宮地 忠幸

経済学部(専門)教授

研究キーワード

  • 中山間地域
  • 地域経済
  • 農山村

研究分野

  • 人文・社会, 経済政策, 経済政策
  • 人文・社会, 地理学, 農村地理学
  • 人文・社会, 人文地理学, 経済地理学

経歴

  • 2022年04月 - 現在
    日本大学, 経済学部, 教授
  • 2018年04月 - 現在
    国士舘大学文学部 非常勤講師
  • 2019年04月 - 2021年03月
    明治大学文学部 非常勤講師
  • 2018年04月 - 2021年03月
    日本大学, 経済学部, 准教授
  • 2012年04月01日 - 2018年03月31日
    国士舘大学大学院人文科学研究科修士課程 准教授
  • 2013年04月 - 2018年03月
    日本大学経済学部 非常勤講師
  • 2012年04月 - 2018年03月
    国士舘大学大学院人文科学研究科修士課程 准教授
  • 2012年04月 - 2018年03月
    国士舘大学文学部史学地理学科 准教授
  • 2007年04月 - 2014年03月
    東洋大学社会学部 非常勤講師
  • 2009年04月01日 - 2012年03月31日
    国士舘大学大学院人文科学研究科修士課程 専任講師
  • 2009年04月 - 2012年03月
    国士舘大学大学院人文科学研究科修士課程 専任講師
  • 2008年04月 - 2012年03月
    国士舘大学文学部史学地理学科地理・環境専攻 専任講師
  • 2010年04月 - 2011年03月
    日本大学文理学部 非常勤講師
  • 2010年04月 - 2011年03月
    日本大学経済学部 非常勤講師
  • 2008年04月 - 2009年03月
    明治大学商学部 非常勤講師
  • 2003年04月 - 2008年03月
    慶應義塾大学経済学部 非常勤講師
  • 2001年04月 - 2008年03月
    日本大学文理学部地理学科助手
  • 2001年04月 - 2002年03月
    千葉商科大学商経学部 非常勤講師

学歴

  • 2001年
    日本大学 大学院 博士後期課程, 大学院 理工学研究科, 地理学
  • 1997年
    日本大学 大学院 博士前期課程, 大学院 理工学研究科, 地理学
  • 1995年
    日本大学, 文理学部(理科系), 地理学科

委員歴

  • 2016年04月 - 現在
    集会委員, 日本地理教育学会
  • 2003年04月 - 現在
    編集委員, 日本大学地理学会
  • 1999年04月 - 現在
    常任委員, 日本大学地理学会
  • 1999年04月 - 現在
    評議員, 日本大学地理学会
  • 2016年05月 - 2020年05月
    総務委員(委員長), 経済地理学会
  • 2014年05月 - 2020年05月
    評議員, 経済地理学会
  • 2014年05月 - 2020年05月
    常任幹事,(2014-15年度:関東支部代表幹事,2016-19年度:総務委員長), 経済地理学会
  • 2012年04月 - 2018年03月
    資格専門委員, 日本地理学会
  • 2014年05月 - 2016年05月
    関東支部代表幹事, 経済地理学会
  • 2014年04月 - 2016年03月
    集会委員, 日本地理学会
  • 2014年04月 - 2016年03月
    評議員, 日本地理教育学会
  • 2014年05月
    常任幹事(2014-15年度:関東支部代表幹事,2016-19年度:総務委員長), 経済地理学会
  • 2008年05月 - 2012年05月
    常任幹事(2008-09年度:総務副委員長,2010-11年度:総務委員長), 経済地理学会
  • 2008年05月 - 2012年05月
    総務委員(2008-09年度:副委員長、2010-11年度:委員長), 経済地理学会
  • 2008年05月 - 2012年05月
    常任幹事,(2008-09年度:総務副委員長,2010-11年度:総務委員長), 経済地理学会
  • 2008年05月 - 2012年05月
    総務委員,(2008-09年度:副委員長、2010-11年度:委員長), 経済地理学会
  • 2006年05月 - 2012年05月
    評議員, 経済地理学会
  • 2008年04月 - 2011年03月
    集会委員, 日本地理学会
  • 2008年04月 - 2011年03月
    集会委員, 歴史地理学会
  • 2004年04月 - 2010年03月
    代議員, 日本地理学会
  • 2004年05月 - 2008年05月
    編集委員, 経済地理学会
  • 2006年04月 - 2008年03月
    企画専門委員, 日本地理学会
  • 2002年04月 - 2006年03月
    総務専門委員, 日本地理学会
  • 2002年06月 - 2005年06月
    集会委員, 歴史地理学会
  • 2002年05月 - 2004年05月
    総務委員, 経済地理学会
  • 2003年06月 - 2003年12月
    選挙管理委員, 経済地理学会

論文

  • 山梨県丹波山村における山村留学制度の展開とその意義
    宮地 忠幸; 木下 陽介; 谷泉 礼珠; 中野 朱梨
    地域政策研究, 2023年02月
  • 地元人材育成からの地方創生
    中村怜詞・宮地忠幸・久保田豊和・中島正裕・菊池雅彦・中川秀一・中塚雅也・筒井一伸
    農村計画学会誌, 2021年03月, 査読有り, 通常論文
  • 日本における中山間地域等直接支払制度の実施状況とその変化―制度活用の地域性とその課題の一考察―
    宮地忠幸
    桜文論叢, 2021年02月, 査読無し, 通常論文
    筆頭著者
  • 大学生と農村住民との農業体験を通した交流活動の意義と課題 -「国士舘大学西谷学校」を事例として-
    宮地忠幸
    経済地理学年報, 2019年03月, 査読有り, 通常論文
    筆頭著者
  • 経済地理学から地理教育への貢献
    小田宏信・卜部勝彦・竹内裕一・宮地忠幸
    経済地理学年報, 2016年09月, 査読有り, 通常論文
  • 日本の農村における地域づくりの新たな潮流
    宮地忠幸
    国士舘大学人文学, 2016年03月, 査読有り, 通常論文
    筆頭著者
  • 山村農業の変容とその存立要因
    宮地忠幸
    国士舘人文学, 2014年03月, 査読有り, 通常論文
    筆頭著者
  • 日本における内発的発展論と農村分野の課題 -その系譜と農村地理学分野の実証研究を踏まえて-
    中川秀一・宮地忠幸・高柳長直
    農村計画学会誌, 2013年12月, 査読有り, 通常論文
  • 大学生による体験を通した農業・農村学習 -2009・2010年の活動記録と事後評価-
    宮地忠幸
    国士舘大学地理学報告, 2013年03月, 査読無し, 通常論文
    筆頭著者
  • 北イタリア・トレヴィーゾにおける地理的表示制度による野菜産地の形成
    高柳長直・宮地忠幸・両角政彦・今野絵奈
    農村研究, 2011年09月, 査読有り, 通常論文
  • 中山間地域における特産品開発の地域的意義に関する一考察 -阿武隈高地における桑の特産品開発を事例として-
    宮地忠幸
    国士舘大学地理学報告, 2011年03月, 査読無し, 通常論文
    筆頭著者
  • 米価低迷下におけるブランド産地の展開 -新潟県魚沼地域を事例に-
    両角政彦・宮地忠幸・水嶋一雄
    日本大学文理学部自然科学研究所「研究紀要」, 2009年03月, 査読無し, 通常論文
  • 野菜産地研究の動向と課題
    宮地忠幸
    地理誌叢, 2008年11月, 査読有り, 通常論文
    筆頭著者
  • 日本における有機農業の展開と地域農業振興
    経済地理学年報, 2007年03月, 査読有り, 通常論文
    筆頭著者
  • 改正生産緑地法下における都市農業の動態 ―東京都を事例として―.
    宮地 忠幸
    愛知教育大学地理学会『地理学報告』, 2006年12月, 査読無し, 通常論文
    筆頭著者
  • 市場環境の変化に対する野菜主産地の対応とその課題 -群馬県嬬恋村を事例として-
    宮地 忠幸
    日本大学文理学部自然科学研究所「研究紀要」, 2006年03月, 査読無し, 通常論文
    筆頭著者
  • 地域活性化に向けた農業地域情報のデジタルアーカイブの構築と課題
    水嶋一雄・松村祝男・小倉眞・田野宏・鈴木康夫・落合康浩・宮地忠幸・両角政彦・牛込裕樹
    地理誌叢, 2005年12月, 査読有り, 通常論文
  • 地理教員アンケートからみた地理教育の現状と課題
    安孫子 知広; 石坂 克己; 小林 正人
    地理誌叢, 2005年07月, 査読有り, 通常論文
  • 農業基盤整備事業の展開とその地域的効果 -国営苗場山麓農地開発事業を事例として-
    宮地忠幸
    日本大学文理学部自然科学研究所「研究紀要」, 2004年03月, 査読無し, 通常論文
    筆頭著者
  • 中山間地域における地域資源を活用した産業づくりの展開 -新潟県魚沼地域を事例として-
    水嶋一雄・落合康浩・宮地忠幸・両角政彦
    地理誌叢, 2003年12月, 査読有り, 通常論文
  • 輸入野菜の増加に対する国内産地の対応とその課題 -埼玉県深谷市を事例として―
    宮地 忠幸
    地理誌叢, 2003年03月, 査読有り, 通常論文
    筆頭著者
  • 東京都小平市における有機野菜生産の展開意義 -改正生産緑地制度下における農業経営の新展開-
    宮地忠幸・両角政彦・水嶋一雄
    日本大学文理学部自然科学研究所「研究紀要」, 2003年03月, 査読無し, 通常論文
    筆頭著者
  • 中山間地域における有機農業の展開とその意義 -福島県安達郡東和町を事例として―
    宮地 忠幸
    人文地理, 2001年06月, 査読有り, 通常論文
    筆頭著者
  • 「地域形成」の理解を深めるための地理学習 -「都市-村落」学習を題材として―
    宮地 忠幸
    新地理, 1999年06月, 査読有り, 通常論文
    筆頭著者
  • 長野県原村における野菜栽培の拡大過程 -野菜栽培拡大の背景とその実態-
    宮地 忠幸
    地理誌叢, 1997年12月, 査読無し, 通常論文
    筆頭著者

MISC

  • 農業・農村と地域学習—2020年12月例会報告
    宮地 忠幸; 中村 洋介
    新地理 = The new geography / 日本地理教育学会 編, 2021年04月
  • 高冷野菜産地の現局面と振興課題 ―群馬県嬬恋村のキャベツ産地を中心に―
    宮地忠幸
    農業と経済, 2018年11月01日, 査読無し, 招待有り
    筆頭著者
  • 市民とともに歩む都市農業の新展開 -東京都の場合-
    宮地 忠幸
    地図中心, 2017年01月10日, 査読無し, 招待有り
    筆頭著者
  • 中山間地域における集落の小規模・高齢化と無住化 : 中国地方の実態を中心に—2015年大会特別研究発表 : 報告・討論の要旨および座長の所見
    作野 広和; 宮地 忠幸
    人文地理 = Japanese journal of human geography / 人文地理学会 編, 2016年
  • 東京都練馬区における農業体験農園の社会的役割 -地域の価値を創造する都市農業の胎動-
    宮地忠幸
    地理, 2015年06月25日, 査読無し, 招待有り
    筆頭著者
  • 過疎自治体の地理的分布の変化と「脱過疎化」
    高橋理奈子・宮地忠幸
    地図中心, 2014年11月20日, 査読無し, 招待有り
  • 農村の6次産業化 -期待と論点-
    宮地忠幸・高柳長直・中川秀一
    地理, 2014年02月25日, 査読無し, 招待有り
    筆頭著者
  • 十勝地域にみる6次産業化の展開とその意義
    宮地忠幸
    地理, 2014年02月25日, 査読無し, 招待有り
    筆頭著者
  • 阿武隈高地に広がる新たな地域づくりへの挑戦 -東和地区・岩代地区の取り組みからみえること-
    宮地忠幸
    地図中心, 2013年12月10日, 査読無し, 招待有り
    筆頭著者
  • 多摩川梨産地のいま -稲城の梨は「幻の梨」-
    宮地忠幸
    地理, 2013年09月23日, 査読無し, 招待有り
    筆頭著者
  • 書評:山本正三・田林 明 ・菊地俊夫編『小農複合経営の地域的展開』
    宮地忠幸
    歴史地理学, 2013年03月, 査読無し, 招待有り
    筆頭著者
  • 農林業(学界展望)
    宮地忠幸
    人文地理, 2012年06月25日, 査読無し, 招待有り
    筆頭著者
  • 文献紹介:石井實著『写真集・東京 都市の変貌の物語1948~2000』
    宮地忠幸
    地理誌叢, 2002年03月31日, 査読無し, 通常論文
    筆頭著者
  • アジア諸国からの輸入野菜増加と国内産地の対応
    宮地 忠幸
    歴史と地理, 2001年10月20日, 査読無し, 通常論文
    筆頭著者

書籍等出版物

  • 鈴木康夫先生のご研究とお人柄.,伊東維年・鈴木康夫編『熊本地震と熊本県の観光』
    分担執筆, pp.243-249.
    成文堂, 2020年03月, 査読無し
    9784792392789
  • 農と食と地域を結ぶ都市農業
    分担執筆, pp.193-207
    古今書院, 2020年02月
  • 農村を利用する.マイケル・ウッズ著,高柳長直・中川秀一監訳『ルーラル:農村とは何か』
    宮地忠幸, 単著, pp.55-95.
    農林統計出版, 2018年09月, 査読無し
  • 産地の新たな担い手:農業法人.経済地理学会編『キーワードで読む経済地理学』
    単著, pp.239-242.
    原書房, 2018年06月, 査読無し
  • 英国スコットランドにおける地域振興事業の性格,-ハイランドを中心に-.,(中川秀一との共著),小田切徳美・橋口卓也編『内発的農村発展論-理論と実践-』
    共著, pp.269-291, 宮地忠幸・中川秀一
    農林統計出版, 2018年03月
  • 農業立地とその変動,農業地域構造と地域間分業.,上野和彦・椿 真智子・中村康子編『地理学概論 第2版』
    分担執筆, pp.23-30
    朝倉書店, 2015年10月
  • 農業立地とその変動,農業地域構造と地域間分業.上野和彦・椿 真智子・中村康子編『地理学概論 第2版』
    その他, pp.23-30
    朝倉書店, 2015年10月, 査読無し
  • 東京都練馬区の農業体験農園におけるルーラリティの商品化.,(菊地俊夫・山本充 との共著),田林 明 編『地域振興としての農村空間の商品化』
    共著, pp.69-87
    農林統計出版, 2015年02月
  • 東京都練馬区の農業体験農園におけるルーラリティの商品化.(菊地俊夫・山本充 との共著)田林 明 編『地域振興としての農村空間の商品化』
    共著, pp.69-87
    農林統計出版, 2015年02月, 査読無し
  • 農業地域.,松原 宏 編『地域経済論入門』
    単著, pp.169-183
    古今書院, 2014年08月
  • 農業地域.松原 宏 編『地域経済論入門』
    単著, pp.169-183
    古今書院, 2014年08月, 査読無し
  • 「鳴子の米プロジェクト」にみる新たな農村社会の構築へ向けた挑戦.,CSOネットワーク編『地域の内発的復興・発展-農山村と都市の新しい結びつきを考える-』
    単著, pp.29-35
    CSOネットワーク, 2014年04月
  • 「鳴子の米プロジェクト」にみる新たな農村社会の構築へ向けた挑戦.CSOネットワーク編『地域の内発的復興・発展-農山村と都市の新しい結びつきを考える-』
    単著, pp.29-35
    CSOネットワーク, 2014年04月, 査読無し
  • 農業生産の動向.,竹内淳彦・小田宏信編『日本経済地理読本 第9版』
    単著, pp.24-40
    東洋経済新報社, 2014年03月
  • 農業生産の動向.竹内淳彦・小田宏信編『日本経済地理読本 第9版』
    単著, pp.24-40
    東洋経済新報社, 2014年03月, 査読無し
  • 中山間地域.,人文地理学会編『人文地理学事典』
    分担執筆, pp.400-403
    丸善出版, 2013年10月
  • 中山間地域.人文地理学会編『人文地理学事典』
    単著, pp.400-403
    丸善出版, 2013年10月, 査読無し
  • 多摩地域の都市農業の多面的役割-農業地理学からみる・考えるー.,野外調査の必要性と留意点.,景観写真からみた多摩丘陵の変遷.,国士舘大学地理学教室編『地理学野外調査入門-多摩丘陵の地理学的見方・考え方―』
    単著, pp.67-77,pp.79-85,pp.113-128.
    国際文献社, 2013年05月
  • 多摩地域の都市農業の多面的役割-農業地理学からみる・考えるー.野外調査の必要性と留意点.景観写真からみた多摩丘陵の変遷.国士舘大学地理学教室編『地理学野外調査入門-多摩丘陵の地理学的見方・考え方―』
    単著, pp.67-77,pp.79-85,pp.113-128.
    国際文献社, 2013年05月, 査読無し
  • 阿武隈高地における農商工連携による地域活性化.,田林 明 編『商品化する日本の農村空間』
    単著, pp.111-129
    農林統計出版, 2013年02月
  • 阿武隈高地における農商工連携による地域活性化.田林 明 編『商品化する日本の農村空間』
    単著, pp.111-129
    農林統計出版, 2013年02月, 査読無し
  • 中山間地域等直接支払制度の意義と制度的課題.,藤田佳久編『山村政策の展開と山村の変容』
    単著, pp.35-60
    原書房, 2011年03月
  • 中山間地域等直接支払制度の意義と制度的課題.藤田佳久編『山村政策の展開と山村の変容』
    単著, pp.35-60
    原書房, 2011年03月, 査読無し
  • 輸入増加を契機とした野菜産地の新たな産地対応の展開.,高柳長直・川久保篤志・中川秀一・宮地忠幸編『グローバル化に対抗する農林水産業』
    単著, pp.48-65
    農林統計出版, 2010年10月
  • 輸入増加を契機とした野菜産地の新たな産地対応の展開.高柳長直・川久保篤志・中川秀一・宮地忠幸編『グローバル化に対抗する農林水産業』
    単著, pp.48-65
    農林統計出版, 2010年10月, 査読無し
  • 山間地農業・農村政策を考える.,山中進・上野眞也編『山間地政策を学ぶ』
    単著, pp.189-211
    成文堂, 2010年03月
  • 山間地農業・農村政策を考える.山中進・上野眞也編『山間地政策を学ぶ』
    単著, pp.189-211
    成文堂, 2010年03月, 査読無し
  • 農山漁村.,経済地理学会編『経済地理学の成果と課題 第Ⅶ集』
    単著, pp.160-175
    日本経済評論社, 2010年03月
  • 農山漁村.経済地理学会編『経済地理学の成果と課題 第Ⅶ集』
    単著, pp.160-175
    日本経済評論社, 2010年03月, 査読無し
  • 多摩丘陵地域.,北部地域.,谷内 達 ・佐野 充 ・菅野峰広編『日本の地誌5 首都圏Ⅰ』
    単著, pp.258-270,pp.160-175.
    朝倉書店, 2009年04月
  • 多摩丘陵地域.北部地域.谷内 達 ・佐野 充 ・菅野峰広編『日本の地誌5 首都圏Ⅰ』
    単著, pp.258-270,pp.160-175.
    朝倉書店, 2009年04月, 査読無し
  • 中山間地域農業の変容と振興課題-福島県阿武隈高地-. 農業地域情報のアーカイブの構築. 水嶋一雄編『農業地域情報のアーカイブと地域づくり』
    単著, pp.107-123,pp.14-23.
    朝倉書店, 2008年03月
  • 中山間地域農業の変容と振興課題-福島県阿武隈高地-.農業地域情報のアーカイブの構築.水嶋一雄編『農業地域情報のアーカイブと地域づくり』
    単著, pp.107-123,pp.14-23.
    朝倉書店, 2008年03月, 査読無し
  • 農業地域情報デジタルアーカイブの地図化と高度利用. (両角政彦:第一著者)との共著) 日本大学文理学部編『デジタルアーカイブの高度利用』
    共著, pp.147-164, 両角政彦・宮地忠幸
    日本大学文理学部, 2007年07月
  • 農業地域情報デジタルアーカイブの地図化と高度利用.(両角政彦:第一著者)との共著)日本大学文理学部編『デジタルアーカイブの高度利用』
    両角政彦; 宮地忠幸, 共著, pp.147-164
    日本大学文理学部, 2007年07月, 査読無し
  • 3.生産の地理 3.1 農業立地とその変動 3.2 農業地域構造と地域間分業 上野和彦・椿真智子・中村康子編『地理学概論』
    単著, pp.22-30
    朝倉書店, 2007年04月
  • 3.生産の地理 3.1 農業立地とその変動 3.2 農業地域構造と地域間分業上野和彦・椿真智子・中村康子編『地理学概論』
    単著, pp.22-30
    朝倉書店, 2007年04月, 査読無し
  • 都市のなかの「農」の景観-東京都を中心とした都市農業の動向-. 阿部和俊編『都市の景観地理 日本編2』
    共著, pp.124-132
    古今書院, 2007年03月
  • 都市のなかの「農」の景観-東京都を中心とした都市農業の動向-.阿部和俊編『都市の景観地理 日本編2』
    共著, pp.124-132
    古今書院, 2007年03月, 査読無し
  • 農牧業の学習. 日本地理教育学会編『地理教育用語技能事典』
    共著, p.75
    帝国書院, 2006年12月
  • 農牧業の学習.日本地理教育学会編『地理教育用語技能事典』
    共著, p.75
    帝国書院, 2006年12月, 査読無し
  • 農業地域情報に関するデジタルアーカイブ構築の現代的意義とその課題. (両角政彦との共著) 日本大学文理学部編『デジタルアーカイブの活用と諸問題』
    共著, pp.151-170, 宮地忠幸・両角政彦
    日本大学文理学部, 2006年03月
  • 農業地域情報に関するデジタルアーカイブ構築の現代的意義とその課題.(両角政彦との共著)日本大学文理学部編『デジタルアーカイブの活用と諸問題』
    宮地忠幸; 両角政彦, 共著, pp.151-170
    日本大学文理学部, 2006年03月, 査読無し
  • 農業地域情報のデジタルアーカイブの構築と利用. (両角政彦・牛込裕樹との共著) 日本大学文理学部編『デジタルアーカイブの構築』
    共著, pp.171-196, 宮地忠幸・両角政彦・牛込裕樹
    日本大学文理学部, 2005年03月
  • 農業地域情報のデジタルアーカイブの構築と利用.(両角政彦・牛込裕樹との共著)日本大学文理学部編『デジタルアーカイブの構築』
    宮地忠幸; 両角政彦; 牛込裕樹, 共著, pp.171-196
    日本大学文理学部, 2005年03月, 査読無し

所属学協会

  • 日本地域経済学会
  • 農村計画学会
  • 日本フードシステム学会
  • 日本農業市場学会
  • 日本農業経営学会
  • 歴史地理学会
  • 日本地理教育学会
  • 経済地理学会
  • 人文地理学会
  • 日本地理学会

共同研究・競争的資金等の研究課題

  • 地域の内発力の成立基盤に関する地理学的研究
    日本学術振興会, 科学研究費助成事業, 2021年04月 - 2025年03月
    中川 秀一; 堤 研二; 伊藤 達也; 呉羽 正昭; 宮地 忠幸; 河本 大地; 仁平 尊明; 駒木 伸比古; 寺尾 仁; 西野 寿章
  • 地域の内発力の成立基盤に関する地理学的研究
    日本学術振興会, 科学研究費助成事業, 2024年04月01日 - 2025年03月31日
    中川 秀一; 河本 大地; 堤 研二; 宮地 忠幸; 呉羽 正昭; 伊藤 達也; 仁平 尊明; 駒木 伸比古; 寺尾 仁
  • 現代山村の存立構造とレジリエンス,-山村の持続可能性の追究-
    2018年04月 - 2022年03月
  • 内発的農村発展戦略に関する日英比較
    2012年04月 - 2017年03月
  • サービス立地論構築に関する基礎的研究,-「いのちの重さ」の地域間格差問題との関連で-
    2012年04月 - 2015年03月
    加藤幸治
  • 現代山村における非限界集落の存立基盤に関する研究
    2010年04月 - 2013年03月
    西野寿章

その他

  • 中山間地域振興の論点...
    2006年11月03日 - 2006年11月03日
  • 中山間地域振興の論点とその方向性-国際比較からみた政策課題の検討-.芦北町・熊本大学編『中山間地域政策研究フォーラム報告書』29-33頁.
    2006年11月03日 - 2006年11月03日
  • 農林業・農山村地域情...
    2005年 - 2005年
  • 農林業・農山村地域情報のデジタルアーカイブ化とその高度利用に向けて.『日本大学文理学部情報科学研究所年次研究報告書 第4号』175-186頁.
    2005年 - 2005年
  • パキスタン北部におけ...
    2003年 - 2003年
  • 2003年 - 2003年
  • 中山間地域における地...
    2002年 - 2002年
  • 中山間地域における地域資源活用システム構築の可能性に関する研究『平成14年度日本大学文理学部自然科学研究所共同研究報告書』71頁.
    2002年 - 2002年