橋崎 要

薬学部教授

研究キーワード

  • レオロジー
  • レシチン
  • レシチンオルガノゲル
  • 逆紐状ミセル
  • 紐状ミセル
  • オルガノゲル
  • ハイドロゲル
  • 界面活性剤
  • ポリエチレングリコール
  • リポソーム
  • 複合体
  • シクロデキストリン
  • 物理化学

研究分野

  • ナノテク・材料, 基礎物理化学, 物理化学
  • ライフサイエンス, 薬系分析、物理化学, 物理系薬学

経歴

  • 2023年04月 - 現在
    日本大学薬学部教授
  • 2014年04月 - 2023年03月
    日本大学薬学部准教授
  • 2014年08月 - 2014年08月
    米国メリーランド大学カレッジパーク校(UMCP)工学部 客員研究員
  • 2007年04月 - 2014年03月
    日本大学薬学部助教
  • 2010年02月 - 2010年09月
    米国メリーランド大学カレッジパーク校(UMCP)工学部 客員研究員
  • 1999年04月 - 2007年03月
    日本大学薬学部助手

学歴

  • 1999年
    東京理科大学, 大学院 理工学研究科, 工業化学
  • 1997年
    東京理科大学, 理工学部, 工業化学

委員歴

  • 2022年04月 - 2024年03月
    経皮投与製剤フォーカスグループ リーダー, 日本薬剤学会
  • 2020年04月 - 2023年03月
    代議員, 日本薬剤学会
  • 2017年02月 - 2023年03月
    編集委員会委員, 材料技術研究協会
  • 2016年05月 - 2023年03月
    理事, 材料技術研究協会
  • 2014年03月 - 2023年03月
    関東支部幹事, 日本油化学会
  • 2019年04月 - 2021年03月
    学会賞等選考委員会委員, 日本油化学会
  • 2013年03月 - 2014年02月
    若手の会委員長, 日本油化学会
  • 2009年04月 - 2014年02月
    関東支部常任幹事, 日本油化学会
  • 2003年04月 - 2014年02月
    若手の会委員, 日本油化学会
  • 2011年03月 - 2013年02月
    若手の会副委員長, 日本油化学会
  • 2003年04月 - 2005年12月
    化学と工業ニュース委員会委員, 日本化学会

受賞

  • 日本薬剤師会, 第50回日本薬剤師会学術大会 ポスター優秀賞
    乳幼児に与える散剤のペースト化に必要な水分量の最適化と後発医薬品への適用に関する研究, 国内学会・会議・シンポジウム等の賞
    福田春香;吉村彩也香;小林千翔;橋崎要;鈴木直人;金沢貴憲;重谷美子;深水啓朗;山本佳久;鈴木豊史
  • 日本薬剤師会, 第50回日本薬剤師会学術大会 ポスター優秀賞
    乳幼児に与える散剤のペースト化に必要な水分量の最適化と後発医薬品への適用に関する研究, 国内学会・会議・シンポジウム等の賞
    福田春香,吉村彩也香,小林千翔,橋崎要,鈴木直人,金沢貴憲,重谷美子,深水啓朗,山本佳久,鈴木豊史
  • 2009年度材料技術研究協会討論会 ポスター賞奨励賞
    ショ糖脂肪酸エステルにより誘起された新規なレシチンオルガノゲル
  • 2005年度材料技術研究協会ゴールドポスター賞
  • 日本油化学会エディター賞
  • 1998年度材料技術研究協会討論会ポスター賞

論文

  • ★Effect of the Physicochemical Properties of Liquid Paraffin on the Phase State and Rheological Properties of Lecithin Reverse Wormlike Micelles
    Yoshiyuki Miyasaka; Kaname Hashizaki; Yumi Kono; Hiroyuki Taguchi; and Makiko Fujii
    Chemical and Pharmaceutical Bulletin, 2022年01月, 査読有り, 通常論文
    責任著者
  • ★A Method for Measuring the Surface Free Energy of Topical Semi-solid Dosage Forms
    Kaname Hashizaki; Yuto Hoshii; Kosuke Ikeuchi; Miko Imai; Hiroyuki Taguchi; Yukihiro Goto; Makiko Fujii
    Chemical and Pharmaceutical Bulletin, 2021年11月, 査読有り, 通常論文
    筆頭著者
  • Influence of Surfactant on the Skin Permeation of Methylisothiazolinone and Methylchloroisothiazolinone
    Makiko Fujii; Kohsuke Shibasaki; Kaname Hashizaki; Hiroyuki Taguchi
    Biological and Pharmaceutical Bulletin, 2024年05月, 査読有り, 通常論文
  • Rheological Properties and Composition Affecting the Skin Permeation of a Model of a Hydrophilic Drug in Lecithin Reverse Wormlike Micelles
    Yoshiyuki Miyasaka; Kaname Hashizaki; Kohsuke Shibasaki; Makiko Fujii; Hiroyuki Taguchi
    Biological and Pharmaceutical Bulletin, 2024年01月, 査読有り, 通常論文
    責任著者
  • Characteristics of an emulsion obtained using hydrophobic hydroxypropyl methylcellulose as an emulsifier and a high-pressure homogenizer
    Makiko Fujii; Fuyuko Wada; Natsumi Honda; Keiko Miura; Kaname Hashizaki; Taguchi Hiroyuki; Naoya Koizumi; Yoshiteru Watanabe
    Chemical and Pharmaceutical Bulletin, 2020年12月, 査読有り, 通常論文
  • The Molecular Mechanisms Underlying Prostaglandin D2-Induced Neuritogenesis in Motor Neuron-Like NSC-34 Cells
    Hiroshi Nango; Yasuhiro Kosuge; Nana Yoshimura; Hiroko Miyagishi; Takanori Kanazawa; Kaname Hashizaki; Toyofumi Suzuki; Kumiko Ishige
    Cells, 2020年04月, 査読有り, 通常論文
  • 疎水化ヒドロキシプロピルメチルセルロースを用いたリポソームの架橋とレオロジー特性
    橋崎 要,梅田里紗,三浦基文,田口博之,藤井まき子
    YAKUGAKU ZASSHI, 2020年03月, 査読有り, 通常論文
    筆頭著者
  • Influence of skin condition on the skin penetration of dextran 4000 and ovalbumin
    Makiko Fujii; Miko Imai; Hiroki Kuwabara; Minori Awano; Kaname Hashizaki; Hiroyuki Taguchi
    Fundamental Toxicological Sciences, 2020年, 査読有り, 通常論文
  • 鼻腔内噴霧用ゲル製剤のレオロジーパラメータを用いた最適化方法
    山口 芽生; 田口 なな; 橋崎 要; 鈴木 直人; 金沢 貴憲; 田口 博之; 鈴木 豊史; 藤井 まき子
    日本DDS学会学術集会プログラム予稿集, 2019年06月, 査読有り, 通常論文
  • OWRK法に基づく皮膚へのローション剤の濡れ性と付着性の予測
    橋崎要,須長航平,小田裕介,塲集田麻衣,今井美湖,後藤志宏,田口博之,齋藤好廣,藤井まき子
    YAKUGAKU ZASSHI, 2019年04月, 査読有り, 通常論文
    筆頭著者
  • The comparison of surface free energy of human, Yucatan micropig, and hairless mouse skins and influence of surfactant on surface free energy of the skin
    Makiko Fujii; Kiku Kato; Miko Imai; Hiroki Kuwabara; Minori Awano; Kaname Hashizaki; Hiroyuki Taguchi
    Biological and Pharmaceutical Bulletin, 2019年02月, 査読有り, 通常論文
  • 小児用粉状製剤を服用するためのペースト状態に必要な最適水量:降伏値に基づいた考察と後発医薬品への適用
    福田春香; 鈴木豊史; 橋崎 要; 吉村彩也香; 小林千翔; 重谷美子,鈴木直人,金沢貴憲,深水啓朗,山本佳久
    YAKUGAKU ZASSHI, 2019年02月, 査読有り, 通常論文
  • Application of Pickering Emulsion with Cyclodextrin as an Emulsifier to a Transdermal Drug Delivery Vehicle
    Hiroyuki Taguchi; Haruki Tanaka; Kaname Hashizaki; Yoshihiro Saito; Makiko Fujii
    Biological and Pharmaceutical Bulletin, 2019年01月, 査読有り, 通常論文
  • レシチン逆紐状ミセルの皮膚適用製剤基剤としての可能性
    橋崎 要; 田口博之; 藤井まき子
    材料表面, 2018年10月, 査読有り, 招待有り
    筆頭著者
  • Changes in the viscosity of metronidazole gel mixed with other agents to treat malodorous ulcerated skin cancers
    Iori Hirosawa; Kaname Hashizaki; Kentaro Matsumura; Makiko Fujii; Kazuhiro Watanabe
    医薬品相互作用研究, 2018年07月, 査読有り, 通常論文
  • Highly Viscoelastic Reverse Wormlike Micellar Systems from a Mixture of Lecithin, Polyglycerol Fatty Acid Monoesters, and an Oil
    Kaname Hashizaki; Miko Imai; Shuhei Yako; Hitomi Tsusaka; Yuichi Sakanishi; Yoshihiro Saito; Makiko Fujii
    JOURNAL OF OLEO SCIENCE, 2017年09月, 査読有り, 通常論文
  • Influence of Characteristics of Oily Vehicle on Skin Penetration of Ufenamate
    Hayato Iino; Makiko Fujii; Manami Fujino; Shizuka Kohara; Kaname Hashizaki; Hitomi Kira; Naoya Koizumi; Yoshiteru Watanabe; Naoki Utoguchi
    BIOLOGICAL & PHARMACEUTICAL BULLETIN, 2017年02月, 査読有り, 通常論文
  • Skin Permeation of Testosterone from Viscoelastic Lecithin Reverse Wormlike Micellar Solution
    Miko Imai; Kaname Hashizaki; Aiko Yanagi; Hiroyuki Taguchi; Yoshihiro Saito; Shigeyasu Motohashi; Makiko Fujii
    BIOLOGICAL & PHARMACEUTICAL BULLETIN, 2016年04月, 査読有り, 通常論文
  • Rheological properties of elastomeric impression materials for selective pressure impression technique
    Misao Kawara; Masatoshi Iwasaki; Yoshihiro Iwata; Yoshihiro Komoda; Sayumi Inoue; Osamu Komiyama; Hiroshi Suzuki; Toshikazu Kuroki; Kaname Hashizaki
    JOURNAL OF PROSTHODONTIC RESEARCH, 2015年10月, 査読有り, 通常論文
  • レシチンを主成分とする生体・環境調和型オイルゲル化剤
    橋崎要
    Colloid & Interface Communication, 2014年03月, 査読有り, 招待有り
    筆頭著者
  • A new reverse worm-like micellar system from a lecithin, multivalent carboxylic acid and oil mixture
    Miko Imai; Kaname Hashizaki; Hiroyuki Taguchi; Yoshihiro Saito; Shigeyasu Motohashi
    JOURNAL OF COLLOID AND INTERFACE SCIENCE, 2013年08月, 査読有り, 通常論文
  • Reverse self-assembly of lipid onions induced by gadolinium and calcium ions
    Hee-Young Lee; Kaname Hashizaki; Kevin Diehn; Srinivasa R. Raghavan
    SOFT MATTER, 2013年, 査読有り, 通常論文
  • New Lecithin Organogels from Lecithin/Polyglycerols/Oil Systems
    Kaname Hashizaki; Yuichi Sakanishi; Shuhei Yako; Hitomi Tsusaka; Miko Imai; Hiroyuki Taguchi; Yoshihiro Saito
    Journal of Oleo Science, 2012年05月, 査読有り, 通常論文
    筆頭著者
  • Possibility of Vitamin C to Induce the Formation of Lecithin Organogel
    Kaname Hashizaki; Naohito Watanabe; Miko Imai; Hiroyuki Taguchi; Yoshihiro Saito
    Chemistry Letters, 2012年04月, 査読有り, 通常論文
    筆頭著者
  • 非イオン性界面活性剤からなるゲル製剤の製剤学的特性
    古石 誉之; 橋崎 要; 深水 啓朗; 鈴木 豊史; 田口 博之; 齋藤 好廣; 上田 晴久; 伴野 和夫
    Drug Delivery System, 2011年05月, 査読有り, 通常論文
  • 界面活性剤ゲルを用いたニモジピンの皮膚透過性に関する検討
    古石 誉之; 橋崎 要; 藤井 沙織; 深水 啓朗; 鈴木 豊史; 田口 博之; 齋藤 好廣; 伴野 和夫
    日本薬学会年会要旨集, 2011年03月, 査読有り, 通常論文
  • Emulsifying Ability of β-Cyclodextrins for Common Oils, Journal of Dispersion Science and Technology
    Motoki Inoue; Kaname Hashizaki; Hiroyuki Taguchi; Yoshihiro Saito
    Journal of Dispersion Science and Technology, 2010年12月, 査読有り, 通常論文
  • 表面自由エネルギーの低い素材からなるメートグラスに対するシロップ剤の付着残存性
    山本 佳久,鈴木 豊史,橋崎 要,小倉 雅男,梅田 由紀子,日髙 慎二,深水 啓朗,伴野 和夫
    薬学雑誌, 2010年08月, 査読有り, 通常論文
  • New Lecithin Organogels with Sugars of RNA and DNA
    Kaname Hashizaki; Hiroyuki Taguchi; Yoshihiro Saito
    CHEMISTRY LETTERS, 2009年11月, 査読有り, 通常論文
  • A novel reverse worm-like micelle from a lecithin/sucrose fatty acid ester/oil system
    Kaname Hashizaki; Hiroyuki Taguchi; Yoshihiro Saito
    COLLOID AND POLYMER SCIENCE, 2009年09月, 査読有り, 通常論文
  • Highly viscoelastic reverse worm-like micelles formed in a lecithin/urea/oil system
    Kaname Hashizaki; Takashi Chiba; Hiroyuki Taguchi; Yoshihiro Saito
    COLLOID AND POLYMER SCIENCE, 2009年08月, 査読有り, 通常論文
  • Preparation and Characterization of Cycloalkanol/Water Emulsion Using α-Cyclodextrin as an Emulsifier
    Kaname Hashizaki; Takashi Kageyama; Motoki Inoue; Hiroyuki Taguchi; Yoshihiro Saito
    Journal of Dispersion Science and Technology, 2009年06月, 査読有り, 通常論文
    筆頭著者
  • Effects of Temperature on the Rheological Behavior of Worm-like Micelles in a Mixed Nonionic Surfactant System
    Kaname Hashizaki; Hiroyuki Taguchi; Yoshihiro Saito
    Journal of Oleo Science, 2009年05月, 査読有り, 通常論文
    筆頭著者
  • Effects of Inorganic Salts on Micellization and Solubilization in an Aqueous Solution of Poly(ethylene oxide)/Poly(propylene oxide)/Poly(ethylene oxide) Triblock Copolymer
    Kazuto Ohashi; Kaname Hashizaki; Hiroyuki Taguchi; Yoshihiro Saito
    Journal of Dispersion Science and Technology, 2009年05月, 査読有り, 通常論文
  • Preparation and Characterization of n-Alkane/Water Emulsion Stabilized by Cyclodextrin
    Motoki Inoue; Kaname Hashizaki; Hiroyuki Taguchi; Yoshihiro Saito
    Journal of Oleo Science, 2009年02月, 査読有り, 通常論文
  • Rheological Behavior of Worm-like Micelles in a Mixed Nonionic Surfactant System of a Polyoxyethylene Phytosterol and Glycerin Fatty Acid Monoester
    Kaname Hashizaki; Nao Tamaki; Hiroyuki Taguchi; Yoshihiro Saito; Koji Tsuchiya; Hideki Sakai; Masahiko Abe
    Chemical & Pharmaceutical Bulletin, 2008年12月, 査読有り, 通常論文
    筆頭著者
  • Emulsion Preparation Using β-Cyclodextrin and Its Derivatives
    Motoki Inoue; Kaname Hashizaki; Hiroyuki Taguchi; Yoshihiro Saito
    Chemical & Pharmaceutical Bulletin, 2008年09月, 査読有り, 通常論文
  • Formation and Characterization of Emulsions Using β-Cyclodextrin as an Emulsifier
    Motoki Inoue; Kaname Hashizaki; Hiroyuki Taguchi; Yoshihiro Saito
    Chemical & Pharmaceutical Bulletin, 2008年05月, 査読有り, 通常論文
  • Study on Preparation and Formation Mechanism of n-Alkanol/Water Emulsion Using α-Cyclodextrin
    Kaname Hashizaki; Takashi Kageyama; Motoki Inoue; Hiroyuki Taguchi; Haruhisa Ueda; Yoshihiro Saito
    Chemical & Pharmaceutical Bulletin, 2007年11月, 査読有り, 通常論文
    筆頭著者
  • Calorimetry and Cryo-Transmission Electron Microscopic Studies of PEG2000-Grafted Liposomes
    Kaname HASHIZAKI; Hiroyuki TAGUCHI; Koji TSUCHIYA; Hideki SAKAI; Masahiko ABE; Yoshihiro SAITO; and Naotake OGAWA
    Chemical & Pharmaceutical Bulletin, 2006年04月, 査読有り, 通常論文
    筆頭著者
  • Carboxyfluorescein leakage from Poly(ethylene glycol)-Grafted Liposomes Induced by the Interaction with Serum
    Kaname HASHIZAKI; Hiroyuki TAGUCHI; Hideki SAKAI; Masahiko ABE; Yoshihiro SAITO; and Naotake OGAWA
    Chemical & Pharmaceutical Bulletin, 2006年01月, 査読有り, 通常論文
    筆頭著者
  • Stability constants for 1:1 complexes formed between2-hydroxypropyl-β- cyclodextrin with an average substitution degree of 4.4 and benzene and alkylbenzenes as guests by modified static head-space gas chromatography method
    Katsumasa Misawa; Yoshihiro Saito; Kaname Hashizaki; Hiroyuki Taguchi; Naotake Ogawa; Haruhisa Ueda
    Journal of Inclusion Phenomena, 2005年11月, 査読有り, 通常論文
  • Stability Constants for 1:1 Complexes Formed between2-hydroxypropyl-β-Cyclodextrin with an Average Substitution Degree of 4.4 and Benzene and Alkylbenzenes as Guests by Modified Static Head-Space Gas Chromatography Method
    Katsumasa Misawa; Yoshihiro Saito; Kaname Hashizaki; Hiroyuki Taguchi; Naotake Ogawa and Haruhisa Ueda
    Journal of Inclusion Phenomena and Macrocyclic Chemistry, 2005年11月, 査読有り, 通常論文
  • 口内炎治療薬としてのインドメタシンゲル製剤の設計と臨床応用
    Kenji Momo; Tatsuko Shiratsuchi; Hiroyuki Taguchi; Kaname Hashizaki; Yoshihiro Saito; Mizue Makimura; Naotake Ogawa
    YAKUGAKU ZASSHI, 2005年05月, 査読有り, 通常論文
  • Preparation of Novel Anion Exchange Resins Derived from N-Substituted Maleimide Resins
    Hiroyuki Taguchi; Kaname Hashizaki; Yoshihiro Saito; Naotake Ogawa
    Material Technology, 2005年05月, 査読有り, 通常論文
  • Synthesis and Fundamental Properties of Spherical N-Phenylmaleimide Copolymer Resins
    Hiroyuki Taguchi; Kazuyoshi Sakurai; Kaname Hashizaki; Yoshihiro Saito; Naotake Ogawa
    Material Technology, 2005年03月, 査読有り, 通常論文
  • Effects of Poly(ethylene glycol) (PEG) Concentration on the Permeability of PEG-Grafted Liposomes
    Kaname Hashizaki; Hiroyuki Taguchi; Chika Itoh; Hideki Sakai; Masahiko Abe; Yoshihiro Saito; and Naotake Ogawa
    Chemical & Pharmaceutical Bulletin, 2005年01月, 査読有り, 通常論文
    筆頭著者
  • Adsorption of Benzene and Alkylbenzenes onto β-Cyclodextrin Polymer by Modified Static Head-Space Gas Chromatography Method
    Yoshihiro Saito; Katsumasa Misawa; Kaname Hashizaki; Hiroyuki Taguchi; Shinji Hidaka and Naotake Ogawa
    Material Technology, 2004年06月, 査読有り, 通常論文
  • A Modified Method Using Static Head-Space Gas Chromatography for Determining the Stability Constants of 1-Alkanol/α-Cyclodextrin Complexation
    Yoshihiro Saito; Katsumasa Misawa; Kaname Hashizaki; Hiroyuki Taguchi; Naotake Ogawa; and Harushisa Ueda
    Chemical & Pharmaceutical Bulletin, 2004年02月, 査読有り, 通常論文
  • Effects of Poly(ethylene glycol)(PEG) Chain Length of PEG-Lipid on the Permeability of Liposomal Bilayer Membranes
    Kaname Hashizaki; Hiroyuki Taguchi; Chika Itoh; Hideki Sakai; Masahiko Abe; Yoshihiro Saito; and Naotake Ogawa
    Chemical & Pharmaceutical Bulletin, 2003年07月, 査読有り, 通常論文
    筆頭著者
  • Solubilization of (+)-Limonene by Anionic/Cationic Mixed Surfactant System
    Yoshihiro Saito; Kaname Hashizaki; Hiroyuki Taguchi; and Naotake Ogawa
    Drug Development and Industrial Pharmacy, 2003年, 査読有り, 通常論文
  • Complexation of Butylbenzenes with 2-Hydroxypropyl-cyclodextrins in Aqueous Solution
    Yoshihiro Saito; Kaname Hashizaki; Hiroyuki Taguchi; and Naotake Ogawa
    Journal of Environmental Science and Health, 2003年, 査読有り, 通常論文
  • Comparison of the Solubilizing Ability of Cyclodextrins and Surfactants for(+)-α-Pinene
    Youko Katougi; Yoshihiro Saito; Kaname Hashizaki; Hiroyuki Taguchi; and Naotake Ogawa
    Journal of Dispersion Science and Technology, 2001年, 査読有り, 通常論文
  • Solubilization of (+)-α-Pinene by Cyclodextrins/Surfactants Mixed Systems
    Yoshihiro Saito; Youko Katougi; Kaname Hashizaki; Hiroyuki Taguchi; and Naotake Ogawa
    Journal of Dispersion Science and Technology, 2001年, 査読有り, 通常論文
  • Determination of the Stability Constants in Alkanol/α-Cyclodextrin Mixed System
    Yoshihiro Saito; Kaname Hashizaki; Hiroyuki Taguchi; Kazuo Tomono; Hiroko Goto; and Naotake Ogawa
    Drug Development and Industrial Pharmacy, 2000年10月, 査読有り, 通常論文
  • Freeze-fracture electron microscopic and calorimetric studies on microscopic states of surface-modified liposomes with poly (ethylene glycol) chains
    Kaname Hashizaki; Chika Itoh; Hideki Sakai; Shoko Yokoyama; Hiroyuki Taguchi; Yoshihiro Saito; Naotake Ogawa; and Masahiko Abe
    Colloids and Surfaces B: Biointerfaces, 2000年04月, 査読有り, 通常論文
    筆頭著者
  • Determination of Stability Constants for Alkanol/α-Cyclodextrin Inclusion Complexes using the Surface Tension Method
    Yoshihiro Saito; Kei Watanabe; Kaname Hashizaki; Hiroyuki Taguchi; Naotake Ogawa; Takatoshi Sato; Haruhisa Ueda
    Journal of Inclusion Phenomena and Macrocyclic Chemistry, 2000年, 査読有り, 通常論文
  • Effects of PEG Chain Length of Phospholipid with Covalently Attached Poly (Ethylene Glycol)(PEG) on the Macroscopic State of Liposomes
    Kaname Hashizaki; Chika Itoh; Hideki Sakai; Shoko Yokoyama; Hiroyuki Taguchi; Yoshihiro Saito; Naotake Ogawa; and Masahiko Abe
    Journal of Japan Oil Chemists' Society, 1999年09月, 査読有り, 通常論文
    筆頭著者
  • Freeze-Fracture Electron Micrographs of Liposomes Containing Phospholipid with Covalently Attached Poly (Ethylene Glycol)
    Kaname Hashizaki; Chika Itoh; Hideki Sakai; Shoko Yokoyama; Hiroyuki Taguchi; Yoshihiro Saito; Naotake Ogawa; and Masahiko Abe
    Journal of Japan Oil Chemists' Society, 1999年09月, 査読有り, 通常論文
    筆頭著者
  • Effect of Lipid with Covalently Attached Poly (ethylene glycol) on the Surface Properties of Liposomal Bilayer Membranes
    Ayumi Yoshida; Kaname Hashizaki; Hitoshi Yamauchi; Hideki Sakai; Shoko Yokoyama; and Masahiko Abe
    Langmuir, 1999年07月, 査読有り, 通常論文
  • Surface Chemical Study on Base-Catalyzed Degradation (Isomerization of Prostaglandin A2)
    Shoko Yokoyama; Kaname Hashizaki; and Masahiko Abe
    Journal of Japan Oil Chemists' Society, 1999年06月, 査読有り, 通常論文
  • Effects of N-Carboxyacyl Phosphatidylethanolamine Derivatives on Physicochemical Properties of Liposomes
    Hitoshi Yamauchi; Iwao Shimazaki; Kaname Hashizaki; Hideki Sakai; Shoko Yokoyama; and Masahiko Abe
    Journal of Japan Oil Chemists' Society, 1999年04月, 査読有り, 通常論文
  • Effects of Steroids and VitaminD3 on the Permeability of Liposomal Bilayer Membranes
    Masahiko Abe; Kaname Hashizaki; Yumiko Yokouchi; Yoshiko Takao; Jiradei Manosroi; Aranya Manosroi; Hideki Sakai; Shoko Yokoyama; and Hitoshi Yamauchi
    Journal of Japan Oil Chemists' Society, 1999年03月, 査読有り, 通常論文
  • Molecular Interactions between Surface-Modified Lipid Bilayers and a Water-Soluble Polymer
    Ayumi Yoshida; Kaname Hashizaki; Mona El-Mahady; Hitoshi Yamauchi; Hideki Sakai; Shoko Yokoyama; and Masahiko Abe
    Journal of Japan Oil Chemists' Society, 1998年12月, 査読有り, 通常論文

MISC

  • 外用剤の機能性・官能評価につながるレオロジー
    橋崎要、杉本清二
    薬剤学, 2021年07月01日, 査読無し, 招待有り
    筆頭著者
  • 温度感受性in situゲル剤の3次元ヒト鼻腔モデルを用いた鼻腔内滞留性の定量的評価
    鈴木豊史; 鈴木直人; 橋崎要; 長友太希; 柳侑里; 金沢貴憲
    日本薬学会年会要旨集(Web), 2020年
  • 細胞膜透過ペプチド修飾高分子ミセル併用経鼻投与による水溶性薬物の脊髄内分布ならびに筋萎縮性側索硬化症に対する治療効果
    金沢貴憲; 浅見亜紀子; 仁藤裕也; 福田沙也伽; 宇田川崇; 藏野匠; 鈴木直人; 橋崎要; 小菅康弘; 鈴木豊史
    日本薬学会年会要旨集(Web), 2020年
  • Gelation ability of lecithin organogelators against various oils
    Kaname Hashizaki; Hiroyuki Taguchi; Yoshihiro Saito
    ABSTRACTS OF PAPERS OF THE AMERICAN CHEMICAL SOCIETY, 2014年08月, 査読無し, 通常論文

書籍等出版物

  • ★基礎から学ぶ製剤化のサイエンス 第4版,山本恵司,森部久仁一(監修)
    分担執筆, 第4章レオロジー
    エルゼビア・ジャパン(株), 2021年08月
    9784860346690
  • 分散系のレオロジー~基礎・評価・制御、応用~,鈴木洋(監修)
    共著, 第Ⅱ編 応用編 第4章 医薬・機能性流体 第1節レシチンを主成分とする逆紐状ミセルのレオロジー特性と皮膚適用製剤への応用
    NTS, 2021年08月
    9784860437312
  • 基礎から学ぶ製剤化のサイエンス 第3版
    共著, 第4章 レオロジー
    エルゼビア・ジャパン(株), 2016年08月, 査読無し
    9784860343118
  • 低分子ゲルの開発と応用
    監修; 鈴木正浩, 共著, 第13章バイオマテリアル 第3節レシチン逆紐状ミセルからなるゲル状体の皮膚適用製剤への応用, 監修:鈴木正浩
    シーエムシー出版, 2016年05月, 査読無し
    9784781311562
  • ゲルの安定化と機能付与・次世代への応用開発
    分担執筆, 第2章13節 レシチンオルガノゲル化剤の開発
    情報技術協会, 2013年12月, 査読無し
    9784861045141
  • 油化学辞典―脂質・界面活性剤
    共著
    丸善, 2004年03月, 査読無し

講演・口頭発表等

  • デカン酸/リシン系ヒドロゲルからの水溶性中分子薬物の皮膚移行
    望月隆一郎; 榎ななみ; 柴﨑宏介; 橋崎要; 藤井まき子; 田口博之
    第48回製剤・創剤セミナー, 2023年09月, 通常論文
  • メチルイソチアゾリノンとメチルクロロイソチアゾリノンの皮膚移行に及ぼす界面活性剤の影響
    藤井まき子; 橋崎要; 田口博之
    日本薬剤学会第38年会, 2023年05月, 通常論文
  • デカン酸/アルギニン系ヒドロゲル製剤からの中分子薬物の皮膚透過に及ぼす皮膚の状態の影響
    望月隆一郎, 田口博之, 橋崎要, 藤井まき子
    日本薬剤学会第38年会, 2023年05月, 通常論文
  • 脂肪酸系ヒドロゲルの物性に及ぼすアルギニン添加の影響
    望月隆一郎; 田口博之; 左京玲夏; 橋崎要; 藤井まき子
    日本薬学会第143年会, 2023年03月, 通常論文
  • 固体極性物質を用いた水溶性高分子含有レシチン逆紐状ミセル製剤の調製
    橋崎要; 小森希望; 坂田修; 山本隼也; 小菅康弘; 田口博之; 藤井まき子
    日本薬学会第143年会, 2023年03月, 通常論文
  • タクロリムス軟膏ジェネリック製品による有害事象の原因検討 -添加物と性状の影響-
    藤井まき子; 橋崎要; 田口博之; 田原麻衣子; 五十嵐良明; 矢上晶子
    日本薬学会第143年会, 2023年03月, 通常論文
  • デカン酸/アルギニン系超分子ヒドロゲルの経皮吸収製剤への応用
    望月隆一郎; 田口博之; 大森春采; 伊勢健一朗; 福本尚之; 左京玲夏; 橋崎要; 藤井まき子
    第47回製剤・創剤セミナー, 2022年09月, 通常論文
  • デカン酸/アルギニン系ヒドロゲルを連続相とするエマルション製剤からの薬物の皮膚透過
    茂木奈名子、田口博之、望月隆一郎、渡辺 彩、橋崎要、藤井まき子
    日本薬剤学会第37年会, 2022年05月, 日本薬剤学会, 通常論文
  • クリーム剤からのプレドニゾロンの皮膚移行に及ぼす皮膚の状態と併用薬の影響
    村田悠衣、高木里紗、橋崎要、田口博之、藤井まき子
    日本薬剤学会第37年会, 2022年05月, 日本薬剤学会, 通常論文
  • ローダミン 6Gの皮膚移行に及ぼす剤形と適用方法の影響
    及川裕美子、渡邉彩乃、橋崎要、田口博之、藤井まき子
    日本薬剤学会第37年会, 2022年05月, 日本薬剤学会, 通常論文
  • 多孔性シリカへのコリン/リンゴ酸 イオン液体の封入に及ぼす撹拌温度の影響
    福島啓太、神谷千悠、鈴木直人、橋崎要、長友太希、鈴木豊史
    日本薬剤学会第37年会, 2022年05月, 日本薬剤学会, 通常論文
  • 経鼻製剤への適用を目的としたレシチン含有逆紐状ミセルからの放出特性
    黒田昂汰、鈴木直人、橋崎要、長友太希、鈴木豊史
    日本薬剤学会第37年会, 2022年05月, 日本薬剤学会, 通常論文
  • 線形・非線形粘弾性測定を用いた外用剤の感触の把握
    下川友美、橋崎要、田口博之、鈴木豊史、藤井まき子
    日本薬剤学会第37年会, 2022年05月, 日本薬剤学会, 通常論文
  • テクスチャーアナライザーを用いた外用剤の感触の把握
    森有里奈、橋崎要、田口博之、鈴木豊史、藤井まき子
    日本薬剤学会第37年会, 2022年05月, 日本薬剤学会, 通常論文
  • 脂肪酸/アルギニン系超分子製剤からの水溶性高分子の皮膚移行
    望月隆一郎、田口博之、左京玲夏、橋崎要、藤井まき子
    日本薬学会第142年会, 2022年03月, 日本薬学会, 通常論文
  • レシチン含有逆紐状ミセルの汎用経鼻デバイスからの射出性ならびに溶出性
    黒田昂汰、鈴木直人、立石傳、橋崎要、鈴木豊史
    日本薬学会第142年会, 2022年03月, 日本薬学会, 通常論文
  • 半固形製剤の表面自由エネルギーの測定方法
    橋崎要、星井勇人、池内皓亮、今井美湖、田口博之、後藤志宏、藤井まき子
    日本薬学会第142年会, 2022年03月, 日本薬学会, 通常論文
  • 経皮投与製剤に関するUp to date ―予測、評価、経皮吸収促進法から臨床における実際まで―
    日本薬学会第142年会 一般シンポジウム, 2022年03月, 日本薬学会・日本薬剤学会・経皮投与製剤フォーカスグループの共催シンポジウム
  • 皮膚表面自由エネルギー及び試料溶液の表面張力のオボアルブミン皮膚移行に与える影響
    藤井まき子、今井美湖、加藤生成、世良栞奈、佐藤希良里、橋崎要、田口博之
    日本薬学会第142年会, 2022年03月, 日本薬学会, 通常論文
  • ローションとクリームの単独または同時適用時のローダミン6Gの皮膚移行
    坂田修、渡邉彩乃、及川裕美子、佐藤希良里、橋崎要、田口博之、藤井まき子
    日本薬学会第142年会, 2022年03月, 日本薬学会, 通常論文
  • レシチンオルガノゲルの粘性が経鼻デバイスからの射出性に及ぼす影響
    黒田昂汰、 鈴木直人、 立石傳、 橋崎要、 鈴木豊史
    第65回日本薬学会関東支部大会, 2021年09月, 日本薬学会関東支部, 通常論文
  • レシチン逆紐状ミセルからなるオイルゲルを用いた水溶性高分子皮膚適用製剤の開発
    橋崎要、小嶋亜優香、江川知羽、渋谷瞳、近藤里紗、山口芽生、田口博之、藤井まき子
    第37回日本DDS学会学術集会, 2021年06月, 日本DDS学会, 通常論文
  • 直鎖飽和脂肪酸/アルギニン系ヒドロゲル製剤からの高分子化合物の皮膚移行性
    望月隆一郎、田口博之、安藤菜友里、橋崎要、藤井まき子
    第37回日本DDS学会学術集会, 2021年06月, 日本DDS学会, 通常論文
  • レシチン逆紐状ミセルからなるオイルゲル中への水溶性高分子の可溶化
    橋崎要、江川知羽、渋谷瞳、近藤里紗、山口芽生、田口博之、藤井まき子
    日本薬剤学会第36年会, 2021年05月, 日本薬剤学会, 通常論文
  • 油剤の物理化学的性質がレシチン逆紐状ミセルの粘弾性に与える影響
    宮坂美行、河野優美、橋崎要、田口博之、藤井まき子
    日本薬剤学会第36年会, 2021年05月, 日本薬剤学会, 通常論文
  • レシチン逆紐状ミセルの物理化学的性質に及ぼすホスファチジルコリン含量の影響
    小鷹 晶、粂井 貴行、橋崎 要、藤井 まき子
    日本薬学会第141年会, 2021年03月, 日本薬学会, 通常論文
  • 外用剤からの水分蒸散に影響する要因の検討
    坂田 修、日比野 みなみ、福山 嘉人、橋崎 要、田口 博之、藤井 まき子
    日本薬学会第141年会, 2021年03月, 日本薬学会, 通常論文
  • 逆紐状ミセルへの水添加量が経鼻デバイスによる射出および鼻腔内滞留性に及ぼす影響
    鈴木 直人、立石 傳、高野 類斗、藏野 匠、橋崎 要、金沢 貴憲、鈴木 豊史
    日本薬学会第141年会, 2021年03月, 日本薬学会, 通常論文
  • N-アセチル-L-システイン搭載粘膜透過性ナノカプセルの経鼻投与による筋萎縮性側索硬化症モデルマウスに対する治療効果
    金沢貴憲、蔵野匠、飯岡真吾、宇田川崇、福田沙也伽、鈴木直人、橋崎要、小菅康弘、鈴木豊史
    第73回日本酸化ストレス学会学術集会, 2020年10月, 日本酸化ストレス学会, 通常論文
  • 3 次元ヒト⿐腔透明モデルを⽤いた温度感受性 in situ ゲル剤の⿐腔内滞留性の定量的評価法の開発
    ⾕川寛明、鈴⽊直⼈、橋崎要、⻑友太希、柳侑⾥、鈴⽊綾乃、⾦沢貴憲、⽥中融、⼩林俊亮、⽯⽑久美⼦、柏⽥歩、鈴⽊豊史
    第64回日本薬学会関東支部大会, 2020年09月, 日本薬学会関東支部, 通常論文
  • 汎⽤経⿐デバイスで噴霧可能な逆紐状ミセルの設計と⿐腔内分布の解析
    ⽴⽯傳、鈴⽊直⼈、⾼野類⽃、橋崎要、⾦沢貴憲、鈴⽊豊史
    第64回日本薬学会関東支部大会, 2020年09月, 日本薬学会関東支部, 通常論文
  • 細胞透過性ぺプチド修飾⾼分⼦ミセル併⽤経⿐投与による N-アセチル-L-システインの筋萎縮性側索硬化症マウスの運動機能低下に対する改善効果
    ⼭﨑海⽃、藏野匠、福⽥沙也伽、宇⽥川崇、村⼭弘樹、渋市梨⼦、鈴⽊直⼈、橋崎要、⼩菅康弘、鈴⽊豊史、⾦沢貴憲
    第64回日本薬学会関東支部大会, 2020年09月, 日本薬学会関東支部, 通常論文
  • 脊髄移行性が乏しい水溶性抗酸化剤の細胞膜透過ペプチド修飾高分子ミセル併用経鼻投与による筋萎縮性側索硬化症治療効果
    飯岡真吾、金沢貴憲、蔵野匠、福田沙也伽、宇田川崇、鈴木直人、橋崎要、小菅康弘、鈴木豊史
    第36回日本DDS学会学術集会, 2020年08月, 日本DDS学会, 通常論文
  • 汎用経鼻投与デバイスにより噴霧可能なゲル製剤の開発に向けた逆紐状ミセルのレオロジー特性と鼻腔内分布の解析
    高野類斗、鈴木直人、橋崎要、金沢貴憲、鈴木豊史
    日本薬剤学会第35年会, 2020年05月, 日本薬剤学会, 通常論文
  • 細胞膜透過ペプチド修飾高分子ミセル併用N-アセチル-L-システイン経鼻投与による筋萎縮性側索硬化症モデルマウスに対する治療効果
    福田沙也伽、金沢貴憲、藏野匠、浅見亜紀子、仁藤裕也、宇田川崇、鈴木直人、橋崎要、小菅康弘、鈴木豊史
    日本薬剤学会第35年会, 2020年05月, 日本薬剤学会, 通常論文
  • デカン酸/アルギニン系ヒドロゲルを連続相として用いたエマルションからのインドメタシン皮膚透過
    中村夏織、藤井まき子、田口博之、橋崎要
    日本薬剤学会第35年会, 2020年05月, 日本薬剤学会, 通常論文
  • レシチン逆紐状ミセルからのヒアルロン酸の皮膚移行
    近藤里紗、橋崎要、田口博之、藤井まき子
    日本薬剤学会第35年会, 2020年05月, 日本薬剤学会, 通常論文
  • 半固形製剤が持つ表面自由エネルギーの測定方法に関する検討
    星井勇人、池内晧亮、佐藤瞳、今井美湖、橋崎要、田口博之、藤井まき子
    日本薬剤学会第35年会, 2020年05月, 日本薬剤学会, 通常論文
  • レシチン逆紐状ミセルを用いたゲル製剤からのデキストランの皮膚移行性
    渋谷瞳、江川知羽、橋崎要、田口博之、藤井まき子
    日本薬剤学会第35年会, 2020年05月, 日本薬剤学会, 通常論文
  • インドメタシンの皮膚透過に及ぼすTween80/デカン/水系分子集合体の形態の影響
    桑島京香、田口博之、竹村悠哉、橋崎要、藤井まき子
    日本薬剤学会第35年会, 2020年05月, 日本薬剤学会, 通常論文
  • 半固形製剤の表面自由エネルギーの測定方法の検討
    星井勇人、池内皓亮、今井美湖、橋崎要、田口博之、藤井まき子
    日本薬学会第140年会, 2020年03月, 日本薬学会, 通常論文
  • 温度感受性 in situ ゲル剤の3次元ヒト鼻腔モデルを用いた鼻腔内滞留性の定量的評価
    鈴木豊史、鈴木直人、橋崎要、長友太希、柳侑里、金沢貴憲
    日本薬学会第140年会, 2020年03月, 日本薬学会, 通常論文
  • レシチン逆紐状ミセルからのオボアルブミンの皮膚移行性
    江川知羽、近藤里紗、山口芽生、今井美湖、橋崎要、田口博之、藤井まき子
    日本薬学会第140年会, 2020年03月, 日本薬学会, 通常論文
  • 細胞膜透過ペプチド修飾高分子ミセル併用経鼻投与による水溶性薬物の脊髄内分布ならびに筋萎縮性側索硬化症に対する治療効果
    金沢貴憲、浅見亜紀子、仁藤裕也、福田沙也伽、宇田川崇、藏野匠、鈴木直人、橋崎要、小菅康弘、鈴木豊史
    日本薬学会第140年会, 2020年03月, 日本薬学会, 通常論文
  • Tween 80/デカン/水系分子集合体からの薬物皮膚透過
    竹村悠哉; 桑島京香; 橋崎 要; 田口博之; 藤井まき子
    第44回製剤・創剤セミナー, 2019年08月, 日本薬剤学会, 通常論文
  • 剤形の異なる外用剤からの薬物皮膚移行に及ぼす塗布方法・環境の影響
    佐藤真由子; 望月隆一郎; 坂田修; 田口博之; 橋崎要; 藤井まき子
    第44回製剤・創剤セミナー, 2019年08月, 日本薬剤学会, 通常論文
  • 鼻腔内噴霧用ゲル製剤のレオロジーパラメータを用いた最適化方法
    山口芽生、田口なな、橋崎要、鈴木直人、金沢貴憲、田口博之、鈴木豊史、藤井まき子
    第35回日本DDS学会学術集会, 2019年07月, 日本DDS学会, 通常論文
  • 皮膚適用製剤のサイコレオロジーによる感触の把握
    山田和希、橋崎要、畑春実、星井勇人、田口博之、藤井まき子、鈴木豊史
    日本薬剤学会第34年会, 2019年05月, 日本薬剤学会, 通常論文
  • 剤形の異なる外用剤からの薬物皮膚移行に及ぼす塗布方法・環境の影響
    佐藤真由子、望月隆一郎、坂田修、田口博之、橋崎要、藤井まき子
    日本薬剤学会第34年会, 2019年05月, 日本薬剤学会, 通常論文
  • 疎水化ヒドロキシプロピルメチルセルロースを用いたリポソームのゲル化
    梅田里紗、橋崎要、三浦基文、田口博之、藤井まき子
    日本薬剤学会第34年会, 2019年05月, 日本薬剤学会, 通常論文
  • OWRK法を用いたローション剤の皮膚に対する濡れ性および付着性の予測
    橋崎要、須長航平、小田裕介、塲集田麻衣、今井美湖、後藤志宏、田口博之、齋藤好廣、藤井まき子
    日本薬学会第139年会, 2019年03月, 日本薬学会, 通常論文
  • 超分⼦オルガノゲルを利⽤した薬物の⽪膚浸透技術
    橋崎要
    第36回コロイド・界面技術シンポジウム, 2019年01月, 日本化学会コロイドおよび界面化学部会, 招待有り
  • レシチン逆紐状ミセルのユニークな製剤特性
    橋崎要
    第10回経皮投与製剤FGシンポジウム, 2018年11月, 日本薬剤学会経皮投与製剤FG, 招待有り
  • レシチン逆紐状ミセルを利用したスマートゲル製剤の開発
    橋崎 要
    コロイド&界面科学研究センターCoLLIS第4回研究討論会, 2018年10月, 信州大学コロイド&界面科学研究センター, 招待有り
  • デキストラン配合レシチン逆紐状ミセルの製剤特性
    橋崎 要; 小嶋亜優香; 今井美湖; 田口博之; 藤井まき子
    日本油化学会第57回年会, 2018年09月, 日本油化学会, 通常論文
  • 指モデルを用いたクリーム剤の皮膚への塗擦
    設楽史央里,佐藤真由子,加藤英資,坂田 修,橋崎 要,田口博之,藤井まき子
    第43回日本香粧品学会, 2018年06月, 日本香粧品学会, 通常論文
  • レシチン逆紐状ミセルを用いたデキストランの皮膚移行性に関する研究
    小嶋 亜優香、橋崎 要、田口 博之、藤井 まき子
    日本薬剤学会第33年会, 2018年06月, 日本薬剤学会, 通常論文
  • クリーム剤からのプレドニゾロンの皮膚移行に及ぼす塗布方法の影響の検討
    設楽 史央里、佐藤 真由子、坂田 修、田口 博之、橋崎 要、 藤井 まき子
    日本薬剤学会第33年会, 2018年06月, 日本薬剤学会, 通常論文
  • デカン酸/アルギニン系ヒドロゲル製剤からの薬物の皮膚透過性
    福本尚之、田口博之、加藤ティオドレ、伊勢健一朗、橋崎要、藤井まき子
    日本薬剤学会第33年会, 2018年05月, 日本薬剤学会, 通常論文
  • 水溶性高分子配合レシチン逆紐状ミセルの調製と皮膚移行に与える影響
    藤井まき子,橋崎要,石毛亜依,岩渕彩奈,今井美湖,田口博之
    日本薬学会第138年会, 2018年03月, 日本薬学会, 通常論文
  • 小児用散剤をペースト状にするための最適な水量とペースト状態の降伏値
    鈴木豊史,橋崎要,福田春香,重谷美子,鈴木直人,金沢貴憲,深水啓朗,山本佳久
    日本薬学会第138年会, 2018年03月, 日本薬学会, 通常論文
  • 水溶性高分子の皮膚移行性に関わる因子の検討
    桒原宏樹,今井美湖,粟野みのり,橋崎要,田口博之,藤井まき子
    日本薬学会第138年会, 2018年03月, 日本薬学会, 通常論文
  • 乳幼児に与える散剤のペースト化に必要な水分量の最適化と後発医薬品への適用に関する研究
    福田春香,吉村彩也香,小林千翔,橋崎要,鈴木直人,金沢貴憲,重谷美子,深水啓朗,山本佳久,鈴木豊史
    第50回日本薬剤師会学術大会, 2017年10月, 日本薬剤師会, 通常論文
  • 小児用散剤のペースト化に必要な水分量の最適化-後発医薬品への適用-
    福田春香,吉村彩也香,小林千翔,橋崎要,鈴木直人,金沢貴憲,重谷美子,深水啓朗,山本佳久,鈴木豊史
    第61回日本薬学会関東支部大会, 2017年09月, 日本薬学会関東支部, 通常論文
  • レシチン逆紐状ミセルの皮膚適用製剤基剤としての可能性
    橋崎要
    第56回日本油化学会年会 界面科学部会シンポジウム, 2017年09月, 日本油化学会, 招待有り
  • 第56回日本油化学会年会 座長
    第56回日本油化学会年会, 2017年09月, 通常論文
  • シクロデキストリンエマルションの経皮吸収製剤への応用
    田中陽紀,田口博之,石川詠理,橋崎要,藤井まき子
    日本薬剤学会第32年会, 2017年05月, 日本薬剤学会, 通常論文
  • デカン酸/アルギニン系ヒドロゲルの調製と経皮吸収製剤への応用
    伊勢健一朗,田口博之,大森春采,橋崎要,藤井まき子
    日本薬剤学会第32年会, 2017年05月, 日本薬剤学会, 通常論文
  • デカン酸/リシン系ヒドロゲルの調製と経皮吸収製剤への応用
    今泉雄太,田口博之,桜井美佐,橋崎要,藤井まき子
    日本薬剤学会第32年会, 2017年05月, 日本薬剤学会, 通常論文
  • レシチン/ポリグリセリン脂肪酸エステル/オイル系で形成されるレシチン逆紐状ミセル
    橋崎 要; 津坂 仁実; 谷古宇 修平; 藤井 まき子
    日本薬学会第137年会, 2017年03月, 日本薬学会, 通常論文
  • 高分子溶液および超分子溶液における粘弾性の濃度-時間換算則
    橋崎要、青木雅浩、杉本清二、藤井まき子
    第64回レオロジー討論会, 2016年10月, 日本レオロジー学会・日本バイオレオロジー学会, 通常論文
  • 不飽和度の異なる油中でのレシチン逆紐状ミセルの安定性
    橋崎要、福嶋楓、北村侑子、田口博之、藤井まき子
    日本油化学会第55回年会, 2016年09月, 日本油化学会, 通常論文
  • 皮膚の表面自由エネルギーに影響を与える因子の検討
    加藤喜久、桑原宏樹、今井美湖、橋崎要、田口博之、藤井まき子
    日本薬剤学会第31年会, 2016年05月, 日本薬剤学会, 通常論文
  • 薬物含有レシチン逆紐状ミセル基剤のレオロジー挙動と皮膚適用製剤としての特性
    西田菜摘、今井美湖、橋崎要、田口博之、藤井まき子
    日本薬剤学会第31年会, 2016年05月, 日本薬剤学会, 通常論文
  • がん性皮膚潰瘍臭改善薬メトロニダゾールゲルと他剤との混合時における物性変化
    渡部 一宏; 橋崎 要; 松村 健太郎; 藤井 まき子
    日本薬学会第136年会, 2016年03月, 日本薬学会, 通常論文
  • レシチン逆紐状ミセル製剤におけるステロイドの皮膚透過性に関する検討
    今井 美湖; 橋崎 要; 田口 博之; 齋藤 好廣; 本橋 重康; 藤井 まき子
    日本薬学会第136年会, 2016年03月, 日本薬学会, 通常論文
  • 疎水化ヒドロキシプロピルメチルセルロースを用いた O/W 型乳剤の性質―油相の種類と濃度の影響―
    本多 なつみ; 藤井 まき子; 橋崎 要; 和田 芙由子; 小泉 直也; 渡辺 善照
    日本薬学会第136年会, 2016年03月, 日本薬学会, 通常論文
  • 経皮吸収製剤としてのレシチンオルガノゲルの有用性
    今井美湖,橋崎要,田口博之,齋藤好廣,本橋重康
    日本薬学会第135年会, 2015年03月, 日本薬学会, 通常論文
  • 外用剤の皮膚付着性に関する界面化学的アプローチ
    橋崎要,須長航平,塲集田麻衣,今井美湖,田口博之,齋藤好廣
    日本薬学会第135年会, 2015年03月, 日本薬学会, 通常論文
  • ステロイド含有レシチンオルガノゲルの経皮吸収特性と薬物放出メカニズムに関する検討
    今井美湖,橋崎要,田口博之,齋藤好廣,本橋重康
    2014年材料技術研究協会討論会, 2014年12月, 材料技術研究協会, 通常論文
  • 逆紐状ミセルを利用したオイルゲル化剤の可能性
    橋崎要
    第61回界面科学部会秋季セミナー“化粧品、医薬品、食品製剤の最前線”, 2014年11月, 日本油化学会界面科学部会, 招待有り
  • Gelation ability of lecithin organogelators against various oils
    Kaname Hashizaki; Hiroyuki Taguchi; Yoshihiro Saito
    248th American Chemical Society National Meeting & Exposition, 2014年08月, American Chemical Society, 通常論文
  • レシチンオルガノゲルを用いた経皮吸収製剤に関する検討
    今井美湖,橋崎要,田口博之,齋藤好廣,本橋重康
    日本油化学会2014年若手の会サマースクール, 2014年07月, 日本油化学会若手の会委員会, 通常論文
  • レシチンオルガノゲル化剤の用途開拓を目指した基礎的検討
    橋崎要
    日本油化学会2014年若手の会サマースクール, 2014年07月, 日本油化学会若手の会委員会, 通常論文
  • レシチンオルガノゲル化剤の用途開拓を目的とした基礎的検討
    橋崎要
    BIO Tech 2014 アカデミックフォーラム, 2014年05月, リード エグジビション ジャパン, 通常論文
  • ステロイド含有レシチンオルガノゲルのレオロジー挙動と経皮吸収特性
    今井美湖,橋崎要,田口博之,齋藤好廣,本橋重康
    日本薬学会第134年会, 2014年03月, 日本薬学会, 通常論文
  • レシチンオルガノゲル化剤の用途開拓を目的とした基礎的検討
    橋崎要,原田真徳,山田衣織,今井美湖,田口博之,齋藤好廣
    日本薬学会第134年会, 2014年03月, 日本薬学会, 通常論文
  • レシチン/多価カルボン酸/オイルからなる高粘弾性を有する逆紐状ミセル
    今井美湖,橋崎要,田口博之,齋藤好廣,本橋重康
    2013年度材料技術研究協会討論会, 2013年12月, 材料技術研究協会, 通常論文
  • レシチンと多価カルボン酸からなる逆紐状ミセルの溶液物性
    橋崎要,今井美湖,田口博之,齋藤好廣
    第61回レオロジー討論会, 2013年09月, 日本レオロジー学会, 通常論文
  • レシチン/多価カルボン酸/オイル系で形成される逆紐状ミセルの溶液物性
    今井美湖,橋崎要,田口博之,齋藤好廣,本橋重康
    第52回日本油化学会年会, 2013年09月, 日本油化学会, 通常論文
  • レシチンとカルボン酸からなる新規オイルゲル化剤
    今井美湖,橋崎要,田口博之,齋藤好廣,本橋重康
    日本薬学会第133年会, 2013年03月, 公益社団法人日本薬学会, 通常論文
  • カルボン酸を用いた新規レシチンオルガノゲルのレオロジー挙動
    今井美湖、橋崎要、田口博之、齋藤好廣、本橋重康
    第60回レオロジー討論会, 2012年09月, 日本レオロジー学会・日本バイオレオロジー学会, 通常論文
  • 高度分岐環状デキストリン誘導体による汎用油の乳化
    田口博之、橋崎要、齋藤好廣
    第29回シクロデキストリンシンポジウム, 2012年09月, シクロデキストリン学会, 通常論文
  • 生体・環境調和型レシチンオルガノゲルの開発
    第3回国際化粧品開発展 アカデミックフォーラム, 2012年06月, リード エグジビション ジャパン(株), 通常論文
  • Reverse Self-assembly of Lipid Onions Induced by Gadolinium and Calcium Ions
    Hee-Young Lee; Kaname Hashizaki; Kevin K. Diehn and Srinivasa R. Raghavan
    2012 American Conference on Neutron Scattering, 2012年06月, NSSA, 通常論文
  • レシチン/ポリグリセリン/オイルからなる新規なレシチンオルガノゲル
    今井美湖,橋崎要,坂西裕一,谷古宇修平,津坂仁実,田口博之,齋藤好廣
    日本薬学会第132年会, 2012年03月, 日本薬学会, 通常論文
  • 新規レシチンオルガノゲルの調製とレオロジー特性
    橋崎要,田口博之,齋藤好廣
    日本薬学会第132年会, 2012年03月, 日本薬学会, 通常論文
  • 高度分岐環状デキストリン誘導体によるエマルションの調製と物性
    田口博之,吉村和昭,橋崎要,齋藤好廣
    第55回日本薬学会関東支部大会, 2011年10月, 日本薬学会, 通常論文
  • 紐状ミセルからなるゲル基剤を用いたニモジピン含有経皮吸収型製剤の設計
    馬替仁,古石誉之,橋崎要,深水啓朗,鈴木豊史,田口博之,上田晴久,齋藤好廣,伴野和夫
    第55回日本薬学会関東支部大会, 2011年10月, 日本薬学会, 通常論文
  • 新規レシチンオルガノゲルの調製とそのレオロジー挙動
    橋崎要,田口博之,齋藤好廣
    第59回レオロジー討論会, 2011年10月, 日本レオロジー学会, 通常論文
  • アセチルクラスターデキストリンの乳化特性
    吉村和昭,橋崎要,田口博之,齋藤好廣
    日本薬学会第131年会, 2011年03月, 日本薬学会, 通常論文
  • 界面活性剤ゲルを用いたニモジピンの皮膚透過性に関する検討
    古石誉之,橋崎要,藤井沙織,深水啓朗,鈴木豊史,田口博之,齋藤好廣,伴野和夫
    日本薬学会第131年会, 2011年03月, 日本薬学会, 通常論文
  • 新規レシチンオルガノゲルの調製と物理化学的性質
    橋崎要,田口博之,齋藤好廣
    日本薬学会第131年会, 2011年03月, 日本薬学会, 通常論文
  • シクロデキストリンによる魚油のエマルション化
    松田 萌香,橋崎 要,田口 博之,齋藤 好廣
    日本薬学会第130年会, 2010年03月, 日本薬学会, 通常論文
  • ショ糖脂肪酸エステルにより誘起された新規なレシチンオルガノゲル
    橋崎要、田口博之、齋藤好廣
    2009年度材料技術研究協会討論会, 2009年12月, 材料技術研究協会, 通常論文
  • 2009年度材料技術研究協会討論会 座長
    2009年度材料技術研究協会討論会, 2009年12月, 材料技術研究協会, 通常論文
  • レシチン/尿素/オイルからなる新規なレシチンオルガノゲル
    千葉聖、橋崎要、田口博之、齋藤好廣
    2009年度材料技術研究協会討論会, 2009年12月, 材料技術研究協会, 通常論文
  • レシチン/尿素/オイルからなる高粘弾性を有する逆紐状ミセル
    千葉聖、橋崎要、田口博之、齋藤好廣
    日本油化学会第48回年会, 2009年09月, 日本油化学会, 通常論文
  • レシチン/ショ糖脂肪酸エステル/オイルの3成分系からなる新規な逆紐状ミセル
    橋崎要、田口博之、齋藤好廣
    日本油化学会第48回年会, 2009年09月, 日本油化学会, 通常論文
  • シクロデキストリンを乳化剤として用いたエマルションの調製とキャラクタリゼーションシクロデキストリンを用いたPickeringエマルションの形成メカニズム
    井上元基、橋崎要、田口博之、齋藤好廣
    日本薬学会第129年会, 2009年03月, 通常論文
  • アミノシクロデキストリンを用いたPickeringエマルションの安定化制御
    亀ヶ谷直幸、井上元基、橋崎要、田口博之、齋藤好廣
    日本薬学会第129年会, 2009年03月, 通常論文
  • アミノシクロデキストリンを用いたエマルションの安定化とその制御
    亀ヶ谷直幸、井上元基、橋崎要、田口博之、齋藤好廣
    2008年材料技術研究協会討論会, 2008年12月, 通常論文
  • アミノシクロデキストリンを用いたエマルションの調製とその性質
    亀ヶ谷直幸、井上元基、橋崎要、田口博之、齋藤好廣
    日本油化学会第47回年会, 2008年09月, 通常論文
  • シクロデキストリンを乳化剤として用いたエマルションの調製とキャラクタリゼーション
    井上元基、橋崎要、田口博之、齋藤好廣
    日本油化学会第47回年会, 2008年09月, 通常論文
  • 紐状ミセルからなるゲル基剤のレオロジー特性
    橋崎要、玉木奈緒、田口博之、齋藤好廣
    日本薬学会第128年会, 2008年03月, 通常論文
  • 紐状ミセルからなるゲル基剤の製剤学的評価
    玉木奈緒、橋崎要、田口博之、齋藤好廣
    日本薬学会第128年会, 2008年03月, 通常論文
  • シクロデキストリン誘導体を用いたサーファクタントフリーエマルションの調製とその物性
    井上元基、橋崎要、田口博之、齋藤好廣
    日本薬学会第128年会, 2008年03月, 通常論文
  • 抗がん剤に抵抗性を獲得したがん細胞に対する新規化学療法:pH sensitiveリポソームによるDDSの基礎的検討
    九川文彦、橋崎要、鈴木豊史、伴野和夫、齋藤好廣
    日本薬学会第128年会, 2008年03月, 通常論文
  • 紐状ミセルの軟膏基剤への応用
    玉木奈緒、橋崎要、田口博之、齋藤好廣
    2007年度材料技術研究協会討論会, 2007年11月, 通常論文
  • 2007年材料技術研究協会討論会 座長
    2007年材料技術研究協会討論会, 2007年11月, 通常論文
  • シクロデキストリン誘導体の乳化特性
    井上元基、橋崎要、田口博之、齋藤好廣
    第25回シクロデキストリンシンポジウム, 2007年09月, 通常論文
  • 界面活性剤分子集合体を利用した軟膏基剤の調製
    玉木奈緒、橋崎要、田口博之、齋藤好廣
    第46回日本油化学会年会, 2007年09月, 通常論文
  • シクロデキストリン誘導体を用いたエマルションの形成メカニズム
    井上元基、橋崎要、田口博之、齋藤好廣
    第46回日本油化学会年会, 2007年09月, 通常論文
  • 日本油化学会若手の会2007年度サマースクール 座長
    日本油化学会若手の会2007年度サマースクール, 2007年08月, 通常論文
  • Study on Preparaion and Mechanism of Emulsion Using Cyclodextrin Derivatives as Emulsifying Stabilizer
    Motoki Inoue; Kaname Hashizaki; Hiroyuki Taguchi; Yoshihiro Saito
    4th Asian Cyclodextrin Conference (ACC2007), 2007年05月, 通常論文
  • シクロデキストリン誘導体を用いたサーファクタントフリーエマルションの調製
    井上元基、橋崎要、田口博之、齋藤好廣
    日本薬学会第127年会, 2007年03月, 通常論文
  • 非イオン性界面活性剤混合系による新規ゲル基剤の開発
    玉木奈緒、橋崎要、田口博之、齋藤好廣
    日本薬学会第127年会, 2007年03月, 通常論文
  • シクロデキストリンによる乳剤の調製と製剤への応用
    藤本健太郎、井上元基、橋崎要、田口博之、齋藤好廣
    日本薬学会第127年会, 2007年03月, 通常論文
  • 抗がん剤に抵抗性を獲得したヒトがん細胞に対する新規化学療法の基礎的検討
    九川文彦、鈴木豊史、橋崎要、浅見覚、伴野和夫、齋藤好廣、玉野井冬彦
    日本薬学会第127年会, 2007年03月, 通常論文
  • シクロデキストリンおよびその誘導体を用いたエマルションの調製
    井上元基; 橋崎要; 田口博之; 齋藤好廣
    2006年度材料技術研究協会討論会, 2006年12月, 通常論文
  • シクロデキストリンを乳化剤として用いた乳剤性基剤の開発
    藤本健太郎; 井上元基; 橋崎要; 田口博之; 齋藤好廣
    2006年度材料技術研究協会討論会, 2006年12月, 通常論文
  • 温度感受性PEG修飾リポソームの物理化学的性質(3)
    橋崎要; 田口博之; 齋藤好廣; 土屋好司; 酒井秀樹; 阿部正彦
    第45回日本油化学会年会, 2006年09月, 通常論文
  • α-シクロデキストリン修飾Triton X-100の合成と水溶液物性
    井上元基、田口博之、橋崎要、齋藤好廣、小川尚武
    日本薬学会第126年会, 2006年03月, 通常論文
  • シクロデキストリンによるサーファクタントフリーエマルションの調製(2)
    影山貴史、橋崎要、田口博之、齋藤好廣、小川尚武
    日本薬学会第126年会, 2006年03月, 通常論文
  • プルロニックP85のミセル構造と可溶化に及ぼす無機塩の影響(2)
    大橋一登、橋崎要、田口博之、齋藤好廣、小川尚武
    日本薬学会第126年会, 2006年03月, 通常論文
  • 温度感受性PEG修飾リポソームの物理化学的性質(2)
    橋崎要; 田口博之; 土屋好司; 酒井秀樹; 阿部正彦; 齋藤好廣; 小川尚武
    日本薬学会第126年会, 2006年03月, 通常論文
  • プルロニックP85のミセル構造と可溶化に及ぼす無機塩の影響
    大橋一登; 橋崎要; 田口博之; 齋藤好廣; 小川尚武
    2005年材料技術研究協会討論会, 2005年12月, 通常論文
  • シクロデキストリン修飾非イオン性界面活性剤の合成と水溶液物性
    井上元基; 田口博之; 橋崎要; 齋藤好廣; 小川尚武
    2005年材料技術研究協会討論会, 2005年12月, 通常論文
  • 2005年材料技術研究協会討論会 座長
    2005年材料技術研究協会討論会, 2005年12月, 通常論文
  • シクロデキストリンの包接能を利用したO/W型エマルションの調製および物性
    影山貴史; 橋崎要; 田口博之; 齋藤好廣; 小川尚武
    2005年材料技術研究協会討論会, 2005年12月, 通常論文
  • 温度感受性PEG修飾リポソームの物理化学的性質
    橋崎要、田口博之、齋藤好廣、小川尚武、酒井秀樹、阿部正彦
    第16回日本大学薬学部学術講演会, 2005年11月, 通常論文
  • シクロデキストリンによるサーファクタントフリーエマルションの調製
    影山貴史、橋崎要、田口博之、齋藤好廣、小川尚武
    第23回シクロデキストリンシンポジウム, 2005年09月, 通常論文
  • 日本油化学会若手の会2005年度サマースクール 座長
    日本油化学会若手の会2005年度サマースクール, 2005年08月, 通常論文
  • PEG修飾リポソームの膜透過機構に関する研究(5)
    橋崎要; 田口博之; 伊藤智佳; 酒井秀樹; 阿部正彦; 齋藤好廣; 小川尚武
    日本薬学会第125年会, 2005年03月, 通常論文
  • PEG修飾リポソームの膜透過機構に関する研究(5)
    橋崎要; 田口博之; 伊藤智佳; 酒井秀樹; 阿部正彦; 齋藤好廣; 小川尚武
    日本薬学会第125年会, 2005年03月, 通常論文
  • β-シクロデキストリン修飾カルボキシビニルポリマーの合成とその放出特性
    渋谷雄太、田口博之、橋崎要、齋藤好廣、小川尚武
    日本薬学会第125年会, 2005年03月, 通常論文
  • α-シクロデキストリンを用いたサーファクタントフリーエマルションの調製
    影山貴史、橋崎要、田口博之、齋藤好廣、小川尚武
    日本薬学会第125年会, 2005年03月, 通常論文
  • PEG修飾リポソームの膜透過機構に関する研究(4)
    橋崎要; 田口博之; 伊藤智佳; 酒井秀樹; 阿部正彦; 齋藤好廣; 小川尚武
    第43回日本油化学会年会, 2004年11月, 通常論文
  • PEG修飾リポソームの膜透過機構に関する研究(3)
    橋崎要; 田口博之; 伊藤智佳; 酒井秀樹; 阿部正彦; 齋藤好廣; 小川尚武
    日本薬学会第124年会, 2004年03月, 通常論文
  • N-フェニルマレイミド系球状樹脂の合成とその基礎的物性
    櫻井一慶; 田口博之; 橋崎要; 齋藤好廣; 小川尚武
    日本薬学会第124年会, 2004年03月, 通常論文
  • 2003年材料技術研究協会討論会 座長
    2003年材料技術研究協会討論会, 2003年12月, 通常論文
  • 静的ヘッドスペース改良法によるシクロデキストリン包接錯体の安定度定数の決定
    御澤勝将; 橋崎要; 田口博之; 齋藤好廣; 小川尚武
    2003年度材料技術研究協会討論会, 2003年12月, 通常論文
  • ヘンリー定数を利用した静的ヘッドスペース法による錯体安定度定数の決定
    御澤勝将; 橋崎要; 田口博之; 齋藤好廣; 小川尚武; 上田晴久
    第21回シクロデキストリンシンポジウム, 2003年09月, 通常論文
  • PEG修飾リポソームの膜透過機構に関する研究(2)
    橋崎要; 田口博之; 伊藤智佳; 酒井秀樹; 阿部正彦; 齋藤好廣; 小川尚武
    日本薬学会第123年会, 2003年03月, 通常論文
  • 癌患者に発生する口内炎の治療用インドメタシンゲルの物性とその治療効果
    百賢二; 白土辰子; 田口博之; 橋崎要; 齋藤好廣; 牧村瑞恵; 小川尚武
    日本薬学会第123年会, 2003年03月, 通常論文
  • Therapeutic effect of indomethacin gel on the stomatitis for cancer patients
    Kenji Momo; Toshirou Furukawa; Tatsuko Shiratsuchi; Hiroyuki Taguchi; Yoshihiro Saito; Kaname Hashizaki; Naotake Ogawa; Mizue Makimura
    5th Asia Pasific Hospice Conference “Evolution and Integration of Hospice Palliative Care, 2003年03月, 通常論文
  • シクロデキストリン包接錯体の平衡定数の算出―ヘンリー定数を利用した静的ヘッドスペース改良法の検討―
    御澤勝将; 橋崎要; 田口博之; 齋藤好廣; 小川尚武
    2002年度材料技術研究協会討論会, 2002年12月, 通常論文
  • N-フェニルマレイミド系球状樹脂の合成
    櫻井一慶; 田口博之; 橋崎要; 齋藤好廣; 小川尚武
    2002年度材料技術研究協会討論会, 2002年12月, 通常論文
  • 2002年材料技術研究協会討論会 座長
    2002年材料技術研究協会討論会, 2002年12月, 通常論文
  • 新規ポリアルコール球状樹脂の合成とその基礎的物性(4)
    田口博之; 橋崎要; 齋藤好廣; 小川尚武
    日本薬学会第122年会, 2002年03月, 通常論文
  • PEG修飾リポソームの膜透過機構に関する研究
    橋崎要; 田口博之; 伊藤智佳; 酒井秀樹; 阿部正彦; 齋藤好廣; 小川尚武
    2001年度材料技術研究協会討論会, 2001年11月, 通常論文
  • PEG修飾リポソームの膜透過性および相構造に及ぼすPEG鎖長の影響
    橋崎要; 田口博之; 伊藤智佳; 井村知弘; 酒井秀樹; 阿部正彦; 齋藤好廣; 小川尚武
    日本薬学会第121年会, 2001年03月, 通常論文
  • 新規ポリアルコール球状樹脂の合成とその基礎的物性(3)
    三浦禎大; 田口博之; 橋崎要; 齋藤好廣; 小川尚武
    日本薬学会第121年会, 2001年03月, 通常論文
  • Controlled release of organic compounds solubilized with micelles of an azobenzene-modified surfactant
    Yoichi Orihara; Atsutoshi Matsumura; Tetsuo Saji; Kaname Hashizaki; Yoshihiro Saito; Hideki Sakai; Masahiko Abe
    2000 International chemical congress of pacific basin societies, 2000年12月, 通常論文
  • 光応答性両親媒性分子を用いた可溶化の能動的制御
    酒井秀樹; 折原洋一; 松村充敏; 佐治哲夫; 橋崎要; 齋藤好廣; 阿部正彦
    2000年度材料技術研究協会討論会, 2000年11月, 通常論文
  • 2000年材料技術研究協会討論会 座長
    2000年材料技術研究協会討論会, 2000年11月, 通常論文
  • 無水マレイン酸-ジビニルエーテル系球場樹脂の合成と基礎的物性
    三浦禎大; 田口博之; 橋崎要; 齋藤好廣; 小川尚武
    第44回日本薬学会関東支部大会, 2000年10月, 通常論文
  • ミセル中に可溶化された油性物質の光によるコントロールリリース
    折原洋一; 松村充敏; 佐治哲夫; 橋崎要; 齋藤好廣; 酒井秀樹; 阿部正彦
    2000年色材研究発表会, 2000年09月, 通常論文
  • 合成香料に対するシクロデキストリンと界面活性剤の単独系および混合系における可溶化能
    加藤木陽子; 橋崎要; 田口博之; 齋藤好廣; 小川尚武
    1999年度材料技術研究協会討論会, 1999年12月, 通常論文
  • 脂質二分子膜および単分子膜中におけるセラミド脂質とリン脂質の相互作用
    井村知弘; 橋崎要; 山内仁史; 酒井秀樹; 阿部正彦
    第52回コロイドおよび界面化学討論会, 1999年10月, 通常論文
  • 合成香料に対する各種シクロデキストリンおよび界面活性剤の可溶化能
    加藤木陽子; 橋崎要; 田口博之; 齋藤好廣; 小川尚武
    第43回日本薬学会関東支部大会, 1999年10月, 通常論文
  • ポリエチレングリコール修飾リポソームの界面化学的性質(3)
    橋崎要; 伊藤智佳; 椿信之; 酒井秀樹; 横山祥子; 阿部正彦
    1998年度材料技術研究協会討論会, 1998年12月, 通常論文
  • ポリエチレングリコール修飾リポソームの界面化学的性質(2)
    橋崎要; 伊藤智佳; 椿信之; 酒井秀樹; 阿部正彦
    第37回油化学討論会, 1998年09月, 通常論文
  • セラミド脂質を用いたリポソームの調製および物性
    阿部正彦; 井村知弘; 橋崎要; 酒井秀樹
    第37回油化学討論会, 1998年09月, 通常論文
  • リポソームと牛血清アルブミンの相互作用(3)
    阿部正彦; 横内祐美子; 角田正; 橋崎要; 酒井秀樹
    第37回油化学討論会, 1998年09月, 通常論文
  • ポリエチレングリコール修飾リポソームの界面化学的性質
    阿部正彦; 橋崎要; 横内祐美子; 伊藤智佳; 椿信之; 酒井秀樹
    第36回油化学討論会, 1997年10月, 通常論文
  • ポリエチレングリコール修飾リポソームの膜物性
    日本化学会第72春季年会, 1997年03月, 通常論文

所属学協会

  • 2014年 - 現在
    American Chemical Society
  • 2017年12月
    日本化学会
  • 2021年04月 - 2014年03月
    日本DDS学会
  • 日本油化学会
  • 材料技術研究協会
  • 日本薬学会
  • 日本薬剤学会

共同・受託研究希望テーマ

  • 生体・環境調和型オイルゲル化剤に関する研究

共同研究・競争的資金等の研究課題

  • 経皮吸収促進機能を有する油性スマートゲルの創成とワクチンへの応用
    文部科学省, 令和4年度科学研究費助成事業, 2022年04月 - 2025年03月
    藤井まき子、小菅康弘
  • 非水系極性物質を用いた水溶性高分子含有レシチン逆紐状ミセル製剤の開発
    日本大学薬学部, 令和4年度研究推進・研究奨励助成金, 2022年04月 - 2023年03月
  • 鼻から脳への薬物移行経路を介した経鼻投与製剤の基盤技術の開発と中枢疾患治療戦略
    日本大学, 学術研究助成金, 2019年04月 - 2021年03月
    鈴木豊史
  • ナノマテリアルを活用した水溶性薬物の Nose-to-Brain デリバリーの高効率化と脊髄疾患治療への応用
    日本大学薬学部, 薬学部共同研究助成金, 2019年04月 - 2020年03月
    金沢貴憲
  • ペプチド性薬物の鼻腔内滞留性に優れた噴霧可能なスマートゲル製剤の開発
    文部科学省, 平成29年度科学研究費助成事業, 2017年04月 - 2020年03月
    橋崎要、藤井まき子、三浦基文
  • 抗原・アジュバント複合化ナノ粒子を用いた経皮ワクチンシステムの開発
    文部科学省, 科学研究費助成事業, 2015年04月 - 2018年03月
    藤井まき子
  • 各種オイルのゲル化に関する研究
    2014年 - 2015年
    齋藤好廣

産業財産権

  • PCT/JP2020/025280, ゲル状組成物の製造方法及びゲル状組成物
    橋崎要、藤井まき子、田口博之
  • 2019-119814, ゲル状組成物の製造方法及びゲル状組成物
    橋崎要、藤井まき子、田口博之
  • 特許第6241852号, 特願2014-516860, レシチンオルガノゲル形成剤
    橋崎要,齋藤好廣,田口博之,今井美湖
  • 特許第6192047号, 特願2013-547239, レシチンオルガノゲル形成剤
    橋崎要,齋藤好廣,田口博之
  • 2016-148418, ゲル状組成物及びゲル状組成物の製造方法
    橋崎要、藤井まき子
  • 特許第5679215号, WO/2010/122694, PCT/JP2010/000350, 逆紐状ミセルから成るオイルゲル
    橋崎要、田口博之、齋藤好廣
  • 特許第5586026号, WO2010/082487, PCT/JP2010/000159, 逆紐状ミセルから成るオイルゲル化剤および増粘ゲル状組成物
    橋崎要、齋藤好廣、田口博之
  • 特許第5582467号, 2010-270299, 2010-9295, レシチンおよび尿素を主成分とする逆紐状ミセルから成るオイルゲル
    橋崎要、齋藤好廣、田口博之
  • 2013-87113, 2011-231747, 油性ゲル状組成物
    坂西裕一、橋崎要、齋藤好廣、田口博之
  • 2013-53081, 2011-190764, 油性ゲル状組成物を用いたヘアオイル
    坂西裕一、橋崎要、田口博之、橋崎要
  • 2012-250919, 2011-122998, 油性ゲル状組成物
    坂西裕一、橋崎要、齋藤好廣、田口博之
  • WO/2012/008271, PCT/JP2011/064146, 油性ゲル状組成物
    橋崎要、齋藤好廣、田口博之、坂西裕一