日髙 慎二

薬学部 薬学科教授
プロモーション:
  • プロフィール

    医療・健康, 医療薬学、レギュラトリーサイエンス, 臨床評価を中心とした研究を推進

研究キーワード

  • 適正使用
  • 医薬品評価科学
  • 安全性
  • 有効性
  • 薬物動態

研究分野

  • ライフサイエンス, 医療薬学, 医療系薬学

経歴

  • 2008年04月 - 現在
    日本大学薬学部教授
  • 2004年10月 - 2008年03月
    徳島文理大学香川薬学部教授
  • 2003年04月 - 2004年09月
    厚生労働省保険局医療課医療指導監査室特別医療指導監査官
  • 2002年10月 - 2003年03月
    厚生労働省保険局医療課医療指導監査室医療指導監査官
  • 2001年04月 - 2002年09月
    医薬品副作用被害救済・研究振興調査機構治験指導部治験相談第二課治験相談専門員
  • 1997年07月 - 2001年03月
    厚生省国立医薬品食品衛生研究所医薬品医療機器審査センター審査第一部審査官
  • 1984年07月01日 - 1997年06月30日
    宮崎医科大学(現宮崎大学)医学部附属病院薬剤部

学歴

  • 1984年
    日本大学, 理工学部, 薬学科

委員歴

  • 2022年04月 - 現在
    理事, 日本地域薬局薬学会
  • 2009年04月 - 現在
    評議員, 日本アプライド・セラピューティクス学会

論文

  • Effects of reduced edoxaban administration on bleeding risk and D-dimer levels in patients wearing elastic stockings after total hip arthroplasty: a retrospective cohort study
    Akihiro Uchiike; Dai Tsurusaki; Norikazu Kikuchi; Toru Imai; Susumu Otsuka; Kyoko Motoyoshi; Motoki Arakawa; Shinji Hidaka
    Int. J. Clin. Pharm. Ther., 2023年01月, 査読有り
    ラスト(シニア)オーサー
  • Nutrient profiling for salt content on simplified front-of-package labels for Japanese patients with hypertension
    Motoki Arakawa; Mayu Wakita; Ayumi Sahashi; Junichi Nishino; Kiyotaka Nakajima; Shinji Hidaka
    Jap. J. Clin. Pharm. Ther., 2022年09月, 査読有り
    ラスト(シニア)オーサー
  • Evaluating the impact of de-escalating antimicrobial therapy in burn patients: a retrospective cohort study
    Yamato Kohama; Miyako Kosugi; Motoki Arakawa; Shinji Hidaka
    Pharmazie, 2022年08月, 査読有り
    ラスト(シニア)オーサー
  • Relationship between quality of life and treatment satisfaction in patients with overactive bladder in a community hospital
    Junichi Nishino; Mizuho Yoshikawa; Motoki Arakawa; Shoji Matsuzaki; Shinji Hidaka
    Japanese Journal of Community Pharmacy, 2021年12月, 査読有り
    ラスト(シニア)オーサー
  • A study on the safety of Long-term magnesium oxide administration in elderly patients with impaired renal function
    Sakae Fukushima; Toru Imai,Taku Fujieda,Dai Tsurusaki,Shinji Hidaka,Norikazu Kikuchi
    Jap. J. Drug Inform., 2021年12月, 査読有り
  • Validation of self-monitoring devices supporting sodium intake reduction: an experimental feeding study using standardized low-salt and high-salt meals among healthy Japanese volunteers
    Motoki Arakawa; Takayuki Watanabe; Koya Suzuki; Junichi Nishino; Hiromitsu Sekizuka; Toshiyuki Iwahori; Shin-ichi Ono; Shinji Hidaka
    Annals of Nutrition and Metabolism, 2021年09月, 査読有り
    ラスト(シニア)オーサー
  • 一包化調剤したスボレキサント錠の保存方法に関する検討
    中島孝則,伊藤創馬,菊池 蘭,大戸智絵,太田美鈴,日髙慎二,瀧沢裕輔,栗田拓朗
    日本病院薬剤師会雑誌, 2021年08月, 査読有り
  • Elevated INR in a COVID-19 patient after concomitant administration of favipiravir and warfarin: A case report
    Masao Sekimoto; Toru Imai; Shinji Hidaka; Nobutaka Chiba; Atsushi Sakurai; Mitsumasa Hata; Norikazu Kikuchi
    J Clin Pharm Ther, 2021年07月, 査読有り
  • Effect of Storage of Tulobuterol Tapes after Package Opening and Liner Peeling on Their Formulation Properties
    Ayumi Iwanami; Misuzu Ota; Shinji Hidaka; Miyuki Tajima; Hiraku Onishi; Yuri Ikeuchi-Takahashi
    YAKUGAKU ZASSHI, 2021年07月, 査読有り
  • 抗てんかん薬および栄養法が重症心身障害児(者)の血中カルニチン濃度に及ぼす影響
    佐藤直行、荒川基記、日髙慎二、舩津久美
    学会誌JSPEN, 2021年04月, 査読有り
  • Effects of a disintegrant on the stability of solid oral formulations containing erythritol.
    Misuzu Ota; Riho Kusano; Sayaka Hosoya; Takanori Nakajima; Motoki Arakawa; Yuri-Ikeuchi-Takahashi; Shinji Hidaka
    The Journal of Community Pharmaceutical Sciences, 2020年04月, 査読有り, 通常論文
    ラスト(シニア)オーサー
  • Preparation and evaluation of orally disintegrating tablets containing taste masked microparticles of acetaminophen
    Y.IKEUCHI-TAKAHASHI; S.ITO; A.ITOKAWA; M.OTA; Y.ONUKI; S.HIDAKA; H.ONISHI
    Pharmazie, 2020年01月, 査読有り, 通常論文
  • 薬学部1年生を対象とした患者向け製品情報資材に関する認知度および理解度についての調査研究
    西野潤一,安永愛理,小澤安里沙,荒川基記,日髙慎二
    薬局薬学, 2019年02月, 査読有り, 通常論文
  • Anticholinergic load negatively correlates with recovery of cognitive activities of daily living for geriatric patients after stroke in the convalescent stage.
    Eiji Kose; Toshiyuki Hirai; Toshiichi Seki; Shinji Hidaka; Tomoyuki Hamamoto
    Journal of Clinical Pharmacy and Therapeutics, 2018年04月, 査読有り, 通常論文
  • Assessment of the relationship between hypnotics and delirium using the Japanese Adverse Drug Event Report (JADER) database.
    Norikazu Kikuchi; Katsuyuki Hazama; Toru Imai; Shinichiro Suzuki; Yoshikazu Yoshida; Shinji Hidaka.
    YAKUGAKU ZASSHI, 2018年03月, 査読有り, 通常論文
    責任著者
  • Prevalence of Therapeutic Drug Monitoring for Lithium and the Impact of Regulatory Warnings: Analysis Using Japanese Claims Database. A Short Title: Prevalence of TDM and Impact of Regulatory Warning.
    Nobuhiro Ooba; Nariyasu Yoshino; Daisuke Tsutsumi; Naoko Kobayashi; Shinji Hidaka; Hiroyuki Hayashi; Taku Obara; Michihiro Sato; Kiyoshi Kubota; Noriyasu Fukuoka.
    Therapeutic Drug Monitoring, 2018年01月, 査読有り, 通常論文
  • Utilization of the Bridging Strategy for the Development of New Drugs in Oncology to Avoid Drug Lag
    Seiji Kogure; Nobuyuki Koyama; Shinji Hidaka
    JOURNAL OF CLINICAL PHARMACOLOGY, 2017年11月, 査読有り, 通常論文
  • 薬局における調剤方法の相違と問題点
    飯嶋久志,宇野弘展,大澄朋香,幸田真純,雑賀匡史,大木健史,大塚淳一,木村聡子,近藤忠,椎名雄一,長澤宏之,牧山泰士,青山隆夫,小嶋文良,小茂田昌代,日髙慎二,柳川忠二,石井伊都子,棗則明,水野茂
    千葉県薬剤師会雑誌, 2016年02月, 査読有り, 通常論文
  • Effect of high-potency statins on HbA1c in patients with or without diabetes mellitus.
    Nobuhiro Ooba; Shoutarou Tanaka; Yu Yasukawa; Nariyasu Yoshino; Hiroyuki Hayashi; Shinji Hidaka; Toshiichi Seki and Noriyasu Fukuoka
    J. Pharm. Health Care Sci., 2016年02月, 査読有り, 通常論文
  • Influence of Iosartan intake on the circadian rhythm of melatonin secretion in humans
    M. Arakawa; N. Uchida; N. Kanda; Y. Kurosawa; T. Odani; K. Kanmatsuse; M. Endo; T. Yamazaki; S. Hidaka
    PHARMAZIE, 2014年03月, 査読有り, 通常論文
  • Comparative effect of clopidogrel plus aspirin and aspirin monotherapy on hematological parameters using propensity score matching.
    Masatoshi Hayasaka; Yasuo Takahashi; Yayoi Nishida; Yoshikazu Yoshida; Shinji Hidaka; Satoshi Asai
    Vascular Health and Risk Management, 2013年02月, 査読有り, 通常論文
  • Examination of factors that delay the elution of acetaminophen from over-the-counter drugs.
    Ota M.; Fukami T.; Arakawa M.; Hayashi H.; Suzuki T.; Iwata M.; Tomono K.; Hidaka S.
    Pharmazie, 2012年12月, 査読有り, 通常論文
    責任著者
  • OTC薬の薬剤学的安定性
    太田美鈴、日髙慎二
    薬事新報, 2012年08月, 査読無し, 通常論文
  • 表面自由エネルギーの低い素材からなるメートグラスに対するシロップ剤の付着残存性
    山本 佳久; 鈴木 豊史; 橋崎 要; 小倉 雅男; 梅田 由紀子; 日髙 慎二; 深水 啓朗; 伴野 和夫
    薬学雑誌, 2010年08月, 査読有り, 通常論文
  • アセトアミノフェン含有一般用医薬品の物理薬剤学的安定性
    太田 美鈴; 高橋 由里; 深水 啓朗,伴野 和夫; 岩田 政則; 日髙 慎二
    医療薬学, 2010年06月, 査読有り, 通常論文
  • Effect of β-Cyclodextrin on the Degradation Rate of Amoxicillin in Acidic Solution.
    Shinji Hidaka; Tadakazu Tokumura; Kazuo Tomono; Toyofumi Suzuki; Haruhisa Ueda; Tsuneji Nagai; Masashi Nagaoka; Rieko Nakane; and Yoshiharu Machida
    YAKUGAKU ZASSHI, 2010年06月, 査読有り, 通常論文
    筆頭著者
  • Effects of kaempferol on the mechanisms of drug resistance in human glioblastoma cell line T98G.
    A Nakatsuma; T Fukami; T Suzuki; T Furuishi; K Tomono; S Hidaka
    Pharmazie, 2010年05月, 査読有り, 通常論文
  • Involvement of an Influx Transporter in the Blood-Brain Barrier Transport of Naloxone.
    Toyofumi Suzuki; Aya Ohmuro; Mariko Miyata; Takayuki Furuishi; Shinji Hidaka; Fumihiko Kugawa; Toshiro Fukami; Kazuo Tomono
    Biopharm. Drug Dispos., 2010年05月, 査読有り, 通常論文
  • 医薬品の副作用と早期発見
    日髙慎二; 小林史明
    クリニカルプラクティス, 2007年08月, 査読無し, 通常論文
    筆頭著者
  • 医師主導治験の開始に必要な手続き 事前面談と優先対面助言品目指定
    小林史明; 日髙慎二
    薬局, 2006年08月, 査読無し, 通常論文
  • 医師主導治験の開始に必要な手続き 対面助言(治験相談)
    小林史明; 日髙慎二
    薬局, 2006年07月, 査読無し, 通常論文
  • 医師主導治験の開始に必要な手続き 承認審査体制と治験薬提供者
    小林史明; 日髙慎二
    薬局, 2006年06月, 査読無し, 通常論文
  • 適応外使用からの医薬品の承認
    小林史明; 金田歩; 日髙慎二
    EBMジャーナル, 2006年03月, 査読無し, 通常論文
  • Improvement in Solubility of Poorly Water Soluble Drug by Cogrinding with Highly Branched Cyclic Dextrin.
    Toshiro Fukami; Takayuki Furuishi; Toyofumi Suzuki; Shinji Hidaka; Haruhisa Ueda; Kazuo Tomono
    J. Incl. Phenom. Macro. Chem., 2006年, 査読有り, 通常論文
  • Development of triptans in Japan: Bridging strategy based on the ICH-E5 guideline.
    Rumiko Shimazawa; Yuki Ando; Shinji Hidaka; Kazuyuki Saito; Satoshi Toyoshima; and Fumiaki Kobayashi
    J. Health Sci., 2006年, 査読有り, 通常論文
  • Improvement in Solubility of Poorly Water Soluble Drug by Cogrinding with Highly Branched Cyclic Dextrin.
    Toshiro Fukami; Takayuki Furuishi; Toyofumi Suzuki; Shinji Hidaka; Haruhisa Ueda; Kazuo Tomono
    J. Incl. Phenom. Macro. Chem., 2006年, 査読有り, 通常論文
  • ブリッジングによるトリプタン系抗片頭痛薬の開発
    小林史明; 嶋澤るみ子; 安藤友紀; 日髙慎二; 斉藤和幸
    Jpn.J.Clin.Pharmacol.Ther., 2004年01月, 査読無し, 通常論文
  • Physical properties and antibacterial action of glass ionomer cement containing visible-light-responsive titanium oxide.
    Kazuo Tomono; Masataka Ohira; Toyofumi Suzuki; Toshiro Fukami; Emi Takigawa; Shinji Hidaka; Hiroshi Sugiya; Mizue Makimura; Jun Watanabe; Eiji Kawada
    Material Technology, 2004年, 査読有り, 通常論文
  • Enhancement of water solubility of fullerene by cogrinding with mixture of cycloamyloses,novel cyclic α-1,4 glucans, via solid-solid mechanochemical reaction.
    Toshiro Fukami; Atsushi Mugishima; Toyofumi Suzuki; Shinji Hidaka; Tomohiro Endo; Haruhisa Ueda; Kazuo Tomono
    Chem. Pharm. Bull., 2004年, 査読有り, 通常論文
  • Adsorption of benzene and alkylbenzenes onto β-cyclodextrin polymer by modified static head-space gas chromatography method.
    Yoshihiro Saito; Katsumasa Misawa; Kaname Hashizaki; Hiroyuki Taguchi; Shinji Hidaka; Naotake Ogawa
    Material Technology, 2004年, 査読有り, 通常論文
  • Effects of TiO2 photocatalyst on physical properties and antibacterial action of glass ionomer cement for luting.
    Kazuo Tomono; Emi Takigawa; Toyofumi Suzuki; Masataka Ohira; Toshiro Fukami; Mizue Makimura; Shinji Hidaka; Eiji Kawada; Jun Watanabe
    Material Technology, 2004年, 査読有り, 通常論文
  • 本邦における抗悪性腫瘍薬の第Ⅰ相試験 -分子標的薬剤を中心に-.
    日髙慎二,小林史明,槇本博雄,内藤周幸
    医薬品研究, 2004年, 査読有り, 通常論文
    筆頭著者
  • Preclinical and clinical development of cytostatic agents
    Shinji Hidaka
    The Japanese Association for Metastasis Research, 2003年05月, 査読無し, 通常論文
    筆頭著者
  • 新医薬品承認審査資料における臨床薬物相互作用情報
    小林史明; 槙本博雄; 永井尚美; 荒戸照世; 柴田大朗; 奥田晴宏
    Jpn.J.Clin.Pharmacol.Ther., 2003年01月, 査読無し, 通常論文
  • 本邦における降圧薬の臨床評価.
    小林史明,日髙慎二,槇本博雄
    医薬品研究, 2003年, 査読有り, 通常論文
  • Protection against cis-diamminedichloroplatinum-induced nephrotoxicity by 2,3-dimercaptosuccinic acid in rats.
    Kazuto Mishima; Shinji Hidaka; Norito Takamura; Shinya Shinozawa
    Renal Fail., 1999年, 査読有り, 通常論文
  • 宮崎医科大学医学部附属病院における麻薬使用状況.
    八木優子; 日髙慎二; 春田昭彦; 三島一登; 前田共秀; 児玉裕文; 篠澤眞哉
    九州薬学会会報, 1997年, 査読有り, 通常論文
  • Protective effect of N-benzyl-D-glucamine dithiocarbamate against renal toxicity in rats during repeated cis-diamminedichloroplatinum administrations.
    Shinji Hidaka; Takayuki Funakoshi; Hideaki Shimada; Michio Tsuruoka; Shoji Kojima
    Renal Fail., 1995年, 査読有り, 通常論文
    筆頭著者
  • Comparative effects of diethyldithiocarbamate and N-benzyl-D-glucamine dithiocarbamate on cis-diamminedichloroplatinum-induced toxicity in kidney and gastrointestinal tract in rats.
    Shinji Hidaka; Takayuki Funakoshi; Hideaki Shimada; Michio Tsuruoka; Shoji Kojima
    J. Appl. Toxicol., 1995年, 査読有り, 通常論文
    筆頭著者
  • Alteration of small intestinal absorption of saccharides in cis-diamminedichloroplatinum-administered mice.
    Hideaki Shimada; Kaoru Tateyama; Hiroko Nakamura; Shinji Hidaka; Takayuki Funakoshi; Morio Kiyozumi; Mizuo Ohnishi; Shoji Kojima
    Nutr.Res., 1995年, 査読有り, 通常論文
  • 悪性リンパ腫におけるメトトレキサート血中動態の検討.
    日髙慎二; 本田憲一; 板東由美子; 白元正一; 前田共秀; 鶴岡道雄; 影山 均
    九州薬学会会報, 1995年, 査読有り, 通常論文
    筆頭著者
  • Protective effects of dithiocarbamates against renal toxicity of cis-diamminedichloroplatinum in rats.
    Shinji Hidaka; Michio Tsuruoka; Takayuki Funakoshi; Hideaki Shimada; Morio Kiyozumi; Shoji Kojima
    Renal Fail., 1994年, 査読有り, 通常論文
    筆頭著者
  • 内科病棟における服薬管理 -医師、看護婦と協力して-.
    平田幸子; 本田憲一; 小野浩重; 伊東健一; 日髙慎二; 前田共秀; 鶴岡道雄; 石川 正; 土居早苗
    九州薬学会会報, 1994年, 査読有り, 通常論文
  • 処方オーダリングシステムにおける薬袋印字システムの有用性
    濱田有美子; 日髙慎二; 本田憲一; 築地憲仁; 杉澤美保; 松崎美和子; 松本朱美; 前田共秀; 鶴岡道雄
    日本病院薬剤師会雑誌, 1993年06月, 査読無し, 通常論文
  • 宮崎医科大学病院における抗生物質の使用状況.
    本田憲一; 松崎美和子; 杉澤美保; 浜田有美子; 築地憲仁; 日髙慎二; 前田共秀; 鶴岡道雄
    九州薬学会会報, 1993年, 査読有り, 通常論文
  • 診療報酬改定による調剤技術料算定等への影響.
    日髙慎二; 吉富堅一郎; 長友 繁; 永倉裕己; 永田和裕; 前田幸英; 鶴岡道雄
    九州薬学会会報, 1993年, 査読有り, 通常論文
    筆頭著者
  • バルプロ酸およびカルバマゼピン服用患者の血清中薬物濃度に及ぼす他剤併用の影響
    日髙慎二; 高村徳人; 伊東健一; 奥村学; 小野浩重; 浜田有美子; 瀬尾量; 前田共秀; 鶴岡道雄
    日本病院薬剤師会雑誌, 1992年05月, 査読無し, 通常論文
    筆頭著者
  • 自動錠剤半切機の有用性
    瀬之口千代; 日髙慎二; 奥村学; 本田憲一; 瀬尾量; 前田共秀; 鶴岡道雄
    日本病院薬剤師会雑誌, 1992年03月, 査読無し, 通常論文
  • 当院における処方オーダリングシステム導入前・導入後の処方せん疑義問い合わせについて.
    松崎美和子; 杉澤美保; 日髙慎二; 前田共秀; 鶴岡道雄
    九州薬学会会報, 1992年, 査読有り, 通常論文
  • 調剤業務への電算機の利用 -薬袋印字システムと自動錠剤分包機の連結-.
    築地憲仁; 長沼広子; 日髙慎二; 前田共秀; 鶴岡道雄
    九州薬学会会報, 1992年, 査読有り, 通常論文
  • 外科病棟における病棟活動.
    平田幸子; 日髙慎二; 前田共秀; 鶴岡道雄
    九州薬学会会報, 1992年, 査読有り, 通常論文
  • 市販データベースを利用した薬品情報データベース作成法と問題点
    日髙慎二; 前田共秀; 児玉裕文; 瀬尾量; 高村徳人; 鶴岡道雄; 後藤正三; 吉原博幸
    第11回医療情報学連合大会論文集, 1991年10月, 査読無し, 通常論文
    筆頭著者
  • 服薬指導上の工夫
    平田幸子; 日髙慎二,前田共秀; 鶴岡道雄
    老化と疾患, 1991年04月, 査読無し, 通常論文
  • Protection against cis-diamminedichloroplatinum-induced nephrotoxicity in rats by N-benzyl-D- glucamine dithiocarbamate.
    Morio Kiyozumi; Toshirou Inoue; Shoji Kojima; Shinji Hidaka; Michio Tsuruoka
    Toxicology, 1991年, 査読有り, 通常論文
  • 処方オーダリングに伴う薬袋印字システムの開発.
    奥村 学; 瀬尾 量; 長沼広子; 日髙慎二; 児玉裕文; 前田共秀; 橋本 強; 鶴岡道雄
    病院薬学, 1991年, 査読有り, 通常論文
  • 薬剤システムにおける薬袋印字装置の運用状況
    日髙慎二; 瀬尾量; 前田共秀; 児玉裕文; 橋本強; 鶴岡道雄; 後藤正三
    第10回医療情報学連合大会論文集, 1990年10月, 査読無し, 通常論文
    筆頭著者
  • 血清分離剤入り真空採血管の検討 -血中濃度測定に及ぼす影響-.
    日髙慎二; 前田共秀; 児玉裕文; 橋本 強; 鶴岡道雄
    九州薬学会会報, 1986年, 査読有り, 通常論文
    筆頭著者
  • 宮崎医科大学病院における臨床材料検出菌とその薬剤感受性.
    東 昌子; 児玉裕文; 上野 宰; 中山研太郎; 山内貴美子; 福島 修; 日髙慎二; 長倉洋美; 橋本 強; 鶴岡道雄; 島田雅巳; 大瀧幸哉
    九州薬学会会報, 1985年, 査読有り, 通常論文
  • 宮崎医科大学病院における抗生剤使用状況.
    上野 宰; 児玉裕文; 東 昌子; 中山研太郎; 福島 修; 日髙慎二; 長倉洋美; 瀬尾 量; 前田共秀; 橋本 強; 鶴岡道雄
    病院薬学, 1985年, 査読有り, 通常論文

書籍等出版物

  • クリニカルクエスチョン,医薬品情報学
    共著, 医薬品の開発過程で行われる試験と得られる医薬品情報, 編著:大場延浩、分担:日髙慎二
    京都廣川書店, 2020年08月
    9784909197726
  • クリニカルクエスチョン医薬品情報学
    編著; 大場延浩; 分担; 日髙慎二, 共著, 医薬品の開発過程で行われる試験と得られる医薬品情報
    京都廣川書店, 2020年08月
  • 薬剤師実務のアウトカム
    共著, アウトカム研究
    株式会社薬ゼミ情報教育センター, 2019年10月
    9784904517918
  • 8大疾患・35症例から臨床を考える 実践事前実習テキスト上
    共著, 大腸がん、頭痛, 編著者 林 宏行、日高 慎二、福岡 憲康
    京都廣川書店, 2018年03月
  • 8大疾患・35症例から臨床を考える 実践事前実習テキスト 下
    共編者(共編著者), 編著者 林 宏行、日高 慎二、福岡 憲康
    京都廣川書店, 2018年03月
  • 8大疾患・35症例から臨床を考える実践事前実習テキスト上
    編著者 林 宏行; 日高 慎二; 福岡 憲康, 共著, 大腸がん、頭痛
    京都廣川書店, 2018年03月, 査読無し
  • 8大疾患・35症例から臨床を考える実践事前実習テキスト 下
    編著者 林 宏行; 日高 慎二; 福岡 憲康, 共編者(共編著者)
    京都廣川書店, 2018年03月, 査読無し
  • NEO 薬学シリーズ6 薬学生のための実務実習事前学習テキスト 改訂2版
    土屋雅勇, 共著, 処方設計と薬物療法の実践, 土屋雅勇 編集
    有限会社 ネオメディカル, 2018年03月, 査読無し
    9784904634233
  • 薬剤師・薬学生のための知っててほしい基礎用語
    編集者; 岩田政則; 中島孝則執筆者; 日高慎二, 共著, 編集者:岩田政則、中島孝則 執筆者:日高慎二
    薬事新報社, 2016年04月, 査読無し
    9784946344220
  • 薬学生のための臨床実習マニュアル
    編集 松田重三, 共著, 22-24, 編集 松田重三
    医学評論社,東京, 2011年03月, 査読無し
    9784863990623
  • 医薬品の販売承認申請から承認まで(岡野善郎, 駒田富佐夫, 手嶋大輔 編). NEW医薬品情報
    飯原なおみ; 日髙慎二, 共著, 96-102, 飯原なおみ; 日髙慎二
    廣川書店, 東京, 2007年, 査読無し
  • 治験薬と毒薬・劇薬(日本医師会編). 臨床試験のABC
    日髙慎二, 単著, 118-119, 日髙慎二
    医学書院, 東京, 2007年, 査読無し

講演・口頭発表等

  • 高血圧治療ガイドライン改訂が治療実績に及ぼす影響と高血圧治療薬の使用実態に関する研究
    荒川 基記、佐々木 千裕、新堀 友仁、平田 進一郎、飯村 茉子、成松 さやか、木村 有揮、鈴木 雅裕、日髙 慎二
    第43回日本臨床薬理学会学術総会, 2022年12月, 日本臨床薬理学会
  • 過活動膀胱患者の薬物療法 -継続的管理を行うために有益な要因の検討-
    下山莉奈,西野潤一,荒川基記,松﨑章二,日高慎二
    日本病院薬剤師会関東ブロック第52回学術大会, 2022年08月, 日本病院薬剤師会
  • 患者向医薬品ガイドの使用促進に向けた薬剤師及び患者の立場からの課題抽出と改善に向けた考察
    西野潤一,吉田芳波,山口咲也子,小川敦,荒川基記,日髙慎二
    日本薬学会第142年会, 2022年03月, 日本薬学会
  • ツロブテロールテープのパッケージ開封やライナー剥離後の保管が製剤品質に及ぼす影響
    岩波歩実、太田美鈴、日髙慎二、田嶋美幸、池内由里
    第13回日本健康医療学会総会・学術大会, 2021年09月, 日本健康医療学会
  • 尿Na/K比計測器「ナトカリ計」を用いた食塩摂取量評価に関する研究
    荒川 基記、渡邉 貴介、鈴木 皓也、野村 玲央、関塚 宏光、岩堀 敏之、小野 真一、日髙 慎二
    第5回 日本臨床薬理学会 関東甲信越地方会, 2021年06月, 日本臨床薬理学会
  • 一包化調剤したベルソムラ錠の吸湿性と保存方法に関する検討
    中島孝則、伊藤創馬、菊池 潤、大戸智絵、太田美鈴、日髙慎二、瀧澤裕輔、栗田拓郎
    日本薬剤学会第36年会, 2021年05月, 日本薬剤学会
  • 尿Na/K比計測器「ナトカリ計」を用いた減塩評価に関する研究
    荒川基記、渡邉貴介、鈴木皓也、野村玲央、関 宏光、岩堀敏之、小野真一、日髙慎二
    第41回 日本臨床薬理学会学術総会, 2020年12月, 日本臨床薬理学会, 通常論文
  • ツロブテロールテープの包装開封後の保存が製剤特性に及ぼす影響
    岩波歩実、池内由里、太田美鈴、日髙慎二、田嶋美幸、大西啓
    第30回日本医療薬学会年会, 2020年10月, 日本医療薬学会, 通常論文
  • 経皮吸収型製剤の包装開封後の保存安定性に関する検討
    太田美鈴、池内由里、岩波歩実、日高慎二、田嶋美幸、大西 啓
    日本薬学会第140年会, 2020年03月, 日本薬学会, 通常論文
  • 減塩食品の食塩相当量表示における高血圧症患者の意識に関する研究
    荒川 基記、脇田 真佑、佐橋 あゆみ、鈴木 啓子、中島 清隆、日髙 慎二
    第40回日本臨床薬理学会学術総会, 2019年12月, 日本臨床薬理学会, 通常論文
  • 腎機能低下の高齢者に対する酸化マグネシウム製剤の適正使用への取り組み
    井桁和佳菜、鶴﨑 大、森川莉沙、澤村典子、深滝利也、荒川基記、日高慎二、菊池憲和
    第29回日本医療薬学会年会, 2019年11月, 日本医療薬学会, 通常論文
  • 中小病院における免疫チェックポイント阻害薬の適正使用と免疫関連有害事象対策の検討
    渡邉絵美、増田尚子、唐澤匠太、荒川基記、日高慎二、山田博文
    第29回日本医療薬学会年会, 2019年11月, 日本医療薬学会, 通常論文
  • 市中病院における高血圧治療薬の使用実態と治療実績の変遷に関する研究
    荒川基記、山本優美、内堀佳以、大峽惇嵩、田中建次、杉原絢、安野伸浩、鈴木俊久、野口雄一、田中政彦、日髙慎二
    第42回 日本高血圧学会総会, 2019年10月, 日本高血圧学会, 通常論文
  • 大学における新コアカリキュラムへの対応状況と問題点
    日髙慎二
    日本病院薬剤師会関東ブロック第49回学術大会, 2019年08月, 日本病院薬剤師会, 招待有り
  • 調剤過誤の発生要因と防止対策への取組み
    越川礼菜、倉持彩菜、伊原恵子、荒川基記、日髙慎二
    日本病院薬剤師会関東ブロック第49回学術大会, 2019年08月, 日本病院薬剤師会, 通常論文
  • バイオ後続品の同等性/同質性の評価法に関する検討
    鵜原 杏、西野潤一、荒川基記、日高慎二
    日本病院薬剤師会関東ブロック第49回学術大会, 2019年08月, 日本病院薬剤師会, 通常論文
  • 口腔内崩壊錠の添加剤の配合と安定性について
    太田美鈴、細谷沙也香、荒川基記、池内由里、大西啓、日高慎二
    日本薬学会 第139年会, 2019年03月, 日本薬学会, 通常論文
  • 口腔内での薬物放出制御による口腔内崩壊錠の苦味マスキング
    前川怜美、池内由里、山本純香、靏 彩香、樋口琴音、太田美鈴、大貫義則、日高慎二、大西 啓
    第62回日本薬学会 関東支部大会, 2018年09月, 日本薬学会, 通常論文
  • マルチプルリスクファクター症候群を対象とした高血圧治療薬の使用実態と治療実績に関する研究
    荒川基記、内堀佳以、安野伸浩、鈴木俊久、野口雄一、田中政彦、日髙慎二
    第41回 日本高血圧学会総会, 2018年09月, 日本高血圧学会, 通常論文
  • Evaluation of self-monitoring devices during dietary changes with standardized low- and high-salt meals in healthy volunteers
    Motoki Arakawa; Reo Nomura; Toshiyuki Iwahori; Shinji Hidaka
    18th World Congress of Basic and Clinical Pharmacology (WCP2018), 2018年07月, World Congress of Basic and Clinical Pharmacology, 通常論文
  • 薬剤師による患者向医薬品ガイドの情報提供に関する検討
    吉田芳波,西野潤一,荒川基記,小川智弘,小川敦,秋吉恵蔵,日高慎二
    第26回クリニカルファーマシーシンポジウム, 2018年06月, 日本医療薬学会、日本病院薬剤師会、日本薬剤師会, 通常論文
  • 過活動膀胱患者のQOLと治療満足度の調査
    松崎章二、大門 達明、堀永 実、山中 晴美、川田 茉梨奈 、荒川 基記 、日高 慎二
    第106回日本泌尿器科学会総会, 2018年04月, 日本泌尿器科学会, 通常論文
  • 新規抗悪性腫瘍薬開発におけるドラッグラグ回避のためのブリッジング戦略活用方法
    小暮 誠二、小山 暢之、日髙慎二
    第38回日本臨床薬理学会学術総会, 2017年12月, 日本臨床薬理学会, 通常論文
  • 口腔内崩壊錠に適用するための薬物放出制御機能を有する薬物微粒子の調製と評価
    池田有希、池内由里、村永 綾、太田美鈴、小林文香、大貫義則、日髙慎二、大西 啓
    第27回日本医療薬学会, 2017年11月, 日本医療薬学会, 通常論文
  • 市中病院を対象とした高血圧治療薬の使用実態と治療実績に関する研究
    荒川基記、田中建次、大峽惇嵩、安野伸浩、野口雄一、田中政彦、日髙慎二
    第40回 日本高血圧学会総会, 2017年10月, 日本高血圧学会, 通常論文
  • 日本大学薬学部における治験教育への取り組み 第8報 -治験担当医師、薬剤師治験実務者を加えた教育効果の検証-
    荒川基記、龍 家圭、鈴木立紀、松岡悦子、水井貴詞、松嶋由紀子、稲吉美由紀、竹ノ下祥子、山崎太義、井上和紀、山田周子、日髙慎二
    第37回 日本臨床薬理学会学術総会, 2016年12月, 日本臨床薬理学会, 通常論文
  • メタボリックシンドロームを想定したマルチプルリスクファクター患者における高血圧治療薬の使用実態に関する研究
    荒川基記、大峽惇嵩、田中建次、安野伸浩、野口雄一、田中政彦、日髙慎二
    第37回 日本臨床薬理学会学術総会, 2016年12月, 日本臨床薬理学会, 通常論文
  • 患者に対する製品情報の提供のあり方 -理解度調査-
    西野潤一、安永愛理、荒川基記、大場延浩、福岡憲泰、日髙慎二
    第26回日本医療薬学会年会, 2016年09月, 一般社団法人 日本医療薬学会, 通常論文
  • 患者に対する製品情報の提供のあり方 -認知度調査-
    日髙慎二、西野潤一、小澤安里沙、荒川基記、大場延浩、福岡憲泰
    第26回日本医療薬学会年会, 2016年09月, 一般社団法人 日本医療薬学会, 通常論文
  • 過活動膀胱患者のQOLと治療満足度の評価
    山中春美、川田茉利奈、荒川基記、日髙慎二、大門達明、堀永実、松﨑章二
    日本病院薬剤師会関東ブロック第46回学術大会, 2016年08月, 日本病院薬剤師会関東ブロック, 通常論文
  • 口腔内崩壊錠の添加剤の配合と安定性について
    太田美鈴、小柳亜優、大西耕太郎、荒川基記、三枝良安、鈴木直人、鈴木豊史、伴野和夫、日髙慎二
    日本薬学会第136年会, 2016年03月, 日本薬学会, 通常論文
  • 医薬品情報提供文書の実態に関する研究
    西野潤一、齋藤佳恵、荒川基記、大場延浩、福岡憲泰、日髙慎二
    日本薬学会第136年会, 2016年03月, 日本薬学会, 通常論文
  • 平成27年度千葉県内在学薬学部実習生における病院と薬局、実務実習施設エリア移動の報告
    杉山宏之、小嶋文良、齋藤彌、嶋田修治、柳川忠二、日髙慎二、杉浦邦夫
    ちば薬・薬・学合同学術大会2016, 2016年02月, 千葉県薬剤師会、千葉県病院薬剤師会, 通常論文
  • 高血圧症患者を対象とした高血圧治療薬の使用実態と治療実績の変遷に関する研究
    荒川基記、杉原絢、安野伸浩、田中政彦、田中政彦、呉兆礼、朝比奈完、日髙慎二
    第59回日本薬学会関東支部大会, 2015年09月, 日本薬学会, 通常論文
  • 病院の医療情報データを用いたスタチンの使用と糖尿病の関連についての検討
    大場延浩、田中正太郎、安川優、鈴木友里、斉藤隼、吉野成泰、日高慎二、林宏之、関利一、福岡憲泰
    第18回日本医薬品情報学会総会・学術大会, 2015年06月, 日本医薬品情報学会, 通常論文
  • 特定疾患・希少疾病における医薬品開発に関する検討
    中山裕之、荒川基記、大場延浩、福岡憲泰、日髙慎二
    日本薬学会第135年会, 2015年03月, 日本薬学会, 通常論文
  • メタボリックシンドロームを想定した患者における高血圧治療薬の使用実態と治療実績に関する研究
    荒川基記、杉原絢、安野伸、田中政彦、呉兆礼、朝比奈完、内田直樹、山崎力、日髙慎二
    日本薬学会第135年会, 2015年03月, 日本薬学会, 通常論文
  • 日本大学薬学部における治験教育への取り組み 第6報 -治験実務者を加えた教育効果の検証-
    荒川基記、濃沼政美、松岡悦子、水井貴詞、有田悦子、氏原淳、松嶋由紀子、井上和紀、永田将司、塚田伸二、日髙慎二、白神誠
    第35回 日本臨床薬理学会学術総会, 2014年12月, 日本臨床薬理学会, 通常論文
  • 口腔内崩壊錠の安定性に対する添加物の影響
    草野李穂、太田美鈴、福岡憲泰、荒川基記、日髙慎二
    日本薬学会 第134年会, 2014年03月, 日本薬学会, 通常論文
  • 管理栄養士による携帯電話サイトを介したリアルタイムな減塩指導の有効性に関する研究
    改田剛俊、池田祐子、小嶋雅子、安野伸浩、内田昌嗣、田中政彦、日髙慎二、荒川基記
    第29回 日本静脈経腸栄養学会学術集会, 2014年02月, 日本静脈経腸栄養学会, 通常論文
  • 日本大学薬学部における治験教育への取り組み 第5報 -治験実務者を加えた教育効果の検証-
    荒川基記、濃沼政美、福岡憲泰、日髙慎二、白神誠
    第34回 日本臨床薬理学会学術総会, 2013年12月, 日本臨床薬理学会, 通常論文
  • 抗悪性腫瘍薬における第I相試験の臨床評価に関する検討
    川崎尚徳、荒川基記、日髙慎二
    第23回 日本医療薬学会年会, 2013年09月, 通常論文
  • 船橋市保健センターにおける4か月児健康相談で薬剤師によるお薬相談コーナーを設置して薬の適正使用を推進する試み
    柳直樹、伊藤美奈子、加茂恵代、木澤尚子、郡山章子、青龍良子、永井葉子、西留差佐都子、安増知子、杉山宏之、日髙慎二
    第46回 日本薬剤師会学術大会, 2013年09月, 日本薬剤師会, 通常論文
  • リアルタイムコミュニケーションこそ減塩成功のカギ ~チーム医療とITを融合させた減塩プログラムの有効性について~
    鹿倉友紀、荒川基記、中井健亮、改田剛俊、池田祐子、小嶋雅子、安野伸浩、内田昌嗣、田中政彦、杉村和明、宮田晋次、山崎力、日髙慎二
    日本ファーマシューティカルコミュニケーション学会 第7回大会, 2013年07月, 通常論文
  • 日米欧における一般用医薬品の添付文書記載要領の調査
    村野萌実、荒川基記、日髙慎二
    日本ファーマシューティカルコミュニケーション学会 第7回大会, 2013年07月, 通常論文
  • 保険薬局における調剤事故防止対策について
    髙井悠希、杉山宏之、大山悟、荒川基記、日髙慎二
    日本ファーマシューティカルコミュニケーション学会 第7回大会, 2013年07月, 通常論文
  • 携帯電話サイトを介したリアルタイムコミュニケーション手法による減塩指導の有効性に関する研究
    鹿倉友紀、荒川基記、中井健亮、改田剛俊、池田祐子、小嶋雅子、安野伸浩、内田昌嗣、田中政彦、杉村和明、宮田晋次、山崎力、日髙慎二
    第2回 臨床高血圧フォーラム, 2013年05月, 通常論文
  • 保険薬局におけるインシデント事例と発生要因の分析
    髙井悠希、杉山宏之、荒川基記、大山悟、日髙慎二
    日本薬学会 第133年会(横浜), 2013年03月, 通常論文
  • 管理栄養士による携帯電話サイトを介したリアルタイムな減塩指導の有効性に関する研究
    改田剛俊、池田祐子、小嶋雅子、安野伸浩、内田昌嗣、田中政彦、鹿倉友紀、中井健亮、日髙慎二、杉村和明、宮田晋次、山崎力、荒川基記
    第32回 食事療法学会(軽井沢), 2013年03月, 通常論文
  • 日本大学薬学部における治験教育への取り組み 第4報 -同意説明文書作成演習を通じた治験に関する学生の意識-
    荒川基記、濃沼政美、中村均、日髙慎二、白神誠
    第33回 日本臨床薬理学会学術総会(沖縄), 2012年11月, 日本臨床薬理学会, 通常論文
  • 千葉県船橋エリアにおけるWEBブラウザを用いた実習施設外の集合研修システムの構築
    加茂恵代、椎名哲子、杉山宏之、木澤尚子、永井葉子、安増知子、土居純一、日髙慎二
    第45回日本薬剤師会学術大会(浜松), 2012年10月, 日本薬剤師会, 通常論文
  • 高血圧症患者に対する減塩指導を目的とした携帯電話サイトによるリアルタイムコミュニケーション手法の有効性に関する研究 (最終報告)
    荒川基記、中井健亮、鹿倉友紀、改田剛俊、池田祐子、小嶋雅子、安野伸浩、内田昌嗣、田中政彦、杉村和明、宮田晋次、山崎力、日髙 慎二
    第35回 日本高血圧学会総会(名古屋), 2012年09月, 日本高血圧学会, 通常論文
  • メロキシカム口腔内崩壊錠の患者保管を想定した安定性について
    太田美鈴、草野李穂、深水啓朗、荒川基記、岩田政則、伴野和夫、日髙慎二
    医療薬学フォーラム2012 第20回クリニカルファーマシーシンポジウム(福岡), 2012年07月, 日本薬学会, 通常論文
  • ロサルタンがヒトのメラトニン生体リズムに及ぼす影響について探索する研究
    荒川基記、内田直樹、神田菜摘、黒澤由香利、小谷崇、上松瀬勝男、遠藤真弘、山崎力、日髙慎二
    日本薬学会第132年会(札幌), 2012年03月, 日本薬学会, 通常論文
  • 日本大学薬学部における治験教育への取り組み 第3報 -同意説明文書作成演習を通じた治験に関する学生の意識-
    荒川基記、濃沼政美、中村均、白神誠
    第32回 日本臨床薬理学会年会(浜松), 2011年12月, 日本臨床薬理学会, 通常論文
  • 高血圧症患者に対する減塩指導を目的とした携帯電話サイトによるリアルタイムコミュニケーション手法の有効性に関する研究
    荒川基記、中井健亮、改田剛俊、池田裕子、小嶋雅子、安野伸浩、内田昌嗣、田中政彦、杉村和明、宮田晋次、山崎力
    第34回 日本高血圧学会総会(宇都宮), 2011年10月, 日本高血圧学会, 通常論文
  • ロサルタンがメラトニンの生体リズムに及ぼす影響について探索する研究
    荒川基記、内田直樹、神田菜摘、黒澤由香利、小谷崇、上松瀬勝男、遠藤真弘、山崎力
    第125回日本薬理学会関東部会, 2011年10月, 日本薬理学会, 通常論文
  • 一般用医薬品における口腔内速崩壊錠の安定性と添加剤の影響
    太田美鈴、深水啓朗、加藤小織、髙田三紗子、荒川基記、岩田政則、伴野和夫
    第21回日本医療薬学会年会(神戸), 2011年10月, 日本医療薬学会, 通常論文
  • 市中病院・クリニックの医師を対象とした高血圧症治療に関連した生活習慣に対する意識・思考の実態に関する研究
    荒川 基記、中道亮平、安野伸浩、野口雄一、田中政彦、呉兆礼、朝比奈完、山崎力、日髙慎二
    日本薬学会第131年会, 2011年03月, 通常論文
  • 一般用医薬品の口腔内速崩壊錠に関する保存安定性の検討
    太田美鈴、深水啓朗、髙田三紗子、荒川基記、高橋由里、岩田政則、伴野和夫、日髙慎二
    日本薬学会第131年会, 2011年03月, 通常論文
  • 日本大学薬学部における治験教育への取り組み 第2報 -同意説明文書作成演習を通じた、治験に関する学生の意識-
    荒川 基記、濃沼 政美、中村 均、日髙 慎二、白神 誠
    第31回 日本臨床薬理学会年会, 2010年12月, 通常論文
  • アセトアミノフェン含有一般用医薬品の溶出性に及ぼす要因の検討
    太田美鈴、深水啓朗、高橋由里、荒川基記、伴野和夫、岩田政則、日髙慎二
    第20回日本医療薬学会年会, 2010年11月, 通常論文
  • MS-EXCEL のVBA を利用したOSCE タイマー
    小林宏司、小野真一、日髙慎二、諏訪雅士、大島久
    第20回日本医療薬学会年会, 2010年11月, 通常論文
  • 市中病院・クリニックの医師を対象とした高血圧症治療に対する意識・思考の実態に関する研究
    荒川 基記、中道亮平、安野伸浩、野口雄一、田中政彦、呉兆礼、朝比奈完、山崎力、日髙慎二
    第33 回日本高血圧学会総会, 2010年10月, 通常論文
  • メタボリックシンドローム想定患者における高血圧治療薬の使用実態と治療成績に関する研究
    中道亮平、荒川基記、安野伸浩、田中政彦、呉兆礼、朝比奈完、内田直樹、山崎力、日髙慎二
    日本社会薬学会第29年会, 2010年09月, 通常論文
  • 小規模臨床試験におけるセキュアな管理システムの構築と検証
    荒川基記(日本大・薬)、安野伸浩、野口雄一、田中政彦(関越病院)、日髙慎二(日本大・薬)
    日本薬学会 第130年会, 2010年03月, 日本薬学会, 通常論文
  • アセトアミノフェン含有一般用医薬品の安定性に及ぼす要因の検討
    太田美鈴(日本大・薬、あすなろ薬局)、深水啓朗(日本大・薬)、高橋由里(日本薬大)、荒川基記(日本大・薬)、岩田政則(日本薬大)、伴野和夫、日髙慎二(日本大・薬)
    日本薬学会 第130年会, 2010年03月, 日本薬学会, 通常論文
  • ナロキソンの血液脳関門輸送における有機カチオントランスポーターの関与
    鈴木豊史、大室綾、宮田真理子、古石誉之、日髙慎二(日本大・薬)、九川文彦(兵庫医療大・薬)、深水啓朗、伴野和夫(日本大・薬)
    日本薬学会 第130年会, 2010年03月, 日本薬学会, 通常論文
  • テプレノンとβ-シクロデキストリン誘導体が形成する乳剤の検討
    猿田紀子、深水啓朗、古石誉之、鈴木豊史、日髙慎二、伴野和夫(日本大・薬)
    日本薬学会 第130年会, 2010年03月, 日本薬学会, 通常論文
  • アセトアミノフェン(AA)含有OTC製剤の安定性と物性評価に関する検討
    太田美鈴(日本大・薬、あすなろ薬局)、深水啓朗(日本大・薬)、高橋由里(日本薬大)、荒川基記(日本大・薬)、岩田政則(日本薬大)、伴野和夫、日髙慎二(日本大・薬)
    第19回 日本医療薬学会年会, 2009年10月, 日本医療薬学会, 通常論文
  • メタボリックシンドロームを想定したマルチプルリスクファクター患者における高血圧治療薬の使用実態に関する研究
    荒川基記(日本大・薬)、安野伸浩、田中政彦(関越病院)、呉兆礼(中野サンブライトクリニック)、朝比奈完(中野サンブライトクリニック、睦町クリニック)、山崎力(東大院・医)、日髙慎二
    第32回 日本高血圧学会総会, 2009年10月, 日本高血圧学会, 通常論文
  • マルチプルリスクファクター患者における高血圧薬の使用実態に関する研究(1)
    荒川基記(日本大・薬)、安野伸浩、田中政彦(関越病院)、内田直樹(昭和大・医)、山崎力(東大・医)、日髙慎二(日本大・薬)
    日本薬学会 第129年会, 2009年03月, 通常論文
  • マルチプルリスクファクター患者における高血圧薬の使用実態に関する研究(2)
    荒川基記(日本大・薬)、呉兆礼、朝比奈完(中野サンブライトクリニック)、内田直樹(昭和大・医)、山崎力(東大・医)、日髙慎二(日本大・薬)
    日本薬学会 第129年会, 2009年03月, 通常論文
  • 食品由来抗酸化成分kaempferol長期暴露によるcisplatin耐性に係わるグルタチオン転移酵素への影響
    中妻章、二宮昌樹(徳島文理大・香川薬)、深水啓朗、古石誉之、鈴木豊史、伴野和夫、日髙慎二(日本大・薬)
    日本薬学会 第129年会, 2009年03月, 通常論文
  • 薬学実務実習後の感想文ナレッジデータベースの構築 〜ITシステム化への取り組み〜
    詫間浩樹、荒川基記、青山隆彦、齋藤好廣、泉澤恵、井手口直子、濃沼政美、立川眞理子、渡邊和子、小池勝也、伴野和夫、日髙慎二、安川憲、中村均
    日本薬学会 第129年会, 2009年03月, 通常論文
  • 薬剤師を取り巻く改革の動向 -最近の医薬行政と薬剤師生涯教育-
    第120回 日本大学薬学卒後教育講座, 2009年03月, 通常論文
  • 日本大学における事前学習の考え方
    中村均、白神誠、安川憲、小池勝也、鈴木孝、高畠享、日髙慎二、小野真一、荒川基記、泉澤恵、井手口直子、濃沼政美、浅見覚、田畑恵市、詫間浩樹
    薬学教育実務事前学習に関する調査・研究フォーラム, 2009年02月, 通常論文
  • 外科混合病棟における薬剤管理指導業務と薬剤師配置に関する検討
    荒川基記(日本大・薬)、堀川あすか、中馬真幸(日本大・医・板橋病院)、濃沼政美、日髙慎二(日本大・薬)、吉田善一、牧原剛(日本大・医・板橋病院)
    第18回 日本医療薬学会年会, 2008年09月, 通常論文
  • ミリスチン酸イソプロピル/カプリル酸モノグリセリド併用による角質細胞間脂質の赤外吸収スペクトル変化
    福島恵太、古石誉之、深水啓朗、鈴木豊史(日本大・薬)、梅田由紀子(日本大・医・板橋病院)、日髙慎二、伴野和夫(日本大・薬)
    第18回 日本医療薬学会年会, 2008年09月, 通常論文
  • ドライシロップ製剤の混合度に及ぼす粒度分布の影響
    山本佳久(桜木薬局)、鈴木豊史(日本大・薬)、松元美香(東京逓信病院)、早野修一、大崎一男(ブルカー・オプティクス)、深水啓朗、日髙慎二(日本大・薬)、鎌野衛(桜木薬局)、大谷道輝(東京逓信病院)、伴野和夫(日本大・薬)
    第18回 日本医療薬学会年会, 2008年09月, 通常論文
  • 抗がん剤耐性細胞における食品成分による薬剤耐性機構への影響
    中妻章; 深水啓朗; 鈴木豊史; 古石誉之; 伴野和夫; 日髙慎二
    日本薬学会第128年会, 2008年03月, 通常論文
  • ラット中大脳動脈閉塞/再開通モデルにおける蛍光物質の血液脳関門透過性
    鈴木豊史; 小川俊,溝口正博,古石誉之; 中妻章; 深水啓朗; 日髙慎二,伴野和夫
    日本薬学会第128年会, 2008年03月, 通常論文
  • メタボリックシンドローム構成因子の高血圧に対するマルチプルリスクファクター患者の薬効評価
    荒川基記(日本大・薬)、安野伸浩、田中政彦(関越病院)、内田直樹(昭和大・医)、山崎力(東大・医)、日髙慎二(日本大・薬)
    平成19年度選定 文部科学省ハイテク・リサーチ・センター整備事業研究プロジェクト 「メタボリックシンドロームの予防ならびに治療に対する生体リズムを基盤としたアプローチ」 平成20年度 研究報告会, 2008年02月, 通常論文
  • クリニックを対象としたメタボリックシンドローム想定患者における高血圧薬の使用実態研究
    荒川基記(日本大・薬)、呉兆礼、朝比奈完(中野サンブライトクリニック)、内田直樹(昭和大・医)、山崎力(東大・医)、日髙慎二(日本大・薬)
    平成19年度選定 文部科学省ハイテク・リサーチ・センター整備事業研究プロジェクト 「メタボリックシンドロームの予防ならびに治療に対する生体リズムを基盤としたアプローチ」 平成20年度 研究報告会, 2008年02月, 通常論文
  • ヒト神経膠芽腫由来細胞の抗がん剤耐性と食品由来成分の影響
    中妻章; 深水啓朗; 鈴木豊史; 古石誉之; 伴野和夫; 日髙慎二
    第1回次世代を担う若手医療薬科学シンポジウム, 2007年12月, 通常論文
  • 食品由来成分kaempfrol による薬物代謝への影響
    中妻章; 深水啓朗; 鈴木豊史; 古石誉之; 伴野和夫; 日髙慎二
    第28回日本臨床薬理学会年会, 2007年11月, 通常論文
  • ヒト神経膠芽腫由来細胞における食品成分による薬物感受性に及ぼす影響と因子について
    中妻章; 飯原なおみ; 深水啓朗; 鈴木豊史; 伴野和夫; 日髙慎二
    日本薬学会第127年会, 2007年03月, 通常論文
  • 麻薬拮抗薬ナロキソンの脳からの排出過程の評価
    鈴木 豊史,鈴木 直人,在間 知佳,宮田 真理子,深水 啓朗,日髙慎二,伴野 和夫
    日本薬学会第127年会, 2007年03月, 通常論文
  • テプレノンとシクロデキストリン類の包接構造に関する検討
    猿田 紀子,深水 啓朗,鈴木 豊史,日髙慎二,伴野 和夫
    日本薬学会第127年会, 2007年03月, 通常論文
  • 保険調剤と薬学管理への取り組み
    日髙慎二
    香川県薬剤師会観音寺・三豊地区薬剤師会研修会 特別講演, 2007年02月, 通常論文
  • 6年制薬学の現状と実務実習
    日髙慎二
    高知県病院薬剤師会月例会 特別講演, 2007年01月, 通常論文
  • ヒト神経膠芽腫由来細胞におけるdoxorubicinの抗腫瘍活性に及ぼす植物由来成分の影響
    中妻 章,飯原なおみ,深水啓朗,鈴木豊史,伴野和夫,日髙慎二
    第27回日本臨床薬理学会年会, 2006年11月, 通常論文
  • 保険調剤の理解のために
    日髙慎二
    香川県薬剤師会大川地区薬剤師会学術研修会 特別講演, 2006年11月, 通常論文
  • 適正な薬物治療を目的とした臨床薬剤業務のあり方(21)-副作用を辛抱するがん患者の心理背景の分析-
    土居智明,飯原なおみ,藤井睦子,磯部芳江,高畑聖,日髙慎二,福岡憲泰,芳地一
    第16回日本医療薬学会年会, 2006年09月, 通常論文
  • ペンタゾシン坐剤の調製とその薬物放出
    鈴木豊史,石井陽子,古石誉之,深水啓朗,日髙慎二,伴野和夫
    第126年会日本薬学会, 2006年03月, 通常論文
  • ヒト神経膠芽腫由来細胞における抗悪性腫瘍薬の効果に及ぼす植物由来成分の影響
    中妻章,飯原なおみ,深水啓朗,鈴木豊史,伴野和夫,日髙慎二
    日本薬学会第126年会, 2006年03月, 通常論文
  • 癌化学療法施行現場における看護師の認識調査-癌化学療法における病棟薬剤師へのニーズ-
    河添 仁,飯原なおみ,久保智美,向井栄治,日髙慎二,福岡憲泰,芳地一
    日本薬学会第126年会, 2006年03月, 通常論文
  • 医薬品の適応外使用に係る最近の動き
    日髙慎二
    高知県病院薬剤師会学術大会 特別講演, 2006年01月, 通常論文
  • ヒト神経膠芽腫由来細胞における膜輸送タンパク質の発現と機能に及ぼす植物由来成分の影響
    中妻章,飯原なおみ,日髙慎二
    第44回日本薬学会・日本病院薬剤師会 中四国支部学術大会, 2005年11月, 通常論文
  • シクロデキストリンを用いたテプレノンの粉体化に関する検討
    深水啓朗,古石誉之,鈴木豊史,日髙慎二,伴野和夫
    第23回シクロデキストリンシンポジウム, 2005年09月, 通常論文
  • 患者の視点に立った医療の実践-繰り返しがん化学療法を伴う婦人科がん患者の意識とその変化-
    飯原なおみ,日髙慎二,山本仁美,土居智明,芳地一
    第13回クリニカルファーマシーシンポジウム, 2005年07月, 通常論文
  • 医薬品の適正使用と保険診療及び保険調剤の理解のために
    日髙慎二
    日本病院薬剤師会第20回臨床実例報告会・シンポジウム 特別講演, 宇都宮, 2005年05月, 通常論文
  • 保険調剤および保険診療からみた薬剤管理指導業務等のあり方に関する検討
    日髙慎二
    第125年会日本薬学会, 2005年03月, 通常論文
  • 保険調剤(開局薬剤師)と保険診療(病院薬剤師)の理解のために
    日髙慎二
    第96回日本大学薬学卒後教育講座, 2005年03月, 通常論文
  • 薬剤管理指導業務とクリニカルパスへの期待(シンポジウム「パスと記録」)
    日髙慎二
    第5回日本クリニカルパス学会(シンポジウム「パスと記録」), 2004年11月, 通常論文
  • Drug interaction studies for NDAs in Japan
    Teruyo Arato; Naomi Nagai; Fumiaki Kobayashi; Shinji Hidaka; Hiroo Makimoto; Taro Shibata; Haruhiro Okuda
    2nd Pharmaceutical Sciences World Congress, Kyoto, 2004年06月, 通常論文
  • ブリッジングによるトリプタン系抗片頭痛薬の開発
    小林史明; 嶋澤るみ子; 安藤友紀; 日髙慎二; 斉藤和幸
    第24回日本臨床薬理学会年会, 2003年12月, 通常論文
  • パスの記録 ―現状と将来展望―(シンポジウム「パスと記録」)
    日髙慎二
    第4回日本クリニカルパス学会(シンポジウム「パスと記録」), 2003年11月, 通常論文
  • 新医薬品承認審査資料における薬物相互作用の検討と情報提供
    槙本博雄; 永井尚美; 荒戸照世; 小林史明; 日髙慎二; 柴田大朗; 奥田晴宏
    医療薬学フォーラム2003, 2003年07月, 通常論文
  • 21世紀の薬剤師像 ―これからの薬剤師に求められるもの―
    日髙慎二
    九州保健福祉大学薬学部開設記念シンポジウム 特別講演, 2003年06月, 通常論文
  • 新医薬品承認審査資料における臨床薬物相互作用情報
    小林史明; 槙本博雄; 永井尚美; 日髙慎二; 荒戸照世; 柴田大朗; 奥田晴宏
    第23回日本臨床薬理学会年会, 2002年12月, 通常論文
  • 新医薬品承認審査資料における薬物相互作用情
    日髙慎二; 永井尚美; 小林史明; 荒戸照世; 槙本博雄; 柴田大朗; 奥田晴宏
    第17回日本薬物動態学会年会, 2002年11月, 通常論文
  • 新医薬品の開発における薬物相互作用情報 -承認審査資料の調査を踏まえて-
    永井尚美; 小林史明; 荒戸照世; 日髙慎二; 槙本博雄; 柴田大朗; 奥田晴宏
    日本薬学会第122年会, 2002年03月, 通常論文
  • Preclinical and clinical development of cytostatic agents(The Japanese Association for Metastasis Research)
    Shinji Hidaka; Yasuhiro Fujiwara
    第10回日本がん転移学会総会シンポジウム, 2001年06月, 通常論文
  • 新医薬品の承認審査における臨床薬物動態情報について
    荒戸照世; 安藤友紀; 紀平哲也; 小林史明; 佐藤淳子; 柴田大朗; 永井尚美; 日髙慎二
    日本薬学会第121年会, 2001年03月, 通常論文
  • シスプラチン誘発腎毒性に対する2,3-ジメルカプト琥珀酸の防護効果
    三嶋一登; 日髙慎二; 高村徳人; 篠澤眞哉
    第14回日本薬学会九州支部大会, 1997年11月, 通常論文
  • Protection against cis-diamminedichloro- platinum-induced nephrotoxicity in rat by 2,3-dimercaptosuccinic acid
    Kazuto Mishima; Shinji Hidaka; Shinya Shinozawa
    57th World Congress of Pharmacy and Pharmaceutical Sciences, Vancouver, 1997年08月, 通常論文
  • 宮崎医大病院における抗生物質の使用状況推移
    本田憲一; 日髙慎二; 高村徳人; 伊東健一; 小野浩重; 奥村 学; 平田幸子; 築地憲仁; 春田昭彦; 白元正一; 八木優子; 前田恵理; 三嶋一登; 三代朗子; 児玉裕文; 前田共秀; 篠澤眞哉
    日本薬学会第117年会, 1997年03月, 通常論文
  • シスプラチン繰り返し投与による腎障害に対するN-ベンジル-D-グルカミンジチオカルバメートの防護機構
    日髙慎二; 鶴岡道雄; 船越崇行; 島田秀昭; 児島昭次
    日本薬学会第116年会, 1996年03月, 通常論文
  • シスプラチンの副作用に対するN-ベンジル-D-グルカミンジチオカルバメート及びジエチルジチオカルバメートの防護効果
    日髙慎二; 鶴岡道雄; 船越崇行; 島田秀昭; 児島昭次
    第10回日本薬物動態学会年会, 1995年11月, 通常論文
  • 悪性リンパ腫におけるメトトレキサート血中動態の検討
    日髙慎二; 前田共秀; 鶴岡道雄
    第59回九州山口薬学大会, 1994年11月, 通常論文
  • ジチオカルバメート系キレート剤によるシスプラチンの副作用軽減
    日髙慎二; 鶴岡道雄; 船越崇行; 島田秀昭; 浄住護雄; 児島昭次
    第10回日本薬学会九州支部大会, 1993年11月, 通常論文
  • 内科病棟における服薬管理 -医師、看護婦と協力して-
    平田幸子; 本田憲一; 小野浩重; 伊東健一; 日髙慎二; 前田共秀; 鶴岡道雄; 石川 正; 土居早苗
    第26回日本薬剤師会学術大会, 1993年11月, 通常論文
  • Introduction of computer system for dispensing services -The supporting system for preparation of medicines connected online to prescription order-
    Shinji Hidaka; Yumiko Hamada; Kenichi Honda; Norihito Tsukiji; Miwako Matsuzaki; Tomohide Maeda; Michio Tsuruoka
    53th World Congress of Pharmacy and Pharmaceutical Sciences, Tokyo, 1993年09月, 通常論文
  • 宮崎医科大学病院における抗生物質の使用状況
    本田憲一; 松崎美和子; 杉澤美保; 浜田有美子; 築地憲仁; 日髙慎二; 前田共秀; 鶴岡道雄
    第58回九州山口薬学大会, 1992年10月, 通常論文
  • 診療報酬改定による調剤技術料算定等への影響
    日髙慎二; 鶴岡道雄; 吉富堅一郎; 長友 繁; 永倉裕己; 永田和裕; 前田幸英
    第58回九州山口薬学大会, 1992年10月, 通常論文
  • 処方オーダリングシステムにおける薬袋印字システムの有用性
    浜田有美子; 日髙慎二; 本田憲一; 築地憲仁; 杉澤美保; 松崎美和子; 松本朱美; 前田共秀; 鶴岡道雄
    日本薬学会第112年会, 1992年03月, 通常論文
  • 市販データベースを利用した薬品情報データベース作成法と問題点
    日髙慎二; 前田共秀; 児玉裕文; 瀬尾 量; 高村徳人; 鶴岡道雄; 後藤正三; 吉原博幸
    第11回医療情報学連合大会, 1991年11月, 通常論文
  • 処方オーダリングシステム導入前・導入後の処方せん疑義問い合わせについて
    松崎美和子; 杉澤美保; 日髙慎二; 前田共秀; 鶴岡道雄
    第57回九州山口薬学大会, 1991年10月, 通常論文
  • 外科病棟における病棟活動
    平田幸子; 日髙慎二; 前田共秀; 鶴岡道雄
    57回九州山口薬学大会, 1991年10月, 通常論文
  • 調剤業務への電算機の利用 -薬袋印字システムと自動錠剤分包機の連結-
    築地憲仁; 長沼広子; 日髙慎二; 前田共秀; 鶴岡道雄
    第57回九州山口薬学大会, 1991年10月, 通常論文
  • 外来処方オーダリングシステムの構築に伴う薬袋印字システムの利用
    杉澤美保; 日髙慎二; 岩下幸子; 長沼広子; 奥村 学; 小野浩重; 築地憲仁; 浜田有美子; 松崎美和子; 前田共秀; 鶴岡道雄
    日本薬学会第111年会, 1991年03月, 通常論文
  • 宮崎医科大学総合医療情報システム(PHOENIX)における薬剤処方システムの概要
    前田共秀; 瀬尾 量; 児玉裕文; 日髙慎二; 高村徳人; 鶴岡道雄; 後藤正三
    平成2年度国立大学附属病院医療情報処理部門連絡会議, 1991年01月, 通常論文
  • 薬剤システムにおける薬袋印字装置の運用状況
    瀬尾 量; 前田共秀; 児玉裕文; 日髙慎二; 橋本 強; 鶴岡道雄; 後藤正三
    第10回医療情報学連合大会, 1990年11月, 通常論文
  • 自動錠剤半切機の有用性
    瀬之口千代; 日髙慎二; 瀬尾 量; 橋本 強; 鶴岡道雄
    第56回九州山口薬学大会, 1990年10月, 通常論文
  • 処方オーダリングシステム構築に伴う薬袋印字システムの開発
    奥村 学; 瀬尾 量; 長沼広子; 日髙慎二; 児玉裕文; 前田共秀; 橋本 強; 鶴岡道雄
    日本薬学会第110年会, 1990年08月, 通常論文
  • キレート剤によるシスプラチンの副作用軽減に関する研究
    井上俊朗; 浄住護雄; 本田俊哉; 児島昭次; 日髙慎二; 橋本 強; 鶴岡道雄
    日本薬学会第109年会, 1989年03月, 通常論文
  • ジゴキシンーγーシクロデキストリン複合体の舌下投与時の有用性について
    瀬尾 量; 日髙慎二; 高村徳人; 本田憲一; 橋本 強; 鶴岡道雄; 菊池正彦; 入江徹美; 上釜兼人
    日本薬学会第108年会, 1988年04月, 通常論文
  • バルプロ酸ならびにカルバマゼピンの血中濃度と薬物相互作用
    日髙慎二; 瀬尾 量; 高村徳人; 児玉裕文; 前田共秀; 橋本 強; 鶴岡道雄; 鶴 紀子
    第21回日本てんかん学会, 1987年09月, 通常論文
  • 本院におけるバルプロ酸ならびにカルバマゼピンの血中濃度
    瀬尾 量; 日髙慎二; 高村徳人; 児玉裕文; 前田共秀; 橋本 強; 鶴岡道雄; 鶴 紀子
    第8回宮崎てんかん懇話会, 1987年06月, 通常論文
  • 血清分離剤入り真空採血管の検討 -血中濃度測定に及ぼす影響-
    日髙慎二; 前田共秀; 児玉裕文; 橋本 強; 鶴岡道雄
    第51回九州山口薬学大会, 1986年10月, 通常論文
  • 宮崎医科大学病院における臨床材料検出菌の薬剤感受性
    東 昌子; 児玉裕文; 上野 宰; 中山研太郎; 山内貴美子; 福島 修; 日髙慎二; 長倉洋美; 北郷麻美; 橋本 強; 鶴岡道雄; 島田雅巳; 大瀧幸哉
    日本薬学会第105年会, 1985年03月, 通常論文
  • 宮崎医科大学病院における抗生剤使用状況調査
    上野 宰; 児玉裕文; 中山研太郎; 山内貴美子; 東 昌子; 福島 修; 日髙慎二; 長倉洋美; 北郷麻美; 橋本 強; 鶴岡道雄; 島田雅巳; 大瀧幸哉
    日本薬学会第105年会, 1985年03月, 通常論文
  • 血中蛋白非結合型フェニトイン濃度の測定
    前田共秀; 日髙慎二; 児玉裕文; 橋本 強; 鶴岡道雄
    日本薬学会第105年会, 1985年03月, 通常論文

所属学協会

  • 2010年10月 - 現在
    日本臨床薬理学会
  • 2021年09月
    日本地域薬局薬学会
  • 日本臨床栄養代謝学会
  • 日本薬学会
  • 日本医療薬学会
  • 日本病院薬剤師会
  • 日本薬剤師会