原田 智紀

医学部 医学科助手

研究キーワード

  • 低酸素
  • 骨髄細胞
  • 炎症
  • 老化

研究分野

  • ライフサイエンス, 解剖学, 解剖学一般(含組織学・発生学)

経歴

  • 2021年04月
    日本大学医学部, 機能形態学系生体構造分野, 准教授

学歴

  • 2005年
    日本大学, 医学研究科, 病理系感染制御科学

委員歴

  • 2023年06月 - 現在
    専務理事, 日本登山医学会
  • 2021年06月 - 現在
    理事, 日本登山医学会
  • 2013年06月 - 現在
    社員, 日本登山医学会
  • 2013年06月 - 2019年06月
    理事, 日本登山医学会
  • 2010年05月 - 2013年03月
    特任理事, 日本登山医学会
  • 2007年06月 - 2013年03月
    評議員, 日本登山医学会

受賞

  • The Pharmaceutical Society of Japan, Highlighted Paper selected by Editor-in-Chief
    学会誌・学術雑誌による顕彰
    Masafumi Taki;Isao Tsuboi;Tomonori Harada;Michiko Naito;Hiroyuki Hara;Tohru Inoue;Shin Aizawa
  • The Society for Experimental Biology and Medicine, Beat Paper Award in the Experimental Biology Category
    学会誌・学術雑誌による顕彰
    Yukio Hirabahashi;Yoshihiro Hatta;Jin Takeuchi;Isao Tsuboi;Tomonori Harada;Kentaro Ono;Wilhelm Robert Glomm;Masahiro Yasuda;Shin Aizawa
  • 日本大学医学部駿河台同窓会, 日本大学医学部駿河台同窓会賞
    その他の賞
  • 日本大学医学会, 日本大学医学会奨励賞
    学会誌・学術雑誌による顕彰

論文

  • ★Age-related exacerbation of hematopoietic organ damage induced by systemic hyper-inflammation in senescence-accelerated mice
    Tomonori Harada; Isao Tsuboi; Hirotsugu Hino; Miyuki Yuda; Yoko Hirabayashi; Shuichi Hirai; Shin Aizawa
    Scientific Reports, 2021年12月, 査読有り, 通常論文
    筆頭著者
  • Macrophage depletion using clodronate liposomes reveals latent dysfunction of the hematopoietic microenvironment associated with persistently imbalanced M1/M2 macrophage polarization in a mouse model of hemophagocytic lymphohistiocytosis.
    Takashi Koike; Katsuhiro Miura; Yoshihiro Hatta; Hideki Nakamura; Yoko Hirabayashi; Miyuki Yuda; Tomonori Harada; Shuichi Hirai; Isao Tsuboi; Shin Aizawa
    Annals of hematology, 2023年12月, 査読有り
  • 山岳診療所を100年企業とするために
    原田智紀; 清水翔一; 平林幸生
    登山医学, 2022年12月, 査読無し, 招待有り
    筆頭著者
  • COVID-19蔓延下の山岳診療の現状と課題 COVID-19蔓延下での日本大学医学部徳沢診療所の現状と課題
    清水翔一; 原田智紀
    登山医学, 2022年12月, 査読無し, 招待有り
    ラスト(シニア)オーサー
  • Imbalanced M1 and M2 Macrophage Polarization in Bone Marrow Provokes Impairment of the Hematopoietic Microenvironment in a Mouse Model of Hemophagocytic Lymphohistiocytosis
    Miyuki Yuda; Shin Aizawa; Isao Tsuboi; Yoko Hirabayashi; Tomonori Harada; Hirotsugu Hino; Shuichi Hirai
    Biological and Pharmaceutical Bulletin, 2022年11月, 査読有り, 通常論文
  • Combination of serum 5-S-cysteinyldopa, melanoma inhibitory activity and IL-8 improves the diagnostic accuracy of malignant melanoma compared with individual markers.
    Yuki Katoh; Hiroyuki Hara; Tomonori Harada; Shuichi Hirai
    Medicine, 2022年09月, 査読有り
  • 登山者検診ネットワーク症例報告,―カラパタールトレッキングに参加できた陳旧性心筋梗塞の一例―
    市川智英、原田智紀、上小牧憲寛、夏井裕明
    登山医学, 2020年12月, 査読有り, 通常論文
  • Kinetics of leukemic cells in 3D culture with stromal cells and with arginine deprivation stress
    Tomonori Harada; Isao Tsuboi; Mizuki Utsunomiya; Masahiro Yasuda; Shin Aizawa
    J Biosci Bioeng, 2020年12月, 査読有り, 通常論文
    筆頭著者
  • Dynamics of hematopoiesis is disrupted by impaired hematopoietic microenvironment in a mouse model of hemophagocytic lymphohistiocytosis
    Isao Tsuboi; Tomonori Harada; Yoko Hirabayashi; Shin Aizawa
    Annals of Hematology, 2020年06月, 査読有り, 通常論文
  • Prevention of acute high-altitude illness by health care management during endurance motor rallies
    Asao Hirano; Tomonori Harada; Hiroshi Iseki; Shin Aizawa; Ken Masamune
    日大医学雑誌, 2020年02月, 査読有り, 通常論文
    責任著者
  • Senescence-accelerated mice (SAMP1/TA-1) treated repeatedly with lipopolysaccharide develop a condition that resembles hemophagocytic lymphohistiocytosis.
    Isao Tsuboi; Tomonori Harada; Yoko Hirabayashi; Shin Aizawa
    Haematologica, 2019年10月, 査読有り, 通常論文
  • Interferon-β sensitizes human malignant melanoma cells to temozolomide-induced apoptosis and autophagy
    Makita K; Hara H; Sano E; Okamoto Y; Ochiai Y; Harada T; Ueda T; Nakayama T; Aizawa S; Yoshino A.
    International journal of oncology, 2019年05月, 査読有り, 通常論文
  • Histological Findings of the Lymph Nodes in a Case of African Elephant
    Hiroshi Aijima; Hiroyuki Hara; Tomonori Harada; Hajime Hoshi
    日大医学雑誌, 2018年02月, 査読有り, 通常論文
    責任著者
  • Pulmonary Injury from Waterproofing Spray During a Hike
    Tomonori Harada; Yukio Hirabayashi; Yuriko Takayama-Isagawa; Hiroto Sakamoto; Makoto Kawaishi; Hiroyuki Hara; Shin Aizawa
    WILDERNESS & ENVIRONMENTAL MEDICINE, 2017年12月, 査読有り, 通常論文
  • Long-Term Hypoxic Tolerance in Murine Cornea
    Kazuhiro Kosaku; Tomonori Harada; Toyoharu Jike; Isao Tsuboi; Shin Aizawa
    HIGH ALTITUDE MEDICINE & BIOLOGY, 2017年12月, 査読有り, 通常論文
  • Organic anion transporters, OAT1 and OAT3, are crucial biopterin transporters involved in bodily distribution of tetrahydrobiopterin and exclusion of its excess.
    Ohashi A; Mamada K; Harada T; Naito M; Takahashi T; Aizawa S; Hasegawa H.
    Molecular and cellular biochemistry, 2017年05月, 査読有り, 通常論文
  • Study of human Wharton's duct structure and its relationship with salivary flow
    Kaori Amano; Nobuyuki Mitsukawa; Tomonori Harada; Shin Aizawa; Kazuyuki Shimada
    Italian Journal of Anatomy and Embryology, 2017年, 査読有り, 通常論文
  • Differential Regulation of Lympho-Myelopoiesis by Stromal Cells in the Early and Late Phases in BALB/c Mice Repeatedly Exposed to Lipopolysaccharide
    Isao Tsuboi; Tomonori Harada; Yoko Hirabayashi; Jun Kanno; Shin Aizawa
    BIOLOGICAL & PHARMACEUTICAL BULLETIN, 2016年12月, 査読有り, 通常論文
  • Tetrahydrobiopterin Supplementation: Elevation of Tissue Biopterin Levels Accompanied by a Relative Increase in Dihydrobiopterin in the Blood and the Role of Probenecid-Sensitive Uptake in Scavenging Dihydrobiopterin in the Liver and Kidney of Rats
    Akiko Ohashi; Yusuke Saeki; Tomonori Harada; Masako Naito; Tomihisa Takahashi; Shin Aizawa; Hiroyuki Hasegawa
    PLOS ONE, 2016年10月, 査読有り, 通常論文
  • In vitro chemosensitivity study of human leukemic cells in a three-dimensional bone marrow culture system
    Nobutada Fukino; Tomonori Harada; Isao Tsuboi; Shinsuke Fukui; Masahiro Yasuda and Shin Aizawa
    Journal of Hematology and Therapeutics, 2016年09月, 査読有り, 通常論文
    責任著者
  • A case of a quadricuspid pulmonary valve in a Japanese female
    Tomonori Harada; Isao Tsuboi; Hiroyuki Hara; Michiko Naito; Kazuyuki Shimada; Shin Aizawa
    ANATOMICAL SCIENCE INTERNATIONAL, 2016年09月, 査読無し, 通常論文
  • Age-related functional changes in hematopoietic microenvironment
    Isao Tsuboi; Tomonori Harada; Shin Aizawa
    The Journal of Physical Fitness and Sports Medicine, 2016年05月, 査読有り, 通常論文
  • Quantitative Analysis of Formaldehyde-induced Fluorescence in Paraffin-embedded Specimens of Malignant Melanomas and Other Melanocytic Lesions
    Hiroyuki Hara; Michiko Naito; Tomonori Harada; Isao Tsuboi; Tadashi Terui; Shin Aizawa
    ACTA DERMATO-VENEREOLOGICA, 2016年, 査読有り, 通常論文
  • 日本アルプス縦走前に標高約1,500mに2泊することによる縦走中夜間睡眠中SpO2および脈拍数への影響
    河本千尋、原田智紀、岩澤雪乃、平林幸生、相澤信
    登山医学, 2015年12月, 査読有り, 招待有り
    責任著者
  • 家族富士登山における睡眠中SpO2および脈拍数について-1例報告・第2報-
    原田智紀、堀井昌子、野口いづみ、相澤信
    登山医学, 2015年12月, 査読有り, 招待有り
    筆頭著者
  • 第35回日本登山医学会学術集会(2015)山岳診療所公開討論会の報告
    原田智紀,大平幸子,長岡功,植木彬夫,杉原亨,杉山智英,木野田文也,黒田敏,中村隆,坪井謙,竜崇正,野田透,佐藤真司,小川良雄,前田宜包,水腰英四郎,浜口欣一,京里佳,臼杵尚志
    登山医学, 2015年12月, 査読有り, 招待有り
    筆頭著者
  • Kinetics of hematopoietic stem cells and supportive activities of stromal cells in a three-dimensional bone marrow culture system
    Tomonori Harada; Yukio Hirabayashi; Yoshihiro Hatta; Isao Tsuboi; Wilhelm Robert Glomm; Masahiro Yasuda; Shin Aizawa
    GROWTH FACTORS, 2015年09月, 査読有り, 通常論文
  • Decreased "ineffective erythropoiesis" preserves polycythemia in mice under long-term hypoxia
    Tomonori Harada; Isao Tsuboi; Yukio Hirabayashi; Kazuhiro Kosaku; Michiko Naito; Hiroyuki Hara; Tohru Inoue; Shin Aizawa
    CLINICAL AND EXPERIMENTAL MEDICINE, 2015年05月, 査読有り, 通常論文
  • 北アルプス縦走の数日前に標高約1,500mに1~2泊することが縦走中の高所順応に与える影響について,夜間睡眠中経皮的動脈血酸素飽和度および脈拍数を指標として
    岩澤雪乃、原田智紀、八嶋嘉之、平林幸生、内山真、相澤信、片山容一
    登山医学, 2014年12月, 査読有り, 招待有り
    責任著者
  • Lipopolysaccharide Reciprocally Alters the Stromal Cell-Regulated Positive and Negative Balance between Myelopoiesis and B Lymphopoiesis in C57BL/6 Mice
    Masafumi Taki; Isao Tsuboi; Tomonori Harada; Michiko Naito; Hiroyuki Hara; Tohru Inoue; Shin Aizawa
    BIOLOGICAL & PHARMACEUTICAL BULLETIN, 2014年12月, 査読有り, 通常論文
  • 南アルプス北岳から赤石岳縦走中の高所順応は夜間睡眠中経皮的動脈血酸素飽和度(SpO2)を指標にすると5日を要する
    八嶋嘉之、原田智紀、関谷万理子、平林幸生、内山真、相澤信、片山容一
    登山医学, 2013年12月, 査読有り, 通常論文
    責任著者
  • 燕岳から槍ヶ岳縦走中に発症し上高地で診断された高地肺水腫の一例
    木野田文也、小林信光、横山俊樹、花岡正幸、陳基明、原弘之、原田智紀、相澤信
    登山医学, 2013年12月, 査読有り, 通常論文
  • 蝶ヶ岳から長塀尾根を下山中に標高2350m付近で死亡した16歳男性について
    原田智紀、村井健美、平林幸生、市川亮介、浦井秀徳、森内優子、奈良真理子、井上大輔、上條剛志、小山徹、相澤信、片山容一
    登山医学, 2013年12月, 査読有り, 通常論文
    筆頭著者
  • 長期低酸素環境下におけるマウスモデルを用いた造血機構の検討
    岡村浩人、平林幸生、原田智紀、古作和寛、壷井功、相澤信
    日大医学雑誌, 2013年10月, 査読有り, 通常論文
  • 日本大学医学部徳沢診療所の薬品および医療材料の管理について
    関谷万理子、原田智紀、八嶋嘉之、平林幸生、相澤信、片山容一
    登山医学, 2012年12月, 査読有り, 通常論文
    責任著者
  • Age-related decline of mast cell regeneration in senescence-accelerated mice (SAMP1) after chemical myeloablation due to senescent stromal cell impairment
    Isao Tsuboi; Tomonori Harada; Yoko Hirabayashi; Jun Kanno; Tohru Inoue; Shin Aizawa
    EXPERIMENTAL BIOLOGY AND MEDICINE, 2012年11月, 査読有り, 通常論文
  • 造血制御機構の加齢変化―B細胞造血をモデルとして―
    壷井功、原田智紀、相澤信
    日大医学雑誌, 2012年06月, 査読有り, 通常論文
  • Rapid clearance of supplemented tetrahydrobiopterin is driven by high-capacity transporters in the kidney
    Akiko Ohashi; Yasuko Suetake; Yusuke Saeki; Tomonori Harada; Shin Aizawa; Hiroyuki Hasegawa
    MOLECULAR GENETICS AND METABOLISM, 2012年04月, 査読有り, 通常論文
  • Neopterin, inflammation-associated product, prolongs erythropoiesis suppression in aged SAMP1 mice due to senescent stromal-cell impairment
    Kazuo Aisaki; Ise Tsuboi; Tomonori Harada; Hideki Oshima; Akiko Yamashita; Yoko Hirabayashi; Jun Kanno; Tohru Inoue; Shin Aizawa
    EXPERIMENTAL BIOLOGY AND MEDICINE, 2012年03月, 査読有り, 通常論文
  • 標高1562mの徳沢において夜間睡眠中経皮的動脈血酸素飽和度(SpO2)は入山当日に低下し、2日目に軽度上昇するものの5日目でも平地レベルまで回復しない
    中原健、原田智紀、清水翔一、平田衣里菜、相澤信、内山真、片山容一
    登山医学, 2011年12月, 査読有り, 通常論文
  • 7歳男児の富士登山における連続測定による登高中及び睡眠中の経皮的動脈血酸素飽和度(SpO2)、脈拍数および急性高山病スコア―父親との比較による1例報告―
    原田智紀、安藤隼人、堀井昌子、野口いづみ、相澤信
    登山医学, 2011年12月, 査読有り, 通常論文
    筆頭著者
  • Novel three-dimensional long-term bone marrow culture system using polymer particles with grafted epoxy-polymer-chains supports the proliferation and differentiation of hematopoietic stem cells
    Yukio Hirabayashi; Yoshihiro Hatta; Jin Takeuchi; Isao Tsuboi; Tomonori Harada; Kentaro Ono; Wilhelm Robert Glomm; Masahiro Yasuda; Shin Aizawa
    EXPERIMENTAL BIOLOGY AND MEDICINE, 2011年11月, 査読有り, 通常論文
  • Effect of minocycline on inflammatorycill reactions in cerebral contusion is rats
    Atsushi Sawamoto; Morimichi Koshinaga; Hideki Oshima; Tomonori Harada; Isao Tsuboi; Shin Aizawa
    日大医学雑誌, 2011年10月, 査読有り, 通常論文
  • Mast Cell Development and Biostresses: Different Stromal Responses in Bone Marrow and Spleen after Treatment of Myeloablater, 5-Fluorouracil, and Inflammatory Stressor, Lipopolysaccharide
    Takeo Hokari; Isao Tsuboi; Tomonori Harada; Hideki Oshima; Yoko Hirabayashi; Jun Kanno; Tohru Inoue; Shin Aizawa
    BIOLOGICAL & PHARMACEUTICAL BULLETIN, 2011年10月, 査読有り, 通常論文
  • Therapeutic Effect of Photodynamic Therapy Using Na-Pheophorbide a on Osteomyelitis Models in Rats
    Bunsei Goto; Takanori Iriuchishima; Takashi Horaguchi; Yasuaki Tokuhashi; Yu Nagai; Tomonori Harada; Akiyoshi Saito; Shin Aizawa
    PHOTOMEDICINE AND LASER SURGERY, 2011年03月, 査読有り, 通常論文
  • 高所ツアー参加者の参加危険度判定の試み
    原田智紀、安藤隼人、井出里香、稲次潤子、井本重喜、梶谷 博、金子 宏、神尾重則、上子牧憲寛、久保恵嗣、黒川 惠、児玉 康、許斐真由子、小林俊夫、斉藤 繁、笹尾 玄、志賀尚子、関口令安、高山守正、夏井裕明、西岡隆文、貫田宗男、橋本しをり、花岡正幸、増山 茂、堀井昌子
    登山医学, 2010年12月, 査読有り, 通常論文
    筆頭著者
  • 日本大学医学部山岳部学生による徳沢診療所ボランティア医師確保のための医局回りの期間と成果
    原田智紀、宮田真理子、平林幸生、相澤信、片山容一
    登山医学, 2010年12月, 査読有り, 通常論文
    筆頭著者
  • 徳沢アンケートにおける登山者の内服薬
    平田衣里菜、原田智紀、加藤義弘、大平幸子、清水翔一、長谷川恵、早川彩子、宮田真理子、相澤信、高見剛、片山容一
    登山医学, 2010年12月, 査読有り, 通常論文
    責任著者
  • 日周性疲労は徳沢(標高1562m)における入山翌朝の経皮的動脈血酸素飽和度(SpO2)を低下させる
    清水翔一、原田智紀、中原健、平田衣里菜、長谷川恵、早川彩子、相澤信、内山真、片山容一
    登山医学, 2010年12月, 査読有り, 通常論文
    責任著者
  • Inflammatory biomarker, neopterin, predominantly enhances myelopoiesis, which suppresses erythropoiesis via activated stromal cells.
    Isao Tsuboi; Tomonori Harada; Yoko Hirabayashi; Jun Kanno; Tohru Inoue; Shin Aizawa
    Immunobiology, 2010年05月, 査読有り, 通常論文
  • Effect of Neopterin on Splenic Erythropoiesis in Mice
    Isao Tsuboi; Tomonori Harada; Hideki Oshima; Shin Aizawa
    PTERIDINES, 2010年03月, 査読有り, 通常論文
  • 3年目に入ったJSMM登山者検診ネットワークで見えてきた疾病関連遭難事故防止への方策
    原田智紀、安藤隼人、井出里香、稲次潤子、井本重喜、梶谷 博、金子 宏、神尾重則、上子牧憲寛、久保恵嗣、黒川 惠、児玉 康、許斐真由子、小林俊夫、斉藤 繁、笹尾 玄、志賀尚子、関口令安、高山守正、夏井裕明、西岡隆文、貫田宗男、橋本しをり、花岡正幸、増山 茂、堀井昌子
    登山医学, 2009年12月, 査読有り, 通常論文
    筆頭著者
  • 入山前の睡眠時間と徳沢(1,562m)における経皮的動脈血酸素飽和度
    清水翔一,宮田真理子,原田智紀,相澤信,鈴木亜美,早川彩子,片山容一
    登山医学, 2009年12月, 査読有り, 通常論文
    責任著者
  • 徳沢および白出のコルを通過する登山者の抱える不安と疾患
    宮田真理子、原田智紀、加藤義弘、大平幸子、清水翔一、鈴木亜美、早川彩子、相澤信、高見剛、片山容一
    登山医学, 2009年12月, 査読有り, 通常論文
    責任著者
  • 日本大学医学部徳沢診療所の運営状況と問題点
    原田智紀,相澤信,片山容一
    登山医学, 2009年12月, 査読有り, 通常論文
    筆頭著者
  • In Vitro Effect of Neopterin on Erythropoiesis in Mice
    Isao Tsuboi; Takeo Hokari; Tomonori Harada; Miyuki Yuda; Shin Aizawa
    PTERIDINES, 2009年12月, 査読有り, 通常論文
  • 「JSMM登山者検診ネットワーク」試験運用の一年六ヶ月を検証する
    堀井昌子; 原田智紀; 新井康弘; 安藤隼人; 井出里香; 稲次潤子; 井本重喜; 梶谷 博; 金子 宏; 神尾重則; 上子牧憲寛; 久保恵嗣; 黒川 惠; 桑平一郎; 児玉 康; 許斐真由子; 小林俊夫; 斉藤 繁; 笹尾 玄; 関口令安; 高山守正; 夏井裕明; 西岡隆文; 貫田宗男; 橋本しをり; 花岡正幸; 増山 茂
    登山医学, 2008年12月, 査読有り, 通常論文
  • 「JSMM登山者検診ネットワーク」パイロットスタディーにおける臨床検査での異常値の出現率、特に脂質関係について
    原田智紀、新井康弘、安藤隼人、井出里香、稲次潤子、井本重喜、梶谷 博、金子 宏、神尾重則、上子牧憲寛、久保恵嗣、黒川 惠、桑平一郎、児玉 康、許斐真由子、小林俊夫、斉藤 繁、笹尾 玄、関口令安、高山守正、夏井裕明、西岡隆文、貫田宗男、橋本しをり、花岡正幸、増山 茂、堀井昌子
    登山医学, 2008年12月, 査読有り, 通常論文
    筆頭著者
  • Predominant regeneration of B-cell lineage, instead of myeloid lineage, of the bone marrow after 1 Gy whole-body irradiation in mice: Role of differential cytokine expression between B-cell stimulation by IL10, Flt3 ligand and IL7 and myeloid suppression by GM-CSF and SCF
    Isao Tsuboi; Yoko Hirabayashi; Tomonori Harada; Masaki Hiramoto; Jun Kannob; Tohru Inoue; Shin Aizawa
    RADIATION RESEARCH, 2008年07月, 査読有り, 通常論文
  • Role of hematopoietic microenvironment in prolonged impairment of B cell regeneration in age-related stromal-cell-impaired SAMP1 mouse: effects of a single dose of 5-fluorouracil
    Tsuboi I; Hirabayashi Y; Harada T; Koshinaga M; Kawamata T; Kanno J; Inoue T; Aizawa S.
    Journal of applied toxicology, 2008年05月, 査読有り, 通常論文
  • 「JSMM登山者検診ネットワーク」パイロットスタデイー中間報告
    堀井昌子; 新井康弘; 井出里香; 稲次潤子; 井本重喜; 梶谷博; 金子宏; 神尾重則; 上小牧憲寛; 久保恵嗣; 黒川惠; 桑平一郎; 小林俊夫; 斉藤繁; 笹尾玄; 関口令安; 高山守正; 夏井裕明; 西岡隆文; 貫田宗男; 橋本しをり; 花岡正幸; 原田智紀; 増山茂
    登山医学, 2007年12月, 査読無し, 通常論文
  • In vitro effect of neopterin on splenic mast cell development in senescence accelerated mice (SAM)
    Tomonori Harada; Isao Tsuboi; Miyuki Yuda; Kazunori Wakasugi; Shin Aizawa
    PTERIDINES, 2007年09月, 査読有り, 通常論文
  • Inflammatory biomarker, neopterin, suppresses B lymphopoiesis for possible facilitation of granulocyte responses, which is severely altered in age-related stromal-cell-impaired mice, SCI/SAM
    Akihiro Minami; Isao Tsuboi; Tomonori Harada; Toshitaka Fukumoto; Masaki Hiramoto; Morimichi Koshinaga; Yoko Hirabayashi; Jun Kanno; Tohru Inoue; Shin Aizawa
    EXPERIMENTAL BIOLOGY AND MEDICINE, 2007年01月, 査読有り, 通常論文
  • Inflammatory biomarker, neopterin, enlarges splenic mast-cell-progenitor pool: Prominent impairment of responses in age-related stromal cell-impairment mouse SCI/SAM
    Toshitaka Fukumoto; Isao Tsuboi; Tomonori Harada; Masaki Hiramoto; Akihiro Minami; Morimichi Koshinaga; Yoko Hirabayashi; Jun Kanno; Tohru Inoue; Shin Aizawa
    INTERNATIONAL IMMUNOPHARMACOLOGY, 2006年12月, 査読有り, 通常論文
  • Effects of neopterin on the hematopoietic microenvironment of senescence-accelerated mice (SAM)
    Kanbe E; Hatta Y; Tsuboi I; Harada T; Koshinaga M; Inoue T; Aizawa S
    Biological & pharmaceutical bulletin, 2006年01月, 査読有り, 通常論文
  • Ineffective erythropoiesis in mutant mice with deficient pyruvate kinase activity
    S Aizawa; T Harada; E Kanbe; Tsuboi, I; K Aisaki; H Fujii
    EXPERIMENTAL HEMATOLOGY, 2005年11月, 査読有り, 通常論文
  • Cyclic polylactate inhibited growth of cloned leukemic cells through reducing glycolytic enzyme activities
    T Harada; M Nagasu; Tsuboi, I; M Koshinaga; H Kanno; S Aizawa
    ONCOLOGY REPORTS, 2005年08月, 査読有り, 通常論文
  • 弱毒インフルエンザウイルスの特性
    原田智紀,芝田敏克,原田勇一,井口晃文,五明利恵子,堀江香恵子,星素,黒田和道,清水一史
    日大医学雑誌, 2004年, 査読有り, 通常論文
    筆頭著者
  • Helicobacter pylori 除菌療法におけるEnterococcus faecalis AD101株熱水処理菌体粉末の摂取効果について
    加藤高明,佐藤毅,加茂知久,原田智紀,高山忠利,岩井重富,吉田憲司,加藤伸一,高山理枝,岡部敬一郎
    日本臨床腸内微生物学会誌, 2004年, 査読無し, 通常論文
    筆頭著者
  • 胆道系疾患症例に対して施行されたPTCD及びPTGBDから採取した胆汁からの検出菌の検討
    中川良英,岩井重富,加藤高明,佐藤毅,大塚一秀,原田智紀,伊藤裕美子,高山忠利
    日本臨床腸内微生物学会誌, 2003年, 査読無し, 通常論文
  • In-vitro activity of ciprofloxacin combined with flomoxef against Bacteroides fragilis, compared with that of ciprofloxacin combined with clindamycin
    K. Kato; S. Iwai; T. Sato; T. Harada; Y. Nakagawa; H. Iwanaga; Y. Ito; T. Takayama
    Journal of Infection and Chemotherapy, 2002年, 査読有り, 通常論文
  • 外科病棟における嫌気性菌の検出とその意義について
    佐藤毅,加藤高明,千島由朗,原田智紀,橋爪正明,高山忠利
    日本外科感染症研究, 2002年, 査読無し, 通常論文
  • 過去10年間の消化器外科領域における嫌気性菌検出状況
    潮るな,佐藤毅,加藤高明,大塚一秀,中川良英,原田智紀,岩井重富
    日本嫌気性菌感染症研究, 2001年, 査読無し, 通常論文
  • 肝膿瘍から嫌気性菌が検出された11症例の検討
    大塚一秀,加藤高明,佐藤毅,中川良英,潮るな,原田智紀,伊藤裕美子,岩永仁美,高野靖悟,岩井重富
    日本嫌気性菌感染症研究, 2001年, 査読無し, 通常論文
  • バクテロイデス感染症に対するciprofloxacinとflomoxefとの併用投与について
    加藤高明,佐藤毅,大塚一秀,中川良英,佐藤一雄,原田智紀,潮るな,伊藤裕美子,岩永仁美,岩井重富
    日本嫌気性菌感染症研究, 2001年, 査読無し, 通常論文
  • 食道癌術後感染症低下のための工夫 特に呼吸器感染症について
    佐藤毅,加藤高明,大塚一秀,中川良英,潮るな,原田智紀,宋圭男,村山公,佐藤博信,岩井重富
    日本外科感染症研究, 2001年, 査読無し, 通常論文
  • 過去10年間の消化器外科領域における分離菌検出状況及びSerratia marcescensの各種抗菌薬に対する薬剤感受性について
    潮るな,佐藤毅,加藤高明,大塚一秀,中川良英,原田智紀,岩井重富
    日本外科感染症研究, 2001年, 査読無し, 通常論文
  • Serratia marcescens 菌血症例の検討
    中川良英,加藤高明,佐藤毅,奥村光治郎,大塚一秀,原田智紀,潮るな,伊藤裕美子,岩永仁美,岩井重富
    日本臨床腸内微生物学会誌, 2001年, 査読無し, 通常論文
  • Clostridium perfringensを起炎菌とした胆嚢炎の2例
    原田智紀,加藤高明,佐藤毅,大塚一秀,中川良英,潮るな,伊藤裕美子,岩永仁美,岩井重富
    日本嫌気性菌感染症研究, 2001年, 査読無し, 通常論文
    筆頭著者

MISC

  • 山岳診療所のきのう、きょう、あした:「あした」の徳沢診療所に残される「きょう」は何か?「きのう」そして新型コロナウイルス感染拡大防止からの教訓
    原田智紀
    登山医学, 2020年12月31日, 査読無し, 招待有り
    筆頭著者
  • 肺動脈4尖弁の一例
    原田智紀1、壷井功1、原弘之1、内藤美智子1、島田和幸1; 2、相澤信1
    臨床解剖研究会記録, 2014年02月, 査読無し, 通常論文
    筆頭著者
  • Stimulation of brain-serotonin production by peripherally administered sepiapterin, a precursor of the salvage pathway of tetrahydrobiopterin
    Hiroyuki Hasegawa; Akiko Ohashi; Tomonori Harada; Shin Aizawa
    JOURNAL OF PHARMACOLOGICAL SCIENCES, 2012年, 査読無し, 通常論文
  • Suppression of B lymphopoiesis by neopterin is based on stromal cell-derived cytokines, and facilitates a capacity of myeloid cell proliferation during inflammatory process
    Tsuboi, I; S Aizawa; T Harada; M Hiramoto; Y Hirabayashi; Kanno, I; T Inoue
    EXPERIMENTAL HEMATOLOGY, 2005年07月, 査読無し, 通常論文

書籍等出版物

  • 登山研修 VOL. 39
    共著, Acute Altitude Illness:急性高地性疾患、とくに高地肺水腫(HAPE)について
    独立行政法人日本スポーツ振興センター 国立登山研修所, 2024年03月
  • ROSS 組織学 原書第7版
    内山安男; 藤本豊士; 野村隆士; 牛木辰男; 星治; 高田邦明; 松野健二郎; 和栗聡; 相澤信; 原弘之; 壷井功; 原田智紀; 依藤宏; 渡辺雅彦; 岡部繁男; 大塚愛二; 伊藤恒敏; 河田光博; 川上速人; 妹尾春樹; 相磯貞和; 菅沼龍夫; 渡辺剛; 年森清隆; 伊藤千鶴; 若山友彦; 大野伸一; 大野信彦; 八木沼洋行, 共訳, 血液, 内山安男、藤本豊士、野村隆士、牛木辰男、星治、高田邦明、松野健二郎、和栗聡、相澤信、原弘之、壷井功、原田智紀、依藤宏、渡辺雅彦、岡部繁男、大塚愛二、伊藤恒敏、河田光博、川上速人、妹尾春樹、相磯貞和、菅沼龍夫、渡辺剛、年森清隆、伊藤千鶴、若山友彦、大野伸一、大野信彦、八木沼洋行
    南江堂, 2019年04月, 査読無し
    9784524259298
  • 高山病と関連疾患のガイドライン
    一般社団法人日本登山医学会; 高山病と関連疾患のガイドライン作成委員会, 編者(編著者), 第Ⅲ章 高地肺水腫, 一般社団法人日本登山医学会 高山病と関連疾患のガイドライン作成委員会
    中外医学社, 2017年06月, 査読無し
    9784498066885
  • ROSS 組織学 原書第5版
    内山安男; 似鳥徹; 藤本豊士; 野村隆士; 牛木辰男; 星治; 高田邦明; 松野健二郎; 和栗聡; 相澤信; 越永守道; 壷井功; 原田智紀; 依藤宏; 岡部繁男; 大塚愛二; 伊藤恒敏; 河田光博; 川上速人; 妹尾春樹; 相磯貞和; 菅沼龍夫; 渡辺剛; 年森清隆; 伊藤千鶴; 若山友彦; 大野伸一; 寺田信生; 八木沼洋行, 共訳, 血液, 内山安男、似鳥徹、藤本豊士、野村隆士、牛木辰男、星治、高田邦明、松野健二郎、和栗聡、相澤信、越永守道、壷井功、原田智紀、依藤宏、岡部繁男、大塚愛二、伊藤恒敏、河田光博、川上速人、妹尾春樹、相磯貞和、菅沼龍夫、渡辺剛、年森清隆、伊藤千鶴、若山友彦、大野伸一、寺田信生、八木沼洋行
    南江堂, 2010年06月, 査読無し
    9784524243679

講演・口頭発表等

  • 老化促進モデルマウスSAMP1/TA-1の潜在的造血機能障害は一時的なマクロファージの枯渇により顕在化する
    原田智紀; 小池隆; 三浦勝浩; 湯田幸; 日野浩嗣; 八田善弘; 中村英樹; 平林容子; 壷井功; 相澤信; 平井宗一
    第129回日本解剖学会総会・全国学術集会, 2024年03月, 通常論文
  • 高地肺水腫が疑われて緊急下山を開始し、標高を 1000m下げたものの下山決定から 10時 間ほどで死亡した急速進行の一例
    原田智紀
    第43回一般社団法人日本登山医学会学術集会, 2023年06月, 通常論文
  • ハーフマラソンで90分を切る運動強度は登山ではどのような体力か?
    原田智紀
    第43回一般社団法人日本登山医学会学術集会, 2023年06月, 通常論文
  • 右鎖骨下動脈起始異常の一例の走行
    瀬田 大智; 市川 明亮; 島田 靖子; 村田 龍太; 内藤 美智子; 今田 正人; 中村 陽市; 島田 和幸; 原田 智紀; 平井 宗一
    第128回日本解剖学会総会・全国学術集会, 2023年03月, 通常論文
  • 骨髄造血微小環境におけるM1 ・M2マクロファージの役割に ついての検討
    日野 浩嗣; 湯田 幸; 相澤 信; 壷井 功; 平林 容子; 原田 智紀; 平井 宗一
    第128回日本解剖学会総会・全国学術集会, 2023年03月, 通常論文
  • 山岳診療所を100年企業とするために
    原田智紀、清水翔一、平林幸生
    第42回日本登山医学会学術集会, 2022年06月, 通常論文
  • COVID-19蔓延下での日本大学医学部徳沢診療所の現状と課題
    清水翔一、原田智紀
    第42回日本登山医学会学術集会, 2022年06月, 通常論文
  • 過剰な全身性炎症による造血組織の損傷は加齢によって増悪する
    原田智紀、日野浩嗣、池田俊勝、内藤美智子、原弘之、相澤信、平井宗一
    第127回⽇本解剖学会総会・全国学術集会, 2022年03月, 通常論文
  • 右鎖骨下動脈起始異常の一例
    本田智也、堀越泰岳、堀越智之、保谷卓志、内藤美智子、今田正人、島田和幸、原田智紀、平井宗一
    第127回⽇本解剖学会総会・全国学術集会, 2022年03月, 通常論文
  • A case of HAPE developed at relatively low altitude of 2,680 m in Japan Alps.
    Tomonori Harada; Takahiro Namiki; Takase Osawa; Naohiro Niimi; Mikio Matsumoto; Shin Aizawa.
    XIII WORLD CONGRESS ON MOUNTAIN MEDICINE, 2021年06月, INTERNATIONAL SOCIETY FOR MOUNTAIN MEDICINE
  • 山小屋内の階段で狭心症発作を繰り返した登山者の一例
    三宅祥子、原田智紀、忽滑谷寛直、平林幸生、市川智英、相澤信
    第41回一般社団法人日本登山医学会学術集会, 2021年05月, 一般社団法人日本登山医学会
  • 一般演題1高所・登山(Ⅰ)
    1-1伊藤正孝、1-2吉田泰行、1-3井出里香、1-4小林研
    第41回一般社団法人日本登山医学会学術集会, 2021年05月, 一般社団法人日本登山医学会, 招待有り
  • 造⾎組織は⾎球貪⾷性リンパ組織球症の致死的損傷を受ける臓器の⼀つである
    原田智紀、壷井功、日野浩嗣、内藤美智子、原弘之、相澤信
    第126回⽇本解剖学会総会・全国学術集会 / 第98回⽇本⽣理学会⼤会 合同⼤会, 2021年03月, 通常論文
  • 「あした」の徳沢診療所に残される「きょう」は何か?「きのう」そして新型コロナウイルス感染拡大防止からの教訓
    原田智紀
    第40回一般社団法人日本登山医学会学術集会, 2020年10月, 一般社団法人日本登山医学会, 通常論文
  • 登山者検診ネットワーク症例報告~カラパタールトレッキングに参加できた陳旧性心筋梗塞の一例~
    市川智英,上小牧憲寛,原田智紀,夏井裕明
    第40回一般社団法人日本登山医学会学術集会, 2020年10月, 一般社団法人日本登山医学会, 通常論文
  • 小中学生の夏季長期歩行合宿における救護対応の報告
    大手まゆみ,稲垣泰斗,原田智紀
    第40回一般社団法人日本登山医学会学術集会, 2020年10月, 一般社団法人日本登山医学会, 通常論文
  • 槍ヶ岳表銀座で発症し、自力下山した高地肺水腫の一例
    原田智紀,並木貴宏,大澤隆世,新美尚史,松本幹生,相澤信
    第40回一般社団法人日本登山医学会学術集会, 2020年10月, 一般社団法人日本登山医学会, 通常論文
  • 家族富士登山における睡眠中SpO2および脈拍数について―1例報告・第3報―
    原田智紀,相澤信
    第40回一般社団法人日本登山医学会学術集会, 2020年10月, 一般社団法人日本登山医学会, 通常論文
  • LPS投与による血球貪食性リンパ組織球症様病態像モデルマウス
    原田智紀、壷井功、日野浩嗣、内藤美智子、原弘之、相澤信
    第125回日本解剖学会総会・全国学術集会, 2020年03月, 通常論文
  • SAMP1/TA-1 mice treated repeatedly with LPS shows hemophagocytic lymphohistiocytosis-like disease
    Tomonori Harada; Isao Tsuboi; Shin Aizawa
    第81回日本血液学会学術集会, 2019年10月, 通常論文
  • LPS頻回投与によりSAMP1/TA-1マウスは血球貪食性リンパ組織球症様病態像を呈する
    壷井功、原田智紀、平林容子、相澤信
    第34回老化促進モデルマウス(SAM)学会学術大会, 2019年07月, 通常論文
  • 高地モーターレースサポートチームへの急性高地性疾患対策専門の非医療職スタッフ導入による受診者数減少について
    平野朝士,原田智紀,相澤信
    第39回一般社団法人日本登山医学会学術集会, 2019年06月, 通常論文
  • 高所旅行、高所トレッキング、高所登山参加前検診における医師の面接の重要性について
    原田智紀、堀井昌子、安藤真由子、稲村道子、長雄一、梶谷博、上小牧憲寛、亀田広明、川本雅司、黒川惠、小林俊夫、小林信光、齋藤繁、高濱充貴、高山守正、夏井裕明、西岡隆文、橋本しをり、花岡正幸、増山茂
    第39回一般社団法人日本登山医学会学術集会, 2019年06月, 通常論文
  • 造血制御システムの破綻と老化
    原田智紀、相澤信
    第124回日本解剖学会総会・全国学術集会, 2019年03月, 通常論文
  • CONTINUOUS MEASUREMENTS OF OXYGEN SATURATION FOR FIVE CONSECUTIVE NIGHTS AT ALTITUDE OF 3000 m IN A FAMILY WHILE ASLEEP
    Tomonori Harada and Shin Aizawa
    XII ISMM World Congress on Mountain Medicine, 2018年11月
  • CONTINUOUS MEASUREMENTS OF OXYGEN SATURATIONFOR FIVE CONSECUTIVE NIGHTS ATALTITUDE OF 3000 m IN A FAMILY WHILE ASLEEP
    Tomonori Harada; Shin Aizawa
    XII ISMM World Congress on Mountain Medicine, 2018年11月, 通常論文
  • 人工骨髄モデルとしての三次元培養における抗がん剤の薬剤感受性
    原田智紀、壷井功、相澤信
    第80回日本血液学会学術集会, 2018年10月, 通常論文
  • ヘッドホン型測定機器とスマートホンによる高地での生理的データ取得について
    原田智紀、平野朝士、相澤信
    第38回日本登山医学会学術集会, 2018年06月, 通常論文
  • 三次元培養法における白血病細胞の動態
    原田智紀、壷井功、内藤美智子、古作和寛、原弘之、相澤信
    第123回日本解剖学会総会・全国学術集会, 2018年03月, 通常論文
  • テトラヒドロビオプテリンの尿中排出における有機陰イオン輸送体の役割
    大橋晶子、内藤昌子、二宮禎、高橋富久、原田智紀、長谷川宏幸
    第123回日本解剖学会総会・全国学術集会, 2018年03月, 通常論文
  • 甲状腺峡部欠損の一例
    増山龍黄、前田自然、町田宗将、松倉秀、原田智紀、内藤美智子、島田和幸、今田正人、相澤信
    第123回日本解剖学会総会・全国学術集会, 2018年03月, 通常論文
  • 高山病予防を目的としたウェアラブル生体情報による安全管理の研究
    平野朝士; 原田智紀; 伊関 洋; 正宗 賢; 野村健一; 相澤 信
    日本生体医工学会 第15回RS研究会, 2018年03月, 通常論文
  • 発達した右下肝静脈の一例
    内河仁志、今井涼子、岩崎直樹、梅津康宏、原田智紀、内藤美智子、島田和幸、今田正人、相澤信
    第549回日本大学医学会例会, 2018年03月, 通常論文
  • 二分甲状腺の一例
    前田自然、増山龍黄、町田宗将、松倉秀、原田智紀、内藤美智子、島田和幸、今田正人、相澤信
    第549回日本大学医学会例会, 2018年03月, 通常論文
  • WBGTを用いた北アルプス夏山登山の熱中症および低体温症に関する 環境リスク評価
    藤堂康治、原田智紀、三浦裕
    第28回⽇本臨床スポーツ医学会学術集会, 2017年11月, 通常論文
  • WBGTを用いた北アルプス夏山登山の熱中症および低体温症に関する環境リスク評価
    藤堂康治; 原田智紀; 三浦裕
    第28回⽇本臨床スポーツ医学会学術集会, 2017年11月, 通常論文
  • セピアプテリンの末梢投与による脳内トリプトファンレベルの変動
    大橋晶子,原田智紀,内藤昌子,髙橋富久,相澤信,長谷川宏幸
    日本ビタミン学会第69回大会, 2017年06月, 通常論文
  • 富士登山中に嘔吐したことより急性高山病と判断された発作性心房細動の一例
    原田智紀、塚原悠、伊東睦美、長谷川裕美、前田宜包、相澤信
    第4回アジア・太平洋登山医学会/第37回日本登山医学会合同学術集会, 2017年06月, 通常論文
  • LPS頻回投与における慢性炎症下の加齢様B細胞造血能低下について
    原田智紀、壷井功、内藤美智子、古作和寛、原弘之、相澤信
    第122回日本解剖学会総会・全国学術集会, 2017年03月, 通常論文
  • Pulmonary damage after exposure to waterproofing spray manifested at an altitude of 1562 m during mountaineering: a case report
    Tomonori Harada; Yukio Hirabayashi; Yuriko Takayama; Hiroto Sakamoto; Makoto Kawaishi; Hiroyuki Hara; Shin Aizawa
    7th World Congress of Mountain and Wilderness Medicine, 2016年08月, the Wilderness Medicine Society and the International Society of Mountain Medicine, 通常論文
  • セピアプテリンの末梢投与による脳内カテコールアミン生合成の促進
    大橋晶子,内藤昌子,髙橋富久,原田智紀,長谷川宏幸
    日本ビタミン学会第69回大会, 2016年06月, 通常論文
  • 防水スプレーによる急性肺障害が登山開始後に顕在化したと考えられた一例
    原田智紀、平林幸生、高山由理子、坂元広登、河石真、原弘之、相澤信
    第36回一般社団法人日本登山医学会学術集会, 2016年06月, 通常論文
  • LPS頻回投与による造血系の加齢様変化におけるストローマ細胞機能低下についての検討
    壷井 功、原田智紀、平林容子、菅野 純、相澤 信
    第39回日本基礎老化学会, 2016年05月, 通常論文
  • 三次元骨髄培養モデルにおける造血支持特性
    原田智紀、壷井功、内藤美智子、古作和寛、原弘之、相澤信
    第121回日本解剖学会総会・全国学術集会, 2016年03月, 通常論文
  • 低酸素環境飼育による多血症マウスの赤血球造血動態について
    原田智紀; 壷井功; 平林容子; 平林幸生; 菅野 純; 相澤 信
    第77回日本血液学会学術集会, 2015年10月, 通常論文
  • 老化促進モデルマウスを用いた加齢に伴う肥満細胞造血の変動についての検討
    壷井功; 原田智紀; 内藤美智子,原弘之,平林容子; 菅野純; 相澤信
    第38回日本基礎老化学会, 2015年06月, 通常論文
  • 縦走前に標高1500mで数泊することにより縦走中夜間睡眠中SpO2への影響
    河本千尋、原田智紀、岩澤雪乃、北村昌之、平林幸生、相澤信
    第35回一般社団法人日本登山医学会学術集会, 2015年05月, 通常論文
  • 家族富士登山における睡眠中SpO2および脈拍数について-1例報告・第2報-
    原田智紀、相澤信
    第35回一般社団法人日本登山医学会学術集会, 2015年05月, 通常論文
  • 長期低酸素環境下における多血症維持機構について
    原田智紀、壷井功、内藤美智子、古作和寛、原弘之、相澤信
    第120回日本解剖学会総会・全国学術集会, 2015年03月, 通常論文
  • 携帯型CPAP;高所旅行・トレッキングを希望する重症OSAS患者の福音となるか
    増山茂、福島真司、栗田直、濱田篤郎、安藤真由子、原田智紀
    第18回日本渡航医学会学術集会, 2014年07月, 通常論文
  • 高所登山前健診にて参加中止を勧めた事例および高所での健康状態悪化事例について
    原田智紀、上小牧憲寛、小林俊夫、齋藤 繁、高山守正、夏井裕明、 西岡隆文、橋本しをり、花岡正幸、増山 茂、堀井昌子
    第34回一般社団法人日本登山医学会学術集会, 2014年06月, 通常論文
  • 標高1500mでの宿泊がその後の縦走中夜間睡眠中SpO2および脈拍数(PR)に与える影響
    岩澤雪乃、原田智紀、八嶋嘉之、平林幸生、内山真、相澤信、片山容一
    第34回一般社団法人日本登山医学会学術集会, 2014年05月, 通常論文
  • Observational cohort study of outcomes of mountaineering health checks and the prevalence of recommendations to stop participation
    Tomonori Harada; Norihiro Kamikomaki; Toshio Kobayashi; Shigeru Saito; Morimasa Takayama; Michiro Nakashima; Hiroaki Natsui; Takabumi Nishioka; Shiori Hashimoto; Masayuki Hanaoka; Shigeru Masuyama; Kozo Matsubayashi; Masako Horii
    X. World Congress on High Altitude Medicine and Physiology & Mountain Emergency Medicine, 2014年05月, 通常論文
  • Cardiac monitoring using manual ECG event recorders among high-altitude hikers in Mt. Fuji, Japan
    Kosuke Haruki,Akihiro Hitani; Masako To,Sayuki Kobayashi; Shiro Nakahara,Tomonori Harada; Masako Horii
    X. World Congress on High Altitude Medicine and Physiology & Mountain Emergency Medicine, 2014年05月, 通常論文
  • Portable CPAP machine, a new device to manage high altitude trekkinng of severe obstructive sleep apnea(OSA) patients
    Shigeru Masuyama; Shinji Fukushima; Atsuo Hamada; Mayuko Ando,Tomonori Harada
    X. World Congress on High Altitude Medicine and Physiology & Mountain Emergency Medicine, 2014年05月, 通常論文
  • 低酸素環境下飼育マウスの造血制御機構について
    原田智紀、壷井功、内藤美智子、古作和寛、原弘之、井上達、相澤信
    第119回日本解剖学会総会・全国学術集会, 2014年03月, 通常論文
  • 肺動脈に過剰尖弁を認めた一例
    原田智紀、壷井功、原弘之、内藤美智子、島田和幸、相澤信
    第521回日本大学医学会例会, 2013年11月, 通常論文
  • 加齢に伴うストローマ細胞機能低下により骨髄破壊後のマウス肥満細胞造血再生は減弱する
    原田智紀、壷井功、平林容子、菅野純、井上達、相澤信
    第75回日本血液学会学術集会, 2013年10月, 通常論文
  • 肺動脈4尖弁の一例
    原田智紀、壷井功、原弘之、内藤美智子、島田和幸、相澤信
    第17回臨床解剖研究会, 2013年08月, 通常論文
  • 海外でも怖い SAS 患者:CPAP 管理にご注意を
    増山茂、福島慎一、濱田篤郎、安藤隼人、安藤真由子、原田智紀、堀井昌子
    第17回日本渡航医学会学術集会, 2013年07月, 通常論文
  • SAMP1:加齢に伴う骨髄間質細胞の機能低下により5-FU投与後の肥満細胞細胞造血は低下する
    壷井功; 原田智紀; 平林容子; 菅野純; 井上達; 相澤信
    第28回老化促進モデルマウス(SAM)研究協議会, 2013年07月, 通常論文
  • 燕岳から槍ヶ岳縦走中に発症し上高地で診断された高地肺水腫の一例
    木野田文也、小林信光、横山俊樹、花岡正幸、陳基明、原弘之、原田智紀、相澤信
    第33回日本登山医学会学術集会, 2013年06月, 通常論文
  • 症例報告:蝶ヶ岳から長塀尾根を下山中に標高2350m付近で死亡した16歳男性について
    原田智紀、村井健美、平林幸生、市川亮介、浦井秀徳、森内優子、奈良真理子、井上大輔、上條剛志、小山徹、相澤信、片山容一
    第33回日本登山医学会学術集会, 2013年06月, 通常論文
  • 南アルプス縦走中の高所順応は夜間睡眠中経皮的動脈血酸素飽和度(SpO2)および脈拍数(HR)を指標にすると5日を要する
    八嶋嘉之、原田智紀、関谷万理子、平林幸生、内山真、相澤信、片山容一
    第33回日本登山医学会学術集会, 2013年06月, 通常論文
  • 加齢マウスにおけるストローマ細胞機能低下が肥満細胞造血に与える影響について
    原田智紀、壷井功、古作和寛、原弘之、井上達、相澤信
    第118回日本解剖学会総会・全国学術集会, 2013年03月, 通常論文
  • 加齢に伴う造血微小環境の機能低下がB細胞造血に与える影響について
    原田智紀、壷井功、古作和寛、原弘之、井上達、相澤信
    第2回日本大学幹細胞研究フォーラム, 2013年01月, 通常論文
  • ガス吸着分解装置設置後の解剖実習に伴うホルムアルデヒド(FA)吸入による呼吸機能・気道過敏性への影響
    山口 賢二; 石渡 裕作; 古川 典子; 関山 忠孝; 平沼 久人; 伊藤 玲子; 原田 智紀; 服部 知洋; 馬島 徹; 相澤 信; 橋本 修
    第64回日本気管食道科学会学術講演会, 2012年11月, 通常論文
  • Six cases considered risky to go to high altitude by pre mountaineering health check
    Tomonori Harada; Hayato Ando; Rie Ogiwara; Hiroshi Kajitani; Norihiro Kamikomaki; Toshio Kobayashi; Shigeru Saito; Morimasa Takayama; Michiro Nakashima; Hiroaki Natsui; Takabumi Nishioka; Shiori Hashimoto; Masayuki Hanaoka; Shigeru Masuyama; Kozo Matsubayashi; Masako Horii
    The IX World Congress of the International Society for Mountain Medicine, 2012年11月, 通常論文
  • The decrease of ineffective erythropoiesis preserves polycythemia in mice with long-term hypoxic condition
    Tomonori Harada; Hiroto Okamura; Isao Tsuboi; Yukio Hirabayashi; Kazuhiro Kosaku; Hiroyuki Hara; Tohru Inoue; Shin Aizawa
    The IX World Congress of the International Society for Mountain Medicine, 2012年11月, 通常論文
  • マウス肥満細胞の造血微小環境による制御機構について
    原田智紀、保刈岳雄、壷井功、平林容子、菅野純、井上達、相澤信
    第74回日本血液学会学術集会, 2012年10月, 通常論文
  • 加齢に伴う造血間質細胞の機能低下により炎症時のB細胞造血反応は低下する
    壷井功; 原田智紀; 平林容子; 菅野純; 井上達; 相澤信
    第27回老化促進モデルマウス(SAM)研究協議会, 2012年07月, 通常論文
  • 日本大学医学部徳沢診療所の薬品および医療材料の管理、発注について
    関谷万理子、原田智紀、八嶋嘉之、平林幸生、相澤信、片山容一
    第32回日本登山医学会学術集会, 2012年06月, 通常論文
  • 一見健康そうに見えるものの、検診にて高所ツアーが危険と判定された6例について
    原田智紀、安藤隼人、梶谷 博、上小牧憲寛、小林俊夫、齋藤 繁、志賀尚子、高山守正、夏井裕明、西岡隆文、橋本しをり、花岡正幸、増山 茂、堀井昌子
    第32回日本登山医学会学術集会, 2012年06月, 通常論文
  • 中高年登山者の富士登山におけるイベントレコーダーを用いた心電図伝送の試み
    春木 宏介; 原田 智紀; 小沼 善明; 小俣 諭子; 矢澤 淳子; 石川 貴徳; 小林 さゆき; 中原 志朗; 高柳 寛; 黒川 恵; 堀井 昌子
    第32回日本ホルター・ノンインベイシブ心電学研究会, 2012年06月, 通常論文
  • 高分子微粒子担体とMS-5細胞を用いた三次元骨髄培養モデルにおける造血支持能
    原田智紀、壷井功、大島秀規、原弘之、井上達、相澤信
    第117回日本解剖学会総会・全国学術集会, 2012年03月, 通常論文
  • セピアプテリン(テトラヒドロビオプテリンのサルベージ経路前駆体)の末梢投与による脳内セロトニン合成の促進
    長谷川宏幸,大橋晶子,原田智紀,相澤信
    第85回日本薬理学会年会, 2012年03月, 通常論文
  • Age-related change in erythropoietic response to neopterin in senescence accelerated mice
    Isao Tsuboi; Tomonori Harada; Yoko Hirabayashi; Jun Kanno; Tohru Inoue; Shin Aizawa
    The 73rd Annual Meeting of the Japanese Society of Hematology(JSH2011), 2011年10月, 通常論文
  • 光線力学療法(PDT)を用いた多剤耐性菌感染に対する新規治療法の開発
    斎藤 明義、後藤 文聖、永井 悠、徳橋 泰明、原田 智紀、相澤 信
    第506回日本大学医学会例会, 2011年09月, 通常論文
  • セピアプテリンとテトラヒドロビオプテリンの血液脳関門透過性
    大橋晶子、長谷川宏幸、相澤信、原田智紀、佐伯雄輔、西元奈穂、青島良輝、関端広大
    第15回活性アミンに関するワークショップ, 2011年08月, 通常論文
  • 徳沢アンケートによる登山中医療ニーズ調査
    平田衣里菜、原田智紀、中原健、清水翔一、早川彩子、相澤信、片山容一
    第31回日本登山医学会学術集会, 2011年06月, 日本登山医学会, 通常論文
  • 徳沢(標高1562m)における夜間睡眠中の経皮的動脈血酸素飽和度(SpO2)の低下について
    中原健、原田智紀、清水翔一、平田衣里菜、相澤信、内山真、片山容一
    第31回日本登山医学会学術集会, 2011年06月, 日本登山医学会, 通常論文
  • 小児の富士登山における睡眠を含めた経皮的動脈血酸素飽和度(SpO2)について
    原田智紀、安藤隼人、堀井昌子、野口いづみ、相澤信
    第31回日本登山医学会学術集会, 2011年06月, 日本登山医学会, 通常論文
  • 登山者検診ネットワークによる事前検診受診者の高所ツアー中Lake Louise Scoreと経皮的動脈血酸素飽和度(SpO2)
    原田智紀、安藤隼人、井本重喜、梶谷 博、上小牧憲寛、黒川 惠、児玉 康、小林俊夫、齋藤 繁、志賀尚子、高山守正、夏井裕明、西岡隆文、貫田宗男、橋本しをり、花岡正幸、増山 茂、堀井昌子
    第31回日本登山医学会学術集会, 2011年06月, 日本登山医学会, 通常論文
  • テトラヒドロビオプテリン投与時の尿中排出機構とシクロスポリンAの効果について
    大橋晶子; 原田智紀; 佐伯雄輔; 相澤信; 長谷川宏幸
    日本ビタミン学会第63回大会, 2011年06月, 通常論文
  • Regulation of mast cell progenitors by hematopoietic microenvironment
    Tomonori Harada; Isao Tsuboi; Hideki Oshima; Hiroyuki Hara; Tohru Inoue; Shin Aizawa
    The 88th Annual Meeting of The Physiological Society of Japan and the 116th Annual Meeting of The Japanese Association of Anatomists, 2011年03月, 通常論文
  • Hematopoietic response subjected to long-term hypoxic condition in mice
    Tomonori Harada; Isao Tsuboi; Yukio Hirabayashi; Hideki Oshima; Hiroyuki Hara; Tohru Inoue; Shin Aizawa
    The 17th International Hypoxia Symposium, 2011年02月, 通常論文
  • EEG recording with handy sized mobile electroencephalograph in the mountain
    Shoichi Shimizu; Tomonori Harada; Ken Nakahara; Erina Hirata; Megumi Hasegawa; Ayako Hayakawa; Shin Aizawa; Yoichi Katayama; Makoto Uchiyama
    29th International Congress of Clinical Neurophysiology, 2010年10月, 通常論文
  • Estimate of the usefulness of health check program in the Japanese Society of Mountain Medicine to predict the progress of chronic disease in elderly mountaineers during high altitude tour
    Tomonori Harada; Hayato Andou; Hiroshi Kajitani; Norihiro Kamikomaki; Toshio Kobayashi; Morimasa Takayama; Hiroaki Natsui; Takabumi Nishioka; Masayuki Hanaoka; Shigeru Masuyama; Masako Horii
    8th Asia-Pacific Travel Health Conference, 2010年10月, 通常論文
  • Effect of neopterin on erythropoiesis in mice
    Yukio Hirabayasyi; Isao Tsuboi; Tomonori Harada; Yoko Hirabayashi; Jun Kanno; Tohru Inoue; Yoshihiro Hatta; Jin Takeuchi; Shin Aizawa
    The 72nd Annual Meeting of the Japanese Society of Hematology(JSH2010), 2010年09月, 通常論文
  • The effect for the prevention from sudden death and exacerbation of diseases on the Pilot Study of “JSMM Health Evaluation Network”
    Tomonori Harada; Hayato Andou; Rika Ide; Hiroshi Kajitani; Norihiro Kamikomaki; Toshio Kobayashi; Shigeru Saitou; Kimiyasu Sekiguchi; Naoko Shiga; Morimasa Takayama; Hiroaki Natsui; Takabumi Nishioka; Shiori Hashimoto; Masayuki Hanaoka; Shigeru Masuyama; Masako Horii
    THE VIII WORLD CONGRESS ON HIGH ALTITUDE MEDICINE AND PHYSIOLOGY - CARLOS MONGE CASSINELLI, 2010年08月, 通常論文
  • 高所ツアー参加者の参加危険度判定の試み
    原田智紀、安藤隼人、井出里香、稲次潤子、井本重喜、梶谷 博、金子 宏、神尾重則、上子牧憲寛、久保恵嗣、黒川 惠、児玉 康、許斐真由子、小林俊夫、斉藤 繁、笹尾 玄、志賀尚子、関口令安、高山守正、夏井裕明、西岡隆文、貫田宗男、橋本しをり、花岡正幸、増山 茂、堀井昌子
    第30回 日本登山医学会学術集会, 2010年05月, 通常論文
  • 日本大学医学部山岳部学生による徳沢診療所ボランティア医師確保のための医局回りの期間と成果
    原田智紀、宮田真理子、平林幸生、相澤信、片山容一
    第30回 日本登山医学会学術集会, 2010年05月, 通常論文
  • 徳沢アンケートにおける登山者の内服薬
    平田衣里菜、原田智紀、加藤義弘、大平幸子、清水翔一、長谷川恵、早川彩子、宮田真理子、相澤信、高見剛、片山容一
    第30回 日本登山医学会学術集会, 2010年05月, 通常論文
  • 日周性疲労は徳沢(標高1562m)における入山翌朝の経皮的動脈血酸素飽和度(SpO2)を低下させる
    清水翔一、原田智紀、中原健、平田衣里菜、長谷川恵、早川彩子、相澤信、内山真、片山容一
    第30回 日本登山医学会学術集会, 2010年05月, 通常論文
  • マウス骨髄の赤血球造血に対するネオプテリンの効果
    原田智紀,壷井 功,大橋晶子,大島秀規,原 弘之,相澤 信
    第115回日本解剖学会総会・全国学術集会, 2010年03月, 通常論文
  • 放射線照射後の造血微小環境はサイトカイン産生を介してB細胞造血を促進し、顆粒球造血を抑制する
    壷井功; 原田智紀; 平林容子; 菅野純; 井上達; 相澤信
    第71回日本血液学会学術集会, 2009年10月, 通常論文
  • 大量薬液注入による腕神経叢ブロック法の効果範囲についての解剖学的検証
    高橋厳太郎、森山浩志、原田智紀、島田和幸、大塚成人
    第13回臨床解剖研究会, 2009年09月, 通常論文
  • 日本登山医学会「登山者検診ネットワーク」の試み
    夏井裕明、原田智紀、安藤隼人、橋本しをり
    第64回日本体力医学会大会, 2009年09月, 通常論文
  • JSMM登山者検診ネットワークパイロットスタディーによる高所ツアー出発前検診の意義
    増山茂; 安藤隼人; 井出里香; 稲次潤子; 井本重喜; 梶谷博; 金子宏; 神尾重則; 上子牧憲寛; 久保恵嗣; 黒川惠; 児玉康; 許斐真由子; 小林俊夫; 斉藤繁; 笹尾玄; 志賀尚子; 関口令安; 高山守正; 夏井裕明; 西岡隆文; 貫田宗男; 橋本しをり; 花岡正幸; 原田智紀; 堀井昌子
    第13回日本渡航医学会学術集会, 2009年07月, 通常論文
  • 放射線照射後のB細胞造血の促進と顆粒球造血の抑制は造血微小環境により制御される
    壷井功; 原田智紀; 平林容子; 菅野純; 井上達; 相澤信
    第24回老化促進モデルマウス(SAM)研究協議会, 2009年07月, 通常論文
  • Myeloablation後のB細胞造血の回復は加齢による造血微小環境の機能低下により遅延する
    壷井功; 原田智紀; 平林容子; 菅野純; 井上達; 相澤信
    第32回日本基礎老化学会, 2009年06月, 通常論文
  • 日本大学医学部徳沢診療所の運営状況と問題点
    原田智紀,相澤信,片山容一
    第29回日本登山医学会学術集会(2009), 2009年05月, 通常論文
  • 徳沢および白出のコルを通過する登山者の抱える不安と疾患
    宮田真理子、原田智紀、加藤義弘、大平幸子、清水翔一、鈴木亜美、早川彩子、相澤信、高見剛、片山容一
    第29回日本登山医学会学術集会(2009), 2009年05月, 通常論文
  • 奥穂高岳登山者の入山地点と山頂付近の血圧変化について
    大平幸子、加藤義弘、原田智紀、宮田真理子、清水翔一、相澤信、片山容一、高見剛、松岡敏男
    第29回日本登山医学会学術集会(2009), 2009年05月, 通常論文
  • 入山前の睡眠時間と徳沢(1,562m)における経皮的動脈血酸素飽和度
    清水翔一,宮田真理子,原田智紀,相澤信,鈴木亜美,早川彩子,片山容一
    第29回日本登山医学会学術集会(2009), 2009年05月, 通常論文
  • 3年目に入ったJSMM登山者検診ネットワークで見えてきた疾病関連遭難事故防止への方策
    原田智紀、安藤隼人、井出里香、稲次潤子、井本重喜、梶谷 博、金子 宏、神尾重則、上子牧憲寛、久保恵嗣、黒川 惠、児玉 康、許斐真由子、小林俊夫、斉藤 繁、笹尾 玄、志賀尚子、関口令安、高山守正、夏井裕明、西岡隆文、貫田宗男、橋本しをり、花岡正幸、増山 茂、堀井昌子
    第29回日本登山医学会学術集会(2009), 2009年05月, 通常論文
  • 放射線照射後の造血微小環境はサイトカイン産生を介してB細胞造血の回復を促進する
    原田智紀; 壷井功; 大島秀規; 相澤信
    第114回日本解剖学会総会・全国学術集会, 2009年03月, 通常論文
  • Japanese Society of Mountain Medicine have started the pilot study of the health check program for the middle-age mountaineers who were going to high altitude.
    Tomonori Harada; Hayato Andou; Rika Ide; Junko Inaji; Hiroshi Kajitani; Hiroshi Kaneko; Norihiro Kamikomaki; Keishi Kubo; Ichiro Kuwahira; Mayuko Konomi; Toshio Kobayashi; Shigeru Saitou; Gen Sasao; Kimiyasu Sekiguchi; Morimasa Takayama; Hiroaki Natsui; Takahumi Nishioka; Shiori Hashimoto; Masayuki Hanaoka; Shigeru Masuyama; Masako Horii
    The 16th International Hypoxia Symposium, 2009年03月, 通常論文
  • An interim report on the pilot study of “Health Evaluation Network for Mountaineers” constructed by Japanese Society of Mountain Medicine for the middle-age mountaineers
    Tomonori Harada; Yasuhiro ARAI; Hayato ANDOU; Rika IDE; Junko INAJI; Shigeyoshi IMOTO; Hiroshi KAJITANI; Hiroshi KANEKO; Shigenori KAMIO; Norihiro KAMIKOMAKI; Keishi KUBO; Kei KUROKAWA; Ichiro KUWAHIRA; Yasushi KODAMA; Mayuko KONOMI; Toshio KOBAYASHI; Shigeru SAITOU; Gen SASAO; Kimiyasu SEKIGUCHI; Morimasa TAKAYAMA; Hiroaki NATSUI; Takahumi NISHIOKA; Muneo NUKITA; Shiori HASHIMOTO; Masayuki HANAOK
    FIRST CONGRESS OF ASIA-PACIFIC SOCIETY FOR MOUNTAIN MEDICINE(APSMM), 2008年11月, 通常論文
  • 登山者検診ネットワークの立ち上げ
    上小牧憲寛; 原田智紀; 関口令安; 堀井昌子
    第19回日本臨床スポーツ医学会学術集会, 2008年11月, 通常論文
  • 加齢に伴う造血微小環境の機能低下は5-fluorouracil投与後のB細胞産生を遅延さす
    壷井功; 原田智紀; 平林容子; 菅野純; 井上達; 相澤信
    第70回日本血液学会総会, 2008年10月, 通常論文
  • 高分子微粒子担体へのストローマ細胞の三次元的固定化とその造血支持特性
    湯田幸; 相澤信; 原田智紀; 壷井功; 平林幸生; 八田善弘; 竹内仁; 安田昌弘
    第70回日本血液学会総会, 2008年10月, 通常論文
  • 赤血球造血に対するネオプテリンの効果
    原田智紀、壷井 功、大島秀規、越永守道、若杉和倫、相澤 信
    第22回日本プテリジンコンファレンス 第16回サイトカイン・ネオプテリン研究会 第4回連合研究発表会, 2008年07月, 通常論文
  • SAMP1加齢に伴う造血微小環境の機能低下は5-fluorouracil投与後のB細胞産生を遅延さす
    壷井 功、原田智紀、平林容子、管野 純、井上 達、相澤 信
    第23回老化促進モデルマウス(SAM)研究協議会, 2008年07月, 通常論文
  • 「JSMM登山者検診ネットワーク」パイロットスタディーにおける臨床検査での異常値の出現率、特に脂質関係について
    原田智紀、新井康弘、安藤隼人、井出里香、稲次潤子、井本重喜、梶谷 博、金子 宏、神尾重則、上子牧憲寛、久保恵嗣、黒川 惠、桑平一郎、児玉 康、許斐真由子、小林俊夫、斉藤 繁、笹尾 玄、関口令安、高山守正、夏井裕明、西岡隆文、貫田宗男、橋本しをり、花岡正幸、増山 茂、堀井昌子
    第28回日本登山医学シンポジウム, 2008年05月, 通常論文
  • 「JSMM登山者検診ネットワーク」試験運用の一年余を検証する
    堀井昌子、新井康弘、安藤隼人、井出里香、稲次潤子、井本重喜、梶谷 博、金子 宏、神尾重則、上子牧憲寛、久保恵嗣、黒川 惠、桑平一郎、児玉 康、許斐真由子、小林俊夫、斉藤 繁、笹尾 玄、関口令安、高山守正、夏井裕明、西岡隆文、貫田宗男、橋本しをり、花岡正幸、原田智紀、増山 茂
    第28回日本登山医学シンポジウム, 2008年05月, 通常論文
  • 加齢に伴う造血微小環境の機能低下は抗癌剤投与後のB細胞産生を遅延さす
    原田智紀; 壷井功; 大島秀規; 越永守道; 相澤信
    第113回日本解剖学会総会・全国学術集会, 2008年03月, 通常論文
  • ネオプテリンのストローマ細胞を介する肥満細胞造血制御
    壷井功; 原田智紀; 平林容子; 菅野純; 井上達; 相澤信
    第69回日本血液学会総会・第49回日本臨床血液学会総会, 2007年10月, 通常論文
  • SAM-P1 加齢に伴いB細胞造血は造血間質細胞のIL-7とTGF-βの産生低下により抑制的平衡状態へ移行する
    壷井功; 原田智紀; 平林容子; 菅野純; 井上達; 相澤信
    第22回老化促進モデルマウス(SAM)研究協議会, 2007年07月, 通常論文
  • 肥満細胞造血に対するネオプテリンの効果
    原田智紀; 壷井功; 大島秀規; 越永守道; 相澤信
    第21回日本プテリジンコンファレンス 第15回サイトカイン・ネオプテリン研究会 第3回連合研究発表会, 2007年07月, 通常論文
  • 頸部郭清術の肉眼解剖―解剖体での試み―
    森山浩志; 島田和幸; 原田智紀; 相澤信; 天野カオリ; 松村讓兒; 大塚成人
    第11回臨床解剖研究会, 2007年07月, 通常論文
  • 加齢に伴う造血間質細胞の機能低下により炎症時の肥満細胞造血反応は低下する
    壷井功; 原田智紀; 平林容子; 菅野純; 井上達; 相澤信
    第30回日本基礎老化学会, 2007年06月, 通常論文
  • 海馬硬化症の海馬CA1領域における神経回路再構築
    越永守道; 大島秀規; 原田智紀; 壺井功; 相澤信; 片山容一
    第112回日本解剖学会総会・全国学術集会, 2007年03月, 通常論文
  • ネオプテリンの肥満細胞造血に対する影響
    原田智紀; 壷井功; 越永守道; 相澤信
    第112回日本解剖学会総会・全国学術集会, 2007年03月, 通常論文
  • 加齢に伴うB細胞造血の変動
    原田智紀; 壷井功; 大島秀規; 越永守道; 相澤信
    第475回日本大学医学会例会, 2007年03月, 通常論文
  • 造血細胞分化における有機カチオントランスポーターOCTN1発現と意義
    原田智紀; 神戸栄美子; 八田善弘; 壷井功; 相澤信; 前田智司; 玉井郁巳
    第68回日本血液学会総会・第48回日本臨床血液学会総会, 2006年10月, 通常論文
  • ネオプテリンはストローマ細胞のサイトカイン産生を介してB細胞造血を抑制する
    南明宏; 原田智紀; 壺井功; 相澤信
    第471回日本大学医学会例会, 2006年09月, 通常論文
  • ネオプテリンはストローマ細胞のサイトカイン産生を介して脾臓の肥満細胞前駆細胞の貯蔵プールを増大させる
    福元俊孝; 原田智紀; 壷井功; 相澤信
    第471回日本大学医学会例会, 2006年09月, 通常論文
  • ネオプテリンはストローマ細胞のサイトカイン産生を介してB細胞造血を抑制する
    原田智紀; 壷井 功; 相澤 信
    第20回日本プテリジンコンファレンス 第14回サイトカイン・ネオプテリン研究会 第2回連合研究発表会, 2006年07月, 通常論文
  • 加齢に伴う造血ストローマ細胞の機能低下は炎症時のB細胞造血反応を低下させる
    壺井功,平林容子,平本正樹,原田智紀,井上達,相澤信
    第67回日本血液学会・第47回日本臨床血液学会・合同総会, 2005年09月, 通常論文
  • A virulent Influenza Virus Strain Shows Early Arrest of Infection in Lung
    Toshikatsu Shibata,Tomonori Harada,Kazumichi Kuroda,Kazufumi Shimizu
    ⅩⅢ International Congress of Virology, 2005年07月, 通常論文
  • サリチル酸によるインフルエンザウイルス増殖の抑制
    井口晃史,黒田和道,五明利恵子,芝田敏克,原田智紀,清水一史
    第458回日大医学会例会, 2004年11月, 通常論文
  • 腸内細菌と消化器外科領域感染症
    加藤高明,間遠一成,佐藤 毅,中川良英,原田智紀,角田泰章,高山忠利
    第7回日本臨床腸内微生物学会総会, 2004年11月, 通常論文
  • 周術期重症感染症の問題点と対策
    加藤高明,佐藤毅,加茂知久,原田智紀,高山忠利
    第40回日本腹部救急医学会総会, 2004年03月, 通常論文
  • DNAの細胞内導入により誘導される抗インフルエンザウイルス機構の解析
    三林正樹,原田智紀,芝田敏克,井口晃文,黒田和道,永田恭介,清水一史
    第26回日本分子生物学会年会, 2003年12月, 通常論文
  • インフルエンザウイルス感染に対する宿主の遺伝子発現応答
    清水一史,井口晃文,三林正樹,五明利恵子,原田智紀,芝田敏克,黒田和道,権寧博,橋本修,堀江孝至
    第51回日本ウイルス学会学術集会・総会, 2003年10月, 通常論文
  • インフルエンザウイルスA/Udorn/72(H3N2)株感染マウスにおけるウイルス増殖抑制機構の解析
    原田智紀,芝田敏克,原田勇一,三林正樹,井口晃文,五明利恵子,黒田和道,清水一史
    第51回日本ウイルス学会学術集会, 2003年10月, 通常論文
  • HOST GENES RELATED TO THE SUPPRESSION OF INFLUENZA VIRUS REPLICATION
    Kazufumi Shimizu,Akifumi Iguchi,Rieko Gomyo,Yoshihito Asai,Tomonori Harada,Toshikatsu Shibata,Kazumichi Kuroda,Shinichi Hayashi,Yasuhiro Gon,Shuu Hashimoto,Takasi Horie
    Options for control of Infuluenza Ⅴ, 2003年10月, 通常論文
  • COMPARISSON OF AVIRULENT AND VIRULENT INFLUENZA A VIRUSES IN MICE
    Tomonori Harada,Toshikatsu Shibata,Yuichi Harada,Masaki Mibayashi,Akifumi Iguchi,Rieko Gomyo,Kazumichi Kuroda,Kazufumi Shimizu
    Options for control of Infuluenza Ⅴ, 2003年10月, 通常論文
  • 外科感染症予防・治療の評価と標準化
    加藤高明,原田智紀,加茂知久,渡邊善広,高山忠利
    第58回日本消化器外科学会総会, 2003年07月, 通常論文
  • インフルエンザウイルス感染による宿主遺伝子の発現変動
    清水一史,井口晃文,三林正樹,五明利恵子,浅井芳人,原田智紀,芝田敏克,黒田和道,林伸一,橋本修,堀江孝至
    第50回日本ウイルス学会学術集会・総会, 2002年10月, 通常論文
  • インフルエンザウイルスA/Udorn/72(H3N2)株感染マウスの組織学的解析
    原田智紀,芝田敏克,原田勇一,三林正樹,井口晃文,五明利恵子,黒田和道,清水一史
    第50回日本ウイルス学会学術集会・総会, 2002年10月, 通常論文
  • 外科病棟における高度耐性緑膿菌の院内への拡がりについて
    佐藤毅,加藤高明,千島由朗,原田智紀,高山忠利
    第57回日本消化器外科学会総会, 2002年07月, 通常論文
  • 外科病棟における耐性緑膿菌の院内感染について
    佐藤毅,加藤高明,千島由朗,原田智紀,中川良英,高山忠利
    第50回日本化学療法学会総会, 2002年05月, 通常論文
  • インフルエンザウイルスの増殖抑制に関与する宿主遺伝子の検索
    清水一史,井口晃文,五明利恵子,浅井芳人,原田智紀,芝田敏克,黒田和道,林伸一,権寧博,橋本修,堀江孝至
    第24回日本分子生物学会年会, 2001年12月, 通常論文
  • インフルエンザウイルスA/Udorn/72(H3N2)株のマウスに対する弱毒性の解析
    原田智紀,芝田敏克,原田勇一,井口晃文,五明利恵子,黒田和道,清水一史
    第49回日本ウイルス学会学術集会・総会, 2001年11月, 通常論文
  • インフルエンザウイルス感染の中絶に関連する宿主遺伝子の同定
    清水一史,井口晃文,五明利恵子,浅井芳人,原田智紀,黒田和道,林伸一,橋本修,堀江孝至
    第49回日本ウイルス学会学術集会・総会, 2001年11月, 通常論文
  • 胆道系疾患症例に対して施行されたPTCD及びPTGBDから採取した胆汁からの検出菌の検討
    中川良英,岩井重富,加藤高明,佐藤毅,大塚一秀,原田智紀,伊藤裕美子,高山忠利
    第4回日本臨床腸内微生物学会総会, 2001年09月, 通常論文
  • 食道癌術後感染症低下のための工夫
    佐藤毅,加藤高明,大塚一秀,中川良英,原田智紀,宋圭男,村山公,佐藤博信,岩井重富
    第56回日本消化器外科学会総会, 2001年07月, 通常論文
  • MRSA菌血症例の検討
    佐藤毅,加藤高明,大塚一秀,中川良英,潮るな,原田智紀,岩永仁美,岩井重富
    第49回日本化学療法学会総会, 2001年05月, 通常論文
  • 過去12年(1989年〜2000年)の消化器外科領域における分離菌検出状況と薬剤感受性
    原田智紀,加藤高明,佐藤毅,大塚一秀,中川良英,潮るな,伊藤裕美子,岩永仁美,岩井重富
    第49回日本化学療法学会総会, 2001年05月, 通常論文
  • バクテロイデス属に対するciprofloxacinの抗菌作用と,flomoxef又はclindamycinとの併用効果
    加藤高明,佐藤毅,大塚一秀,中川良英,原田智紀,潮るな,岩永仁美,伊藤裕美子,岩井重富
    第49回日本化学療法学会総会, 2001年05月, 通常論文
  • 過去10年間の消化器外科領域における嫌気性菌検出状況
    潮るな; 佐藤毅; 加藤高明; 大塚一秀; 中川良英; 原田智紀; 伊藤裕美子; 岩永仁美; 岩井重富
    第31回日本嫌気性菌感染症研究会, 2001年03月, 通常論文
  • Clostridium perfringensを起炎菌とした胆嚢炎の2例
    原田智紀; 加藤高明; 佐藤毅; 大塚一秀; 中川良英; 潮るな; 伊藤裕美子; 岩永仁美; 岩井重富
    第31回日本嫌気性菌感染症研究会, 2001年03月, 通常論文
  • 肝膿瘍から嫌気性菌が検出された11症例の検討
    大塚一秀; 加藤高明; 佐藤毅; 中川良英; 潮るな; 原田智紀; 伊藤裕美子; 岩永仁美; 高野靖悟; 岩井重富
    第31回日本嫌気性菌感染症研究会, 2001年03月, 通常論文
  • バクテロイデス感染症に対するciprofloxacinとflomoxefとの併用投与について
    加藤高明; 佐藤毅; 大塚一秀; 中川良英; 佐藤一雄; 原田智紀; 潮るな; 伊藤裕美子; 岩永仁美; 岩井重富
    第31回日本嫌気性菌感染症研究会, 2001年03月, 通常論文
  • 過去11年(1989年〜1999年)の消化器外科領域における分離菌検出状況
    原田智紀,加藤高明,佐藤毅,大塚一秀,中川良英,潮るな,伊藤裕美子,岩永仁美,岩井重富
    第16回日本環境感染学会総会, 2001年02月, 通常論文
  • DNAチップを用いたインフルエンザ感染による宿主遺伝子発現変動の解析
    清水一史,林伸一,井口晃文,五明利恵子,浅井芳人,原田智紀,久次米公誠,権寧博,橋本修,堀江孝至
    第23回日本分子生物学学会年会, 2000年12月, 通常論文
  • Serratia marcescens 菌血症例の検討
    中川良英,加藤高明,佐藤毅,奥村光治郎,大塚一秀,原田智紀,潮るな,伊藤裕美子,岩永仁美,岩井重富
    第3回日本臨床腸内微生物学会総会, 2000年11月, 通常論文
  • オリゴDNAチップを用いたインフルエンザ感染による宿主遺伝子発現変動の解析
    清水一史,林伸一,井口晃文,五明利恵子,浅井芳人,原田智紀,九次米公誠,権寧博,橋本修
    第48回日本ウイルス学会学術集会・総会, 2000年10月, 通常論文
  • 過去10年間の消化器外科領域における分離菌検出状況
    原田智紀,加藤高明,佐藤毅,大塚一秀,中川良秀,潮るな,伊藤裕美子,岩永仁美,岩井重富
    第47回日本化学療法学会東日本支部総会, 2000年10月, 通常論文
  • 気管支鏡下に切除した気管腫瘍の一例
    原田智紀,大森一光,北村一雄,並木義夫,村松高,長坂不二夫,羽賀直樹,古市基彦,根岸七雄,瀬在幸安
    第92回日本気管支学会関東支部会, 2000年03月, 通常論文
  • 診断が困難であった大網捻転症の二例
    御田さとみ,増田英樹,中村陽一,青木信彦,中山壽之,小坂和子,常田裕,重松千普,原田智紀
    第61回日本臨床外科学会総会, 1999年11月, 通常論文
  • 成人に発症したMeckel憩室穿孔の1例
    原田智紀,増田英樹,中村陽一,中山壽之,常田裕,重松千普,鈴木高祐,宇賀神若人
    第61回日本臨床外科学会総会, 1999年11月, 通常論文
  • 早期大腸癌に対するTEM(Transanal Endoscopic Microsurgery)の適応と実際
    中村陽一,増田英樹,宇賀神若人,中山壽之,常田裕,重松千普,間遠一成,原田智紀
    第418回日本大学医学会例会, 1999年04月, 通常論文
  • 胃原発の(神経)内分泌細胞の一例
    原田智紀,御田さとみ,金森規朗,浅木弘子,水野泰彦,若林和彦,間崎武郎,望月文朗,笠倉雄一,藤井雅志,岩井重富,根本則道
    第770回外科集談会, 1998年09月, 通常論文

所属学協会

  • 2009年06月 - 現在
    日本体力医学会
  • 日本血液学会
  • 日本化学療法学会
  • 日本臨床腸内微生物学会
  • 日本解剖学会
  • 日本登山医学会
  • 日本外科学会

共同研究・競争的資金等の研究課題

  • 「負」の造血制御による赤血球恒常性維持機構
    日本学術振興会, 科学研究費助成事業, 2021年04月01日 - 2024年03月31日
    原田 智紀
  • 骨髄脂肪変性における間葉系細胞の役割
    日本学術振興会, 科学研究費助成事業, 2012年04月01日 - 2014年03月31日
    原田 智紀
  • 科学研究費助成事業(学術研究助成基金助成金)
    2012年04月 - 2013年03月
    原田智紀
  • 日本大学医学部同窓会60周年記念医学研究奨励研究助成金
    日本大学医学部同窓会, 日本大学医学部同窓会60周年記念医学研究奨励基金, 2010年04月 - 2011年03月
    原田智紀、壷井 功

産業財産権

  • 特許第5725394号, 特願2009-074133, 造血幹細胞の培養方法
    安田昌弘、相澤信、原田智紀