重松 花梨

薬学部 薬学科助教

研究者情報

研究分野

  • ナノテク・材料, 有機合成化学
  • ライフサイエンス, 薬系化学、創薬科学

経歴

  • 2022年04月 - 現在
    日本大学薬学部, 薬品分子化学研究室, 助教

学歴

  • 2016年04月 - 2022年03月
    日本大学, 薬学部, 薬学科
研究活動情報

論文

  • ★Convenient synthesis of flavanone derivatives via oxa-Michael addition using catalytic amount of aqueous cesium fluoride
    Motofumi Miura; Karin Shigematsu; Masaharu Toriyama; Shigeyasu Motohashi
    Tetrahedron Letters, 2021年11月, 査読有り, 通常論文
  • Weakly acidic pH-responsive liposomal content release induced by histidine-modified agents
    Ayumi Kashiwada; Narumi Taoka; Yukiha Chijimi; Keiko Noguchi; Karin Shigematsu; Motofumi Miura; Toyofumi Suzuki
    Organic & Biomolecular Chemistry, 2024年03月, 査読有り, 通常論文

講演・口頭発表等

  • ★2-Amino-1-phenylethanolへのC-Hアリール化反応における置換基の影響
    重松 花梨; 三浦 基文; 鳥山 正晴
    日本薬学会第144年会, 2024年03月, 通常論文
  • ★金属フルオリドークラウンエーテル錯体を用いたオキサマイケル反応の検討
    〇重松 花梨、三浦 基文、和田 平、野伏 康仁、榛葉 繁紀、鳥山 正晴
    日本薬学会 第143年会, 2023年03月, 通常論文
  • ★β2受容体刺激薬ファーマコフォアに対するC(sp2)-Hアリール化反応の検討
    重松花梨、関真由子、伊東杏花、三浦基文、鳥山正晴
    令和4年度 (第33回) 日本大学薬学部学術講演会, 2022年10月, 通常論文
  • ★2-Amino-1-phenylethanolへのC-Hアリール化反応の検討
    重松花梨、伊東杏花、三浦基文、鳥山正晴
    第66回日本薬学会関東支部大会, 2022年09月, 通常論文
  • ★β2受容体刺激薬ファーマコフォアに対するC-Hアリール化反応の検討
    重松花梨; 三浦基文,鳥山正晴
    日本薬学会第142年会, 2022年03月, 通常論文
  • ★合成後期多様化法を目指したβ2刺激薬ファーマコフォアに対するC(sp2)-Hアリール化の検討
    重松花梨、 関真由子、 三浦基文、 本橋重康、 鳥山正晴
    第65回日本薬学会関東支部大会, 2021年09月, 通常論文
  • 非天然型フラバノン2NC誘導体によるベージュ脂肪細胞の誘導作用
    野伏 康仁; 渡辺 燎太; 中川 舞美; 和田 平; 三浦 基文; 重松 花梨; 中北 敏賀; 鳥山 正晴; 榛葉 繁紀; 岸川 幸生
    日本薬学会第144年会, 2024年03月, 通常論文
  • 非天然型フラバノン2NCによるベージュ脂肪細胞の誘導作用
    赤木 怜華; 河野 紗理奈; 和田 平; 三浦 基文; 重松 花梨; 鳥山 正晴; 岸川 幸生; 榛葉 繁紀; 野伏 康仁
    日本薬学会第144年会, 2024年03月, 通常論文
  • 光学活性2-(tolylsulfinyl)phenyl ketonesを用いたキラルベンジルアルコールの合成について
    中北 敏賀; 重松 花梨; 奥野 義規; 佐藤 康夫; 浅井 将; 野伏 康仁; 鳥山 正晴; 三浦 基文
    日本薬学会第144年会, 2024年03月, 通常論文
  • フッ化セシウム触媒を用いたoxa-Michael反応発見までの道程
    三浦 基文; 重松 花梨; 野伏 康仁; 和田 平; 岸川 幸生; 榛葉 繁紀; 鳥山 正晴
    第34回日本大学薬学部学術講演会, 2023年10月, 通常論文
  • 光学活性な2-(Arylsulfinyl)phenyl ketonesと立体選択的なLuche還元について
    〇中北 敏賀、重松 花梨、奥野 義規、佐藤 康夫、浅井 将、野伏 康仁、鳥山 正晴、山下 幸和、三浦 基文
    日本薬学会 第143年会, 2023年03月, 通常論文
  • 非天然型フラバノン誘導体による脂肪蓄積抑制効果
    小野田陸人,野伏康仁,和田平,三浦基文,重松花梨,中北敏賀,榛葉繁紀,鳥山正晴,岸川幸生
    第66回日本薬学会関東支部大会, 2022年09月, 通常論文