相澤 志保子

医学部 医学科教授

研究キーワード

  • 生殖免疫
  • 抗結核免疫

研究分野

  • ライフサイエンス, 産婦人科学, 産婦人科学
  • ライフサイエンス, ウイルス学, ウイルス学
  • ライフサイエンス, 細菌学, 細菌学(含真菌学)
  • ライフサイエンス, 免疫学, 免疫学

経歴

  • 2024年04月 - 現在
    日本大学医学部, 病態病理学系微生物学分野, 教授
  • 2014年12月 - 2024年03月
    日本大学医学部病態病理学系微生物学分野, 准教授
  • 2012年08月 - 2014年11月
    日本大学医学部病態病理学系微生物学分野, 助教
  • 2008年04月 - 2012年07月
    日本大学医学部病態病理学系微生物学分野, 助手
  • 2002年04月 - 2010年03月
    国立感染症研究所, 協力研究員
  • 2003年05月 - 2004年06月
    社会保険横浜中央病院産婦人科
  • 2002年05月 - 2003年04月
    日本大学付属板橋病院産婦人科

学歴

  • 2008年
    日本大学, 大学院 医学研究科, 病理系感染制御科学専攻

委員歴

  • 2022年10月 - 現在
    代議員, 日本臨床免疫学会
  • 2019年09月 - 現在
    評議員, 日本臨床腸内微生物学会
  • 2018年06月 - 現在
    編集担当主務幹事、広報担当幹事, 日本産婦人科感染症学会
  • 2018年 - 現在
    Associate Editor, American Journal of Reproductive Immunology
  • 2013年 - 現在
    評議員, 日本生殖免疫学会

受賞

  • 日本産科婦人科学会, JSOG Congress Award
    ★SARS-CoV-2 infects human trophoblasts but proliferate limitedly., 国内学会・会議・シンポジウム等の賞
    Shihoko Komine-Aizawa
  • 2021年
    日本産科婦人科学会, Best Reviewer's Award 2021
  • 日本産科婦人科学会, Best Reviewer's Award 2014
    国内学会・会議・シンポジウム等の賞
  • 日本産科婦人科学会, Best Reviewer's Award 2009
  • 日本生殖免疫学会 学会賞
    妊娠カニクイザルに接種したHIV/SIVキメラウイルスの動態, 国内学会・会議・シンポジウム等の賞

論文

  • ★Recombinant BCG-Prime and DNA-Boost Immunization Confers Mice with Enhanced Protection against Mycobacterium kansasii
    Shihoko Komine-Aizawa; Satoru Mizuno; Kazuhiro Matsuo; Takahiro Namiki; Satoshi Hayakawa and Mitsuo Honda
    Vaccines, 2021年11月, 査読有り, 通常論文
    筆頭著者
  • Genetic diversity and declining norovirus prevalence in infants and children during Japan's COVID-19 pandemic: a three-year molecular surveillance.
    Ngan Thi Kim Pham; Pattara Khamrin; Yuko Shimizu-Onda; Sheikh Ariful Hoque; Quang Duy Trinh; Shihoko Komine-Aizawa; Shoko Okitsu; Niwat Maneekarn; Satoshi Hayakawa; Kazuaki Yoshimune; Hiroshi Ushijima
    Archives of virology, 2023年08月, 査読有り
  • Outbreak of human astroviruses 1 and Melbourne 2 in acute gastroenteritis pediatric patients in Japan during the COVID-19 pandemic, 2021
    Hiroshi Ushijima; Shuichi Nishimura; Yuko Shimizu-Onda; Ngan Thi Kim Pham; Quang Duy Trinh; Shoko Okitsu; Chika Takano; Kattareeya Kumthip; Sheikh Ariful Hoque; Shihoko Komine-Aizawa; Niwat Maneekarn; Satoshi Hayakawa; Pattara Khamrin
    Journal of Infection and Public Health, 2023年08月, 査読有り
  • The Factors Influencing Pregnant Women’s Selection of Media Sources to Obtain Information on COVID-19 in Japan in 2021
    Shihoko Komine-Aizawa; Naotake Yamada; Yasuo Haruyama; Masashi Deguchi; Mitsuru Fukuda; Kei Kawana; Gen Kobashi; Etsuko Miyagi; Hideto Yamada; Takashi Sugiyama; Satoshi Hayakawa
    Vaccines, 2023年04月, 査読有り, 通常論文
    筆頭著者
  • Roles of TGF-β1 in Viral Infection during Pregnancy: Research Update and Perspectives.
    Quang Duy Trinh; Ngan Thi Kim Pham; Kazuhide Takada; Hiroshi Ushijima; Shihoko Komine-Aizawa; Satoshi Hayakawa
    International journal of molecular sciences, 2023年03月, 査読有り
  • Female reproductive tract-organ axes.
    Takada K; Melnikov VG; Kobayashi R; Komine-Aizawa S; Tsuji NM; Hayakawa S
    Front Immunol., 2023年01月, 査読有り
  • Pathological roles of antimicrobial peptides and pro-inflammatory factors secreted from the cervical epithelium in Gardnerella vaginalis-abundant vaginal flora in pregnancy
    Matsuda E; Takada K; Kobayashi O; Nakajima T; Ikeda Y; Asai-Sato M; Kawakami K; Komatsu A; Chishima F; Komine-Aizawa S; Hayakawa S; Kawana K.
    J Reprod Immunol., 2023年01月, 査読有り, 招待有り
  • The Induction of Antigen 85B-Specific CD8+ T Cells by Recombinant BCG Protects against Mycobacterial Infection in Mice
    Komine-Aizawa S; Mizuno S; Kawano A; Hayakawa S; Matsuo K; Honda M.
    Int J Mol Sci, 2023年01月, 査読有り, 招待有り
    筆頭著者
  • The association of three doses of the BNT162b2 mRNA vaccine with abnormal bleeding and an irregular menstrual cycle among premenopausal females: A single institute observation study
    Namiki T; Komine-Aizawa S; Takada K; Takano C; Trinh QD; Hayakawa S.
    J Obstet Gynaecol Res., 2022年11月, 査読有り, 通常論文
    筆頭著者
  • Anti-tumor effects of perampanel in malignant glioma cells
    Tatsuoka J; Sano E; Hanashima Y; Yagi C; Yamamuro S; Sumi K; Hara H; Takada K; Kanemaru K; Komine-Aizawa S; Katayama Y; Yoshino A.
    Oncol Lett., 2022年10月, 査読有り, 通常論文
  • TGF-β1 Promotes Zika Virus Infection in Immortalized Human First-Trimester Trophoblasts via the Smad Pathway
    Trinh QD; Pham NTK; Takada K; Takano C; Komine-Aizawa S; Hayakawa S.
    Cells, 2022年09月, 査読有り, 通常論文
  • Massive intravascular hemolysis is an important factor in Clostridium perfringens-induced bacteremia.
    Suzaki A; Komine-Aizawa S; Nishiyama H; Hayakawa S.
    Intern Emerg Med, 2022年08月, 査読有り, 通常論文
  • Inhibition of Epithelial-Mesenchymal Transition Maintains Stemness in Human Amniotic Epithelial Cells.
    Takano C; Horie M; Taiko I; Trinh QD; Kanemaru K; Komine-Aizawa S; Hayakawa S; Miki T.
    Stem Cell Rev Rep, 2022年08月, 査読有り, 通常論文
  • Enhancement of Rubella Virus Infection in Immortalized Human First-Trimester Trophoblasts Under Low-Glucose Stress Conditions
    Trinh QD; Takada K; Pham NTK; Takano C; Namiki T; Ikuta R; Hayashida S; Okitsu S; Ushijima H; Komine-Aizawa S; Hayakawa S.
    Front Microbiol, 2022年07月, 査読有り, 通常論文
  • Restriction of SARS-CoV-2 replication in the human placenta.
    Takada K; Shimodai-Yamada S; Suzuki M; Trinh QD; Takano C; Kawakami K; Asai-Sato M; Komatsu A; Okahashi A; Nagano N; Misawa T; Yamaguchi K; Suzuki T; Kawana K; Morioka I; Yamada H; Hayakawa S; Hao H; Komine-Aizawa S.
    Placenta, 2022年07月, 査読有り, 通常論文
    ラスト(シニア)オーサー
  • Emerging norovirus GII.4 Sydney[P31] causing acute gastroenteritis outbreak in children in Japan, during COVID-19, 2021
    Pham NTK; Nishimura S; Shimizu-Onda Y; Trinh QD; Komine-Aizawa S; Khamrin P; Okitsu S; Sato S; Kobayashi T; Maneekarn N; Hayakawa S; Ushijima H.
    J Infect Chemother., 2022年06月, 査読有り, 通常論文
  • Low Susceptibility of Rubella Virus in First-Trimester Trophoblast Cell Lines.
    Pham NTK; Trinh QD; Takada K; Komine-Aizawa S; Hayakawa S.
    Viruses, 2022年05月, 査読有り, 通常論文
  • Intrauterine fetal death during COVID-19 pregnancy: Typical fetal heart rate changes, coagulopathy, and placentitis
    Kato M; Yamaguchi K; Maegawa Y; Komine-Aizawa S; Kondo E; Ikeda T.
    J Obstet Gynaecol Res., 2022年05月, 査読有り, 通常論文
  • Adverse events after BNT162b2 mRNA COVID-19 vaccination in health care workers and medical students in Japan
    Namiki T; Komine-Aizawa S; Takada K; Takano C; Trinh QD; Hayakawa S.
    J Infect Chemother., 2022年05月, 査読有り, 通常論文
    筆頭著者
  • The vaccination status and adverse effects of COVID-19 vaccine among pregnant women in Japan in 2021
    Komine-Aizawa S; Haruyama Y; Deguchi M; Hayakawa S; Kawana K; Kobashi G; Miyagi E; Yamada H; Sugiyama T.
    J Obstet Gynaecol Res., 2022年05月, 査読有り, 招待有り
    筆頭著者
  • Liver X receptors regulate natural killer T cell population and antitumor activity in the liver of mice
    Endo-Umeda K; Nakashima H; Uno S; Toyoshima S; Umeda N; Komine-Aizawa S; Seki S; Makishima M.
    Sci Rep., 2021年11月, 査読有り, 通常論文
  • Pathogenic Characterization of Clostridium perfringens Strains Isolated From Patients With Massive Intravascular Hemolysis
    Suzaki A; Ohtani K; Komine-Aizawa S; Matsumoto A; Kamiya S; Hayakawa S.
    Front Microbiol., 2021年07月, 査読有り, 通常論文
  • Lactobacillus crispatus promotes invasion of the HTR-8/SVneo trophoblast cell line
    Yoshida T; Takada K; Komine-Aizawa S; Kamei Y; Ishihara O; Hayakawa S.
    Placenta, 2021年06月, 査読有り, 通常論文
  • Genetic diversity of Parechovirus A in infants and children with acute gastroenteritis in Japan during 2016–2018
    Ngan Thi Kim Pham; Aksara Thongprachum; Yuko Shimizu; Itoe Shiota; Sheikh Ariful Hoque; Pattara Khamrin; Chika Takano; Quang Duy Trinh; Shoko Okitsu; Shihoko Komine-Aizawa; Hiroyuki Shimizu; Niwat Maneekarn; Satoshi Hayakawa; Hiroshi Ushijima
    Infection, Genetics and Evolution, 2021年06月, 査読有り
  • An improved primer design for the loop-mediated isothermal amplification (LAMP) method to detect oxacillinase (OXA)-48 β-lactamase genes in Gram-negative bacteria for clinical applications.
    Sasano M; Seki M; Takano C; Komine-Aizawa S; Hayakawa S.
    J Infect Chemother, 2021年04月, 査読有り, 通常論文
  • Anti-SARS-CoV-2 vaccination strategy for pregnant women in Japan.
    Hayakawa S; Komine-Aizawa S; Takada K; Kimura T; Yamada H.
    J Obstet Gynaecol Res., 2021年03月, 査読有り, 通常論文
    責任著者
  • The Epithelial-to-Mesenchymal Transition-Like Process Induced by TGF-β1 Enhances Rubella Virus Binding and Infection in A549 Cells via the Smad Pathway.
    Pham NTK; Trinh QD; Takada K; Takano C; Sasano M; Okitsu S; Ushijima H; Komine-Aizawa S; Hayakawa S.
    Microorganisms., 2021年03月, 査読有り, 通常論文
  • Asian tiger mosquitos (Aedes albopictus) in urban Tokyo, Japan show low cytochrome c oxidase subunit 1 diversity.
    Namiki T; Komine-Aizawa S; Takada K; Hayakawa S
    Entomological Science, 2020年11月, 査読有り, 通常論文
    責任著者
  • COVID-19 pandemic and pregnancy
    Hayakawa S; Komine-Aizawa S; Mor GG
    J Obstet Gynaecol Res., 2020年08月, 査読有り, 通常論文
  • Placental barrier against COVID-19
    Komine-Aizawa S; Takada K; Hayakawa S.
    Placenta, 2020年07月, 査読有り, 招待有り
    筆頭著者
  • Cow milk exosomes activate NK cells and γδT cells in human PBMCs in vitro
    Komine-Aizawa S; Ito S; Aizawa S; Namiki T; Hayakawa S.
    Immunol Med, 2020年07月, 査読有り, 通常論文
    筆頭著者
  • Interleukin-22 promotes the migration and invasion of oral squamous cell carcinoma cells
    Komine-Aizawa S; Aizawa S; Takano C; Hayakawa S.
    Immunol Med, 2020年06月, 査読有り, 通常論文
    筆頭著者
  • Diversity of human parechovirus in infants and children with acute gastroenteritis in Japan during 2014-2016.
    Pham NTK; Thongprachum A; Shimizu Y; Trinh QD; Okitsu S; Komine-Aizawa S; Shimizu H; Hayakawa S; Ushijima H.
    Infect Genet Evol., 2019年08月, 査読有り, 通常論文
  • MHC-restricted Ag85B-specific CD8+ T cells are enhanced by recombinant BCG prime and DNA boost immunization in mice.
    Komine-Aizawa S; Jiang J; Mizuno S; Hayakawa S; Matsuo K; Boyd LF; Margulies DH; Honda M.
    Eur J Immunol., 2019年06月, 査読有り, 通常論文
    筆頭著者
  • Relationship Between the Fecal Microbiota and Depression and Anxiety in Pediatric Patients With Orthostatic Intolerance.
    Ishii W; Komine-Aizawa S; Takano C; Fujita Y; Morioka I; Hayakawa S.
    Prim Care Companion CNS Disord., 2019年04月, 査読有り, 通常論文
    責任著者
  • Periodontal diseases and adverse pregnancy outcomes.
    Komine-Aizawa S; Aizawa S; Hayakawa S.
    J Obstet Gynaecol Res., 2019年01月, 査読有り, 招待有り
    筆頭著者
  • Liver X receptors regulate hepatic F4/80 + CD11b+ Kupffer cells/macrophages and innate immune responses in mice
    Kaori Endo-Umeda; Hiroyuki Nakashima; Shihoko Komine-Aizawa; Naoki Umeda; Shuhji Seki; Makoto Makishima
    Scientific Reports, 2018年12月, 査読有り, 通常論文
  • Synergistic induction of interferon-γ by interleukin-2, interleukin-12 and poly(I:C) in a human natural killer cell line.
    Majima-Horiuchi H; Komine-Aizawa S; Karasaki-Suzuki M; Izumi Y; Aizawa S; Hayakawa S.
    Immunol Med., 2018年11月, 査読有り, 通常論文
    責任著者
  • Lactobacillus crispatus accelerates re-epithelialization in vaginal epithelial cell line MS74.
    Takada K; Komine-Aizawa S; Kuramochi T; Ito S; Trinh QD; Pham NTK; Sasano M; Hayakawa S.
    Am J Reprod Immunol., 2018年08月, 査読有り, 通常論文
    責任著者
  • Detection and genetic characterization of enterovirus strains circulating among children with acute gastroenteritis in Japan during 2014-2016.
    Ngan Thi Kim Pham; Aksara Thongprachum; Quang Duy Trinh; Shoko Okitsu; Shihoko Komine-Aizawa; Hiroyuki Shimizu; Satoshi Hayakawa; Hiroshi Ushijima
    Infection, genetics and evolution : journal of molecular epidemiology and evolutionary genetics in infectious diseases, 2018年07月, 査読有り, 通常論文
  • Frequent isolation of extended-spectrum beta-lactamase-producing bacteria from fecal samples of individuals with severe motor and intellectual disabilities
    Chika Takano; Mitsuko Seki; Hiroaki Shiihara; Shihoko Komine-Aizawa; Kazumichi Kuroda; Shori Takahashi; Hiroshi Ushijima; Satoshi Hayakawa
    Journal of Infection and Chemotherapy, 2018年03月, 査読有り, 通常論文
  • Myelin Oligodendrocyte Glycoprotein-Independent Rubella Infection of Keratinocytes and Resistance of First-Trimester Trophoblast Cells to Rubella Virus In Vitro.
    Trinh QD; Pham NTK; Takada K; Komine-Aizawa S; Hayakawa S.
    Viruses, 2018年01月, 査読有り, 通常論文
  • Porphyromonas gingivalis Suppresses Trophoblast Invasion by Soluble Factors
    Naoko Hirohata; Shihoko Komine-Aizawa; Muneaki Tamura; Kuniyasu Ochiai; Masahiko Sugitani; Satoshi Hayakawa
    JOURNAL OF PERIODONTOLOGY, 2017年12月, 査読有り, 通常論文
  • P. Gingivalis Suppresses Trophoblast Invasion by Soluble Factors.
    Hirohata N; Komine-Aizawa S; Tamura M; Ochiai K; Sugitani M; Hayakawa S
    J Periodontol, 2017年07月, 査読有り, 通常論文
  • Poly I:C induces collective migration of HaCaT keratinocytes via IL-8
    Kazuhide Takada; Shihoko Komine-Aizawa; Naoko Hirohata; Quang Duy Trinh; Atsuyoshi Nishina; Hirokazu Kimura; Satoshi Hayakawa
    BMC IMMUNOLOGY, 2017年04月, 査読有り, 通常論文
  • Multiplex PCR for the Detection of 10 Viruses Causing Encephalitis/Encephalopathy and its Application to Clinical Samples Collected from Japanese Children with Suspected Viral Encephalitis/Encephalopathy
    Ngan T. K. Pham; Hiroshi Ushijima; Aksara Thongprachum; Quang D. Trinh; Pattara Khamrin; Chikako Arakawa; Wakako Ishii; Shoko Okitsu; Shihoko Komine-Aizawa; Satoshi Hayakawa
    CLINICAL LABORATORY, 2017年, 査読有り, 通常論文
  • A 3-Month-Old Child with Acute Gastroenteritis with Enterovirus D68 Detected from Stool Specimen
    Ngan T. K. Pham; Aksara Thongprachum; Tsuneyoshi Baba; Shoko Okitsu; Quang D. Trinh; Shihoko Komine-Aizawa; Hiroyuki Shimizu; Satoshi Hayakawa; Hiroshi Ushijima
    CLINICAL LABORATORY, 2017年, 査読有り, 通常論文
  • Antibiotics or Infection Itself? The Possible Importance of Inflammatory Cytokines on Mental States
    Wakako Ishii; Shihoko Komine-Aizawa; Satoshi Hayakawa
    JOURNAL OF CLINICAL PSYCHIATRY, 2016年12月, 査読有り, 通常論文
  • Antibiotic Resistance of Campylobacter jejuni and C. coli Isolated from Children with Diarrhea in Thailand and Japan
    Ngan Thi Kim Pham; Aksara Thongprachum; Dinh Nguyen Tran; Shuichi Nishimura; Yuko Shimizu-Onda; Quang Duy Trinh; Pattara Khamrin; Nuthapong Ukarapol; Tipachan Kongsricharoern; Shihoko Komine-Aizawa; Shoko Okitsu; Niwat Maneekarn; Satoshi Hayakawa; Hiroshi Ushijima
    JAPANESE JOURNAL OF INFECTIOUS DISEASES, 2016年01月, 査読有り, 通常論文
  • High Mobility Group Box 1 Protein Enhances HIV Replication in Newly Infected Primary T Cells
    Quang D. Trinh; Ngan Thi Kim Pham; Kazumasa Fuwa; Kazuhide Takada; Shihoko Komine-Aizawa; Mitsuo Honda; Hiroshi Ushijima; Satoshi Hayakawa
    CLINICAL LABORATORY, 2016年, 査読有り, 通常論文
  • Loop-Mediated Isothermal Amplification (LAMP) for Detection of Campylobacter jejuni and C. coli in Thai Children with Diarrhea.
    Pham NT; Trinh QD; Khamrin P; Ukarapol N; Kongsricharoern T; Yamazaki W; Komine-Aizawa S; Okitsu S; Maneekarn N; Hayakawa S; Ushijima H.
    Jpn J Infect Dis., 2015年04月, 査読有り, 通常論文
  • Plasma Osteopontin Predicts Inflammatory Bowel Disease Activities
    Shihoko Komine-Aizawa; Hideki Masuda; Takerou Mazaki; Motomi Shiono; Satoshi Hayakawa; Tadatoshi Takayama
    INTERNATIONAL SURGERY, 2015年01月, 査読有り, 通常論文
  • Porphyromonas gingivalis lipopolysaccharide inhibits trophoblast invasion in the presence of nicotine
    S. Komine-Aizawa; N. Hirohata; S. Aizawa; Y. Abiko; S. Hayakawa
    PLACENTA, 2015年01月, 査読有り, 通常論文
  • Prevalence and Antimicrobial Resistance of Campylobacter jejuni and Campylobacter coli from Adult Hospitalized Patients with Diarrhea in Thailand
    Ngan Thi Kim Pham; Hiroshi Ushijima; Quang Duy Trinh; Pattara Khamrin; Shihoko Komine-Aizawa; Shoko Okitsu; Niwat Maneekarn; Satoshi Hayakawa
    CLINICAL LABORATORY, 2015年, 査読有り, 通常論文
  • 歯周病と全身疾患
    廣畑直子、相澤聡一、相澤(小峯)志保子
    日大医学雑誌, 2014年10月, 査読有り, 通常論文
    責任著者
  • Suppression of osteoblast toll-like receptor 2 signaling by endothelin-1
    Ai Suzaki; Shihoko Komine-Aizawa; Satoshi Hayakawa
    Journal of Orthopaedic Research, 2014年, 査読有り, 通常論文
  • 性感染症の最近の話題
    相澤(小峯)志保子、早川 智
    日大医学雑誌, 2013年06月, 査読有り, 通常論文
    筆頭著者
  • HIV ワクチン開発の現状と課題点 ―組み換え遺伝子ワクチンの開発―
    本多三男、相澤(小峯)志保子、泉 泰之、早川 智
    日大医学雑誌, 2013年06月, 査読有り, 通常論文
  • Seroprevalence of Chlamydophila pneumoniae in HIV-infected children in Vietnam
    Quang Duy Trinh; Ngan Thi Kim Pham; Nhut Tin Le Nguyen; Bao Quoc Lam; Kim Thoa Le Phan; Khanh Huu Truong; Thinh Quoc Le; Hung Thanh Nguyen; Thuong Chi Tang; Yasuyuki Izumi; Shihoko Komine-Aizawa; Hiroshi Ushijima; Satoshi Hayakawa
    Journal of Infection and Chemotherapy, 2013年, 査読有り, 通常論文
  • The virucidal effect against murine norovirus and feline calicivirus as surrogates for human norovirus by ethanol-based sanitizers
    Yuko Shimizu-Onda; Tempei Akasaka; Fumihiro Yagyu; Shihoko Komine-Aizawa; Yukinobu Tohya; Satoshi Hayakawa; Hiroshi Ushijima
    Journal of Infection and Chemotherapy, 2013年, 査読有り, 通常論文
  • H1N1/09 Influenza A Virus Infection of Immortalized First Trimester Human Trophoblast Cell Lines
    Shihoko Komine-Aizawa; Ai Suzaki; Quang D. Trinh; Yasuyuki Izumi; Toshikatsu Shibata; Kazumichi Kuroda; Satoshi Hayakawa
    AMERICAN JOURNAL OF REPRODUCTIVE IMMUNOLOGY, 2012年09月, 査読有り, 通常論文
  • Drug Resistance Mutations in the HIV Type 1 Protease and Reverse Transcriptase Genes in Antiretroviral-Naive Vietnamese Children.
    Trinh QD; Pham NT; Le Nguyen NT; Lam BQ; Le Phan KT; Truong KH; Izumi Y; Komine-Aizawa S; Mizuguchi M; Ushijima H; Hayakawa S.
    AIDS Res Hum Retroviruses, 2012年03月, 査読有り, 通常論文
  • The therapeutic potential of the recombinant antigen from Dirofilaria immitis (rDiAg) for immune-mediated pregnancy loss
    Shihoko Komine-Aizawa; Yasuyuki Izumi; Shinjiro Imai; Koichiro Fujita; Satoshi Hayakawa
    JOURNAL OF REPRODUCTIVE IMMUNOLOGY, 2011年12月, 査読有り, 通常論文
  • Influence of Advanced Age on Mycobacterium bovis BCG Vaccination in Guinea Pigs Aerogenically Infected with Mycobacterium tuberculosis
    Shihoko Komine-Aizawa; Toshio Yamazaki; Tsuyoshi Yamazaki; Shin-ichiro Hattori; Yuji Miyamoto; Naoki Yamamoto; Shinji Haga; Masahiko Sugitani; Mitsuo Honda; Satoshi Hayakawa; Saburo Yamamoto
    CLINICAL AND VACCINE IMMUNOLOGY, 2010年10月, 査読有り, 通常論文
  • ヒト末梢血単核細胞におけるインフルエンザHA抗原特異的interferon-gamma産生に対する漢方薬の影響
    寺本紘子; 相澤志保子[小峯]; 真島洋子; 泉泰之; 芝田克敏; 黒田和道; 早川智
    日大医学雑誌, 2009年02月, 査読有り, 通常論文
    責任著者
  • H3N2 influenza A virus replicates in immortalized human first trimester trophoblast cell lines and induces their rapid apoptosis
    Quang Duy Trinh; Yasuyuki Izumi; Shihoko Komine-Aizawa; Toshikatsu Shibata; Yoshitaka Shimotai; Kazumichi Kuroda; Masashi Mizuguchi; Hiroshi Ushijima; Gil Mor; Satoshi Hayakawa
    American Journal of Reproductive Immunology, 2009年, 査読有り, 通常論文
  • 【産婦人科感染症診療マニュアル】胎児・新生児の免疫機構
    真島 洋子; 早川 智; 相澤 志保子; 泉 泰之; Trinh Duy Quang; 太田 邦明; 須崎 愛
    産科と婦人科, 2008年11月
  • Stimuli through Toll-like receptor (TLR) 3 and 9 affect human chorionic gonadotropin (hCG) production in a choriocarcinoma cell line
    Shihoko Komine-Aizawa; Hiroko Majima; Chiikako Yoshida-Noro; Satoshi Hayakawa
    JOURNAL OF OBSTETRICS AND GYNAECOLOGY RESEARCH, 2008年04月, 査読有り, 通常論文
  • 結核菌感染防御システム ―CD1 による脂質抗原提示―
    相澤(小峯)志保子、本多三男、早川 智
    日大医学雑誌, 2007年08月, 査読有り, 通常論文
    筆頭著者
  • Rembrandt's Maria Bockenolle has a butterfly rash and digital deformities: Overlapping syndrome of rheumatoid arthritis and systemic lupus erythematosus
    Satoshi Hayakawa; Shihoko Komine-Aizawa; Shunzo Osaka; Toshihiro Iida; Junko Hayakawa; Susumu Nishinarita; Norimichi Nemoto
    MEDICAL HYPOTHESES, 2007年, 査読有り, 通常論文
  • The death of Izanami, an ancient Japanese goddess: An early report of a case of puerperal fever
    Satoshi Hyakakawa; Shihoko Komine-Aizawa; Satoshi Naganawa; Kazufumi Shimuzu; Norimichi Nemoto
    MEDICAL HYPOTHESES, 2006年, 査読有り, 招待有り
  • アロマテラピーに用いられる芳香物質のHIV感染に及ぼす影響 MAGIC-5細胞を用いたin vitroでの検討
    長縄 聡,早川 智,相澤志保子,清水一史,北村勝彦,本多三男,陳 旺全,鄭 端棠
    アロマテラピー学雑誌, 2006年, 査読有り, 通常論文
  • Granulocyte colony-stimulating factor suppresses autologous tumor killing activity of the peripheral blood lymphocytes in the patients with ovarian carcinoma
    Y Ohta; S Hayakawa; M Karasaki-Suzuki; K Sugita; S Komine; F Chishima; Y Hatta; T Horie; N Seo; A Sheikh; N Nemoto; T Yamamoto
    AMERICAN JOURNAL OF REPRODUCTIVE IMMUNOLOGY, 2004年07月, 査読有り, 通常論文

MISC

  • 子宮内細菌叢がmaternal-fetal interfaceにおける免疫寛容機序に与える影響の研究
    高田 和秀; Bae Jonghyun; Trinh Quang Duy; 相澤 志保子[小峯]; Kim Dong Wook; 早川 智
    Reproductive Immunology and Biology, 2023年11月
  • 【新型コロナウイルス感染症と周産期医療】産科医療への影響 SARS-CoV-2感染症での胎盤の変化
    高田 和秀; 相澤 志保子[小峯]; 早川 智
    周産期医学, 2023年10月
  • 小児急性虫垂炎における虫垂内および口腔内細菌叢の解析
    生田 稜; 高田 和秀; 高野 智圭; 上原 秀一郎; 相澤 志保子; 越永 従道; 早川 智
    日本小児外科学会雑誌, 2023年05月
  • BCGと感染症
    相澤 志保子[小峯]
    日大医学雑誌, 2023年04月, 査読有り, 招待有り
    筆頭著者
  • BNT162b2 mRNA COVID-19ワクチン接種後の有害事象
    相澤(小峯)志保子、早川 智
    臨床免疫・アレルギー科, 2023年01月25日, 査読無し, 招待有り
    筆頭著者
  • 歯周病が妊娠合併症と関連するのはなぜ?
    相澤(小峯)志保子、相澤聡一、早川 智
    産科と婦人科, 2022年11月, 査読無し, 招待有り
    筆頭著者
  • 日本大学医学部資料室に収蔵される4点のはしか絵の解析 本文の読み下し文に見る幕末庶民の医学思想
    山本 憧; 並木 貴宏; 高田 和秀; 相澤 志保子[小峯]; 早川 智
    日大医学雑誌, 2022年10月
  • 新型コロナウイルス感染症と不妊治療
    相澤(小峯)志保子
    薬局, 2022年09月, 査読無し, 招待有り
    筆頭著者
  • 【新型コロナウイルス感染症が産婦人科診療に与えた影響】【I.現状と対策】女性や妊婦におけるワクチン接種の現状
    相澤(小峯)志保子,早川 智
    産科と婦人科, 2022年03月, 査読無し, 招待有り
    筆頭著者
  • 感染症 SARS-CoV-2と胎盤関門
    相澤 志保子[小峯]; 高田 和秀; Trinh Duy Quang; 早川 智
    Reproductive Immunology and Biology, 2021年11月
  • 新型コロナウイルス感染の母親から出生した双胎児例 子宮内感染に関する胎盤所見からの考察
    森岡 一朗; 高田 和秀; 長野 伸彦; 岡橋 彩; 川上 香織; 小松 篤史; 川名 敬; 鈴木 高祐; 増田 しのぶ; 高野 智圭; Trinh Duy Quang; 相澤 志保子[小峯]; 早川 智
    Reproductive Immunology and Biology, 2021年11月
  • 細菌性腟症原因菌と腟常在菌が子宮頸管上皮細胞の抗菌ペプチド産生に及ぼす影響
    松田 恵里那; 高田 和秀; 相澤 志保子[小峯]; 早川 智; 川名 敬
    Reproductive Immunology and Biology, 2021年11月
  • 小胞体ストレスは不死化絨毛細胞株の風疹ウイルス感受性を誘導する
    Quang Duy Quang; 高田 和秀; Pham Thi Kim Ngan; 高野 智圭; 相澤 志保子[小峯]; 早川 智
    Reproductive Immunology and Biology, 2021年11月
  • Lactobacillus crispatusは不死化絨毛細胞株HTR-8/SVneoの浸潤を促進するがGardnerella vaginalisは抑制する
    高田 和秀; 吉田 智昭; 相澤 志保子[小峯)]; 亀井 良政; 石原 理; 早川 智
    Reproductive Immunology and Biology, 2021年11月
  • アレルギー疾患 先天性代謝異常症では食物アレルギー有病率が低い
    高野 智圭; 小川 えりか; 岩間 元子; 豊島 翔太; 市野井 那津子; 石毛 美夏; 相澤 志保子; 岡山 吉道; 早川 智; 日本大学医学部医学教育センター免疫・アレルギー学プロジェクトチーム
    日本臨床免疫学会総会プログラム・抄録集, 2021年10月
  • 【口腔と全身疾患研究の最前線】口腔内細菌と妊娠
    相澤(小峯)志保子
    医学のあゆみ, 2021年06月, 査読無し, 招待有り
    筆頭著者
  • 性感染症の現状と問題点 HIV感染/AIDS
    相澤(小峯)志保子
    産婦人科の実際, 2021年01月, 査読無し, 招待有り
    筆頭著者
  • 口腔マイクロバイオームとその産科的意義 歯周疾患と妊娠合併症
    別冊BIO Clinica 慢性炎症と疾患, 2017年11月30日, 査読無し, 招待有り
    筆頭著者
  • Enhanced vaginal re-epithelialization in vitro by Lactobacillus crispatus
    Kazuhide Takada; Shihoko Komine-Aizawa; Quang Duy Trinh; Satoshi Hayakawa
    JOURNAL OF REPRODUCTIVE IMMUNOLOGY, 2017年11月, 査読無し, 通常論文
  • High-mobility group box 1 protein enhances HIV replication in newly infected primary T cells
    Quang Duy Trinh; Kazuhide Takada; Shihoko Komine-Aizawa; Satoshi Hayakawa
    JOURNAL OF REPRODUCTIVE IMMUNOLOGY, 2017年11月, 査読無し, 通常論文
  • 口腔常在細菌とその臨床的意義 歯周疾患と妊娠合併症
    日本臨床腸内微生物学会誌, 2016年05月, 査読無し, 招待有り
    筆頭著者
  • CBA/J×DBA/2J流産マウスモデルにおける"当帰芍薬散""柴苓湯"の効果
    相澤(小峯)志保子、早川 智
    産婦人科漢方研究のあゆみ, 2012年04月, 査読無し, 通常論文
    筆頭著者
  • 感染症と不育症
    相澤(小峯)志保子、早川 智
    産婦人科の実際, 2011年10月, 査読無し, 招待有り
    筆頭著者
  • CD8+T cell populations of distinct fine specificity are elicited by immunization with different HIV-1 Env vaccines
    Mitsuo Honda; Shihoko Aizawa; Yasuyuki Izumi; Satoshi Hayakawa
    EUROPEAN JOURNAL OF MEDICAL RESEARCH, 2010年08月, 査読無し, 通常論文
  • 【妊娠感染症を考える】女性生殖器・脱落膜の免疫と母子感染
    早川 智、真島洋子、泉 泰之、Trinh QD、Nabandith Viengvansay、相澤志保子(小峯)
    産婦人科の実際, 2008年05月, 査読無し, 通常論文
  • 粘膜免疫からの感染と免疫応答機構 体の入口から呼吸器・消化器・生殖器・皮膚までの制御システム 生殖器の感染症 女性生殖器における免疫機構
    早川 智,真島洋子,相澤志保子
    実験医学, 2007年, 査読無し, 通常論文
  • 産科 母子感染のスクリーニング HIV
    相澤(小峯)志保子,早川 智
    産婦人科の実際, 2006年, 査読無し, 通常論文
    筆頭著者
  • HIV垂直感染と胎盤関門
    相澤(小峯)志保子,早川 智,長縄 聡,永石(石井)真木,本多三男,砂川恵伸,根本則道
    炎症と免疫, 2006年, 査読無し, 通常論文
    筆頭著者
  • HIV感染症・AIDS
    早川純子,早川 智,小峯志保子,本多三男,西成田進
    産科と婦人科, 2005年, 査読無し, 通常論文
  • HIV感染症/AIDS
    早川純子,早川 智,相澤(小峯)志保子,西成田進,本多三男
    産科と婦人科, 2005年, 査読無し, 通常論文
  • 妊娠とウイルス感染
    早川 智,椙田賢司,小峯志保子,千島史尚,本多三男,山本樹生
    産婦人科治療, 2002年, 査読無し, 通常論文

書籍等出版物

  • Reproductive Immunology (Edited by Gil Mor). Chapter 20: Interactions between the epithelial barrier and the microbiota in the reproductive tract.
    共著, Chapter 20: Interactions between the epithelial barrier and the microbiota in the reproductive tract., Takada K; Komine-Aizawa S; Tsuji N; Hayakawa S
    Academic press., 2021年
  • ヒト常在菌叢と生理機能・全身疾患
    共著, 第16章 妊娠合併症
    シーエムシー出版, 2020年08月
  • 実践 臨床生殖免疫学
    共著, 425-429
    中外医学社, 2018年05月, 査読無し
  • 腸内細菌・口腔細菌と全身疾患
    共著
    シーエムシー出版, 2015年12月, 査読無し
  • 歯周病予防のストラテジー
    共著, 108-110
    医歯薬出版株式会社, 2009年12月, 査読無し
  • 産婦人科 専門医にきく最新の臨床
    共著, 38-41
    中外医学社, 2007年04月, 査読無し
    9784498060425

講演・口頭発表等

  • Tandem mass tag systemによるSARS-CoV-2感染における胎盤感受性影響因子の探索
    高田 和秀; トリン・ズイ・クアン; 相澤 志保子[小峯]; 富永 大介; 辻 典子; 山田 秀人; 早川 智
    日本臨床免疫学会総会プログラム・抄録集, 2023年10月, (一社)日本臨床免疫学会
  • 口腔細菌は虫垂細菌叢の改変を介して小児急性虫垂炎の病態に関与する
    生田 稜; 高田 和秀; 高野 智圭; 相澤 志保子; 上原 秀一郎; 早川 智
    日本臨床免疫学会総会プログラム・抄録集, 2023年10月, (一社)日本臨床免疫学会
  • 小児急性虫垂炎において口腔内細菌が虫垂細菌叢に及ぼす影響
    生田 稜; 高田 和秀; 高野 智圭; 相澤 志保子[小峯]; 上原 秀一郎; 早川 智
    日本臨床腸内微生物学会総会・学術集会プログラム・抄録集, 2023年08月, 日本臨床腸内微生物学会
  • 抗菌薬と薬剤耐性 薬剤耐性遺伝子の分子診断
    高野 智圭; 笹野 まり; 関 みつ子; 樽本 憲人; 相澤 志保子[小峯]; 早川 智
    日本産婦人科感染症学会誌, 2023年05月, (一社)日本産婦人科感染症学会
  • Tandem mass tag systemによるSARS-CoV-2感染胎盤のプロテオミクス解析
    高田 和秀; Trinh Quang Duy; 相澤 志保子[小峯]; 富永 大介; 辻 典子; 山田 秀人; 早川 智
    日本産婦人科感染症学会誌, 2023年05月, (一社)日本産婦人科感染症学会
  • アンプリコンシーケンス解析を用いた小児急性虫垂炎の口腔内および虫垂内細菌叢の検討
    生田 稜; 高田 和秀; 高野 智圭; 上原 秀一郎; 相澤 志保子[小峯]; 越永 従道; 早川 智
    日本外科学会定期学術集会抄録集, 2023年04月, (一社)日本外科学会
  • 次世代シークエンサーを用いた小児急性虫垂炎における口腔内細菌叢と虫垂内細菌叢の検討
    生田 稜; 高田 和秀; 高野 智圭; 上原 秀一郎; 相澤 志保子[小峯]; 越永 従道; 早川 智
    日本腹部救急医学会雑誌, 2023年02月, (一社)日本腹部救急医学会
  • SARS-CoV-2に対する胎盤バリアメカニズムの検討
    高田 和秀; 山田 清香; 鈴木 真由美; Trinh Quang Duy; 高野 智圭; 川上 香織; 佐藤 美紀子; 小松 篤史; 岡橋 彩; 長野 伸彦; 三澤 俊哉; 山口 恭平; 川名 敬; 森岡 一朗; 山田 秀人; 早川 智; 羽尾 裕之; 相澤 志保子
    第38回日本産婦人科感染症学会学術集会, 2022年05月, 通常論文
  • 産婦人科からみたCOVID-19への取り組み 日本産婦人科感染症学会として我々はCOVID-19にどのように立ち向かってきたのか
    相澤 志保子; 早川 智; 山田 秀人
    第38回日本産婦人科感染症学会学術集会, 2022年05月, 招待有り
  • SARS-CoV-2と胎盤関門
    髙田和秀 Trinh Duy Quang 早川 智
    第36回日本生殖免疫学会・学術集会, 2021年10月, 招待有り
  • 老化による腸管内T細胞の機能低下と乳酸菌C60株による活性化機構
    齋藤 卓; 柿崎 奈々恵; 前川 利男; 奥野 海良人; 福井 竜太郎; 高田 和秀; 相澤 志保子; 早川 智; 三宅 健介; 辻 典子
    第24回日本臨床腸内微生物学会総会・学術集会, 2021年08月, 通常論文
  • ヒト不死化腸管上皮細胞株を用いたSARS-CoV-2複製に対するLactobacillusの影響の検討
    高田 和秀; Trinh Duy Quang; 生田 稜; 相澤 志保子[小峯]; 辻 典子; 早川 智
    第24回日本臨床腸内微生物学会総会・学術集会, 2021年08月, 通常論文
  • 乳酸菌C60株が誘導するIL-10産生型CD4陽性T細胞の腸炎に対する保護効果
    乳酸菌C60株が誘導するIL-10産生型CD4陽性T細胞の腸炎に対する保護効果(会議録); 齋藤 卓; 柿崎 奈々恵; 前川 利男; 奥野 海良人; 福井 竜太郎; 高田 和秀; 相澤 志保子; 早川 智; 三宅 健介; 辻 典子
    第24回日本臨床腸内微生物学会総会・学術集会, 2021年08月, 通常論文
  • SARS-CoV-2は胎盤関門を突破するか?
    相澤(小峯)志保子
    第57回日本周産期・新生児医学会総会および学術集会, 2021年07月, 招待有り
  • SARS-CoV-2 infects human trophoblasts but proliferate limitedly.
    Shihoko Komine-Aizawa; Satoshi Hayakawa
    第73回日本産科婦人科学会, 2021年04月, 通常論文
  • COVID-19と妊娠
    3大学医工連携セミナー, 2020年11月, 招待有り
  • 免疫疾患と妊娠〜関節リウマチ を踏まえて〜
    第7回JCRベーシックリサーチカンファレンス, 2020年10月, 通常論文
  • 歯周病原因菌は胎盤形成阻害に加えて母子免疫寛容を破綻させる
    第48回日本臨床免疫学会総会, 2020年10月, 通常論文
  • Recombinant BCG over-expressed Mycobacterium antigens enhanced Ag85B-specific CD8+ T cells.
    Shihoko Komine-Aizawa; Satoru Mizuno; Satoshi Hayakawa; Kazuhiro Matsuo; Mitsuo Honda
    第48回日本免疫学会学術集会, 2019年12月, 通常論文
  • Periodontal Diseases and Adverse Pregnancy Outcomes
    Shihoko Komine-Aizawa
    14th World Congress of the International Society for Immunology of Reproduction, 2019年11月, 通常論文
  • Induction of antigen 85B-specific CD8+ T cells by recombinant BCG protects against mycobacterial infection
    Shihoko Komine-Aizawa; Satoru Mizuno; Satoshi Hayakawa; Kazuhiro Matsuo; Mitsuo Honda
    第47回日本免疫学会学術集会, 2018年12月, 通常論文
  • 生殖免疫の基礎と臨床
    第46回日本臨床免疫学会総会, 2018年11月, 招待有り
  • 組換えBCGワクチンによる抗酸菌特異的免疫の誘導と結核防御効果
    第88回実験結核研究会, 2018年06月, 通常論文
  • Induction of CD8+- MHC-I-restricted, antigen-specific T cells by recombinant BCG protects against mycobacterial infection
    第46回日本免疫学会総会・学術集会, 2017年12月, 通常論文
  • Induction of CD8+- H2-Kd-restricted, antigen 85B-specific T cells by recombinant BCG protects against mycobacterial infection
    2017年度生命科学系学会合同年次大会, 2017年12月, 通常論文
  • 梅毒 温故知新
    第32回日本生殖免疫学会総会・学術集会, 2017年12月, 通常論文
  • 非結核性抗酸菌防御能に優れた組換えBCGワクチンの開発
    第91回日本感染症学会総会・学術講演会, 2017年04月, 通常論文
  • 抗酸菌由来Ag85Bの抗原提示における免疫学的解析
    相澤志保子、本多三男、松尾和浩、早川 智
    第87回実験結核研究会, 2017年03月, 通常論文
  • MHC Class I presentation by highly functional epitope peptide of M. tuberculosis shared among mycobacterial antigen 85 complex
    第45回日本免疫学会学術集会, 2016年12月, 通常論文
  • 抗結核CD8T細胞エピトープ分子の特性と組換えワクチン開発の試み
    第39回日本分子生物学会年会, 2016年12月, 通常論文
  • MHC Class I presentation by highly functional epitope peptides of M. tuberculosis shared among the antigen 85 complex
    相澤(小峯)志保子、早川 智、松尾和浩、本多三男
    第86回実験結核研究会総会, 2016年05月, 通常論文
  • rBCG/Ag85B confers enhanced levels of polyfunctional CD8+ T cell induction by co-inducing antigen-specific CD4+ T cells
    Shihoko Komine-Aizawa; Satoshi Hayakawa; Kazuhiro Matsuo; Mitsuo Honda
    第44回日本免疫学会学術集会, 2015年11月, 通常論文
  • 歯周疾患と妊娠合併症
    相澤(小峯)志保子
    第18回日本臨床腸内微生物学会総会・学術集会, 2015年08月, 招待有り
  • Methanobrevibacter smithiiとMethanobrevibacter oralisがヒトの免疫系に与える影響
    相澤(小峯)志保子、早川 智
    第28回日本アーキア研究会講演会, 2015年07月, 通常論文
  • 哺乳類細胞で発現可能な新規組換えBCGワクチンの開発
    相澤(小峯)志保子、早川 智、松尾和浩、本多三男
    第85回実験結核研究会総会, 2015年03月, 通常論文
  • 女性の各ライフステージでの感染症の実態と対策 HIVと抗酸菌感染症
    相澤(小峯)志保子
    日本女性医学学会, 2014年11月
  • 女性の各ライフステージでの感染症の実態と対策HIVと抗酸菌感染症
    相澤(小峯)志保子
    日本女性医学学会, 2014年11月, 通常論文
  • BCGワクチンによる結核防御免疫能の解析
    相澤(小峯)志保子
    第46回日本臨床分子形態学会, 2014年10月, 通常論文
  • 生殖免疫学領域における動物モデル
    第42回日本臨床免疫学会総会, 2014年09月, 通常論文
  • BCGワクチン免疫型の特性と特異的CD8エフェクターT細胞誘導の付与
    相澤(小峯)志保子、山崎 剛、早川 智 松尾和浩、本多三男
    第84回実験結核研究会総会, 2014年05月, 通常論文
  • 薬物治療中のCIN患者の頚管粘液中サイトカインパターンの解析
    第66回日本産科婦人科学会学術講演会, 2014年04月, 通常論文
  • Recombinant BCG expressing a major mycobacterial antigen-85B α-K elicits functional BCG–specific CD8+ T cells
    Shihoko Komine-Aizawa; Satoshi Hayakawa; Kazuhiro Matsuo Mitsuo Honda
    第43回日本免疫学会学術集会, 2014年, 通常論文
  • 2009年に発生した新型インフルエンザウイルス(A/H1N1)の胎盤傷害性について
    第65回日本産科婦人科学会学術講演会, 2013年05月, 通常論文
  • CBA/J × DBA/2J反復流産マウスモデルに対する新たな治療戦略と免疫学的解析
    早川 智
    第64回日本産科婦人科学会学術講演会, 2012年04月, 通常論文
  • 流産マウスモデルにおける新しい流産予防治療の開発
    早川 智
    第26回日本生殖免疫学会総会・学術総会, 2011年12月, 通常論文
  • Pandemic H1N1/2009 Influenza virus replicates in Immortalized Human First Trimester Trophoblast Cell Lines Without Cytopathic Effects
    Shihoko Komine-Aizawa; Ai Suzaki; Toshikatsu Shibata; Kazumichi Kuroda; Satoshi Hayakawa
    The XXII Asian and Oceanic Congress of Obstetrics and Gynecology, 2011年09月, 通常論文
  • ブタ由来新型インフルエンザウイルス(H1N1)が初期胎盤絨毛に与える影響.
    早川 智
    第63回日本産科婦人科学会学術講演会, 2011年08月, 通常論文
  • Synergistic effects of caffeine or nicotine and Porphyromonas gingivalis-derived LPS on matrigel invasion of an immortalized human first trimester trophoblast cell line.
    Shihoko Komine-Aizawa; Yoshimitsu Abiko; Satoshi Hayakawa
    31st Annual meeting, American Society for Reproductive Immunology, 2011年05月, 通常論文
  • Toll-like receptorの胎盤における機能
    相澤(小峯)志保子
    第4回母児間免疫病勉強会, 2011年05月, 招待有り
  • Recombinant antigen from a nematoda parasite, Dirofilaria immitis (rDiAg) has the therapeutic potential for immune mediated pregnancy loss
    Shihoko Komine-Aizawa; Y.Izumi; S.Imai; K.Fujita; S.Hayakawa
    International Symposium for Immunology of Reproduction, 2010年08月, 通常論文
  • The therapeutic potential of the recombinant antigen from Dirofilaria immitis (rDiAg) for immune mediated pregnancy loss.
    Shihoko Komine-Aizawa; Y.Izumi; S.Imai; K.Fujita; S.Hayakawa
    14th International Congress of Immunology, 2010年08月, 通常論文
  • P. gingivalis LPSはカフェインあるいはニコチン存在下に栄養膜細胞浸潤を抑制する
    相澤(小峯; 志保子; 宮田真理子; 安孫子宜光; Gil Mor; 早川智
    日本生殖免疫学会, 2009年11月, 通常論文
  • インフルエンザウイルスは不死化ヒト初期胎盤絨毛細胞株に感染しアポトーシスを起こす
    クアントリン・ズイ、早川 智、相澤志保子、真島洋子、太田邦明
    日本感染症学会, 2009年04月, 通常論文
  • 母体末梢血と臍帯血における酸化ストレスマーカーの差異について ―酸化ストレスバリアとしての胎盤の役割―
    太田邦明、早川 智、前村俊満、相澤志保子、真島洋子、古川隆正、森田峰人
    日本産科婦人科学会, 2009年04月, 通常論文
  • インフルエンザウイルスはヒト絨毛癌細胞株に感染しアポトーシスを起こす
    相澤(小峯)志保子、真島洋子、早川 智
    日本産科婦人科学会, 2009年04月, 通常論文
  • インフルエンザウイルスはヒト絨毛癌細胞株に感染しアポトーシスを起こす
    相澤(小峯)志保子、芝田敏克、Trinh Duy Quang、泉 泰之、真島洋子、太田邦明、黒田和道、早川 智
    日本生殖免疫学会, 2008年12月, 通常論文
  • ヒト末梢血リンパ球によるインフルエンザHA抗原特異的IFN-γ産生に対する漢方薬の影響
    寺本紘子、相澤(小峯)志保子、真島洋子、泉 泰之、早川 智
    産婦人科漢方研究会, 2008年09月, 通常論文
  • Stimuli through toll-like receptor 3 and 9 affect human chorionic gonadotropin production by a choriocarcinoma cell line.
    Shihoko Komine-Aizawa; Hiroko Majima; Satoshi Hayakawa
    American Society for Reproductive Immunology, 2008年06月, 通常論文
  • Th1 response of lymphocytes in human cord blood is activated by the component of Gram-positive bacteria
    Hiroko Majima; Shihoko Komine-Aizawa; Takeshi Kinebuchi; Miki Karasaki-Suzuki; Fumihisa Chishima; Tatsuo Yamamoto; Shin Aizawa; Satoshi Hayakawa
    American Society for Reproductive Immunology, 2008年06月, 通常論文
  • HIV母子感染における胎盤関門の解析(ワークショップ:HIVの母子感染)
    相澤志保子、泉 泰之、長縄 聡、本多三男、北村勝彦、稲葉憲之、山本直樹、早川 智
    日本感染症学会, 2008年04月, 通常論文
  • ヒト絨毛癌細胞株BeWoに歯周病原菌由来LPSが与える影響
    相澤(小峯)志保子、真島洋子、早川 智
    日本産科婦人科学会, 2008年04月, 通常論文
  • ヒト絨毛癌細胞株BeWoに歯周病原菌由来LPSが与える影響
    相澤(小峯)志保子、真島洋子、早川 智、安孫子宜光
    日本生殖免疫学会, 2007年12月, 通常論文
  • グラム陽性菌成分は臍帯血リンパ球のTh1応答を増強する
    真島洋子、相澤(小峯)志保子、木根渕猛、唐崎美喜、千島史尚、山本樹生、早川 智
    日本生殖免疫学会, 2007年12月, 通常論文
  • cAMP dependent induction of human chorionic gonadotropin (hCG) by toll like receptor (TLR) 3 and 9 signaling in a choriocarcinoma cell line BeWo
    Shihoko Komine-Aizawa; Hiroko Majima; Chikako Yoshida-Noro; Satoshi Hayakawa
    日本胎盤学会, 2007年11月, 通常論文
  • Stimuli through toll like receptor (TLR) 3 and 9 affect human chorionic gonadotropin (hCG) production by a choriocarcinoma cell line
    AIZAWA-KOMINE Shihoko; MAJIMA Hiroko; HAYAKAWA Satoshi
    日本免疫学会, 2007年11月, 通常論文
  • TRLを介した刺激はCD56陽性大顆粒NK, NKT細胞株のIFN-γ産生を調節する
    真島洋子、鈴木美喜、木根渕猛、千島史尚、相澤志保子、早川 智
    日本免疫学会, 2007年11月, 通常論文
  • 当帰芍薬散は内在性レトロウイルスenv遺伝子産物syncytinを介して絨毛細胞癌株BeWoの分化とhCG産生を促進する
    相澤(小峯)志保子、真島洋子、野呂知加子、早川 智
    産婦人科漢方研究会, 2007年09月, 通常論文
  • 加齢モルモットにおけるBCGワクチン再接種の結核防御効果
    加齢モルモットにおけるBCGワクチン再接種の結核防御効果
    日本結核病学会, 2007年06月, 通常論文
  • 結核菌の噴霧感染実験によるBCGワクチン効果の有効性、持続性の再評価
    山崎利雄、相澤(小峯)志保子、服部真一朗、宮本友司、山本三郎
    実験結核研究会, 2007年06月, 通常論文
  • Smoking behavior suppresses influenza specific peripheral T cells immune response ex vivo.
    AIZAWA-KOMINE Shihoko; NAGANAWA Satoshi; MAJIMA Hiroko; HAYAKAWA Satoshi; SHIMIZU Kazufumi
    日本免疫学会, 2006年12月, 通常論文
  • 甘遂(カンツイ)由来の新規テルペノイド誘導体の抗HIV活性の検討.
    長縄 聡、菱山和義、松崎圭一、相澤(小峯)志保子、真島洋子、北村勝彦、北中 進、早川 智
    日本エイズ学会, 2006年11月, 通常論文
  • NicotineはHPVに対する免疫応答を抑制する
    早川 智、相澤志保子、太田郁子、千島史尚、鈴木美喜、太田啓明、山本樹生
    日本産科婦人科学会, 2006年04月, 通常論文
  • 南米産薬用植物Landenbergia hexandra Klotzshの成分研究と抗HIV活性について
    加茂智嗣、牧野三津子、藤本康雄、内山武人、北村勝彦、相澤志保子、長縄 聡、早川 智
    日本薬学会, 2006年03月, 通常論文
  • 免疫不全ウイルスの感染における血球細胞の経時的な病態変化の解析
    太田信頼、兼清 優、網 康至、相澤志保子、山本直樹、奥田研爾、本多三男
    日本エイズ学会, 2005年12月, 通常論文
  • CD56陽性大顆粒リンパ球(CD56+LGL)細胞株MOTN-1に対するβエンドルフィンの免疫調節作用
    太田郁子、鈴木美樹、相澤志保子、長縄 聡、太田啓明、千島史尚、山本樹生、早川 智
    日本生殖免疫学会, 2005年12月, 通常論文
  • HIV-1 affects expression of transcription factors and up-regulates indoleamine 2,3 dioxygenase in large granular lymphocyte cell lines.
    Komine-Aizawa S; Hayakawa S; Naganawa S; Kitamura K; Honda M
    American Society for Reproductive Immunology, 2005年06月, 通常論文
  • HIVはdendritic cell-specific ICAM-3 grabbing non-integrin (DC-SIGN)を介して樹状細胞に免疫抑制因子を誘導する
    小峯志保子、早川 智、川口里恵、田中忠夫
    日本産科婦人科学会, 2005年04月, 通常論文
  • 脱落膜リンパ球に対するHIVの感染機構.
    早川 智、長縄 聰、渡邊望生、北村勝彦、小峯志保子、本多三男
    日本免疫学会, 2003年12月, 通常論文
  • 卵巣癌Second line chemotherapy としてのDocetaxel+Adryamycinのweekly療法(WDA)のPhase II検討
    高見毅司、坂元秀樹、小峯志保子、松永竜也、菊池 淳、高見紀子、千島史尚、早川 智、山本樹生
    日本産科婦人科学会, 2003年04月, 通常論文
  • An experimental model of transplacental SHIV infection in cynomolgus monkeys.
    Komine S; Hayakawa S; Sugita K; Karasaki-Suzuki M; Chisima F; Yamamoto T; Nakasone T; Izumi Y; Ami Y; Honda M
    An experimental model of transplacental SHIV infection in cynomolgus monkeys., 2002年06月, 通常論文
  • 妊娠カニクイザルに接種したHIV/SIVキメラウイルスの動態
    小峯志保子、早川 智、鈴木(唐崎)美喜、山本樹生、仲宗根正、泉 泰之、網 康至、本多三男、西成田進
    日本生殖免疫学会, 2001年12月, 通常論文

所属学協会

  • 2016年 - 現在
    日本分子生物学会
  • 2011年10月 - 現在
    日本臨床免疫学会
  • 2006年12月 - 現在
    日本免疫学会
  • 2006年12月 - 現在
    日本結核病学会
  • 2002年05月 - 現在
    日本産科婦人科学会
  • 2001年12月 - 現在
    日本生殖免疫学会
  • 日本感染症学会
  • 日本産婦人科感染症学会
  • 日本臨床腸内微生物学会
  • The American Society for Reproductive Immunology

共同研究・競争的資金等の研究課題

  • 妊婦における新型コロナウイルス感染の解析
    日本学術振興会, 科学研究費助成事業, 2022年04月01日 - 2025年03月31日
    早川 智; 相澤 志保子; 山田 秀人; 川名 敬; 高田 和秀; 木村 正; TRINH DUYQUANG
  • Study on mechanisms of rubella virus infection to the fetus, possible alternative cellular receptors and factors affecting the virus infection
    日本学術振興会, 科学研究費助成事業, 2020年04月01日 - 2023年03月31日
    TRINH DUYQUANG; 早川 智; 相澤 志保子
  • ウェルシュ菌敗血症における致死的血管内溶血機構の解明
    日本学術振興会, 科学研究費助成事業, 2017年04月01日 - 2022年03月31日
    須崎 愛; 早川 智; 相澤 志保子; TRINH DUYQUANG; 神谷 茂; 大谷 郁
  • 組換えBCGとDNAワクチンのプライムブースト接種による新型コロナウイルス新規ワクチン開発
    公益財団法人 日本ワックスマン財団, 学術研究助成金, 2021年04月 - 2022年03月
  • 抗酸菌の防御における細胞性免疫応答の解析と新規ワクチン開発
    2019年04月 - 2022年03月
    相澤志保子
  • 口腔と胎盤マイクロバイオームによるジカ熱垂直感染機構の解明
    日本学術振興会, 科学研究費助成事業, 2017年04月01日 - 2021年03月31日
    早川 智; 相澤 志保子; 川名 敬; 森岡 一朗
  • ライソゾーム逸脱型BCG-Tokyo新規ワクチン開発と免疫学的評価
    日本学術振興会, 科学研究費助成事業, 2017年04月01日 - 2020年03月31日
    本多 三男; 相澤 志保子
  • 非結核性抗酸菌防御能に優れた組換えBCGワクチンの開発
    2017年04月 - 2020年03月
    本多三男
  • 腟内常在菌の粘膜免疫応答とHIV感染に及ぼす影響
    日本学術振興会, 科学研究費助成事業, 2016年04月01日 - 2019年03月31日
    TRINH DUYQUANG; 早川 智; 相澤 志保子
  • 結核を中心とした感染制御のための新規ワクチン開発と免疫学的評価
    日本学術振興会, 科学研究費助成事業, 2016年 - 2018年
    相澤 志保子; 本多 三男; 早川 智
  • 結核を中心とした感染制御のための新規ワクチン開発と免疫学的評価
    日本大学, 平成28年度 学術研究助成金(総合研究), 2016年04月 - 2017年03月
  • 胎盤由来組織幹細胞を用いたウイルス垂直感染の解析
    日本学術振興会, 科学研究費助成事業, 2012年04月01日 - 2016年03月31日
    早川 智; 牛島 廣治; 本多 三男; 相澤 志保子; 泉 泰之
  • 口腔悪性腫瘍の発生における慢性炎症の関与
    萩原研究費, 2015年04月 - 2016年03月
    相澤志保子
  • 粘膜炎症における古細菌の関与
    公益財団法人万有生命科学振興国際交流財団, Banyu Foundation Research Grant 2013 女性研究者支援, 2014年01月 - 2015年12月
    相澤志保子
  • アロ免疫によるマウス流産モデルに対する免疫学的介入の研究
    日本学術振興会, 科学研究費助成事業, 2012年 - 2014年
    相澤 志保子; 早川 智
  • 抗結核免疫応答における加齢の影響について
    日本大学医学部同窓会, 平成23年度日本大学医学部同窓会60周年記念医学症例研究助成金, 2011年04月 - 2012年03月
  • 寄生虫由来免疫制御物質による不育症治療の実験的研究
    日本学術振興会, 科学研究費助成事業, 2009年 - 2011年
    早川 智; 相澤 志保子; 泉 泰之
  • 胎盤におけるインフルエンザウイルス感染の解析
    日本学術振興会, 科学研究費助成事業, 2009年 - 2010年
    相澤 志保子
  • 潰瘍性大腸炎とT細胞機能とくにOSTEOPONTINとの関係
    日本学術振興会, 科学研究費助成事業, 2008年 - 2010年
    増田 英樹; 早川 智; 高橋 泰夫; 相澤 志保子
  • HIV垂直感染における胎盤関門と脱落膜大顆粒リンパ球の役割
    日本学術振興会, 科学研究費助成事業, 2005年 - 2008年
    早川 智; 本多 三男; 長縄 聡; 根本 則道; 北村 勝彦; 齋藤 滋; 山本 直樹; 稲葉 憲之; 相澤 志保子; 泉 泰之

産業財産権

  • 特開2016-94379, 特願2014-232837, ワクチン及びプライムブーストワクチン
    相澤志保子、本多三男、早川 智