三浦 基文

薬学部 薬学科教授

研究キーワード

  • 不斉反応
  • 光学活性スルホキシド
  • ○ダイバーシティライブラリ構築を指向した非天然型生理活性物質の合成
  • ○天然生理活性物質の合成
  • ○キラルスルホキシドを用いた不斉合成に関する研究

研究分野

  • ライフサイエンス, 生物有機化学, 有機化学
  • ライフサイエンス, 薬系化学、創薬科学, 化学系薬学
  • ナノテク・材料, 構造有機化学、物理有機化学, 有機化学

経歴

  • 2021年04月
    日本大学, 薬学部, 教授
  • 2015年04月 - 2021年03月
    日本大学, 薬学部, 准教授
  • 2011年04月 - 2015年03月
    日本大学薬学部 薬品分子化学研究室, 助教
  • 2012年08月 - 2013年03月
    スクリプス研究所, 博士後研究員
  • 2007年04月 - 2010年03月
    日本大学薬学部 薬品分子化学ユニット, 助教

学歴

  • 2001年
    共立薬科大学, 大学院 薬学研究科, 有機薬化学
  • 1999年
    日本大学, 薬学部, 薬学科

論文

  • ★Convenient synthesis of flavanone derivatives via oxa-Michael addition using catalytic amount of aqueous cesium fluoride
    Motofumi Miura; Karin Shigematsu; Shigeyasu Motohashi. Masaharu Toriyama
    Tetrahedron Letters, 2021年10月, 査読有り
    筆頭著者
  • Weakly acidic pH-responsive liposomal content release induced by histidine-modified agents
    Ayumi Kashiwada; Narumi Taoka; Yukiha Chijimi; Keiko Noguchi; Karin Shigematsu; Motofumi Miura; Toyofumi Suzuki
    Organic & Biomolecular Chemistry, 2024年03月, 査読有り, 通常論文
  • 2(3H)-Dihydrofranolactone metabolites from Pleosporales sp. NUH322 as anti-amyotrophic lateral sclerosis drugs
    Kuniko Kusama-Eguchi; Yuki Tokui; Ai Minoura; Yuta Yanai; Dai Hirose; Megumi Furukawa; Yasuhiro Kosuge; Motofumi Miura; Emika Ohkoshi; Mitsuko Makino; Kimino Minagawa; Keiichi Matsuzaki; Yoshio Ogawa; Kazuko Watanabe; Ayumi Ohsaki
    Journal of Natural Medicines, 2023年10月, 査読有り
  • Assessing the effect of N-oxidation on the mutagenicity of 1-pyrazolines using the Ames assay
    Keiko Inami; Motofumi Miura; Masafumi Yoshida; Masataka Mochizuki
    Toxicology Research, 2023年05月, 査読有り, 通常論文
  • Apoptotic Effects of a Thioether Analog of,Vitamin K3 in a Human Leukemia Cell Line
    Satoru Asami; Mikana Suzuki; Toshimitsu Nakayama; Yasuyo Shimoda; Motofumi Miura; Koichi Kato; Eiichi Tokuda; Shinichi Ono; Takashi Kawakubo; Kenji Nishizawa; Kenzo Yamanaka; Takashi Suzuki
    International Journal of Toxicology, 2021年10月, 査読有り, 通常論文
  • 疎水性ヒドロキシプロピルメチルセルロースを用いたリポソームの架橋とレオロジー特性
    橋崎 要,梅田里紗,三浦基文,田口博之,藤井まき子
    薬学雑誌, 2020年03月, 査読有り, 通常論文
  • Stereoselective Synthesis of Secondary and Tertiary Propargylic Alcohols Induced by a Chiral Sulfoxide Auxiliary
    Daijiro Kobayashi; Motofumi Miura; Masaharu Toriyama; Shigeyasu Motohashi
    Tetrahedron Letters, 2019年, 査読有り, 通常論文
  • Metabolism of 3-[5'-deoxy-5'-(dimethylarsinoyl)-β-ribofuranosyloxy]-2-hydroxypropylene glycol in an artificial digestive system
    Akihisa Hata; Momoko Hasegawa; Takenori Yamauchi; Yuki Otomo; Motofumi Miura; Kenzo Yamanaka; Yuko Yamamoto; Noboru Fujitani; Ginji Endo
    Heliyon, 2019年, 査読有り, 通常論文
  • Vitamin K3 derivative induces apoptotic cell death in neuroblastoma via downregulation of MYCN expression
    Hiroyuki Yoda; Toshimitsu Nakayama; Motofumi Miura; Masaharu Toriyama; Shigeyasu Motohashi; Takashi Suzuki
    Biochemistry and Biophysics Reports, 2019年, 査読有り, 通常論文
  • An Efficient Synthesis of exo/endo-Hydroxylated Cyclohexenones by Thiol/Amine-Mediated Tandem Aldol-[2,3]-Sigmatropic Rearrangement: Amine-Dependent Complementary Regioselectivity
    Motofumi Miura; Toshinori Nakakita; Masaharu Toriyama; Shigeyasu Motohashi
    ASIAN JOURNAL OF ORGANIC CHEMISTRY, 2018年05月, 査読有り, 通常論文
  • Differences in apoptotic signaling and toxicity between dimethylmonothioarsinic acid (DMMTAV) and its active metabolite,dimethylarsinous acid (DMAIII), in HepaRG cells: Possibility of apoptosis cascade based on diversity of active metabolites of DMMTAV
    Yasuyo Shimoda; Koichi Kato; Satoru Asami; Masahiro Kurita; Hidetoshi Kurosawa; Kenzo Yamanaka Masaharu Toriyama; Motofumi Miura; Akihisa Hata; Yoko Endo; Ginji Endo; Yan An; Kenzo Yamanaka
    Journal of Trace Elements in Medicine and Biology, 2018年, 査読有り, 通常論文
  • Bioactivity and Synthesis of Diarylheptanoids From Alpinia officinarum
    Yi Sun; Masahiko Kurokawa; Motofumi Miura; Tomohito Kakegawa; Shigeyasu Motohashi; Ken Yasukawa
    Studies in Natural Products Chemistry, 2016年, 査読有り, 通常論文
  • A novel metabolic activation associated with glutathione in dimethylmonothioarsinic acid (DMMTA(V))-induced toxicity obtained from in vitro reaction of DMMTA(V) with glutathione
    Hidetoshi Kurosawa; Yasuyo Shimoda; Motofumi Miura; Koichi Kato; Kenzo Yamanaka; Akihisa Hata; Yuko Yamano; Yoko Endo; Ginji Endo
    JOURNAL OF TRACE ELEMENTS IN MEDICINE AND BIOLOGY, 2016年, 査読有り, 通常論文
  • Palladium(II)-Catalyzed Enantioselective C(sp(3))-H Activation Using a Chiral Hydroxamic Acid Ligand
    Kai-Jiong Xiao; David W. Lin; Motofumi Miura; Ru-Yi Zhu; Wei Gong; Masayuki Wasa; Jin-Quan Yu
    JOURNAL OF THE AMERICAN CHEMICAL SOCIETY, 2014年06月, 査読有り, 招待有り
  • Remote induction of stereoselective 1,2-addition of aryl Grignard reagents to -sulfinyl enones
    Toshinori Nakakita; Motofumi Miura; Masaharu Toriyama; Shigeyasu Motohashi; Mikhail V. Barybin
    Tetrahedoron Letters, 2014年01月, 査読有り, 通常論文
  • Glycosidic Inhibitors of Melanogenesis from Leaves of Passiflora edulis
    Jie Zhang; Ryosuke Koike; Ayako Yamamoto; Motohiko Ukiya; Makoto Fukatsu; Norihiro Banno; Motofumi Miura; Shigeyasu Motohashi; Harukuni Tokuda; Toshihiro Akihisa
    CHEMISTRY & BIODIVERSITY, 2013年10月, 査読有り, 通常論文
  • Antiviral activity of diarylheptanoid stereoisomers against respiratory syncytial virus in vitro and in vivo
    Konno; Katsuhiko; Miura; Motofumi; Toriyama; Masaharu; Motohashi; Shigeyasu; Sawamura; Rie; Watanabe; Wataru; Yoshida; Hiroki; Kato; Masahiko; Yamamoto; Ryuichi; Yasukawa; Ken
    Journal of Natural Medicines, 2013年, 査読有り, 通常論文
  • Vitamin K3 Analogs Induce Selective Tumor Cytotoxicity in Neuroblastoma
    Toru Kitano; Hiroyuki Yoda; Keiichi Tabata; Motofumi Miura; Masaharu Toriyama; Shigeyasu Motohashi; Takashi Suzuki
    BIOLOGICAL & PHARMACEUTICAL BULLETIN, 2012年04月, 査読有り, 通常論文
  • La(III)​-​mediated asymmetric 1,​2-​reduction of enones featuring a chiral sulfoxide auxiliary
    Nakakita; Toshinori; Nagase; Kouichi; Miura; Motofumi; Toriyama; Masaharu; Barybin; Mikhail V.; Motohashi; Shigeyasu
    Abstracts of Papers, 243rd ACS National Meeting & Exposition, 2012年03月, 査読有り, 通常論文
    筆頭著者
  • Cucurbitane Triterpenoids from the Leaves of Momordica charantia, and Their Cancer Chemopreventive Effects and Cytotoxicities
    Jie Zhang; Yan Huang; Takashi Kikuchi; Harukuni Tokuda; Nobutaka Suzuki; Kei-ichiro Inafuku; Motofumi Miura; Shigeyasu Motohashi; Takashi Suzuki; Toshihiro Akihisa
    CHEMISTRY & BIODIVERSITY, 2012年02月, 査読有り, 通常論文
  • STRUCTURE AND MUTAGENICITY OF A DIRECT-ACTING MUTAGEN DERIVED FROM THE REACTION OF N-NITROSO-N-METHYLBUTYLAMINE WITH HYDROXYL RADICAL
    Keiko Inami; Motofumi Miura; Nozomi Tsutsumi; Eriko Okochi; Yoko Susaki; Satoko Ishikawa; Shigeyasu Motohashi; Junko Shiino; Kei Takeda; Masataka Mochizuki
    HETEROCYCLES, 2012年01月, 査読有り, 通常論文
  • Isolation and structural identification of a direct-acting mutagen derived from N-nitroso-N-methylpentylamine and Fenton’s reagent with copper ion
    Motofumi Miura; Keiko Inami; Masafumi Yoshida; Kentaro Yamaguchi; Tadahiko Mashino; Masataka Mochizuki
    Bioorganic & medicinal chemistry, 2011年09月, 査読有り, 通常論文
  • Stereochemically Controlled Asymmetric 1,2-Reduction of Enones Mediated by a Chiral Sulfoxide Moiety and a Lanthanum(III) Ion
    Shigeyasu Motohashi; Kouichi Nagase; Toshinori Nakakita; Takeshi Matsuo; Yoshikazu Yoshida; Takashi Kawakubo; Motofumi Miura; Masaharu Toriyama; Mikhail V. Barybin
    JOURNAL OF ORGANIC CHEMISTRY, 2011年05月, 査読有り, 通常論文
  • In vitro and in vivo anti-influenza virus activity of diarylheptanoids isolated from Alpinia officinarum.
    Sawamura R; Shimizu T; Sun Y; Yasukawa K; Miura M; Toriyama M; Motohashi S; Watanabe W; Konno K; Kurokawa M
    Antiviral chemistry & chemotherapy, 2010年10月, 査読有り, 通常論文
  • Asymmetric Synthesis of gamma-Hydroxy alpha-Enones by 1,8-Diazabicyclo[5.4.0]undec-7-ene-Catalyzed Stereoselective Rearrangement of Chiral alpha-Sulfinyl Enones
    Motofumi Miura; Masaharu Toriyama; Takashi Kawakubo; Ken Yasukawa; Toshio Takido; Shigeyasu Motohashi
    ORGANIC LETTERS, 2010年09月, 査読有り, 通常論文
  • 光学活性スルホキシドを用いた新規な不斉反応の開発とその応用
    三浦 基文
    2010年03月, 査読有り, 通常論文
    筆頭著者
  • Chirality in Dynamic Supramolecular Nanotubes Induced by a Chiral Solvent
    Benjamin Isare; Mathieu Linares; Loussine Zargarian; Serge Fermandjian; Motofumi Miura; Shigeyasu Motohashi; Nicolas Vanthuyne; Roberto Lazzaroni; Laurent Bouteiller
    CHEMISTRY-A EUROPEAN JOURNAL, 2010年, 査読有り, 通常論文
  • Effect of cell Differentiation for Neuroblastoma by Vitamine K Analogs.
    Toshimitsu Nakayama; Satoru Asami; Shin-ichi Ono; Motofumi Miura; Masatoshi Hayasaka; Yoshikazu Yoshida; Masaharu Toriyama; Shigeyasu Motohashi; Yakashi Suzuki
    Japanese Journal of Clinical Oncology, 2009年01月, 査読有り, 通常論文
  • Optically active alkane-6,8-diols as anti-tumor agents in mouse skin
    Motofumi Miura; Masaharu Toriyama; Yoshimasa Kasahara; Toshihiro Akihisa; Ken Yasukawa; Shigeyasu Motohashi
    PHYTOCHEMISTRY LETTERS, 2008年11月, 査読有り, 通常論文
  • 無機医薬品
    本橋 重康; 鳥山 正晴; 三浦 基文; 浅見 覚; 吉田 善一; 伴野 和夫
    セッコウ・石灰・セメント・地球環境の科学, 2008年07月, 査読有り, 通常論文
  • Inhibitory effect of rhizomes of Alpinia officinarum on TPA-induced inflammation and tumor promotion in two-stage carcinogenesis in mouse skin.
    Ken Yasukawa; Yi Sun; Susumu Kitanaka; Naoyuki Tomizawa; Motofumi Miura; Shigeyasu Motohashi
    Journal of Natural Medicines, 2008年03月, 査読有り, 通常論文
  • Highly stereoselective Luche reduction of alpha-enonesulfoxides to 2-sulfinyl allylic alcohols
    Motofumi Miura; Masaharu Toriyama; Shigeyasu Motohashi
    TETRAHEDRON-ASYMMETRY, 2007年06月, 査読有り, 通常論文
  • Novel synthesis of optically active 2-ethylhexanoic acid, 2-ethylhexanol, and 2-ethylhexylamine via the asymmetric Favorskii rearrangement
    M Miura; M Toriyama; S Motohashi
    SYNTHETIC COMMUNICATIONS, 2006年, 査読有り, 通常論文
  • N-ニトロソジアルキルアミンと活性酸素種から生じる直接変異原性物質の構造決定
    三浦 基文
    2000年03月, 査読有り, 通常論文
    筆頭著者

MISC

  • Possible differences in the mechanism of malignant transformation of HaCaT cells by arsenite its dimethyl metabolites, particularly dimethylthioarsenics
    Jiayuan Mao; Qianlei Yang; Makoto Miyazaki; Motofumi Miura; Luna Wang; Haxiuan Xia; Koichi Kato; Kenzo Yamanaka; Yan An
    Journal of Trace Elements in Medicine and Biology, 2020年09月, 査読有り, 通常論文
  • 光学活性スルホキシドを用いる不斉Favorskii転位反応を利用した光学活性化合物の合成
    三浦基文; 鳥山正晴; 比能洋; 浅見覚; 鈴木孝; 佐藤毅; 本橋重康
    日本薬学会年会要旨集, 2005年

書籍等出版物

  • Bioactivity and Synthesis of Diarylheptanoids From Alpinia officinarum
    Yi Sun; Masahiko Kurokawa; Motofumi Miura; Tomohito Kakegawa; Shigeyasu Motohashi; Ken Yasukawa, 共著, Yi Sun; Masahiko Kurokawa; Motofumi Miura; Tomohito Kakegawa; Shigeyasu Motohashi; Ken Yasukawa
    Elsevier, 2016年09月, 査読無し

講演・口頭発表等

  • ★非天然型フラバノン誘導体による脂肪蓄積抑制効果
    小野田陸人,野伏康仁,和田平,三浦基文,重松花梨,中北敏賀,榛葉繁紀,鳥山正晴,岸川幸生
    第66回日本薬学会関東支部大会, 2022年09月
  • ★2-Amino-1-phenylethanolへのC-Hアリール化反応の検討
    重松花梨,伊東杏花,三浦基文,鳥山正晴
    第66回日本薬学会関東支部大会, 2022年09月
  • ★光学活性な2-(4-tolylsulfinyl)phenyl ketonesと種々の還元剤との反応
    中北敏賀,三浦基文,奥野義規,浅井将,佐藤康夫,野伏康仁,鳥山正晴,山下幸和
    第66回日本薬学会関東支部大会, 2022年09月, 通常論文
  • ★光学活性な2-(4-tolylsulfinyl)benzaldehydeと求核剤との反応
    山下幸和,宮皇太,三浦基文,鳥山正晴,中北敏賀
    第66回日本薬学会関東支部大会, 2022年09月
  • 非天然型フラバノン2NC誘導体によるベージュ脂肪細胞の誘導作用
    野伏 康仁; 渡辺; 燎太; 中川; 舞美; 和田; 平; 三浦; 基文; 重松; 花梨; 中北; 敏賀; 鳥山; 正晴; 榛葉; 繁紀; 岸川 幸生
    日本薬学会第144年会, 2024年03月, 通常論文
  • 2-Amino-1-phenylethanolへのC-Hアリール化反応における置換基の影響
    重松 花梨; 三浦; 基文; 鳥山 正晴
    日本薬学会第144年会, 2024年03月
  • 非天然型フラバノン2NCによるベージュ脂肪細胞の誘導作用
    赤木 怜華; 河野; 紗理奈; 和田 平; 三浦; 基文; 重松; 花梨; 鳥山; 正晴; 岸川; 幸生; 榛葉; 繁紀; 野伏 康仁
    日本薬学会第144年会, 2024年03月, 通常論文
  • 光学活性2-(tolylsulfinyl)phenyl ketonesを用いたキラルベンジルアルコールの合成について
    中北 敏賀; 重松 花梨; 奥野 義規; 佐藤 康夫; 浅井 将; 野伏 康仁; 鳥山 正晴; 三浦 基文
    日本薬学会第144年会, 2024年03月, 通常論文
  • フッ化セシウム触媒を用いた oxa-Michael反応発見までの道程
    三浦 基文; 重松 花梨; 野伏 康仁; 和田 平; 岸川 幸生; 榛葉 繁紀; 鳥山 正晴
    第34回日本大学薬学部学術講演会, 2023年10月, 通常論文
  • 金属フルオリドークラウンエーテル錯体を用いたオキサマイケル反応の検討
    重松 花梨、三浦 基文、和田 平、榛葉 繁紀、鳥山 正晴
    日本薬学会第143年会, 2023年03月, 日本薬学会
  • 光学活性な2-(Arylsulfinyl)phenyl Ketonesと立体選択的Luche還元について
    中北 敏賀、重松 花梨、奥野 義規、佐藤 康夫、浅井 将、野伏 康仁、鳥山 正晴、山下 幸和
    日本薬学会第143年会, 2023年03月, 日本薬学会
  • β2受容体刺激薬ファーマコフォアに対するC(sp2)-Hアリール化反応の検討
    重松花梨; 関真由子; 伊東杏花; 三浦基文; 鳥山正晴
    第33回日本大学薬学部学術講演会, 2022年10月
  • ß2受容体刺激薬ファーマコフォアに対するC-Hアリール化反応の検討
    重松 花梨、三浦 基文、鳥山 正晴
    日本薬学会第142年会, 2022年03月, 日本薬学会
  • 光学活性な2-(Arylsulfinyl)phenyl ketonesの立体選択的還元反応について
    中北 敏賀、三浦 基文、奥野 義規、野伏 康仁、鳥山 正晴、山下 幸和
    日本薬学会第142年会, 2022年03月, 日本薬学会
  • 合成後期多様化法を目指した2刺激薬ファーマコフォアに対するC(sp2 )-Hアリール化の検討
    重松 花梨、 関 真由子、 三浦 基文、 本橋 重康、 鳥山 正晴
    第65会日本薬学会関東支部大会, 2021年09月, 日本薬学会
  • (±)-Methylphenidateとその光学活性体が小胞体ストレス細胞死に及ぼす影響
    〇小菅 康弘,馬場 清香; 三浦 基文; 宮岸 寛子,鳥山 正晴,本橋 重康,石毛 久美子
    第142回日本薬理学会関東支部会, 2020年06月, 通常論文
  • Methylphenidateの小胞体ストレス誘発細胞死に対する保護効果
    馬場 清香; 小菅 康弘,三浦 基文,樫原 利佳,南郷 拓嗣,宮岸 寛子,鳥山 正晴,本橋 重康,石毛 久美子
    日本薬学会第140年会, 2020年03月, 通常論文
  • アミンとチオールにより誘導される光学活性スルホキシドの不斉アルドール/2,3-シグマトロピー転位反応
    葛西 未彩; 三浦 基文; 鳥山 正晴; 本橋 重康
    日本薬学会第140年会, 2020年03月, 通常論文
  • β2刺激薬に対するLate-Stage C-H Functionalizationを指向した反応条件の検討
    関 真由子; 三浦 基文; 鳥山 正晴; 本橋 重康
    日本薬学会第140年会, 2020年03月, 通常論文
  • 効率的フラバノン骨格構築反応の開発
    中山 紗裕美; 中北 敏賀; 三浦 基文; 鳥山 正晴; 本橋 重康
    日本薬学会第140年会, 2020年03月, 通常論文
  • β2刺激薬のLate stage diversification を指向したC(sp2)-Hアリール化反応の検討
    三浦 基文、関 真由子、鳥山 正晴、本橋 重康
    日本大学学長特別研究シンポジウム, 2019年11月, 通常論文
  • 光学活性β-sulfinyl enoneに対する立体選択的1,2-アルキニル化
    小林 大治郎、三浦 基文、鳥山 正晴、本橋 重康
    第30回日本大学薬学部学術講演会, 2019年11月, 通常論文
  • 4-Tolylsulfinylheptandioneを用いた不斉アルドール/2,3-シグマトロピー転位反応の検討
    葛西 未彩、三浦 基文、中北 敏賀、鳥山 正晴、本橋 重康
    第63回日本薬学会関東支部大会, 2019年09月, 通常論文
  • 触媒量のCsFによって加速される2-hydroxychalconeのHetero-Michael反応
    中山 紗裕美、三浦 基文、中北 敏賀、鳥山 正晴、本橋 重康
    第63回日本薬学会関東支部会, 2019年09月, 通常論文
  • 疎水化ヒドロキシプロピルメチルセルロースを用いたリポソームのゲル化
    梅田里紗、橋崎 要、三浦基文、田口博之、藤井まき子
    日本薬剤学会第34年会 (富山), 2019年05月, 通常論文
  • フッ化物イオン触媒を用いたHetero-Michael 反応による効率的なFlavanone 骨格の合成
    新井 孝幸; 三浦 基文; 鳥山 正晴; 本橋 重康
    日本薬学会第139年会(千葉), 2019年03月, 通常論文
  • 光学活性スルホキシドを用いた不斉Aldol/2,3- シグマトロピー転位反応の検討
    佐藤 胡桃; 三浦 基文; 鳥山 正晴; 本橋 重康
    日本薬学会第139年会(千葉), 2019年03月, 通常論文
  • キラルスルホキシドを用いた立体選択的プロパルギルアルコール類の合成
    小林 大治郎; 三浦 基文; 鳥山 正晴; 本橋 重康
    日本薬学会第139年会(千葉), 2019年03月, 通常論文
  • アミン/チオールにより制御されるMislow-Evans転位反応を用いたヒドロキシシクロアルケノンの位置選択的合成
    三浦基文、中北敏賀、鳥山正晴、本橋重康
    第44回反応と合成の進歩シンポジウム(熊本), 2018年11月, 通常論文
  • キラルスルホキシドを用いた光学活性なプロパルギルアルコール類の合成
    小林大治郎 中北敏賀 三浦基文 鳥山正晴 本橋重康
    第43回反応と合成の進歩シンポジウム, 2017年11月, 日本薬学会, 通常論文
  • 光学活性なβ-sulfinyl enoneの立体選択的アルキニル化
    小林大治郎 中北敏賀 三浦基文 鳥山正晴 本橋重康
    第42回反応と合成の進歩シンポジウム, 2016年11月, 日本薬学会, 通常論文
  • 位置選択的タンデム型Mislow-Evans転位反応の開発とgamma-ヒドロキシシクロへキセノンの合成研究
    三浦基文 中北敏賀 茶谷健太郎 鳥山正晴 本橋重康
    第42回反応と合成の進歩シンポジウム, 2016年11月, 日本薬学会, 通常論文
  • プテロスチルベンによるマウスメラノーマ細胞のメラニン産生抑制効果
    鈴木 豊史、 三浦 基文、 高松 健人、 鈴木 直人、 本橋 重康、 伴野 和夫
    日本薬学会 第136年会, 2016年03月, 日本薬学会, 通常論文
  • 神経芽腫に対する各ビタミンK誘導体における分化誘導能効果の検索
    中山 敏光; 新井 麻矢; 浅見 覚; 鳥山 正晴; 三浦 基文; 栗田 雅弘; 川久保 孝; 吉田 善一; 本橋 重康; 鈴木 孝
    日本薬学会 第136年会, 2016年03月, 日本薬学会, 通常論文
  • 鈴木-宮浦反応を基軸としたC(sp3)-H活性化反応の検討
    玉川 佳里奈、三浦 基文、鳥山 正晴、本橋 重康
    第59回 日本薬学会関東支部大会, 2015年09月, 通常論文
  • β-Sulfinylenoneに対する立体選択的遠隔アルキニル化の開発
    小林 大治郎、三浦 基文、中北 敏賀、鳥山 正晴、本橋 重康
    第59回 日本薬学会関東支部大会, 2015年09月, 通常論文
  • 光学活性スルホキシドを用いた不斉シグマトロピー環化反応の検討
    三浦 基文、鈴木 汰祐、 小松原 愛加、中北 敏賀、鳥山 正晴、本橋 重康
    第59回 日本薬学会関東支部大会, 2015年09月, 通常論文
  • スルホキシドを用いた2,3-sigmatropy転位反応とその基質となるdiketosulfoxideの効率的合成法の開発
    三浦 基文 中北 敏賀 鳥山 正晴 本橋 重康
    日本薬学会第135年会, 2015年03月, 日本薬学会, 通常論文
  • 神経芽腫に対する分化誘導効果に特化した新規治療薬の開発
    鈴木 孝,本橋 重康,内山 武人,鳥山 正晴,浅見 覚,田畑 恵市,三浦 基文,中山 敏光
    日本薬学会第134年会, 2014年03月, 日本薬学会, 通常論文
  • シグマトロピー転位反応を用いたγ-hydroxycycloalkenoneの効率的合成法の開発
    三浦 基文; 中北 敏賀; 鳥山 正晴; 本橋 重康
    日本薬学会第134年会, 2014年03月, 日本薬学会第134年会, 通常論文
  • ベータ-スルフィニルエノンとアリールグリニャール試薬による立体選択的1,2-付加反応
    中北 敏賀; 三浦 基文; 鳥山 正晴; 本橋 重康
    日本薬学会第14年会, 2014年03月, 日本薬学会, 通常論文
  • 光学活性α-スルフィニルエンンと有機金属試薬による様々な不斉誘起反応
    三浦 基文; 相場 礼央; 中北 敏賀; 鳥山 正晴; 本橋 重康
    日本薬学会第132年会, 2012年03月, 日本薬学会, 通常論文
  • 1-ピラゾリンに対する位置選択的N-オキシド化の検討
    松井 久美子; 三浦 基文; 鳥山 正晴; 本橋 重康; 吉田 昌史; 稲見 圭子; 望月 正隆
    日本薬学会第132年会, 2012年03月, 日本薬学会, 通常論文
  • アセチルフェルラ酸を結合させた5-アミノサリチル酸誘導体のマウス大腸炎抑制機序について
    加藤 孝一; 三浦 基文; 浦野 敦; 立川 眞理子; 鳥山 正晴; 真坂 亙; 本橋 重康; 山中 健三
    日本薬学会第132年会, 2012年03月, 日本薬学会, 通常論文
  • La(III)-mediated asymmetric 1,2-reduction of enones featuring a chiral sulfoxide auxiliary
    Nakakita; Toshinori; Nagase; Kouichi; Miura; Motofumi; Toriyama; Masaharu; Barybin; Mikhail V.; Motohashi; Shigeyasu
    243rd ACS National Meeting & Exposition, 2012年03月, American Chemical Society, 通常論文
  • 新規5-アミノサリチル酸誘導体のマウス大腸炎抑制効果について
    浦野 敦; 三浦 基文; 加藤 孝一; 下田 康代; 立川 眞理子; 鳥山 正晴、真坂 亙; 本橋 重康; 山中 健三
    日本薬学会 第131年会, 2011年03月, 日本薬学会, 通常論文
  • 神経芽腫に対する良姜由来diarylheptanoidの細胞周期への影響
    島田 惇司; 田畑 恵市; 安川 憲; 三浦 基文; 鳥山 正晴; 本橋 重康; 滝戸 俊夫; 鈴木 孝
    日本薬学会 第131年会, 2011年03月, 日本薬学会, 通常論文
  • 活性酸素種によるN-ニトロソジアルキルアミンの変異原性発現機構
    吉田 昌史、三浦 基文、稲見 圭子、望月 正隆
    日本薬学会 第131年会, 2011年03月, 日本薬学会, 通常論文
  • DBUとPPh3を用いた光学活性α-sulfinyl enoneの不斉転位反応
    三浦 基文; 鳥山 正晴; 鈴木 惇仁; 安川 憲; 滝戸 俊夫; 本橋 重康
    第36回 反応と合成の進歩シンポジウム, 2010年11月, 通常論文
  • (Z)-(Rs)-スルフィニルエノンの立体選択的1,2-還元
    長瀬 浩一; 三浦 基文; 鳥山 正晴; 本橋 重康
    第36回 反応と合成の進歩シンポジウム, 2010年11月, 通常論文
  • 血病細胞培養株に対するvitamin K 誘導体のアポトーシス誘導効果について
    浅見 覚,須藤 章子,三浦 基文,鳥山 正晴,小野 真一,吉田 善一,本橋 重康,鈴木 孝
    日本薬学会 第130年会, 2010年03月, 通常論文
  • ジアリルヘプタノイドの抗ウイルス活性機序の解析
    澤村 理英,清水 寛美,渡辺 渡,孫 奕,三浦 基文,鳥山 正晴,本橋 重康,紺野 克彦,安川 憲,黒川 昌彦
    日本薬学会 第130年会, 2010年03月, 通常論文
  • (Z)-(Rs)-β-alkyl-γ-enonesulfoxideの立体選択的1,2- 還元の検討
    長瀬 浩一,三浦 基文,鳥山 正晴,本橋 重康
    日本薬学会 第130年会, 2010年03月, 通常論文
  • α-Enonesulfoxideのキラリティを利用した不斉[2,3]-シグマトロピー転位反応の検討
    三浦 基文,鈴木 惇仁,鳥山 正晴,滝戸 俊夫,安川 憲,本橋 重康
    日本薬学会 第130年会, 2010年03月, 通常論文
  • 神経芽腫に対するビタミンK 誘導体を用いた分化誘導効果の検索
    中山 敏光,浅見 覚,小野 真一,三浦 基文,鳥山 正晴,早坂 正敏,吉田 善一,本橋 重康,鈴木 孝
    日本薬学会 第129年会, 2009年03月, 通常論文
  • α-Alkyl-β-ketosulfoxideの立体選択的ハロゲン化反応の検討
    松尾 岳、三浦 基文、鳥山 正晴、本橋 重康
    日本薬学会 第129年会, 2009年03月, 通常論文
  • 学活性なα,β-不飽和-γ-ケトスルホキシドの立体選択的1,2-還元の検討
    中北 敏賀、三浦 基文、鳥山 正晴、本橋 重康
    日本薬学会 第129年会, 2009年03月, 通常論文
  • 光学活性なα-enonesulfoxide を用いた立体選択的1,2-付加および1,4-付加反応の検討
    三浦 基文、鳥山 正晴,岩本 直晃,滝戸 俊夫,本橋 重康
    日本薬学会 第129年会, 2009年03月, 通常論文
  • 光学活性なα-エノンスルホキシドの立体選択的1,2-還元の検討
    中北 敏賀、三浦 基文、鳥山 正晴、本橋 重康
    日本薬学会第128年会, 2008年03月, 通常論文
  • キラルリチウムアミドを用いた光学活性スルホキシドへの立体選択的クライゼン型付加反応の検討
    松尾 岳、三浦 基文、鳥山 正晴、本橋 重康
    日本薬学会第128年会, 2008年03月, 通常論文
  • 光学活性なα-エノンスルホキシドの高立体選択的不斉Luche還元法の開発
    三浦 基文、中北 敏賀、松尾 岳、鳥山 正晴、滝戸 俊夫、佐藤 毅、本橋 重康
    第33回 反応と合成の進歩シンポジウム, 2007年11月, 通常論文
  • キラルスルホキシドを用いたalkane-6,8-diolの不斉合成
    三浦基文/ 鳥山正晴 浅見覚 鈴木孝 秋久俊博 安川憲 佐藤毅 本橋重康
    日本薬学会 第126年会, 2006年03月, 通常論文
  • Ewing's肉腫における融合遺伝子の確定と予後の関与
    浅見覚/加藤祥子 佐々木孝江 三浦基文 田端恵市 鳥山正晴 小野真一 七野浩之 吉田行弘 陳基明 根本則道 麦島秀雄 本橋重康 内倉和雄 鈴木孝
    日本薬学会第126年会, 2006年03月, 通常論文
  • 神経芽腫細胞培養株に対するvitamin K誘導体のアポトーシス誘導効果について
    高柳論也/浅見覚 三浦基文 大塚進 田端恵市 鳥山正晴 三宅宗晴 小野真一 佐藤毅 吉田善一 本橋重康 鈴木孝
    日本薬学会 第126年会, 2006年03月, 通常論文
  • Ewing's sarcoma family 腫瘍中の融合遺伝子に対するantisence oligonucleotide の影響
    浅見覚/加藤祥子 佐々木孝江 岩石季里子 三浦基文 田端恵市 大幸英至 鳥山正晴 小野真一 七野浩之 吉田行弘 陳基明 本橋重康 内倉和雄 麦島秀雄 鈴木孝
    第21回 日本小児がん学会/第47回日本小児血液学会, 2005年11月, 通常論文
  • Ewing肉腫におけるキメラ遺伝子の確定とシグナル伝達機構の解明
    浅見覚/加藤祥子/佐々木孝江/岩石季里子/三浦基文/田畑恵市/鳥山正晴/小野真一/陳基明/本橋重康/内倉和雄/麦島秀雄/鈴木孝
    第64回日本癌学会学術総会, 2005年09月, 通常論文
  • 光学活性スルホキシドを用いる不斉Favorskii転位反応を利用した光学活性化合物の合成
    三浦基文/鳥山正晴/比能洋/浅見覚/鈴木孝/佐藤毅/本橋重康
    日本薬学会 第125年会, 2005年03月, 通常論文
  • 不斉Favorskii転位反応を用いた光学活性カルボン酸及びアミンの合成
    三浦基文/ 鳥山正晴 浅見覚 鈴木孝 佐藤毅 本橋重康
    第30回 反応と合成の進歩シンポジウム -ライフサイエンスを志向した理論、反応および合成-, 2004年10月, 通常論文

担当経験のある科目_授業

  • 分野別統合講義I
    2019年04月 - 現在
  • 分野別演習講義I
    2018年04月 - 現在
    日本大学薬学部
  • 有機化学II
    2018年04月 - 現在
    日本大学薬学部
  • キャリアデザイン学I(インターンシップ)
    2017年04月 - 現在
    日本大学薬学部
  • 有機化学I
    2017年04月 - 現在
    日本大学薬学部
  • 総合講義
    2017年 - 現在
    日本大学薬学部
  • 分子構造解析
    2016年04月 - 現在
    日本大学薬学部
  • 有機化学III
    2013年04月 - 現在
    日本大学薬学部
  • 化学II
    2013年04月 - 現在
    日本大学薬学部
  • 化学I
    2018年
    日本大学薬学部
  • 医薬品化学
    2016年
    日本大学薬学部
  • 医薬品合成
    2016年
    日本大学薬学部

所属学協会

  • 2011年04月 - 現在
    アメリカ化学会
  • 日本薬学会
  • 日本化学会

共同研究・競争的資金等の研究課題

  • ペプチド性薬物の鼻腔内滞留性に優れた噴霧可能なスマートゲル製剤の開発
    日本学術振興会, 科学研究費助成事業, 2017年04月01日 - 2020年03月31日
    橋崎 要; 藤井 まき子; 三浦 基文

産業財産権

  • 特願2023-094357, 肥満を治療又は予防するための医薬組成物
    三浦 基文, 和田 平, 野伏 康仁
  • 2018-27400, 子嚢菌NUH322が産生する新規ALS治療薬候補化合物
    草間國子 松崎桂一 小菅康弘 三浦基文 広瀬大 古川めぐみ 野内雄太