経外科学会総会賞

論文

  • Effect of spinal cord stimulation for thermal noxious stimulus pain threshold in Parkinson's disease
    Takamichi Katsuhara; Hideki Oshima; Atsuo Yoshino; Naoki Otani
    Interdisciplinary Neurosurgery, 2024年06月
  • Glossopharyngeal Neuralgia Due to Vertebrobasilar Dolichoectasia: A Case Report.
    Jui Yen Chen; Keita Takizawa; Kana Ozasa; Naoki Otani; Andrew Young; Noboru Noma
    Quintessence international (Berlin, Germany : 1985), 2024年05月
  • Ruptured Basilar Artery Perforator Aneurysm Definitely Diagnosed with Intraoperative Microsurgical Findings: Case Report and Literature Review
    Takahiro KUMAGAWA; Naoki OTANI; Yuzo KAKEI; Hiroshi NEGISHI; Takeshi SUMA; Atsuo YOSHINO
    NMC Case Report Journal, 2023年12月
  • Trigeminal Neuralgia With Concomitant Continuous Pain Due to Vertebrobasilar Dolichoectasia: A Case Report.
    Miki Takei; Keita Takizawa; Akiko Okada; Naoki Otani; Noboru Noma
    Cureus, 2023年12月
  • Validation of Efficacy and Safety of TachoSil® Tissue Sealant for Vessel Transposition in Microvascular Decompression
    Kentaro Mori; Naoki Otani; Terushige Toyooka; Shuhei Morita; Shinichi Numazawa; Kojiro Wada; Sadayoshi Watanabe
    Operative Neurosurgery, 2023年09月
  • In Reply to the Letter to the Editor Regarding “Prophylactic Intraventricular Piping Method Prevents Entrapped Temporal Horn After Removal of Ventricle Trigone Meningioma: Technical Note”
    Terushige Toyooka; Satoru Takeuchi; Naoki Otani; Kosuke Kumagai; Arata Tomiyama; Kojiro Wada; Kentaro Mori
    World Neurosurgery, 2023年08月
  • Glibenclamide reduces secondary brain injury in a SAH rat model by reducing brain swelling and modulating inflammatory response
    Ryuta KAJIMOTO; Takahiro IGARASHI; Nobuhiro MORO; Hideki OSHIMA; Takeshi SUMA; Naoki OTANI; Atsuo YOSHINO
    Journal of Neurosurgical Sciences, 2023年07月
  • Neurofibromatosis Type 1 with Giant Thrombotic Aneurysm of the Internal Carotid Artery Presenting with Rapid Progression of Visual Disturbance: A Case Report and Literature Review
    Masato Kobayashi; Naoki Otani; Ryuta Kajimoto; Takamichi Katsuhara; Atsuo Yoshino
    Journal of Neurological Surgery Reports, 2023年01月
  • Prophylactic Intraventricular Piping Method Prevents Entrapped Temporal Horn After Removal of Ventricle Trigone Meningioma: Technical Note.
    Terushige Toyooka; Satoru Takeuchi; Naoki Otani; Kosuke Kumagai; Arata Tomiyama; Kojiro Wada; Kentaro Mori
    World neurosurgery, 2022年12月
  • Effects of glibenclamide against early brain injury in rat after subarachnoid hemorrhage.
    Ryuta Kajimoto; Takahiro Igarashi; Nobuhiro Moro; Hideki Oshima; Takeshi Suma; Naoki Otani; Atsuo Yoshino
    Journal of neurosurgical sciences, 2022年04月
  • Ischemic Stroke Revascularization.
    Naoki Otani; Atsuo Yoshino
    Advances and technical standards in neurosurgery, 2022年, 査読有り
    筆頭著者
  • Novel threading device for central dural tenting sutures: Technical note
    Takamichi Katsuhara; Naoki Otani; Shun Yamamuro; Ryuta Kajimoto; Masato Kobayashi; Koki Hirayama; Koichiro Sumi; Katsunori Shijo; Atsuo Yoshino
    Interdisciplinary Neurosurgery, 2021年09月, 査読有り
  • [Decompressive Craniectomy for Intracranial Hypertension].
    Naoki Otani; Atsuo Yoshino
    No shinkei geka. Neurological surgery, 2021年09月, 査読有り
    筆頭著者
  • Venous hypertension caused by a meningioma involving the sigmoid sinus: case report.
    Koichiro Sumi; Naoki Otani; Fumi Mori; Shun Yamamuro; Hideki Oshima; Atsuo Yoshino
    BMC neurology, 2021年03月
  • Massive intracranial hemorrhage caused by intraventricular meningioma: case report.
    Koichiro Sumi; Takeshi Suma; Reona Yoshida; Ryuta Kajimoto; Masato Kobayashi; Takamichi Katsuhara; Koki Hirayama; Xiaoyan Tang; Naoki Otani; Atsuo Yoshino
    BMC neurology, 2021年01月
  • 頭部外傷診療アップデート-ガイドラインを読み解く II 外科的治療と神経集中管理・治療 頭蓋内圧亢進に対する減圧開頭術
    大谷直樹; 吉野篤緒
    Neurological Surgery, 2021年, 査読有り
    筆頭著者
  • Intravenous Hydrogen Therapy With Intracisternal Magnesium Sulfate Infusion in Severe Aneurysmal Subarachnoid Hemorrhage.
    Satoru Takeuchi; Kosuke Kumagai; Terushige Toyooka; Naoki Otani; Kojiro Wada; Kentaro Mori
    Stroke, 2021年01月
  • Enhanced Malignant Phenotypes of Glioblastoma Cells Surviving NPe6-Mediated Photodynamic Therapy are Regulated via ERK1/2 Activation.
    Tatsuya Kobayashi; Makoto Miyazaki; Nobuyoshi Sasaki; Shun Yamamuro; Eita Uchida; Daisuke Kawauchi; Masamichi Takahashi; Yohei Otsuka; Kosuke Kumagai; Satoru Takeuchi; Terushige Toyooka; Naoki Otani; Kojiro Wada; Yoshitaka Narita; Hideki Yamaguchi; Yoshihiro Muragaki; Takakazu Kawamata; Kentaro Mori; Koichi Ichimura; Arata Tomiyama
    Cancers, 2020年12月
  • A Case of Meningioma Originating from the Oculomotor Nerve.
    Kazuma Doi; Naoki Otani; Daichi Hagita; Midori Horiuchi; Satoru Takeuchi; Terushige Toyooka; Kojiro Wada; Motohiro Hayashi; Kentaro Mori
    World neurosurgery, 2020年11月
  • Hydrogen gas inhalation improves delayed brain injury by alleviating early brain injury after experimental subarachnoid hemorrhage.
    Kosuke Kumagai; Terushige Toyooka; Satoru Takeuchi; Naoki Otani; Kojiro Wada; Arata Tomiyama; Kentaro Mori
    Scientific reports, 2020年07月
  • [A Case Report of Brain Metastasis from Anal Canal Carcinoma].
    Arumu Endo; Satoru Takeuchi; Noriaki Tanabe; Kazuma Doi; Masataka Miyama; Terushige Toyooka; Naoki Otani; Kojiro Wada; Kentaro Mori
    No shinkei geka. Neurological surgery, 2020年07月
  • [A Case of Bilateral Trigeminal Neuralgia and the Possible Onset Mechanisms Based on the Operative Findings].
    Masahiro Tanaka; Terushige Toyooka; Toshinori Matsuzaki; Kota Yamakawa; Isao Akasu; Ryo Kitagawa; Jun Sakai; Shinichi Numazawa; Yasunobu Itoh; Sadayoshi Watanabe; Naoki Otani; Kojiro Wada; Kentaro Mori
    No shinkei geka. Neurological surgery, 2020年04月
  • [A Case of Primary Intracranial Malignant Melanoma Mimicking a Traumatic Brain Contusion].
    Noriaki Tanabe; Terushige Toyooka; Arumu Endo; Kazuma Doi; Masataka Miyama; Satoru Takeuchi; Arata Tomiyama; Naoki Otani; Satoshi Tomura; Kojiro Wada; Kentaro Mori
    No shinkei geka. Neurological surgery, 2020年04月
  • Bioadhesive and biodissolvable hydrogels consisting of water-swellable poly(acrylic acid)/poly(vinylpyrrolidone) complexes.
    Tomoko Ito; Naoki Otani; Kazuya Fujii; Kentaro Mori; Masazumi Eriguchi; Yoshiyuki Koyama
    Journal of biomedical materials research. Part B, Applied biomaterials, 2020年02月
  • Limited Indications for Clipping Surgery of Paraclinoid Aneurysm Based on Long-Term Visual Morbidity.
    Naoki Otani; Kentaro Mori; Kojiro Wada; Arata Tomiyama; Terushige Toyooka; Satoru Takeuchi; Yasuaki Nakao; Takuji Yamamoto; Hajime Arai
    World neurosurgery, 2020年02月, 査読有り
    筆頭著者
  • [Hemifacial Spasm Caused by Vertebral Artery Fusiform Aneurysm and the Anterior Inferior Cerebellar Artery].
    Masataka Miyama; Terushige Toyooka; Arumu Endo; Noriaki Tanabe; Kazuma Doi; Yohei Otsuka; Takashi Matsumoto; Toru Yoshiura; Makoto Takeuchi; Naoki Otani; Kojiro Wada; Kentaro Mori
    No shinkei geka. Neurological surgery, 2020年02月
  • 両側性三叉神経痛の1例-手術所見に基づく発生機序に関する考察-
    田中将大; 豊岡輝繁; 松崎粛統; 山川功太; 赤須功; 北川亮; 酒井淳; 沼澤真一; 伊藤康信; 渡邉貞義; 大谷直樹; 和田孝次郎; 森健太郎; 森健太郎
    Neurological Surgery, 2020年
  • 肛門管癌脳転移の1例
    遠藤あるむ; 竹内誠; 田邉宜昭; 土井一真; 美山真崇; 豊岡輝繁; 大谷直樹; 和田孝次郎; 森健太郎
    Neurological Surgery, 2020年
  • 外傷性脳挫傷との鑑別に窮した中枢神経原発悪性黒色腫の1例
    田邉宜昭; 豊岡輝繁; 遠藤あるむ; 土井一真; 美山真崇; 竹内誠; 富山新太; 大谷直樹; 戸村哲; 和田孝次郎; 森健太郎
    Neurological Surgery, 2020年
  • 紡錘状椎骨動脈瘤および前下小脳動脈による片側顔面痙撃の1例
    美山真崇; 豊岡輝繁; 遠藤あるむ; 田邊宣昭; 土井一真; 大塚陽平; 松本崇; 吉浦徹; 竹内誠; 大谷直樹; 和田孝次郎; 森健太郎
    Neurological Surgery, 2020年
  • やっぱり深い脳神経外科救急-中堅医師になってからの気付き-
    竹内誠; 豊岡輝繁; 大谷直樹; 和田孝次郎; 高畑りさ
    Neurosurgical Emergency, 2020年
  • 脳室内鋳型血腫に対する硬性および軟性内視鏡を併用した血腫除去術
    豊岡輝繁; 竹内誠; 富山新太; 景山寛志; 都築伸介; 大谷直樹; 和田孝次郎; 森健太郎
    脳卒中の外科, 2020年
  • 脳神経外科手術における光音響画像技術の応用
    大谷直樹; 石原美弥; 平沢壮; 森健太郎; 吉野篤緒
    CI研究, 2020年, 査読有り
    筆頭著者
  • 非心原性主幹動脈閉塞症に対する急性期STA-MCAバイパス術
    大谷直樹; 和田孝次郎; 豊岡輝繁; 竹内誠
    Neurosurgical Emergency, 2020年, 査読有り
    筆頭著者
  • 「失敗学」から見た脳動脈瘤手術におけるトラブルシューティング
    竹内誠; 熊谷光佑; 西田翔; 和田孝次郎; 大谷直樹; 富山新太; 豊岡輝繁; 森健太郎
    脳卒中の外科, 2020年
  • Serial changes in serum phosphorylated neurofilament and value for prediction of clinical outcome after traumatic brain injury.
    Naoki Otani; Yuji Morimoto; Manabu Kinoshita; Toru Ogata; Kentaro Mori; Masato Kobayashi; Takeshi Maeda; Atsuo Yoshino
    Surgical neurology international, 2020年, 査読有り
    筆頭著者
  • New endovascular perforation subarachnoid hemorrhage model for investigating the mechanisms of delayed brain injury.
    Kosuke Kumagai; Arata Tomiyama; Satoru Takeuchi; Naoki Otani; Masanori Fujita; Kazuya Fujii; Kojiro Wada; Kentaro Mori
    Journal of neurosurgery, 2019年11月
  • Mixed pial and dural arteriovenous fistula after craniotomy: case report and literature review
    Kazuma Doi; Naoki Otani; Motohiro Hayashi; Satoru Takeuchi; Terushige Toyooka; Kojiro Wada; Kentaro Mori
    British Journal of Neurosurgery, 2019年10月
  • Surgical Rescue Technique for Incomplete Burr Hole Using a Small Bone Piece and the Craniotome.
    Toru Yoshiura; Kojiro Wada; Kosuke Kumagai; Satoru Takeuchi; Terushige Toyooka; Naoki Otani; Kentaro Mori
    World neurosurgery, 2019年10月
  • [Three Surgical Cases of Brain Metastasis from Renal Cell Carcinoma Occurring more than 10 years after Nephrectomy:Case Reports and Literature Review].
    Kazuma Doi; Naoki Otani; Arumu Endo; Noriaki Tanabe; Satoru Takeuchi; Terushige Toyooka; Kojiro Wada; Kentaro Mori
    No shinkei geka. Neurological surgery, 2019年10月
  • A case of meningioma originating from the lateral wall of the cavernous sinus.
    Kazuma Doi; Naoki Otani; Satoru Takeuchi; Terushige Toyooka; Kojiro Wada; Kentaro Mori
    British journal of neurosurgery, 2019年09月
  • Potential Risks and Limited Indications of the Supraorbital Keyhole Approach for Clipping Internal Carotid Artery Aneurysms.
    Terushige Toyooka; Kojiro Wada; Naoki Otani; Arata Tomiyama; Satoru Takeuchi; Satoshi Tomura; Sho Nishida; Hideaki Ueno; Yasuaki Nakao; Takuji Yamamoto; Kentaro Mori
    World neurosurgery: X, 2019年04月
  • くも膜下出血のトピックス くも膜下出血急性期治療における脳のダメージコントロール
    森 健太郎; 竹内 誠; 熊谷 光佑; 藤井 和也; 豊岡 輝繁; 富山 新太; 大谷 直樹; 和田 孝次郎
    Neurosurgical Emergency, 2019年02月, 査読無し, 通常論文
  • Spontaneous Regression of Germinomas After Salvage Surgery and Possible Mechanism of Induced Apoptosis.
    Kazuma Doi; Terushige Toyooka; Kojiro Wada; Naoki Otani; Satoru Takeuchi; Arata Tomiyama; Hirokazu Nakatogawa; Tokutaro Tanaka; Hideyuki Shimazaki; Katsumi Hayashi; Kentaro Mori
    World neurosurgery, 2019年01月
  • 腎細胞癌術後10年以上経過して脳転移が認められた3手術例
    土井一真; 大谷直樹; 遠藤あるむ; 田邉宜昭; 竹内誠; 豊岡輝繁; 和田孝次郎; 森健太郎
    Neurological Surgery, 2019年
  • 広範囲脳梗塞における側脳室非対称性は脳浮腫増悪の予知因子となり得る
    竹内誠; 豊岡輝繁; 大谷直樹; 和田孝次郎; 森健太郎
    Neurosurgical Emergency, 2019年
  • テロ災害医療における脳神経外科医の役割
    戸村哲; 戸村哲; 関根康雅; 関根康雅; 吉村有矢; 瀬野宗一郎; 瀬野宗一郎; 大谷直樹; 和田孝次郎; 森健太郎; 齋藤大蔵; 齋藤大蔵
    Neurosurgical Emergency, 2019年
  • 非心原性主幹動脈閉塞症に対する急性期STA-MCAバイパス術
    大谷直樹; 和田孝次郎; 豊岡輝繁; 竹内誠; 戸村哲; 富山新太; 森健太郎
    Neurosurgical Emergency, 2019年, 査読有り
    筆頭著者
  • くも膜下出血急性期治療における脳のダメージコントロール
    森健太郎; 竹内誠; 熊谷光佑; 藤井和也; 豊岡輝繁; 富山新太; 大谷直樹; 和田孝次郎
    Neurosurgical Emergency, 2019年
  • A case of trigeminal neuralgia caused by both duplicated superior cerebellar arteries.
    Kazuma Doi; Satoru Takeuchi; Terushige Toyooka; Naoki Otani; Kojiro Wada; Kentaro Mori
    Neurology India, 2019年
  • Superficial Temporal Artery to Anterior Cerebral Artery Hemi-bonnet Bypass Using Radial Artery Graft for Prevention of Complications after Surgical Treatment of Partially Thrombosed Large/Giant Anterior Cerebral Artery Aneurysm.
    Kojiro Wada; Naoki Otani; Terushige Toyooka; Satoru Takeuchi; Arata Tomiyama; Kentaro Mori
    Journal of stroke and cerebrovascular diseases : the official journal of National Stroke Association, 2018年12月
  • [Treatment of Brain Metastases from Papillary Thyroid Carcinomas:Five Surgical Cases in Our Hospital and a Literature Review].
    Takashi Fujii; Satoru Takeuchi; Terushige Toyooka; Naoki Otani; Kojiro Wada; Kentaro Mori
    No shinkei geka. Neurological surgery, 2018年11月
  • Head-up display may facilitate safe keyhole surgery for cerebral aneurysm clipping.
    Terushige Toyooka; Naoki Otani; Kojiro Wada; Arata Tomiyama; Satoru Takeuchi; Kazuya Fujii; Kosuke Kumagai; Takashi Fujii; Kentaro Mori
    Journal of neurosurgery, 2018年10月
  • Less Invasive Modified Extradural Temporopolar Approach for Paraclinoid Lesions: Operative Technique and Surgical Results in 80 Consecutive Patients.
    Naoki Otani; Terushige Toyooka; Satoru Takeuchi; Arata Tomiyama; Yasuaki Nakao; Takuji Yamamoto; Kojiro Wada; Kentaro Mori
    Journal of neurological surgery. Part B, Skull base, 2018年10月, 査読有り
    筆頭著者
  • [A Case of Retro-Odontoid Pseudotumor in a Very Elderly Individual].
    Toru Yoshiura; Terushige Toyooka; Yohei Otsuka; Takashi Fujii; Takashi Matsumoto; Kousuke Kumagai; Kazuya Fujii; Satoshi Tomura; Arata Tomiyama; Naoki Otani; Kojiro Wada; Kentaro Mori
    No shinkei geka. Neurological surgery, 2018年10月
  • Novel Technical Variations and Increased Adhesive Strength in the "Birdlime" Transposition Technique for Microvascular Decompression.
    Naoki Otani; Terushige Toyooka; Satoru Takeuchi; Arata Tomiyama; Kojiro Wada; Kentaro Mori
    World neurosurgery, 2018年08月, 査読有り
    筆頭著者
  • Involvement of Intracellular Cholesterol in Temozolomide-Induced Glioblastoma Cell Death.
    Yutaro Yamamoto; Nobuyoshi Sasaki; Kosuke Kumagai; Satoru Takeuchi; Terushige Toyooka; Naoki Otani; Kojiro Wada; Yoshitaka Narita; Koichi Ichimura; Hiroki Namba; Kentaro Mori; Arata Tomiyama
    Neurologia medico-chirurgica, 2018年07月
  • "Birdlime" technique using TachoSil tissue sealing sheet soaked with fibrin glue for sutureless vessel transposition in microvascular decompression: operative technique and nuances.
    Naoki Otani; Terushige Toyooka; Kazuya Fujii; Kosuke Kumagai; Satoru Takeuchi; Arata Tomiyama; Yasuaki Nakao; Takuji Yamamoto; Kojiro Wada; Kentaro Mori
    Journal of neurosurgery, 2018年05月, 査読有り
    筆頭著者
  • Multistaged, multidirectional strategy for safe removal of large meningiomas in the pineal region.
    Naoki Otani; Kentaro Mori; Kojiro Wada; Arata Tomiyama; Terushige Toyooka; Satoru Takeuchi
    Neurosurgical focus, 2018年04月, 査読有り
    筆頭著者
  • Keyhole strategy aiming at minimizing hospital stay for surgical clipping of unruptured middle cerebral artery aneurysms.
    Kentaro Mori; Kojiro Wada; Naoki Otani; Arata Tomiyama; Terushige Toyooka; Satoru Takeuchi; Takuji Yamamoto; Yasuaki Nakao; Hajime Arai
    Journal of neurosurgery, 2018年04月
  • Long-Term Neurological and Radiological Results of Consecutive 63 Unruptured Anterior Communicating Artery Aneurysms Clipped via Lateral Supraorbital Keyhole Minicraniotomy.
    Kentaro Mori; Kojiro Wada; Naoki Otani; Arata Tomiyama; Terushige Toyooka; Satoshi Tomura; Satoru Takeuchi; Takuji Yamamoto; Yasuaki Nakao; Hajime Arai
    Operative neurosurgery (Hagerstown, Md.), 2018年02月
  • 日常診療に役立つ“頭部外傷”のminimum essence(1)外傷性頭蓋内占拠性病変に対する手術適応と手術方法
    大谷直樹; 森健太郎
    Neurological Surgery, 2018年, 査読有り
    筆頭著者
  • 内頚動脈瘤クリッピング術における頚部内頚動脈確保のための整容に配慮した安全確実な剥離方法
    和田孝次郎; 大谷直樹; 豊岡輝繁; 竹内誠; 富山新太; 戸村哲; 山本祐太朗; 熊谷光祐; 藤井和也; 森健太郎
    Neurosurgical Emergency, 2018年
  • 超高齢者の歯突起後方偽腫瘍の1例
    吉浦徹; 豊岡輝繁; 大塚陽平; 藤井隆司; 松本崇; 熊谷光祐; 藤井和也; 戸村哲; 富山新太; 大谷直樹; 和田孝次郎; 森健太郎
    Neurological Surgery, 2018年
  • 非心原性主幹動脈閉塞症に対する急性期STA-MCAバイパス術
    大谷直樹; 和田孝次郎; 豊岡輝繁; 竹内誠; 戸村哲; 富山新太; 森健太郎
    Neurosurgical Emergency, 2018年, 査読有り
    筆頭著者
  • テロによる多数傷病者発生事案における脳神経外科医の役割
    戸村哲; 戸村哲; 関根康雅; 関根康雅; 吉村有矢; 瀬野宗一郎; 瀬野宗一郎; 大谷直樹; 和田孝次郎; 森健太郎; 齋藤大蔵; 齋藤大蔵
    Neurosurgical Emergency, 2018年
  • 頭部銃創-適切な診断・治療のpoint
    竹内誠; 和田孝次郎; 豊岡輝繁; 大谷直樹; 森健太郎
    Neurosurgical Emergency, 2018年
  • 甲状腺乳頭癌原発転移性脳腫瘍に対する治療-自験例5例の症例報告と文献的考察-
    藤井隆司; 竹内誠; 豊岡輝繁; 大谷直樹; 和田孝次郎; 森健太郎
    Neurological Surgery, 2018年
  • テロによる多数傷病者発生事案における脳神経外科医の役割
    戸村哲; 関根康雅; 吉村有矢; 瀬野宗一郎; 大谷直樹; 和田孝次郎; 森健太郎; 齋藤大蔵
    Neurosurgical Emergency, 2018年
  • Intracellular cholesterol level regulates sensitivity of glioblastoma cells against temozolomide-induced cell death by modulation of caspase-8 activation via death receptor 5-accumulation and activation in the plasma membrane lipid raft.
    Yutaro Yamamoto; Arata Tomiyama; Nobuyoshi Sasaki; Hideki Yamaguchi; Takuya Shirakihara; Katsuhiko Nakashima; Kosuke Kumagai; Satoru Takeuchi; Terushige Toyooka; Naoki Otani; Kojiro Wada; Yoshitaka Narita; Koichi Ichimura; Ryuichi Sakai; Hiroki Namba; Kentaro Mori
    Biochemical and biophysical research communications, 2018年01月
  • Suction Decompression during Anterior Clinoidectomy for Direct Clipping of Paraclinoid Aneurysm Involving the Anterior Clinoid Process.
    Naoki Otani; Kojiro Wada; Terushige Toyoka; Kentaro Mori
    Asian journal of neurosurgery, 2018年, 査読有り
    筆頭著者
  • Modified Extradural Temporopolar Approach for Paraclinoid Aneurysms: Operative Nuance and Surgical Result.
    Naoki Otani; Terushige Toyooka; Satoru Takeuchi; Arata Tomiyama; Yasuaki Nakao; Takuji Yamamoto; Kojiro Wada; Kentaro Mori
    Acta neurochirurgica. Supplement, 2018年, 査読有り
    筆頭著者
  • Occipital Interhemispheric Approach for Surgical Removal of the Middle Third Falx Meningioma: Two Case Reports.
    Naoki Otani; Kojiro Wada; Terushige Toyooka; Kentaro Mori
    Asian journal of neurosurgery, 2018年, 査読有り
    筆頭著者
  • Surgical Strategies for Ruptured Complex Aneurysms Using Skull Base Technique and Revascularization Surgeries.
    Naoki Otani; Kojiro Wada; Terushige Toyooka; Satoru Takeuchi; Arata Tomiyama; Kentaro Mori
    Asian journal of neurosurgery, 2018年, 査読有り
    筆頭著者
  • Validation of effectiveness of keyhole clipping in nonfrail elderly patients with unruptured intracranial aneurysms.
    Kentaro Mori; Kojiro Wada; Naoki Otani; Arata Tomiyama; Terushige Toyooka; Kazuya Fujii; Kosuke Kumagai; Satoru Takeuchi; Satoshi Tomura; Takuji Yamamoto; Yasuaki Nakao; Hajime Arai
    Journal of neurosurgery, 2017年12月
  • Flexible Ultrathin Endoscope Integrated with Irrigation Suction Apparatus for Assisting Microneurosurgery.
    Naoki Otani; Yuji Morimoto; Kazuya Fujii; Terushige Toyooka; Kojiro Wada; Kentaro Mori
    World neurosurgery, 2017年12月, 査読有り
    筆頭著者
  • [Surgical Treatment for Traumatic Acute Subdural Hemorrhage in the Posterior Cranial Fossa:Three Cases Reports and Review of the Literature].
    Kazuma Doi; Naoki Otani; Masataka Miyama; Takashi Matsumoto; Takashi Fujii; Yohei Otsuka; Satoru Takeuchi; Terushige Toyooka; Kojiro Wada; Kentaro Mori
    No shinkei geka. Neurological surgery, 2017年12月
  • [Primary Intracranial Malignant Lymphoma Associated with Acquired Immunodeficiency Syndrome(AIDS):A Case Report].
    Yasufumi Inaka; Naoki Otani; Sho Nishida; Kazuya Fujii; Hideaki Ueno; Satoshi Tomura; Arata Tomiyama; Hideo Osada; Kojiro Wada; Takuya Maeda; Kentaro Mori
    No shinkei geka. Neurological surgery, 2017年11月
  • [Surgical Treatment of a Giant Olfactory Groove Schwannoma:A Case Report].
    Takashi Fujii; Naoki Otani; Kazuma Doi; Masataka Miyama; Yohei Otsuka; Takashi Matsumoto; Toru Yoshiura; Satoru Takeuchi; Satoshi Tomura; Arata Tomiyama; Terushige Toyooka; Kojiro Wada; Kentaro Mori
    No shinkei geka. Neurological surgery, 2017年10月
  • [A Case of Coexistent Glossopharyngeal Neuralgia and Hemifacial Spasm Successfully Treated with Transposition of the Vertebral Artery].
    Takashi Fujii; Naoki Otani; Yohei Otsuka; Takashi Matsumoto; Shunsuke Tanoue; Hideaki Ueno; Satoshi Tomura; Arata Tomiyama; Terushige Toyooka; Kojiro Wada; Kentaro Mori
    No shinkei geka. Neurological surgery, 2017年06月
  • [A Case of Foramen Magnum Meningioma Manifesting as Hypoglossal Nerve Palsy].
    Yasufumi Inaka; Naoki Otani; Sho Nishida; Hideaki Ueno; Arata Tomiyama; Satoshi Tomura; Terushige Toyooka; Kojiro Wada; Kentaro Mori
    No shinkei geka. Neurological surgery, 2017年04月
  • Effect of Fibrin Glue Injection Into the Cavernous Sinus for Hemostasis During Transcavernous Surgery on the Cerebral Venous Draining System.
    Terushige Toyooka; Naoki Otani; Kojiro Wada; Arata Tomiyama; Hideaki Ueno; Kazuya Fujii; Takuji Yamamoto; Yasuaki Nakao; Kentaro Mori
    Operative neurosurgery (Hagerstown, Md.), 2017年04月
  • 椎骨動脈の転位が有用であった舌咽神経痛と顔面痙攣との併発例
    藤井隆司; 大谷直樹; 大塚陽平; 松本崇; 田之上俊介; 上野英明; 戸村哲; 富山新太; 豊岡輝繁; 和田孝次郎; 森健太郎
    Neurological Surgery, 2017年
  • AIDS発症に関連した頭蓋内悪性リンパ腫の1手術例
    井中康史; 大谷直樹; 西田翔; 藤井和也; 上野英明; 戸村哲; 富山新太; 長田秀夫; 和田孝次郎; 前田卓哉; 森健太郎
    Neurological Surgery, 2017年
  • テント上外傷性血腫に併発した後頭蓋窩急性硬膜下血腫の3手術例
    土井一真; 大谷直樹; 美山真崇; 松本崇; 藤井隆司; 大塚陽平; 竹内誠; 豊岡輝繁; 和田孝次郎; 森健太郎
    Neurological Surgery, 2017年
  • 舌下神経麻痺単独症状で発症した大孔部髄膜腫の1手術例
    井中康史; 大谷直樹; 西田翔; 上野英明; 富山新太; 戸村哲; 豊岡輝繁; 和田孝次郎; 森健太郎
    Neurological Surgery, 2017年
  • 嗅溝部から発生した巨大神経鞘腫の1手術例
    藤井隆司; 大谷直樹; 土井一真; 美山真崇; 大塚陽平; 松本崇; 吉浦徹; 竹内誠; 戸村哲; 富山新太; 豊岡輝繁; 和田孝次郎; 森健太郎
    Neurological Surgery, 2017年
  • 総頚動脈閉塞症に対して大伏在静脈グラフトによるbonnet bypass術を施行した3症例の検討
    松本崇; 大谷直樹; 和田孝次郎; 大塚陽平; 藤井隆司; 吉浦徹; 熊谷光佑; 藤井和也; 豊岡輝繁; 森健太郎
    脳卒中の外科, 2017年
  • 頭蓋底・血行再建手技を駆使した破裂脳動脈瘤に対する急性期外科的治療戦略
    大谷直樹; 豊岡輝繁; 和田孝次郎; 森健太郎
    Neurosurgical Emergency, 2017年, 査読有り
    筆頭著者
  • 内頚動脈瘤クリッピング術における頚部内頚動脈確保のための安全確実な剥離方法
    和田孝次郎; 大谷直樹; 豊岡輝繁; 富山新太; 戸村哲; 山本祐太朗; 藤井和也; 熊谷光祐; 竹内誠; 森健太郎
    Neurosurgical Emergency, 2017年
  • Modified extradural temporopolar approach with suction decompression for clipping of large paraclinoid aneurysm: Technical note.
    Naoki Otani; Terushige Toyooka; Kojiro Wada; Kentaro Mori
    Surgical neurology international, 2017年, 査読有り
    筆頭著者
  • Modified extradural temporopolar approach with mini-peeling of dura propria for paraclinoid and/or parasellar tumors: Operative technique and nuances.
    Naoki Otani; Terushige Toyooka; Satoru Takeuchi; Arata Tomiyama; Kojiro Wada; Kentaro Mori
    Surgical neurology international, 2017年, 査読有り
    筆頭著者
  • Horizontal distance of anterior communicating artery aneurysm neck from anterior clinoid process is critically important to predict postoperative complication in clipping via pterional approach.
    Takashi Fujii; Naoki Otani; Satoru Takeuchi; Terushige Toyooka; Kojiro Wada; Kentaro Mori
    Surgical neurology international, 2017年
  • Usefulness of dural surface tracing of the cortical vessels with indocyanine green videoangiography just prior to dural opening for various cerebrovascular diseases.
    Naoki Otani; Kojiro Wada; Terushige Toyooka; Satoru Takeuchi; Arata Tomiyama; Kentaro Mori
    Surgical neurology international, 2017年, 査読有り
    筆頭著者
  • Agenesis of the Internal Carotid Artery with Transcavernous Anastomosis Associated with Anterior Communicating Artery Aneurysms.
    Kosuke Kumagai; Satoru Takeuchi; Naoki Otani; Masaki Komiyama; Kentaro Mori
    Asian journal of neurosurgery, 2017年
  • [A Surgical Case of Tuberculoma with Visual Disturbance].
    Takashi Fujii; Naoki Otani; Yohei Otsuka; Takashi Matsumoto; Shunsuke Tanoue; Hideaki Ueno; Satoshi Tomura; Arata Tomiyama; Terushige Toyooka; Kojiro Wada; Kentaro Mori
    No shinkei geka. Neurological surgery, 2016年08月
  • Usefulness of Suction Decompression Method Combined with Extradural Temporopolar Approach During Clipping of Complicated Internal Carotid Artery Aneurysm.
    Naoki Otani; Kojiro Wada; Terushige Toyooka; Kazuya Fujii; Hideaki Ueno; Satoshi Tomura; Arata Tomiyama; Yasuaki Nakao; Takuji Yamamoto; Kentaro Mori
    World neurosurgery, 2016年06月, 査読有り
    筆頭著者
  • Usefulness of Extradural Optic Nerve Decompression via Trans-Superior Orbital Fissure Approach for Treatment of Traumatic Optic Nerve Injury: Surgical Procedures and Techniques from Experience with 8 Consecutive Patients.
    Naoki Otani; Kojiro Wada; Kazuya Fujii; Terushige Toyooka; Kohsuke Kumagai; Hideaki Ueno; Satoshi Tomura; Arata Tomiyama; Yasuaki Nakao; Takuji Yamamoto; Kentaro Mori
    World neurosurgery, 2016年06月, 査読有り
    筆頭著者
  • Photoacoustic imaging system for peripheral small-vessel imaging based on clinical ultrasound technology
    Kaku Irisawa; Kazuhiro Hirota; Atsushi Hashimoto; Dai Murakoshi; Hiroyasu Ishii; Takuji Tada; Takatsugu Wada; Toshiro Hayakawa; Ryuichi Azuma; Naoki Otani; Kenji Itoh; Miya Ishihara
    PHOTONS PLUS ULTRASOUND: IMAGING AND SENSING 2016, 2016年, 査読有り, 通常論文
  • 視機能障害で発症した結核腫の1手術例
    藤井隆司; 大谷直樹; 大塚陽平; 松本崇; 田之上俊介; 上野英明; 戸村哲; 富山新太; 豊岡輝繁; 和田孝次郎; 森健太郎
    Neurological Surgery, 2016年
  • 血腫型重症くも膜下出血に対する外減圧術を併用した当院における治療成績
    井中康史; 大谷直樹; 西田翔; 藤井和也; 上野英明; 戸村哲; 富山新太; 豊岡輝繁; 和田孝次郎; 森健太郎
    Neurosurgical Emergency, 2016年
  • バイパス術に関連する問題 慢性期脳虚血性病変に対して安全確実にSTA-MCAバイパス術を完遂するための外科的治療戦略
    大谷直樹; 和田孝次郎; 井中康史; 西田翔; 田之上俊介; 熊谷光佑; 藤井和也; 豊岡輝繁; 森健太郎
    脳卒中の外科, 2016年, 査読有り
    筆頭著者
  • バイパス術に関連する問題 浅側頭動脈-中大脳動脈吻合術後頭皮創トラブルに対する高気圧酸素療法の効果
    和田孝次郎; 大谷直樹; 豊岡輝繁; 山本征夫; 富山新太; 戸村哲; 上野英明; 藤井和也; 熊谷光祐; 森健太郎
    脳卒中の外科, 2016年
  • 頭蓋底・血行再建手技を駆使した破裂脳動脈瘤に対する急性期外科的治療戦略
    大谷直樹; 和田孝次郎; 井中康史; 西田翔; 田之上俊介; 上野英明; 戸村哲; 富山新太; 豊岡輝繁; 森健太郎
    Neurosurgical Emergency, 2016年, 査読有り
    筆頭著者
  • 経静脈的血栓溶解療法後の進行性脳梗塞にたいする緊急頚動脈内膜剥離術
    和田孝次郎; 有本裕彦; 大谷直樹; 豊岡輝繁; 戸村哲; 富山新太; 上野英明; 藤井和也; 熊谷光祐; 森健太郎
    Neurosurgical Emergency, 2016年
  • 固着を軽減したポリウレタンラミネート加工綿片を利用した頚動脈内膜剥離術動脈縫合部の止血法の工夫
    和田孝次郎; 大谷直樹; 豊岡輝繁; 富山新太; 戸村哲; 上野英明; 藤井和也; 竹内誠; 熊谷光祐; 森健太郎
    脳卒中の外科, 2016年
  • Operative surgical nuances of modified extradural temporopolar approach with mini-peeling of dura propria based on cadaveric anatomical study of lateral cavernous structures.
    Naoki Otani; Kojiro Wada; Terushige Toyooka; Kazuya Fujii; Yasushi Kobayashi; Kentaro Mori
    Surgical neurology international, 2016年, 査読有り
    筆頭著者
  • Retrograde Suction Decompression Through Direct Puncture of the Common Carotid Artery for Paraclinoid Aneurysm.
    Naoki Otani; Kojiro Wada; Terushige Toyooka; Kazuya Fujii; Hideaki Ueno; Satoshi Tomura; Arata Tomiyama; Yasuaki Nakao; Takuji Yamamoto; Kentaro Mori
    Acta neurochirurgica. Supplement, 2016年, 査読有り
    筆頭著者
  • Hydrogen does not Exert Neuroprotective Effects or Improve Functional Outcomes in Rats After Intracerebral Hemorrhage.
    Satoru Takeuchi; Kimihiro Nagatani; Naoki Otani; Kojiro Wada; Kentaro Mori
    Turkish neurosurgery, 2016年
  • Augmentation of invadopodia formation in temozolomide-resistant or adopted glioma is regulated by c-Jun terminal kinase-paxillin axis
    Hideaki Ueno; Arata Tomiyama; Hideki Yamaguchi; Takamasa Uekita; Takuya Shirakihara; Katsuhiko Nakashima; Naoki Otani; Kojiro Wada; Ryuichi Sakai; Hajime Arai; Kentaro Mori
    BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS, 2015年12月, 査読有り, 通常論文
  • Electrocardiograph abnormalities in intracerebral hemorrhage.
    Satoru Takeuchi; Kimihiro Nagatani; Naoki Otani; Kojiro Wada; Kentaro Mori
    Journal of clinical neuroscience : official journal of the Neurosurgical Society of Australasia, 2015年12月
  • [Rare Case of Wall-Eyed Bilateral Internuclear Ophthalmoplegia in Unilateral Pontine Infarction].
    Satoru Takeuchi; Sho Nishida; Naoki Otani; Kentaro Mori
    Brain and nerve = Shinkei kenkyu no shinpo, 2015年06月
  • Hydrogen improves neurological function through attenuation of blood-brain barrier disruption in spontaneously hypertensive stroke-prone rats.
    Satoru Takeuchi; Kimihiro Nagatani; Naoki Otani; Hiroshi Nawashiro; Takashi Sugawara; Kojiro Wada; Kentaro Mori
    BMC neuroscience, 2015年04月
  • Decompressive craniectomy for arteriovenous malformation-related intracerebral hemorrhage.
    Satoru Takeuchi; Yoshio Takasato; Hiroyuki Masaoka; Kimihiro Nagatani; Naoki Otani; Kojiro Wada; Kentaro Mori
    Journal of clinical neuroscience : official journal of the Neurosurgical Society of Australasia, 2015年03月
  • [Metastatic brain tumor from esophageal carcinoma:a report of three cases].
    Takashi Fujii; Naoki Otani; Soichiro Seno; Satoru Takeuchi; Hideo Osada; Kojiro Wada; Kentaro Mori
    No shinkei geka. Neurological surgery, 2015年03月
  • 食道癌原発転移性脳腫瘍の3手術例
    藤井隆司; 大谷直樹; 瀬野宗一郎; 竹内誠; 長田秀夫; 和田孝次郎; 森健太郎
    Neurological Surgery, 2015年
  • 外傷性視神経損傷にたいする硬膜外視神経管開放術による減圧を施行した2例
    和田孝次郎; 大谷直樹; 戸村哲; 西田翔; 長田秀夫; 富山新太; 上野英明; 藤井和也; 井中康史; 森健太郎
    Neurosurgical Emergency, 2015年
  • 突然の片麻痺で発症し,当初脳梗塞と診断加療した頚椎症の一手術例
    中川政弥; 大谷直樹; 井中康史; 西田翔; 上野英明; 富山新太; 戸村哲; 長田秀夫; 和田孝次郎; 森健太郎
    Neurosurgical Emergency, 2015年
  • 破裂脳動脈瘤による血腫型重症くも膜下出血に対する外減圧術を併用した当院における治療成績
    井中康史; 大谷直樹; 西田翔; 藤井和也; 上野秀明; 戸村哲; 富山新太; 長田秀夫; 和田孝次郎; 森健太郎
    Neurosurgical Emergency, 2015年
  • 神経画像アトラス WEBINO症候群単独で発症した片側橋梗塞の1例
    竹内誠; 西田翔; 大谷直樹; 森健太郎
    Brain and Nerve, 2015年
  • 脳動脈瘤手術のアプローチ 傍鞍部を含む内頚動脈瘤に対する頚動脈直接穿刺によるsuction decompression法の有用性
    大谷直樹; 和田孝次郎; 井中康史; 西田翔; 熊谷光佑; 藤井和也; 豊岡輝繁; 戸村哲; 長田秀夫; 中尾保秋; 山本拓史; 森健太郎
    脳卒中の外科, 2015年, 査読有り
    筆頭著者
  • 外傷性視神経損傷に対する経上眼窩裂硬膜外視神経管開放術の有用性
    大谷直樹; 西田翔; 井中康史; 藤井和也; 上野秀明; 戸村哲; 富山新太; 豊岡輝繁; 和田孝次郎; 森健太郎
    神経外傷, 2015年, 査読有り
    筆頭著者
  • STA本幹をドナーとしグラフト血管を用いた端側吻合による頭蓋内血行再建術
    和田孝次郎; 大谷直樹; 豊岡輝繁; 長田秀夫; 富山新太; 戸村哲; 上野英明; 藤井和也; 森健太郎
    脳卒中の外科, 2015年
  • 神経内視鏡と脳卒中の外科 未破裂脳動脈瘤に対するkeyhole clipping術中の内視鏡支援の有用性について
    長田秀夫; 森健太郎; 和田孝次郎; 大谷直樹; 富山新太; 戸村哲; 上野英明
    脳卒中の外科, 2015年
  • 脳動脈瘤手術のアプローチ 未破裂脳動脈瘤治療に関する新たな提案-Keyhole clipping連続240例の手術成績から-
    森健太郎; 和田孝次郎; 長田秀夫; 大谷直樹; 富山新太; 戸村哲; 上野英明; 藤井和也; 山本拓史; 中尾保秋
    脳卒中の外科, 2015年
  • 経静脈的血栓溶解療法後緊急STA-MCAバイパス術の安全性の検討
    西田翔; 大谷直樹; 井中康史; 藤井和也; 上野秀明; 戸村哲; 富山新太; 長田秀夫; 和田孝次郎; 森健太郎
    Neurosurgical Emergency, 2015年
  • 外傷性視神経損傷に対しextradural temporopolar approachを用いて視神経管開放術を施行した2例
    和田孝次郎; 豊岡輝繁; 大谷直樹; 戸村哲; 西田翔; 井中康史; 富山新太; 上野英明; 藤井和也; 森健太郎
    Neurosurgical Emergency, 2015年
  • 深在性脳実質内腫瘍摘出術におけるexoscopeの有用性
    長田秀夫; 長谷公洋; 豊岡輝繁; 和田孝次郎; 大谷直樹; 富山新太; 戸村哲; 上野英明; 森健太郎
    脳神経外科ジャーナル, 2015年
  • 3D-CTA non-shade画像に基づく頸動脈内膜剥離術-16列と64列の比較検討-
    和田孝次郎; 豊岡輝繁; 大谷直樹; 長田秀夫; 富山新太; 戸村哲; 上野英明; 藤井和也; 有本裕彦; 森健太郎
    CI研究, 2015年
  • Canine double hemorrhage model of experimental subarachnoid hemorrhage.
    Kentaro Mori; Kazuya Fujii; Satosi Tomura; Hideaki Ueno; Kojiro Wada; Naoki Otani; Hideo Osada; Arata Tomiyama
    Acta neurochirurgica. Supplement, 2015年
  • Surgical removal of the solitary metastasis of renal cell carcinoma in the third ventricle using an interhemispheric transcallosal trans-choroidal approach.
    Naoki Otani; Kojiro Wada; Kohsuke Kumagai; Satoru Takeuchi; Kimihiro Nagatani; Satoshi Tomura; Hideo Osada; Junichi Asakuma; Kentaro Mori
    Asian journal of neurosurgery, 2015年, 査読有り
    筆頭著者
  • Middle cerebral artery branch occlusion mimicking an aneurysm.
    Satoru Takeuchi; Hiroshi Nawashiro; Naoki Otani; Katsuji Shima
    Asian journal of neurosurgery, 2015年
  • Emergency Superficial Temporal Artery to Middle Cerebral Artery Bypass After Intravenous Administration of Tissue Plasminogen Activator for Stroke.
    Satoru Takeuchi; Kojiro Wada; Hirohiko Arimoto; Kosuke Kumagai; Hideo Osada; Naoki Otani; Kentaro Mori
    Turkish neurosurgery, 2015年
  • Safe fronto-orbito-zygomatic osteotomy using a diamond-coated threadwire saw in orbito-zygomatic craniotomy.
    Kojiro Wada; Kentaro Mori; Terushige Toyooka; Naoki Otani; Kazuya Fujii; Hideaki Ueno; Satoshi Tomura; Arata Tomiyama
    Asian journal of neurosurgery, 2015年
  • [Usefulness of extradural optic canal unroofing and decompression of the optic nerve for improvement of visual acuity in traumatic optic neuropathy].
    Sho Nishida; Naoki Otani; Yasufumi Inaka; Yusuke Morinaga; Shohei Kimura; Satoshi Tomura; Hideo Osada; Kohzou Harimoto; Masaru Takeuchi; Kojiro Wada; Kentaro Mori
    No shinkei geka. Neurological surgery, 2014年11月
  • [A case of primary intraosseous cavernous hemangioma extending from the orbital rim to the sphenoid wing: a case report].
    Yasufumi Inaka; Naoki Otani; Sho Nishida; Kohsuke Kumagai; Kazuya Fujii; Hideaki Ueno; Arata Tomiyama; Satoshi Tomura; Hideo Osada; Kojiro Wada; Kentaro Mori
    No shinkei geka. Neurological surgery, 2014年11月
  • [Extradural temporopolar approach for surgical management of paraclinoid lesions].
    Naoki Otani; Kojiro Wada; Yasushi Kobayashi; Kohsuke Kumagai; Hideaki Ueno; Hideo Osada; Yasuaki Nakao; Takuji Yamamoto; Kentaro Mori
    No shinkei geka. Neurological surgery, 2014年10月, 査読有り
    筆頭著者
  • Effects of intravenous infusion of hydrogen-rich fluid combined with intra-cisternal infusion of magnesium sulfate in severe aneurysmal subarachnoid hemorrhage: study protocol for a randomized controlled trial.
    Satoru Takeuchi; Kentaro Mori; Hirohiko Arimoto; Kazuya Fujii; Kimihiro Nagatani; Satoshi Tomura; Naoki Otani; Hideo Osada; Kojiro Wada
    BMC neurology, 2014年09月
  • Uncooled infrared camera for the noninvasive visualization of the vascular flow in an anastomotic vessel during neurological surgery: technical note.
    Naoki Otani; Miya Ishihara; Kanji Nakai; Masanori Fujita; Kojiro Wada; Kentaro Mori
    Neurologia medico-chirurgica, 2014年06月, 査読有り
    筆頭著者
  • Temporal profile of plasma adiponectin level and delayed cerebral ischemia in patients with subarachnoid hemorrhage.
    Satoru Takeuchi; Kojiro Wada; Naoki Otani; Hideo Osada; Kimihiro Nagatani; Kentaro Mori
    Journal of clinical neuroscience : official journal of the Neurosurgical Society of Australasia, 2014年06月
  • Usefulness of newly developed non-sticky polyurethane-coated surgical patty for cerebral vein or sinus bleeding control
    Kojiro Wada; Naoki Otani; Hideo Osada; Arata Tomiyama; Satoshi Tomura; Hideaki Ueno; Satoru Takeuchi; Kimihiro Nagatani; Kazuya Fujii; Kentaro Mori
    Japanese Journal of Neurosurgery, 2014年, 査読有り, 通常論文
  • 硬膜外前床突起切除と視神経管開放により著明な視力改善が得られた外傷性視神経損傷の1手術例
    西田翔; 大谷直樹; 井中康史; 森永裕介; 木村尚平; 戸村哲; 長田秀夫; 播本幸三; 竹内大; 和田孝次郎; 森健太郎
    Neurological Surgery, 2014年, 査読有り
    筆頭著者
  • 蝶形骨縁から眼窩骨に発生したprimary intraosseous cavernous hemangiomaの1手術例
    井中康史; 大谷直樹; 西田翔; 熊谷光佑; 藤井和也; 上野英明; 富山新太; 戸村哲; 長田秀夫; 和田孝次郎; 森健太郎
    Neurological Surgery, 2014年
  • Extradural temporopolar approachを用いた傍鞍部脳腫瘍に対する外科的治療戦略
    大谷直樹; 和田孝次郎; 小林靖; 熊谷光佑; 上野英明; 長田秀夫; 中尾保秋; 山本拓史; 森健太郎
    Neurological Surgery, 2014年, 査読有り
    筆頭著者
  • けいれん発作にて発症した椎骨脳底動脈閉塞症5症例の検討
    大谷直樹; 高里良男; 正岡博幸; 早川隆宣; 八ツ繁寛; 竹内誠; 和田孝次郎; 森健太郎
    Neurosurgical Emergency, 2014年, 査読有り
    筆頭著者
  • 片側傍脳室白質に散在するenlarged Virchow-Robin spaceの1小児例
    森永裕介; 大谷直樹; 西田翔; 井中康史; 木村尚平; 戸村哲; 和田孝次郎; 森健太郎
    小児の脳神経, 2014年
  • 固着を軽減したポリウレタンラミネート加工綿片を利用した脳表静脈および静脈洞からの止血
    和田孝次郎; 大谷直樹; 長田秀夫; 富山新太; 戸村哲; 上野英明; 竹内誠; 長谷公洋; 藤井和也; 森健太郎
    脳神経外科ジャーナル, 2014年
  • Extradural temporopolar approachによる未破裂脳底動脈瘤や傍床部内頚動脈瘤のclipping術
    森健太郎; 和田孝次郎; 大谷直樹; 長田秀夫; 戸村哲; 山本拓史; 中尾保秋
    脳卒中の外科, 2014年
  • 80歳以上の症侯性内頚動脈狭窄症の画像学的,病理学的特徴および頚動脈内膜剥離術の治療成績
    和田孝次郎; 有本裕彦; 大谷直樹; 長田秀夫; 富山新太; 戸村哲; 上野英雄; 藤井和也; 長谷公洋; 竹内誠; 森健太郎
    Neurological Surgery, 2014年
  • Surgical resection of developmental venous anomaly causing massive intracerebral haemorrhage: a case report.
    Kimihiro Nagatani; Hideo Osada; Satoru Takeuchi; Naoki Otani; Kojiro Wada; Kentaro Mori
    British journal of neurosurgery, 2014年01月
  • A ruptured aneurysm located at a collateral artery that extended from the proximal A2 segment to the M1 segment, associated with an anomalous branch of the anterior choroidal artery and middle cerebral artery hypoplasia: case report.
    Naoki Otani; Kojiro Wada; Fumihiro Sakakibara; Satoru Takeuchi; Kimihiro Nagatani; Hiroaki Kobayashi; Hideo Osada; Takamoto Suzuki; Kentaro Mori
    Neurologia medico-chirurgica, 2014年, 査読有り
    筆頭著者
  • Sulfasalazine and temozolomide with radiation therapy for newly diagnosed glioblastoma.
    Satoru Takeuchi; Kojiro Wada; Kimihiro Nagatani; Naoki Otani; Hideo Osada; Hiroshi Nawashiro
    Neurology India, 2014年
  • "Reverse" bypass using a naturally formed "bonnet" superficial temporal artery in symptomatic common carotid artery occlusion: a case report.
    Naoki Otani; Kojiro Wada; Fumihiro Sakakibara; Kimihiro Nagatani; Satoru Takeuchi; Satoshi Tomura; Hideo Osada; Daisuke Mizokami; Takuji Yamashita; Akihiro Shiotani; Kentaro Mori
    Neurologia medico-chirurgica, 2014年, 査読有り
    筆頭著者
  • Noninvasive thermographic visualization of the extent of carotid plaque distribution during carotid endarterectomy using an uncooled infrared camera.
    Naoki Otani; Miya Ishihara; Masanori Fujita; Kojiro Wada; Kentaro Mori
    Surgical neurology international, 2014年, 査読有り
    筆頭著者
  • Chronic subdural hematoma associated with moyamoya disease.
    Satoru Takeuchi; Hiroshi Nawashiro; Yoichi Uozumi; Naoki Otani; Hideo Osada; Kojiro Wada; Katsuji Shima
    Asian journal of neurosurgery, 2014年
  • Diagnostic pitfalls associated with a large true posterior communicating artery aneurysm: a case report.
    Kimihiro Nagatani; Naoki Otani; Soichiro Seno; Satoru Takeuchi; Kojiro Wada; Kentaro Mori
    British journal of neurosurgery, 2013年10月
  • Effective control of massive venous bleeding by "multioverlapping therapy" using polysaccharide nanosheets in a rabbit inferior vena cava injury model.
    Kohsuke Hagisawa; Akihiro Saito; Manabu Kinoshita; Toshinori Fujie; Naoki Otani; Satoshi Shono; Young-Kwang Park; Shinji Takeoka
    Journal of vascular surgery. Venous and lymphatic disorders, 2013年07月
  • Prognostic factors in patients with primary brainstem hemorrhage.
    Satoru Takeuchi; Go Suzuki; Yoshio Takasato; Hiroyuki Masaoka; Takanori Hayakawa; Naoki Otani; Hiroshi Yatsushige; Keigo Shigeta; Toshiya Momose; Kojiro Wada; Hiroshi Nawashiro
    Clinical neurology and neurosurgery, 2013年06月
  • Ventriculomegaly after decompressive craniectomy with hematoma evacuation for large hemispheric hypertensive intracerebral hemorrhage.
    Satoru Takeuchi; Hiroshi Nawashiro; Kojiro Wada; Yoshio Takasato; Hiroyuki Masaoka; Takanori Hayakawa; Kimihiro Nagatani; Naoki Otani; Hideo Osada; Katsuji Shima
    Clinical neurology and neurosurgery, 2013年03月
  • Hydrocephalus after decompressive craniectomy for hemispheric cerebral infarction.
    Satoru Takeuchi; Yoshio Takasato; Hiroyuki Masaoka; Takanori Hayakawa; Hiroshi Yatsushige; Kimihiro Nagatani; Hideo Osada; Naoki Otani; Kojiro Wada; Hiroshi Nawashiro
    Journal of clinical neuroscience : official journal of the Neurosurgical Society of Australasia, 2013年03月
  • Diffusion tensor imaging and traumatic brain injury.
    Satoru Takeuchi; Kimihiro Nagatani; Naoki Otani; Hiroshi Nawashiro
    Journal of neurosurgery, 2013年03月
  • [A case of cavernous sinus air following orbital trauma].
    Fumihiro Sakakibara; Satoru Takeuchi; Hideo Osada; Naoki Otani; Kojiro Wada; Kimihiro Nagatani; Kentaro Mori
    Brain and nerve = Shinkei kenkyu no shinpo, 2013年03月
  • Novel therapeutic use of polysaccharide nanosheets for arachnoid plasty and enhancement of venous tensile strength in rat microneurosurgery.
    Naoki Otani; Manabu Kinoshita; Toshinori Fujie; Akihiro Saito; Shinji Takeoka; Daizoh Saitoh; Kohsuke Hagisawa; Hiroshi Nawashiro; Katsuji Shima
    Journal of clinical neuroscience : official journal of the Neurosurgical Society of Australasia, 2013年02月, 査読有り
    筆頭著者
  • 海綿静脈洞内に空気像を認めた眼窩部外傷の1例
    榊原史啓; 竹内誠; 長田秀夫; 大谷直樹; 和田孝次郎; 長谷公洋; 森健太郎
    Brain and Nerve, 2013年
  • 一過性運動麻痺を生じた微小な被殻出血の1例
    榊原史啓; 大谷直樹; 竹内誠; 森健太郎
    脳卒中, 2013年
  • 急性期脳梗塞に対する経静脈的血栓溶解療法後に緊急STA-MCAバイパス術を要した症例の臨床像と治療成績
    大谷直樹; 和田孝次郎; 竹内誠; 熊谷光佑; 榊原史啓; 瀬野宗一郎; 長谷公洋; 戸村哲; 長田秀夫; 有本裕彦; 大川英徳; 森健太郎
    Neurosurgical Emergency, 2013年, 査読有り
    筆頭著者
  • Increased xCT expression correlates with tumor invasion and outcome in patients with glioblastomas.
    Satoru Takeuchi; Kojiro Wada; Terushige Toyooka; Nariyoshi Shinomiya; Hideyuki Shimazaki; Kuniaki Nakanishi; Kimihiro Nagatani; Naoki Otani; Hideo Osada; Yoichi Uozumi; Hirotaka Matsuo; Hiroshi Nawashiro
    Neurosurgery, 2013年01月
  • Decrease in plasma adiponectin level and increase in adiponectin immunoreactivity in cortex and hippocampus after traumatic brain injury in rats.
    Satoru Takeuchi; Kojiro Wada; Hiroshi Nawashiro; Yoichi Uozumi; Naoki Otani; Kimihiro Nagatani; Hiroaki Kobayashi; Katsuji Shima
    Turkish neurosurgery, 2013年
  • Safety of intravenous administration of hydrogen-enriched fluid in patients with acute cerebral ischemia: initial clinical studies.
    Kimihiro Nagatani; Hiroshi Nawashiro; Satoru Takeuchi; Satoshi Tomura; Naoki Otani; Hideo Osada; Kojiro Wada; Hiroshi Katoh; Nobusuke Tsuzuki; Kentaro Mori
    Medical gas research, 2013年
  • Adiponectin receptor 1 expression is associated with carotid plaque stability.
    Satoru Takeuchi; Kojiro Wada; Yoichi Uozumi; Naoki Otani; Hideo Osada; Kimihiro Nagatani; Kentaro Mori
    Neurology India, 2013年
  • Decompressive craniectomy after intravenous tissue plasminogen activator administration for stroke.
    Satoru Takeuchi; Kojiro Wada; Hiroshi Nawashiro; Hirohiko Arimoto; Hidenori Ohkawa; Hiroyuki Masaoka; Naoki Otani; Yoshio Takasato
    Clinical neurology and neurosurgery, 2012年12月
  • Postoperative computed tomography after surgery for head trauma.
    Satoru Takeuchi; Yoshio Takasato; Go Suzuki; Takuya Maeda; Hiroyuki Masaoka; Takanori Hayakawa; Naoki Otani; Hiroshi Yatsushige; Keigo Shigeta; Toshiya Momose; Hiroshi Nawashiro; Kentaro Mori
    The journal of trauma and acute care surgery, 2012年11月
  • A cystic haemorrhagic lesion located in the cerebellopontine angle cistern. Cavernous angioma.
    Naoki Otani; Kojiro Wada; Fumihiro Sakakibara; Satoru Takeuchi; Kimihiro Nagatani
    Journal of clinical neuroscience : official journal of the Neurosurgical Society of Australasia, 2012年11月, 査読有り
    筆頭著者
  • Effects of a head-down tilt on cerebral blood flow in mice during bilateral common carotid artery occlusion.
    Kimihiro Nagatani; Hiroshi Nawashiro; Satoru Takeuchi; Naoki Otani; Kojiro Wada; Katsuji Shima
    Asian journal of neurosurgery, 2012年10月
  • Usefulness of estimating the volume gained by decompressive craniectomy.
    Kimihiro Nagatani; Kojiro Wada; Satoru Takeuchi; Naoki Otani; Hiroshi Nawashiro
    Clinical neurology and neurosurgery, 2012年09月
  • Vestibular schwannoma with repeated intratumoral hemorrhage.
    Satoru Takeuchi; Hiroshi Nawashiro; Naoki Otani; Fumihiro Sakakibara; Kimihiro Nagatani; Kojiro Wada; Hideo Osada; Katsuji Shima
    Journal of clinical neuroscience : official journal of the Neurosurgical Society of Australasia, 2012年09月
  • Anti-high mobility group box-1 antibody therapy for traumatic brain injury.
    Yu Okuma; Keyue Liu; Hidenori Wake; Jiyong Zhang; Tomoko Maruo; Isao Date; Tadashi Yoshino; Aiji Ohtsuka; Naoki Otani; Satoshi Tomura; Katsuji Shima; Yasuhiko Yamamoto; Hiroshi Yamamoto; Hideo K Takahashi; Shuji Mori; Masahiro Nishibori
    Annals of neurology, 2012年09月
  • L-Leucine induces growth arrest and persistent ERK activation in glioma cells.
    Satoru Takeuchi; Hiroshi Nawashiro; Kojiro Wada; Namiko Nomura; Terushige Toyooka; Naoki Otani; Hideo Osada; Hirotaka Matsuo; Nariyoshi Shinomiya
    Amino acids, 2012年08月
  • Effect of hydrogen gas on the survival rate of mice following global cerebral ischemia.
    Kimihiro Nagatani; Kojiro Wada; Satoru Takeuchi; Hiroaki Kobayashi; Yoichi Uozumi; Naoki Otani; Masanori Fujita; Shoichi Tachibana; Hiroshi Nawashiro
    Shock (Augusta, Ga.), 2012年06月
  • Congenital external carotid-internal carotid artery anastomosis associated with contralateral non-bifurcating cervical carotid artery.
    Kanji Nakai; Tatsumi Kaji; Akira Uchino; Toshio Kawauchi; Chiharu Tamura; Naoki Otani; Hiroshi Nawashiro
    Neuroradiology, 2012年05月
  • Post-traumatic hydrocephalus following decompressive craniectomy.
    Satoru Takeuchi; Hiroshi Nawashiro; Naoki Otani; Katsuji Shima
    Journal of neurotrauma, 2012年03月
  • Traumatic posterior fossa subdural hematomas.
    Satoru Takeuchi; Yoshio Takasato; Kojiro Wada; Hiroshi Nawashiro; Naoki Otani; Hiroyuki Masaoka; Takanori Hayakawa
    The journal of trauma and acute care surgery, 2012年02月
  • 橈骨動脈を用いた健側浅側頭動脈本幹から患側前大脳動脈への“hemi-bonnet bypass”にて急性期血行再建を行った進行性脳梗塞の1例
    和田孝次郎; 苗代弘; 有本裕彦; 竹内誠; 大谷直樹; 長田秀夫; 長谷公洋; 小林弘明; 島克司
    脳神経外科ジャーナル, 2012年
  • 内頚動脈内膜剥離術 高位病変CEAに対する3D-CTA+2D-CT合成画像支援の有用性と限界
    和田孝次郎; 苗代弘; 有本裕彦; 竹内誠; 大谷直樹; 長田秀夫; 長谷公洋; 小林弘明; 鈴木隆元; 島克司
    脳卒中の外科, 2012年
  • Intravenous tissue plasminogen activator treatment for ischemic stroke in dabigatran-treated patients.
    Satoru Takeuchi; Kojiro Wada; Kimihiro Nagatani; Naoki Otani; Hideo Osada; Hiroshi Nawashiro
    Acta neurochirurgica, 2012年01月
  • Traumatic brain injury or decompression.
    Satoru Takeuchi; Kojiro Wada; Kimihiro Nagatani; Naoki Otani; Hiroshi Nawashiro
    Journal of neurosurgery, 2012年01月
  • Expanded subarachnoid space of the optic nerve.
    Satoru Takeuchi; Kojiro Wada; Naoki Otani; Hiroshi Nawashiro
    Internal medicine (Tokyo, Japan), 2012年
  • Multiple intracranial aneurysms associated with hyper-IgE syndrome.
    Satoru Takeuchi; Kojiro Wada; Naoki Otani; Hiroshi Nawashiro
    Internal medicine (Tokyo, Japan), 2012年
  • Anaplastic hemangiopericytoma manifesting as a rapidly enlarging extracranial mass lesion.
    Naoki Otani; Hiroshi Nawashiro; Kojiro Wada; Kenzo Minamimura; Satoru Takeuchi; Katsuji Shima
    Asian journal of neurosurgery, 2012年01月, 査読有り
    筆頭著者
  • Traumatic peritentorial subdural hematomas: a study of 32 cases.
    Satoru Takeuchi; Yoshio Takasato; Hiroyuki Masaoka; Takanori Hayakawa; Hiroshi Yatsushige; Kimihiro Nagatani; Naoki Otani; Hideo Osada; Kojiro Wada; Hiroshi Nawashiro
    Turkish neurosurgery, 2012年
  • Hydrogen may inhibit collagen-induced platelet aggregation: an ex vivo and in vivo study.
    Satoru Takeuchi; Kojiro Wada; Kimihiro Nagatani; Hideo Osada; Naoki Otani; Hiroshi Nawashiro
    Internal medicine (Tokyo, Japan), 2012年
  • Usefulness of serum glial fibrillary acidic protein for the diagnosis of glioblastoma with a dural tail sign.
    Kimihiro Nagatani; Satoru Takeuchi; Naoki Otani; Hiroshi Nawashiro
    Acta neurologica Belgica, 2011年12月
  • Reversible posterior leukoencephalopathy syndrome after spinal anesthesia.
    Satoru Takeuchi; Kimihiro Nagatani; Naoki Otani; Hiroshi Nawashiro; Katsuji Shima
    Neurological sciences : official journal of the Italian Neurological Society and of the Italian Society of Clinical Neurophysiology, 2011年10月
  • The association between anemia and traumatic brain injury.
    Satoru Takeuchi; Kimihiro Nagatani; Naoki Otani; Hiroshi Nawashiro
    The Journal of trauma, 2011年09月
  • Radiological factors related to recurrence of chronic subdural hematoma.
    Kimihiro Nagatani; Satoru Takeuchi; Fumihiro Sakakibara; Naoki Otani; Hiroshi Nawashiro
    Acta neurochirurgica, 2011年08月
  • Interhemispheric hygroma.
    Satoru Takeuchi; Kimihiro Nagatani; Naoki Otani; Hiroshi Nawashiro
    Journal of neurosurgery, 2011年07月
  • Cerebral vasospasm after subarachnoid hemorrhage from severe arteriovenous malformation.
    Satoru Takeuchi; Kimihiro Nagatani; Naoki Otani; Hiroshi Nawashiro
    Acta neurochirurgica, 2011年05月
  • Safe entry point.
    Satoru Takeuchi; Hiroshi Nawashiro; Yoichi Uozumi; Naoki Otani
    Journal of neurosurgery, 2011年03月
  • Effect of decompressive craniectomy on aquaporin-4 expression after lateral fluid percussion injury in rats.
    Satoshi Tomura; Hiroshi Nawashiro; Naoki Otani; Yoichi Uozumi; Terushige Toyooka; Atsushi Ohsumi; Katsuji Shima
    Journal of neurotrauma, 2011年02月
  • Traumatic brain injury caused by laser-induced shock wave in rats: A novel laboratory model for studying blast-induced traumatic brain injury
    Ben Hatano; Yoshihisa Matsumoto; Naoki Otani; Daizoh Saitoh; Shinichi Tokuno; Yasushi Satoh; Hiroshi Nawashiro; Yoshitaro Matsushita; Shunichi Sato
    OPTICAL INTERACTIONS WITH TISSUE AND CELLS XXII, 2011年, 査読有り, 通常論文
  • Cerebral infarction along the distribution of perforating arteries during aneurysm surgery in a patient with pheochromocytoma--case report.
    Nobusuke Tsuzuki; Hiroshi Nawashiro; Terushige Toyooka; Hideo Osada; Naoki Otani; Takamoto Suzuki; Atsushi Ohsumi; Katsuji Shima
    Neurologia medico-chirurgica, 2011年
  • Clinical characteristics and surgical outcomes of patients with aneurysmal subarachnoid hemorrhage and acute subdural hematoma undergoing decompressive craniectomy.
    Naoki Otani; Yoshio Takasato; Hiroyuki Masaoka; Takanori Hayakawa; Yoshikazu Yoshino; Hiroshi Yatsushige; Hiroki Miyawaki; Kyoko Sumiyoshi; Takashi Sugawara; Aoyagi Chikashi; Satoru Takeuchi; Goh Suzuki
    World neurosurgery, 2011年01月, 査読有り
    筆頭著者
  • 後頸部痛のみを呈した椎骨動脈解離の転帰
    長田 秀夫; 苗代 弘; 南村 鎌三; 鷲見 賢司; 大谷 直樹; 大角 篤司; 戸村 哲; 鈴木 隆元; 都築 伸介; 島 克司
    日本頭痛学会誌, 2010年11月
  • A ruptured internal carotid artery aneurysm located at the origin of the duplicated middle cerebral artery associated with accessory middle cerebral artery and middle cerebral artery aplasia.
    Naoki Otani; Hiroshi Nawashiro; Nobusuke Tsuzuki; Hideo Osada; Takamoto Suzuki; Katsuji Shima; Kanji Nakai
    Surgical neurology international, 2010年09月, 査読有り
    筆頭著者
  • Temporal and spatial profile of phosphorylated connexin43 after traumatic brain injury in rats.
    Atsushi Ohsumi; Hiroshi Nawashiro; Naoki Otani; Hidetoshi Ooigawa; Terushige Toyooka; Katsuji Shima
    Journal of neurotrauma, 2010年07月
  • Progressive subdural hematomas after epidural blood patch for spontaneous intracranial hypotension.
    Satoru Takeuchi; Yoshio Takasato; Hiroyuki Masaoka; Takanori Hayakawa; Naoki Otani; Yoshikazu Yoshino; Hiroshi Yatsushige; Takashi Sugawara
    Journal of anesthesia, 2010年04月
  • Middle cerebral artery occlusion resulting from hypereosinophilic syndrome.
    Satoru Takeuchi; Yoshio Takasato; Hiroyuki Masaoka; Takanori Hayakawa; Naoki Otani; Yoshikazu Yoshino; Hiroshi Yatsushige; Takashi Sugawara
    Journal of clinical neuroscience : official journal of the Neurosurgical Society of Australasia, 2010年03月
  • 妊産婦脳出血 妊産婦脳出血の2症例
    松本佳久; 都築伸介; 苗代弘; 鈴木隆元; 南村鎌三; 景山寛志; 鷲見賢司; 長谷公洋; 藤井和也; 大谷直樹; 長田秀夫; 島克司
    脳卒中の外科, 2010年
  • 重症急性硬膜下血腫に対する緊急穿頭時の頭蓋内初圧測定の意義について
    大谷直樹; 高里良男; 正岡博幸; 早川隆宣; 吉野義一; 八ツ繁寛; 菅原貴志; 百瀬俊也; 青柳盟史; 竹内誠; 鈴木剛
    Neurosurgical Emergency, 2010年, 査読有り
    筆頭著者
  • 経頭蓋的近赤外線レーザー照射による脳血流増加作用: 臨床応用を目指す基礎的研究
    苗代弘; 魚住洋一; 佐藤俊一; 川内聡子; 小林弘明; 長田秀夫; 大谷直樹; 和田孝次郎; 都築伸介; 島克司
    脳卒中, 2010年
  • Hemorrhagic encephalitis associated with Epstein-Barr virus infection.
    Satoru Takeuchi; Yoshio Takasato; Hiroyuki Masaoka; Takanori Hayakawa; Naoki Otani; Yoshikazu Yoshino; Hiroshi Yatsushige; Takashi Sugawara
    Journal of clinical neuroscience : official journal of the Neurosurgical Society of Australasia, 2010年01月
  • Contrecoup epidural hematoma.
    Satoru Takeuchi; Yoshio Takasato; Hiroyuki Masaoka; Naoki Otani
    Neurology India, 2010年
  • [Unusual distribution of blood in a ruptured aneurysm--case report].
    Satoru Takeuchi; Yoshio Takasato; Hiroyuki Masaoka; Takanori Hayakawa; Naoki Otani; Yoshikazu Yoshino; Hiroshi Yatsushige; Takashi Sugawara
    Brain and nerve = Shinkei kenkyu no shinpo, 2009年12月
  • Development of chronic encapsulated intracerebral hematoma after radiosurgery for a cerebral arteriovenous malformation.
    Satoru Takeuchi; Yoshio Takasato; Hiroyuki Masaoka; Takanori Hayakawa; Naoki Otani; Yoshikazu Yoshino; Hiroshi Yatsushige; Takashi Sugawara
    Acta neurochirurgica, 2009年11月
  • Dolichoectasia involving the vertebrobasilar and carotid artery systems.
    Satoru Takeuchi; Yoshio Takasato; Hiroyuki Masaoka; Takanori Hayakawa; Naoki Otani; Yoshikazu Yoshino; Hiroshi Yatsushige; Takashi Sugawara
    Journal of clinical neuroscience : official journal of the Neurosurgical Society of Australasia, 2009年10月
  • [Case of ruptured middle cerebral artery bifurcation aneurysm presenting as putaminal hemorrhage without subarachnoid hemorrhage].
    Satoru Takeuchi; Yoshio Takasato; Hiroyuki Masaoka; Takanori Hayakawa; Naoki Otani; Yoshikazu Yoshino; Hiroshi Yatsushige; Takashi Sugawara
    Brain and nerve = Shinkei kenkyu no shinpo, 2009年10月
  • [A case of traumatic middle meningeal arteriovenous fistula on the side of the head opposite to the injured side].
    Satoru Takeuchi; Yoshio Takasato; Hiroyuki Masaoka; Takanori Hayakawa; Naoki Otani; Yoshikazu Yoshino; Hiroshi Yatsushige; Takashi Sugawara; Chikashi Aoyagi; Go Suzuki
    No shinkei geka. Neurological surgery, 2009年10月
  • Clinical and radiological findings and surgical management of ruptured aneurysms at the non-branching sites of the internal carotid artery.
    Naoki Otani; Yoshio Takasato; Hiroyuki Masaoka; Takanori Hayakawa; Yoshikazu Yoshino; Hiroshi Yatsushige; Kyoko Sumiyoshi; Hiroki Miyawaki; Chikashi Aoyagi; Satoru Takeuchi; Go Suzuki
    Journal of clinical neuroscience : official journal of the Neurosurgical Society of Australasia, 2009年08月, 査読有り
    筆頭著者
  • [A case of cerebral venous thrombosis associated with thrombocythemia].
    Satoru Takeuchi; Yoshio Takasato; Hiroyuki Masaoka; Takanori Hayakawa; Naoki Otani; Yoshikazu Yoshino; Hiroshi Yatsushige; Takashi Sugawara
    No shinkei geka. Neurological surgery, 2009年07月
  • Clinical features and surgical outcomes of ruptured distal anterior cerebral artery aneurysms in 20 consecutively managed patients.
    Naoki Otani; Yoshio Takasato; Hiroyuki Masaoka; Takanori Hayakawa; Yoshikazu Yoshino; Hiroshi Yatsushige; Kyoko Sumiyoshi; Hiroki Miyawaki; Chikashi Aoyagi; Satoru Takeuchi; Go Suzuki
    Journal of clinical neuroscience : official journal of the Neurosurgical Society of Australasia, 2009年06月, 査読有り
    筆頭著者
  • [A case of meningitis complicated by brainstem infarction].
    Satoru Takeuchi; Yoshio Takasato; Hiroyuki Masaoka; Takanori Hayakawa; Naoki Otani; Yoshikazu Yoshino; Hiroshi Yatsushige; Takashi Sugawara; Chikashi Aoyagi; Go Suzuki
    No shinkei geka. Neurological surgery, 2009年06月
  • [Trapping of ruptured dissecting aneurysm of distal anterior inferior cerebellar artery--case report].
    Satoru Takeuchi; Yoshio Takasato; Hiroyuki Masaoka; Takanori Hayakawa; Naoki Otani; Yoshikazu Yoshino; Hiroshi Yatsushige
    Brain and nerve = Shinkei kenkyu no shinpo, 2009年02月
  • 脳幹梗塞を合併した髄膜炎の1例
    竹内誠; 高里良男; 正岡博幸; 早川隆宣; 大谷直樹; 吉野義一; 八ツ繁寛; 菅原貴志; 青柳盟史; 鈴木剛
    Neurological Surgery, 2009年
  • 非典型的な血腫分布を示した破裂脳動脈瘤の1例
    竹内誠; 高里良男; 正岡博幸; 早川隆宣; 大谷直樹; 吉野義一; 八ツ繁寛; 菅原貴志
    Brain and Nerve, 2009年
  • トラッピングにて治療した破裂前下小脳動脈遠位部解離性動脈瘤の1例
    竹内誠; 高里良男; 正岡博幸; 早川隆宣; 大谷直樹; 吉野義一; 八ツ繁寛
    Brain and Nerve, 2009年
  • くも膜下出血を伴わず被殻出血のみで発症した破裂中大脳動脈分岐部動脈瘤の1例
    竹内誠; 高里良男; 正岡博幸; 早川隆宣; 大谷直樹; 吉野義一; 八ツ繁寛; 菅原貴志
    Brain and Nerve, 2009年
  • 受傷部位と反対側に生じた外傷性中硬膜動静脈瘻の1例
    竹内誠; 高里良男; 正岡博幸; 早川隆宣; 大谷直樹; 吉野義一; 八ツ繁寛; 菅原貴志; 青柳盟史; 鈴木剛
    Neurological Surgery, 2009年
  • 血小板増多症に伴った脳静脈洞血栓症の1例
    竹内誠; 高里良男; 正岡博幸; 早川隆宣; 大谷直樹; 吉野義一; 八ツ繁寛; 菅原貴志
    Neurological Surgery, 2009年
  • Malignant transformation of an intracranial germinoma into a choriocarcinoma.
    Satoru Takeuchi; Yoshio Takasato; Hiroyuki Masaoka; Takanori Hayakawa; Naoki Otani; Yoshikazu Yoshino; Hiroshi Yatsushige
    BMJ case reports, 2009年
  • Bilateral lenticulostriate artery aneurysms.
    Satoru Takeuchi; Yoshio Takasato; Hiroyuki Masaoka; Takanori Hayakawa; Naoki Otani; Yoshikazu Yoshino; Hiroshi Yatsushige; Takashi Sugawara
    British journal of neurosurgery, 2009年
  • Administration of recombinant tissue plasminogen activator to a case of cerebral infarction in the setting of painless aortic dissection.
    Satoru Takeuchi; Yoshio Takasato; Hiroyuki Masaoka; Naoki Otani
    Neurology India, 2009年
  • [Case of traumatic dural arteriovenous fistula presenting as an acute subdural hematoma and an intracerebral hematoma. A case report].
    Satoru Takeuchi; Yoshio Takasato; Hiroyuki Masaoka; Takanori Hayakawa; Naoki Otani; Yoshikazu Yoshino; Hiroshi Yatsushige
    No shinkei geka. Neurological surgery, 2008年10月
  • [Transient lesion in the splenium of the corpus callosum caused by diffuse axonal injury].
    Satoru Takeuchi; Yoshio Takasato; Hiroyuki Masaoka; Takanori Hayakawa; Naoki Otani; Yoshikazu Yoshino; Hiroshi Yatsushige
    Brain and nerve = Shinkei kenkyu no shinpo, 2008年09月
  • [Case of vertebral artery occlusion caused by transverse process fracture of C7].
    Satoru Takeuchi; Yoshio Takasato; Hiroyuki Masaoka; Takanori Hayakawa; Naoki Otani; Yoshikazu Yoshino; Hiroshi Yatsushige
    Brain and nerve = Shinkei kenkyu no shinpo, 2008年07月
  • [Transcatheter arterial embolization in the treatment of facial injury].
    Satoru Takeuchi; Masato Homma; Hiroshi Kato; Jyunichi Inoue; Yoshio Takasato; Hiroyuki Masaoka; Takanori Hayakawa; Naoki Otani; Yoshikazu Yoshino; Hiroshi Yatsushige
    No shinkei geka. Neurological surgery, 2008年06月
  • [Case of adult pneumococcal meningitis associated with multiple cerebral infarction].
    Satoru Takeuchi; Yoshio Takasato; Hiroyuki Masaoka; Takanori Hayakawa; Naoki Otani; Yoshikazu Yoshino; Hiroshi Yatsushige; Masato Homma; Kiyoshi Murata; Shunsuke Amenomori
    Brain and nerve = Shinkei kenkyu no shinpo, 2008年06月
  • [Isolated traumatic oculomotor nerve palsy caused by minor head trauma].
    Satoru Takeuchi; Yoshio Takasato; Hiroyuki Masaoka; Takanori Hayakawa; Naoki Otani; Yoshikazu Yoshino; Hiroshi Yatsushige
    Brain and nerve = Shinkei kenkyu no shinpo, 2008年05月
  • [Operative case of eosinophilic granuloma of the skull with dural invasion].
    Satoru Takeuchi; Yoshio Takasato; Hiroyuki Masaoka; Takanori Hayakawa; Naoki Otani; Yoshikazu Yoshino; Hiroshi Yatsushige
    No shinkei geka. Neurological surgery, 2008年03月
  • [Case of venous angioma with chronic encapsulated hematoma].
    Satoru Takeuchi; Yoshio Takasato; Hiroyuki Masaoka; Takanori Hayakawa; Naoki Otani; Yoshikazu Yoshino; Hiroshi Yatsushige; Kyoko Sumiyoshi; Chikashi Aoyagi
    No shinkei geka. Neurological surgery, 2008年03月
  • [3D CT findings of biparietal thinning].
    Satoru Takeuchi; Yoshio Takasato; Hiroyuki Masaoka; Takanori Hayakawa; Naoki Otani; Yoshikazu Yoshino; Hiroshi Yatsushige
    Brain and nerve = Shinkei kenkyu no shinpo, 2008年03月
  • 急性硬膜下血腫および脳内血腫で発症した外傷性硬膜動静脈瘻の1例
    竹内誠; 高里良男; 正岡博幸; 早川隆宣; 大谷直樹; 吉野義一; 八ツ繁寛
    Neurological Surgery, 2008年
  • C7横突起骨折による椎骨動脈閉塞の1例
    竹内誠; 高里良男; 正岡博幸; 早川隆宣; 大谷直樹; 吉野義一; 八ツ繁寛
    Brain and Nerve, 2008年
  • 軽微な頭部外傷で発症した動眼神経単独障害の1例
    竹内誠; 高里良男; 正岡博幸; 早川隆宣; 大谷直樹; 吉野義一; 八ツ繁寛
    Brain and Nerve, 2008年
  • 顔面外傷に対する外頸動脈塞栓術症例の検討
    竹内誠; 本間正人; 加藤宏; 井上潤一; 高里良男; 正岡博幸; 早川隆宣; 大谷直樹; 吉野義一; 八ツ繁寛
    Neurological Surgery, 2008年
  • 硬膜浸潤を伴った頭蓋骨好酸球性肉芽腫の1手術例
    竹内誠; 高里良男; 正岡博幸; 早川隆宣; 大谷直樹; 吉野義一; 八ツ繁寛
    Neurological Surgery, 2008年
  • 慢性被膜化脳内血腫を伴った静脈性血管腫の1例
    竹内誠; 高里良男; 正岡博幸; 早川隆宣; 大谷直樹; 吉野義一; 八ツ繁寛; 住吉京子; 青柳盟史
    Neurological Surgery, 2008年
  • もやもや病および類もやもや病における出血例の比較検討
    宮脇博基; 高里良男; 正岡博幸; 早川隆宣; 大谷直樹; 吉野義一; 八ツ繁寛; 住吉京子; 青柳盟史; 竹内誠
    脳卒中, 2008年
  • けいれん重積発作にて発症した脳底動脈閉塞症4症例の検討
    大谷直樹; 高里良男; 正岡博幸; 早川隆宣; 吉野義一; 八ツ繁寛; 住吉京子; 宮脇博基; 青柳盟史; 竹内誠
    脳卒中, 2008年, 査読有り
    筆頭著者
  • 被殻出血157例に対するCT定位的血腫吸引術の検討
    吉野義一; 高里良男; 正岡博幸; 早川隆宣; 大谷直樹; 八ツ繁寛; 住吉京子; 宮脇博基; 青柳盟史; 竹内誠
    脳卒中, 2008年
  • 当院における経静脈的t-PA投与症例の予後関連因子の検討
    八ツ繁寛; 高里良男; 正岡博幸; 早川隆宣; 大谷直樹; 吉野義一; 住吉京子; 宮脇博基; 青柳盟史; 竹内誠
    脳卒中, 2008年
  • Biparietal thinningの骨シンチ所見
    早川隆宣; 高里良男; 正岡博幸; 大谷直樹; 吉野義一; 八ツ繁寛; 竹内誠; 服部貴行
    核医学, 2008年
  • 重症頭部外傷患者に対する34・35°C3日間の脳低温療法について
    正岡博幸; 高里良男; 早川隆宣; 大谷直樹; 吉野義一; 八ツ繁寛; 宮脇博基; 住吉京子; 竹内誠; 青柳盟史
    神経外傷, 2008年
  • 広範囲脳梗塞における減圧開頭術の治療成績
    大谷直樹; 高里良男; 正岡博幸; 早川隆宣; 吉野義一; 八ツ繁寛; 住吉京子; 宮脇博基; 青柳盟史; 竹内誠; 鈴木剛
    脳卒中の外科, 2008年, 査読有り
    筆頭著者
  • Biparietal thinningの3DCT所見
    竹内誠; 高里良男; 正岡博幸; 早川隆宣; 大谷直樹; 吉野義一; 八ツ繁寛
    Brain and Nerve, 2008年
  • 多発性脳梗塞を併発した成人肺炎球菌性髄膜炎の1例
    竹内誠; 高里良男; 正岡博幸; 早川隆宣; 大谷直樹; 吉野義一; 八ツ繁寛; 本間正人; 村田希吉; 雨森俊介
    Brain and Nerve, 2008年
  • び漫性軸索損傷により脳梁膨大部に可逆的病変を呈した症例
    竹内誠; 高里良男; 正岡博幸; 早川隆宣; 大谷直樹; 吉野義一; 八ツ繁寛
    Brain and Nerve, 2008年
  • Surgical outcome following decompressive craniectomy for poor-grade aneurysmal subarachnoid hemorrhage in patients with associated massive intracerebral or Sylvian hematomas.
    Naoki Otani; Yoshio Takasato; Hiroyuki Masaoka; Takanori Hayakawa; Yoshikazu Yoshino; Hiroshi Yatsushige; Hiroki Miyawaki; Kyoko Sumiyoshi; Aoyagi Chikashi; Satoru Takeuchi; Goh Suzuki
    Cerebrovascular diseases (Basel, Switzerland), 2008年, 査読有り
    筆頭著者
  • Spontaneous intracranial hypotension associated with dural sinus thrombosis.
    Satoru Takeuchi; Yoshio Takasato; Hiroyuki Masaoka; Takanori Hayakawa; Naoki Otani; Yoshikazu Yoshino; Hiroshi Yatsushige
    Neurologia medico-chirurgica, 2007年12月
  • [Prevertebral hematoma and traumatic atlantooccipital dislocation with survival--case report].
    Satoru Takeuchi; Hiroshi Kato; Hidetake Matsuzaki; Yoshio Takasato; Hiroyuki Masaoka; Takanori Hayakawa; Naoki Otani; Yoshikazu Yoshino; Hiroshi Yatsushige
    Brain and nerve = Shinkei kenkyu no shinpo, 2007年10月
  • [Transient focal lesion in the splenium of the corpus callosum caused by carbamazepine].
    Satoru Takeuchi; Yoshio Takasato; Hiroyuki Masaoka; Takanori Hayakawa; Naoki Otani; Yoshikazu Yoshino; Hiroshi Yatsushige
    Brain and nerve = Shinkei kenkyu no shinpo, 2007年03月
  • 脊椎前腔血腫による気道緊急と環椎後頭骨脱臼を呈した1生存症例
    竹内誠; 加藤宏; 松崎英剛; 高里良男; 正岡博幸; 早川隆宣; 大谷直樹; 吉野義一; 八ツ繁寛
    Brain and Nerve, 2007年
  • カルバマゼピンにより脳梁膨大部に可逆的病変を呈した症例
    竹内誠; 高里良男; 正岡博幸; 早川隆宣; 大谷直樹; 吉野義一; 八ツ繁寛
    Brain and Nerve, 2007年
  • 脳幹出血患者の予後に関する臨床的検討
    住吉京子; 高里良男; 正岡博幸; 早川隆宣; 大谷直樹; 吉野義一; 八ツ繁寛; 北橋章子; 青柳盟史; 竹内誠
    脳卒中, 2007年
  • 3D-SSPによるクモ膜下出血における局所脳血流低下の経時変化の分析
    早川隆宣; 高里良男; 正岡博幸; 大谷直樹; 吉野義一; 八ツ繁寛; 住吉京子; 宮脇博基; 青柳盟史; 竹内誠; 倉本憲明
    核医学, 2007年
  • 当院における脳梗塞超急性期の経静脈的tPA投与症例の検討
    佐々木正史; 高里良男; 正岡博幸; 早川隆宣; 大谷直樹; 吉野一義; 八ツ繁寛; 北橋章子; 住吉京子; 青柳盟史
    脳卒中, 2007年
  • 3D-SSPを用いたクモ膜下出血後の局所脳血流低下領域の経時変化
    早川隆宣; 高里良男; 正岡博幸; 大谷直樹; 吉野義一; 八ツ繁寛; 住吉京子; 北橋章子; 青柳盟史; 竹内誠
    脳卒中, 2007年
  • 重症くも膜下出血に対する脳低温療法を加えた集学的治療の有効性の検討
    正岡博幸; 高里良男; 早川隆宣; 大谷直樹; 吉野義一; 八ツ繁寛; 菅原貴志; 北橋章子; 帯包雄次郎; 武川麻紀
    Neurosurgical Emergency, 2007年
  • Role of the activated extracellular signal-regulated kinase pathway on histological and behavioral outcome after traumatic brain injury in rats.
    Naoki Otani; Hiroshi Nawashiro; Shinji Fukui; Hidetoshi Ooigawa; Atsushi Ohsumi; Terushige Toyooka; Katsuji Shima
    Journal of clinical neuroscience : official journal of the Neurosurgical Society of Australasia, 2007年01月
  • Enhanced hippocampal neurodegeneration after traumatic or kainate excitotoxicity in GFAP-null mice.
    Naoki Otani; Hiroshi Nawashiro; Shinji Fukui; Hidetoshi Ooigawa; Atsushi Ohsumi; Terushige Toyooka; Katsuji Shima; Hiroshi Gomi; Michael Brenner
    Journal of clinical neuroscience : official journal of the Neurosurgical Society of Australasia, 2006年11月, 査読有り
    筆頭著者
  • [Case of gustatory disturbance caused by pontine infarction].
    Satoru Takeuchi; Yoshio Takasato; Hiroyuki Masaoka; Takanori Hayakawa; Naoki Otani; Yoshikazu Yoshino; Hiroshi Yatsushige; Takashi Sugawara
    No to shinkei = Brain and nerve, 2006年11月
  • The fate of Nissl-stained dark neurons following traumatic brain injury in rats: difference between neocortex and hippocampus regarding survival rate.
    Hidetoshi Ooigawa; Hiroshi Nawashiro; Shinji Fukui; Naoki Otani; Atsushi Osumi; Terushige Toyooka; Katsuji Shima
    Acta neuropathologica, 2006年10月
  • L-type amino acid transporter 1 as a potential molecular target in human astrocytic tumors.
    Hiroshi Nawashiro; Naoki Otani; Nariyoshi Shinomiya; Shinji Fukui; Hidetoshi Ooigawa; Katsuji Shima; Hirotaka Matsuo; Yoshikatsu Kanai; Hitoshi Endou
    International journal of cancer, 2006年08月
  • Surgical management of tuberculum sellae meningioma: role of selective extradural anterior clinoidectomy.
    Naoki Otani; Carl Muroi; Hirohito Yano; Nadia Khan; Athina Pangalu; Yasuhiro Yonekawa
    British journal of neurosurgery, 2006年06月, 査読有り
    筆頭著者
  • 味覚障害のみで発症した橋梗塞の1例
    竹内誠; 高里良男; 正岡博幸; 早川隆宜; 大谷直樹; 吉野義一; 八ツ繁寛; 菅原貴志
    脳と神経, 2006年
  • 重症クモ膜下出血患者に対する減圧開頭術の有用性
    大谷直樹; 武川麻紀; 帯包雄次郎; 北橋章子; 菅原貴志; 八ツ繁寛; 吉野義一; 早川隆宣; 正岡博幸; 高里良男
    脳卒中, 2006年, 査読有り
    筆頭著者
  • 救命センターにおける若年者脳出血の臨床的検討
    正岡博幸; 高里良男; 早川隆宣; 大谷直樹; 吉野義一; 八ツ繁寛; 菅原貴志; 北橋章子; 帯包雄次郎; 武川麻紀
    脳卒中, 2006年
  • 当院における尾状核出血19例の臨床的検討
    菅原貴志; 高里良男; 正岡博幸; 早川隆宣; 大谷直樹; 吉野義一; 八ツ繁寛; 北橋章子; 帯包雄次郎; 武川麻紀
    脳卒中, 2006年
  • Awake surgery for glioma resection in eloquent areas--Zurich's experience and review--.
    Naoki Otani; Miroslava Bjeljac; Carl Muroi; Dorothea Weniger; Nadia Khan; Heinz-Gregor Wieser; Marijan Curcic; Yasuhiro Yonekawa
    Neurologia medico-chirurgica, 2005年10月, 査読有り
    筆頭著者
  • Central neurogenic hyperventilation in a conscious man with CSF dissemination from a pineal glioblastoma.
    Terushige Toyooka; Takahito Miyazawa; Shinji Fukui; Naoki Otani; Hiroshi Nawashiro; Katsuji Shima
    Journal of clinical neuroscience : official journal of the Neurosurgical Society of Australasia, 2005年09月
  • 両側眼けん下垂と両側眼球上転障害を呈し,瞳孔正常であった中脳出血の1例
    竹内誠; 川口務; 中谷充; 大谷直樹; 石原秀章; 魚住洋一; 宮沢隆二; 加藤裕; 都築伸介; 苗代弘; 島克司
    脳と神経, 2005年
  • 椎骨動脈閉塞性病変のMRIおよびMRA画像所見
    魚住洋一; 苗代弘; 大谷直樹; 加藤裕; 都築伸介; 北秀幸; 島克司
    脳卒中, 2005年
  • High expression of L-type amino acid transporter 1 in infiltrating glioma cells.
    Hiroshi Nawashiro; Naoki Otani; Youichi Uozumi; Hidetoshi Ooigawa; Terushige Toyooka; Takamoto Suzuki; Hiroshi Katoh; Nobusuke Tsuzuki; Akira Ohnuki; Katsuji Shima; Nariyoshi Shinomiya; Hirotaka Matsuo; Yoshikatsu Kanai
    Brain tumor pathology, 2005年
  • Usefulness of thallium-201 chloride single photon emission computed tomography for the preoperative diagnosis of fourth ventricle meningioma--case report.
    Hidetoshi Ooigawa; Takahito Miyazawa; Naoki Otani; Shinji Fukui; Hiroshi Nawashiro; Katsuji Shima
    Neurologia medico-chirurgica, 2004年12月
  • Gender disparities in serum electrolytes levels after subarachnoid hemorrhage.
    Shinji Fukui; Hiroshi Katoh; Nobusuke Tsuzuki; Shoichiro Ishihara; Naoki Otani; Yoichi Uozumi; Hidetoshi Ooigawa; Terushige Toyooka; Akira Ohnuki; Takahito Miyazawa; Hiroshi Nawashiro; Katsuji Shima
    Journal of clinical neuroscience : official journal of the Neurosurgical Society of Australasia, 2004年08月
  • [Better understanding of microcatheters in neuroendovascular surgery: product properties with steam shaping].
    Shoichiro Ishihara; Shinya Kohyama; Naoki Otani; Katsuji Shima
    No shinkei geka. Neurological surgery, 2004年07月
  • Focal brain edema and natriuretic peptides in patients with subarachnoid hemorrhage.
    Shinji Fukui; Hiroshi Katoh; Nobusuke Tsuzuki; Shoichiro Ishihara; Naoki Otani; Hidetoshi Ooigawa; Terushige Toyooka; Akira Ohnuki; Takahito Miyazawa; Hiroshi Nawashiro; Katsuji Shima
    Journal of clinical neuroscience : official journal of the Neurosurgical Society of Australasia, 2004年06月
  • Normal pressure hydrocephalus manifesting as transient prosopagnosia, topographical disorientation, and visual objective agnosia.
    Naoki Otani; Hiroshi Nawashiro; Shoichiro Ishihara; Shinji Fukui; Hiroshi Katoh; Nobusuke Tsuzuki; Akira Ohnuki; Takahito Miyazawa; Katsuji Shima
    Journal of clinical neuroscience : official journal of the Neurosurgical Society of Australasia, 2004年04月, 査読有り
    筆頭著者
  • 脳血管内治療におけるマイクロカテーテルの特性と使用上の留意点:shapingに伴う諸問題について
    石原正一郎; 神山信也; 大谷直樹; 島克司
    Neurological Surgery, 2004年
  • Nuclear accumulation of basic fibroblast growth factor in human astrocytic tumors.
    Shinji Fukui; Hiroshi Nawashiro; Naoki Otani; Hidetoshi Ooigawa; Namiko Nomura; Akiko Yano; Takahito Miyazawa; Akira Ohnuki; Nobusuke Tsuzuki; Hiroshi Katoh; Shoichiro Ishihara; Katsuji Shima
    Cancer, 2003年06月
  • Multivariate analysis of risk factors for QT prolongation following subarachnoid hemorrhage.
    Shinji Fukui; Hiroshi Katoh; Nobusuke Tsuzuki; Shoichiro Ishihara; Naoki Otani; Hidetoshi Ooigawa; Terushige Toyooka; Akira Ohnuki; Takahito Miyazawa; Hiroshi Nawashiro; Katsuji Shima
    Critical care (London, England), 2003年06月
  • The association of the expression of vascular endothelial growth factor with the cystic component and haemorrhage in pituitary adenoma.
    Shinji Fukui; Naoki Otani; Hiroshi Nawashiro; Akiko Yano; Namiko Nomura; Aya M Tokumaru; Takahito Miyazawa; Akira Ohnuki; Nobusuke Tsuzuki; Hiroshi Katoh; Shoichiro Ishihara; Katsuji Shima; Hidetoshi Ooigawa
    Journal of clinical neuroscience : official journal of the Neurosurgical Society of Australasia, 2003年05月
  • 外傷性脳損傷の選択的脆弱部位におけるERK経路リン酸化の役割;ERK阻害剤(U0126)の効果について
    大谷直樹; 苗代弘; 加藤裕; 都築伸介; 石原正一郎; 大貫明; 宮沢隆仁; 島克司
    脳循環代謝, 2003年, 査読有り
    筆頭著者
  • Temporal and spatial profile of phosphorylated mitogen-activated protein kinase pathways after lateral fluid percussion injury in the cortex of the rat brain.
    Naoki Otani; Hiroshi Nawashiro; Shinji Fukui; Namiko Nomura; Katsuji Shima
    Journal of neurotrauma, 2002年12月, 査読有り
    筆頭著者
  • Subcutaneous seeding of pancreatic carcinoma along a VP shunt catheter.
    Hiroshi Nawashiro; Naoki Otani; Hiroshi Katoh; Akira Ohnuki; Sho Ogata; Katsuji Shima
    The Lancet. Oncology, 2002年11月
  • High plasma brain natriuretic peptide level in thromboembolism patients associated with nonvalvular atrial fibrillation: cause or effect?
    Shinji Fukui; Naoki Otani; Hiroshi Katoh; Hiroshi Nawashiro; Katsuji Shima
    Stroke, 2002年08月
  • [Postoperative subdural empyema due to Propionibacterium acnes].
    Youichi Uozumi; Hiroshi Nawashiro; Reiko Higo; Naoki Otani; Shinji Fukui; Takamoto Suzuki; Shoichiro Ishihara; Hiroshi Katoh; Nobusuke Tsuzuki; Takahito Miyazawa; Katsuji Shima; Aya Tokumaru; Shinsuke Aida
    No shinkei geka. Neurological surgery, 2002年07月
  • Race and sex differences in the effects of dietary potassium intake on the risk of stroke.
    Shinji Fukui; Naoki Otani; Nobusuke Tsuzuki; Hiroshi Nawashiro; Katsuji Shima
    Stroke, 2002年05月
  • Nuclear accumulation of basic fibroblast growth factor as a predictor for the recurrence of pituitary adenomas.
    Shinji Fukui; Naoki Otani; Hiroshi Nawashiro; Akiko Yano; Takahito Miyazawa; Akira Ohnuki; Nobusuke Tsuzuki; Hiroshi Katoh; Shoichiro Ishihara; Takamoto Suzuki; Katsuji Shima
    Journal of neuro-oncology, 2002年05月
  • Laterality of ruptured aneurysm has no influence on QT prolongation after subarachnoid hemorrhage.
    Shinji Fukui; Naoki Otani; Nobusuke Tsuzuki; Hiroshi Nawashiro; Katsuji Shima
    Stroke, 2002年04月
  • Differential activation of mitogen-activated protein kinase pathways after traumatic brain injury in the rat hippocampus.
    Naoki Otani; Hiroshi Nawashiro; Shinji Fukui; Namiko Nomura; Akiko Yano; Takahito Miyazawa; Katsuji Shima
    Journal of cerebral blood flow and metabolism : official journal of the International Society of Cerebral Blood Flow and Metabolism, 2002年03月, 査読有り
    筆頭著者
  • The role of CD98 in astrocytic neoplasms.
    Hiroshi Nawashiro; Naoki Otani; Nariyoshi Shinomiya; Shinji Fukui; Namiko Nomura; Akiko Yano; Katsuji Shima; Hirotaka Matsuo; Yoshikatsu Kanai
    Human cell, 2002年03月
  • Propionibacterium acnesによる開頭術後の硬膜下膿よう
    魚住洋一; 苗代弘; 肥後礼子; 大谷直樹; 福井伸二; 鈴木隆元; 島克司; 徳丸阿耶; 相田真介
    Neurological Surgery, 2002年
  • 神経内視鏡手術における工夫 脳室内出血の神経内視鏡手術における工夫
    石原正一郎; 大谷直樹
    脳神経外科速報, 2002年
  • ラット頭部外傷モデルにおけるMitogen-Activated Protein Kinasee(MAPK)の経時的リン酸化動態に関する検討
    大谷直樹; 苗代弘; 福井伸二; 松下芳太郎; 和田孝次郎; 都築伸介; 宮沢隆仁; 島克司
    脳循環代謝, 2002年, 査読有り
    筆頭著者
  • 眼か周辺広範囲に及んだfibrous dysplasia/骨腫との鑑別
    苗代弘; 島克司; 豊岡輝繁; 肥後礼子; 大谷直樹; 福井伸二; 徳丸阿耶; 相田真介; 広瀬隆則
    CI研究, 2002年
  • クモ膜下出血の後の低カリウム血症とQT延長の危険因子としての女性の性
    福井伸二; 大谷直樹; 加藤裕; 都築伸介; 石原正一郎; 大貫明; 宮沢隆仁; 苗代弘; 島克司
    脳卒中, 2002年
  • 外傷性脳損傷におけるMitogen-Activated Protein Kinase(MAPK)の経時的リン酸化動態に関する検討
    大谷直樹; 苗代弘; 野村奈美子; 矢野明子; 加藤裕; 都築伸介; 石原正一郎; 大貫明; 島克司
    神経外傷, 2002年, 査読有り
    筆頭著者
  • Subcellular localization of basic fibroblast growth factor and fibroblast growth factor receptor 1 in pituitary adenomas.
    Shinji Fukui; Naoki Otani; Hiroshi Nawashiro; Akiko Yano; Namiko Nomura; Takahito Miyazawa; Akira Ohnuki; Nobusuke Tsuzuki; Hiroshi Katoh; Shoichiro Ishihara; Katsuji Shima
    Brain tumor pathology, 2002年
  • 脳虚血再還流におけるGFAPの役割
    苗代弘; HUANG S; 福井伸二; 大谷直樹; 宮沢隆仁; 島克司
    脳循環代謝, 2001年
  • 神経こう腫における中性アミノ酸トランスポーターLAT1の発現とLAT1をターゲットにした新たな治療戦略
    苗代弘; 大谷直樹; 福井伸二; 島克司; 四ノ宮成祥; 松尾洋隆; 遠藤仁; 金井好克
    Human Cell, 2001年
  • 特発性頭蓋内低髄圧症候群の臨床的検討
    大谷直樹; 石原正一郎; 都築伸介; 大貫明; 宮沢隆仁; 苗代弘; 島克司
    東京都医師会雑誌, 1999年, 査読有り
    筆頭著者
  • くも膜下出血後低ナトリウム血症の病態に関する再検討
    福井伸二; 宮沢隆仁; 大谷直樹; 加藤裕; 清水昭; 梅沢仁; 大井川秀聡; 平松和嗣久; 島克司
    脳神経外科ジャーナル, 1998年
  • 後床突起endostosis削除が有効であった脳底動脈分岐部近傍動脈りゅうクリッピング術
    詠田真治; 松野治雄; 由比文顕; 坂田修治; 横山信彦; 伊野波諭; 大谷直樹
    脳卒中の外科, 1997年
  • 急性痴呆にて発症した硬膜動脈脈ろうの1例
    中井完治; 梅沢仁; 神山信也; 大谷直樹; 小野健一郎; 加藤裕; 石原正一郎; 島克司; 加地辰美
    Neurological Surgery, 1997年

MISC

  • 動眼神経麻痺の切迫破裂症状で発症した内頚動脈後交通動脈分岐部未破裂脳動脈瘤の臨床的検討
    四條克倫; 山室俊; 角光一郎; 五十嵐崇浩; 児玉智信; 大島秀規; 大谷直樹; 吉野篤緒
    Neurosurgical Emergency, 2024年
  • 緊急対応を要する悪性脳腫瘍~新規抗てんかん薬の選択を含めて~
    角光一郎; 四條克倫; 大谷直樹; 吉野篤緒
    Neurosurgical Emergency, 2024年
  • 進行性症状増悪を呈したBADに対してDAPTにArgatrobanを追加併用し,致死的脳出血をきたした1例
    梶原遼; 大谷直樹; 奈良薫; 西原琢人; 大滝遼; 花島裕也; 吉村相大; 熊川貴大; 児玉智信; 吉野篤緒
    Neurosurgical Emergency, 2024年
  • 医療安全部門からみた死亡診断の段階的検証:医療法25条立入検査で求められている事
    五十嵐崇浩; 大谷直樹; 中山智祥; 高橋悟; 吉野篤緒
    Neurosurgical Emergency, 2024年
  • テント上海綿状血管奇形の外科的治療経験
    筧雄三; 森史; 角光一郎; 五十嵐崇浩; 四條克倫; 児玉智信; 大島秀規; 大谷直樹; 吉野篤緒
    Neurosurgical Emergency, 2024年
  • 救急搬送された不法滞在者に対する治療後対応に関する報告
    勝原隆道; 大谷直樹; 梶本隆太; 吉野篤緒
    Neurosurgical Emergency, 2024年
  • 複数の金属アレルギーを持つ内頚動脈C2portionの未破裂脳動脈瘤症例に対しクリッピングを選択した一例
    高瀬彦宥; 四條克倫; 大島秀規; 大谷直樹; 吉野篤緒
    Neurosurgical Emergency, 2024年
  • 慢性内頚動脈閉塞症に伴う脳虚血発作との鑑別に難渋した特発性脊髄硬膜外血腫の一例
    大滝遼; 大谷直樹; 福島悠太; 西原琢人; 小澤祥成; 梶原遼; 花島裕也; 熊川貴大; 児玉智信; 吉野篤緒
    Neurosurgical Emergency, 2024年
  • 錐体骨の骨欠損を原因とした難治性髄膜炎に対し経頭蓋的修復術を行った2症例の検討
    下村直也; 四條克倫; 角光一郎; 大島秀規; 大谷直樹; 鴫原俊太郎; 吉野篤緒
    Neurosurgical Emergency, 2024年
  • 脳卒中疑いで搬送された脊髄硬膜外血腫の2例
    勝原隆道; 大谷直樹; 神谷光樹; 吉野篤緒
    Neurosurgical Emergency, 2024年
  • 『軽症頭部外傷で頭蓋内病変を合併する危険因子』:データから見るCTの施行の妥当性
    熊川貴大; 大滝遼; 四條克倫; 大谷直樹; 前田剛; 吉野篤緒
    Neurosurgical Emergency, 2024年
  • 小児頭部外傷の再発防止に向けた取り組み
    角光一郎; 森史; 小林真人; 四條克倫; 大島秀規; 大谷直樹; 吉野篤緒
    Neurosurgical Emergency, 2024年
  • 頚椎骨折脱臼に対する早期外科的治療介入の影響;DPCデータベースを用いて
    土井一真; 大谷直樹; 井上紀彦; 水野順一; 伏見清秀; 吉野篤緒
    日本脳神経外傷学会プログラム・抄録集, 2024年
  • 最新の神経イメージング:CEST-MRI技術を用いたpH imaging
    五十嵐崇浩; 梶本隆太; 大島秀規; 大谷直樹; 吉野篤緒
    月刊細胞, 2024年
  • ラット脳梗塞モデルにおける神経細胞死に対するEpac2の影響
    筧 雄三; 五十嵐 崇浩; 梶本 隆太; 児玉 智信; 大島 秀規; 大谷 直樹; 吉野 篤緒
    脳循環代謝, 2023年11月
  • コイル塞栓術におけるDAC使用による瘤壁への影響
    児玉 智信; 角 光一郎; 神谷 光樹; 渡辺 充; 大谷 直樹; 吉野 篤緒
    脳血管内治療, 2023年11月
  • SAH患者の予後とリハビリの問題点 くも膜下出血後のてんかん危険因子について 脳卒中後てんかんのスコアリング
    五十嵐 崇浩; 筧 雄三; 塩川 諒治; 梶本 隆太; 茂呂 修啓; 須磨 健; 大谷 直樹; 大島 秀規; 吉野 篤緒
    くも膜下出血と脳血管攣縮, 2023年07月
  • 症候性総頚動脈閉塞症に対する大伏在静脈を用いたボンネットバイパス術の1例—A Patient with Symptomatic Common Carotid Artery Occlusion who Underwent Bonnet Bypass Using a Saphenous Vein Graft : A Case Report and Review of the Literature
    筧 雄三; 大谷 直樹; 稲原 裕也; 大滝 遼; 梶本 隆太; 小林 真人; 勝原 隆道; 吉野 篤緒
    日大医学雑誌 = Journal of Nihon University Medical Association, 2023年04月
  • 乳様突起から発生し頭蓋内に伸展した横紋筋肉腫の一例
    Suguru Harano; Koichiro Sumi; Fumi Mori; Mari Sasano; Takahiro Igarashi; Hideki Oshima; Naoki Otani; Atsuo Yoshino
    Journal of Nihon University Medical Association, 2023年04月01日
  • 直達手術を要した後頭蓋窩硬膜動静脈瘻とsurgical tips
    大谷 直樹; 梶本 隆太; 小林 真人; 花島 裕也; 勝原 隆道; 吉野 篤緒
    Neurosurgical Emergency, 2023年02月
  • 外傷性視神経損傷に対する硬膜外視神経管開放術の実際と治療成績
    大谷 直樹; 勝原 隆道; 小林 真人; 梶本 隆太; 花島 裕也; 梶原 遼; 前田 剛; 吉野 篤緒
    日本脳神経外傷学会プログラム・抄録集, 2023年02月
  • 駅ホームでの列車接触事故による重症頭部外傷の2例
    勝原 隆道; 大谷 直樹; 下村 直也; 藤原 司; 梶原 遼; 花島 裕也; 梶本 隆太; 小林 真人; 吉野 篤緒
    日本脳神経外傷学会プログラム・抄録集, 2023年02月
  • 不法滞在者の脳底動脈閉塞症に対して治療を行い、強制送還に苦慮した一例
    藤原 司; 大谷 直樹; 下村 直也; 稲原 裕也; 大滝 遼; 花島 裕也; 梶本 隆大; 小林 真人; 勝原 隆道; 吉野 篤緒
    Neurosurgical Emergency, 2023年02月
  • けいれん発作を合併した慢性硬膜下血腫の臨床的検討
    四條 克倫; 根岸 弘; 熊川 貴大; 角 光一郎; 五十嵐 貴浩; 大谷 直樹; 大島 秀規; 前田 剛; 吉野 篤緒
    日本脳神経外傷学会プログラム・抄録集, 2023年02月
  • コイル塞栓術におけるDAC使用による瘤壁への影響
    児玉智信; 角光一郎; 神谷光樹; 渡辺充; 大谷直樹; 吉野篤緒
    脳血管内治療(Web), 2023年
  • 後頭蓋窩の急性硬膜下血腫で発症したtentorial dural arteriovenous fistulaの1例
    西原 琢人; 梶本 隆太; 大谷 直樹; 稲原 裕也; 大滝 遼; 小林 真人; 勝原 隆道; 吉野 篤緒
    脳卒中, 2023年
  • 4mm未満の破裂脳動脈瘤に対する血管内治療成績
    大滝 遼; 山崎 英一; 望月 賢紀; 佐藤 浩明; 高 正圭; 福田 慎也; 井中 康史; 前田 昌宏; 岩崎 充宏; 大谷 直樹; 吉野 篤緒; 森本 将史
    脳血管内治療, 2022年11月
  • 当院による脳腫瘍栄養血管塞栓術の治療成績
    梶本 隆太; 須磨 健; 下村 直也; 藤原 司; 稲原 裕也; 大滝 遼; 花島 裕也; 小林 真人; 勝原 隆道; 大谷 直樹; 吉野 篤緒
    脳血管内治療, 2022年11月
  • ペランパネル単剤療法における血中濃度に影響する因子の検討
    五十嵐 崇浩; 角 光一郎; 四條 克倫; 大島 秀規; 大谷 直樹; 吉野 篤緒
    てんかん研究, 2022年08月
  • 小児脳腫瘍手術における術中神経モニタリングの有用性の検討
    森 史; 角 光一郎; 原野 英; 山室 俊; 四條 克倫; 大島 秀規; 大谷 直樹; 吉野 篤緒
    小児の脳神経, 2022年04月
  • 虐待 当院における小児頭部外傷の再発防止に向けた取り組み
    角 光一郎; 森 史; 笹野 まり; 大島 秀規; 大谷 直樹; 吉野 篤緒
    小児の脳神経, 2022年04月
  • 安全で簡便な硬膜外視神経管開放と前床突起切除法のsurgical tips
    大谷直樹; 勝原隆道; 梶本隆太; 小林真人; 吉野篤緒
    Neurosurgical Emergency, 2022年, 査読有り
    筆頭著者
  • 高齢社会における頭部外傷の特徴と課題:医療安全管理からみた転倒の特徴と課題
    五十嵐崇浩; 五十嵐崇浩; 熊川貴大; 四條克倫; 茂呂修啓; 前田剛; 大谷直樹; 大島秀規; 吉野篤緒
    日本脳神経外傷学会プログラム・抄録集, 2022年
  • 病院内転倒・転落事故に伴う頭部外傷における重症化因子の検討
    小林真人; 大谷直樹; 大谷直樹; 西原琢人; 大山健太郎; 稲原裕也; 大滝遼; 梶本隆太; 勝原隆道; 前田剛; 前田剛; 吉野篤緒
    日本脳神経外傷学会プログラム・抄録集, 2022年
  • 軽症頭部外傷による高次脳機能障害に関するコホート研究~画像陰所見陰性例15例の臨床像のまとめ~
    大谷直樹; 井田正博; 稲次基希; 大賀優; 土肥謙二; 中瀬裕之; 平林秀裕; 丸石正治; 山里道彦; 間瀬光人; 吉野篤緒; 河井信行
    日本脳神経外傷学会プログラム・抄録集, 2022年
  • 症候性てんかんを合併した下垂体腺腫の2症例
    山室俊; 小澤祥成; 小林真人; 澁谷浩司; 四條克倫; 大谷直樹; 吉野篤緒
    日本間脳下垂体腫瘍学会プログラム・抄録集, 2022年
  • Mild traumatic brain injury (MTBI : 軽度外傷性脳損傷)
    前田剛; 大谷直樹; 片山容一; 吉野篤緒
    脳神経外科ジャーナル, 2022年
  • 小児脳腫瘍手術における術中神経モニタリングの有用性の検討
    森史; 角光一郎; 原野英; 山室俊; 四條克倫; 大島秀規; 大谷直樹; 吉野篤緒
    小児の脳神経(Web), 2022年
  • 当院における小児頭部外傷の再発防止に向けた取り組み
    角光一郎; 森史; 笹野まり; 大島秀規; 大谷直樹; 吉野篤緒
    小児の脳神経(Web), 2022年
  • 錐体骨の骨欠損を原因とした難治性頭蓋内感染症に対する経頭蓋的修復術の有用性
    倉田原哉; 四條克倫; 大谷直樹; 大島秀規; 鴫原俊太郎; 大島猛史; 吉野篤緒
    日大医学雑誌, 2022年
  • STA-MCAバイパス術-日本が世界に誇る技を学ぶ IV 各病院におけるSTA-MCAバイパス術の工夫 日本大学病院におけるSTA-MCAバイパス術の工夫
    大谷直樹
    Neurological Surgery, 2022年, 査読有り
    筆頭著者
  • 脳血管障害に対する頭蓋底手技を駆使した直達手術
    大谷直樹; 四條克倫; 吉野篤緒
    日本頭蓋底外科学会プログラム・抄録集, 2022年
  • 動眼神経麻痺で発症した悪性類上皮腫の一例
    四條克倫; 花島裕也; 本間琢; 大谷直樹; 大島秀規; 吉野篤緒
    日本頭蓋底外科学会プログラム・抄録集, 2022年
  • 上眼窩裂部硬膜動静脈瘻に対してIPS経由でTVEを施行した一例
    梶本 隆太; 須磨 健; 筧 雄三; 稲原 裕也; 大滝 遼; 吉村 相大; 小林 真人; 勝原 隆道; 大谷 直樹; 吉野 篤緒
    脳血管内治療, 2021年11月
  • 繰り返し脳血管撮影を行い診断した脳底動脈穿通枝の破裂脳動脈瘤の一例
    熊川貴大; 大谷直樹; 筧雄三; 須磨健; 吉野篤緒
    Neurosurgical Emergency, 2021年
  • Zig-zag皮膚切開を用いた未破裂前方循環動脈瘤に対する直達手術の有用性と実際
    大谷直樹; 龍岡樹里; 梶本隆太; 小林真人; 勝原隆道; 平山貢基
    日本整容脳神経外科学会プログラム・抄録集, 2021年
  • マグネシウム溶液による脳槽灌流がSAHモデルの皮質拡延性抑制後の脳虚血と組織障害を減少させる
    西田翔; 西田翔; 西田翔; 豊岡輝繁; 竹内誠; 富山新太; 大谷直樹; 和田孝次郎; 森健太郎
    脳血管攣縮, 2021年
  • 動眼神経麻痺にて発症した未破裂内頚動脈瘤の臨床的特徴
    土井一真; 大谷直樹; 竹内誠; 豊岡輝繁; 和田孝次郎; 森健太郎; 森健太郎
    脳卒中の外科, 2021年
  • 硬膜転移をきたしたRELA fusion-positive ependymomaの一例
    角光一郎; 森史; 熊川貴大; 山室俊; 笹野まり; 大谷直樹; 大島秀規; 吉野篤緒
    小児の脳神経, 2021年
  • 上眼窩裂部硬膜動静脈瘻に対してIPS経由でTVEを施行した一例
    梶本隆太; 須磨健; 筧雄三; 稲原裕也; 大滝遼; 吉村相大; 小林真人; 勝原隆道; 大谷直樹; 吉野篤緒
    脳血管内治療(Web), 2021年
  • 小脳転移をきたした下腿原発有棘細胞癌の1例
    今村元; 大谷直樹; 龍岡樹里; 梶本隆太; 小林真人; 勝原隆道; 平山貢基; 小林一太; 吉野篤緒
    脳神経外科ジャーナル, 2021年
  • 傍鞍部脳腫瘍に対する視機能温存に留意した外科的手術戦略
    大谷直樹; 勝原隆道; 小林真人; 梶本隆太; 吉村相大; 山室俊; 角光一郎; 四條克倫; 吉野篤緒
    日本脳腫瘍の外科学会プログラム・抄録集, 2021年
  • 慢性硬膜下血腫における高齢者認知機能予後に及ぼす危険因子の解析
    豊岡輝繁; 竹内誠; 富山新太; 戸村哲; 大谷直樹; 加藤正高; 加藤正高; 祖母井龍; 小野健一郎; 有本裕彦; 加藤裕; 和田孝次郎; 森健太郎; 堀智勝
    日本老年脳神経外科学会プログラム・抄録集, 2020年
  • 外傷性脳損傷における神経系メディエーターの役割と関与~転帰予測におけるリン酸化ニューロフィラメントの有用性~
    大谷直樹; 木下学; 守本祐司; 緒方徹
    Shock, 2020年
  • 重症くも膜下出血患者に対する水素点滴投与及び脳槽内マグネシウム投与療法の有効性
    竹内誠; 豊岡輝繁; 大谷直樹; 和田孝次郎; 森健太郎
    脳血管攣縮, 2020年
  • 広範囲脳梗塞における側脳室非対称性の解析-脳浮腫増悪の予測因子となり得るか-
    竹内誠; 豊岡輝繁; 大谷直樹; 和田孝次郎
    日本脳神経CI学会総会プログラム・抄録集(Web), 2020年
  • 頭頂部深部病変に対する脳自重を利用したoccipital interhemispheric approachの有用性
    大谷直樹; 和田孝次朗; 森健太郎; 吉野篤緒
    日本脳腫瘍の外科学会プログラム・抄録集, 2020年
  • やっぱり深い神経外傷-中堅医師になってからの気付き-
    竹内誠; 豊岡輝繁; 大谷直樹; 和田孝次郎
    日本脳神経外傷学会プログラム・抄録集, 2020年
  • 軽症頭部外傷研究における動物モデル-CCI modelを中心に-
    大塚陽平; 竹内誠; 大谷直樹; 豊岡輝繁; 戸村哲; 和田孝次郎
    日本脳神経外傷学会プログラム・抄録集, 2020年
  • 外傷性視神経損傷に対する硬膜外視神経管開放術の実際と治療成績
    大谷直樹; 和田孝次郎; 豊岡輝繁; 竹内誠; 森健太郎
    日本脳神経外傷学会プログラム・抄録集, 2020年
  • 80歳以上症候性内頸動脈狭窄症にたいする頸動脈内膜剥離術の当院での治療成績とその特徴
    和田孝次郎; 大谷直樹; 豊岡輝繁; 竹内誠; 戸村哲; 富山新太; 小林達弥
    日本老年脳神経外科学会プログラム・抄録集, 2020年
  • 脳腫瘍栄養血管塞栓術後に片側性の一過性耳下腺腫脹を認めた一例
    梶本隆太; 須磨健; 今村元; 龍岡樹里; 小林真人; 勝原隆道; 平山貢基; 小林一太; 大谷直樹; 吉野篤緒
    脳血管内治療(Web), 2020年
  • 重症SAHに対する水素点滴投与及び脳槽内マグネシウム投与の有用性に関するRCT(中間報告)
    竹内誠; 熊谷光祐; 豊岡輝繁; 大谷直樹; 和田孝次郎; 森健太郎
    脳血管攣縮, 2019年
  • 外傷性脳損傷における神経系メディエーターの役割と関与
    大谷直樹
    Shock, 2019年
  • 軽微な外傷性外リンパ瘻でperilymphatic gusherの所見により髄液耳漏と診断した1例
    和田孝次郎; 大谷直樹; 豊岡輝繁; 竹内誠; 戸村哲; 富山新太; 小林達弥; 熊谷光祐; 森健太郎
    日本脳神経外傷学会プログラム・抄録集, 2019年
  • 頭部外傷データバンク【プロジェクト2015】を用いた機械学習による人工知能研究ことはじめ
    戸村哲; 戸村哲; 瀬野宗一郎; 佐藤浩; 白川智弘; 大谷直樹; 和田孝次郎; 森健太郎; 齋藤大蔵
    日本脳神経外傷学会プログラム・抄録集, 2019年
  • 頭蓋内圧亢進に対する外科的治療(外減圧,内減圧,髄液ドレナージ術)
    大谷直樹
    日本脳神経外傷学会プログラム・抄録集, 2019年
  • 軽症頭部外傷後の高次脳機能障害症例の検討-第1次,第2次全国調査の結果をふまえて-
    大谷直樹; 中瀬裕之; 井田正博; 河井信行; 平林秀治; 鈴木倫保
    日本脳神経外傷学会プログラム・抄録集, 2019年
  • 頭部銃創-画像診断のpointを中心に
    竹内誠; 豊岡輝繁; 大谷直樹; 和田孝次郎; 森健太郎
    日本脳神経外傷学会プログラム・抄録集, 2019年
  • 腫瘍内出血を合併した肝細胞癌を原発とする転移性脳腫瘍の2例
    土井一真; 松本崇; 竹内誠; 豊岡輝繁; 大谷直樹; 和田孝次郎; 森健太郎
    防衛医科大学校雑誌, 2019年
  • In Reply to "Intraparenchymal Brain Hemorrhage: "Birdlime" Effect Usefulness".
    Naoki Otani; Kentaro Mori
    World neurosurgery, 2018年12月
    筆頭著者
  • 頭部銃創-基本事項及び最新の知見
    竹内誠; 豊岡輝繁; 大谷直樹; 和田孝次郎; 森健太郎
    日本脳神経外傷学会プログラム・抄録集, 2018年
  • 外傷性高次脳機能障害の発生・診断・治療に関する文献的考察
    大谷直樹
    日本脳神経外傷学会プログラム・抄録集, 2018年
  • 外傷性脳損傷における血中リン酸化ニューロフィラメントの経時的推移と転帰予測への応用
    大谷直樹; 守本祐司; 木下学; 竹内誠; 豊岡輝繁; 和田孝次郎; 森健太郎; 緒方徹
    日本脳神経外傷学会プログラム・抄録集, 2018年
  • 脳ドックで発見された未破裂脳動脈瘤に対するKeyhole clippingの有用性:連続60例の検討
    竹内誠; 豊岡輝繁; 大谷直樹; 和田孝次郎; 森健太郎
    日本脳ドック学会総会プログラム・抄録集, 2018年
  • 慢性硬膜下血腫における認知機能障害とフレイル因子の解析
    豊岡輝繁; 和田孝次郎; 大谷直樹; 富山新太; 竹内誠; 熊谷光祐; 山本祐太郎; 土井一真; 美山真崇; 田邊宜昭; 遠藤あるむ; 森健太郎
    日本老年脳神経外科学会プログラム・抄録集, 2018年
  • くも膜下出血に伴うearly brain injury後の脳虚血脆弱性について-second impact theoryの検討-
    熊谷光祐; 藤井和也; 竹内誠; 豊岡輝繁; 富山新; 大谷直樹; 和田孝次郎; 森健太郎
    脳血管攣縮, 2018年
  • 重症くも膜下出血患者に対する水素点滴投与及び脳槽内マグネシウム投与の有用性に関するRCT-第2報-
    竹内誠; 熊谷光祐; 藤井和也; 豊岡輝繁; 富山新太; 戸村哲; 大谷直樹; 和田孝次郎; 森健太郎
    脳血管攣縮, 2018年
  • 転写因子STAT3を介した細胞内シグナルは高悪性度中枢性胚細胞腫の新規治療標的となり得る。
    富山新太; 富山新太; 内田栄太; 内田栄太; 佐々木重嘉; 佐々木重嘉; 小林達弥; 小林達弥; 小林達弥; 山室俊; 山室俊; 竹内誠; 豊岡輝繁; 大谷直樹; 和田孝次朗; 森健太郎; 市村幸一
    日本分子脳神経外科学会プログラム・抄録集, 2018年
  • 巨大静脈瘤を伴うmixed dural-pial AVMの1手術例
    藤井隆司; 大谷直樹; 土井一真; 美山真崇; 大塚陽平; 松本崇; 吉浦徹; 熊谷光祐; 藤井和也; 竹内誠; 豊岡輝繁; 和田孝次郎; 森健太郎
    防衛衛生, 2018年
  • アダプター分子SH2B1はGSK3Bを介した上皮間葉転換によってグリオーマの悪性化を制御する。
    富山新太; 富山新太; 山室俊; 山室俊; 内田栄太; 内田栄太; 小林達弥; 小林達弥; 小林達弥; 佐々木重嘉; 佐々木重嘉; 竹内誠; 豊岡輝繁; 大谷直樹; 和田孝次朗; 森健太郎; 市村幸一
    日本分子脳神経外科学会プログラム・抄録集, 2018年
  • 顔面神経root exit zoneより遠位部に責任血管による圧迫がみられた再発顔面痙攣の1手術例
    藤井隆司; 大谷直樹; 大塚陽平; 松本崇; 吉浦徹; 竹内誠; 豊岡輝繁; 和田孝次郎; 森健太郎
    防衛衛生, 2018年
  • 松果体部近傍の大型髄膜腫に対するmulti-staged/multi-directionalな外科的治療戦略
    大谷直樹; 森健太郎; 和田孝次郎; 豊岡輝繁; 竹内誠
    日本脳腫瘍の外科学会プログラム・抄録集, 2018年
  • 症候性小型転移性脳腫瘍に対する当院での外科的治療戦略とその成績
    土井一真; 大谷直樹; 竹内誠; 豊岡輝繁; 富山新太; 和田孝次郎; 森健太郎
    日本脳腫瘍の外科学会プログラム・抄録集, 2018年
  • Irrigation suction systemに統合した極細軟性内視鏡の脳外科顕微鏡手術への応用
    大谷直樹; 豊岡輝繁; 和田孝次郎; 森健太郎
    日本神経内視鏡学会プログラム・抄録集, 2018年
  • Modified Extradural Temporopolar Approach for Paraclinoid Aneurysms: Operative Nuance and Surgical Result.
    Naoki Otani; Terushige Toyooka; Satoru Takeuchi; Arata Tomiyama; Yasuaki Nakao; Takuji Yamamoto; Kojiro Wada; Kentaro Mori
    Acta neurochirurgica. Supplement, 2018年
    筆頭著者
  • 慢性硬膜下血腫術後経過の特徴-症例提示
    遠藤 あるむ; 豊岡 輝繁; 竹内 誠; 富山 新太; 大谷 直樹; 和田 孝次郎; 森 健太郎
    防衛衛生, 2017年12月, 査読無し, 通常論文
  • 慢性硬膜下血腫における高齢者認知機能予後に及ぼす危険因子の前向き研究
    竹内 誠; 豊岡 輝繁; 富山 新太; 大谷 直樹; 和田 孝次郎; 森 健太郎
    防衛衛生, 2017年12月, 査読無し, 通常論文
  • 高齢者破裂脳動脈瘤に対する開頭クリッピング術におけるmodified frailty index
    豊岡輝繁; 大谷直樹; 和田孝次郎; 富山新太; 戸村哲; 竹内誠; 藤井和也; 熊谷光祐; 山本祐太郎; 鈴木一幹; 吉浦徹; 大塚洋平; 松本崇; 藤井隆司; 土井一真; 美山真崇; 景山寛志; 都築伸介; 森健太郎
    日本老年脳神経外科学会プログラム・抄録集, 2017年
  • Frail indexにて評価した非フレイル高齢者の未破裂脳動脈瘤に対するkeyhole clipping術の有用性の検証
    森健太郎; 和田孝次郎; 大谷直樹; 富山新太; 豊岡輝繁; 竹内誠
    日本老年脳神経外科学会プログラム・抄録集, 2017年
  • ラットくも膜下出血モデルに対する飽和水素水静脈投与,およびマグネシウム脳槽灌流の併用療法の効果
    藤井和也; 竹内誠; 熊谷光佑; 和田孝次郎; 豊岡輝繁; 大谷直樹; 森健太郎
    脳血管攣縮, 2017年
  • 重症くも膜下出血患者に対する水素点滴投与及び脳槽内マグネシウム投与の有用性に関するランダム化比較試験
    熊谷光佑; 竹内誠; 藤井和也; 豊岡輝繁; 大谷直樹; 和田孝次郎; 森健太郎
    脳血管攣縮, 2017年
  • 脳ドックで発見された未破裂脳動脈瘤に対するkeyhole clippingの治療成績
    竹内誠; 豊岡輝繁; 富山新太; 大谷直樹; 和田孝次郎; 森健太郎
    日本脳ドック学会総会プログラム・抄録集, 2017年
  • 頭蓋頸椎移行部腹側に存在する破裂前脊髄動静脈瘻の1手術例
    大谷直樹; 大塚陽平; 松本崇; 藤井隆司; 竹内誠; 豊岡輝繁; 和田孝次郎; 森健太郎
    日本脊髄外科学会プログラム・抄録集, 2017年
  • 頭部銃創-診断,治療のPitfallを中心に-
    竹内誠; 熊谷光祐; 山本祐太朗; 豊岡輝繁; 富山新太; 大谷直樹; 和田孝次郎; 原田一樹; 金武潤; 森健太郎
    日本脳神経外傷学会プログラム・抄録集, 2017年
  • 頭部単独外傷群と多発外傷群における転帰の比較
    瀬野宗一郎; 瀬野宗一郎; 戸村哲; 吉村有矢; 吉村有矢; 東山大士; 寺山毅郎; 礒井直明; 吉澤大; 関根康雅; 関根康雅; 秋冨慎司; 秋冨慎司; 宮崎裕美; 豊岡輝繁; 大谷直樹; 和田孝次郎; 森健太郎; 田中良弘; 池内尚司; 齋藤大蔵; 齋藤大蔵
    日本脳神経外傷学会プログラム・抄録集, 2017年
  • 鞍上進展下垂体腺腫に対するsupraorbital keyhole craniotomyと経鼻内視鏡TSSによる同時合同手術
    豊岡輝繁; 大谷直樹; 和田孝次郎; 富山新太; 戸村哲; 竹内誠; 長田秀夫; 石井尚登; 森健太郎
    日本神経内視鏡学会プログラム・抄録集, 2017年
  • 脳室内鋳型血腫に対する硬性および軟性内視鏡を併用した血腫除去術
    吉浦徹; 豊岡輝繁; 大塚陽平; 松本崇; 藤井隆司; 大谷直樹; 和田孝次郎; 景山寛志; 都築伸介; 森健太郎
    日本神経内視鏡学会プログラム・抄録集, 2017年
  • 慢性硬膜下血腫の病態解明と治療上の問題点-膜の透過性の観点から-
    大谷直樹; 竹内誠; 豊岡輝繁; 和田孝次郎; 森健太郎
    日本脳神経外傷学会プログラム・抄録集, 2017年
  • 難治性髄液耳漏に対してintradural middle fossa approachにより硬膜修復を行い良好な経過を辿った一例
    美山真崇; 豊岡輝繁; 森健太郎; 和田孝次郎; 大谷直樹; 竹内誠; 戸村哲; 松本崇; 藤井隆司; 吉浦徹; 大塚陽平; 土井一馬
    日本脳神経外傷学会プログラム・抄録集, 2017年
  • 脳神経外科手術を要した頭部単独外傷群と多発外傷群における転帰の比較
    瀬野宗一郎; 瀬野宗一郎; 戸村哲; 戸村哲; 吉村有矢; 吉村有矢; 寺山毅郎; 礒井直明; 関根康雅; 関根康雅; 秋冨慎司; 秋冨慎司; 東山大士; 豊岡輝繁; 大谷直樹; 和田孝次郎; 森健太郎; 田中良弘; 池内尚司; 齋藤大蔵; 齋藤大蔵
    日本外傷学会抄録号, 2017年
  • 傍鞍部腫瘍に対するmodified extradural temporopolar approachを用いた手術戦略~より安全な硬膜外前床突起切除操作の工夫~
    大谷直樹; 豊岡輝繁; 和田孝次郎; 森健太郎
    日本脳腫瘍の外科学会プログラム・抄録集, 2017年
  • Birdlime“とりもち”techniqueを用いた神経血管減圧術の実際と基礎的接着力の基礎的検証
    大谷直樹; 豊岡輝繁; 和田孝次郎; 森健太郎
    日本脳神経減圧術学会プログラム・抄録集, 2017年
  • 非フレイル高齢者(70歳以上)の未破裂脳動脈瘤に対するkeyhole clipping術はうつ気分を改善する
    森健太郎; 和田孝次郎; 大谷直樹; 富山新太; 豊岡輝繁; 戸村哲; 藤井和也; 熊谷光佑; 山本拓史; 中尾保秋
    Geriatric Neurosurgery, 2017年
  • 高齢者(70歳以上)の未破裂脳動脈瘤患者に対するkeyhole clipping術はうつ気分を改善する
    森健太郎; 和田孝次郎; 大谷直樹; 富山新太; 豊岡輝繁
    日本老年脳神経外科学会プログラム・抄録集, 2016年
  • 脳室鋳型血腫に対する軟性内視鏡を用いた血腫除去術の検討
    豊岡輝繁; 土井一真; 藤井隆司; 松本崇; 大塚洋平; 吉浦徹; 美山真崇; 大谷直樹; 和田孝次郎; 森健太郎
    防衛衛生, 2016年
  • 急性期STA-MCAバイパス中,縫合部の血栓形成を繰り返した一例
    和田孝次郎; 土井一真; 美山真崇; 藤井隆司; 松本崇; 大塚洋平; 吉浦徹; 豊岡輝繁; 大谷直樹; 森健太郎
    防衛衛生, 2016年
  • ICPだけが重症頭部外傷のモニタリングではない
    土井一真; 美山真崇; 藤井隆司; 松本崇; 大塚洋平; 吉浦徹; 豊岡輝繁; 大谷直樹; 和田孝次郎; 森健太郎
    防衛衛生, 2016年
  • 一筋縄でいかなかった神経内視鏡的血腫除去術を施行した脳出血の一例
    美山真崇; 土井一真; 藤井隆司; 松本崇; 大塚洋平; 吉浦徹; 豊岡輝繁; 大谷直樹; 和田孝次郎; 森健太郎
    防衛衛生, 2016年
  • 大型下垂体腫瘍に対するSupraorbital keyhole craniotomyと経鼻内視鏡TSSによるcombined surgery
    豊岡輝繁; 石井尚登; 大谷直樹; 和田孝次郎; 富山新太; 戸村哲; 森健太郎
    日本神経内視鏡学会プログラム・抄録集, 2016年
  • EEF1A1-PLCG1シグナルはテモゾロミド耐性獲得グリオーマの新規治療ターゲットである
    富山新太; 山本祐太郎; 熊谷光佑; 藤井和也; 豊岡輝繁; 大谷直樹; 和田孝次郎; 森健太郎
    日本分子脳神経外科学会プログラム・抄録集, 2016年
  • 重症くも膜下出血患者に対する水素点滴投与及び脳槽内マグネシウム投与の有用性に関するランダム化比較試験
    竹内誠; 藤井和也; 長谷公洋; 戸村哲; 長田秀夫; 大谷直樹; 和田孝次郎; 森健太郎
    脳血管攣縮, 2016年
  • ラットくも膜下出血モデルに対する飽和水素水静脈投与,およびマグネシウム脳槽灌流の併用療法の効果
    藤井和也; 戸村哲; 和田孝次郎; 長田秀夫; 大谷直樹; 竹内誠; 長谷公洋; 井中康史; 西田翔; 森健太郎
    脳血管攣縮, 2016年
  • 外傷性視神経障害に対する経上眼窩裂経由による硬膜外視神経管開放術
    大谷直樹; 和田孝次郎; 西田翔; 井中康史; 田ノ上俊介; 藤井隆司; 松本崇; 大塚陽平; 熊谷光佑; 藤井和也; 上野秀明; 戸村哲; 富山新太; 豊岡輝繁; 森健太郎
    日本脳神経外傷学会プログラム・抄録集, 2016年
  • 神経血管減圧術におけるTachoSilとfibrin glueを用いたvessel transpositionの有用性
    大谷直樹; 豊岡輝繁; 和田孝次郎; 森健太郎
    日本脳神経減圧術学会プログラム・抄録集, 2016年
  • 転写因子Sp1は,テモゾロミド耐性獲得グリオーマの新規治療標的分子である。
    富山新太; 山本祐太郎; 熊谷光佑; 豊岡輝繁; 大谷直樹; 和田孝次朗; 森健太郎
    日本脳腫瘍学会プログラム・抄録集, 2016年
  • 転写因子Sp1は,テモゾロミド耐性獲得グリオーマの新規治療標的分子である
    富山新太; 山本祐太郎; 熊谷光佑; 藤井和也; 豊岡輝繁; 大谷直樹; 和田孝次郎; 森健太郎
    日本分子脳神経外科学会プログラム・抄録集, 2016年
  • 第2世代ALK阻害剤アレクチニブは,ALK活性非依存的かつ選択的にテモゾロミド抵抗性獲得グリオーマ細胞に細胞死を誘導する
    富山新太; 山本祐太郎; 熊谷光佑; 藤井和也; 豊岡輝繁; 大谷直樹; 和田孝次郎; 森健太郎
    日本分子脳神経外科学会プログラム・抄録集, 2016年
  • くも膜下出血並びに未破裂脳動脈瘤の操縦士に対する航空医学適性評価及び判定法試案
    高田邦夫; 竹内誠; 竹内誠; 中森貴俊; 大谷直樹; 森健太郎; 藤田真敬; 立花正一
    防衛医科大学校雑誌, 2016年
  • 傍鞍部脳腫瘍に対するextradural temporopolar approachを用いた外科的手術戦略
    大谷直樹; 豊岡輝繁; 藤井和也; 熊谷光佑; 松本崇; 大塚陽平; 藤井隆司; 富山新太; 和田孝次郎; 森健太郎
    日本脳腫瘍の外科学会プログラム・抄録集, 2016年
  • Retrograde Suction Decompression Through Direct Puncture of the Common Carotid Artery for Paraclinoid Aneurysm.
    Naoki Otani; Kojiro Wada; Terushige Toyooka; Kazuya Fujii; Hideaki Ueno; Satoshi Tomura; Arata Tomiyama; Yasuaki Nakao; Takuji Yamamoto; Kentaro Mori
    Acta neurochirurgica. Supplement, 2016年
    筆頭著者
  • Extradural Optic Canal Opening via Trans-superior Orbital Fissure Approach for Treatment of Traumatic Optic Nerve Injury
    Kentaro Mori; Hideaki Ueno; Naoki Otani; Satoshi Tomura; Kojiro Wada; Arata Tomiyama
    JOURNAL OF HEAD TRAUMA REHABILITATION, 2015年05月, 査読無し, 通常論文
  • 血管内留置型体温調節装置を用いて緩徐に復温しながら緊急開頭術を施行した低体温症合併重症頭部外傷の一例
    戸村哲; 戸村哲; 磯井直明; 西田翔; 大谷直樹; 長田秀夫; 和田孝次郎; 齋藤大蔵; 森健太郎
    日本脳神経外傷学会プログラム・抄録集, 2015年
  • 突然の不全片麻痺で急性発症し,脳梗塞が疑われた頚椎症の1手術例
    中川政弥; 大谷直樹; 井中康史; 西田翔; 藤井和也; 戸村哲; 豊岡輝繁; 和田孝次郎; 森健太郎
    防衛医科大学校雑誌, 2015年
  • マグネシウム脳槽潅流および水素水静脈内投与の併用療法がくも膜下出血モデルラットの脳圧等に及ぼす影響
    戸村哲; 藤井和也; 上野英明; 富山新太; 大谷直樹; 長田秀夫; 和田孝次郎; 森健太郎
    脳血管攣縮, 2015年
  • 中大脳動脈瘤に対するマルチプルクリッピング術の実際 1
    大塚陽平; 和田孝次郎; 森健太郎; 大谷直樹; 豊岡輝繁; 富山新太; 上野英明; 井中康史; 西田翔; 松本崇; 藤井隆司; 吉浦徹; 藤井和也; 熊谷光祐
    防衛衛生, 2015年
  • 中大脳動脈瘤に対するマルチプルクリッピング術の実際 2
    松本崇; 和田孝次郎; 森健太郎; 大谷直樹; 豊岡輝繁; 富山新太; 上野英明; 井中康史; 西田翔; 大塚陽平; 藤井隆司; 吉浦徹; 藤井和也; 熊谷光祐
    防衛衛生, 2015年
  • 脳動脈瘤clipping術の新たな方法論-Multiple clippingを中心に-
    森健太郎; 和田孝次郎; 大谷直樹; 豊岡輝繁; 富山新太; 上野英明; 井中康史; 西田翔; 松本崇; 藤井隆司; 大塚陽平; 吉浦徹; 藤井和也; 熊谷光祐
    防衛衛生, 2015年
  • 傍前床突起部内頚動脈瘤に対するマルチプルクリッピング術の実際
    和田孝次郎; 森健太郎; 大谷直樹; 豊岡輝繁; 富山新太; 上野英明; 井中康史; 西田翔; 松本崇; 藤井隆司; 大塚陽平; 吉浦徹; 藤井和也; 熊谷光祐
    防衛衛生, 2015年
  • 前交通動脈瘤に対するマルチプルクリッピング術の実際
    熊谷光祐; 和田孝次郎; 森健太郎; 大谷直樹; 豊岡輝繁; 富山新太; 上野英明; 井中康史; 西田翔; 大塚陽平; 松本崇; 藤井隆司; 吉浦徹; 藤井和也
    防衛衛生, 2015年
  • テモゾロミド耐性グリオーマにおける局所浸潤時のinvadosome形成亢進メカニズムの検討
    上野英明; 富山新太; 井中康史; 西田翔; 藤井和也; 豊岡輝繁; 大谷直樹; 和田孝次郎; 森健太郎
    日本脳腫瘍学会プログラム・抄録集, 2015年
  • EEF1A1結合分子であるPLCG1はテモゾロミド耐性化gliomaに対する新規治療標的である
    富山新太; 上野英明; 井中康史; 西田翔; 藤井和也; 豊岡輝繁; 大谷直樹; 和田孝次郎; 森健太郎
    日本脳腫瘍学会プログラム・抄録集, 2015年
  • 浅側頭動脈を用いた頭蓋内血行再建術後頭皮創トラブルに対する高気圧酸素療法の効果
    和田孝次郎; 大谷直樹; 市川直紀
    日本高気圧環境・潜水医学会雑誌, 2015年
  • 外傷性視神経損傷に対する硬膜外視神経管開放術の有用性
    大谷直樹; 和田孝次郎; 西田翔; 井中康史; 藤井和也; 上野秀明; 戸村哲; 富山新太; 長田秀夫; 森健健太郎
    日本脳神経外傷学会プログラム・抄録集, 2015年
  • 鑑別診断を要した慢性頭痛と難治性頭痛の3例
    長田 秀夫; 和田 孝次郎; 大谷 直樹; 戸村 哲; 富山 新太; 上野 英明; 竹内 誠; 長谷 公洋; 藤井 和也; 森 健太郎
    日本頭痛学会誌, 2014年11月, 査読無し, 通常論文
  • 突発性の頭痛、嘔吐で発症した比較的稀な二次性頭痛の2例
    長田 秀夫; 和田 孝次郎; 大谷 直樹; 戸村 哲; 富山 新太; 上野 英明; 竹内 誠; 長谷 公洋; 藤井 和也; 森 健太郎
    日本頭痛学会誌, 2014年11月, 査読無し, 通常論文
  • 視神経管減圧術にて視力の改善を認めた外傷性視神経障害の1例
    西田翔; 大谷直樹; 井中康史; 森永祐介; 木村尚平; 上野英明; 富山新太; 戸村哲; 長田秀夫; 和田孝次郎; 森健太郎
    防衛衛生, 2014年
  • 受傷15年後に増大した中大脳動脈末梢部外傷性大型脳動脈瘤の1手術例
    戸村哲; 大谷直樹; 井中康史; 木村尚平; 長田秀夫; 和田孝次郎; 森健太郎
    日本脳神経外傷学会プログラム・抄録集, 2014年
  • 眼窩と視神経管減圧術にて視力の改善を認めた外傷性視神経損傷の1例
    西田翔; 大谷直樹; 井中康史; 森永裕介; 木村尚平; 上野英明; 富山新太; 戸村哲; 長田秀夫; 和田孝次郎; 森健太郎
    日本脳神経外傷学会プログラム・抄録集, 2014年
  • 受傷機転不明で蝶形骨粉砕骨折を伴った重症頭部外傷の1手術例
    井中康史; 戸村哲; 大谷直樹; 長田秀夫; 和田孝次郎; 森健太郎
    日本脳神経外傷学会プログラム・抄録集, 2014年
  • マウス凍結脳損傷モデルに対する水素ガス吸入投与の効果
    戸村哲; 小林弘明; 大谷直樹; 長田秀夫; 和田孝次郎; 森健太郎
    日本脳神経外傷学会プログラム・抄録集, 2014年
  • マグネシウム溶液脳槽内投与および水素水静脈内投与の併用療法がラットの生理的パラメーターに及ぼす影響について
    戸村哲; 藤井和也; 上野英明; 富山新太; 大谷直樹; 長田秀夫; 和田孝次郎; 森健太郎
    防衛医科大学校雑誌, 2014年
  • 椎骨動脈が責任血管と考えられた顔面けいれんに対するFar lateral approachによる神経血管減圧術
    和田孝次郎; 森健太郎; 大谷直樹; 西田翔; 井中康史; 上野英明; 富山新太; 戸村哲; 長田秀夫; 藤井和也
    防衛衛生, 2014年
  • 破裂中大脳動脈瘤による血腫型重症くも膜下出血に対する外減圧術を併用した当院における治療成績
    美山真嵩; 大谷直樹; 井中康史; 西田翔; 熊谷光佑; 藤井和也; 戸村哲; 長田秀夫; 和田孝次郎; 森健太郎
    防衛医科大学校雑誌, 2014年
  • 深部機能画像診断のための光音響画像化技術の有用性検証 光音響画像の脳神経外科応用に関する基礎~臨床検討
    平沢壮; 大谷直樹; 藤田真敬
    深部機能画像診断のための光音響画像化技術の有用性検証 平成23-25年度 総合研究報告書, 2014年
  • 固着を軽減したポリウレタンラミネート加工綿片を利用した海綿静脈洞よりの止血
    和田孝次郎; 長田秀夫; 大谷直樹; 富山新太; 上野英明; 藤井和也; 森健太郎
    防衛衛生, 2014年
  • 安全に硬膜外前床突起を除去するためのコツ
    森健太郎; 井中康史; 西田翔; 森永祐介; 木村尚平; 上野英明; 富山新太; 戸村哲; 大谷直樹; 長田秀夫; 和田孝次郎
    防衛衛生, 2014年
  • 前床突起周囲の解剖とカダバーを用いた検討
    井中康史; 大谷直樹; 西田翔; 森永祐介; 木村尚平; 上野英明; 富山新太; 戸村哲; 長田秀夫; 和田孝次郎; 森健太郎
    防衛衛生, 2014年
  • Combined trans-mastoid, trans-sigmoid and trans-condylar approachを用いて全摘出しえた斜台部髄膜腫の1例
    西田翔; 藤井和也; 大谷直樹; 井中康史; 上野英明; 富山新太; 戸村哲; 長田秀夫; 和田孝次郎; 森健太郎
    防衛衛生, 2014年
  • 頭蓋底外科アプローチによる後頭蓋窩侵入法
    森健太郎; 和田孝次郎; 大谷直樹; 井中康史; 上野英明; 富山新太; 戸村哲; 長田秀夫; 藤井和也; 西田翔
    防衛衛生, 2014年
  • HIV関連原発性脳悪性リンパ腫に対する高用量MTX療法の経験と文献的考察
    布山智恵; 加藤章一郎; 井中康史; 石原昌志; 前田卓哉; 藤倉雄二; 大谷直樹; 佐藤謙; 森健太郎; 木村文彦; 川名明彦
    防衛衛生, 2014年
  • テモゾロミド耐性獲得グリオーマ細胞株の細胞外基質分解能亢進のメカニズムの検討
    上野英明; 富山新太; 大谷直樹; 長田秀夫; 戸村哲; 和田孝次郎; 森健太郎
    日本脳腫瘍学会プログラム・抄録集, 2014年
  • mTOR下流分子を標的としたテモゾロミド耐性獲得グリオーマに対する新規治療法の開発
    富山新太; 上野英明; 戸村哲; 大谷直樹; 長田秀夫; 和田孝次郎; 森健太郎
    日本脳腫瘍学会プログラム・抄録集, 2014年
  • Trans-condylar and trans-hypoglossal canal approachによって全摘出できたforamen magnum meningiomaの一手術例
    藤井和也; 井中康史; 大谷直樹; 西田翔; 上野英明; 富山新太; 戸村哲; 長田秀夫; 和田孝次郎; 森健太郎
    防衛衛生, 2014年
  • 深部機能画像診断のための光音響画像化技術の有用性検証 光音響画像の脳外科応用に関する基礎~臨床検討
    平沢壮; 大谷直樹
    深部機能画像診断のための光音響画像化技術の有用性検証 平成25年度 総括・分担研究報告書, 2014年
  • 超音波凝固切開装置(ハーモニックスカルペル)を用いた頸動脈内膜切除術の安全性と有用性
    和田孝次郎; 熊谷光裕; 大谷直樹; 長田秀夫; 富山新太; 戸村哲; 上野英明; 竹内誠; 長谷公洋; 藤井和也; 森健太郎
    Neurosonology, 2014年
  • Extradural temporopolar approachを用いた傍鞍部腫瘍に対する手術-20例の経験と固有硬膜の組織学的検討-
    大谷直樹; 和田孝次郎; 長田秀夫; 富山新太; 小林靖; 森健太郎
    日本脳腫瘍の外科学会プログラム・抄録集, 2014年
  • 深部転移性脳腫瘍手術の工夫-クリアーチューブレトラクターを用いた”内から外”を意識した腫瘍摘出
    長田秀夫; 長谷公洋; 和田孝次郎; 大谷直樹; 戸村哲; 富山新太; 上野英明; 竹内誠; 藤井和也; 森健太郎
    日本脳腫瘍の外科学会プログラム・抄録集, 2014年
  • 脳室腹腔短絡術後,腹側シャント感染をおこしたため脳室心房短絡術を施行した1例
    松本崇; 竹内誠; 熊谷光祐; 榊原史啓; 長谷公洋; 小林弘明; 大谷直樹; 長田秀夫; 鈴木隆元; 和田孝次郎; 森健太郎
    防衛衛生, 2013年
  • 両側ACAのnon-ruptured kissing aneurysmに対しbypassを併用し開頭クリッピング術を施行した1例
    森永裕介; 熊谷光祐; 瀬野宗一郎; 榊原史啓; 長谷公洋; 竹内誠; 小林弘明; 大谷直樹; 長田秀夫; 鈴木隆元; 和田孝次郎; 森健太郎
    防衛衛生, 2013年
  • 潰瘍性大腸炎に合併した脳静脈洞血栓症の一例
    松本崇; 瀬野宗一郎; 和田孝次郎; 竹内誠; 大谷直樹; 長田秀夫; 鈴木隆元; 丸田紘史; 穂刈量太; 森健太郎
    防衛医科大学校雑誌, 2013年
  • 著明なくも膜下出血を伴わない被殻出血で発症した破裂内頸動脈瘤の1例
    吉浦徹; 竹内誠; 瀬野宗一郎; 榊原史啓; 熊谷光祐; 大谷直樹; 長田秀夫; 鈴木隆元; 和田孝次郎; 森健太郎
    防衛医科大学校雑誌, 2013年
  • よくみられる精神疾患 M 外傷 慢性硬膜下血腫
    大谷直樹
    日本医師会雑誌, 2013年
  • 深部機能画像診断のための光音響画像化技術の有用性検証 光音響画像の脳外科応用に関する基礎~臨床検討
    大谷直樹; 平沢壮
    深部機能画像診断のための光音響画像化技術の有用性検証 平成24年度 総括・分担研究報告書, 2013年
  • 経静脈的血栓溶解療法後緊急STA-MCAバイパス術の安全性の検討
    大谷直樹; 和田孝次郎; 有本裕彦; 大川英徳; 長谷公洋; 竹内誠; 戸村哲; 長田秀夫; 鈴木隆元; 森健太郎
    日本脳神経外科救急学会プログラム・抄録集, 2013年
  • 抗high mobility group box-1(HMGB1)抗体の頭部外傷モデルにおける神経保護効果の可能性
    大熊佑; 劉克約; 春間純; 戸村哲; 大谷直樹; 島克司; 高橋英夫; 森秀治; 西堀正洋; 伊達勲
    日本脳神経外科救急学会プログラム・抄録集, 2013年
  • Occipital interhemispheric approachにて摘出した中1/3falx meningiomaの2例
    吉浦徹; 木村尚平; 森永裕介; 熊谷光祐; 瀬野宗一郎; 榊原史啓; 長谷公洋; 竹内誠; 小林弘明; 大谷直樹; 長田秀夫; 鈴木隆元; 和田孝次郎; 森健太郎
    防衛衛生, 2013年
  • 巨大下垂体腺腫に対してCombined inter-hemispheric approach and TSSを行った1例
    木村尚平; 森永裕介; 熊谷光祐; 瀬野宗一郎; 榊原史啓; 長谷公洋; 竹内誠; 小林弘明; 大谷直樹; 長田秀夫; 鈴木隆元; 和田孝次郎; 森健太郎
    防衛衛生, 2013年
  • 受傷機転不明で蝶形骨粉砕骨折を伴った経眼窩的穿通性頭部外傷の一手術例
    大塚陽平; 戸村哲; 大谷直樹; 長田秀夫; 和田孝次郎; 森健太郎
    日本神経救急学会雑誌, 2013年
  • 超音波凝固切開装置を用いた頸動脈内膜剥離術の安全性
    和田孝次郎; 森健太郎; 大谷直樹; 長田秀夫; 戸村哲; 竹内誠; 長谷公洋
    Neurosonology, 2013年
  • カダバーを用いたretromandibular space確保の検討
    長田秀夫; 大谷直樹; 鈴木隆元; 小林弘明; 竹内誠; 長谷公洋; 森健太郎
    防衛衛生, 2013年
  • Evaluation of the stage of hemorrhage using optical diffuse reflectance spectroscopy: an in vivo study.
    Satoru Takeuchi; Satoko Kawauchi; Shunichi Sato; Hiroshi Nawashiro; Kimihiro Nagatani; Hiroaki Kobayashi; Naoki Otani; Hideo Osada; Kojiro Wada; Katsuji Shima
    Acta neurochirurgica. Supplement, 2013年
  • The effect of hydrogen gas on a mouse bilateral common carotid artery occlusion.
    Kimihiro Nagatani; Satoru Takeuchi; Hiroaki Kobayashi; Naoki Otani; Kojiro Wada; Masanori Fujita; Hiroshi Nawashiro; Shoichi Tachibana; Katsuji Shima
    Acta neurochirurgica. Supplement, 2013年
  • A better mild traumatic brain injury model in the rat.
    Satoru Takeuchi; Hiroshi Nawashiro; Shunichi Sato; Satoko Kawauchi; Kimihiro Nagatani; Hiroaki Kobayashi; Naoki Otani; Hideo Osada; Kojiro Wada; Katsuji Shima
    Acta neurochirurgica. Supplement, 2013年
  • Adiponectin and traumatic brain injury.
    Satoru Takeuchi; Kojiro Wada; Hiroshi Nawashiro; Yoichi Uozumi; Naoki Otani; Hideo Osada; Kimihiro Nagatani; Hiroaki Kobayashi; Takamoto Suzuki; Katsuji Shima
    Acta neurochirurgica. Supplement, 2013年
  • Traumatic hematoma of the posterior fossa.
    Satoru Takeuchi; Kojiro Wada; Yoshio Takasato; Hiroyuki Masaoka; Takanori Hayakawa; Hiroshi Yatsushige; Keigo Shigeta; Toshiya Momose; Naoki Otani; Hiroshi Nawashiro; Katsuji Shima
    Acta neurochirurgica. Supplement, 2013年
  • Traumatic basal ganglia hematomas: an analysis of 20 cases.
    Satoru Takeuchi; Yoshio Takasato; Hiroyuki Masaoka; Takanori Hayakawa; Hiroshi Yatsushige; Keigo Shigeta; Naoki Otani; Kojiro Wada; Hiroshi Nawashiro; Katsuji Shima
    Acta neurochirurgica. Supplement, 2013年
  • Subacute subdural hematoma.
    Satoru Takeuchi; Yoshio Takasato; Naoki Otani; Hiroki Miyawaki; Hiroyuki Masaoka; Takanori Hayakawa; Hiroshi Yatsushige; Keigo Shigeta
    Acta neurochirurgica. Supplement, 2013年
  • Cerebrospinal fluid congestion in the perioptic space.
    Satoru Takeuchi; Hiroshi Nawashiro; Kojiro Wada; Hideo Osada; Naoki Otani; Kimihiro Nagatani; Hiroaki Kobayashi; Takamoto Suzuki; Katsuji Shima
    Acta neurochirurgica. Supplement, 2013年
  • Computed tomography after decompressive craniectomy for head injury.
    Satoru Takeuchi; Yoshio Takasato; Go Suzuki; Takuya Maeda; Hiroyuki Masaoka; Takanori Hayakawa; Naoki Otani; Hiroshi Yatsushige; Keigo Shigeta; Toshiya Momose
    Acta neurochirurgica. Supplement, 2013年
  • Surgical results after primary decompressive craniectomy in poor-grade aneurysmal subarachnoid hemorrhage.
    Naoki Otani; Hiroshi Nawashiro; Kojiro Wada; Kimihiro Nagatani; Satoru Takeuchi; Hiroaki Kobayashi; Hideo Osada; Takamoto Suzuki; Katsuji Shima
    Acta neurochirurgica. Supplement, 2013年
    筆頭著者
  • Decompressive craniectomy with hematoma evacuation for large hemispheric hypertensive intracerebral hemorrhage.
    Satoru Takeuchi; Yoshio Takasato; Hiroyuki Masaoka; Takanori Hayakawa; Hiroshi Yatsushige; Keigo Shigeta; Kimihiro Nagatani; Naoki Otani; Hiroshi Nawashiro; Katsuji Shima
    Acta neurochirurgica. Supplement, 2013年
  • Is decompressive craniectomy a risk factor for ventriculomegaly?
    Satoru Takeuchi; Kimihiro Nagatani; Kojiro Wada; Hiroshi Nawashiro; Naoki Otani; Hideo Osada; Hiroaki Kobayashi; Takamoto Suzuki; Katsuji Shima
    Acta neurochirurgica. Supplement, 2013年
  • A suitable formula for estimating the volume gained by decompressive craniectomy in malignant hemispheric infarction.
    Kimihiro Nagatani; Kojiro Wada; Satoru Takeuchi; Hiroaki Kobayashi; Terushige Toyooka; Naoki Otani; Hideo Osada; Takamoto Suzuki; Hiroshi Nawashiro; Katsuji Shima
    Acta neurochirurgica. Supplement, 2013年
  • Hydrocephalus following decompressive craniectomy for ischemic stroke.
    Satoru Takeuchi; Yoshio Takasato; Hiroyuki Masaoka; Takanori Hayakawa; Hiroshi Yatsushige; Keigo Shigeta; Kimihiro Nagatani; Naoki Otani; Kojiro Wada; Hiroshi Nawashiro; Katsuji Shima
    Acta neurochirurgica. Supplement, 2013年
  • Magnesium for aneurysmal subarachnoid haemorrhage.
    Satoru Takeuchi; Kojiro Wada; Kimihiro Nagatani; Naoki Otani; Kentaro Mori
    Lancet (London, England), 2012年10月20日
  • 頭蓋咽頭腫を伴った前大脳動脈解離の1例
    熊谷光祐; 和田孝次郎; 竹内誠; 榊原史啓; 長谷公洋; 小林弘明; 大谷直樹; 長田秀夫; 鈴木隆元; 苗代弘; 島克司
    防衛衛生, 2012年
  • マウス前脳虚血再灌流障害モデルにおける水素ガス吸入療法の有効性について
    長谷公洋; 和田孝次郎; 竹内誠; 小林弘明; 大谷直樹; 苗代弘; 島克司
    防衛衛生, 2012年
  • 同側頸部内頸動脈瘤解離を合併した傍鞍部内頸動脈瘤の1手術例
    村上和香奈; 和田孝次郎; 竹内誠; 榊原史啓; 長谷公洋; 小林弘明; 大谷直樹; 長田秀夫; 鈴木隆元; 苗代弘; 島克司
    防衛衛生, 2012年
  • 回転性めまいで発症した小脳橋角部海綿状血管腫
    西田翔; 長谷公洋; 榊原史啓; 瀬野宗一郎; 竹内誠; 小林弘明; 大谷直樹; 和田孝次郎; 苗代弘; 島克司
    防衛衛生, 2012年
  • IDH1 point mutationとその代謝産物2-hydroxyglutarate検出の試み
    南村鎌三; 南村鎌三; 苗代弘; 和田孝次郎; 竹内誠; 長田秀夫; 大谷直樹; 鈴木隆元; 岩屋啓一; 島崎英幸; 松原修; 島克司; 中井完治; 新本弘; 吉原信幸; 加地辰美
    防衛衛生, 2012年
  • 遅発性に血腫増大を認めた小脳挫傷の1例
    村上和香奈; 竹内誠; 大谷直樹; 瀬野宗一郎; 榊原史啓; 長田秀夫; 鈴木隆元; 和田孝次郎; 苗代弘; 島克司
    防衛医科大学校雑誌, 2012年
  • 中大脳動脈形成不全に伴う異常血管吻合部に発生した破裂動脈瘤の1手術例
    榊原史啓; 大谷直樹; 和田孝次郎; 竹内誠; 長田秀夫; 鈴木隆元; 苗代弘; 島克司
    日本脳神経外科救急学会プログラム・抄録集, 2012年
  • 外傷性頭蓋内血腫の厚さの評価における注意点
    竹内誠; 和田孝次郎; 熊谷光祐; 榊原史啓; 瀬野総一郎; 長谷公洋; 大谷直樹; 長田秀夫; 苗代弘; 島克司
    日本脳神経外科救急学会プログラム・抄録集, 2012年
  • 転送までに時間を要した特発性脊髄硬膜外血腫の1例
    熊谷光祐; 和田孝次郎; 榊原史啓; 竹内誠; 瀬野総一郎; 大谷直樹; 長田秀夫; 鈴木隆元; 苗代弘; 島克司
    日本脳神経外科救急学会プログラム・抄録集, 2012年
  • 前頭蓋底骨折における難治性髓液漏に対するリン酸カルシウムペーストを用いた修復術
    長谷公洋; 苗代弘; 長田秀夫; 和田孝次郎; 鈴木隆元; 大谷直樹; 小林弘明; 竹内誠; 島克司
    日本脳神経外科救急学会プログラム・抄録集, 2012年
  • 脳腫瘍周囲組織のT2マッピング解析-神経膠芽腫と転移性脳腫瘍との違い-
    中井完治; 苗代弘; 大谷直樹; 島克司; 加地辰美
    日本神経放射線学会プログラム・抄録集, 2012年
  • マウスcold injuryに対する水素ガス吸入の効果
    小林弘明; 大谷直樹; 長谷公洋; 竹内誠; 和田孝次郎; 苗代弘; 島克司; 鈴木信哉; 上野山真紀
    日本脳神経外傷学会プログラム・抄録集, 2012年
  • 脳脊髄液減少症に対する血液凝固第X III因子製剤治療
    長谷公洋; 竹内誠; 小林弘明; 大谷直樹; 長田秀夫; 鈴木隆元; 和田孝次郎; 苗代弘; 島克司
    日本脳神経外傷学会プログラム・抄録集, 2012年
  • 急性脳ヘルニアを来したChordoid meningiomaの1例
    榊原史啓; 大谷直樹; 藤井和也; 竹内誠; 和田孝次郎; 長田秀夫; 鈴木隆元; 森健太郎; 島崎英幸; 前川和也
    防衛医科大学校雑誌, 2012年
  • フソバクテリウム属菌感染による脳膿瘍の1手術例
    瀬野宗一郎; 大谷直樹; 竹内誠; 熊谷光佑; 安部紘生; 榊原史啓; 長田秀夫; 鈴木隆元; 和田孝次郎; 森健太郎
    防衛医科大学校雑誌, 2012年
  • 深部機能画像診断のための光音響画像化技術の有用性検証 光音響画像化技術の脳神経外科応用に向けた基礎実験
    平沢壮; 大谷直樹; 藤田真敬
    深部機能画像診断のための光音響画像化技術の有用性検証 平成23年度 総括・分担研究報告書, 2012年
  • Menkes病患児に発生した後頭蓋窩急性硬膜外血腫の1例
    竹内誠; 和田孝次郎; 苗代弘; 長谷公洋; 小林弘明; 大谷直樹; 長田秀夫; 鈴木隆元; 島克司
    日本脳神経外傷学会プログラム・抄録集, 2012年
  • 超極薄膜ナノシートの外科手術用創傷被覆材としての応用
    木下学; 藤枝俊宣; 萩沢康介; 大谷直樹; 松谷哲行; 宮崎裕美; 斎藤晃広; 藤野啓一; 小野聡; 齊藤大蔵; 長谷和夫; 関修司; 武岡真司
    日本外科学会雑誌, 2012年
  • 低ABCD2スコアにもかかわらず緊急治療を要したTIA発症解離性脳動脈瘤の一例
    和田孝次郎; 苗代弘; 竹内誠; 長谷公洋; 小林弘明; 長田秀夫; 大谷直樹; 鈴木隆元; 島克司
    日本脳神経外科救急学会プログラム・抄録集, 2012年
  • 上眼窩裂部側頭葉硬膜分離による前床突起削除法の成績
    和田孝次郎; 苗代弘; 有本裕彦; 大谷直樹; 長田秀夫; 小林弘明; 竹内誠; 長谷公洋; 島克司
    防衛衛生, 2012年
  • 深部機能画像診断のための光音響画像化技術の有用性検証 血行再建術における光音響技術の有効性の検証
    大谷直樹; 池脇克則
    深部機能画像診断のための光音響画像化技術の有用性検証 平成23年度 総括・分担研究報告書, 2012年
  • Surgical management of spheno-orbital meningiomas.
    Kimihiro Nagatani; Satoru Takeuchi; Naoki Otani; Hiroshi Nawashiro
    Acta neurochirurgica, 2011年07月
  • PRES after spinal anesthesia.
    Satoru Takeuchi; Kimihiro Nagatani; Naoki Otani; Hiroshi Nawashiro
    The journal of headache and pain, 2011年06月
  • Hypothermia in patients with brain injury: the way forward?
    Satoru Takeuchi; Hiroshi Nawashiro; Naoki Otani
    The Lancet. Neurology, 2011年05月
  • けいれん重積発作にて発症した椎骨脳底動脈閉塞5症例の検討
    大谷直樹; 高里良男; 正岡博幸; 早川隆宣; 八ツ繁寛; 竹内誠; 都築伸介; 苗代弘; 島克司
    日本脳神経外科救急学会プログラム・抄録集, 2011年
  • 脳ヘルニアによる急性発症を来たした蝶形骨縁髄膜腫の2症例
    榊原史啓; 苗代弘; 大谷直樹; 瀬野宗一郎; 藤井和也; 南村鎌三; 長田秀夫; 鈴木隆元; 都築伸介; 島克司
    日本脳神経外科救急学会プログラム・抄録集, 2011年
  • 外傷性後頭蓋窩硬膜下血腫症例の検討
    竹内誠; 大谷直樹; 長田秀夫; 苗代弘; 早川隆宣; 正岡博幸; 高里良男; 島克司
    日本脳神経外傷学会プログラム・抄録集, 2011年
  • マウスcold injuryに対する水素ガス吸入の効果
    小林弘明; 大谷直樹; 長谷公洋; 竹内誠; 苗代弘; 島克司; 鈴木信哉; 上野山真紀
    日本脳神経外傷学会プログラム・抄録集, 2011年
  • 骨折に伴う静脈性出血により血腫増大を来した小児急性硬膜外血腫の2手術例
    西田翔; 苗代弘; 大谷直樹; 榊原史啓; 瀬野宗一郎; 南村鎌三; 藤井和也; 長田秀夫; 鈴木隆元; 都築伸介; 島克司
    防衛医科大学校雑誌, 2011年
  • 中頭蓋窩くも膜嚢胞を併存し,軽微な外傷を契機に生じた小児急性硬膜下血腫の1手術症例
    瀬野宗一郎; 大谷直樹; 南村鎌三; 榊原史啓; 藤井和也; 長田秀夫; 鈴木隆元; 都築伸介; 苗代弘; 島克司
    防衛医科大学校雑誌, 2011年
  • 当院における広範囲脳梗塞の減圧開頭術の治療成績
    井中康史; 苗代弘; 大谷直樹; 南村鎌三; 藤井和也; 榊原史啓; 瀬野宗一郎; 長田秀夫; 鈴木隆元; 都築伸介; 島克司
    防衛医科大学校雑誌, 2011年
  • 光音響技術を利用した選択的イメージングの動物モデルによる検証
    平沢壮; 石原美弥; 藤田真敬; 北垣学; 大谷直樹; 堀口明男; 菊地眞
    日本レーザー医学会誌, 2011年
  • 右鎖骨下動脈狭窄・閉塞に対するステント留置術の2例
    中井完治; 都築伸介; 南村鎌三; 瀬野宗一郎; 大谷直樹; 堀川雅弘; 加地辰美
    Journal of Neuroendovascular Therapy, 2011年
  • 若手脳神経外科医に対するラットを用いた顕微鏡下血管吻合トレーニング法 Part2:深部血管吻合訓練の実際
    大谷直樹; 苗代弘; 長谷公洋; 竹内誠; 小林弘明; 長田秀夫; 鈴木隆元; 和田孝次郎; 島克司
    防衛医科大学校雑誌, 2011年
  • MASCISデバイスを用いたマウス脊髄損傷モデル
    小林弘明; 戸村哲; 魚住洋一; 大角篤司; 大谷直樹; 長田秀夫; 鈴木隆元; 都築伸介; 苗代弘; 島克司
    日本脳神経外傷学会プログラム・抄録集, 2010年
  • 経鼻的下垂体腫瘍摘出術における新しいイリゲーション吸引装置(液面加圧式)の使用経験
    長田秀夫; 苗代弘; 南村鎌三; 藤井和也; 大谷直樹; 鈴木隆元; 都築伸介; 島克司
    日本間脳下垂体腫瘍学会プログラム・抄録集, 2010年
  • 海綿静脈洞腫瘍性病変に対する経鼻経蝶形骨洞的アプローチ
    南村鎌三; 苗代弘; 長田秀夫; 大谷直樹; 鈴木隆元; 都築伸介; 島克司
    日本脳腫瘍の外科学会プログラム・抄録集, 2010年
  • 回転性めまいで発症した出血型脳幹部海綿状血管腫の2症例
    藤井和也; 大谷直樹; 南村鎌三; 大角篤司; 長田秀夫; 鈴木隆元; 都築伸介; 苗代弘; 島克司; 中井完治
    日本脳神経外科救急学会プログラム・抄録集, 2010年
  • 若手脳神経外科医に対するラットを用いた顕微鏡下血管吻合トレーニング法:準備,基本,血管剥離と血管吻合の実際
    大谷直樹; 苗代弘; 都築伸介; 小林弘明; 魚住洋一; 戸村哲; 大角篤司; 長田秀夫; 鈴木隆元; 島克司
    防衛医科大学校雑誌, 2010年
  • 高分子超薄膜(ナノシート)による下大静脈裂傷性止血の制御
    萩沢康介; 木下学; 藤枝俊宣; 斎藤晃広; 大谷直樹; 庄野聡; 武岡真司; 宮崎裕美; 小野聡; 斎藤大蔵; 北垣学; 松下芳太郎
    日本腹部救急医学会雑誌, 2010年
  • リン酸カルシウム骨ペーストによる頭蓋底の再建:髄液漏防止の最後の砦
    森永祐介; 苗代弘; 南村鎌三; 藤井和也; 長田秀夫; 大谷直樹; 鈴木隆元; 都築伸介; 島克司
    防衛衛生, 2010年
  • 鬱病と診断加療され,後に緊急手術を要した脳腫瘍3例
    長田秀夫; 藤井和也; 大谷直樹; 都築伸介; 南村鎌三; 鈴木隆元; 苗代弘; 島克司
    日本脳神経外科救急学会プログラム・抄録集, 2010年
  • 悪性転化に伴い,急速増大を来たしたanaplastic hemangiopericytomaの1例
    南村鎌三; 大谷直樹; 藤井和也; 長田秀夫; 鈴木隆元; 都築伸介; 苗代弘; 島克司
    防衛衛生, 2010年
  • 完全無剃毛手術の方法・有用性について
    藤井和也; 都築伸介; 南村鎌三; 長田秀夫; 大谷直樹; 鈴木隆元; 苗代弘; 島克司
    防衛衛生, 2010年
  • ラット頭部外傷後の外減圧術モデルにおける脳浮腫とaquaporin-4の発現
    戸村哲; 魚住洋一; 豊岡輝繁; 小林弘明; 大角篤司; 大谷直樹; 苗代弘; 島克司
    日本脳神経外傷学会プログラム・抄録集, 2010年
  • ラット閉鎖性頭部外傷モデルにおけるconnexin43のリン酸化動態-海馬と皮質における相違-
    大角篤司; 苗代弘; 都筑伸介; 鈴木隆元; 長田秀夫; 大谷直樹; 豊岡輝繁; 戸村哲; 小林弘明; 島克司
    日本脳神経外傷学会プログラム・抄録集, 2010年
  • 後頚部痛のみを呈した椎骨動脈解離の転帰
    長田秀夫; 苗代弘; 南村鎌三; 鷲見賢司; 大谷直樹; 大角篤司; 戸村哲; 鈴木隆元; 都築伸介; 島克司
    日本頭痛学会誌, 2010年
  • Significance of monitoring the initial intracranial pressure on hematoma irrigation with trephination therapy for acute subdural hematomas in critical conditions.
    Naoki Otani; Yoshio Takasato; Hiroyuki Masaoka; Takanori Hayakawa; Yoshikazu Yoshino; Hiroshi Yatsushige; Hiroki Miyawaki; Kyoko Sumiyoshi; Takashi Sugawara; Aoyagi Chikashi; Satoru Takeuchi; Go Suzuki
    Acta neurochirurgica. Supplement, 2010年
    筆頭著者
  • Surgical outcome following a decompressive craniectomy for acute epidural hematoma patients presenting with associated massive brain swelling.
    Naoki Otani; Yoshio Takasato; Hiroyuki Masaoka; Takanori Hayakawa; Yoshikazu Yoshino; Hiroshi Yatsushige; Hiroki Miyawaki; Kyoko Sumiyoshi; Takashi Sugawara; Aoyagi Chikashi; Satoru Takeuchi; Go Suzuki
    Acta neurochirurgica. Supplement, 2010年
  • Prognosis for severe traumatic brain injury patients treated with bilateral decompressive craniectomy.
    Hiroshi Yatsushige; Yoshio Takasato; Hiroyuki Masaoka; Takanori Hayakawa; Naoki Otani; Yoshikazu Yoshino; Kyoko Sumiyoshi; Takashi Sugawara; Hiroki Miyawaki; Chikashi Aoyagi; Satoru Takeuchi; Go Suzuki
    Acta neurochirurgica. Supplement, 2010年
  • 細菌性髄膜炎に脳梗塞を合併した症例の検討
    八ツ繁寛; 高里良男; 正岡博幸; 早川隆宣; 大谷直樹; 吉野義一; 住吉京子; 菅原貴志; 青柳盟史; 鈴木剛
    日本集中治療医学会雑誌, 2009年
  • 重症頭部外傷患者に対する脳低温療法の有効性と限界
    正岡博幸; 高里良男; 早川隆宣; 大谷直樹; 吉野義一; 八ツ繁寛; 菅原貴志; 百瀬俊也; 青柳盟史; 鈴木剛
    脳死・脳蘇生, 2009年
  • 乳幼児期第4脳室腫瘍-特に頭囲拡大の有無と予後の関係について-
    景山寛志; 苗代弘; 都築伸介; 鈴木隆元; 魚住洋一; 南村鎌三; 藤井和也; 長田秀夫; 大谷直樹; 島克司
    日本脳腫瘍の外科学会プログラム・抄録集, 2009年
  • 外傷性小脳出血-17例の検討
    竹内誠; 高里良男; 正岡博幸; 早川隆宣; 大谷直樹; 吉野義一; 八ツ繁寛; 菅原貴志; 青柳盟史; 鈴木剛
    日本神経外傷学会プログラム・抄録集, 2009年
  • 重症急性硬膜下血腫に対する穿頭頭蓋内圧初圧値と転帰との相関について
    大谷直樹; 高里良男; 正岡博幸; 早川隆宣; 吉野義一; 八ツ繁寛; 菅原貴志; 百瀬俊也; 青柳盟史; 竹内誠
    日本神経外傷学会プログラム・抄録集, 2009年
  • AIDSに伴う頭蓋内合併症:Burkitt’s lymphomaによるTolosa-Hunt症候群
    鷲見賢司; 苗代弘; 藤井和也; 長田秀夫; 大谷直樹; 鈴木隆元; 都築伸介; 島克司; 渡邉純一; 木村文彦
    日本脳神経外科学会総会抄録集(CD-ROM), 2009年
  • 広汎な脊髄内出血像を伴った脊髄髄内海綿状血管腫の手術
    松本佳久; 苗代弘; 景山寛志; 藤井和也; 都志洋太; 大谷直樹; 長田秀夫; 鈴木隆元; 都築伸介; 島克司
    日本脳神経外科学会総会抄録集(CD-ROM), 2009年
  • 日本の脳神経外科専門医の現状についての分析
    鈴木隆元; 大角篤司; 藤井和也; 南村鎌三; 戸村哲; 大谷直樹; 長田秀夫; 都築伸介; 苗代弘; 島克司
    日本脳神経外科学会総会抄録集(CD-ROM), 2009年
  • 嚢胞壁が造影効果を有する小脳血管芽腫-自験例の検討-
    長田秀夫; 苗代弘; 松本佳久; 都築伸介; 大谷直樹; 鈴木隆元; 島克司
    日本脳神経外科学会総会抄録集(CD-ROM), 2009年
  • リン酸カルシウム骨ペーストによる頭蓋底の再建:髄液漏防止の最後の砦
    南村鎌三; 苗代弘; 豊岡輝繁; 魚住洋一; 小林弘明; 長田秀夫; 大谷直樹; 鈴木隆元; 都築伸介; 島克司
    日本脳神経外科学会総会抄録集(CD-ROM), 2009年
  • 軽症小児頭部外傷症例における頭部3D-CT画像の有用性と注意点
    藤井和也; 松本佳久; 苗代弘; 魚住洋一; 南村鎌三; 戸村哲; 大角篤司; 長田秀夫; 大谷直樹; 鈴木隆元; 都築伸介; 島克司
    日本脳神経外科学会総会抄録集(CD-ROM), 2009年
  • くも膜下出血後の脳血管攣縮による脳梗塞発生と破裂脳動脈瘤の局在についての検討
    都築伸介; 加藤裕; 藤井和也; 南村鎌三; 長田秀夫; 大谷直樹; 鈴木隆元; 大角篤司; 魚住洋一; 中井完治; 松本佳久; 鷲見賢司; 景山寛志; 長谷公洋; 苗代弘; 島克司
    日本脳神経外科学会総会抄録集(CD-ROM), 2009年
  • MASCIS deviceを用いたマウス脊髄損傷モデル
    小林弘明; 藤井和也; 南村鎌三; 影山寛志; 鷲見賢司; 松本佳久; 長谷公洋; 戸村哲; 魚住洋一; 大角篤司; 大谷直樹; 長田秀夫; 鈴木隆元; 都築伸介; 苗代弘; 島克司
    日本脳神経外科学会総会抄録集(CD-ROM), 2009年
  • EBウイルス感染により出血性脳炎と可逆性脳梁膨大部病変を認めた1例
    竹内誠; 高里良男; 正岡博幸; 早川隆宣; 大谷直樹; 吉野義一; 八ツ繁寛; 菅原貴志; 青柳盟史; 鈴木剛
    日本脳神経外科救急学会プログラム・抄録集, 2009年
  • 重症急性硬膜下血腫に対する緊急穿頭頭蓋内圧測定の意義について
    大谷直樹; 高里良男; 正岡博幸; 早川隆宣; 吉野義一; 八ツ繁寛; 住吉京子; 菅原貴志; 青柳盟史; 竹内誠
    日本脳神経外科救急学会プログラム・抄録集, 2009年
  • 当科における無剃毛手術の取り組み
    藤井和也; 都築伸介; 南村鎌三; 長田秀夫; 大谷直樹; 鈴木隆元; 苗代弘; 島克司
    日本臨床医療福祉学会プログラム・抄録集, 2009年
  • 脳梗塞にて入院中,後天性血友病を発症した1例
    鈴木剛; 高里良男; 正岡博幸; 早川隆宣; 大谷直樹; 吉野義一; 八ツ繁寛; 菅原貴志; 住吉京子; 青柳盟史; 竹内誠; 竹迫直樹; 本間千帆
    日本救急医学会関東地方会雑誌, 2009年
  • ラット頭部外傷モデルにおけるGap結合蛋白のリン酸化動態とその役割について
    大角篤司; 苗代弘; 大谷直樹; 豊岡輝繁; 戸村哲; 小林弘明; 島克司
    日本脳神経外科学会総会抄録集(CD-ROM), 2009年
  • 閉塞性水頭症をともなう幼児期第4脳室腫瘍-特に頭囲拡大の有無と予後の関係について-
    景山寛志; 苗代弘; 都築伸介; 鈴木隆元; 魚住洋一; 南村鎌三; 藤井和也; 長谷公洋; 松本佳久; 鷲見賢司; 大角篤司; 長田秀夫; 大谷直樹; 島克司
    日本脳神経外科学会総会抄録集(CD-ROM), 2009年
  • 頸部頸動脈狭窄症に対する頸動脈内膜剥離術
    都築伸介; 藤井和也; 南村鎌三; 長田秀夫; 大谷直樹; 鈴木隆元; 苗代弘; 島克司
    日本臨床医療福祉学会プログラム・抄録集, 2009年
  • 当院における頭部外傷術後CTの検討
    鈴木剛; 高里良男; 正岡博幸; 早川隆宣; 大谷直樹; 吉野義一; 八ツ繁寛; 住吉京子; 菅原貴志; 青柳盟史; 竹内誠
    日本救急医学会雑誌, 2008年
  • 重症頭部外傷に対する34・35度3日間の脳低温療法の検討
    正岡博幸; 高里良男; 早川隆宣; 大谷直樹; 吉野義一; 八ッ繁寛; 住吉京子; 竹内誠; 青柳盟史; 鈴木剛
    日本救急医学会雑誌, 2008年
  • 重症頭部外傷患者に対する脳低温療法の冷却プロトコールの検討
    正岡博幸; 高里良男; 早川隆宣; 大谷直樹; 吉野義一; 八ッ繁寛; 菅原貴志; 住吉京子; 竹内誠; 青柳盟史; 鈴木剛
    日本脳神経外科学会総会抄録集(CD-ROM), 2008年
  • 当院における小児頭部外傷の検討
    八ツ繁寛; 高里良男; 正岡博幸; 早川隆宣; 大谷直樹; 吉野義一; 住吉京子; 菅原貴志; 青柳盟史; 竹内誠; 鈴木剛
    日本脳神経外科学会総会抄録集(CD-ROM), 2008年
  • くも膜下出血後の高次脳機能予後に影響する因子の分析
    早川隆宣; 高里良男; 正岡博幸; 大谷直樹; 吉野義一; 八ツ繁寛; 住吉京子; 菅原貴志; 青柳盟史; 竹内誠; 鈴木剛
    日本脳神経外科学会総会抄録集(CD-ROM), 2008年
  • 被核,視床出血に対する定位的血腫吸引術 自験218例の検討
    吉野義一; 高里良男; 正岡博幸; 早川隆宣; 大谷直樹; 八ツ繁寛; 住吉京子; 菅原貴志; 青柳盟史; 竹内誠; 鈴木剛
    国立病院総合医学会講演抄録集, 2008年
  • 慢性硬膜下血腫合併特発性低髄液圧症候群4症例の検討
    竹内誠; 高里良男; 正岡博幸; 早川隆宣; 大谷直樹; 吉野義一; 八ツ繁寛; 住吉京子; 宮脇博基; 青柳盟史; 鈴木剛
    日本脳神経外科救急学会プログラム・抄録集, 2008年
  • けいれん重積発作にて発症した脳底動脈閉塞症4症例の検討
    大谷直樹; 高里良男; 正岡博幸; 早川隆宣; 吉野義一; 八ツ繁寛; 住吉京子; 菅原貴志; 青柳盟史; 竹内誠; 鈴木剛
    日本神経救急学会雑誌, 2008年
  • 重症頭部外傷患者に対する35度3日間の脳低温療法について
    正岡博幸; 高里良男; 早川隆宣; 大谷直樹; 吉野義一; 八ッ繁寛; 宮脇博基; 住吉京子; 竹内誠; 青柳盟史
    日本神経外傷学会プログラム・抄録集, 2008年
  • 重症急性硬膜下血腫における緊急穿頭頭蓋内圧測定の意義について
    大谷直樹; 高里良男; 正岡博幸; 早川隆宣; 吉野義一; 八ツ繁寛; 住吉京子; 宮脇博基; 青柳盟史; 竹内誠
    日本神経外傷学会プログラム・抄録集, 2008年
  • 頸椎損傷に伴った椎骨動脈損傷6例の検討
    竹内誠; 高里良男; 正岡博幸; 早川隆宣; 大谷直樹; 吉野義一; 八ツ繁寛; 住吉京子; 青柳盟史; 鈴木剛
    日本神経外傷学会プログラム・抄録集, 2008年
  • 抗血小板療法,抗凝固療法の急性硬膜下血腫への関与
    鈴木剛; 高里良男; 正岡博幸; 早川隆宣; 大谷直樹; 吉野義一; 八ツ繁寛; 住吉京子; 宮脇博基; 竹内誠
    日本神経外傷学会プログラム・抄録集, 2008年
  • 亜急性硬膜下血腫9例の臨床的検討
    宮脇博基; 高里良男; 正岡博幸; 早川隆宣; 吉野義一; 大谷直樹; 八ツ繁寛; 住吉京子; 竹内誠; 青柳盟史
    日本神経外傷学会プログラム・抄録集, 2008年
  • 外傷性小脳出血症例の検討
    竹内誠; 高里良男; 正岡博幸; 早川隆宣; 大谷直樹; 吉野義一; 八ツ繁寛; 住吉京子; 青柳盟史; 鈴木剛
    日本神経外傷学会プログラム・抄録集, 2008年
  • シャント術を施行された頭部外傷後水頭症29例の臨床的検討
    宮脇博基; 高里良男; 正岡博幸; 早川隆宣; 吉野義一; 大谷直樹; 八ツ繁寛; 住吉京子; 竹内誠; 青柳盟史
    日本神経外傷学会プログラム・抄録集, 2008年
  • 急性期前方循環脳梗塞のtPA静脈投与と局所血栓溶解療法の比較
    吉野義一; 高里良男; 正岡博幸; 早川隆宣; 大谷直樹; 八ツ繁寛; 住吉京子; 菅原貴志; 竹内誠; 青柳盟史; 鈴木剛
    日本脳神経外科学会総会抄録集(CD-ROM), 2008年
  • 多発性脳梗塞を併発した成人発症重症髄膜炎5症例の検討
    鈴木剛; 高里良男; 正岡博幸; 早川隆宣; 大谷直樹; 吉野義一; 八ツ繁寛; 菅原貴志; 住吉京子; 青柳盟史; 竹内誠
    日本神経救急学会雑誌, 2008年
  • 前方循環急性期脳梗塞に対する低体温治療を組み合わせたtPA局所血栓溶解療法-静脈内投与療法との比較
    吉野義一; 高里良男; 正岡博幸; 早川隆宣; 大谷直樹; 八ツ繁寛; 住吉京子; 菅原貴志; 竹内誠; 今江省吾; 今江省吾
    Journal of Neuroendovascular Therapy, 2008年
  • 縊頚により両側後頭葉白質病変を認めた1症例
    竹内誠; 高里良男; 正岡博幸; 早川隆宣; 大谷直樹; 吉野義一; 八ツ繁寛; 北橋章子; 住吉京子; 青柳盟史
    日本脳神経外科救急学会プログラム・抄録集, 2007年
  • 拡散強調画像で診断が困難であった急性期脳梗塞症例の検討
    北橋章子; 高里良男; 正岡博幸; 早川隆宣; 大谷直樹; 吉野義一
    日本神経救急学会雑誌, 2007年
  • 両側減圧開頭術をおこなった重症頭部外傷症例の予後因子の検討
    八ツ繁寛; 高里良男; 正岡博幸; 早川隆宣; 大谷直樹; 吉野義一; 菅原貴志; 北橋章子; 本間正人
    日本集中治療医学会雑誌, 2007年
  • 頸椎損傷に伴った椎骨動脈損傷の検討
    竹内誠; 加藤宏; 井上潤一; 本間正人; 高里良男; 正岡博幸; 早川隆宣; 大谷直樹; 吉野義一; 八ツ繁寛; 住吉京子
    日本救急医学会雑誌, 2007年
  • 疾患別・状況別 術後急性期における患者の危険な訴え 3 頭部外傷 1.重症頭部外傷
    大谷直樹
    Brain Nursing, 2007年
  • 軽微な頭部外傷により動眼神経障害を呈した症例
    竹内誠; 高里良男; 正岡博幸; 早川隆宣; 大谷直樹; 吉野義一; 八ツ繁寛; 住吉京子; 宮脇博基; 青柳盟史; 鈴木剛
    日本神経救急学会雑誌, 2007年
  • CT定位的血腫吸引術を施行した被殻・視床出血218例の検討
    吉野義一; 高里良男; 正岡博幸; 早川隆宣; 大谷直樹; 八ツ繁寛; 住吉京子; 宮脇博基; 青柳盟; 竹内誠; 鈴木剛; 渡邊顕弘
    日本脳神経外科学会総会抄録集(CD-ROM), 2007年
  • 破裂感染性脳動脈瘤2症例の検討
    大谷直樹; 高里良男; 正岡博幸; 早川隆宣; 吉野義一; 八ツ繁寛; 北橋章子; 住吉京子; 青柳盟史; 竹内誠; 佐々木正史
    日本神経救急学会雑誌, 2007年
  • 3D-SSP SPECTによる頭部外傷後の局所脳血流低下領域の分析
    早川隆宣; 高里良男; 正岡博幸; 大谷直樹; 吉野義一; 八ツ繁寛; 住吉京子; 宮脇博基; 青柳盟史; 竹内誠; 鈴木剛; 倉本憲明
    国立病院総合医学会講演抄録集, 2007年
  • 頸椎損傷に伴った椎骨動脈損傷の検討
    竹内誠; 高里良男; 正岡博幸; 早川隆宣; 大谷直樹; 吉野義一; 八ツ繁寛; 住吉京子; 宮脇博基; 青柳盟史; 鈴木剛
    日本脳神経外科学会総会抄録集(CD-ROM), 2007年
  • 拡散強調画像で診断が困難であった急性期脳梗塞症例の検討
    北橋章子; 高里良男; 正岡博幸; 早川隆宜; 大谷直樹; 吉野義一; 八ツ繁寛; 住吉京子; 青柳盟史; 竹内誠; 佐々木正史
    日本脳神経外科救急学会プログラム・抄録集, 2007年
  • 脳梗塞超急性期の経静脈的アルテプラーゼ投与症例の成績と問題点
    竹内誠; 高里良男; 正岡博幸; 早川隆宣; 大谷直樹; 吉野義一; 八ツ繁寛; 住吉京子; 宮脇博基; 青柳盟史; 鈴木剛
    日本脳神経外科学会総会抄録集(CD-ROM), 2007年
  • 出血源不明のくも膜下出血における3D-SSPによる脳血流評価
    早川隆宣; 高里良男; 正岡博幸; 大谷直樹; 吉野義一; 八ツ繁寛; 住吉京子; 宮脇博基; 青柳盟史; 竹内誠; 鈴木剛
    日本脳神経外科学会総会抄録集(CD-ROM), 2007年
  • 脳幹出血患者の予後に関する臨床的検討
    鈴木剛; 高里良男; 正岡博幸; 早川隆宣; 大谷直樹; 吉野義一; 八ツ繁寛; 住吉京子; 宮脇博基; 青柳盟史; 竹内誠
    日本救急医学会雑誌, 2007年
  • 重症頭部外傷の脳低温療法施行例における脳循環代謝測定の意義について
    正岡博幸; 高里良男; 早川隆宣; 大谷直樹; 吉野義一; 八ツ繁寛; 住吉京子; 宮脇博基; 竹内誠; 青柳盟史; 鈴木剛
    日本脳神経外科学会総会抄録集(CD-ROM), 2007年
  • 総頚動脈結紮とGDC瘤内塞栓術を組み合わせた頭蓋内巨大内頚動脈瘤の治療
    吉野義一; 高里良男; 正岡博之; 早川隆宣; 大谷直樹; 八ツ繁寛; 住吉京子; 竹内誠; 富田博樹; 戸根修
    Journal of Neuroendovascular Therapy, 2007年
  • 出血発症の両側椎骨解離性動脈瘤3例の検討
    青柳盟史; 高里良男; 正岡博幸; 早川隆宣; 大谷直樹; 吉野義一; 八ツ繁寛; 住吉京子; 宮脇博基; 竹内誠
    Journal of Neuroendovascular Therapy, 2007年
  • 髄液短絡術施行患者における外傷性硬膜下血腫の治療方針-当施設6症例の検討-
    大谷直樹; 高里良男; 正岡博幸; 早川隆宣; 吉野義一; 八ツ繁寛; 北橋章子; 住吉京子; 青柳盟史; 竹内誠
    日本神経外傷学会プログラム・抄録集, 2007年
  • 重症頭部外傷患者に対する脳低温療法の適応決定の因子について
    正岡博幸; 高里良男; 早川隆宣; 大谷直樹; 吉野義一; 八ッ繁寛; 北橋章子; 住吉京子; 竹内誠; 青柳盟史
    日本神経外傷学会プログラム・抄録集, 2007年
  • 重症頭部外傷患者に対する脳低温療法の適応決定の因子について
    正岡博幸; 高里良男; 早川隆宣; 大谷直樹; 吉野義一; 八ツ繁寛; 北橋章子; 住吉京子; 竹内誠; 青柳盟史
    神経外傷, 2007年
  • 3D-SSP SPECTによる頭部外傷後の局所脳血流低下パターンの分析
    早川隆宣; 高里良男; 正岡博幸; 大谷直樹; 吉野義一; 八ツ繁寛; 住吉京子; 北橋章子; 青柳盟史; 竹内誠
    日本神経外傷学会プログラム・抄録集, 2007年
  • 当院における外傷性髄液漏の治療成績とその検討
    北橋章子; 高里良男; 正岡博幸; 早川隆宣; 大谷直樹; 吉野義一; 八ツ繁寛; 住吉京子; 青柳盟史; 竹内誠
    日本神経外傷学会プログラム・抄録集, 2007年
  • 当院における頭蓋骨陥没骨折症例の検討
    根木宏明; 高里良男; 正岡博幸; 早川隆宣; 大谷直樹; 吉野義一; 八ッ繁寛; 北橋章子; 住吉京子; 竹内誠
    日本神経外傷学会プログラム・抄録集, 2007年
  • 脳梗塞超急性期の経静脈的t-PA投与症例の検討
    竹内誠; 高里良男; 正岡博幸; 早川隆宣; 大谷直樹; 吉野義一; 八ツ繁寛; 住吉京子; 宮脇博基; 青柳盟史; 鈴木剛
    日本救急医学会雑誌, 2007年
  • くも膜下出血に対するコイル塞栓術後の高次脳機能障害と3D-SSPによる局所脳血流低下の検討
    八ツ繁寛; 高里良男; 正岡博幸; 早川隆宣; 大谷直樹; 吉野義一; 住吉京子; 宮脇博基; 青柳盟史; 戸根修
    Journal of Neuroendovascular Therapy, 2007年
  • 破裂内頚動脈前壁動脈瘤の画像診断と治療成績
    大谷直樹; 高里良男; 正岡博幸; 早川隆宣; 吉野義一; 八ツ繁寛; 住吉京子; 宮脇博基; 青柳盟史; 竹内誠; 鈴木剛
    日本脳神経外科学会総会抄録集(CD-ROM), 2007年
  • 外頚動脈塞栓術を施行した顔面外傷症例の検討
    竹内誠; 高里良男; 正岡博幸; 早川隆宣; 大谷直樹; 吉野義一; 八ツ繁寛; 北橋章子; 住吉京子; 青柳盟史
    日本神経外傷学会プログラム・抄録集, 2007年
  • 急性硬膜外血腫の治療成績-当センター脳神経外科166例の検討-
    竹内誠; 高里良男; 正岡博幸; 早川隆宣; 大谷直樹; 吉野義一; 八ツ繁寛; 北橋章子; 帯包雄次郎; 青柳盟史; 佐々木正史
    日本救急医学会雑誌, 2006年
  • 当院における両側減圧開頭血腫除去をおこなった症例の検討
    八ツ繁寛; 高里良男; 正岡博幸; 早川隆宣; 大谷直樹; 吉野義一; 菅原貴志; 帯包雄次郎; 北橋章子; 青柳盟史; 本間正人
    日本救急医学会雑誌, 2006年
  • 重症頭部外傷患者に対する脳低温療法の適応について
    正岡博幸; 高里良男; 早川隆宣; 大谷直樹; 吉野義一; 八ッ繁寛; 北橋章子; 竹内誠; 帯包雄次郎; 青柳盟史; 佐々木正史
    日本脳神経外科学会総会抄録集(CD-ROM), 2006年
  • くも膜下出血後の高次脳機能障害と3D-SSPによる局所脳血流低下の分析
    早川隆宣; 高里良男; 正岡博幸; 大谷直樹; 吉野義一; 八ツ繁寛; 北橋章子; 青柳盟史; 竹内誠; 佐々木正史
    日本脳神経外科学会総会抄録集(CD-ROM), 2006年
  • シルビウス裂血腫型重症クモ膜下出血に対する減圧開頭術の有用性
    大谷直樹; 高里良男; 正岡博幸; 早川隆宣; 吉野義一; 八ツ繁寛; 北橋章子; 帯包雄次郎; 青柳盟史; 竹内誠; 佐々木正史
    日本脳神経外科学会総会抄録集(CD-ROM), 2006年
  • 3D-SSPを用いたびまん性軸索損傷例の局所脳血流低下の分析
    早川隆宣; 高里良男; 正岡博幸; 大谷直樹; 吉野義一; 八ツ繁寛; 北橋章子; 帯包雄次郎; 青柳盟史; 竹内誠; 佐々本正史; 倉本憲明
    国立病院総合医学会講演抄録集, 2006年
  • 3D-SSPによるクモ膜下出血後の局所脳血流低下部位の検討
    早川隆宣; 高里良男; 正岡博幸; 大谷直樹; 吉野義一; 八ツ繁寛; 倉本憲明
    核医学, 2006年
  • 救命センターにおける若年者脳出血の検討
    正岡博幸; 高里良男; 早川隆宣; 大谷直樹; 吉野義一; 八ツ繁寛; 北橋章子; 竹内誠; 帯包雄次郎; 青柳盟史; 佐々木正史
    日本救急医学会雑誌, 2006年
  • アミノ酸トランスポーターLAT1の発現から見た悪性神経こう腫と正常脳の境界
    福井伸二; 大谷直樹; 苗代弘
    日本脳神経外科学会総会抄録集(CD-ROM), 2005年
  • ラット閉鎖性頭部外傷モデルにおけるギャップ結合蛋白の発現とその役割について
    大角篤司; 苗代弘; 鈴木隆元; 大谷直樹; 大井川秀聡; 豊岡輝繁; 矢野明子; 野村美奈子; 島克司
    日本脳神経外科学会総会抄録集(CD-ROM), 2005年
  • 頭部外傷におけるβ-cateninの発現
    大井川秀聡; 大谷直樹; 福井伸二; 矢野明子; 野村奈美子; 苗代弘; 島克司
    脳浮腫・頭蓋内圧研究会報告集, 2004年
  • 中大脳動脈動脈りゅうに対する対側アプローチの有用性とその限界
    大谷直樹; 藤岡政行; 米川泰弘
    日本脳神経外科学会総会抄録集, 2004年
  • 神経こう芽腫の播種に伴い中枢性過呼吸を呈した1例
    豊岡輝繁; 宮沢隆仁; 福井伸二; 肥後礼子; 大谷直樹; 加藤弘; 石原正一郎; 都築伸介; 大貫明
    東京都医師会雑誌, 2004年
  • ラット閉鎖性頭部外傷モデルにおけるdark neuronの出現と残存神経細胞の関係-脳皮質と海馬における相違-
    大井川秀聡; 苗代弘; 大谷直樹; 大角篤志; 都築伸介; 加藤裕; 石原正一郎; 宮沢隆仁; 大貫明
    日本脳神経外科学会総会抄録集, 2004年
  • 外傷性脳損傷におけるMitogen-Activated Protein Kinases(MAPK)の経時的リン酸化動態とその役割に関する研究-組織学的変化と運動機能に及ぼす影響-
    大谷直樹
    防衛医科大学校雑誌, 2004年
  • 内頚動脈前壁動脈りゅう9例の検討
    都築伸介; 加藤裕; 石原正一郎; 大貫明; 宮沢隆仁; 鈴木隆元; 大谷直樹; 大井川秀聡; 苗代弘
    日本脳神経外科学会総会抄録集, 2004年
  • 外傷性脳損傷の選択的脆弱部位におけるERK経路リン酸化の役割
    大谷直樹; 苗代弘; 野村奈美子; 矢野明子; 加藤裕; 都築伸介; 石原正一郎; 大貫明; 宮沢隆仁; 島克司
    脳浮腫・頭蓋内圧研究会報告集, 2003年
  • 「グリオーマ(2)」Astrocytic tumorsにおけるbFGFの核内発現:予後因子としての有用性
    福井伸二; 苗代弘; 大谷直樹; 大井川秀聡; 豊岡輝繁; 矢野明子; 野村奈美子; 宮沢隆仁; 大貫明
    日本脳神経外科学会総会抄録集, 2003年
  • 「神経科学基礎(1)」頭部外傷後のbeta-cateninの発現
    大井川秀聡; 苗代弘; 大谷直樹; 福井伸二; 都築伸介; 加藤裕; 石原正一郎; 宮沢隆仁; 大貫明
    日本脳神経外科学会総会抄録集, 2003年
  • 解離性椎骨動脈瘤 最近の経験
    石原 秀章; 都築 伸介; 魚住 洋一; 肥後 礼子; 福井 伸二; 鈴木 隆元; 大谷 直樹; 石原 正一郎; 加藤 裕; 宮澤 隆仁
    東京都医師会雑誌, 2002年02月, 査読無し, 通常論文
  • CT scanのくも膜下血腫の局在と,破裂脳動脈りゅうの部位についての検討
    都築伸介; 加藤裕; 石原正一郎; 大貫明; 宮沢隆仁; 苗代弘; 福井伸二; 大谷直樹; 島克司
    日本脳神経外科学会総会抄録集, 2002年
  • クモ膜下出血後のナトリウム利尿ホルモンと随伴する脳浮腫の関連
    豊岡輝繁; 福井伸二; 大谷直樹; 加藤裕; 石原正一郎; 都築伸介; 大貫明; 宮沢隆仁; 苗代弘
    日本脳神経外科学会総会抄録集, 2002年
  • 下垂体腺腫と神経こう腫におけるhigh molecular weight basic fibroblast growth factorの核内発現
    苗代弘; 福井伸二; 大谷直樹; 宮沢隆仁; 大貫明; 都築伸介; 加藤裕; 石原正一郎; 矢野明子
    日本脳神経外科学会総会抄録集, 2002年
  • 正常圧水頭症術直前術直後のECD-SPECT subtraction画像
    北秀幸; 苗代弘; 大谷直樹; 加藤裕; 都築伸介; 石原正一郎; 大貫明; 宮沢隆仁; 小須田茂
    日本脳神経外科学会総会抄録集, 2002年
  • 所沢市周辺におけるくも膜下出血発症と気象条件との相関について
    加藤裕; 都築伸介; 石原正一郎; 苗代弘; 宮沢隆仁; 大貫明; 福井伸二; 大谷直樹; 島克司
    日本脳神経外科学会総会抄録集, 2002年
  • 巨大小脳橋角部神経鞘腫手術における患者体位の選択-者の姿勢と可動範囲に着目した考察-
    宮沢隆仁; 大谷直樹; 大貫明; 加藤裕; 都築伸介; 石原正一郎; 苗代弘; 島克司
    日本脳神経外科学会総会抄録集, 2002年
  • 外傷性脳損傷におけるERKリン酸化阻害剤(U0126)の脳保護効果に関する検討
    大谷直樹; 苗代弘; 野村奈美子; 矢野明子; 福井伸二; 宮沢隆仁; 島克司
    日本脳神経外科学会総会抄録集, 2002年
  • 神経こう腫のアミノ酸トランスポーターLAT1の発現とLAT1をターゲットにした新たな治療戦略
    苗代弘; 大谷直樹; 福井伸二; 島克司; 四ノ宮成祥; 松尾洋孝; 遠藤仁; 金井好克
    日本脳神経外科学会総会抄録集, 2001年
  • ラット頭部外傷モデルにおけるmitogen-activated protein kinases(MARK)の経時的リン酸化動態に関する検討
    大谷直樹; 苗代弘; 福井伸二; 鈴木隆元; 松下芳太郎; 和田孝次郎; 都築伸介; 宮沢隆仁; 島克司
    日本脳循環代謝学会総会プログラム・抄録集, 2001年
  • 下垂体腺腫におけるbFGFの核内発現 腫よう再発の予知因子としての有用性
    福井伸二; 大谷直樹; 苗代弘; 矢野明子; 宮沢隆仁; 大貫明; 都築伸介; 加藤裕; 島克司
    日本脳神経外科学会総会抄録集, 2001年
  • 塩酸ニカルジピン,塩酸ファスジル,塩酸ドブタミン併用による,くも膜下出血後症候性脳血管れん縮の抑制効果
    都築伸介; 加藤裕; 石原正一郎; 鈴木隆元; 中井完治; 肥後礼子; 福井伸二; 大谷直樹; 島克司
    日本脳神経外科学会総会抄録集, 2001年
  • マウス前脳虚血におけるEC-SODの役割
    福井伸二; 苗代弘; 大谷直樹; 鈴木隆元; 宮沢隆仁; 島克司
    日本脳循環代謝学会総会プログラム・抄録集, 2001年
  • ラット頭部外傷モデルにおけるmitogen-activated protein kinases(MAPK)の経時的リン酸化動態に関する検討
    大谷直樹; 野村奈美子; 矢野明子; 福井伸二; 鈴木隆元; 松下芳太郎; 和田孝次郎; 都築伸介; 島克司
    日本脳神経外科学会総会抄録集, 2001年
  • 脳虚血再潅流におけるGFAPの役割
    苗代弘; HUANG S; BRENNER M; 福井伸二; 大谷直樹; 宮沢隆仁; HALLENBECK J M; 島克司
    脳浮腫・頭蓋内圧研究会報告集, 2001年
  • ラット局所脳虚血モデルにおけるphospholipase C β3の振る舞い
    宮沢隆仁; 大谷直樹; 杉山崇; 武藤恵; 福井伸二; 島克司; 吉岡亨
    日本神経科学大会プログラム・抄録集, 2000年
  • 頭蓋底髄膜腫の治療 最近の進歩と工夫
    苗代弘; 長田秀夫; 大谷直樹; 猪原正史; 大貫明; 宮沢隆仁; 島克司; 徳丸阿耶; 加地辰美
    防衛医科大学校雑誌, 1999年

書籍等出版物

  • 脳神経外科 ザ・ベーシック
    分担執筆, 脳神経外科の止血
    メジカルビュー社, 2023年03月
    4758318565
  • 特集頭部外傷診療アップデート : ガイドラインを読み解く
    分担執筆
    医学書院, 2021年09月
    9784260044844
  • 脳神経外科雑誌 vol 49. No 5 頭蓋内圧亢進に対する減圧開頭術
    分担執筆, 頭蓋内圧亢進に対する減圧開頭術
    2021年
  • 頭部外傷治療・管理のガイドライン
    頭部外傷治療・管理のガイドライン作成委員会; 日本脳神経外科学会; 日本脳神経外傷学会, 分担執筆
    医学書院, 2019年10月
    9784260039604
  • Surgery of paraclinoid aneurysm:Neurovascular surgery
    分担執筆, 傍鞍部動脈瘤に対する外科的治療
    2019年01月
  • Surgery of upper basilar artery aneurysm
    分担執筆, 脳底動脈上部に存在する脳動脈瘤に対する手術方法について
    2019年01月
  • Modified extradural temporopolar approach for paraclinoid aneurysms: operative nuance and surgical result.
    分担執筆, 傍鞍部動脈瘤に対するextradural temporopolar approach変法の有効性について
    欧文著書, 2017年04月
  • 神経外傷診療ガイドブック
    三宅康史, 分担執筆, 頭部外傷に伴う特殊な病態①:外傷性視神経損傷の診断と治療
    メジカルビュー社, 2017年04月
    9784758315609
  • 慢性硬膜下血腫の診断・治療・手術 : 保存版 : CSDHの病態,疫学から最新知見まで完全網羅 : 研修医,専門医のためのビジュアルテキストブック
    森, 健太郎, 分担執筆
    メディカ出版, 2017年03月
    9784840461450
  • Microvascular decompression. ACNS surgical manual, Editor: Yoko Kato eds, Asian congress of neurological surgeons
    Microvascular decompressionの手術法について
    欧文著書, 2017年01月
  • Retrograde suction decompression through direct puncture of the common carotid artery for paraclinoid aneurysm.
    傍鞍内頚動脈瘤に対するsuction decompression の有効性について
    欧文著書, 2016年04月
  • Canine double hemorrhage model of experimental subarachnoid hemorrhage
    分担執筆, カイニン酸による実験的くも膜下出血モデルの作成方法について
    欧文著書, 2014年04月
  • 慢性硬膜下血腫:神経精神疾患診療マニュアル、(飯森真喜雄ら編)
    分担執筆, 慢性硬膜下血腫について
    南山堂, 2013年10月
  • Mitogen-activated protein kinases phosphorylation in posttraumatic selective vulnerability in rats
    分担執筆, ラット外傷モデルの選択的脆弱部位におけるMAPK動態について
    欧文著書, 2013年04月
  • A role of glial fibrillary acidic protein in hippocampal degeneration after cerebral trauma or kainite-induced seizure
    分担執筆, 外傷性あるいはカイニン酸投与によるてんかん後の海馬損傷におけるGFAPタンパクの役割について
    欧文著書, 2013年04月
  • 重症頭部外傷治療・管理のガイドライン第3版(重症頭部外傷治療・管理のガイドライン作成委員会編)
    分担執筆, 頭蓋内圧亢進に対する治療手順について
    2013年04月
  • Characteristics phosphorylation of the extracellular signal-regulated kinase pathway after kainite-induced seizures in the rat hippocampus
    分担執筆, カイニン酸による海馬損傷でERK経路の果たす役割について
    欧文著書, 2013年04月
  • 重症頭部外傷治療・管理のガイドライン第3版(重症頭部外傷治療・管理のガイドライン作成委員会編)
    分担執筆, 頭蓋内圧亢進に対する外減圧、内減圧、髄液ドレナージなどの外科的処置について
    医学書院, 2013年04月
  • Significance of monitoring the initial intracranial pressure on hematoma irrigation with trephination therapy for acute subdural hematomas in critical conditions
    分担執筆, 重症の急性硬膜下血腫に於いてHITTの際のICP測定の意義について
    欧文著書, 2010年04月
  • BRAIN NURSING
    分担執筆, 疾患別 状況別術後急性期における患者の危険な訴え重症頭部外傷
    2007年12月
  • 神経内視鏡手術に必要な脳室解剖脳室構造のランドマーク-正常と病態下所見:顕微鏡下手術のための脳神経外科解剖XV-機能温存のための脳神経外科解剖(新井一編)
    分担執筆, 神経内視鏡に伴う脳室内の身につけておくべき解剖構造物について
    サイメッド_ パブリケーションズ, 2003年05月

講演・口頭発表等

  • Principles and techniques in microvascular techniques in Lab rats.
    Otani Naoki; Mori Kentaro
    ISMINS-NAM educational meeting, Kuala Lumpur, Malaysia, 2015年10月, 招待有り
  • The technique of extradural temporopolar approach for paraclinoid tumor and/or aneurysms.
    Otani Naoki; Kentaro Mori
    The 2nd Shuguang international conference on Neurosurgery, Shanghai, China, 2014年10月, 招待有り
  • Surgical strategies and technical tips in various EC-IC bypass surgery for occlusive cerebral vascular disease.
    Otani N; Mori K
    13th Vietnamese national congress of neurosurgical surgeons, 2012年12月, 招待有り
  • Microsurgical pterional approach for intracerebral aneurysm.Workshop and educational course on cadaver in Vietnum neurosurgical society
    Otani N; Mori K
    Workshop and educational course on cadaver in Vietnum neurosurgical society, 2012年12月, 招待有り
  • Pathophysiological findings of selective vulnerability in the hippocampus following traumatic brain injury
    Otani Naoki; Hiroshi Nawashiro; Katsuji Shima
    BIT’ 1st World Congress of (NeuroTalk 2010), Singapore, 2010年06月
  • A role of glial fibrillary acidic protein in the hippocampal degeneration after traumatic or kinate-induced Excitotoxicity.
    Otani Naoki; Nawashiro Hiroshi; Nomura Namiko; Fukui Shinji; Tsuzuki Nobusuke; Ishihara Shoichiro; Shima Katsuji
    The 12th International Symposium on Brain Edema and Brain Tissue Injury, Hakone,, 2002年11月
  • Usefulness of the polymetric nanosheets for arachnoid plasty, control of venous bleeding, and reinforcemnt of the tensile strength of veins.
    Otani Naoki; Hiroshi Nawashiro; Nobusuke Tsuzuki; Katsuji Shima; Manabu Kinoshita; Toshinobu Fujie; Akihiro Saito; Shinji Takeoka; Kosuke Hagisawa
    The 10th Korean and Japanese Friendship Conference on Surgery of Cerebral Stroke, Nagasaki, Japan,2010.10
  • Usefulness of the polymeric nanosheets for arachnoid plasty, control of venous bleeding, and reinforcement of the tensile strength of veins.
    Otani Naoki; Hiroshi Nawashiro; Manabu Kinoshita; Katsuji Shima
    10th Korean and Japanese Friendship Conference on Surgery for Cerebral Stroke , Osaka Japan, 2009.11
  • Ruptured aneurysms located at the nonbranching sites in the internal carotid artery including blister-like aneurysms with special attention to clinical, radiological findings, and surgical management.
    Otani Naoki; Yoshio Takasato; Hiroyuki Masaoka; Takanori Hayakawa; Yoshikazu Yoshino; Hiroshi Yatsushige; Kyoko Sumiyoshi; Takashi Sugawara; Aoyagi Chikashi; Go Suzuki; Satoru Takeuchi
    The 4th European-Japanese joint conference on stroke surgery, Helsinki, Finland,2009.07
  • Surgical results after primary decompressive craniectomy in poor-grade aneurysmal subarachnoid hemorrhage
    Otani Naoki; Hiroshi Nawashiro; Kimihiro Nagatani; Satoru Takeuchi; Hiroaki Kobayashi; Hideo Osada; Takamoto Suzuki; Kojiro Wada; Katsuji Shima
    The 15th International Symposium of Brain Edema and Cellular Injury, Tokyo, Japan,2011.10
  • The usefulness of an uncooled infrared camera for the noninvasive visualization of the vascular flow in an anastomotic vessel during neurological surgery.
    Otani N; Miya Ishihara; Kanji Nakai; Masanori Fujita; Kimihiro Nagatani; Takeuchi S; Kobayashi H; Osada H; Suzuki T; Kojiro Wada; Kentaro Mori
    6th European-Japanese Stroke Surgery Conference, Utrecht, Netherland, 2012.06
  • Correlation between rCBF reduction obtained by 3D-SSP and neuropsychological improvement on the patients of subarachnoid hemorrhage treated by coil embolization.
    Otani Naoki
    XXIVth International Symposium on Cerebral Blood Flow, Metabolism, and Function & VIIth International Conference on Quantification of Brain Function with PET (Brain’09 & BrainPET’09, Chicago, USA, 2009.06
  • Analysis of regional hypoperfusion in traumatic brain injury using 123I-IMP SPECT with 3D-SSP
    Otani N
    XXIVth International Symposium on Cerebral Blood Flow, Metabolism and Function , Chicago,USA, 2009.06
  • Usefulness of an uncooled infrared camera for the noninvasive visualization of the vascular flow in an anastomotic vessel during neurological surgery
    Otani N; Ishihara M; Fujita M; Nagatani K; Takeuchi S; Wada K; Mori K
    .11th Japanese and Korean friendship conference on surgery for cerebral stroke, Seoul, Korea,2012.09
  • Usefelness of suction decompression using direct puncture of the CCA with epidural anterior clinoidectomy for paraclinoid large aneurysm.
    Otani Naoki; Kojiro Wada; Kimihiro Nagatani; Satoru Takeuchi; Satoshi Tomura; Hideo Osada; Takuji Yamamoto; Yasuaki Nakao; Kentaro Mori
    15th WFNS, Seoul, Korea,2013.09
  • Usefulness of suction decompression method using direct puncture of the common carotid artery with epidural anterior clinoidectomy for paraclinoid large aneurysm.
    Otani Naoki; Kojiro Wada; Kimihiro Nagatani; Satoru Takeuchi; Satoshi Tomura; Hideo Osada; Kentaro Mori
    7th European-Japanase stroke surgery conference, Verona, Italy, 2014.06
  • Significance of initial intracranial pressure monitoring on hematoma irrigation with trephination therapy. (HITT) for acute subdural hematoma in critical condition.
    Otani Naoki; Yoshio Takasato; Hiroyuki Masaoka; Takanori Hayakawa; Yoshikazu Yoshino; Hiroshi Yatsushige; Kyoko Sumiyoshi; Takashi Sugawara; Aoyagi Chikashi; Go Suzuki; SatoruTakeuchi
    .13th ASEAN congress of neurological surgeons, Kuala Lumpur, Malaysia, 2008.12
  • Ruptured aneurysms located at the nonbranching sites in the internal carotid artery including blister-like aneurysms with special attention to clinical, radiological findings, and surgical management.
    Otani Naoki; Yoshio Takasato; Hiroyuki Masaoka; Takanori Hayakawa; Yoshikazu Yoshino; Hiroshi Yatsushige; Kyoko Sumiyoshi; Takashi Sugawara; Aoyagi Chikashi; Go Suzuki; Takeuchi S
    13th ASEAN congress of neurological surgeons, Kuala Lumpur, Malaysia, 2008.12
  • Paramedian trans-condylar approach in microvascular decompression for hemifacial spasm: Compalison od surgical results and intraoperative monitoring findings with inferolateral suboccipital approach.
    Otani N; M Fujioka; M Bjeliac; B Oracioglu; N Khan; HG Imhof; Y Yonekawa
    100 Jahre Schweizerische Neurologische Gesellschaft, Montreux, Switzerland, 2008.04
  • Surgical outcome after decompressive craniectomy in poor-grade aneurismal subarachnoid hemorrhage patients presenting with associated massive intracerebral or Sylvian hematomas.
    Otani N; Takasato Y; Masaoka H; Hayakawa T; Yoshino Y; Yatsushige H; Aoyagi C; Sasaki M; Takeuchi S
    12th ASEAN congress of neurological surgeons, Ho Chi Minh City, Vietnum, 2006.12
  • Surgical strategies and technical tips in various EC-IC bypass for occlusive cerebral vascular disease
    Otani Naoki; Kojiro Wada; Kazuya Fujii; Kimihiro Nagatani; Satoru Takeuchi; Satoshi Tomura; Hideo Osada; Kentaro Mori
    12th Korean-Japanase stroke surgery conference, Osaka, Japan, 2014.09
  • Extradural anterior clinoidectomy via the trans-superior orbital fissure approach with mini-peeling for paraclinoid lesions.
    Otani Naoki; Takeuchi Satoru; Wada Kojiro; Toyooka Terushige; Fujii Kazuya; Kobayashi Yasushi; Mori Kentaro
    7th International congress of the World Federation of skull base societies, Osaka, Japan, 2016.06
  • Extradural temporopolar approach for parasellar aneurysms
    Otani Naoki; Wada Kojiro; Toyooka Terushige; Mori Kentaro
    8th European-Japanese cerebrovascular congress, Zurich, Switzerland, 2016.06
  • Usefelness of extradural optic nerve decompression via trans-SOF approach for treatment of traumatic opticnerve injury.
    Otani Naoki; Takeuchi Satoru; Wada Kojiro; Toyooka Terushige; Fujii Kazuya; Kobayashi Yasushi; Mori Kentaro
    7th International congress of the World Federation of skull base societies., Osaka, Japan, 2016.06
  • Modified extradural temporopolar approach combined with suction decompression for paraclinoid aneurysms.with special attention to long-term surgical and visual outcome.
    Otani Naoki; Wada Kojiro; Toyooka Terushige; Mori Kentaro
    13th International Conference on Cerebrovascular Surgery, Nagoya, Japan, 2017.10
  • Modified extradural temporopolar approach combined with suction decompression for paraclinoid lesions
    Otani N; Terushige Toyooka; Satoru Takeuchi; Kojiro Wada; Kentaro Mori
    14 the IMS 1, Prague,Czech Republic, 2018.02
  • Multi-staged/multi-directional surgical strategies for removal of the falcotentorial meningioma.
    Otani Naoki; Terushige Toyooka; Satoru Takeuchi; Kojiro Wada; Kentaro Mori
    14th the IMS, Prague,Czech Republic, 2018.09
  • Usefulness of decompressive craniectomy in poor-grade subarachnoid hemorrhage with massive intracerebral hematomas.
    Otani Naoki; Yoshio Takasato; Hiroyuki Masaoka; Takanori Hayakawa; Yoshikazu Yoshino; Hiroshi Yatsushige; Kyoko Sumiyoshi; Hiroki Miyawaki; Takashi Sugawara; Chikashi Aoyagi; Go Suzuki; SatoruTakeuchi
    The XIV international symposium of brain edema and brain tissue injury, Warsaw, Poland, 2008.06
  • Surgical outcome following decompressive craniotomy for acute epidural hematoma patients presenting with massive brain swelling.
    Otani Naoki; Yoshio Takasato; Hiroyuki Masaoka; Takanori Hayakawa; Yoshikazu Yoshino; Hiroshi Yatsushige; Kyoko Sumiyoshi; Hiroki Miyawaki; Takashi Sugawara; Chikashi Aoyagi; Go Suzuki; SatoruTakeuchi
    The XIV international symposium of brain edema and brain tissue injury, Warsaw, Poland, 2008.06
  • Significance of initial intracranial pressure Monitoring on hematoma irrigation with trephination therapy (HITT) for acute subdural hematoma in critical condition.
    Otani Naoki; Yoshio Takasato; Hiroyuki Masaoka; Takanori Hayakawa; Yoshikazu Yoshino; Hiroshi Yatsushige; Kyoko Sumiyoshi; Hiroki Miyawaki; Takashi Sugawara; Chikashi Aoyagi; Go Suzuki; SatoruTakeuchi
    The XIV international symposium of brain edema and brain tissue injury, Warsaw, Poland, 2008.06
  • Effect of decompressive craniectomy for malignant cerebral infarction; Consideration for surgical indication, timing, and results.
    Otani Naoki; Yoshio Takasato; Hiroyuki Masaoka; Takanori Hayakawa; Yoshikazu Yoshino; Hiroshi Yatsushige; Kyoko Sumiyoshi; Hiroki Miyawaki; Takashi Sugawara; Chikashi Aoyagi; Go Suzuki; SatoruTakeuchi
    The XIV international symposium of brain edema and brain tissue injury, Warsaw, Poland, 2008.06
  • Clinical features and CT findings as predictive factors for primary pontine hemorrhage.
    Otani Naoki; Yoshio Takasato; Hiroyuki Masaoka; Takanori Hayakawa; Yoshikazu Yoshino; Hiroshi Yatsushige; Kyoko Sumiyoshi; Hiroki Miyawaki; Takashi Sugawara; Chikashi Aoyagi; Go Suzuki; SatoruTakeuchi
    The XIV international symposium of brain edema and brain tissue injury, Warsaw, Poland, 2008.06
  • Clinical characteristics and surgical results of the subacute subdural hematoma; traumatic brain injury and spinal cord injury.
    Otani N; Takasato Y; Masaoka H; Hayakawa T; Yoshino Y; Yatsushige H; Sugawara T; Kitahashi; A Miyawaki H; Aoyagi C; Takeuchi S
    8rd International Neurotrauma Symposium; traumatic brain injury and spinal cord injury, Rotterdams, The Netherland, 2008.05
  • Surgical results for acute epidural hematoma in 166 treated patients— Propose useful of decompressive craniotomy
    Otani N; Takasato Y; Masaoka H; Hayakawa T; Yoshino Y; Yatsushige H; Sugawara T; Kitahashi A; ObikaneY; Aoyagi C; Takeuchi S
    8rd International Neurotrauma Symosium; traumatic brain injury and spinal cord injury, Rotterdams, Netherlands, 2006.05
  • The role of MAPK-phosphorylation in the posttraumatic vulnerability in rats. histopathological and behavioral findings.
    Otani N; Nawashiro Hiroshi; Nobusuke Tsuzuki; Hiroshi Katoh; Takahito Miyazawa; Katsuji Shima
    The 12th International Symposium on Brain edema and Brain Tissue Injury, Hakone, Japan, 2002.11
  • Temporal and spacial profile of phosphorylated mitogen-activated protein kinase (MAPK) pathways following lateral fluid percussion brain injury in the rats.
    Otani Naoki; Nawashiro Hiroshi; Nomura Namiko; Fukui Shinji; Tsuzuki Nobusuke,Katoh; Hiroshi,Miyazawa Takahito; Shima Katsuji
    The 12th International Symposium on Brain Edema and Brain Tissue Injury, Hakone, Japan, 2002.11
  • The effects of MEK inhibitor U0126 following traumatic brain injury in rats.
    Otani Naoki; Nawashiro Hiroshi; Shima Katsuji
    The 6th International Neurotrauma Symposium, USA, 2002.10
  • Tempral and spacial profile of phosphorylated mitogen-activated protein kinase pathways following lateral fluid percussion brain injury in rats.
    Otani Naoki; Nawashiro Hiroshi; Shima Katsuji
    The 6th International Neurotrauma Symposium, USA, 2002.10
  • 外傷性脳損傷の選択的脆弱部位における Mitogen-Activated Protein
    大谷 直樹
    平成14年度防衛医科大校学術集会賞受賞記念講演2002.1
  • Surgical outcome after decompressive craniectomy in poor-grade aneurismal subarachnoid hemorrhage patients.presenting with associated massive intracerebral or Sylvian hematomas.
    Otani N; Takasato Y; Masaoka H; Hayakawa T; Yoshino Y; Yatsushige H; Kitahashi A; Aoyagi C,SumiyoshiK; Sasaki M; Takeuchi S
    3rd European-Japanese joint conference for stroke surgery, Zurich, Switzerland, 2006.07
  • Paraculminar supracerebellar transtentorial approach for thalamic cavernous angioma.
    Otani N; Fujioka M; Oracioglu B; Khan N,Roth; Yonekawa Y
    3rd European-Japanese joint conference for stroke surgery, Zurich, Switzerland, 2006.07
  • Contralateral approach for middle cerebral artery aneurysms.
    Otani Naoki; Khan N; Fujioka M; Yonekawa Y
    2nd Swiss-Japanese joint conference on cerebral stroke surgery, Zurich,Swizerland, 2004.07
  • Extradural temporopolar approach for paraclinoid lesions
    Naoki Otani
    ACNS educational video seminar. July 4, 2020, 招待有り
  • EC-IC bypass using an interposition graft for various cerebrovascular disease- Bonnet bypass technique
    Naoki Otani; Kojiro Wada; Kentaro Mori
    28 June 2019, Hanoi Aneurysm summit, Hanoi, Vietnum., 招待有り
  • Modified extradural temporopolar approach combined with suction decompression for paraclinoid lesions.
    Naoki Otani; Kojiro Wada; Kentaro Mori
    28 June 2019, Hanoi Aneurysm summit, Hanoi, Vietnum., 招待有り
  • Skull base and bypass techniques for complex aneurysms.
    Otani Naoki; Terushige Toyooka; Satoru Takeuchi; Kojiro Wada; Kentaro Mori
    1st Hannoi skull base meeting, Hannoi, Vietnam,2018.10, 招待有り
  • Extradural temporopolar approach for paraclinoid lesions.
    Otani Naoki; Terushige Toyooka; Satoru Takeuchi; Kojiro Wada; Kentaro Mori
    1st Hannoi skull base meeting, Hannoi, Vietnam,2018.10, 招待有り
  • Modified extradural temporopolar approach combined with suction decompression for paraclinoid lesions.
    Otani Naoki; Terushige Toyooka; Satoru Takeuchi; Kojiro Wada; Kentaro Mori
    WFNS foundation ACNS Myanmar seminar, Yangon, Myanmar,2018.09, 招待有り
  • Surgical tips and technique in EC-IC bypass for chronic cerebrovascular ischemic disease.
    Otani Naoki; Mori Kentaro
    WFNS foundation live surgery seminar, Harare, Zimbabwe, 2016.04, 招待有り
  • Reconstructive surgery –EC-IC bypass and CEA.
    Otani Naoki; Mori Kentaro
    WFNS foundation live surgery seminar, Harare, Zimbabwe, 2016.04, 招待有り
  • Introduction for Microvascular anastomosis in dry labo.
    Otani Naoki; Mori Kentaro
    WFNS foundation live surgery seminar, Harare, Zimbabwe, 2016.04, 招待有り
  • Extradural temporopolar approach for parasellar tumors.
    Otani Naoki; Mori Kentaro
    WFNS foundation live surgery seminar, , 2016.04, 招待有り
  • Skull base and bypass techniques for complex aneurysm.
    Otani Naoki; Mori Kentaro
    Joint ISMINS educational meeting & 15th NAM annual scientific meeting, Kuala Lumpur, Malaysia, 2015.10, 招待有り

所属学協会

  • 現在
    日本顔面神経学会
  • 現在
    Japan Medical Association
  • 現在
    日本抗加齢医学会
  • 現在
    整容脳神経外科学会
  • 現在
    CI学会
  • 現在
    脳神経外科救急学会
  • 現在
    日本救急医学会
  • 現在
    脳神経外傷学会
  • 現在
    日本神経内視鏡学会
  • 現在
    脳神経血管内治療学会
  • 現在
    日本脊髄外科学会
  • 現在
    日本脳神経外科コングレス
  • 現在
    脳神経外科手術と機器学会
  • 現在
    日本聴神経腫瘍研究会
  • 現在
    日本脳腫瘍の外科学会
  • 現在
    日本脳神経減圧術学会
  • 現在
    日本脳卒中の外科学会
  • 現在
    日本脳卒中学会
  • 現在
    日本頭蓋底学会
  • 現在
    日本脳神経外科学会

共同研究・競争的資金等の研究課題

  • pH変化を介した脳卒中後てんかん発症メカニズムの解明と新たな予防戦略の開発
    文部科学省 科学研究費助成事業 基盤C, 2024年04月 - 2027年03月
    大谷直樹; 大島秀規; 四條克倫; 児玉智信
  • 脳神経外科手術におけるb-FGF徐放化光ゲル化剤の有用性の検証と開発
    日本学術振興会, 科学研究費助成事業, 2022年04月01日 - 2025年03月31日
    大谷 直樹; 浅野 正岳; 櫛引 俊宏; 石原 美弥; 吉野 篤緒
  • pHイメージングを用いた脳梗塞における酸感受性イオンチャネルの分子機構の解明
    日本学術振興会, 科学研究費助成事業, 2021年04月01日 - 2024年03月31日
    五十嵐 崇浩; 大島 秀規; 須磨 健; 大谷 直樹; 梶本 隆太
  • 頭蓋内胚細胞腫瘍に特異的な遺伝子変異の機能解析と新規分子標的治療の開発
    日本学術振興会, 科学研究費助成事業, 2017年04月01日 - 2021年03月31日
    富山 新太; 大谷 直樹; 山本 祐太朗; 森 健太郎
  • 天然アミノ酸を利用して動脈硬化を診断・治療する
    日本学術振興会, 科学研究費助成事業, 2016年04月01日 - 2018年03月31日
    守本 祐司; 大谷 直樹; 萩沢 康介
  • 脳外科手術の術中画像診断における光音響画像化技術の有用性の検証
    日本学術振興会, 科学研究費助成事業, 2015年04月01日 - 2018年03月31日
    大谷 直樹; 森 健太郎; 石原 美弥; 平沢 壮; 和田 孝次郎
  • 血管新生・再生の制御を目的とした『広帯域光音響画像』による血管径の定量化技術
    日本学術振興会, 科学研究費助成事業, 2013年04月01日 - 2016年03月31日
    石原 美弥; 石原 雅之; 堀口 明男; 大谷 直樹; 櫛引 俊宏; 津田 均; 服部 秀美; 藤田 真敬
  • 水素-マグネシウム投与による新しい脳保護法の開発
    日本学術振興会, 科学研究費助成事業, 2013年04月01日 - 2016年03月31日
    森 健太郎; 和田 孝次郎; 大谷 直樹