高宮 知子

薬学部 薬学科専任講師

研究キーワード

  • 二次代謝産物
  • エピジェネティクス
  • ゲノム科学
  • 分子生物学

研究分野

  • ライフサイエンス, 分子生物学, 分子生物学

経歴

  • 2008年04月 - 現在
    日本大学薬学部・助教
  • 2017年04月
    日本大学薬学部・専任講師

学歴

  • 2008年
    東京理科大学, 大学院 基礎工学研究科, 生物工学

受賞

  • 日本DNA多型学会優秀研究賞
    ラン科Dendrobium属のrDNA-ITSデータベースを用いた生薬「石斛」の基原植物の同定

論文

  • ラン科セッコク属植物と共生菌の共生培養系の検討
    髙宮知子; 及川未央; 齊藤真奈子; 張麗月; 滝沢真央; 矢作忠弘; 飯島洋; 松﨑桂一; 遊川知久; 辻田有紀
    日本植物園協会誌, 2024年02月, 査読有り
  • Structural and Computational Analyses of the Unique Interactions of Opicapone in the Binding Pocket of Catechol O-Methyltransferase: A Crystallographic Study and Fragment Molecular Orbital Analyses
    Katsuki Takebe; Mamoru Suzuki; Takao Kuwada-Kusunose; Satoko Shirai; Kaori Fukuzawa; Tomoko Takamiya; Narikazu Uzawa; Hiroshi Iijima
    Journal of Chemical Information and Modeling, 2023年07月, 査読有り
  • Dendrobium popaense (Orchidaceae)—A New Species from Myanmar.
    Tomohisa Yukawa; Tomoko Takamiya; Mu Mu Aung; Khin Myo Htwe; Nobuyuki Tanaka
    Bull. Natl. Mus. Nat. Sci., Ser. B, 2022年08月, 査読有り, 通常論文
  • Crystal Structure of Catechol O-Methyltransferase Complexed with Nitecapone.
    Iijima H; Takebe K; Suzuki M; Kobayashi H; Takamiya T; Saito H; Niwa N; Kuwada-Kusunose T.
    Chem. Pharm. Bull., 2020年03月, 査読有り, 通常論文
  • Identification of two phenanthrene derivatives from australasian allied species in genus dendrobium
    Tomoko Takamiya; Saki Kitamura; Shunichiro Suzuki; Nao Shioda; Yoshifumi Matsuo; Kento Murase; Yuka Kaiho; Yurika Tsurumaki; Yukiko Fujiwara; Mayumi Sone; Tomomi Machida; Ryohei Matsumoto; Aoi Miyamoto; Dai Hirose; Megumi Furukawa; Mitsuko Makino; Keiichi Matsuzaki; Susumu Kitanaka; Tomohisa Yukawa; Hiroshi Iijima
    Chemical and Pharmaceutical Bulletin, 2018年, 査読有り, 通常論文
  • A sequence-tagged site marker for identifying the Japanese Mat Rush (Juncus effusus) Cultivar ‘Hinomidori.’
    Tomotsugu Noguchi; Saeko Hosobuchi; Tomoko Takamiya; Kazuhiko Iimure; Akira Saito; Yuhko Ohtake; Hideji Yamashita; Yasufumi Murakami; Hisato Okuizumi
    JARQ, 2017年01月, 査読有り, 通常論文
  • Structure-activity relationship of the inhibitory effects of flavonoids on nitric oxide production in RAW264.7 cells
    Wen-Jun Jiang; Akihiro Daikonya; Mitsuyoshi Ohkawara; Takashi Nemoto; Ryusuke Noritake; Tomoko Takamiya; Susumu Kitanaka; Hiroshi Iijima
    BIOORGANIC & MEDICINAL CHEMISTRY, 2017年01月, 査読有り, 通常論文
  • Stereospecific inhibition of nitric oxide production in macrophage cells by flavanonols: Synthesis and the structure-activity relationship. Part 2
    Wen-Jun Jiang; Susumu Kitanaka; Tomoko Takamiya; Hiroshi Iijima
    Bioorganic and Medicinal Chemistry, 2017年, 査読有り, 通常論文
  • Saikokaryukotsuboreito during pregnancy protects rat neonates from maternal cannibalism and death in a neurolathyrism experimental model.
    Kuniko Kusama-Eguchi; Kimino Kawaguchi; Syuji Yakubo; Susum Kitanaka; Keiichi Matsuzaki; Tomoko Takamiya; Noboru Fukuda; Takashi Masuko; Dai Hirose; Mitsuko Makino; Yukiko Ueda; Fumio Ikegami; Hiroshi Iijima
    Traditional & Kampo Medicine, 2016年04月, 査読有り, 通常論文
  • Stereospecific inhibition of nitric oxide production in macrophage cells by flavanonols: Synthesis and the structure–activity relationship.
    Wen-Jun Jiang; Kan’ichiro Ishiuchi; Megumi Furukawa; Tomoko Takamiya; Susumu Kitanaka; Hiroshi Iijima
    Bioorganic & Medicinal Chemistry, 2015年10月, 査読有り, 通常論文
  • Molecular phylogenetics and character evolution of morphologically diverse groups, Dendrobium section Dendrobium and allies
    Tomoko Takamiya; Pheravut Wongsawad; Apirada Sathapattayanon; Natsuko Tajima; Shunichiro Suzuki; Saki Kitamura; Nao Shioda; Takashi Handa; Susumu Kitanaka; Hiroshi Iijima; Tomohisa Yukawa
    AOB PLANTS, 2014年, 査読有り, 通常論文
  • Effects of the herbal medicine composition "Saiko-ka-ryukotsu-borei-To" on the function of endothelial progenitor cells in hypertensive rats
    Hiroshi Iijima; Akihiro Daikonya; Satoshi Takamatsu; Ai Kanno; Kayoko Magariyama; Kazuki Yoshikawa; Tomoko Takamiya; Yukiko Ueda; Shuji Yakubo; Taro Matsumoto; Takahiro Ueno; Yukio Yamori; Noboru Fukuda; Susumu Kitanaka
    PHYTOMEDICINE, 2013年02月, 査読有り, 通常論文
  • Identification of Dendrobium Species Used for Herbal Medicines Based on Ribosomal DNA Internal Transcribed Spacer Sequence
    Tomoko Takamiya; Pheravut Wongsawad; Natsuko Tajima; Nao Shoda; Jun Feng Lu; Chi Luan Wen; Jin Bin Wu; Takashi Handa; Hiroshi Iijima; Susumu Kitanaka; Tomohisa Yukawa
    BIOLOGICAL & PHARMACEUTICAL BULLETIN, 2011年05月, 査読有り, 通常論文
  • Quantification of Norepinephrine and Its Metabolites in the Plasma of Renal Failure Models
    Hiroshi Iijima; Yuji Okada; Makoto Tsunoda; Tomoko Takamiya; Kazuhiro Imai
    NEPHRON PHYSIOLOGY, 2010年, 査読有り, 通常論文
  • The Application of Restriction Landmark Genome Scanning Method for Surveillance of Non-Mendelian Inheritance in F-1 Hybrids
    Tomoko Takamiya; Saeko Hosobuchi; Tomotsugu Noguchi; Andrew H. Paterson; Hiroshi Iijima; Yasufumi Murakami; Hisato Okuizumi
    COMPARATIVE AND FUNCTIONAL GENOMICS, 2009年, 査読有り, 通常論文
  • Inheritance and alteration of genome methylation in F1 hybrid rice
    Tomoko Takamiya; Saeko Hosobuchi; Tomotsugu Noguchi; Kenji Asai; Eiji Nakamura; Yoshiki Habu; Andrew H. Paterson; Hiroshi Iijima; Yasufumi Murakami; Hisato Okuizumi
    ELECTROPHORESIS, 2008年10月, 査読有り, 通常論文
  • Application of RLGS Method for Detection of Alteration in Tissue Cultured Plants
    Tomoko Takamiya; Yuhko Ohtake; Saeko Hosobuchi; Tomotsugu Noguchi; Makoto Kawase; Yasufumi Murakami; Hisato Okuizumi
    JARQ-JAPAN AGRICULTURAL RESEARCH QUARTERLY, 2008年07月, 査読有り, 通常論文
  • Restriction landmark genome scanning method using isoschizomers (MspI/HpaII) for DNA methylation analysis
    Tomoko Takamiya; Saeko Hosobuchi; Kenji Asai; Eiji Nakamura; Keisuke Tomioka; Makoto Kawase; Tetsuji Kakutani; Andrew H. Paterson; Yasufumi Murakami; Hisato Okuizumi
    ELECTROPHORESIS, 2006年07月, 査読有り, 通常論文
  • Development of a new cultivar-discrimination method based on DNA polymorphism in a vegetatively propagated crop
    H Okamoto; T Takamiya; A Saito; E Domon; K Iimure; K Tomioka; M Kawase; Y Ohtake; Murakami, V; H Okuizumi
    JARQ-JAPAN AGRICULTURAL RESEARCH QUARTERLY, 2006年01月, 査読有り, 通常論文

MISC

  • Search for potential medicinal resources in Dendrobium by analyses of genetic and chemical similarities.
    Takamiya T.; Kitamura S.; Suzuki S.; Shioda N.; Furukawa M.; Makino M.; Matsuzaki K.; Kitanaka S.; Yukawa T.; Iijima H
    Proceedings. The 11th Asia Pacific Orchid Conference in Okinawa & Okinawa International Orchid Show, 2013年07月31日, 査読無し, 招待有り
    筆頭著者

書籍等出版物

  • ラン科セッコク属に関する薬用資源探索ー植物エキスの生理活性評価ー
    Mayumi SONE; Yukiko FUJIWARA; Tomomi MACHIDA; Ryohei MATSUMOTO; Shinpei KIKUCHI; Reiko SHIMIZU; Keiichi YOSHINO; Susumu KITANAKA; Tomohisa YUKAWA; Hiroshi IIJIMA; Tomoko TAKAMIYA, Mayumi SONE; Yukiko FUJIWARA; Tomomi MACHIDA; Ryohei MATSUMOTO; Shinpei KIKUCHI; Reiko SHIMIZU; Keiichi YOSHINO; Susumu KITANAKA; Tomohisa YUKAWA; Hiroshi IIJIMA; Tomoko TAKAMIYA
    日本植物園協会, 2015年11月, 査読無し
  • ラン科セッコク属(Dendrobium)の分子系統情報とHPLCプロファイル情報を統合した潜在薬用資源の探索I
    高宮知子; 鈴木俊一郎; 北村早希; 北中進; 飯島洋; 遊川知久, 高宮知子; 鈴木俊一郎; 北村早希; 北中進; 飯島洋; 遊川知久
    2013年05月, 査読無し
  • DNA Methylation
    Tomoko Takamiya; Saeko Hosobuchi; Kaliyamoorthy Seetharam; Yasufumi Murakami; Hisato Okuizumi, 共著, Chapter4, Inheritance of DNA methylation in plant genome., Tomoko Takamiya; Saeko Hosobuchi; Kaliyamoorthy Seetharam; Yasufumi Murakami; Hisato Okuizumi
    InTech, 2012年03月, 査読無し
    9789535103202
  • Methods in Molecular Biology, Epigenetics protocols, Restriction Landmark Genome Scanning.
    Hisato Okuizumi; Tomoko Takamiya; Yasushi Okazaki; Yoshihide Hayashizaki, 共著, Chapter8, 101-112, Hisato Okuizumi; Tomoko Takamiya; Yasushi Okazaki; Yoshihide Hayashizaki
    Springer Science+Business Media, 2011年09月, 査読無し
    9781617793158
  • ラン科Dendrobium属のrDNA-ITSデータベースを用いた生薬「石斛」の基原植物の同定
    高宮知子; Pheravut Wongsawad; 田島奈津子; 塩田奈央; 半田高; 飯島洋; 北中進; 遊川知久, 高宮知子; Pheravut Wongsawad; 田島奈津子; 塩田奈央; 半田高; 飯島洋; 北中進; 遊川知久
    2011年05月, 査読無し
  • コンニャクの育成品種識別マーカーの開発.
    野口友嗣; 細渕朗子; 飯塚弘明; 加藤晃; 高宮知子; 山下秀次; 村上康文; 奥泉久人, 野口友嗣; 細渕朗子; 飯塚弘明; 加藤晃; 高宮知子; 山下秀次; 村上康文; 奥泉久人
    2011年05月, 査読無し
  • イネの正逆交配F1を用いたDNAメチル化の非メンデル遺伝の検出
    高宮知子; 細渕朗子; 野口友嗣; 飯島洋; 村上康文; 奥泉久人, 高宮知子; 細渕朗子; 野口友嗣; 飯島洋; 村上康文; 奥泉久人
    2010年05月, 査読無し
  • 植物におけるDNAメチレーションのRLGS解析.
    奥泉久人; 野中絵梨; 野口友嗣; 佐藤友則; 高宮知子; 飯島 洋; 村上康文, 奥泉久人; 野中絵梨; 野口友嗣; 佐藤友則; 高宮知子; 飯島 洋; 村上康文
    2009年05月, 査読無し
  • RLGS法を用いたコンニャク品種識別共優性マーカーの開発.
    野口友嗣; 細渕朗子; 高宮知子; 飯塚弘明; 村上康文; 山下秀次; 奥泉久人, 野口友嗣,細渕朗子,高宮知子,飯塚弘明,村上康文,山下秀次,奥泉久人
    2008年05月, 査読無し
  • RLGS法を用いたソルガムDNA多型の検出.
    奥泉久人; 山中慎介; Koffi Kombate; 野口友嗣; 細渕朗子; 高宮知子; Tariq Shehzad; 奥野員敏, 奥泉久人; 山中慎介; Koffi Kombate; 野口友嗣,細渕朗子,高宮知子,Tariq Shehzad; 奥野員敏
    2008年05月, 査読無し
  • コンニャク品種識別マーカーの開発.
    野口友嗣; 細渕朗子; 高宮知子; 飯塚弘明; 山下秀次; 村上康文; 奥泉久人, 野口友嗣; 細渕朗子; 高宮知子,飯塚弘明; 山下秀次; 村上康文; 奥泉久人
    2007年05月, 査読無し
  • RLGS法によるシロイヌナズナのDNA多型の検出
    高宮知子; 岡田有裕; 細渕朗子; 岡本裕行; 村上康文; 奥泉久人, 高宮知子; 岡田有裕; 細渕朗子; 岡本裕行; 村上康文; 奥泉久人
    2006年05月, 査読無し
  • コンニャクにおける品種識別RLGSマーカーの開発
    飯塚弘明; 加藤晃; 内田秀司; 細渕朗子; 高宮知子; 村上康文; 山下秀次; 奥泉久人, 飯塚弘明; 加藤晃; 内田秀司; 細渕朗子; 高宮知子; 村上康文; 山下秀次; 奥泉久人
    2006年05月, 査読無し
  • 植物クローンのRLGS多型検出技術の開発
    大竹裕子; 高宮知子; 奥泉久人, 大竹裕子; 高宮知子; 奥泉久人
    2005年05月, 査読無し
  • ニワトリにおける多型検出法の開発
    山川直美; 奥泉久人; 高宮知子; 盧尚建; 鏡味裕, 山川直美; 奥泉久人; 高宮知子; 盧尚建; 鏡味裕
    2005年05月, 査読無し
  • イグサ品種のDNA多型マーカーの開発
    奥泉久人; 高宮知子; 大竹裕子; 山下秀次, 奥泉久人; 高宮知子; 大竹裕子; 山下秀次
    2005年05月, 査読無し

講演・口頭発表等

  • ★Phylogenetic Information-Assisted Metabolomics of Dendrobium.
    Tomoko Takamiya; Hiroshi Iijima; Tomohisa Yukawa
    The 23rd World Orchid Conference, 2021年04月, 通常論文
  • オオモクゲンジ果実からのNrf2-ARE経路活性化成分の探索
    三輪 健太; 中田 喜己; 矢作 忠弘; 渡辺 美咲; 髙宮 知子; 小谷 仁司; 三宅 克典; 松﨑 桂一
    日本薬学会第144年会, 2024年03月, 通常論文
  • COMT賦活化物質の発見と賦活化機構
    飯島 洋, 齋藤 弘明, 丹羽 典朗, 小林 弘子, 髙宮 知子, 矢作 忠弘, 松﨑 桂一
    日本薬学会第144年会, 2024年03月
  • Photogrammetryを用いた生薬立体画像への比較尺度の導入
    相澤 功武; 森嶋 遼; 矢作 忠弘; 高宮 知子; 松﨑 桂一; 小林 宏司
    日本薬学会第144年会, 2024年03月, 通常論文
  • Photogrammetryを用いた生薬立体画像作成方法の改良
    森嶋 遼; 相澤 功武; 矢作 忠弘; 高宮 知子; 松﨑 桂一; 小林 宏司
    日本薬学会第144年会, 2024年03月, 通常論文
  • Higenamine 含有生薬の LC-TOF/MS による品質評価 (2)
    矢作 忠弘; 渥美 聡孝; 渡邊 隼也; 三輪 健太; 髙橋 愛莉; 髙宮 知子; 楊 志剛; 三宅 克典; 坪田 勝次; 野崎 香樹; 松﨑 桂一
    日本薬学会第144年会, 2024年03月, 通常論文
  • セッコク属Australasian cladeの種が生産する二次代謝産物のメタボローム解析
    高宮 知子; 矢作 忠弘; 宮本 葵; 遊川 知久; 飯島 洋; 松﨑 桂一
    日本薬学会第144年会, 2024年03月, 通常論文
  • Dendrobium officinaleのポリフェノール生合成遺伝子の発現に及ぼす菌根菌の影響
    Tomoko Takamiya; Manako Saito; Mio Oikawa; Liyue Zhang; Tadahiro Yahagi; Keiichi Matsuzaki; Hiroshi Iijima; Tomohisa Yukawa; Yuki Ogura-Tsujita
    The 23rd World Orchid Conference, 2024年02月, 通常論文
  • ラン科セッコク属植物と共生菌の共培養系の検討
    及川未央; 齊藤真奈子; 張 麗月; 滝沢真央; 矢作忠弘; 飯島 洋; 松﨑桂一; 遊川知久; 辻田有紀; 高宮知子
    日本植物園協会第58回大会, 2023年05月, 通常論文
  • 共生菌がラン科セッコク属植物のポリフェノール生合成 経路に与える影響
    齊藤真奈子; 及川未央; 張麗月; 松﨑桂一; 遊川知久; 飯島洋; 辻田有紀; 高宮知子
    日本薬学会第143年会, 2023年03月, 通常論文
  • カテコールO-メチル転移酵素の配座構造の変化.
    飯島洋; 武部克希; 鈴木守; 桑田(楠瀬)隆生; 髙宮知子; 鵜澤成一
    日本薬学会第143年会, 2023年03月
  • 立体画像化した生薬標本を科名別に分類したWebサイトの構築について.
    仲田帆花; 張替里菜; 東田侑大; 中野航平; 矢作忠弘; 高宮知子; 松﨑桂一; 小林宏司
    日本薬学会第143年会, 2023年03月, 通常論文
  • 立体画像化した生薬標本を和名順に分類したWebサイトの構築について.
    張替里菜; 仲田帆花; 東田侑大; 中野航平; 矢作忠弘; 高宮知子; 松﨑桂一; 小林宏司
    日本薬学会第143年会, 2023年03月, 通常論文
  • COMT(カテコールO-メチル基転移酵素)-新規阻害剤の複合体の構造解析: Opicaponeは基質(SAM)、生成物(SAH)とも安定な複合体を形成する
    武部 克希、桑田(楠瀬) 隆夫、鈴木 守、高宮 知子、鵜澤 成一、飯島 洋
    日本薬学会第142年会, 2022年03月, 通常論文
  • 賦活化化合物によるCOMTの生成物阻害の解除機構:結晶構造解析による検討.
    飯島 洋、武部 克希、桑田(楠瀬) 隆生、鈴木 守、髙宮 知子1、鵜澤 成一
    日本薬学会第142年会, 2022年03月, 通常論文
  • ラン科セッコク属植物と共生菌の共培養を用いた物質産生系の構築.
    齊藤 真奈子、及川 未央、張 麗月、遊川 知久、辻田 有紀、飯島 洋、高宮 知子
    日本薬学会第142年会, 2022年03月, 通常論文
  • 伝承薬の宝庫 ランが秘めた癒しの力.
    高宮知子
    つくば蘭展 国立科学博物館筑波実験植物園, 2021年11月, 招待有り
  • COMT/阻害剤複合体の結晶構造解析:脱ニトロカテコールタイプ阻害剤の分子設計
    天野雅之; 武部克希; 鈴木守; 楠瀬隆生; 松本和樹; 茂庭歩美; 小林弘子; 齋藤弘明; 高宮知子; 丹羽典朗; 飯島洋
    日本薬学会第140年会, 2020年03月, 通常論文
  • 生成物阻害を配慮したCOMTの反応速度論解析
    茂庭歩美; 松本和樹; 天野雅之; 塚原拓弥; 山平和貴; 小林弘子; 齋藤弘明; 高宮知子; 飯島洋
    日本薬学会第140年会, 2020年03月, 通常論文
  • セッコク属植物の1H-NMRフィンガープリントを用いたメタボローム解析.
    高宮知子; 柴崎翔平; 長瀬幸典; 元智熙; 内野美香; 下嶋一寛; 遊川知久; 飯島洋
    日本薬学会第140年会, 2020年03月, 通常論文
  • ラン科セッコク属植物のビベンジル合成酵素遺伝子の多様性解析.
    高宮知子; 柳橋一輝; 大川絵理香; 遊川知久; 飯島洋
    日本DNA多型学会第28回学術集会, 2019年11月, 通常論文
  • くすりになるランの話
    高宮知子
    つくば蘭展, 2019年06月, 独立行政法人国立科学博物館 筑波実験植物園, 招待有り
  • カテコールO-メチル転移酵素には単量体と二量体の遅い平衡がある. :創薬標的としての複雑さ
    日本薬学会第139年会, 2019年03月, 通常論文
  • 酵素生成物阻害解除―迂回路モデル
    飯島 洋; 井上 雄太; 齋藤 栄; 丹羽 典朗; 高宮知子
    日本薬学会第138年会, 2018年03月, 通常論文
  • ラン科セッコク属植物の二次代謝産物の化学的多様性解析 (1)
    草薙真弓; 金子実樹; 古川めぐみ; 北中進; 遊川知久; 飯島洋; 高宮知子
    日本薬学会第138年会, 2018年03月, 通常論文
  • 抗炎症フラバノノールの構造活性相関
    鈴木祥太; 北中進; 高宮知子; 飯島洋
    第45回構造活性相関シンポジウム, 2017年11月, 通常論文
  • ラン科セッコク属植物エキスの白癬菌への影響
    宮本智弘; 横山史歩; 金子実樹; 草薙真弓; 北中進; 遊川知久; 飯島洋; 高宮知子
    日本生薬学会第64回年会, 2017年09月, 通常論文
  • 根域環境制御システムを用いた薬用植物栽培法の検討
    榎本眞子; 大山夏実; 森蓮月; 金子実樹; 草薙真弓; 北中進; 飯島洋; 窪田聡; 高宮知子
    日本生薬学会第64回年会, 2017年09月, 通常論文
  • 化合物による「酵素反応生成物阻害」の解除
    見村瑛里; 栗原啓太; 丹羽典朗; 高宮知子; 飯島洋
    日本薬学会第137年会, 2017年03月, 通常論文
  • Stereospecific inhibition of nitric oxide production in macrophage cells by flavanonols: Synthesis and the structure-activity relationship 2.
    Wen-Jun Jiang; Tomoko Takamiya; Susumu Kitanaka; Hiroshi Iijima
    44回構造活性相関シンポジウム, 2016年11月, 通常論文
  • フラボノイドの一酸化窒素産生抑制作用に関する検討.
    蒋文君; 高宮知子; 北中進; 飯島洋
    生理学研究所研究会 天然薬物研究方法を考える若手の会, 2016年10月, 通常論文
  • ラン科セッコク属植物エキスの微生物に対する影響の評価.
    菊地秦平; 清水玲子; 吉野圭一; 宮本智弘; 横山史歩; 蒋文君; 北中進; 鈴木和浩; 遊川知久; 飯島洋; 高宮知子
    日本植物園協会第51回大会, 2016年06月, 日本植物園協会, 通常論文
  • ラン科セッコク属植物エキスの抗炎症活性評価
    高宮知子; 清水玲子; 菊地秦平; 吉野圭一; 町田智美; 曽根麻友美; 藤原有紀子; 松本亮平; 蒋文君; 北中進; 遊川知久; 飯島洋
    日本薬学会第136年会, 2016年03月, 通常論文
  • 化合物によるCOMT賦活化機構の検討. –平衡透析による検討–
    高橋慶伍; 鈴木光一; 渡邉凌; 板倉利典; 歌川将之; 栗城知葉; 佐藤知幸; 高宮知子; 飯島洋
    日本薬学会第136年会, 2016年03月, 通常論文
  • 化合物によるCOMT賦活化機構の検討. –理論的検討–
    鈴木光一; 高橋慶伍; 渡邉凌; 板倉利典; 歌川将之; 栗城知葉; 佐藤知幸; 丹羽典朗; 高宮知子; 飯島洋
    日本薬学会第136年会, 2016年03月, 通常論文
  • Stereospecific inhibition of nitric oxide production in macrophage cells by flavanonols: Synthesis and the structure-activity relationship.
    Wen-Jun Jiang; Kan’ichiro Ishiuchi; Megumi Furukawa; Tomoko Takamiya; Susumu Kitanaka; Hiroshi Iijima
    43回構造活性相関シンポジウム, 2015年09月, 通常論文
  • 抗炎症フラボノイドの合成と構造活性相関
    蒋文君; 高宮知子; 北中進; 飯島洋
    第59回日本薬学会関東支部大会, 2015年09月, 通常論文
  • カテコール O-メチル転移酵素賦活化物質の構造活性相関
    渡邉凌; 鈴木光一; 高橋慶伍; 岩田新平; 佐藤彩; 姫野魁人; 林誠也; 板倉利典; 歌川将之; 栗城知葉; 佐藤知幸; 髙宮知子; 齋藤弘明; 宮入伸一; 飯島洋
    第59回日本薬学会関東支部大会, 2015年09月, 通常論文
  • ラン科セッコク属の多様性解析に基づく薬用資源の探索
    曽根麻友美; 藤原有紀子; 町田智美; 松本亮平; 菊地秦平; 清水玲子; 吉野圭一; 北中進; 遊川知久; 飯島洋; 高宮知子
    日本植物園協会50周年記念大会, 2015年06月, 通常論文
  • カテコール-O-メチル転移酵素賦活化物質.
    板倉利典; 歌川将之; 栗城知葉; 佐藤知幸; 山北絵梨; 増田衛二; 高宮知子; 鈴木守; 飯島洋
    日本薬学会第135年会, 2015年03月, 通常論文
  • ラン科セッコク属植物の包括的な情報構築と分類に基づく薬用資源の探索
    高宮知子; 海保有芳; 鶴牧友梨香; 曽根麻友美; 藤原有紀子; 町田智美; 松本亮平; 北中進; 遊川知久; 飯島洋
    日本DNA多型学会 第23回学術集会, 2014年11月, 通常論文
  • 化合物によるカテコール-O-メチル転移酵素の賦活化.
    飯島洋; 増田衛二; 山北絵梨; 増田喬行; 布施卓也; 高宮知子; 寒川剛; 鈴木守
    日本薬学会第134年会, 2014年03月, 通常論文
  • 新規薬用植物資源の探索
    高宮知子
    つくば蘭展2014 ランの未利用資源の保全と開発, 2014年03月, 国立科学博物館筑波実験植物園, 招待有り
  • ラン科セッコク属(Dendrobium)の分子系統情報とHPLCプロファイル情報を統合した潜在薬用資源の探索II
    高宮知子; 松尾義文; 村瀬健斗; 海保有芳; 鶴牧友梨香; 北中進; 遊川知久; 飯島洋
    日本DNA多型学会 第22回学術集会, 2013年11月, 通常論文
  • 柴胡加竜骨牡蛎湯の血管内皮前駆細胞保護作用(2)
    飯島洋; 永田悠; 虞松由衣; 高橋弘輝; 宮本知明; 吉田有佳里; 石村創祐; 大塚秀人; 多和有生; 高松智; 高宮知子; 矢久保修嗣; 福田昇; 北中進
    日本薬学会 第133年会, 2013年03月, 通常論文
  • 化合物によるカテコールー0-メチル転移酵素の賦活化
    増田喬行; 布施卓也; 川島洋; 宮川雅樹; 高宮知子; 飯島洋
    日本薬学会 第133年会, 2013年03月, 通常論文
  • Search for potential medicinal resources in genus Dendrobium by analyses of genetic and chemical similarity.
    Tomoko Takamiya; Saki Kitamura; Shunichiro Suzuki; Nao Shioda; Megumi Furukawa; Mitsuko Makino; Keiichi Matsuzaki; Susumu Kitanaka; Tomohisa Yukawa; Hiroshi Iijima
    The 11th Asia Pacific Orchid Conference, 2013年02月, 招待有り
  • ラン科セッコク属(Dendrobium)の分子系統情報とHPLCプロファイル情報を統合した潜在薬用資源の探索I
    高宮知子; 鈴木俊一郎; 北村早希; 北中進; 飯島洋; 遊川知久
    日本DNA多型学会 第21回学術集会, 2012年11月, 通常論文
  • 石斛の基原植物(ラン科Dendrobium 属)の遺伝子分類とHPLC プロファイルの相関に関する研究(2)~特徴的成分の探索~
    高宮知子,北村早希,鈴木俊一郎,塩田奈央,松尾義文,村瀬健斗,松崎桂一; 遊川知久,北中進,飯島洋
    日本生薬学会第59回年会, 2012年09月, 通常論文
  • 柴胡加竜骨牡蛎湯の抗酸化ストレス作用
    大塚秀人; 多和有生; 宮本知明; 吉田由佳里; 石村創佑; 永田悠; 廣松由衣; 高松智; 高宮知子; 北中進; 飯島洋; 矢久保修嗣; 福田昇
    日本生薬学会第59回年会, 2012年09月, 通常論文
  • 化合物によるカテコール-O-メチル転移酵素(COMT) の賦活化
    川島 洋,宮川 雅樹,西田 千代乃,蘓武 高行,髙宮 知子,角田 誠,今井 一洋,飯島 洋
    日本薬学会 第132年会, 2012年03月, 通常論文
  • Inheritance of DNA methylation in rice genome.
    Takamiya T; Senthil N; Sivakumar S; Seetharam K; Nonaka E; Saguchi T; Fujita T; Okuizumi H
    100 years of Rice Science and Looking Beyond, Proceedings of International symposium, 2012年01月, 通常論文
  • ラン科セッコク属Dendrobium節および近縁節の網羅的分子系統解析
    高宮知子; Pheravut Wongsawad; 田島奈津子; 塩田奈央; 半田高; 飯島洋; 北中進; 遊川知久
    日本DNA多型学会 第20回学術集会, 2011年12月, 通常論文
  • 石斛の基原植物(ラン科Dendrobium 属)の遺伝子分類とHPLC プロファイルの相関に関する研究
    高宮知子,塩田奈央,鈴木俊一郎,北村早希,Pheravut Wongsawad,田島奈津子,半田高,遊川知久,北中進,飯島洋
    日本生薬学会 第58回年会, 2011年09月, 通常論文
  • 組み換えヒトS-COMTを用いた化合物スクリーニング
    蘓武 高行,西田 千代乃,高宮 知子,角田 誠,今井 一洋,飯島 洋
    日本薬学会 第131年会, 2011年03月, 通常論文
  • 柴胡加竜骨牡蛎湯の血管内皮前駆細胞保護作用
    飯島 洋,大根谷 章浩,菅野 愛,曲山 佳代子,芳川 和輝,高松 智,高宮 知子,矢久保 修嗣,福田 昇,北中 進
    日本薬学会 第131年会, 2011年03月, 通常論文
  • ラン科Dendrobium属のrDNA-ITSデータベースを用いた生薬「石斛」の基原植物の同定
    高宮知子; Pheravut Wongsawad; 田島奈津子; 塩田奈緒; 半田高; 飯島洋; 北中進; 遊川知久
    日本DNA多型学会 第19回学術集会, 2010年11月, 通常論文
  • コンニャクにおける品種識別マーカーの開発
    野口友嗣; 細渕朗子; 高宮知子; 飯塚弘明; 加藤晃; 山下秀次; 村上康文; 奥泉久人
    日本DNA多型学会 第19回学術集会, 2010年11月, 通常論文
  • 腎機能障害モデル動物におけるノルアドレナリンの代謝能力
    飯島 洋; 岡田 雄治; 高宮 知子; 角田 誠; 今井 一洋
    日本薬学会第 130年会, 2010年03月, 通常論文
  • 組み換えヒトS-COMT を用いた化合物スクリーニング系の構築
    蘓武 高行; 高宮 知子; 角田 誠; 今井 一洋; 飯島 洋
    日本薬学会第 130年会, 2010年03月, 通常論文
  • イネの正逆交配F1および自殖家系を用いたメチル化の非メンデル遺伝
    高宮知子 細渕朗子 野口友嗣 飯島洋 村上康文 奥泉久人
    日本DNA多型学会 第18回学術集会, 2009年11月, 通常論文
  • 植物におけるDNA メチレーション解析
    奥泉久人、高宮知子、野口友嗣、野中絵梨、飯島 洋、村上康文
    日本DNA多型学会 第17回学術集会, 2008年11月, 通常論文
  • RLGS法によるコンニャク共優性マーカーの開発.
    野口友嗣; 細渕朗子; 高宮知子; 飯塚弘明; 加藤晃; 内田秀司; 山下秀次; 村上康文; 奥泉久人
    日本DNA多型学会 第16回学術集会, 2007年11月, 通常論文
  • ソルガムDNA多型の検出.
    Kombate Koffi; 山中慎介; 西川智太郎; 野口友嗣; 細渕朗子; 高宮知子; Tariq Shehzad; 奥野員敏; 河瀬真琴; 奥泉久人
    日本DNA多型学会 第16回学術集会, 2007年11月, 通常論文
  • RLGS法による植物培養変異の検出
    高宮知子; 大竹祐子; 細渕朗子; 野口友嗣; 山中愼介; 西川智太郎; 小山朗夫; 河瀨眞琴; 村上康文; 奥泉久人
    日本DNA多型学会 第15回学術集会, 2006年11月, 通常論文
  • シロイヌナズナのDNA多型の検出
    高宮知子; 岡田有裕; 細渕朗子; 岡本裕行; 村上康文; 奥泉久人
    日本DNA多型学会 第14回学術集会, 2005年11月, 通常論文
  • RLGSによるシロイヌナズナのゲノムメチレーション解析
    高宮知子; 岡本裕行; 大竹裕子; 富岡啓介; 浅井健二; 東亨一郎; 中村栄治; 岡田有祐; 村上康文; 奥泉久人
    日本分子生物学会 第27回年会, 2004年12月, 通常論文
  • 制限酵素ランドマークゲノムスキャニング法による植物ゲノムメチレーション解析
    高宮知子; 村上康文; 奥泉久人
    日本分子生物学会 第25回年会, 2002年12月, 通常論文

所属学協会

  • 2011年04月 - 現在
    一般社団法人 日本生薬学会
  • 2010年04月 - 現在
    公益社団法人 日本薬学会
  • 2006年04月 - 現在
    一般社団法人 日本DNA多型学会

共同研究・競争的資金等の研究課題

  • 菌根菌を用いたラン科セッコク属植物の有用物質産生システムの構築
    日本学術振興会, 科学研究費助成事業, 2021年04月 - 2024年03月
  • カテコール-O-メチル転移酵素の賦活化物質の研究:COMT不全解消を目指して
    日本学術振興会, 科学研究費助成事業, 2015年04月 - 2017年03月
    飯島洋
  • ラン科セッコク属植物の包括的情報構築と潜在的薬用資源の探索
    日本学術振興会, 科学研究費助成事業, 2015年04月 - 2017年03月
  • 化合物によるカテコールーOーメチル転移酵素の生成物阻害解除機構の解明
    日本学術振興会, 科学研究費助成事業, 2012年04月 - 2014年03月

産業財産権

  • 特願2018-186801, カテコールーOーメチルトランスフェラーゼ賦活化剤及び医薬組成物
    飯島 洋, 高宮 知子