上井 浩

医学部 医学科准教授

研究キーワード

  • 脊椎脊髄病学

研究分野

  • ライフサイエンス, 整形外科学, 整形外科学

経歴

  • 2009年10月 - 現在
    日本大学板橋病院整形外科
  • 2009年10月01日
    日本大学板橋病院整形外科

学歴

  • 1999年04月 - 2003年03月
    日本大学, 医学系研究科, 外科系整形外科学
  • 1991年04月 - 1997年03月
    日本大学, 医学部, 医学科

論文

  • ★Relationship Between Paralysis and the Epidural Spinal Cord Compression Scale in Spinal Metastasis
    Uei H; Tokuhashi Y; Maseda M
    Orthopedics, 2020年11月, 査読有り, 通常論文
    筆頭著者
  • ★Verification of phycological factors related to health-related quality of life in elderly knee osteoarthritis: A prospective cohort study
    Nagai T; Tsurusaki M; Horaguchi T; Uei H; Nagaoka M.
    J Orthop Sci., 2020年09月, 査読有り, 通常論文
  • ★Relationship between potentially inappropriate medications and functional prognosis in elderly patients with distal radius fracture: a retrospective cohort study
    Nagai T; Nagaoka M; Tanimoto K; Tomizuka Y; Uei H; Nakanishi K.
    J Orthop Surg Res, 2020年08月, 査読有り, 通常論文
  • ★Influence of potentially inappropriate medications on activities of daily living for patients with osteoporotic vertebral compression fractures: A retrospective cohort study
    Nagai T; Tanimoto K; Tomizuka Y; Uei H; Nagaoka M.
    J Orthop Sci, 2020年04月, 査読有り, 通常論文
  • ★Nutrition status and functional prognosis among elderly patients with distal radius fracture: a retrospective cohort study
    Nagai T; Tanimoto K; Tomizuka Y; Uei H; Nagaoka M.
    J Orthop Surg Res, 2020年04月, 査読有り, 通常論文
  • ★A bent needle tip during irrigation for enchondroma of the distal phalanx: a new curettage tool
    Osaka E; Kojima T; Yoshida Y; Uei H.
    J Int Med Res, 2020年03月, 査読有り, 通常論文
    ラスト(シニア)オーサー
  • ★Prognostic scoring system for metastatic spine tumors derived from hepatocellular carcinoma
    Uei H; Tokuhashi Y.
    J Orthop Surg, 2020年01月, 査読有り, 通常論文
    筆頭著者
  • ★Neurological outcome of treatment for patients with impending paralysis due to epidural spinal cord compression by metastatic spinal tumor
    Maseda M; Uei H; Nakahashi M; Sawada H; Tokuhashi Y
    J Orthop Surg Res, 2019年09月, 査読有り, 通常論文
  • ★Recurrence of a symptomatic spinal intradural arachnoid cyst 29 years after fenestration
    Nakahashi M; Uei H; Tokuhashi Y
    J Int Med Res, 2019年09月, 査読有り, 通常論文
    責任著者
  • ★Anatomical evaluation of the sacral hiatus using ultrasound imaging: Factors that inhibit needle insertion during caudal epidural block procedures
    Nakahashi M; Uei H; Hoshino M; Omori K; Igarashi H; Tokuhashi Y.
    Pain Pract, 2019年08月, 査読有り, 通常論文
  • ★Progressive diffuse idiopathic spinal hyperostosis: a case report
    Matsumoto K; Uei H; Tokuhashi Y
    J Int Med Res, 2019年07月, 査読有り, 通常論文
  • ★Therapeutic Impact of Percutaneous Pedicle Screw Fixation on Palliative Surgery for Metastatic Spine Tumors
    Uei H; Tokuhashi Y.
    Indian J Orthop, 2019年07月, 査読有り, 通常論文
    筆頭著者
  • ★Vertebral fracture in elderly female patients after posterior fusion with pedicle screw fixation for degenerative lumbar pathology: A retrospective cohort study
    Nakahashi M; Uei H; Tokuhashi Y; Maseda M; Sawada H; Hirotoki S; Miyakata H
    BMC Musculoskeletal Disorders, 2019年05月, 査読有り, 通常論文
    責任著者
  • ★Clinical Results of Minimally Invasive Spine Stabilization for the Management of Metastatic Spinal Tumors Based on the Epidural Spinal Cord Compression Scale
    Uei H; Tokuhashi Y; Maseda M; Nakahashi M; Sawada H; Matsumoto K; Miyakata H; Soma H
    Biomed Res Int, 2018年11月, 査読有り, 招待有り
    筆頭著者
  • ★Radiographic and clinical outcomes of C1-C2 intra-articular screw fixation in patients with atlantoaxial subluxation
    Uei H; Tokuhashi Y; Maseda M
    J Orthop Surg Res., 2018年10月, 査読有り, 通常論文
    筆頭著者
  • ★Exploratory analysis of predictors of revision surgery for proximal junctional kyphosis or additional postoperative vertebral fracture following adult spinal deformity surgery in elderly patients: a retrospective cohort study
    Uei H; Tokuhashi Y; Maseda M; Nakahashi M; Sawada H; Matsumoto K; Miyakata H
    J Orthop Surg Res., 2018年10月, 査読有り, 通常論文
    筆頭著者
  • ★Surgical management of coincidental metastases to upper cervical spine and skull from hepatocellular carcinoma: a case report
    Uei H; Tokuhashi Y; Maseda M; Nakahashi M; Sawada H; Matsumoto K; Miyakata Y; Soma H
    J Int Med Res, 2018年10月, 査読有り, 通常論文
    筆頭著者
  • ★Delayed-onset paralysis induced by spontaneous spinal epidural hematoma communicated with hematoma in the paraspinal muscle in a 6-month-old girl: a case report
    Uei H; Tokuhashi Y; Maseda M; Nakahashi M; Sawada H; Miyakata H
    Childs Nerv Syst, 2018年09月, 査読有り, 通常論文
    筆頭著者
  • ★Prognostic factors in patients with metastatic spine tumors derived from lung cancer-a novel scoring system for predicting life expectancy
    Uei H; Tokuhashi Y
    World J Surg Oncol, 2018年07月, 査読有り, 通常論文
    筆頭著者
  • Two Patients with Spontaneous Spinal Epidural Hematoma Carrying a Good Prognosis without Surgical Operations
    Katsuhiko Ogawa; Takayoshi Akimoto; Makoto Hara; Midori Fujishiro; Hiroshi Uei; Hideto Nakajima
    Neurology International, 2023年03月
  • Association Among Geriatric Nutritional Risk Index and Functional Prognosis in Elderly Patients with Osteoporotic Vertebral Compression Fractures
    Takako Nagai; Hiroshi Uei; Kazuyoshi Nakanishi
    Indian Journal of Orthopaedics, 2021年08月
  • The Surgical Outcomes of Spinal Fusion for Osteoporotic Vertebral Fractures in the Lower Lumbar Spine with a Neurological Deficit
    Isogai N; Hosogane N; Funao H; Nojiri K; Suzuki S; Okada E; Ueda S; Hikata T; Shiono Y; Watanabe K; Watanabe K; Kaito T; Yamashita T; Fujiwara H; Nagamoto Y; Terai H; Tamai K; Matsuoka Y; Suzuki H; Nishimura H; Tagami A; Yamada S; Adachi S; Ohtori S; Orita S; Furuya T; Yoshii T; Ushio S; Inoue G; Miyagi M; Saito W; Imagama S; Ando K; Sakai D; Nukaga T; Kiyasu K; Kimura A; Inoue H; Nakano A; Harimaya K; Kawaguchi K; Yokoyama N; Oishi H; Doi T; Ikegami S; Shimizu M; Futatsugi T; Kakutani K; Yurube T; Oshima M; Uei H; Aoki Y; Takahata M; Iwata A; Seki S; Murakami H; Yoshioka K; Endo H; Hongo M; Nakanishi K; Abe T; Tsukanishi T; Ishii K.
    Spine Surg Relat Res, 2020年01月, 査読有り, 通常論文
  • Complications after Spinal Fixation Surgery for Osteoporotic Vertebral Collapse with Neurological Deficits: Japan Association of Spine Surgeons with Ambition Multicenter Study
    Sakai Y; Kaito T; Takenaka S; Yamashita T; Makino T; Hosogane N; Nojiri K; Suzuki S; Okada E; Watanabe K; Funao H; Isogai N; Ueda S; Hikata T; Shiono Y; Watanabe K; Fujiwara H; Nagamoto Y; Terai H; Tamai K; Matsuoka Y; Suzuki H; Nishimura H; Tagami A; Yamada S; Adachi S; Ohtori S; Orita S; Furuya T; Yoshii T; Ushio S; Inoue G; Miyagi M; Saito W; Imagama S; Ando K; Sakai D; Nukaga T; Kiyasu K; Kimura A; Inoue H; Nakano A; Harimaya K; Kawaguchi K; Yokoyama N; Oishi H; Doi T; Ikegami S; Shimizu M; Futatsugi T; Kakutani K; Yurube T; Oshima M; Uei H; Aoki Y; Takahata M; Iwata A; Seki S; Murakami H; Yoshioka K; Endo H; Hongo M; Nakanishi K; Abe T; Tsukanishi T; Ishii K.
    J Orthop Sci, 2019年11月, 査読有り, 通常論文
  • The factors related to the poor ADL in the patients with osteoporotic vertebral fracture after instrumentation surgery
    Murata K; Matsuoka Y; Nishimura H; Endo K; Suzuki H; Takamatsu T; Sawaji Y; Aihara T; Kusakabe T; Maekawa A; Yamamoto K; Watanabe K; Kaito T; Terai H; Tamai K; Tagami A; Yoshii T; Harimaya K; Kawaguchi K; Kimura A; Inoue G; Nakano A; Sakai D; Hiyama A; Ikegami S; Ohtori S; Furuya T; Orita S; Imagama S; Kobayashi K; Kiyasu K; Murakami H; Yoshioka K; Seki S; Hongo M; Kakutani K; Yurube T; Aoki Y; Uei H; Ajiro Y; Takahata M; Endo H; Abe T; Nakanishi K; Watanabe K; Okada E; Hosogane N; Funao H; Isogai N; Ishii K.
    Eur Spine J, 2019年08月, 査読有り, 通常論文
  • Surgical Treatment of Osteoporotic Vertebral Fracture with Neurological Deficit – A Nationwide Multicenter Study in Japan
    Hosogane N; Nojiri K; Suzuki S; Funao H; Okada E; Isogai N; Ueda S; Hikata T; Shiono Y; Watanabe K; Watanabe K; Kaito T; Yamashita T; Fujiwara H; Nagamoto Y; Terai H; Tamai K; Matsuoka Y; Suzuki H; Nishimura H; Tagami A; Yamada S; Adachi S; Ohtori S; Orita S; Furuya T; Yoshii T; Ushio S; Inoue G; Miyagi M; Saito W; Imagama S; Ando K; Sakai D; Nukaga T; Kiyasu K; Kimura A; Inoue H; Nakano A; Harimaya K; Kawaguchi K; Yokoyama N; Oishi H; Doi T; Ikegami S; Shimizu M; Futatsugi T; Kakutani K; Yurube T; Oshima M; Uei H; Aoki Y; Takahata M; Iwata A; Seki S; Murakami H; Yoshioka K; Endo H; Hongo M; Nakanishi K; Abe T; Tsukanishi T; Ishii K.
    Spine Surg Relat Res., 2019年03月, 査読有り, 通常論文
  • Analysis of the relationship between the epidural spinal cord compression (ESCC) scale and paralysis caused by metastatic spine tumors
    Hiroshi Uei; Yasuaki Tokuhashi; Masafumi Maseda
    Spine, 2018年04月, 査読有り, 通常論文
  • Clinical results of multidisciplinary therapy including palliative posterior spinal stabilization surgery and postoperative adjuvant therapy for metastatic spinal tumor
    Hiroshi Uei; Yasuaki Tokuhashi; Masafumi Maseda; Masahiro Nakahashi; Hirokatsu Sawada; Enshi Nakayama; Hirotoki Soma
    Journal of Orthopaedic Surgery and Research, 2018年02月, 査読有り, 通常論文
  • Efficacy of posterior decompression and fixation based on ossification-kyphosis angle criteria for multilevel ossification of the posterior longitudinal ligament in the thoracic spine
    Uei H; Tokuhashi Y; Oshima M; Maseda M; Nakahashi M; Nakayama E
    J Neurosurgery Spine, 2018年, 査読有り, 通常論文
    筆頭著者
  • Comparison between minimally invasive spine stabilization with and without posterior decompression for the management of spinal metastases: a retrospective cohort study.
    Uei H; Tokuhashi Y; Maseda M; Nakahashi M; Sawada H; Nakayama E; Soma H
    J Orthop Surg Res, 2018年, 査読有り, 通常論文
    筆頭著者
  • Treatment outcomes of patients with spinal metastases derived from hepatocellular carcinoma.
    Uei H; Tokuhashi Y; Maseda M.
    Int J Clin Oncol, 2018年, 査読有り, 通常論文
    筆頭著者
  • Multiple vertebral fractures associated with glucocorticoid-induced osteoporosis treated with teriparatide followed by kyphosis correction fusion: a case report.
    Uei H; Tokuhashi Y; Maseda M; Nakahashi M; Nakayama E.
    Osteoporos Int., 2018年, 査読有り, 通常論文
    筆頭著者
  • Treatment Outcome of Metastatic Spine Tumor in Lung Cancer Patients: Did the Treatments Improve Their Outcomes?
    Uei H; Tokuhashi Y; Maseda M
    Spine, 2017年, 査読有り, 通常論文
    筆頭著者
  • A Novel Pedicle Screw with Mobile Connection: A Pilot Study
    Yasuaki Tokuhashi; Masashi Oshima; Yasumitsu Ajiro; Hiroshi Uei
    BIOMED RESEARCH INTERNATIONAL, 2014年, 査読無し, 通常論文
  • Scoring system for prediction of metastatic spine tumor prognosis.
    Tokuhashi Y; Uei H; Oshima M; Ajiro Y.
    World J Orthop, 2014年, 査読有り, 通常論文
  • Vascular injury following microendoscopic lumbar discectomy treated with stent graft placement.
    Uei H; Tokuhashi Y; Oshima M; Miyake Y
    J Neurosurg Spine, 2014年, 査読有り, 通常論文
    筆頭著者
  • Treatment of vascular injury after surgery for lumbar disc herniation. Experimental and clinical cardiology
    Uei H; Tokuhashi Y; Oshima M; Maseda M; Sakuma T; Miyakata H
    Experimental and clinical cardiology, 2014年, 査読有り, 通常論文
  • 椎弓根スクリュー固定後の脊椎骨折
    德橋泰明
    整形・災害外科, 2010年08月, 査読有り, 通常論文
    筆頭著者
  • AP-1とNFATc1
    上井 浩; 江角眞理子
    脊椎脊髄ジャーナル, 2009年10月, 査読無し, 通常論文
  • 腰椎変性疾患における椎弓根スクリュー周囲のクリアーゾーンの臨床経過と意義
    徳橋泰明、松崎浩巳、小田博
    脊椎, 2008年04月, 査読有り, 通常論文
  • 胸椎後縦靭帯骨化症患者における後方除圧術の効果:MRIにおける骨化巣後弯角の意義
    徳橋泰明、松崎浩巳、小田博
    脊椎, 2006年01月, 査読有り, 通常論文
  • Alteration of gene expression in intervertebral disc degeneration of passive cigarette- smoking rats: separate quantitation in separated nucleus pulposus and annulus fibrosus.
    小川剛史、松崎浩巳、中島伸哉、徳橋泰明、江角真理子
    病理生物学, 2005年05月, 査読有り, 通常論文
  • ラット喫煙モデルにおこる椎間板変性と遺伝子発現変化の解析
    松崎浩巳、小田博、中島伸哉、徳橋泰明、江角真理子
    脊椎, 2004年03月, 査読有り, 通常論文
    筆頭著者

MISC

  • Clinical Results of Minimally Invasive Spine Stabilization for Spinal Metastases
    Uei H; Tokuhashi Y; Oshima M; Maseda M; Matsumoto K; Soma H; Nakayama E; Tachikawa Y
    Orthopedics, 2017年, 査読有り, 通常論文
    筆頭著者
  • 脊椎手術を施行した透析性脊椎患者の検討
    佐久間俊行; 徳橋泰明; 上井 浩; 大島正史; 間世田優文; 宮方啓行
    東日本整形災害外科学会雑誌, 2015年, 査読有り, 通常論文

書籍等出版物

  • ★脊椎脊髄ハンドブック第3版
    共著, 第2章 B-1,2,E-1,F-1,2
    株式会社 三輪書店, 2018年10月
    9784895906456
  • CLINICAL NEUROSCIENCE 2022年11月号 脊椎・脊髄障害update
    単著, びまん性特発性骨増殖症(DISH)
    中外医学社, 2022年11月
  • Monthly Book Orthopaedics 2022年7月号 頚椎疾患・症候群対応マニュアル
    単著, 頚椎部の脊椎腫瘍への対応
    全日本病院出版会, 2022年07月
  • 整形外科サージカルテクニック2022年2号
    共著, 椎体病的骨折に対する外科的アプローチその1 転移性脊椎腫瘍に対する治療戦略
    メディカ出版, 2022年04月
  • 脊椎転移パーフェクト診療,がんロコモを防ぐために
    共著, 外科的治療-最小侵襲・後方除圧, 髙木辰哉
    南江堂, 2020年08月
    9784524226047
  • プレシジョン メディシン 2019年10月号 運動器診療におけるプレシジョンメディシン
    共著, 椎間板変性メカニズムの解析
    北隆館, 2019年10月
  • BIO Clinica 2019年8月号 骨研究の最前線
    共著, 椎間板変性メカニズムの解析
    北隆館, 2019年08月
  • 脊椎脊髄ジャーナル2019年7月号 DISHの臨床
    単著, DISHの定義・分類・病因
    三輪書店, 2019年07月
  • 整形外科医が今日から始める がんロコモ
    共著, 脊柱:予後の延長が変える脊椎転移の治療戦略, ロコモチャレンジ!推進協議会; がんロコモワーキンググループ
    総合医学社, 2019年05月
    9784883786732
  • 新 執刀医のためのサージカルテクニック脊椎
    共著, 頚椎性脊髄症に対する片開き式椎弓形成術,後方固定術, 徳橋泰明
    株式会社メジカルビュー社, 2018年06月
    9784758318624
  • 別冊BIO Clinica 慢性炎症と疾患 整形外科疾患と慢性炎症
    共著, 椎間板変性メカニズムの解析, 竹下克志
    北隆館, 2018年05月
  • 新 脊椎インストゥルメンテーション テクニカルポイントと合併症対策
    共著, インストゥルメントの折損・脱転・弛み
    メジカルビュー社, 2014年09月, 査読無し
  • 脊椎脊髄術中・術後のトラブルシューティング
    共著, Instrumentation failureとその処置
    三輪書店, 2014年04月, 査読無し
  • 痛み・しびれ その原因と対処法
    共著, 腰部脊柱管狭窄症
    振興交易(株)医書出版部, 2013年11月, 査読無し
  • 臨床医のための最新整形外科
    共著, 日本大学医学部附属板橋病院整形外科
    先端医療技術研究所, 2013年08月, 査読無し
  • ダメージコントロール整形外科 四肢多発外傷への対処法
    共著, 胸腹部臓器損傷を合併した胸椎脱臼骨折、腰椎破裂骨折の全身管理と脊椎ダメージコントロール
    メジカルビュー社, 2013年05月, 査読無し
  • がん骨転移のバイオロジーとマネージメント
    共著, 病期分類と治療方法の選択基準
    医薬ジャーナル社, 2012年12月, 査読無し
  • 椎体形成術 現在とこれから
    共著, インストゥルメンテーションを併用した椎体形成術
    南江堂, 2012年10月, 査読無し
  • 脊椎脊髄ハンドブック
    德橋泰明, 共著, 60, 德橋泰明
    三輪書店, 2010年05月, 査読無し
  • 癌と骨病変
    徳橋泰明, 共著, 111-118, 徳橋泰明
    メディカルレビュー社, 2004年08月, 査読無し

講演・口頭発表等

  • 転移性脊椎腫瘍に対する最小侵襲脊椎安定術(MISt)の不可視出血量を含めた 総出血量による侵襲度の検討
    上井浩
    第97回日本整形外科学会学術集会, 2024年05月
  • 転移性脊椎腫瘍に対する不可視出血量を含めた総出血量による手術侵襲度の検討
    上井浩
    第53回日本脊椎脊髄病学会学術集会, 2024年04月
  • 転移性頚椎腫瘍に対してインストゥルメントを併用した姑息的後方固定術の治療成績
    上井浩
    第32回日本脊椎インストゥルメンテーション学会, 2023年11月
  • 転移性脊椎腫瘍に対する最小侵襲脊椎安定術(MISt)の術後早期死亡の危険因子の検討
    上浩浩
    第97回日本整形外科学会学術集会, 2023年05月, 通常論文
  • 転移性脊椎腫瘍に対する最小侵襲脊椎安定術(MISt)の早期死亡例の検討
    上井浩
    第52回日本脊椎脊髄病学会学術集会, 2023年04月, 通常論文
  • Vertebral Fracture after Posterior Fusion with Pedicle Screw Fixation for Degenerative Spine Diseases.
    Yasuaki Tokuhashi; Masashi Oshima; Yutaka Nishijima; Takayuki Ebihara; Masahiro Nakahashi
    the combined academic conference of 16th Asia-Pacific Orthopaedic Association and the 59th Annual meeting of Taiwan Orthopaedic Association, 2010年11月, 通常論文
  • 椎弓根スクリュー固定術後の脊椎骨折
    德橋泰明、大島正史、西島 豊、海老原貴之、中橋昌弘
    第19回日本脊椎インストゥルメンテーション学会, 2010年10月, 通常論文
  • 脊椎術後硬膜外血腫の検討
    徳橋 泰明、大島正史、西島 豊、海老原貴之、植松 義直、山﨑浩司、星野雅洋、大森圭太、五十嵐秀俊、根本泰寛
    第45回日本脊髄障害医学会, 2010年10月, 通常論文
  • 多椎胸椎後縦靭帯骨化症に対する除圧範囲骨化巣後弯角を用いた後方除圧固定術
    徳橋泰明、大島正史、西島豊、海老原貴之、中橋昌弘
    第59回東日本整形災害外科学会, 2010年09月, 通常論文
  • 遅発性頚椎術後硬膜外血腫の1例
    德橋 泰明、西島豊、大島正史、海老原貴之、中橋昌弘
    第43回脊椎外科同好会, 2010年08月, 通常論文
  • 最近経験したALSの2例
    德橋泰明、大島正史、西島豊、海老原貴之、中橋昌弘
    第9回京都鴨川脊椎手術研究会, 2010年06月, 通常論文
  • 脊椎脊髄術後の硬膜外血腫による麻痺の傾向と安全対策
    德橋 泰明、大島正史、山崎浩司、植松 義直、松木 健一、星野雅洋、大森圭太、根本泰寛、五十嵐秀俊
    第39回日本脊椎脊髄病学会, 2010年04月, 通常論文
  • 多椎胸椎後縦靭帯骨化症に対する術式選択 -除圧範囲骨化巣後弯角と後方除圧固定術-
    德橋泰明、大島正史、山崎浩司
    第39回日本脊椎脊髄病学会, 2010年04月
  • 多椎胸椎後縦靭帯骨化症に対する術式選択-除圧範囲骨化巣後弯角と後方除圧固定術-
    德橋泰明; 大島正史; 山崎浩司
    第39回日本脊椎脊髄病学会, 2010年04月, 通常論文
  • 脊椎インストゥルメンテーション手術後偽関節に対してHA Blockを用いたSalvage手術
    徳橋泰明、大島正史、山﨑浩司、星野雅洋、大森圭太、五十嵐秀俊、根本泰寛、松崎浩巳、
    第50回関東整形災害外科学会, 2010年03月, 通常論文
  • 脊椎インストゥルメンテーション手術後偽関節に対するHA Blockを利用したSalvage手術
    間世田優文、星野雅洋、大森圭太、根本泰寛、五十嵐秀俊、松崎浩巳
    第18回日本脊椎インストゥルメンテーション学会, 2009年11月, 通常論文
  • 遅発性頚椎術後硬膜外血腫の1例
    星野雅洋、大森圭太、根本泰寛、五十嵐秀俊、徳橋泰明
    第44回日本脊髄障害医学会, 2009年11月, 通常論文
  • 脊髄神経鞘腫の手術治療成績の検討
    徳橋泰明; 植松義直; 深野一郎; 網代泰充; 大幸俊三
    第81回日本整形外科学会学術集会, 2008年05月, 通常論文
  • 脊髄神経鞘腫の手術成績
    徳橋泰明; 植松義直; 深野一郎; 網代泰充; 大幸俊三
    第37回日本脊椎脊髄病学会, 2008年04月, 通常論文
  • 脊椎手術後の硬膜外血腫による麻痺の予防と対策
    徳橋泰明; 大川章裕; 植松義直; 西村太一; 網代泰充; 松木健一; 大幸俊三
    第36回日本脊椎脊髄病学会, 2007年04月, 通常論文
  • 脊椎手術後の硬膜外血腫の検討
    徳橋泰明; 大川章裕; 植松義直; 西村太一; 網代泰充; 松木健一; 大幸俊三
    第47回関東整形災害外科学会, 2007年03月, 通常論文
  • 手術加療を行った脊髄神経鞘腫の治療成績の検討
    徳橋泰明; 小田博; 古賀昭義; 松木健一; 松崎浩巳
    第34回日本脊椎脊髄病学会, 2005年06月, 通常論文
  • 原発性脊椎腫瘍の手術成績
    徳橋泰明; 小田博; 古賀昭義; 松崎浩巳
    第78回日本整形外科学会学術集会, 2005年05月, 通常論文
  • 脊髄神経鞘腫の手術治療成績の検討
    徳橋泰明; 小田博; 古賀昭義; 松木健一; 松崎浩巳
    第45回関東整形災害外科学会, 2005年03月, 通常論文
  • Gene expression changes in an early stage of intervertebral disc degeneration induced by passive cigarette smoking.
    Matsuzaki; H.Oda; S. Nakajima; Y. Tokuhashi; M. Esumi
    the 19th annual meeting of North American Spine Society, 2004年10月, 通常論文
  • 脊椎術後に生じた頸椎硬膜外血腫の2例
    徳橋泰明; 小田博; 古賀明義; 西村太一; 松崎浩巳
    第53回東日本整形災害外科学会, 2004年09月, 通常論文
  • 脊髄損傷を伴わなかった胸椎脱臼骨折の1例
    星野雅洋,西村太一,網代泰充,松崎浩巳
    第37回日本脊髄障害医学会, 2002年11月, 通常論文
  • ラット喫煙モデルにおける遺伝子発現変化解析-椎間板変性と椎間板修復能-
    松崎浩巳; 根本泰寛,中島伸哉; 江角真理子
    第17回日本整形外科学会基礎学術集会, 2002年10月, 通常論文
  • 喫煙によるラット変性椎間板における遺伝子発現変化の解析
    松崎浩巳,徳橋泰明,若林 健,根本泰寛,小田 博,岩橋正樹,植松義直
    第31回日本脊椎脊髄病学会, 2002年06月, 通常論文
  • 喫煙による脊椎椎間板変性モデルラットの解析:遺伝子発現変化の定量解析
    松崎浩巳,根本泰寛,小田 博,中島伸哉,江角真理子
    第24回日本分子生物学会年会, 2001年12月, 通常論文
  • ラット喫煙モデルにおける椎間板変性に関わる遺伝子変化の解析
    松崎浩巳; 中島伸哉; 大森圭太; 根本泰寛; 江角真理子
    第16回日本整形外科学会基礎学術集会, 2001年10月, 通常論文

所属学協会

  • 2009年10月 - 現在
    日本脊椎インストゥルメンテーション学会
  • 2002年05月 - 現在
    日本脊髄障害医学会
  • 1999年07月 - 現在
    日本脊椎脊髄病学会
  • 1997年10月 - 現在
    関東整形災害外科学会
  • 1997年06月 - 現在
    日本整形外科学会

共同研究・競争的資金等の研究課題

  • ICT活用によるシームレスな摂食嚥下リハビリテーションシステムの開発
    日本学術振興会, 科学研究費助成事業, 2021年04月01日 - 2024年03月31日
    永井 多賀子; 上井 浩; 中西 一義
  • 椎間可動性を温存した椎間制動システムの開発
    日本学術振興会, 科学研究費助成事業, 2017年04月01日 - 2020年03月31日
    徳橋 泰明; 大島 正史; 上井 浩
  • ラット受動喫煙モデルに対する脱分化脂肪細胞(DFAT)の治療効果
    日本学術振興会, 科学研究費助成事業, 2017年04月01日 - 2020年03月31日
    上井 浩; 徳橋 泰明
  • ラット受動喫煙モデルにおける腰椎椎間板の変性メカニズムの解析
    日本学術振興会, 科学研究費助成事業, 2013年04月01日 - 2016年03月31日
    上井 浩; 徳橋 泰明

その他

  • 文部科学省「大学病院...
    2010年06月16日 - 2010年06月16日
  • 文部科学省「大学病院連携型高度医療人養成推進事業」
    2010年06月16日 - 2010年06月16日