槇島 誠

医学部 医学科教授

研究キーワード

  • 受容体
  • 生体異物
  • 脂質
  • 転写因子
  • 代謝調節
  • 白血病
  • がん
  • 胆汁酸
  • コレステロール
  • 代謝
  • 遺伝子
  • 転写
  • 核内レセプター

研究分野

  • ライフサイエンス, 薬理学, 薬理学一般
  • ライフサイエンス, 分子生物学, 分子生物学
  • ライフサイエンス, 病態医化学, 病態医化学
  • ライフサイエンス, 医化学, 医化学一般

経歴

  • 2017年11月 - 現在
    日本大学, 総合医学研究所, 所長
  • 2016年04月 - 現在
    日本大学, 図書館医学部分館, 分館長
  • 2004年04月 - 現在
    日本大学, 医学部, 教授
  • 2015年04月 - 2024年09月
    日本大学, 工学部, 兼担教授
  • 2005年04月 - 2018年03月
    東京大学, 分子細胞生物学研究所, 非常勤講師
  • 2013年04月 - 2016年03月
    日本大学, 医学部図書館, 館長
  • 2007年04月 - 2013年03月
    日本大学, 医学部図書館, 副館長
  • 2008年04月 - 2009年03月
    立教大学, 理学部, 非常勤講師
  • 2006年04月 - 2007年03月
    島根大学, 医学部, 非常勤講師
  • 2004年04月 - 2007年03月
    広島大学歯学部, 非常勤講師
  • 2003年04月 - 2004年03月
    東京医科歯科大学, 大学院生命情報科学教育部, 非常勤講師
  • 2002年04月 - 2004年03月
    大阪大学, 大学院生命機能研究科・医学系研究科, 助教授
  • 1998年03月 - 2002年03月
    テキサス大学サウスウエスタンメディカルセンター・ハワードヒューズ医学研究所, Associate
  • 1996年04月 - 1998年03月
    埼玉県立精神保健総合センター診療部医長
  • 1993年08月 - 1996年03月
    埼玉県立精神保健総合センター診療部医員
  • 1991年08月 - 1993年07月
    防衛医科大学校内科学第3講座専門研修医官
  • 1989年06月 - 1991年07月
    陸上自衛隊大宮駐屯地医官
  • 1987年06月 - 1989年05月
    防衛医科大学校病院・自衛隊中央病院初任実務研修医官

学歴

  • 1987年
    防衛医科大学校, 医学部

委員歴

  • 2010年11月 - 現在
    世話人, 胆汁酸研究会
  • 2010年06月 - 現在
    評議員, 日本ビタミン学会
  • 2008年11月 - 現在
    幹事, 日本レチノイド研究会
  • 2006年04月 - 現在
    委員, 脂溶性ビタミン総合研究委員会
  • 2005年04月 - 現在
    学術評議員, 日本薬理学会
  • 2011年11月 - 2011年11月
    日本レチノイド研究会第22回学術集会 会頭, 日本レチノイド研究会
  • 2004年09月 - 2006年03月
    客員委員, 脂溶性ビタミン総合研究委員会

論文

  • 2α-Substituted Vitamin D Derivatives Effectively Enhance the Osteoblast Differentiation of Dedifferentiated Fat Cells
    Michiyasu Ishizawa; Masashi Takano; Atsushi Kittaka; Taro Matsumoto; Makoto Makishima
    Biomolecules, 2024年06月
  • Simple Fluorescence Labeling Method Enables Detection of Intracellular Distribution and Expression Level of Retinoid X Receptors
    Yukina Tanaka; Michiko Fujihara; Yuta Takamura; Mayu Kawasaki; Shogo Nakano; Makoto Makishima; Hiroki Kakuta
    ACS Medicinal Chemistry Letters, 2024年04月, 査読有り, 通常論文
  • Complex phenotypic heterogeneity of combined hepatocellular-cholangiocarcinoma with a homogenous TERT promoter mutation: case study and mini-review of the literature.
    Sumie Ohni; Hiromi Yamaguchi; Yukari Hirotani; Yoko Nakanishi; Yutaka Midorikawa; Masahiko Sugitani; Tomohiro Nakayama; Makoto Makishima; Mariko Esumi
    American Journal of Translational Research, 2024年02月, 査読有り, 通常論文
    責任著者
  • ESS2 controls prostate cancer progression through recruitment of chromodomain helicase DNA binding protein 1
    Sayuri Takahashi; Ichiro Takada; Kenichi Hashimoto; Atsushi Yokoyama; Tohru Nakagawa; Makoto Makishima; Haruki Kume
    Scientific Reports, 2023年07月, 査読有り, 通常論文
  • Syntheses of 25-Adamantyl-25-alkyl-2-methylidene-1α,25-dihydroxyvitamin D3 Derivatives with Structure–Function Studies of Antagonistic and Agonistic Active Vitamin D Analogs
    Kazuki Maekawa; Michiyasu Ishizawa; Takashi Ikawa; Hironao Sajiki; Taro Matsumoto; Hiroaki Tokiwa; Makoto Makishima; Sachiko Yamada
    Biomolecules, 2023年07月, 査読有り, 招待有り
    責任著者
  • Vitamin D receptor mediates attenuating effect of lithocholic acid on dextran sulfate sodium induced colitis in mice
    Hitomi Kubota; Michiyasu Ishizawa; Makoto Kodama; Yoshihiro Nagase; Shigeaki Kato; Makoto Makishima; and Kenichi Sakurai.
    International Journal of Molecular Sciences, 2023年02月, 査読有り, 通常論文
    責任著者
  • Dec2 negatively regulates bone resorption in periodontitis
    Xiaoyan Li; Lijia Guo; Fuyuki Sato; Toshiyasu Kitayama; Nitesh Tewari; Makoto Makishima; Nobushiro Hamada; Yi Liu; and Ujjal K Bhawal
    Journal of Periodontal Research, 2022年10月, 査読有り, 通常論文
  • Transcriptional coregulator Ess2 controls survival of post-thymic CD4+ T cells through the Myc and IL-7 signaling pathways
    Ichiro Takada; Shinya Hidano; Sayuri Takahashi; Kaori Yanaka; Hidesato Ogawa; Megumi Tsuchiya; Atsushi Yokoyama; Shingo Sato; Hiroki Ochi; Tohru Nakagawa; Takashi Kobayashi; Shinichi Nakagawa; and Makoto Makishima
    Journal of Biological Chemistry, 2022年09月, 査読有り, 通常論文
    ラスト(シニア)オーサー
  • Prediction of the need for emergency endoscopic treatment for upper gastrointestinal bleeding and new score model: A retrospective study
    Yoshihiro Sasaki; Tomoko Abe; Norio Kawamura; Taisei Keitoku; Isamu Shibata; Shiho Ohno; Keiichi Ono; and Makoto Makishima
    BMC Gastroenterology, 2022年07月, 査読有り, 通常論文
    ラスト(シニア)オーサー
  • Myeloid LXR (liver X receptor) deficiency induces inflammatory gene expression in foamy macrophages and accelerates atherosclerosis
    Kaori Endo-Umeda; Eunyoung Kim; David G. Thomas; Wenli Liu; Huijuan Dou; Mustafa Yalcinkaya; Sandra Abramowicz; Tong Xiao; Per Antonson; Jan-Åke Gustafsson; Makoto Makishima; Muredach P. Reilly; Nan Wang; and Alan R
    Arteriosclerosis, Thrombosis, and Vascular Biology, 2022年06月, 査読有り, 通常論文
  • Molecular basis of bile acid-FXR-FGF15/19 signaling axis
    Takeshi Katafuchi; and Makoto Makishima
    International Journal of Molecular Sciences, 2022年05月, 査読有り, 通常論文
  • FGFR2 loss sensitizes MYCN-amplified neuroblastoma CHP134 cells to CHK1 inhibitor-induced apoptosis
    Kiyohiro Ando; Miki Ohira; Ichiro Takada; Verna Cázares-Ordoñez; Yusuke Suenaga; Hiroki Nagase; Shinichi Kobayashi; Tsugumichi Koshinaga; Takehiko Kamijo; Takehiko; Makoto Makishima; and Satoshi Wada
    Cancer Science, 2022年02月, 査読有り, 通常論文
  • Oral benzo[a]pyrene administration attenuates dextran sulfate sodium-induced colitis in mice
    Keita Adachi; Michiyasu Ishizawa; Shigeyuki Uno; Hitomi Kubota; Takuo Henmi; Tsugumichi Koshinaga; Makoto Makishima; and Kenichi Sakurai
    Chemico-Biological Interactions, 2022年02月, 査読有り, 通常論文
    責任著者
  • Lithocholic acid amides as potent vitamin D receptor agonists
    Ayana Yoshihara; Haru Kawasaki; Hiroyuki Masuno; Koki Takada; Nobutaka Numoto; Nobutoshi Ito; Naoya Hirata; Yasunari Kanda; Michiyasu Ishizawa; Makoto Makishima; Hiroyuki Kagechika; and Aya Tanatani
    Biomolecules, 2022年01月, 査読有り, 通常論文
  • Biphasic functions of sodium fluoride (NaF) in soft and in hard periodontal tissues
    Xingzhi Wang; Nitesh Tewari; Fuyuki Sato; Keiji Tanimoto; Lakshmi Thangavelu; Makoto Makishima; and Ujjal K. Bhawal
    International Journal of Molecular Sciences, 2022年01月, 査読有り, 通常論文
    責任著者
  • Direct molecular evidence for both multicentric and monoclonal carcinogenesis followed by transdifferentiation from hepatocellular carcinoma to cholangiocarcinoma in a case with metachronous liver cancer
    Sumie Ohni; Hiromi Yamaguchi; Yukari Hirotani; Yoko Nakanishi; Yutaka Midorikawa; Masahiko Sugitani; Hiromu Naruse; Tomohiro Nakayama; Makoto Makishima; and Mariko Esumi
    Oncology Letters, 2022年01月, 査読有り, 通常論文
    責任著者
  • Zinc inhibits cadherin 1 expression induced by 1α,25-dihydroxyvitamin D3 in colon cancer cells
    Michiyasu Ishizawa; Ayako Hirayu; and Makoto Makishima
    Anticancer Research, 2021年11月, 査読有り, 通常論文
    ラスト(シニア)オーサー
  • Liver X receptors regulate natural killer T cell population and antitumor activity in the liver of mice
    Kaori Endo-Umeda; Hiroyuki Nakashima; Shigeyuki Uno; Shota Toyoshima; Naoki Umeda; Shihoko Komine-Aizawa; Shuhji Seki; and Makoto Makishima
    Scientific Reports, 2021年11月, 査読有り, 通常論文
    ラスト(シニア)オーサー
  • CHK1阻害剤はFGFR2-MEK-ERK経路の抑制に相乗的に神経芽腫の増殖を抑制する
    安藤 清宏; 大平 美紀; 末永 雄介; 永瀬 浩喜; 槇島 誠; 越永 従道; 上條 岳彦; 和田 聡
    日本癌学会総会記事, 2021年09月
  • CHK1阻害剤はFGFR2-MEK-ERK経路の抑制に相乗的に神経芽腫の増殖を抑制する
    安藤 清宏; 大平 美紀; 末永 雄介; 永瀬 浩喜; 槇島 誠; 越永 従道; 上條 岳彦; 和田 聡
    日本癌学会総会記事, 2021年09月
  • The potential roles of Dec1 and Dec2 in periodontal inflammation
    Xingzhi Wang; Fuyuki Sato; Keiji Tanimoto; Makoto Makishima; and Ujjal K. Bhawal
    International Journal of Molecular Sciences, 2021年09月, 査読有り, 通常論文
    責任著者
  • [Prediction of Prognosis in Breast Carcinoma Using Klotho Immunohistochemistry].
    Shuhei Suzuki; Kenichi Sakurai; Tomohiro Hirano; Keita Adachi; Tsugumichi Koshinaga; Makoto Makishima
    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy, 2021年08月
  • Contrasting functional responses of resident Kupffer cells and recruited liver macrophages to irradiation and liver X receptor stimulation
    Takuya Ishikiriyama; Hiroyuki Nakashima; Kaori Endo-Umeda; Masahiro Nakashima; Seigo Ito; Manabu Kinoshita; Masami Ikarashi; Makoto Makishima; and Shuhji Seki
    PLoS ONE, 2021年07月, 査読有り, 通常論文
  • Improvement in aqueous solubility of achiral symmetric cyclofenil by modification to a chiral asymmetric analog
    Junki Morimoto; Kazunori Miyamoto; Yuki Ichikawa; Masanobu Uchiyama; Makoto Makishima; Yuichi Hashimoto; and Minoru Ishikawa
    Scientific Reports, 2021年06月, 査読有り, 通常論文
  • A deficiency of Dec2 triggers periodontal inflammation and pyroptosis
    Shunichi Oka; Xiaoyan Li; Fuyuki Sato; Fengzhu Zhang; Nitesh Tewari; Il-Shin Kim; Liangjun Zhong; Nobushiro Hamada; Makoto Makishima; Yi Liu; and Ujjal K. Bhawal.
    Journal of Periodontal Research, 2021年06月, 査読有り, 通常論文
  • Inhibition of Dec1 provides biological insights into periodontal pyroptosis
    Shunichi Oka; Xiaoyan Li; Fengzhu Zhang; Nitesh Tewari; Chen Wang; Il-Shin Kim; Liangjun Zhong; Nobushiro Hamada; Yoshiyuki Oi; Makoto Makishima; Yi Liu; and Ujjal K. Bhawal
    All Life, 2021年04月, 査読有り, 通常論文
  • MicroRNA-21 facilitates osteoblast activity
    Shunichi Oka; Xiaoyan Li; Fengzhu Zhang; Nitesh Tewari; Ri Ma; Liangjun Zhong; Makoto Makishima; Yi Liu; and Ujjal K. Bhawal
    Biochemistry and Biophysics Reports, 2021年03月, 査読有り, 通常論文
  • Dec2 attenuates autophagy in inflamed periodontal tissues.
    Shunichi Oka; Xiaoyan Li; Fengzhu Zhang; Nitesh Tewari; Liangjun; Zhong; Makoto Makishima; Yi Liu; and Ujjal K. Bhawal
    Immunity, Inflammation and Disease, 2021年03月, 査読有り, 通常論文
  • エクササイズと脂肪酸代謝
    片渕剛、槇島誠
    日大医学雑誌, 2021年02月, 査読有り, 招待有り
  • Development of novel selective TGR5 ligands based on 5,6,7,8-tetrahydro-5,5,8,8-tetramethylnaphtaklene skeleton
    Ryusei Terui; Yuta Yanase; Hidetomo Yokoo; Yoshitomo Suhara; Makoto Makishima; Yosuke Demizu; and Takashi Misawa
    ChemMedChem, 2021年02月, 査読有り, 通常論文
  • Crohn病類似所見を合併した多発血管炎性肉芽腫症の1例
    佐々木善浩、堀内知晃、上條孟、石坂俊二、大野志乃、川村紀夫、今津博雄、槇島誠
    日本消化器病学会雑誌, 2021年01月, 査読有り, 通常論文
  • Loss of Dec1 prevents autophagy in inflamed periodontal ligament fibroblast
    Shunichi Oka; *Xiaoyan Li; Fengzhu Zhang; Nitesh Tewari; Il-Shin Kim; Chongchong Chen; Liangjun Zhong; Nobushiro Hamada; Yoshiyuki Oi; Makoto Makishima; Yi Liu; and Ujjal K. Bhawal
    Molecular Biology Reports, 2021年01月, 査読有り, 通常論文
  • meta-Non-flat substituents: A novel molecular design to improving aqueous solubility in small molecule drug discovery
    Yuki Ichikawa; Michiaki Hiramatsu; Yusuke Mita; Makoto Makishima; Yotaro Matsumoto; Yui Masumoto; Atsuya Muranaka; Masanobu Uchiyama; Yuichi Hashimoto; and Minoru Ishikawa
    Organic & Biomolecular Chemistry, 2021年01月, 査読有り, 通常論文
  • Discovery of a “gatekeeper” antagonist that blocks entry pathway to retinoid X receptors without allosteric ligand inhibition in permissive RXR heterodimers
    Masaki Watanabe; Michiko Fujihara; Tomoharu Motoyama; Mayu Kawasaki; Shoya Yamada; Yuta Takamura; Sohei Ito; Makoto Makishima; Shogo Nakano; and Hiroki Kakuta
    Journal of Medicinal Chemistry, 2021年01月, 査読有り, 通常論文
  • Convenient retinoid X receptor binding assay based on fluorescence change of the antagonist NEt-C343
    Kayo Yukawa-Takamatsu; Yifei Wang; Masaki Watanabe; Yuta Takamura; Michiko Fujihara; Mariko Nakamura-Nakayama; Shoya Yamada; Shota Kikuzawa; Makoto Makishima; Mayu Kawasaki; Sohei Ito; Shogo Nakano; and Hiroki Kakuta
    Journal of Medicinal Chemistry, 2021年01月, 査読有り, 通常論文
  • Radiation-induced gastrointestinal syndrome is exacerbated in vitamin C insufficient SMP30/GNL knockout mice
    Reina Saga; Takahiro Uchida; Yuka Takino; Yoshitaka Kondo; Hiroaki Kobayashi; Manabu Kinoshita; Daizoh Saitoh; Akihito Ishigami; and Makoto Makishima
    Nutrition, 2021年01月, 査読有り, 通常論文
    責任著者
  • Dec1 deficiency protects the heart from fibrosis, inflammation, and myocardial cell apoptosis in a mouse model of cardiac hypertrophy
    Xiaoyan Li; Hue Thi Le; Fuyuki Sato; Tong Ho Kang; Makoto Makishima; Liangjun Zhong; Yi Liu; Lijia Guo; and Ujjal K Bhawal
    Biochemical and Biophysical Research Communications, 2020年11月, 査読有り, 通常論文
  • CEP131 abrogates CHK1 inhibitor-induced replication defects and is associated with unfavorable outcome in neuroblastoma
    Kiyohiro Ando; Verna Cázares-Ordoñez; Makoto Makishima; Atsushi Yokoyama; Yusuke Suenaga; Hiroki Nagase; Shinichi Kobayashi; Takehiko Kamijo; Tsugumichi Koshinaga; and Satoshi Wada
    Journal of Oncology, 2020年09月, 査読有り, 通常論文
  • Vitamin D receptor deletion changes bile acid composition in mice orally administered chenodeoxycholic acid
    Shigeru Nishida; Michiyasu Ishizawa; Shigeaki Kato; and Makoto Makishima
    Journal of Nutritional Science and Vitaminology, 2020年08月, 査読有り, 通常論文
    責任著者
  • MDM2 Increase Sensitivity to CHK1 Inhibitor Through the Interaction Between p53 and Centrosome-Associated Family Protein in Neuroblasotma
    Kiyohiro Ando; Verna Cazares; Hide Kaneda; Syuichiro Uehara; Makoto Makishima; Hiroki Nagase; Tsugumichi Koshinaga; Satoshi Wada
    PEDIATRIC BLOOD & CANCER, 2019年12月
  • 神経芽腫におけるCHK1阻害剤の治療効果予測マーカーの開発
    安藤 清宏; カサレス・ヴェルナ; 横山 淳; 上原 秀一郎; 金田 英秀; 槇島 誠; 越永 従道
    日本大学医学部総合医学研究所紀要, 2019年12月
  • 完全離断型胆管損傷に対して,PTBD(Percutaneous transhepatic biliary drainage)後にEUS下胆道ドレナージ(EUS-guided biliary drainage)を施行し内瘻化した1例
    佐々木善浩、堀内知晃、石坂俊二、川村紀夫、伊藤豊、今津博雄、槇島誠
    胆道, 2019年12月, 査読有り, 通常論文
  • Synthesis and In Vitro Evaluation of Novel Liver X Receptor Agonists Based on Naphthoquinone Derivatives.
    Tatsuma Nishioka; Kaori Endo-Umeda; Yuki Ito; Akane Shimoda; Atsuko Takeuchi; Chisato Tode; Yoshihisa Hirota; Naomi Osakabe; Makoto Makishima; Yoshitomo Suhara
    Molecules (Basel, Switzerland), 2019年11月, 査読有り, 通常論文
  • Competitive Binding Assay with an Umbelliferone-Based Fluorescent Rexinoid for Retinoid X Receptor Ligand Screening.
    Shoya Yamada; Mayu Kawasaki; Michiko Fujihara; Masaki Watanabe; Yuta Takamura; Maho Takioku; Hiromi Nishioka; Yasuo Takeuchi; Makoto Makishima; Tomoharu Motoyama; Sohei Ito; Hiroaki Tokiwa; Shogo Nakano; Hiroki Kakuta
    Journal of medicinal chemistry, 2019年10月, 査読有り, 通常論文
  • Liver X receptors regulate cholesterol metabolism and immunity in hepatic nonparenchymal cells
    Kaori Endo-Umeda; and Makoto Makishima
    International Journal of Molecular Sciences, 2019年10月, 査読有り, 招待有り
    責任著者
  • Concanavalin A-induced acute hepatitis is attenuated in vitamin D receptor knockout mice with decreased immune cell function
    Naoki Umeda; *Kaori Endo-Um eda; Hiroyuki Nakashima; Shigeaki Kato; Shuhji Seki; and Makoto Makishima
    Journal of Leukocyte Biology, 2019年09月, 査読有り, 通常論文
    責任著者
  • Increased SLAMF7high monocytes in myelofibrosis patients harboring JAK2V617F provide a therapeutic target of elotuzumab
    Takaaki Maekawa; Shoichiro Kato; Toshikuni Kawamura; Kohei Takada; Takehiro Sone; Hiraku Ogata; Keita Saito; Takuya Izumi; Shigeki Nagao; Kosuke Takano; Yosuke Okada; Noriaki Tachi; Masahiro Teramoto; Toshikatsu Horiuchi; Reina Saga; Kaori Endo-Umeda; Shigeyuki Uno; Yukiko Osawa; Ayako Kobayashi; Shinichi Kobayashi; Ken Sato; Michihiro Hashimoto; Shinya Suzu; Kensuke Usuki; Soji Morishita; Marito Araki; Makoto Makishima; Norio Komatsu and Fumihiko Kimura
    Blood, 2019年09月, 査読有り, 通常論文
  • Co-Inhibition of the DNA Damage Response and CHK1 Enhances Apoptosis of Neuroblastoma Cells.
    Kiyohiro Ando; Yohko Nakamura; Hiroki Nagase; Akira Nakagawara; Tsugumichi Koshinaga; Satoshi Wada; Makoto Makishima
    International journal of molecular sciences, 2019年07月, 査読有り, 通常論文
  • Response to: Is vancomycin clearance really correlated with hemoglobin? Arguments that it's not.
    Chuma M; Makishima M
    European journal of clinical pharmacology, 2019年07月, 査読有り, 通常論文
  • Relationship between hemoglobin levels and vancomycin clearance in patients with sepsis
    Masayuki Chuma; Makoto Makishima; Toru Imai; Naohiro Tochikura; Shinichiro Suzuki; Tsukasa Kuwana; Nami Sawada; So Iwabuchi; Masao Sekimoto; Takahiro Nakayama; Takako Sakaue; Norikazu Kikuchi; Yoshikazu Yoshida; and Kosaku Kinoshita
    European Journal of Clinical Pharmacology, 2019年07月, 査読有り, 通常論文
    責任著者
  • Flavonoids differentially modulate Liver X Receptors activity. Structure-function relationship analysis
    Allan Fouache; Nada Zabaiou; Cyrille De Joussineau; Laurent Morel; Sandrine Silvente-Poirot; Amira Namsi; Gérard Lizard; Marc Poirot; Makoto Makishima; Silvère Baron; Jean-Marc A. Lobaccaro; and Amalia Trousson
    Journal of Steroid Biochemistry and Molecular Biology, 2019年06月, 査読有り, 通常論文
  • Structure-activity relationship study of estrogen receptor down-regulators with a diphenylmethane skeleton
    Shun Nanjyo; Kenji Ohgane. Hiromasa Yoshioka; Makoto Makishima; Yuichi Hashimoto; and Tomomi Noguchi-Yachide
    Bioorganic & Medicinal Chemistry, 2019年05月, 査読有り, 通常論文
  • Diallyl trisulfide enhances benzo[a]pyrene-induced CYP1A1 expression and metabolic activation in hepatic HepG2 cells
    Shigeyuki Uno; Mizuki Sakai; Yui Fujinari; Takashi Hosono; Taiichiro Seki; and Makoto Makishima
    Anticancer Research, 2019年05月, 査読有り, 通常論文
    責任著者
  • [Usefulness of Automated Breast Ultrasound for Deciding on a Surgical Approach in a Patient with Breast Cancer- A Case Report].
    Yuna Suzuki; Kenichi Sakurai; Keita Adachi; Hitomi Kubota; Shuhei Suzuki; Satsuki Takei; Yukiko Hara; Katsuhisa Enomoto; Tomohiro Hirano; Makoto Makishima
    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy, 2019年04月
  • [Usefulness of Breast Ultrasound in Follow-Up of Post-Operative Metachronous Contralateral Breast Cancer-A Case Report].
    Yuna Suzuki; Kenichi Sakurai; Keita Adachi; Hitomi Kubota; Shuhei Suzuki; Satsuki Takei; Yukiko Hara; Katsuhisa Enomoto; Tomohiro Hirano; Makoto Makishima
    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy, 2019年04月
  • 術式決定に全自動乳房超音波診断装置 (ABUS) が有用であった1例
    鈴木佑奈、櫻井健一、安達慶太、窪田仁美、鈴木周平、武井咲月、原由起子、榎本克久、平野智寛、槇島誠
    癌と化学療法, 2019年04月, 査読有り, 通常論文
  • 乳癌術後経過観察に超音波検査が有用であった異時性多発乳癌の1例
    鈴木佑奈、櫻井健一、安達慶太、窪田仁美、鈴木周平、武井咲月、原由起子、榎本克久、平野智寛、槇島誠
    癌と化学療法, 2019年04月, 査読有り, 通常論文
  • 局所制御目的に乳房切除術を施行し術後にPaget病の診断となった高齢者乳癌の1例
    窪田仁美、鈴木佑奈、安達慶太、鈴木周平、原由起子、藤崎滋、槇島誠、嵯峨玲奈、平野智寛、櫻井健一
    癌と化学療法, 2019年04月, 査読有り, 通常論文
  • Application of a waveguide-mode sensor to blood testing for hepatitis B virus, hepatitis C virus, human immunodeficiency virus and Treponema pallidum infection
    Shigeyuki Uno; Takenori Shimizu; Torahiko Tanaka; Hiroki Ashiba; Makoto Fujimaki; Mutsuo Tanaka; Koichi Awazu; and Makoto Makishima
    Sensors, 2019年04月, 査読有り, 通常論文
    責任著者
  • A partial agonist for retinoid X receptor mitigates experimental colitis.
    Masayoshi Onuki; Masaki Watanabe; Narumi Ishihara; Koichiro Suzuki; Kei Takizawa; Masato Hirota; Takahiro Yamada; Aiko Egawa; Osamu Shibahara; Midori Nishii; Michiko Fujihara; Makoto Makishima; Daisuke Takahashi; Yukihiro Furusawa; Hiroki Kakuta; Koji Hase
    International immunology, 2019年03月, 査読有り, 通常論文
  • 乳癌・子宮体癌を同時に呈した重複癌の1 例
    窪田仁美、鈴木佑奈、安達慶太、鈴木周平、原由起子、藤崎滋、槇島誠、嵯峨玲奈、平野智寛、櫻井健一
    癌と化学療法, 2019年02月, 査読有り, 通常論文
  • [Treatment for Breast Cancer in an Elderly Male Patient-Report of a Case].
    Adachi K; Sakurai K; Kubota H; Suzuki Y; Suzuki S; Makishima M; Koshinaga T
    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy, 2019年02月, 査読有り, 通常論文
  • [Advanced-Stage Breast Cancer Discovered by Cervical Lymphadenopathy in an Elderly Patient-Report of a Case].
    Adachi K; Sakurai K; Kubota H; Suzuki Y; Suzuki S; Makishima M; Koshinaga T
    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy, 2019年02月, 査読有り, 通常論文
  • Caution for simple sequence repeat number variation in the mitochondrial DNA D‑loop to determine cancer‑specific variants
    Tokiko Nakai; Akihisa Sakurada; Toshihide Endo; Hiroko Kobayashi; Shinobu Masuda; Makoto Makishima; and Mariko Esumi
    Oncology Letters, 2019年02月, 査読有り, 通常論文
    責任著者
  • 大腸EMR後に発症した膵仮性嚢胞下行結腸瘻の一例
    佐々木善浩、木谷幸博、上條孟、島田祐輔、石坂俊二、大野志乃、今津博雄、槇島誠
    膵臓, 2018年12月, 査読有り, 通常論文
  • 長期内分泌療法が奏効した超高齢者進行乳癌症例治療経過中のIndoleamine 2, 3-Dioxygenaseの発現経過
    鈴木佑奈、櫻井健一、安達慶太、窪田仁美、鈴木周平、武井咲月、原由起子、榎本克久、平野智寛、槇島誠
    癌と化学療法, 2018年10月, 査読有り, 通常論文
  • 新規Checkpoint InhibitorであるPalbociclibの治療経験
    櫻井健一、藤崎滋、窪田仁美、鈴木佑奈、原由起子、鈴木周平、安達慶太、富田涼一、榎本克久、平野智寛、嵯峨玲奈、槇島誠
    癌と化学療法, 2018年10月, 査読有り, 通常論文
  • [Breast Cancer Operation for a Patient Administered Immunosuppressive Drug-A Case Report].
    Adachi K; Sakurai K; Kubota H; Suzuki Y; Suzuki S; Makishima M; Koshinaga T
    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy, 2018年10月, 査読有り, 通常論文
  • Deletion of Bmal1 prevents diet-induced ectopic fat accumulation by controlling oxidative capacity in the skeletal muscle
    Taira Wada; Yuya Ichihashi; Emi Suzuki; Yasuhiro Kosuge; Kumiko Ishige; Taketo Uchiyama; Makoto Makishima; Reiko Nakao; Katsutaka Oishi; and Shigeki Shimba
    International Journal of Molecular Sciences, 2018年09月, 査読有り, 通常論文
  • 25S-Adamantyl-23-yne-26,27-dinor-1α,25-dihydroxyvitamin D3: synthesis, tissue selective biological activities and X-ray crystal structural analysis of its vitamin D receptor complex
    Rocio Otero; Michiyasu Ishizawa; Nobutaka Numoto; Teikichi Ikura; Nobutoshi Ito; Hiroaki Tokiwa; Antonio Mourino; Makoto Makishima; and Sachiko Yamada
    Journal of Medicinal Chemistry, 2018年08月, 査読有り, 通常論文
    責任著者
  • Sensitive typing of reverse ABO blood groups with a waveguide-mode sensor
    Shigeyuki Uno; Torahiko Tanaka; Hiroki Ashiba; Makoto Fujimaki; Mutsuo Tanaka; Yoshihiro Hatta; Masami Takei; Koichi Awazu; Makoto Makishima
    Journal of Bioscience and Bioengineering, 2018年07月, 査読有り, 通常論文
  • Dapagliflozin(SGLT2阻害薬)投与による糖尿病患者の治療について
    萱嶋信介、今井信弘、田北和枝、槇島誠、藤﨑滋
    Progress in Medicine, 2018年07月, 査読有り, 通常論文
  • Efficient lead finding, activity enhancement and preliminary selectivity control of nuclear receptor ligands bearing a phenanthridinone skeleton
    Yuko Nishiyama; Shinya Fujii; Makoto Makishima; Yuichi Hashimoto; and Minoru Ishikawa
    International Journal of Molecular Sciences, 2018年07月, 査読有り, 通常論文
  • Vitamin D receptor-targeted treatment to prevent pathological dedifferentiation of pancreatic β cells under hyperglycaemic stress
    Abraham Neelankal John; Zafar Iqbal; Shane Colley; Grant Morahan; Makoto Makishima; Fang-Xu Jiang
    Diabetes & Metabolism, 2018年06月, 査読有り, 通常論文
  • Novel non-steroidal progesterone receptor (PR) antagonists with a phenanthridinone skeleton
    Yuko Nishiyama; Shuichi Mori; Makoto Makishima; Shinya Fujii; Hiroyuki Kagechika; Yuichi Hashimoto; and Minoru Ishikawa
    ACS Medicinal Chemistry Letters, 2018年06月, 査読有り, 通常論文
  • Farnesoid X receptor activation enhances transforming growth factor β-induced epithelial-mesenchymal transition in hepatocellular carcinoma cells
    Masahiko Kainuma; Ichiro Takada; Makoto Makishima; and Keiji Sano
    International Journal of Molecular Sciences, 2018年06月, 査読有り, 通常論文
    責任著者
  • Lithocholic acid is a vitamin D receptor ligand that acts preferentially in the ileum
    Michiyasu Ishizawa; Daisuke Akagi; and Makoto Makishima
    International Journal of Molecular Sciences, 2018年06月, 査読有り, 通常論文
    責任著者
  • Relationship between initial vancomycin trough levels and early-onset vancomycin-associated nephrotoxicity in critically ill patients
    Masayuki Chuma; Makoto Makishima; Toru Imai; Naohiro Tochikura; Shinichiro Suzuki; Tsukasa Kuwana; Nami Sawada; Tomohide Komatsu; Takako Sakaue; Norikazu Kikuchi; Yoshikazu Yoshida; and Kosaku Kinoshita
    Therapeutic Drug Monitoring, 2018年04月, 査読有り, 通常論文
    責任著者
  • Contradictory intrahepatic immune responses activated in high-load hepatitis C virus livers compared with low-load livers
    Mariko Ishibashi; Hiromi Yamaguchi; Yukari Hirotani; Akihisa Sakurada; Toshihide Endo; Masahiko Sugitani; Tadatoshi Takayama; Makoto Makishima; Mariko Esumi
    Archives of Virology, 2018年04月, 査読有り, 通常論文
  • Combined treatment with benzo[a]pyrene and 1α,25-dihydroxyvitamin D3 induces expression of plasminogen activator inhibitor 1 in monocyte/macrophage-derived cells
    Masaru Nakagawa; Sigeyuki Uno; Noriyoshi Iriyama; Manabu Matsunawa; Makoto Makishima; Jin Takeuchi; Isao Tsuboi; Yoshihiro Hatta; and Masami Takei
    Toxicology and Applied Pharmacology, 2018年04月, 査読有り, 通常論文
    責任著者
  • Unexpected emergence of luciferase-inhibitory activity during structural development study of phenyloxadiazole-based PPAR ligands
    Ryuta Shioi; Yosuke Toyota; Tomomi Noguchi-Yachide; Minoru Ishikawa; Takao Yamaguchi; Makoto Makishima; Yuichi Hashimoto; and Kenji Ohgane
    Heterocycles, 2018年04月, 査読有り, 通常論文
  • ビタミンDの生理作用と作用メカニズム
    槇島誠
    食と医療, 2018年04月, 査読無し, 招待有り
    筆頭著者
  • Ess2 bridges transcriptional regulators and spliceosomal complexes via distinct interacting domains.
    Ichiro Takada; Megumi Tsuchiya; Kaori Yanaka; Shinya Hidano; Sayuri Takahashi; Takashi Kobayashi; Hidesato Ogawa; Sinichi Nakagawa; Makoto Makishima
    Biochemical and biophysical research communications, 2018年03月, 査読有り, 通常論文
  • Dysregulation of Kupffer cells/ macrophages and natural killer T cells in steatohepatitis in LXRα knockout male mice
    Kaori Endo-Umeda; Hiroyuki Nakashima; Naoki Umeda; Shuhji Seki; Makoto Makishima
    Endocrinology, 2018年03月, 査読有り, 通常論文
  • Cytochrome P450 1A1 (CYP1A1) protects against nonalcoholic fatty liver disease caused by Western diet containing benzo[a]pyrene in mice
    Shigeyuki Uno; Daniel W. Nebert; Makoto Makishima
    Food and Chemical Toxicology, 2018年03月, 査読有り, 通常論文
  • Structural development of tetrachlorophthalimides as liver X receptor β (LXRβ)-selective agonists with improved aqueous solubility
    Sayaka Nomura; Kaori Endo-Umeda; Shinya Fujii; Makoto Makishima; Yuichi Hashimoto; Minoru Ishikawa
    Bioorganic & Medicinal Chemistry Letters, 2018年02月, 査読有り, 通常論文
  • [Long-Term Capecitabine Therapy Was Successful for Locally Advanced Breast Cancer Patient - Report of a Case].
    Adachi K; Sakurai K; Suzuki S; Kubota H; Hara Y; Fujiwara A; Enomoto K; Izu A; Sugitani M; Makishima M; Koshinaga T
    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy, 2018年01月, 査読有り, 通常論文
  • [Breast Cancer Occurring in the Axillary Area - A Case Report].
    Adachi K; Sakurai K; Suzuki S; Kubota H; Hara Y; Abe K; Fujiwara A; Hirano T; Enomoto K; Masuda S; Makishima M; Koshinaga T
    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy, 2017年11月, 査読有り, 通常論文
  • Synthesis of novel vitamin K derivatives with alkylated phenyl groups introduced at the ω-terminal side chain and evaluation of their neural differentiation activities
    Rie Sakane; Kimito Kimura; Yoshihisa Hirota; Michiyasu Ishizawa; Yuta Takagi; Akimori Wada; Shigefumi Kuwahara; Makoto Makishima; Yoshitomo Suhara
    Bioorganic & Medicinal Chemistry Letters, 2017年11月, 査読有り, 通常論文
  • The Rosiglitazone-Like Effects of Vitexilactone, a Constituent from Vitex trifolia L. in 3T3-L1 Preadipocytes
    Atsuyoshi Nishina; Masaya Itagaki; Daisuke Sato; Hirokazu Kimura; Yasuaki Hirai; Nyunt Phay; Makoto Makishima
    MOLECULES, 2017年11月, 査読有り, 通常論文
  • [Two Cases in Which Eribulin Mesylate Was Effective for Taxane-Resistant Advanced Breast Cancer].
    Adachi K; Suzuki S; Kubota H; Hara Y; Fujiwara A; Waga E; Hirano T; Enomoto K; Sakurai K; Makishima M; Koshinaga T
    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy, 2017年10月, 査読有り, 通常論文
  • ビタミンD受容体と核内受容体
    槇島誠
    Clinical Calcium, 2017年10月, 査読無し, 招待有り
    筆頭著者
  • 乳癌担癌状態で同一臨床病期における年齢別Indoleamine 2,3-Dioxygenaseの発現状態の検討
    櫻井健一、藤崎滋、窪田仁美、原由起子、鈴木周平、安達慶太、富田涼一、榎本克久、平野智寛、嵯峨玲奈、槇島誠
    癌と化学療法, 2017年10月, 査読有り, 通常論文
  • Letrozolが長期に奏効している超高齢者局所進行乳癌症例治療経過中の Indoleamine 2,3-Dioxygenaseの発現について
    櫻井健一、藤崎滋、窪田仁美、原由起子、鈴木周平、安達慶太、富田涼一、榎本克久、平野智寛、嵯峨玲奈、槇島誠
    癌と化学療法, 2017年10月, 査読有り, 通常論文
  • 炎症性乳癌型再発における治療経過中のIAPの変化について
    後藤洋伯、櫻井健一、藤崎滋、窪田仁美、原由起子、鈴木周平、安達慶太、富田涼一、榎本克久、平野智寛、嵯峨玲奈、槇島誠
    癌と化学療法, 2017年10月, 査読有り, 通常論文
  • 局所進行乳癌におけるMohsペースト使用時のIndoleamine 2,3-Dioxygenase発現の変化について
    窪田仁美、櫻井健一、藤崎滋、原由起子、鈴木周平、安達慶太、富田涼一、榎本克久、平野智寛、嵯峨玲奈、槇島誠
    癌と化学療法, 2017年10月, 査読有り, 通常論文
  • 1α,25-Dihydroxyvitamin D3 enhances TRPV6 transcription through p38 MAPK activation and GADD45 expression
    Michiyasu Ishizawa; Daisuke Akagi; Jumpei Yamamoto; Makoto Makishima
    Journal of Steroid Biochemistry and Molecular Biology, 2017年09月, 査読有り, 通常論文
  • 1α-Hydroxy derivatives of 7-dehydrocholesterol are selective liver X receptor modulators
    Kaori Endo-Umeda; Atsushi Aoyama; Masato Shimizu; Minoru Ishikawa; Yuichi Hashimoto; Sachiko Yamada; Makoto Makishima
    Journal of Steroid Biochemistry and Molecular Biology, 2017年09月, 査読有り, 通常論文
  • Synthesis and biological evaluation of steroidal derivatives bearing a small ring as vitamin D receptor agonists
    Norihito Arichi; Shinichi Fujiwara; Michiyasu Ishizawa; Makoto Makishima; Duy H. Hua; Ken-ichi Yamada; Yousuke Yamaoka; Kiyosei Takasu
    BIOORGANIC & MEDICINAL CHEMISTRY LETTERS, 2017年08月, 査読有り, 通常論文
  • Switching subtype-selectivity: fragment replacement strategy affords novel class of peroxisome proliferator-activated receptor α/δ (PPARα/δ) dual agonists
    Ryuta Shioi; Shogo Okazaki; Tomomi Noguchi-Yachide; Minoru Ishikawa; Makoto Makishima; Yuichi Hashimoto; Takao Yamaguchi
    Bioorganic & Medicinal Chemistry Letters, 2017年07月, 査読有り, 通常論文
  • Functional analyses of a novel missense and other mutations of the vitamin D receptor in association with alopecia
    Mayuko Tamura; Michiyasu Ishizawa; Tsuyoshi Isojima; Samim Ozen; Akira Oka; Makoto Makishima; Sachiko Kitanaka
    SCIENTIFIC REPORTS, 2017年07月, 査読有り, 通常論文
  • Detection of antibodies against hepatitis B virus surface antigen and hepatitis C virus core antigen in plasma with a waveguide-mode sensor
    Takenori Shimizu; Torahiko Tanaka; Shigeyuki Uno; Hiroki Ashiba; Makoto Fujimaki; Mutsuo Tanaka; Koichi Awazu; Makoto Makishima
    JOURNAL OF BIOSCIENCE AND BIOENGINEERING, 2017年06月, 査読有り, 通常論文
  • Structure-activity relationships of rosiglitazone for peroxisome proliferator-activated receptor gamma transrepression
    Yosuke Toyota; Sayaka Nomura; Makoto Makishima; Yuichi Hashimoto; Minoru Ishikawa
    BIOORGANIC & MEDICINAL CHEMISTRY LETTERS, 2017年06月, 査読有り, 通常論文
  • Design of a sedimentation hole in a microfluidic channel to remove blood cells from diluted whole blood
    Chiaki Kuroda; Yoshimichi Ohki; Hiroki Ashiba; Makoto Fujimaki; Koichi Awazu; Makoto Makishima
    JAPANESE JOURNAL OF APPLIED PHYSICS, 2017年03月, 査読有り, 通常論文
  • 長鎖アルキル基を有するノンセコステロイド型VDRリガンドの創製
    三澤隆史、出水庸介、谷内出友美、大岡伸通、野尻久雄、橘高敦史、槇島誠、内藤幹彦、栗原正明
    ビタミン, 2017年02月, 査読有り, 招待有り
  • Design and synthesis of novel selective estrogen receptor degradation inducers based on the diphenylheptane skeleton
    Takashi Misawa; Takuma Fujisato; Yasunari Kanda; Nobumichi Ohoka; Takuji Shoda; Momoko Yorioka; Makoto Makishima; Yuko Sekino; Mikihiko Naito; Yosuke Demizu; Masaaki Kurihara
    MEDCHEMCOMM, 2017年01月, 査読有り, 通常論文
  • Control of Inflammatory Bowel Disease and Colorectal Cancer by Synthetic Vitamin D Receptor Ligands
    Ichiro Takada; Makoto Makishima
    CURRENT MEDICINAL CHEMISTRY, 2017年, 査読有り, 招待有り
  • 1α-Dihydroxyvitamin D3 and retinoic acid increase nuclear vitamin D receptor expression in monocytic THP-1 cells
    Hikaru Uchida; Yuichiro Hasegawa; Hiromichi Takahashi; and Makoto Makishima
    Anticancer Research, 2016年12月, 査読有り, 通常論文
    責任著者
  • Duration of Systemic Inflammatory Response Syndrome Influences Serum Vancomycin Concentration in Patients With Sepsis
    Masayuki Chuma; Makoto Makishima; Toru Imai; Naohiro Tochikura; Takako Sakaue; Norikazu Kikuchi; Kosaku Kinoshita; Morio Kaburaki; Yoshikazu Yoshida
    CLINICAL THERAPEUTICS, 2016年12月, 査読有り, 通常論文
  • [Intra-Cystic Mucinous Carcinoma of the Breast - A Case Report].
    Adachi K; Suzuki S; Masuo Y; Nagashima S; Hara Y; Hirano T; Enomoto K; Sakurai K; Makishima M; Koshinaga T
    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy, 2016年11月, 査読有り, 通常論文
  • Discovery of N-(1-(3-(4-phenoxyphenyl)-1,2,4-oxadiazol-5-yl)ethyl)acetamides as novel acetyl-CoA carboxylase 2 (ACC2) inhibitors with peroxisome proliferator-activated receptor α/δ (PPARα/δ) dual agonistic activity
    Shogo Okazaki; Tomomi Noguchi-Yachide; Taki Sakai; Minoru Ishikawa; Makoto Makishima; Yuichi Hashimoto; Takao Yamaguchi
    Bioorganic & Medicinal Chemistry, 2016年11月, 査読有り, 通常論文
  • Structure-activity relationship studies of non-carboxylic acid peroxisome proliferator-activated receptor α/δ (PPARα/δ) dual agonists
    Shogo Okazaki; Ryuta Shioi; Tomomi Noguchi-Yachide; Minoru Ishikawa; Makoto Makishima; Yuichi Hashimoto; Takao Yamaguchi
    Bioorganic & Medicinal Chemistry, 2016年11月, 査読有り, 通常論文
  • Development of tetrachlorophthalimides as liver X receptor β (LXRβ)-selective agonists
    Sayaka Nomura; Kaori Endo-Umeda; Makoto Makishima; Yuichi Hashimoto; Minoru Ishikawa
    ChemMedChem, 2016年10月, 査読有り, 通常論文
  • A Clinicopathologic Study of Lennert Lymphoma and Possible Prognostic Factors The Importance of Follicular Helper T-cell Markers and the Association With Angioimmunoblastic T-cell Lymphoma
    Daisuke Kurita; Hiroaki Miyoshi; Noriaki Yoshida; Yuya Sasaki; Seiichi Kato; Daisuke Niino; Yasuo Sugita; Yoshihiro Hatta; Masami Takei; Makoto Makishima; Koichi Ohshima
    AMERICAN JOURNAL OF SURGICAL PATHOLOGY, 2016年09月, 査読有り, 通常論文
  • Improvement in Aqueous Solubility of Retinoic Acid Receptor (RAR) Agonists by Bending the Molecular Structure
    Michiaki Hiramatsu; Yuki Ichikawa; Shusuke Tomoshige; Makoto Makishima; Atsuya Muranaka; Masanobu Uchiyama; Takao Yamaguchi; Yuichi Hashimoto; Minoru Ishikawa
    CHEMISTRY-AN ASIAN JOURNAL, 2016年08月, 査読有り, 通常論文
  • Microfluidic chips for forward blood typing performed with a multichannel waveguide-mode sensor
    Hiroki Ashiba; Makoto Fujimaki; Koichi Awazu; Torahiko Tanaka; Makoto Makishima
    Sensing and Bio-Sensing Research, 2016年03月, 査読有り, 通常論文
  • Neuroprotective effect of S-allyl-L-cysteine derivatives against endoplasmic reticulum stress-induced cytotoxicity is independent of calpain inhibition
    Toru Imai; Yasuhiro Kosuge; Hiroaki Saito; Taketo Uchiyama; Taira Wada; Shigeki Shimba; Kumiko Ishige; Shinichi Miyairi; Makoto Makishima; Yoshihisa Ito
    JOURNAL OF PHARMACOLOGICAL SCIENCES, 2016年03月, 査読有り, 通常論文
  • Rapid detection of hemagglutination using restrictive microfluidic channels equipped with waveguide-mode sensors
    Hiroki Ashiba; Makoto Fujimaki; Koichi Awazu; Mengying Fu; Yoshimichi Ohki; Torahiko Tanaka; Makoto Makishima
    JAPANESE JOURNAL OF APPLIED PHYSICS, 2016年02月, 査読有り, 通常論文
  • The ribosomal S6 kinase inhibitor BI-D1870 ameliorated experimental autoimmune encephalomyelitis in mice
    Ichiro Takada; Yoshiko Yogiashi; Makoto Makishima
    IMMUNOBIOLOGY, 2016年02月, 査読有り, 通常論文
  • Differentiated embryo chondrocyte 1 (DEC1) is a novel negative regulator of hepatic fibroblast growth factor 21 (FGF21) in aging mice
    Yu Fujita; Makoto Makishima; Ujjal K. Bhawal
    BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS, 2016年01月, 査読有り, 通常論文
  • 乳房切除術後に施行したセンチネルリンパ節生検における同定率の検討
    鈴木周平、櫻井健一、安達慶太、増尾有紀、長島沙樹、原由起子、天野定雄、榎本克久、槇島誠
    癌と化学療法, 2015年12月, 査読有り, 通常論文
  • Synthesis, Biological Activities, and X-ray Crystal Structural Analysis of 25-Hydroxy-25(or 26)-adamantyl-17420(22),23-diynyl]-21-norvitamin D Compounds
    Yusuke Watarai; Michiyasu Ishizawa; Teikichi Ikura; Flavia C. M. Zacconi; Shigeyuki Uno; Nobutoshi Ito; Antonio Mourino; Hiroaki Tokiwa; Makoto Makishima; Sachiko Yamada
    JOURNAL OF MEDICINAL CHEMISTRY, 2015年12月, 査読有り, 通常論文
  • Effects of alkyl side chains and terminal hydrophilicity on vitamin D receptor (VDR) agonistic activity based on the diphenylpentane skeleton
    Takashi Misawa; Momoko Yorioka; Yosuke Demizu; Tomomi Noguchi-Yachide; Nobumichi Ohoka; Megumi Kurashima-Kinoshita; Hitomi Motoyoshi; Hisao Nojiri; Atsushi Kittaka; Makoto Makishima; Mikihiko Naito; Masaaki Kurihara
    BIOORGANIC & MEDICINAL CHEMISTRY LETTERS, 2015年11月, 査読有り, 通常論文
  • 進行・再発乳癌のPaclitaxel・Bevacizumab療法におけるリンパ球数減少と奏効率の検討
    鈴木周平、櫻井健一、安達慶太、長島沙樹、原由起子、天野定雄、榎本克久、槇島誠
    癌と化学療法, 2015年10月, 査読有り, 通常論文
  • Activation of LXRs using the synthetic agonist GW3965 represses the production of pro-inflammatory cytokines by murine mast cells
    Satoshi Nunomura; Yoshimichi Okayama; Kenji Matsumoto; Noriko Hashimoto; Kaori Endo-Umeda; Tadashi Terui; Makoto Makishima; Chisei Ra
    ALLERGOLOGY INTERNATIONAL, 2015年09月, 査読有り, 通常論文
  • Styrylphenylphthalimides as Novel Transrepression-Selective Liver X Receptor (LXR) Modulators
    Sayaka Nomura; Kaori Endo-Urneda; Atsushi Aoyama; Makoto Makishima; Yuichi Hashimoto; Minoru Ishikawat
    ACS MEDICINAL CHEMISTRY LETTERS, 2015年08月, 査読有り, 通常論文
  • リンパ節転移を伴った甲状腺微小癌の1例
    櫻井健一、小笠原茉衣子、芳沢昌栄、岸田杏子、奥山貴文、増尾有紀、秋山敬、榎本克久、天野定雄、藤崎滋、槇島誠
    日大医学雑誌, 2015年08月, 査読有り, 通常論文
  • Hereditary 1,25-dihydroxyvitamin D-resistant rickets (HVDRR) caused by a VDR mutation: A novel mechanism of dominant inheritance
    Tsuyoshi Isojima; Michiyasu Ishizawa; Kazuko Yoshimura; Mayuko Tamura; Shinichi Hirose; Makoto Makishima; Sachiko Kitanaka
    Bone Reports, 2015年06月, 査読有り, 通常論文
  • A high concentration of triiodothyronine attenuates the stimulatory effect on hemin-induced erythroid differentiation of human erythroleukemia K562 cells
    Mieno Shiraishi; Yoritsuna Yamamoto; Nobutaka Hirooka; Yasuhiro Obuchi; Shoichi Tachibana; Makoto Makishima; Yuji Tanaka
    ENDOCRINE JOURNAL, 2015年05月, 査読有り, 通常論文
  • Hemagglutination detection for blood typing based on waveguide-mode sensors
    Hiroki Ashiba; Makoto Fujimaki; Koichi Awazu; Mengying Fu; Yoshimichi Ohki; Torahiko Tanaka; Makoto Makishima
    Sensing and Bio-Sensing Research, 2015年03月, 査読有り, 通常論文
  • A cis-acting element in the promoter of human ether à go-go 1 potassium channel gene mediates repression by calcitriol in human cervical cancer cells
    Cázares-Ordoñez, V; González-Duarte, R. J; Díaz, L; Ishizawa, M; Uno, S; Ortíz, V; Ordoñez-Sánchez, M. L; Makishima, M; Larrea, F; Avila, E
    Biochemistry and Cell Biology, 2015年02月, 査読有り, 通常論文
  • ポータブル血液検査装置のための血漿分離システムの開発
    黒田 千愛; 大木 義路; 芦葉 裕樹; 藤巻 真; 粟津 浩一; 田中 寅彦; 槇島 誠
    電気学会論文誌E, 2015年, 査読有り, 通常論文
  • Structural design and synthesis of arylalkynyl amide-type peroxisome proliferator-activated receptor γ (PPARγ)-selective antagonists based on the helix12-folding inhibition hypothesis
    Ohashi M; Gamo K; Tanaka Y; Waki M; Beniyama Y; Matsuno K; Wada J; Tenta M; Eguchi J; Makishima M; Matsuura N; Oyama T; Miyachi H
    European Journal of Medicinal Chemistry, 2015年01月, 査読有り, 通常論文
  • Microfluidic sedimentation system for separation of plasma from whole blood
    Chiaki Kuroda; Yoshimichi Ohki; Hiroki Ashiba; Makoto Fujimaki; Koichi Awazu; Torahiko Tanaka; Makoto Makishima
    Proceedings of IEEE Sensors, 2014年12月, 査読有り, 通常論文
  • Induced differentiation of human myeloid leukemia cells into M2 macrophages by combined treatment with retinoic acid and 1α,25-dihydroxyvitamin D3
    Takahashi, H; Hatta, Y; Iriyama, N; Hasegawa, Y; Uchida, H; Nakagawa, M; Makishima, M; Takeuchi, J; Takei, M
    PLoS ONE, 2014年11月, 査読有り, 通常論文
  • マウス膵臓ランゲルハンス島におけるビタミンD受容体依存性の食欲調節ホルモンpeptide YYの発現誘導
    崔 美花; 小関 淳; 梅田 香織; 石原 寿光; 加藤 茂明; 槇島 誠
    ビタミン, 2014年06月, 査読有り, 通常論文
  • Retinoic acid receptor agonist activity of naturally occurring diterpenes
    Hiroki Tanabe; Tomohiro Yasui; Hitoshi Kotani; Akito Nagatsu; Makoto Makishima; Sakae Amagaya; Makoto Inoue
    BIOORGANIC & MEDICINAL CHEMISTRY, 2014年06月, 査読有り, 通常論文
  • 24,25-Dihydroxyvitamin D3 cooperates with a stable, fluoromethylene LPA receptor agonist to secure human (MG63) osteoblast maturation
    Sarah Tamar Lancaster; Julia Blackburn; Ashley Blom; Makoto Makishima; Michiyasu Ishizawa; Jason Peter Mansell
    STEROIDS, 2014年05月, 査読有り, 通常論文
  • Structure–activity relationship-guided development of retinoic acid receptor-related orphan receptor gamma (RORγ)-selective inverse agonists with a phenanthridin-6(5H)-one skeleton from a liver X receptor ligand
    Nishiyama, Y; Nakamura, M; Misawa, T; Nakagomi, M; Makishima, M; Ishikawa, M; Hashimoto, Y
    Bioorganic & Medicinal Chemistry, 2014年05月, 査読有り, 通常論文
  • Combination of Triple Bond and Adamantane Ring on the Vitamin D Side Chain Produced Partial Agonists for Vitamin D Receptor
    Takeru Kudo; Michiyasu Ishizawa; Kazuki Maekawa; Makoto Nakabayashi; Yusuke Watarai; Hikaru Uchida; Hiroaki Tokiwa; Teikichi Ikura; Nobutoshi Ito; Makoto Makishima; Sachiko Yamada
    JOURNAL OF MEDICINAL CHEMISTRY, 2014年05月, 査読有り, 通常論文
  • Design and synthesis of silicon-containing steroid sulfatase inhibitors possessing pro-estrogen antagonistic character
    Daisuke Kajita; Masaharu Nakamura; Yotaro Matsumoto; Makoto Makishima; Yuichi Hashimoto
    BIOORGANIC & MEDICINAL CHEMISTRY, 2014年04月, 査読有り, 通常論文
  • 7-Dehydrocholesterol metabolites produced by sterol 27-hydroxylase (CYP27A1) modulate liver X receptor activity
    Kaori Endo-Umeda; Kaori Yasuda; Kazuyuki Sugita; Akira Honda; Miho Ohta; Minoru Ishikawa; Yuichi Hashimoto; Toshiyuki Sakaki; Makoto Makishima
    JOURNAL OF STEROID BIOCHEMISTRY AND MOLECULAR BIOLOGY, 2014年03月, 査読有り, 通常論文
  • Protective effect of S-allyl-L-cysteine against endoplasmic reticulum stress-induced neuronal death is mediated by inhibition of calpain
    Toru Imai; Yasuhiro Kosuge; Kaori Endo-Umeda; Hiroko Miyagishi; Kumiko Ishige; Makoto Makishima; Yoshihisa Ito
    AMINO ACIDS, 2014年02月, 査読有り, 通常論文
  • Protective role of cytochrome P450 1A1 (CYP1A1) against benzo[a]pyrene-induced toxicity in mouse aorta
    Shigeyuki Uno; Kenichi Sakurai; Daniel W. Nebert; Makoto Makishima
    TOXICOLOGY, 2014年02月, 査読有り, 通常論文
  • Direct targeting of proteins to lipid droplets demonstrated by time-lapse live cell imaging
    Torahiko Tanaka; Kazumichi Kuroda; Masanori Ikeda; Nobuyuki Kato; Kazufumi Shimizu; Makoto Makishima
    Journal of Bioscience and Bioengineering, 2013年11月, 査読有り, 通常論文
  • Enhanced transcription of pancreatic peptide YY by 1α-hydroxyvitamin D3 administration in streptozotocin-induced diabetic mice
    Ozeki, J; Choi, M; Endo-Umeda, K; Sakurai, K; Amano, S; Makishima, M
    Neuropeptides, 2013年10月, 査読有り, 通常論文
  • Crystal Structures of Hereditary Vitamin D-Resistant Rickets-Associated Vitamin D Receptor Mutants R270L and W282R Bound to 1,25-Dihydroxyvitamin D-3 and Synthetic Ligands
    Makoto Nakabayashi; Yoshito Tsukahara; Yuldko Iwasaki-Miyamoto; Mika Mihori-Shimazaki; Sachiko Yamada; Satomi Inaba; Masayuki Oda; Masato Shimizu; Makoto Makishima; Hiroaki Tokiwa; Teikichi Ikura; Nobutoshi Ito
    JOURNAL OF MEDICINAL CHEMISTRY, 2013年09月, 査読有り, 通常論文
  • Structure-activity relationships of bisphenol A analogs at estrogen receptors (ERs): Discovery of an ERα-selective antagonist
    Maruyama, K; Nakamura, M; Tomoshige, S; Sugita, K; Makishima, M; Hashimoto, Y; Ishikawa, M
    Bioorganic & Medicinal Chemistry Letters, 2013年07月, 査読有り, 通常論文
  • Synthesis and evaluation of 2,3-dinorprostaglandins: dinor-PGD1 and 13-epi-dinor-PGD1 are peroxisome proliferator-activated receptor α/γ dual agonists
    Sato, A; Dodo, K; Makishima, M; Hashimoto, Y; Sodeoka, M
    Bioorganic & Medicinal Chemistry Letters, 2013年05月, 査読有り, 通常論文
  • Hepatitis C virus NS4B targets lipid droplets through hydrophobic residues in the amphipathic helices
    Torahiko Tanaka; Kazumichi Kuroda; Masanori Ikeda; Takaji Wakita; Nobuyuki Kato; Makoto Makishima
    Journal of Lipid Research, 2013年04月, 査読有り, 通常論文
  • Development of silicon-containing bis-phenol derivatives as androgen receptor antagonists: Selectivity switching by C/Si exchange
    Masaharu Nakamura; Makoto Makishima; Yuichi Hashimoto
    Bioorganic and Medicinal Chemistry, 2013年04月, 査読有り, 通常論文
  • Mechanism of RXR partial agonistic action of CBt-PMN and structural development to increase potency
    Ohsawa; F.; Yamada; S.; Yakushiji; N.; Shinozaki; R.; Nakayama; M.; Kawata; K.; Hagaya; M.; Kobayashi; T.; Kohara; K.; Furusawa; Y.; Fujiwara; C.; Ohta; Y.; Makishima; M.; Naitou; H.; Tai; A.; Yoshikawa; Y.; Yasui; H.; and Kakuta; H.
    Journal of Medicinal Chemistry, 2013年03月, 査読有り, 通常論文
  • Impairment of Bilirubin Clearance and Intestinal Interleukin-6 Expression in Bile Duct-Ligated Vitamin D Receptor Null Mice
    Michiyasu Ishizawa; Michitaka Ogura; Shigeaki Kato; Makoto Makishima
    PLOS ONE, 2012年12月, 査読有り, 通常論文
  • ビタミンD受容体の胆汁酸代謝調節と作用選択性胆汁酸アゴニスト
    西田滋、石澤通康、槇島誠
    日本大学医学部一般教育研究紀要, 2012年12月, 査読無し, 通常論文
  • Vitamin D Receptor Activation Enhances Benzo[a]pyrene Metabolism via CYP1A1 Expression in Macrophages
    Manabu Matsunawa; Daisuke Akagi; Shigeyuki Uno; Kaori Endo-Umeda; Sachiko Yamada; Kazumasa Ikeda; Makoto Makishima
    DRUG METABOLISM AND DISPOSITION, 2012年11月, 査読有り, 通常論文
  • Vitamin D Receptor Activation Induces Peptide YY Transcription in Pancreatic Islets
    Mihwa Choi; Jun Ozeki; Masami Hashizume; Shigeaki Kato; Hisamitsu Ishihara; Makoto Makishima
    ENDOCRINOLOGY, 2012年11月, 査読有り, 通常論文
  • Design, synthesis and in vitro evaluation of a series of alpha-substituted phenylpropanoic acid PPAR gamma agonists to further investigate the stereochemistry-activity relationship
    Masao Ohashi; Izumi Nakagome; Jun-ichi Kasuga; Hiromi Nobusada; Kenji Matsuno; Makoto Makishima; Shuichi Hirono; Yuichi Hashimoto; Hiroyuki Miyachi
    BIOORGANIC & MEDICINAL CHEMISTRY, 2012年11月, 査読有り, 通常論文
  • ヒト単球系細胞株におけるビタミンDによる生体異物代謝修飾
    槇島 誠; 松縄 学; 赤木 大輔; 梅田 香織; 宇野 茂之
    ビタミン, 2012年10月
  • Design, Synthesis, and Biological Evaluation of Novel Transrepression-Selective Liver X Receptor (LXR) Ligands with 5,11-Dihydro-5-methyl-11-methylene-6H-dibenz[b,e]azepin-6-one Skeleton
    Atsushi Aoyama; Kaori Endo-Umeda; Kenji Kishida; Kenji Ohgane; Tomomi Noguchi-Yachide; Hiroshi Aoyama; Minoru Ishikawa; Hiroyuki Miyachi; Makoto Makishima; Yuichi Hashimoto
    JOURNAL OF MEDICINAL CHEMISTRY, 2012年09月, 査読有り, 通常論文
  • ビタミンDによる脂質代謝調節
    槇島誠
    臨床栄養, 2012年09月, 査読無し, 通常論文
    筆頭著者
  • Differential Expression and Function of Alternative Splicing Variants of Human Liver X Receptor alpha
    Kaori Endo-Umeda; Shigeyuki Uno; Ko Fujimori; Yoshikazu Naito; Koichi Saito; Kenji Yamagishi; Yangsik Jeong; Hiroyuki Miyachi; Hiroaki Tokiwa; Sachiko Yamada; Makoto Makishima
    MOLECULAR PHARMACOLOGY, 2012年06月, 査読有り, 通常論文
  • E297G mutated bile salt export pump (BSEP) function enhancers derived from GW4064: Structural development study and separation from farnesoid X receptor-agonistic activity
    Takashi Misawa; Hisamitsu Hayashi; Makoto Makishima; Yuichi Sugiyama; Yuichi Hashimoto
    BIOORGANIC & MEDICINAL CHEMISTRY LETTERS, 2012年06月, 査読有り, 通常論文
  • Feasibility of Structural Modification of Retinoid X Receptor Agonists to Separate Blood Glucose-Lowering Action from Adverse Effects: Studies in KKA(y) Type 2 Diabetes Model Mice
    Hiroki Kakuta; Fuminori Ohsawa; Shoya Yamada; Makoto Makishima; Akihiro Tai; Hiroyuki Yasui; Yutaka Yoshikawa
    BIOLOGICAL & PHARMACEUTICAL BULLETIN, 2012年04月, 査読有り, 通常論文
  • Hairless Modulates Ligand-Dependent Activation of the Vitamin D Receptor-Retinoid X Receptor Heterodimer
    Masayuki Chuma; Kaori Endo-Umeda; Shigeki Shimba; Sachiko Yamada; Makoto Makishima
    BIOLOGICAL & PHARMACEUTICAL BULLETIN, 2012年04月, 査読有り, 通常論文
  • RXR partial agonist CBt-PMN exerts therapeutic effects on type 2 diabetes without the side effects of RXR full agonists
    Kakuta; H.; Yakushiji; N.; Shinozaki; R.; Ohsawa; F.; Yamada; S.; Ohta; Y.; Kawata; K.; Nakayama; M.; Hagaya; M.; Fujiwara; C.; Makishima; M.; Uno; S.; Tai; A.; Maehara; A.; Nakayama; M.; Oohashi; T.; Yasui; H.; and Yoshikawa; Y.
    ACS Medicinal Chemistry Letters, 2012年04月, 査読有り, 通常論文
  • NR4A nuclear receptors mediate carnitine palmitoyltransferase 1A gene expression by the rexinoid HX600
    Michiyasu Ishizawa; Hiroyuki Kagechika; Makoto Makishima
    BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS, 2012年02月, 査読有り, 通常論文
  • Dynamic and Ligand-Selective Interactions of Vitamin D Receptor with Retinoid X Receptor and Cofactors in Living Cells
    Mihwa Choi; Sachiko Yamada; Makoto Makishima
    MOLECULAR PHARMACOLOGY, 2011年12月, 査読有り, 通常論文
  • Discovery of a Potent Retinoid X Receptor Antagonist Structurally Closely Related to RXR Agonist NEt-3IB
    Mariko Nakayama; Shoya Yamada; Fuminori Ohsawa; Yui Ohta; Kohei Kawata; Makoto Makishima; Hiroki Kakuta
    ACS MEDICINAL CHEMISTRY LETTERS, 2011年12月, 査読有り, 通常論文
  • Farnesol, an isoprenoid, improves metabolic abnormalities in mice via both PPAR alpha-dependent and -independent pathways
    Tsuyoshi Goto; Young-Il Kim; Kozue Funakoshi; Aki Teraminami; Taku Uemura; Shizuka Hirai; Joo-Young Lee; Makoto Makishima; Rieko Nakata; Hiroyasu Inoue; Hiroyuki Senju; Masayoshi Matsunaga; Fumihiko Horio; Nobuyuki Takahashi; Teruo Kawada
    AMERICAN JOURNAL OF PHYSIOLOGY-ENDOCRINOLOGY AND METABOLISM, 2011年11月, 査読有り, 通常論文
  • Inhibition of Tumor Growth by Antibody to ADAMTS1 in Mouse Xenografts of Breast Cancer
    Tomohiro Hirano; Kunitaka Hirose; Kenichi Sakurai; Makoto Makishima; Kenji Sasaki; Sadao Amano
    ANTICANCER RESEARCH, 2011年11月, 査読有り, 通常論文
  • ビタミンD受容体の活性化機構
    槇島誠
    生命の科学, 2011年10月, 査読無し, 通常論文
    筆頭著者
  • PXR Prevents Cholesterol Gallstone Disease by Regulating Biosynthesis and Transport of Bile Salts
    Jinhan He; Shigeru Nishida; Meishu Xu; Makoto Makishima; Wen Xie
    GASTROENTEROLOGY, 2011年06月, 査読有り, 通常論文
  • ヒト単球系細胞株におけるビタミンDによる生体異物代謝修飾
    槇島 誠; 松縄 学; 赤木 大輔; 遠藤 香織; 宇野 茂之
    ビタミン, 2011年04月
  • マクロファージの核内受容体
    The Lipid, 2011年04月, 査読無し, 通常論文
    筆頭著者
  • Aryl hydrocarbon receptor ligand 2,3,7,8-tetrachlorodibenzo-p-dioxin enhances liver damage in bile duct-ligated mice
    Jun Ozeki; Shigeyuki Uno; Michitaka Ogura; Mihwa Choi; Tetsuyo Maeda; Kenichi Sakurai; Sadanori Matsuo; Sadao Amano; Daniel W. Nebert; Makoto Makishima
    TOXICOLOGY, 2011年02月, 査読有り, 通常論文
  • 胆汁酸代謝とビタミンD受容体
    槇島 誠
    ビタミン, 2011年02月, 査読有り, 通常論文
    筆頭著者
  • The bile acid derivatives lithocholic acid acetate and lithocholic acid propionate are functionally selective vitamin D receptor ligands
    Makoto Makishima; Sachiko Yamada
    Vitamin D, 2011年, 査読有り, 通常論文
  • AKR1B7 Is Induced by the Farnesoid X Receptor and Metabolizes Bile Acids
    Daniel R. Schmidt; Samuel Schmidt; Sam R. Holmstrom; Makoto Makishima; Ruth T. Yu; Carolyn L. Cummins; David J. Mangelsdorf; Steven A. Kliewer
    JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY, 2011年01月, 査読有り, 通常論文
  • Diosgenin, the Main Aglycon of Fenugreek, Inhibits LXR alpha Activity in HepG2 Cells and Decreases Plasma and Hepatic Triglycerides in Obese Diabetic Mice
    Taku Uemura; Tsuyoshi Goto; Min-Sook Kang; Noriko Mizoguchi; Shizuka Hirai; Joo-Yong Lee; Yuki Nakano; Jinji Shono; Shohei Hoshino; Keiko Taketani; Nobuaki Tsuge; Toshihiko Narukami; Makoto Makishima; Nobuyuki Takahashi; Teruo Kawada
    JOURNAL OF NUTRITION, 2011年01月, 査読有り, 通常論文
  • 活性化ビタミンD3によるAhR-CYP1A1誘導メカニズム増強作用
    宇野 茂之; 松縄 学; 赤木 大輔; 遠藤 香織; 槇島 誠
    日本生化学会大会・日本分子生物学会年会合同大会講演要旨集, 2010年12月
  • Liver X receptors and immune regulation
    Satoshi Nunomura; Makoto Makishima; Chisei Ra
    Biomolecular Concepts, 2010年12月, 査読有り, 通常論文
  • Modification at the Lipophilic Domain of RXR Agonists Differentially Influences Activation of RXR Heterodimers
    Fuminori Ohsawa; Ken-ichi Morishita; Shoya Yamada; Makoto Makishima; Hiroki Kakuta
    ACS MEDICINAL CHEMISTRY LETTERS, 2010年12月, 査読有り, 通常論文
  • リガンドを介した1α,25(OH)2D3/VDRのアロステリックコミュニケーション
    元吉沙也加; 山岸賢司; 槇島誠; 山田幸子; 常盤広明
    ビタミン, 2010年11月, 査読有り, 通常論文
  • Mast cell death induced by 24(S),25-epoxycholesterol
    Makiko Fukunaga; Satoshi Nunomura; Shigeru Nishida; Kaori Endo; Yasuhiro Gon; Shu Hashimoto; Yuichi Hashimoto; Yoshimichi Okayama; Makoto Makishima; Chisei Ra
    EXPERIMENTAL CELL RESEARCH, 2010年11月, 査読有り, 通常論文
  • Improvement of water-solubility of biarylcarboxylic acid peroxisome proliferator-activated receptor (PPAR) delta-selective partial agonists by disruption of molecular planarity/symmetry
    Jun-ichi Kasuga; Minoru Ishikawa; Mitsuhiro Yonehara; Makoto Makishima; Yuichi Hashimoto; Hiroyuki Miyachi
    BIOORGANIC & MEDICINAL CHEMISTRY, 2010年10月, 査読有り, 通常論文
  • Modification at the acidic domain of RXR agonists has little effect on permissive RXR-heterodimer activation
    Shuji Fujii; Fuminori Ohsawa; Shoya Yamada; Ryosuke Shinozaki; Ryosuke Fukai; Makoto Makishima; Shuichi Enomoto; Akihiro Tai; Hiroki Kakuta
    BIOORGANIC & MEDICINAL CHEMISTRY LETTERS, 2010年09月, 査読有り, 通常論文
  • Fluorescent retinoid X receptor ligands for fluorescence polarization assay
    Shoya Yamada; Fuminori Ohsawa; Shuji Fujii; Ryosuke Shinozaki; Makoto Makishima; Hirotaka Naitou; Shuichi Enomoto; Akihiro Tai; Hiroki Kakuta
    BIOORGANIC & MEDICINAL CHEMISTRY LETTERS, 2010年09月, 査読有り, 通常論文
  • Identification of a Naturally Occurring Rexinoid, Honokiol, That Activates the Retinoid X Receptor
    Hitoshi Kotani; Hiroki Tanabe; Hajime Mizukami; Makoto Makishima; Makoto Inoue
    JOURNAL OF NATURAL PRODUCTS, 2010年08月, 査読有り, 通常論文
  • Interactions between 1α,25(OH)2D3 and residues in the ligand-binding pocket of the vitamin D receptor: a correlated fragment molecular orbital study
    Yamagishia, K; Tokiwa, H; Makishima, M; Yamada, S
    Journal of Steroid Biochemistry and Molecular Biology, 2010年07月, 査読有り, 通常論文
  • Oxysterol represses high-affinity IgE receptor-stimulated mast cell activation in Liver X receptor-dependent and -independent manners
    Satoshi Nunomura; Kaori Endo; Makoto Makishima; Chisei Ra
    FEBS LETTERS, 2010年03月, 査読有り, 通常論文
  • LXXLL peptide mimetics as inhibitors of the interaction of vitamin D receptor with coactivators
    Yusuke Mita; Kosuke Dodo; Tomomi Noguchi-Yachide; Hiroyuki Miyachi; Makoto Makishima; Yuichi Hashimoto; Minoru Ishikawa
    BIOORGANIC & MEDICINAL CHEMISTRY LETTERS, 2010年03月, 査読有り, 通常論文
  • リトコール酸誘導体は高カルシウム血症を伴わない作用選択的ビタミンD受容体アゴニストである(研究論文紹介)
    石澤 通康; 松縄 学; 安達 竜太郎; 宇野 茂之; 池田 和正; 増野 弘之; 清水 正人; 岩崎 賢一; 山田 幸子; 槇島 誠
    ビタミン, 2010年
  • The Basic Helix-Loop-Helix Proteins Differentiated Embryo Chondrocyte (DEC) 1 and DEC2 Function as Corepressors of Retinoid X Receptors
    Yoshitake Cho; Mitsuhide Noshiro; Mihwa Choi; Kentaro Morita; Takeshi Kawamoto; Katsumi Fujimoto; Yukio Kato; Makoto Makishima
    MOLECULAR PHARMACOLOGY, 2009年12月, 査読有り, 通常論文
  • Novel biphenylcarboxylic acid peroxisome proliferator-activated receptor (PPAR) delta selective antagonists
    Jun-ichi Kasuga; Seiichi Ishida; Daisuke Yamasaki; Makoto Makishima; Takefumi Doi; Yuichi Hashimoto; Hiroyuki Miyachi
    BIOORGANIC & MEDICINAL CHEMISTRY LETTERS, 2009年12月, 査読有り, 通常論文
  • Benzo[a]pyrene toxicity and inflammatory disease
    Shigeyuki Uno; Makoto Makishima
    Current Rheumatology Reviews, 2009年11月, 査読有り, 通常論文
  • Modulation of Bile Acid Metabolism by 1 alpha-Hydroxyvitamin D(3) Administration in Mice
    Shigeru Nishida; Jun Ozeki; Makoto Makishima
    DRUG METABOLISM AND DISPOSITION, 2009年10月, 査読有り, 通常論文
  • Hypergravity modulates vitamin D receptor target gene mRNA expression in mice
    Michiyasu Ishizawa; Ken-ichi Iwasaki; Shigeaki Kato; Makoto Makishima
    AMERICAN JOURNAL OF PHYSIOLOGY-ENDOCRINOLOGY AND METABOLISM, 2009年09月, 査読有り, 通常論文
  • LIVER X RECEPTOR (LXR) MODULATORS WITH DIBENZ[b,f]-[1,4]OXAZEPIN-11-ONE, (Z)-DIBENZ[b,f]AZOCIN-6-ONE, AND 11,12-DIHYDRODIBENZ[b,f]AZOCIN-6-ONE SKELETONS
    Atsushi Aoyama; Hiroshi Aoyama; Makoto Makishima; Yuichi Hashimoto; Hiroyuki Miyachi
    HETEROCYCLES, 2009年09月, 査読有り, 通常論文
  • Induction of SREBP-1c mRNA by Differentiation and LXR Ligand in Human Keratinocytes
    Ai Yokoyama; Makoto Makishima; Mihwa Choi; Yoshitake Cho; Shigeru Nishida; Yuichi Hashimoto; Tadashi Terui
    JOURNAL OF INVESTIGATIVE DERMATOLOGY, 2009年06月, 査読有り, 通常論文
  • The Aryl Hydrocarbon Receptor Activator Benzo[a]pyrene Enhances Vitamin D-3 Catabolism in Macrophages
    Manabu Matsunawa; Yusuke Amano; Kaori Endo; Shigeyuki Uno; Toshiyuki Sakaki; Sachiko Yamada; Makoto Makishima
    TOXICOLOGICAL SCIENCES, 2009年05月, 査読有り, 通常論文
  • CYP1A1 and CYP1A2 expression: comparing ‘humanized’ mouse lines and wild-type mice; comparing human and mouse hepatoma-derived cell lines
    Uno, S; Endo, K; Ishida, Y; Tateno, C; Makishima, M; Yoshizato, K; Nebert, D. W
    Toxicology and Applied Pharmacology, 2009年05月, 査読有り, 通常論文
  • Therapeutic applications for novel non-hypercalcemic vitamin D receptor ligands
    Mihwa Choi; Makoto Makishima
    EXPERT OPINION ON THERAPEUTIC PATENTS, 2009年05月, 査読有り, 通常論文
  • Oncogenic Nucleoporin CAN/Nup214 Interacts With Vitamin D Receptor and Modulates its Function
    Yoshiteru Miyauchi; Naoko Sakaguchi; Tomoko Okada; Makoto Makishima; Keiichi Ozono; Toshimi Michigami
    JOURNAL OF CELLULAR BIOCHEMISTRY, 2009年04月, 査読有り, 通常論文
  • Increased nuclear expression and transactivation of vitamin D receptor by the cardiotonic steroid bufalin in human myeloid leukemia cells
    Yusuke Amano; Yoshitake Cho; Manabu Matsunawa; Kazuo Komiyama; Makoto Makishima
    JOURNAL OF STEROID BIOCHEMISTRY AND MOLECULAR BIOLOGY, 2009年04月, 査読有り, 通常論文
  • Vitamin D(3) Modulates the Expression of Bile Acid Regulatory Genes and Represses Inflammation in Bile Duct-Ligated Mice
    Michitaka Ogura; Shigeru Nishida; Michiyasu Ishizawa; Kenichi Sakurai; Makoto Shimizu; Sadanori Matsuo; Sadao Amano; Shigeyuki Uno; Makoto Makishima
    JOURNAL OF PHARMACOLOGY AND EXPERIMENTAL THERAPEUTICS, 2009年02月, 査読有り, 通常論文
  • Replacing alkyl sulfonamide with aromatic sulfonamide in sulfonamide-type RXR agonists favors switch towards antagonist activity
    Ken-ichi Morishita; Nobumasa Yakushiji; Fuminori Ohsawa; Kayo Takamatsu; Nobuyasu Matsuura; Makoto Makishima; Masatoshi Kawahata; Kentaro Yamaguchi; Akihiro Tai; Kenji Sasaki; Hiroki Kakuta
    BIOORGANIC & MEDICINAL CHEMISTRY LETTERS, 2009年02月, 査読有り, 通常論文
  • 4.アダマンチルビタミンD誘導体を結合したビタミンD受容体の結晶構造 : ビタミンD受容体アンタゴニズム/パーシャルアゴニズムの分子基盤(第321回会議研究発表要旨,脂溶性ビタミン総合研究委員会)
    山田 幸子; 中林 誠; 吉本 暢子; 田中 崇; 五十嵐 美晴; 伊倉 貞吉; 伊藤 暢聡; 清水 正人; 槇島 誠; DeLuca Hector F.
    ビタミン, 2009年
  • Suppression of beta-catenin signaling by liver X receptor ligands
    Shigeyuki Uno; Kaori Endo; Yangsik Jeong; Katsuyoshi Kawana; Hiroyuki Miyachi; Yuichi Hashimoto; Makoto Makishima
    BIOCHEMICAL PHARMACOLOGY, 2009年01月, 査読有り, 通常論文
  • Liver X receptors (LXR alpha and LXR beta) are potent regulators for hepatic Dec1 expression
    Mitsuhide Noshiro; Emiko Usui; Takeshi Kawamoto; Fuyuki Sato; Ayumu Nakashima; Taichi Ueshima; Kiyomasa Honda; Katsumi Fujimoto; Sato Honma; Ken-ichi Honma; Makoto Makishima; Yukio Kato
    GENES TO CELLS, 2009年01月, 査読有り, 通常論文
  • Vitamin D and periodontal disease
    Amano; Y.; Komiyama; K.; and Makishima; M.
    Journal of Oral Science, 2009年, 査読有り, 通常論文
    責任著者
  • PPARdelta選択的アゴニストの創製と受容体-リガンド複合体構造情報を踏まえた選択性発現機構解明
    春日淳一、大山拓次、中込泉、青山惇、迫久美子、槇島誠、広野修一、森川耿右、橋本祐一、宮地弘幸
    YAKUGAKU ZASSHI, 2009年, 査読有り, 通常論文
  • Identification of G protein-coupled receptor 120-selective agonists derived from PPARγ agonists
    Takayoshi Suzuki; Sou Ichi Igari; Akira Hirasawa; Mie Hata; Masaji Ishiguro; Hiroki Fujieda; Yukihiro Itoh; Tatsuya Hirano; Hidehiko Nakagawa; Michitaka Ogura; Makoto Makishima; Gozoh Tsujimoto; Naoki Miyata
    Journal of Medicinal Chemistry, 2008年12月, 査読有り, 通常論文
  • Determination of the Critical Amino Acids Involved in the Peroxisome Proliferator-Activated Receptor (PPAR) delta Selectivity of Phenylpropanoic Acid-Derived Agonists
    Jun-ichi Kasuga; Takuji Oyama; Izumi Nakagome; Makoto Makishima; Shuichi Hirono; Kosuke Morikawa; Yuichi Hashimoto; Hiroyuki Miyach
    CHEMMEDCHEM, 2008年11月, 査読有り, 通常論文
  • Direct Interaction of Nuclear Liver X Receptor-beta with ABCA1 Modulates Cholesterol Efflux
    Masako Hozoji; Youichi Munehira; Yuika Ikeda; Makoto Makishima; Michinori Matsuo; Noriyuki Kioka; Kazumitsu Ueda
    JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY, 2008年10月, 査読有り, 通常論文
  • Peroxisome proliferator-activated receptor (PPAR) agonists with 3,4-dihydro-2H-benzo[e][1,3]oxazine and 2,3,4,5-tetrahydrobenzo[f][1,4]oxazepine skeletons: Effects of cyclization of linker moiety on PPAR-agonistic activity
    Kenji Ohgane; Jyun-ichi Kasuga; Takuji Ohyama; Yuko Hirakawa; Kosuke Morikawa; Makoto Makishima; Yuichi Hashimoto; Hiroyuki Miyachi
    HETEROCYCLES, 2008年09月, 査読有り, 通常論文
  • Structure-based design and synthesis of fluorescent PPAR alpha/delta co-agonist and its application as a probe for fluorescent polarization assay of PPAR delta ligands
    Yoko Araya; Jun-ichi Kasuga; Kenji Toyota; Yuko Hirakawa; Takuji Oyama; Makoto Makishima; Kosuke Morikawa; Yuichi Hashimoto; Hiroyuki Miayachi
    CHEMICAL & PHARMACEUTICAL BULLETIN, 2008年09月, 査読有り, 通常論文
  • Crystal structures of rat vitamin D receptor bound to adamantyl vitamin D analogs: Structural basis for vitamin D receptor antagonism and partial agonism
    Makoto Nakabayashi; Sachiko Yamada; Nobuko Yoshimoto; Takashi Tanaka; Miharu Igarashi; Teikichi Ikura; Nobutoshi Ito; Makoto Makishima; Hiroaki Tokiwa; Hector F. DeLuca; Masato Shimizu
    JOURNAL OF MEDICINAL CHEMISTRY, 2008年09月, 査読有り, 通常論文
  • LXR ANTAGONISTS WITH A 5-SUBSTITUTED PHENANTHRIDIN-6-ONE SKELETON: SYNTHESIS AND LXR TRANSREPRESSION ACTIVITIES OF CONFORMATIONALLY RESTRICTED CARBA-T0901317 ANALOGS
    Atsushi Aoyama; Hiroshi Aoyama; Kosuke Dodo; Makoto Makishima; Yuichi Hashimoto; Hiroyuki Miyachi
    HETEROCYCLES, 2008年09月, 査読有り, 通常論文
  • ダイオキシン受容体を介する遺伝子特異的VDR活性増強作用
    松縄 学; 宇野 茂之; 槇島 誠
    日大医学雑誌, 2008年08月
  • Improvement of the transactivation activity of phenylpropanoic acid-type peroxisome proliferator-activated receptor pan agonists: Effect of introduction of fluorine at the linker part
    Jun-ichi Kasuga; Takuji Oyama; Yuko Hirakawa; Makoto Makishima; Kosuke Morikawa; Yuichi Hashimoto; Hiroyuki Miyachi
    BIOORGANIC & MEDICINAL CHEMISTRY LETTERS, 2008年08月, 査読有り, 通常論文
  • ビタミンD受容体のリガンド選択的作用発現機構の解析
    石澤 通康; 松縄 学; 山田 幸子; 槇島 誠; 安達 竜太郎; 増野 弘幸; 清水 正人
    ビタミン, 2008年07月
  • Induction of differentiation of myeloid leukemia cells in primary culture in response to lithocholic acid acetate, a bile acid derivative, and cooperative effects with another differentiation inducer, cotylenin A
    Akiyoshi Horie; Miho Akimoto; Hiroto Tsumura; Makoto Makishima; Takeshi Taketani; Seiji Yamaguchi; Yoshio Honma
    LEUKEMIA RESEARCH, 2008年07月, 査読有り, 通常論文
  • Inhibition of aryl hydrocarbon receptor transactivation and DNA adduct formation by CYP1 isoform-selective metabolic deactivation of benzo[a]pyrene
    Kaorl Endo; Shigeyuki Uno; Taiichiro Seki; Toyohiko Ariga; Yoshiaki Kusumi; Masako Mitsumata; Sachiko Yamada; Makoto Makishima
    TOXICOLOGY AND APPLIED PHARMACOLOGY, 2008年07月, 査読有り, 通常論文
  • Progesterone receptor antagonists with a 3-phenylquinazoline2,4-dione/2-phenylisoquinoline-1,3-dione skeleton
    Aya Nakagawa; Shigeyuki Uno; Makoto Makishima; Hiroyuki Miyachi; Yuichi Hashimoto
    BIOORGANIC & MEDICINAL CHEMISTRY, 2008年07月, 査読無し, 通常論文
  • The first potent subtype-selective retinoid X receptor (RXR) agonist possessing a 3-isopropoxy-4-isopropylphenylamino moiety, NEt-3IP (RXR alpha/beta-dual agonist)
    Kayo Takamatsu; Atsushi Takano; Nobumasa Yakushiji; Kazunori Morohashi; Kenichi Morishita; Nobuyasu Matsuura; Makoto Makishima; Akihiro Tai; Kenji Sasaki; Hiroki Kakuta
    CHEMMEDCHEM, 2008年05月, 査読有り, 通常論文
  • Lithocholic acid derivatives act as selective vitamin D receptor modulators without inducing hypercalcemia
    Michiyasu Ishizawa; Manabu Matsunawa; Ryutaro Adachi; Shigeyuki Uno; Kazumasa Keda; Hiroyuki Masuno; Masato Shimizu; Ken-Ichi Iwasaki; Sachiko Yamada; Makoto Makishima
    JOURNAL OF LIPID RESEARCH, 2008年04月, 査読有り, 通常論文
  • Co-existence of alpha-glucosidase-inhibitory and liver X receptor-regulatory activities and their separation by structural development
    Kosuke Dodo; Atsushi Aoyama; Tomomi Noguchi-Yachide; Makoto Makishima; Hiroyuki Miyachi; Yuichi Hashimoto
    BIOORGANIC & MEDICINAL CHEMISTRY, 2008年04月, 査読有り, 通常論文
  • Reduction of lipophilicity at the lipophilic domain of RXR agonists enables production of subtype preference: RXR alpha-preferential agonist possessing a sulfonamide moiety
    Kayo Takamatsu; Atsushi Takano; Nobumasa Yakushiji; Ken-ichi Morishita; Nobuyasu Matsuura; Makoto Makishima; Hamed Ismail Ali; Eiichi Akaho; Akihiro Tai; Kenji Sasaki; Hiroki Kakuta
    CHEMMEDCHEM, 2008年03月, 査読有り, 通常論文
  • SAR-oriented discovery of peroxisome proliferator-activated receptor pan agonist with a 4-adamantylphenyl group as a hydrophobic tail
    Jun-Ichi Kasuga; Daisuke Yamasaki; Kiyoshi Ogura; Motomu Shimizu; Mayumi Sato; Makoto Makishima; Takefumi Doi; Yuichi Hashimoto; Hiroyuki Miyachi
    BIOORGANIC & MEDICINAL CHEMISTRY LETTERS, 2008年02月, 査読有り, 通常論文
  • 2-Methylene 19-nor-25-dehydro-1 alpha-hydroxyvitamin D-3 26,23-lactones: Synthesis, biological activities and molecular basis of passive antagonism
    Nobuko Yoshimoto; Yuka Inaba; Sachiko Yamada; Makoto Makishima; Masato Shimizu; Keiko Yamamoto
    BIOORGANIC & MEDICINAL CHEMISTRY, 2008年01月, 査読有り, 通常論文
  • 核内受容体リガンドと疾患
    槇島誠
    ゲノム医学, 2008年, 査読無し, 通常論文
    筆頭著者
  • 新しい実習への取り組み:DNA多型解析.あなたは下戸か上戸か?長距離ランナーか短距離ランナーか?
    江角眞理子、槇島誠
    日大医学雑誌, 2008年, 査読有り, 通常論文
    責任著者
  • 生体におけるビタミンD受容体のしくみ
    槇島誠
    薬局, 2008年, 査読無し, 通常論文
    筆頭著者
  • Structural development of liver X receptor (LXR) antagonists derived from thalidomide-related glucosidase inhibitors
    Tornorru Noguchi-Yachide; Hiroyuki Miyachi; Hiroshi Aoyama; Atsushl Aoyama; Makoto Makishima; Yuichi Hashimoto
    CHEMICAL & PHARMACEUTICAL BULLETIN, 2007年12月, 査読有り, 通常論文
  • ダイオキシン受容体を介する遺伝子特異的VDR活性増強作用
    槇島 誠; 松縄 学; 西田 滋; 宇野 茂之
    ビタミン, 2007年09月
  • Phenylpropanoic acid derivatives bearing a benzothiazole ring as PPAR delta-selective agonists
    Hiroki Fujieda; Shinya Usui; Takayoshi Suzuki; Hidehiko Nakagawa; Michitaka Ogura; Makoto Makishima; Naoki Miyata
    BIOORGANIC & MEDICINAL CHEMISTRY LETTERS, 2007年08月, 査読有り, 通常論文
  • Design, synthesis, and evaluation of potent, structurally novel peroxisome proliferator-activated receptor (PPAR) delta-selective agonists
    Jun-ichi Kasuga; Izumi Nakagome; Atsushi Aoyama; Kumiko Sako; Michiyasu Ishizawa; Michitaka Ogura; Makoto Makishima; Shuichi Hirono; Yuichi Hashimoto; Hiroyuki Miyachi
    BIOORGANIC & MEDICINAL CHEMISTRY, 2007年08月, 査読有り, 通常論文
  • Liver X receptor antagonists with a phthalimide skeleton derived from thalidomide-related glucosidase inhibitors
    Tomomi Noguchi-Yachide; Atsushi Aoyama; Makoto Makishima; Hiroyuki Miyachi; Yuichi Hashimoto
    BIOORGANIC & MEDICINAL CHEMISTRY LETTERS, 2007年07月, 査読有り, 通常論文
  • Synthesis and evaluation of 2-nonylaminopyridine derivatives as PPAR ligands
    Shinya Usui; Hiroki Fujieda; Takayoshi Suzuki; Naoaki Yoshida; Hidehiko Nakagawa; Michitaka Ogura; Makoto Makishima; Naoki Miyata
    CHEMICAL & PHARMACEUTICAL BULLETIN, 2007年07月, 査読有り, 通常論文
  • Vitamin D-3 derivatives with adamantane or lactone ring side chains are cell type-selective vitamin D receptor modulators
    Yuka Inaba; Keiko Yamamoto; Nobuko Yoshimoto; Manabu Matsunawa; Shigeyuki Uno; Sachiko Yamada; Makoto Makishima
    MOLECULAR PHARMACOLOGY, 2007年05月, 査読有り, 通常論文
  • Identification of a highly potent vitamin D receptor antagonist: (25S)-26-Adamantyl-25-hydroxy-2-metliylene-22,23-didehydro-19, 27-dinor-20-epi-vitamin D-3 (ADMI3)
    Miharu Igarashi; Nobuko Yoshimoto; Keiko Yamamoto; Masato Shimizu; Michiyasu Ishizawa; Makoto Makishima; Hector F. DeLuca; Sachiko Yamada
    ARCHIVES OF BIOCHEMISTRY AND BIOPHYSICS, 2007年04月, 査読有り, 通常論文
  • Design, synthesis, and evaluation of non-steroidal farnesoid X receptor (FXR) antagonist
    Masahiko Kainuma; Makoto Makishima; Yuichi Hashimoto; Hiroyuki Miyachi
    BIOORGANIC & MEDICINAL CHEMISTRY, 2007年04月, 査読有り, 通常論文
  • Growth hormone stimulates adipogenesis of 3T3-L1 cells through activation of the Stat5A/5B-PPARγ pathway
    Kawai, M; Namba, N; Mushiake, S; Etani, Y; Nishimura, R; Makishima, M; Ozono, K
    Journal of Molecular Endocrinology, 2007年02月, 査読有り, 通常論文
  • Multiple regulatory mechanisms for the circadian expression of hepatic Cyp7a
    Noshiro; M.; Usui; E.; Kawamoto; T.; Kubo; H.; Fujimoto; K.; Furukawa; M.; Honma; S.; Makishima; M.; Honma; K.; and Kato; Y.
    Journal of Biological Rhythms, 2007年, 査読有り, 通常論文
  • オキシステロール受容体LXRによる細胞増殖調節メカニズム
    槇島誠
    内分泌・糖尿病科, 2007年, 査読無し, 通常論文
    筆頭著者
  • 核内レセプターとコレステロール代謝
    槇島誠
    綜合臨牀, 2007年, 査読無し, 通常論文
    筆頭著者
  • Design, synthesis, and evaluation of a novel series of alpha-substituted phenylpropanoic acid derivatives as human peroxisome proliferator-activated receptor (PPAR) alpha/delta dual agonists for the treatment of metabolic syndrome
    Jun-ichi Kasuga; Daisuke Yamasaki; Yoko Araya; Aya Nakagawa; Makoto Makishima; Takefumi Doi; Yuichi Hashimoto; Hiroyuki Miyachi
    BIOORGANIC & MEDICINAL CHEMISTRY, 2006年12月, 査読有り, 通常論文
  • The heat shock protein inhibitor KNK437 induces neurite outgrowth in PC12 cells
    Tomoko Koike; Shigeyuki Uno; Michiyasu Ishizawa; Hideo Takahashi; Kazumasa Ikeda; Shinichi Yokota; Makoto Makishima
    NEUROSCIENCE LETTERS, 2006年12月, 査読有り, 通常論文
  • Ligands with a 3,3-diphenylpentane skeleton for nuclear vitamin D and androgen receptors: Dual activities and metabolic activation
    Shinnosuke Hosoda; Aya Tanatani; Ken-ichi Wakabayashi; Makoto Makishima; Keisuke Imai; Hiroyuki Miyachi; Kazuo Nagasawa; Yuichi Hashimoto
    BIOORGANIC & MEDICINAL CHEMISTRY, 2006年08月, 査読有り, 通常論文
  • Diphenylmethane skeleton as a multi-template for nuclear receptor ligands: Preparation of FXR and PPAR ligands
    M Kainuma; JI Kasuga; S Hosoda; KI Wakabayashi; A Tanatani; K Nagasawa; H Miyachi; M Makishima; Y Hashimoto
    BIOORGANIC & MEDICINAL CHEMISTRY LETTERS, 2006年06月, 査読有り, 通常論文
  • Design and synthesis of substituted phenylpropanoic acid derivatives as human peroxisome proliferator-activated receptor alpha/delta dual agonists
    J Kasuga; M Makishima; Y Hashimoto; H Miyachi
    BIOORGANIC & MEDICINAL CHEMISTRY LETTERS, 2006年02月, 査読有り, 通常論文
  • Vitamin D receptor: Ligand recognition and allosteric network
    K Yamamoto; D Abe; N Yoshimoto; M Choi; K Yamagishi; H Tokiwa; M Shimizu; M Makishima; S Yamada
    JOURNAL OF MEDICINAL CHEMISTRY, 2006年02月, 査読有り, 通常論文
  • チトクロムP450 1ファミリーの生理機能と環境疾患との関連性
    宇野茂之、槇島誠
    日大医学雑誌, 2006年, 査読有り, 通常論文
  • Selective allosteric ligand activation of the retinoid X receptor heterodimers of NGFI-B and Nurr1
    K Morita; K Kawana; M Sodeyama; L Shimomura; H Kagechika; M Makishima
    BIOCHEMICAL PHARMACOLOGY, 2005年12月, 査読有り, 通常論文
  • Enhancement of ligand-dependent Vitamin D receptor transactivation by the cardiotonic steroid bufalin
    H Nakano; M Matsunawa; A Yasui; R Adachi; K Kawana; Shimomura, I; M Makishima
    BIOCHEMICAL PHARMACOLOGY, 2005年11月, 査読有り, 通常論文
  • Targeting the vitamin D receptor: advances in drug discovery
    M Makishima; S Yamada
    EXPERT OPINION ON THERAPEUTIC PATENTS, 2005年09月, 査読有り, 通常論文
  • Sulfonylurea agents exhibit peroxisome proliferator-activated receptor gamma agonistic activity
    S Fukuen; M Iwaki; A Yasui; M Makishima; M Matsuda; Shimomura, I
    JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY, 2005年06月, 査読有り, 通常論文
  • Enhancement of all-trans retinoic acid induced HL-60 cell differentiation by thalidomide and its metabolites
    T Noguchi; C Shinji; H Kobayashi; M Makishima; H Miyachi; Y Hashimoto
    BIOLOGICAL & PHARMACEUTICAL BULLETIN, 2005年03月, 査読無し, 通常論文
  • Design and synthesis of dual agonist of peroxisome prolifator activated receptor alpha and delta
    Jun-ichi Kasuga; Makoto Makishima; Yuichi Hashimoto; Hiroyuki Miyachi
    YAKUGAKU ZASSHI-JOURNAL OF THE PHARMACEUTICAL SOCIETY OF JAPAN, 2005年, 査読有り, 通常論文
  • Visfatin: a protein secreted by visceral fat that mimics the effects of insulin.
    Fukuhara A; Matsuda M; Nishizawa M; Segawa K; Tanaka M; Kishimoto K; Matsuki Y; Murakami M; Ichisaka T; Murakami H; Watanabe E; Takagi T; Akiyoshi M; Ohtsubo T; Kihara S; Yamashita S; Makishima M; Funahashi T; Yamanaka S; Hiramatsu R; Matsuzawa Y; Shimomura I
    Science (New York, N.Y.), 2005年01月, 査読有り, 通常論文
  • Selective activation of vitamin D receptor by lithocholic acid acetate, a bile acid derivative
    R Adachi; Y Honma; H Masuno; K Kawana; L Shimomura; S Yamada; M Makishima
    JOURNAL OF LIPID RESEARCH, 2005年01月, 査読有り, 通常論文
  • Regulation of cholesterol and bile acid metabolism by nuclear receptors
    Makishima; M.
    Journal of Pharmacological Science, 2005年, 査読有り, 通常論文
    筆頭著者
  • 核内レセプターによるコレステロール胆汁酸代謝調節機構
    槇島誠
    日大医学雑誌, 2005年, 査読無し, 通常論文
    筆頭著者
  • 核内受容体による脂質代謝制御機構
    槇島誠、諸橋憲一郎
    実験医学, 2005年, 査読無し, 通常論文
    筆頭著者
  • FXRによる胆汁酸代謝調節
    槇島誠
    医学のあゆみ, 2005年, 査読無し, 通常論文
    筆頭著者
  • メタボリックシンドロームにおける脂肪細胞の分子細胞生物学
    大島英敏、大塚博雅、槇島誠
    日大医学雑誌, 2005年, 査読有り, 通常論文
    責任著者
  • Regulation of xenobiotic metabolism by xenobiotic receptors and cytochrome P450 enzymes
    Uno; S.; and Makishima; M.
    Nihion University Journal of Medicine, 2005年, 査読有り, 通常論文
    責任著者
  • Increased oxidative stress in obesity and its impact on metabolic syndrome
    S Furukawa; T Fujita; M Shimabukuro; M Iwaki; Y Yamada; Y Nakajima; O Nakayama; M Makishima; M Matsuda; Shimomura, I
    JOURNAL OF CLINICAL INVESTIGATION, 2004年12月, 査読有り, 通常論文
  • 核内受容体と血管
    槇島誠
    血管医学, 2004年10月, 査読無し, 通常論文
    筆頭著者
  • Musclin, a novel skeletal muscle-derived secretory factor
    H Nishizawa; M Matsuda; Y Yamada; K Kawai; E Suzuki; M Makishima; T Kitamura; Shimomura, I
    JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY, 2004年05月, 査読有り, 通常論文
  • LXRと動脈硬化.門脇孝、小川佳宏、下村伊一郎 (編)別冊・医学のあゆみ糖尿病・代謝症候群-state of arts 2004-2006
    医歯薬出版, 2004年04月, 査読無し, 通常論文
    筆頭著者
  • Structural determinants for vitamin D receptor response to endocrine and xenobiotic signals
    R Adachi; AI Shulman; K Yamamoto; Shimomura, I; S Yamada; DJ Mangelsdorf; M Makishima
    MOLECULAR ENDOCRINOLOGY, 2004年01月, 査読有り, 通常論文
  • オキシステロールと核内レセプター
    槇島誠
    The Lipid, 2004年, 査読無し, 通常論文
    筆頭著者
  • PPARと消化器疾患
    槇島誠
    Medical Science Digest, 2004年, 査読無し, 通常論文
    筆頭著者
  • 胆汁酸センサーとして機能する核内レセプターFXRとVDR
    槇島誠
    THE BONE, 2004年, 査読無し, 通常論文
    筆頭著者
  • ABCトランスポーターの転写制御と創薬
    槇島誠
    細胞, 2004年, 査読無し, 通常論文
    筆頭著者
  • 核内レセプターによるコレステロール恒常性の維持機構
    槇島誠
    生化学, 2004年, 査読無し, 通常論文
    筆頭著者
  • 43(P-1) ステロールセンサーとして機能する核内レセプターLXRに作用する植物ステロール誘導体(ポスター発表の部)
    金子 恵美; 橘 陽二; 下村 伊一郎; 槇島 誠
    天然有機化合物討論会講演要旨集, 2003年09月
  • Induction of intestinal ATP-binding cassette transporters by a phytosterol-derived liver X receptor agonist
    E Kaneko; M Matsuda; Y Yamada; Y Tachibana; Shimomura, I; M Makishima
    JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY, 2003年09月, 査読有り, 通常論文
  • Induction of adiponectin, a fat-derived antidiabetic and antiatherogenic factor, by nuclear receptors
    M Iwaki; M Matsuda; N Maeda; T Funahashi; Y Matsuzawa; M Makishima; Shimomura, I
    DIABETES, 2003年07月, 査読有り, 通常論文
  • The Drosophila orphan nuclear receptor DHR38 mediates an atypical ecdysteroid signaling pathway
    KD Baker; LM Shewchuk; T Kozlova; M Makishima; A Hassell; B Wisely; JA Caravella; MH Lambert; JL Reinking; H Krause; CS Thummel; TM Willson; DJ Mangelsdorf
    CELL, 2003年06月, 査読有り, 通常論文
  • Interaction between vitamin D receptor and vitamin D ligands: Two-dimensional alanine scanning mutational analysis
    M Choi; K Yamamoto; T Itoh; M Makishima; DJ Mangelsdorf; D Moras; HF DeLuca; S Yamada
    CHEMISTRY & BIOLOGY, 2003年03月, 査読有り, 通常論文
  • Angiopoietin-like protein 3, a hepatic secretory factor, activates lipolysis in adipocytes
    Shimamura; M.; Matsuda; M.; Kobayashi; S.; Ando; Y.; Ono; M.; Koishi; R.; Furukawa; H.; Makishima; M.; and Shimomura; I.
    Biochemical and Biophysical Research Communications, 2003年, 査読有り, 通常論文
  • Angiopoietin-like protein 3 (Angptl3) mediates hypertriglyceridemia induced by the liver X receptor
    Inaba; T.; Matsuda; M.; Shimamura; M.; Takei; N.; Terasaka; N.; Ando; Y.; Yasumo; H.; Koishi; R.; Makishima; M.; and Shimomura; I.
    Journal of Biological Chemistry, 2003年, 査読有り, 通常論文
    責任著者
  • RXR関連受容体LXRおよびFXR
    槇島誠
    治療学, 2003年, 査読無し, 通常論文
    筆頭著者
  • 脂質代謝と核内レセプター
    槇島誠
    生化学, 2003年, 査読無し, 通常論文
    筆頭著者
  • 核内レセプターによる生体異物・脂質代謝調節
    槇島誠
    医学のあゆみ, 2003年, 査読無し, 通常論文
    筆頭著者
  • Vitamin D receptor as an intestinal bile acid sensor
    M Makishima; TT Lu; W Xie; GK Whitfield; H Domoto; RM Evans; MR Haussler; DJ Mangelsdorf
    SCIENCE, 2002年05月, 査読有り, 通常論文
  • 糖、脂肪酸代謝システムと動脈硬化
    槇島誠、下村伊一郎
    ゲノム医学, 2002年, 査読無し, 通常論文
    筆頭著者
  • 核内レセプターと生体異物代謝
    槇島誠
    遺伝子医学, 2002年, 査読無し, 通常論文
    筆頭著者
  • FOXC2と肥満
    槇島誠、下村伊一郎
    Diabetes Journal, 2002年, 査読無し, 通常論文
    筆頭著者
  • The orphan nuclear receptor, shp, mediates bile acid-induced inhibition of the rat bile acid transporter, ntcp
    LA Denson; E Sturm; W Echevarria; TL Zimmerman; M Makishima; DJ Mangelsdorf; SJ Karpen
    GASTROENTEROLOGY, 2001年07月, 査読有り, 通常論文
  • Human bile salt export pump (BSEP) promoter is transactivated by the farnesoid X receptor/bile acid receptor (FXR/BAR)
    Ananthanarayanan; M.; Balasubramanian; N.; Makishima; M.; Mangelsdorf; D. J.; and Suchy; F. J.
    Journal of Biological Chemistry, 2001年, 査読有り, 通常論文
  • Orphan nuclear receptors and regulation of cholesterol and bile acid metabolism. In: I. M. Arias, J. L. Boyer, F. V. Chisari, N. Fausto, D. Schachter, D. A. Shafritz (eds), The Liver biology and pathology. Fourth edition
    Repa; J. J.; Makishima; M.; Lu; T. T.; and Mangelsdorf; D. J.
    Lippincott Williams & Wilkins, Philadelphia, 2001年, 査読無し, 通常論文
  • Nuclear orphan receptor regulation of cholesterol and bile acid homeostasis. In: van Berge Henegouwen GP, Keppler D, Leuschner U, Paumgartner G, Stiehl A (eds), Falk Symposium. No. 120. Biology of Bile Acids in Health and Disease
    Kluwer Academic Publishers, The Netherlands, 2001年, 査読無し, 通常論文
  • Alternative protocol: assay for luciferase in cells growing in 96-well plates. In: J. Sambrook, D. W. Russell (eds), Molecular Cloning. A laboratory manual. Third edition
    Makishima; M.; and Mangelsdorf; D. J.
    CSHL Press, New York, 2001年, 査読無し, 通常論文
    筆頭著者
  • Molecular basis for feedback regulation of bile acid synthesis by nuclear receptors
    TT Lu; M Makishima; JJ Repa; K Schoonjans; TA Kerr; J Auwerx; DJ Mangelsdorf
    MOLECULAR CELL, 2000年09月, 査読有り, 通常論文
  • Identification of a nuclear receptor for bile acids
    M Makishima; AY Okamoto; JJ Repa; H Tu; RM Learned; A Luk; MV Hull; KD Lustig; DJ Mangelsdorf; B Shan
    SCIENCE, 1999年05月, 査読有り, 通常論文
  • Greater synergism of retinoic acid receptor (RAR) agonists with vitamin D3 than that of retinoid X receptor (RXR) agonists with regard to growth inhibition and differentiation induction in monoblastic leukemia cells
    Makishima; M.; Shudo; K.; and Honma; Y
    Biochemical Pharmacology, 1999年, 査読有り, 通常論文
    筆頭著者
  • 転写調節因子としての胆汁酸.胆汁酸の新たな機能
    槇島誠、David J. Mangelsdorf
    実験医学, 1999年, 査読無し, 通常論文
    筆頭著者
  • Induction of differentiation of myelogenous leukemia cells by humulone, a bitter in the hop
    Y Honma; H Tobe; M Makishima; A Yokoyama; J Okabe-Kado
    LEUKEMIA RESEARCH, 1998年07月, 査読有り, 通常論文
  • Induction of differentiation in acute promyelocytic leukemia cells by 9-cis retinoic acid alpha-tocopherol ester (9-cis tretinoin tocoferil)
    M Makishima; K Umesono; K Shudo; T Naoe; K Kishi; Y Honma
    BLOOD, 1998年06月, 査読有り, 通常論文
  • A novel uracil analog, 6-chloro-5-(2-propenyl)uracil, preferentially enhances growth inhibition and differentiation of myeloid leukemia cells induced by 1 alpha,25-dihydroxyvitamin D-3
    Y Kanatani; M Makishima; Ishikawa, I; Y Ogasawara; N Kawahara; K Motoyoshi; N Nagata; Y Honma
    EXPERIMENTAL HEMATOLOGY, 1998年03月, 査読有り, 通常論文
  • Growth inhibition and differentiation induction in human monoblastic leukaemia cells by 1 alpha-hydroxyvitamin D derivatives and their enhancement by combination with hydroxyurea
    M Makishima; J Okabe-Kado; Y Honma
    BRITISH JOURNAL OF CANCER, 1998年01月, 査読有り, 通常論文
  • 白血病抑制因子(LIF)
    槇島誠、本間良夫
    内科, 1998年, 査読無し, 通常論文
    筆頭著者
  • 幹細胞増殖因子(SCF)
    槇島誠、本間良夫
    内科, 1998年, 査読無し, 通常論文
    筆頭著者
  • Differanisole A, a novel antitumor antibiotic, enhances growth inhibition and differentiation of human myeloid leukemia cells induced by 9-cis retinoic acid
    Y Kanatani; M Makishima; K Asahi; A Sakurai; N Takahashi; K Motoyoshi; N Nagata; Y Honma
    BIOCHIMICA ET BIOPHYSICA ACTA-MOLECULAR CELL RESEARCH, 1997年10月, 査読有り, 通常論文
  • Tretinoin tocoferil as a possible differentiation-inducing agent against myelomonocytic leukemia
    M Makishima; Y Honma
    LEUKEMIA & LYMPHOMA, 1997年06月, 査読無し, 通常論文
  • Ethacrynic acid and 1 alpha,25-dihydroxyvitamin D-3 cooperatively inhibit proliferation and induce differentiation of human myeloid leukemia cells
    M Makishima; Y Honma
    LEUKEMIA RESEARCH, 1996年09月, 査読有り, 通常論文
  • Reversible differentiation of human monoblastic leukemia U937 cells by ML-9, an inhibitor of myosin light chain kinase
    Y YamamotoYamaguchi; M Makishima; Y Kanatani; T Kasukabe; Y Honma
    EXPERIMENTAL HEMATOLOGY, 1996年05月, 査読有り, 通常論文
  • Enhancement of activity of 1 alpha,25-dihydroxyvitamin D-3 for growth inhibition and differentiation induction of human myelomonocytic leukemia cells by tretinoin tocoferil, an alpha-tocopherol ester of all-trans retinoic acid
    M Makishima; Y Kanatani; Y YamamotoYamaguchi; Y Honma
    BLOOD, 1996年04月, 査読有り, 通常論文
  • 19-Allylaminoherbimycin A, an analog of herbimycin A that is stable against treatment with thiol compounds or granulocyte-macrophage colony-stimulating factor in human leukemia cells
    M Makishima; Y YamamotoYamaguchi; Y Honma
    BIOCHIMICA ET BIOPHYSICA ACTA-MOLECULAR BASIS OF DISEASE, 1995年12月, 査読有り, 通常論文
  • Novel uracil analogs and vitamin D3 cooperatively inhibit proliferation and induce differentiation of human myeloid leukemia cells. In: S. Waxman (ed), Challenges of Modern Medicine Volume 10, Differentiation Therapy
    Honma; Y.; Kanatani; Y.; and Makishima; M.
    Ares-Serono Symposia Publications, Rome, Italy, 1995年, 査読無し, 通常論文
  • DIFFERENTIATION OF HUMAN MYELOBLASTIC-LEUKEMIA ML-1 CELLS INTO MACROPHAGES BY STAUROSPORINE, AN INHIBITOR OF PROTEIN-KINASE ACTIVITIES
    M MAKISHIMA; LY HONMA; M HOZUMI; K SAMPI; K MOTOYOSHI; N NAGATA; M HATTORI
    EXPERIMENTAL HEMATOLOGY, 1993年07月, 査読有り, 通常論文
  • DIFFERENTIATION OF HUMAN MONOBLASTIC LEUKEMIA U937 CELLS INDUCED BY INHIBITORS OF MYOSIN LIGHT CHAIN KINASE AND PREVENTION OF DIFFERENTIATION BY GRANULOCYTE-MACROPHAGE COLONY-STIMULATING FACTOR
    M MAKISHIMA; Y HONMA; M HOZUMI; N NAGATA; K MOTOYOSHI
    BIOCHIMICA ET BIOPHYSICA ACTA, 1993年04月, 査読有り, 通常論文
  • 自家骨髄移植を利用してのNimustine([1-(4-amino-2-methyl-5-pyrimidinyl)methyl-3-(2-chloroethyl)-3-nitrosourea hydrochloride]:ACNU)の大量療法の経験
    三比和美、槇島誠、久我貴、柳川茂、服部理男
    癌と化学療法, 1993年, 査読無し, 通常論文
  • EFFECTS OF NOVEL URACIL ANALOGS ON PROLIFERATION AND DIFFERENTIATION OF HUMAN MYELOID-LEUKEMIA CELLS
    M MAKISHIMA; Y HONMA; M HOZUMI; K SAMPI; M HATTORI; ISHIKAWA, I; H OGURA; K MOTOYOSHI
    EXPERIMENTAL HEMATOLOGY, 1992年08月, 査読有り, 通常論文
  • BIOLOGICAL-ACTIVITY OF A PROTEOGLYCAN FORM OF MACROPHAGE COLONY-STIMULATING FACTOR AND ITS BINDING TO TYPE-V COLLAGEN
    S SUZU; T OHTSUKI; M MAKISHIMA; N YANAI; T KAWASHIMA; N NAGATA; K MOTOYOSHI
    JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY, 1992年08月, 査読有り, 通常論文
  • DICを契機に発見され、メシル酸ナファモスタートが有効と考えられた遺伝性血管神経性浮腫(HANE)の1例
    峯下昌道、萱島信介、槇島誠、木村文彦、佐々木強、高木聡、松浦善房、下村智、山本光一郎、佐藤典治、元吉和夫、永田直一、高谷治
    臨床血液, 1992年, 査読有り, 通常論文
  • 硬膜下腔に著明な浸出液貯留を認めた悪性リンパ腫の1例
    大月哲也、西松寛明、水上浩明、槇島誠、大西真由美、木村文彦、元吉和夫、永田直一
    臨床血液, 1992年, 査読有り, 通常論文
  • 自家骨髄移植を利用しての2,5-bis(1-aziridinyl)-3-(2-carbamoyloxy-1-methoxyethyl)-6-methyl-1,4-benzoquinone(カルボコン)
    三比和美、久我貴、槇島誠、服部理男
    癌と化学療法, 1992年, 査読無し, 通常論文
  • INDUCTION OF DIFFERENTIATION OF HUMAN MYELOID-LEUKEMIA HL-60 CELLS BY NOVEL PYRIMIDINE NUCLEOSIDE ANALOGS
    M MAKISHIMA; Y HONMA; M HOZUMI; K SAMPI; M HATTORI; ISHIKAWA, I; H OGURA; N KAWAHARA; T KANAIWA; K MOTOYOSHI
    BIOCHIMICA ET BIOPHYSICA ACTA, 1991年08月, 査読有り, 通常論文
  • INDUCTION OF DIFFERENTIATION OF HUMAN LEUKEMIA-CELLS BY INHIBITORS OF MYOSIN LIGHT CHAIN KINASE
    M MAKISHIMA; Y HONMA; M HOZUMI; K SAMPI; M HATTORI; K MOTOYOSHI
    FEBS LETTERS, 1991年08月, 査読有り, 通常論文
  • Effects of inhibitors of protein tyrosine kinase activity and/or phosphatidylinositol turnover on differentiation of some human myelomonocytic leukemia cells
    Makishima; M.; Honma; Y.; Hozumi; M.; Sampi; K.; Hattori; M.; Umezawa; K.; and Motoyoshi; K
    Leukemia Research, 1991年, 査読有り, 通常論文
    筆頭著者
  • 駐屯地における結核の集団発生
    槇島誠、桂善也、手嶋益夫
    防衛衛生, 1991年, 査読無し, 通常論文
    筆頭著者
  • 免疫学的異常が認められた骨髄線維症の1例
    槇島誠、山本光一郎、元吉和夫、永田直一、高谷治、松浦喜房、布施祐補
    臨床血液, 1990年, 査読有り, 通常論文
    筆頭著者

MISC

  • 早期再発肝細胞癌に発現亢進するトランスグルタミナーゼ2の解析
    阿部 百合子; 山口 裕美; Gonzalez Duarte Ramiro Jose; 高田 伊知郎; Qin Xian-Yang; 小嶋 聡一; 高山 忠利; 槇島 誠; 江角 眞理子
    日大医学雑誌, 2020年02月
  • Peroxisome proliferator-activated receptor agonists and antagonists: a patent review (2014-present)
    Ichiro Takada; and Makoto Makishima
    Expert Opinion on Therapeutic Patents, 2020年01月, 査読有り, 招待有り
    責任著者
  • レチノイドX受容体ホモ二量体選択的アンタゴニストCBTF-EEの創出
    渡邉 将貴; 中山 真理子[中村]; 瀧奥 真歩; 山田 翔也; 高村 祐太; 藤原 美智子; 槙島 誠; 川崎 真由; 本山 智晴; 伊藤 創平; 中野 祥吾; 加来田 博貴
    ビタミン, 2019年04月
  • 年齢を考慮した高齢者男性乳癌の治療経験
    安達慶太、櫻井健一、窪田仁美、鈴木佑奈、鈴木周平、槇島誠、越永從道
    癌と化学療法, 2019年02月, 査読有り, 通常論文
  • 頸部リンパ節腫脹を契機に発見された高齢者進行乳癌の1 例
    安達慶太、櫻井健一、窪田仁美、鈴木佑奈、鈴木周平、槇島誠、越永從道
    癌と化学療法, 2019年02月, 査読有り, 通常論文
  • がんとビタミンD
    槇島誠
    Clinical Calcium, 2018年11月, 査読無し, 招待有り
    筆頭著者
  • 免疫抑制剤使用中に手術を施行した乳癌の1例
    安達慶太、櫻井健一、窪田仁美、鈴木佑奈、鈴木周平、槇島誠、越永從道
    癌と化学療法, 2018年10月, 査読有り, 通常論文
  • ビタミンDの作用
    槇島誠
    Clinical Calcium, 2018年09月, 査読無し, 招待有り
    筆頭著者
  • 核内受容体クロストークと脂質胆汁酸代謝の関連
    槇島誠
    肝胆膵, 2018年07月, 査読無し, 招待有り
    筆頭著者
  • Liver X receptors regulate hepatic F4/80+CD11b+ Kupffer cells/macrophages and innate immune responses in mice
    Kaori Endo-Umeda; Hiroyuki Nakashima; Shihoko Komine-Aizawa; Naoki Umeda; Shuhji Seki; and Makoto Makishima
    Scientific Reports, 2018年06月, 査読有り, 通常論文
    責任著者
  • カペシタビンとホルモン剤の長期投与が奏効した局所進行乳癌の1例
    安達慶太、櫻井健一、鈴木周平、窪田仁美、原由起子、藤源麻子、榎本克久、伊豆麻未、杉谷雅彦、槇島誠、越永從道
    癌と化学療法, 2018年01月, 査読有り, 通常論文
  • 腋窩部に発生した乳癌の1例
    安達慶太、櫻井健一、鈴木周平、窪田仁美、原由起子、阿部華保里、藤原麻子、平野智寛、榎本克久、増田しのぶ、槇島誠、越永從道
    癌と化学療法, 2017年11月, 査読有り, 通常論文
  • タキサン系薬剤抵抗性進行乳癌に対しエリブリン投与が 効果的であった2症例の検討
    安達慶太、鈴木周平、窪田仁美、原由起子、藤源麻子、和賀瑛子、平野智寛、榎本克久、櫻井健一、槇島誠、越永從道
    癌と化学療法, 2017年10月, 査読有り, 通常論文
  • 粘液癌の組織型を示した巨大嚢胞内癌の1例
    安達慶太、鈴木周平、増尾有紀、長島沙樹、原由起子、平野智寛、榎本克久、櫻井健一、槇島誠、越永從道
    癌と化学療法, 2016年11月, 査読有り, 通常論文
  • Cover Picture: Improvement in Aqueous Solubility of Retinoic Acid Receptor (RAR) Agonists by Bending the Molecular Structure (Chem. Asian J. 15/2016)
    Michiaki Hiramatsu; Yuki Ichikawa; Shusuke Tomoshige; Makoto Makishima; Atsuya Muranaka; Masanobu Uchiyama; Takao Yamaguchi; Yuichi Hashimoto; Minoru Ishikawa
    Chemistry - An Asian Journal, 2016年08月05日, 査読無し, 通常論文
  • 脂質応答性核内受容体と大腸癌
    槇島誠
    肝胆膵, 2016年05月, 査読無し, 招待有り
    筆頭著者
  • ビタミンD受容体(VDR)の活性を制御するノンセコステロイド型VDRリガンドの創製
    三澤 隆史; 出水 庸介; 谷内出 友美; 大岡 伸通; 野尻 久雄; 橘高 敦史; 槇島 誠; 内藤 幹彦; 栗原 正明
    ビタミン, 2016年04月, 査読無し, 通常論文
  • ステロール代謝酵素CYP27A1による7-デヒドロコレステロール代謝産物の同定及び核内受容体LXRの転写活性化能に対する影響
    梅田 香織; 遠藤; 安田 佳織; 杉田 和幸; 本多 彰; 太田 美穂; 石川 稔; 橋本 祐一; 榊 利之; 槇島 誠
    日本生化学会大会・日本分子生物学会年会合同大会講演要旨集, 2015年12月, 査読無し, 通常論文
  • Therapeutic application of vitamin D receptor ligands: an updated patent review
    Ichiro Takada; Makoto Makishima
    EXPERT OPINION ON THERAPEUTIC PATENTS, 2015年12月, 査読有り, 招待有り
  • 長鎖アルキル基を有するノンセコステロイド型VDRリガンドの創製
    三澤隆史; 依岡桃子; 依岡桃子; 出水庸介; 大岡伸通; 木下恵愛; 槇島誠; 内藤幹彦; 栗原正明; 栗原正明
    反応と合成の進歩シンポジウム講演要旨集, 2015年10月09日, 査読無し, 通常論文
  • 長鎖アルキル基を有するビタミンD受容体リガンドの創製
    三澤隆史; 依岡桃子; 出水庸介; 大岡伸通; 木下恵愛; 槇島誠; 内藤幹彦; 栗原正明; 栗原正明
    日本薬学会関東支部大会講演要旨集, 2015年09月07日, 査読無し, 通常論文
  • ジフェニルメタンを基本骨格としたエストロゲン受容体転写阻害剤および分解誘導剤の開発
    依岡桃子; 依岡桃子; 三澤隆史; 出水庸介; 大岡伸通; 槙島誠; 南雲紳史; 内藤幹彦; 栗原正明
    日本薬学会関東支部大会講演要旨集, 2015年09月07日, 査読無し, 通常論文
  • ジフェニルメタンを基本骨格とするエストロゲン受容体アンタゴニストの創製
    田中克哉; 田中克哉; 三澤隆史; 出水庸介; 諫田泰成; 槇島誠; 関野祐子; 内藤幹彦; 栗原正明; 栗原正明
    日本薬学会関東支部大会講演要旨集, 2015年09月07日, 査読無し, 通常論文
  • ニューロンヘの分化を誘導する新規ビタミンK誘導体の合成と作用メカニズムの解析
    坂根里枝; 木村キミト; 廣田佳久; 中川公恵; 石澤通康; 槇島誠; 和田昭盛; 岡野登志夫; 須原義智
    日本薬学会関東支部大会講演要旨集, 2015年09月07日, 査読無し, 通常論文
  • ビタミンK誘導体の分化誘導作用を評価するための簡便なスクリーニング法の検討
    坂根 里枝; 石澤 通康; 木村 キミト; 廣田 佳久; 中川 公恵; 岡野 登志夫; 槇島 誠; 須原 義智
    ビタミン, 2015年04月, 査読無し, 通常論文
  • ニューロンへの分化を誘導する新規ビタミンK誘導体の合成と簡便な活性評価法の検討
    坂根 里枝; 石澤 通康; 木村 キミト; 大西 創; 廣田 佳久; 中川 公恵; 岡野 登志夫; 槇島 誠; 須原 義智
    日本薬学会年会要旨集, 2015年03月, 査読無し, 通常論文
  • 非セコステロイドビタミンD受容体作用薬とその治療応用への展望
    槇島誠
    Clinical Calcium, 2015年03月, 査読無し, 招待有り
    筆頭著者
  • Peroxisome proliferator-activated receptor γ ligands and their therapeutic applications: a patent review (2008-2014)
    Takada, I; Makishima, M
    Expert Opinion on Therapeutic Patents, 2015年02月, 査読有り, 招待有り
  • 1. 細胞選択的及び遺伝子選択的活性を有するビタミンD誘導体の生物活性評価(研究発表,第344回会議研究発表要旨,脂溶性ビタミン総合研究委員会)
    石澤 通康; 高野 真史; 橘高 敦史; 坂根 里枝; 須原 義智; 山田 幸子; 槇島 誠
    ビタミン, 2015年, 査読無し, 通常論文
  • アルツハイマー病患者の脳神経再生を志向した神経分化誘導物質の創製
    須原 義智; 槇島 誠; 岡野 登志夫
    特別教育・研究報告集, 2015年, 査読無し, 通常論文
  • アルツハイマー病治薬の候補化合物の創製
    須原 義智; 槇島 誠; 和田 昭盛; 岡野 登志夫
    特別教育・研究報告集, 2015年, 査読無し, 通常論文
  • ニューロンへの分化を誘導する新規ビタミンK誘導体の探索と作用メカニズムの解析
    坂根里枝; 木村キミト; 廣田佳久; 中川公恵; 石澤通康; 槇島誠; 和田昭盛; 岡野登志夫; 須原義智
    天然有機化合物討論会講演要旨集(Web), 2015年, 査読無し, 通常論文
  • RXR Partial Agonist Produced by Side Chain Repositioning of Alkoxy RXR Full Agonist Retains Antitype 2 Diabetes Activity without the Adverse Effects
    Kohei Kawata; Ken-ichi Morishita; Mariko Nakayama; Shoya Yamada; Toshiki Kobayashi; Yuki Furusawa; Sakae Arimoto-Kobayashi; Toshitaka Oohashi; Makoto Makishima; Hirotaka Naitou; Erika Ishitsubo; Hiroaki Tokiwa; Akihiro Tai; Hiroki Kakuta
    JOURNAL OF MEDICINAL CHEMISTRY, 2015年01月, 査読有り, 通常論文
  • Development of fluorescent retinoid X receptor ligands and Forster resonance energy transfer (FRET)-based RXR ligand screening method
    Shoya Yamada; Mariko Nakayama; Kazutaka Kohara; Makoto Makishima; Hirotaka Naitou; Hiroki Kakuta
    ABSTRACTS OF PAPERS OF THE AMERICAN CHEMICAL SOCIETY, 2014年08月, 査読無し, 通常論文
  • RXR partial agonist NEt-4IB exerts therapeutic effects on inflammatory bowel disease without the side effects of RXR full agonists
    Yuki Furusawa; Toshiki Kobayashi; Kohei Kawata; Mariko Nakayama; Shoya Yamada; Makoto Makishima; Akihiro Tai; Hiroki Kakuta
    ABSTRACTS OF PAPERS OF THE AMERICAN CHEMICAL SOCIETY, 2014年08月, 査読無し, 通常論文
  • Structure-activity relationship of nonsecosteroidal vitamin D receptor modulators
    Sachiko Yamada; Makoto Makishima
    TRENDS IN PHARMACOLOGICAL SCIENCES, 2014年07月, 査読有り, 招待有り
  • レチノイドによる骨髄性白血病細胞の分化誘導とマクロファージ・樹状細胞の機能発現
    槇島誠
    医学のあゆみ, 2014年06月, 査読無し, 招待有り
    筆頭著者
  • 高精度第一原理計算およびMDシミュレーションを用いた核内受容体AF2インターフェースの動的構造解析
    丸藤 友彦; 石坪 江梨花; 加来田 博貴; 山田 幸子; 槇島 誠; 常盤 広明
    日本薬学会年会要旨集, 2014年03月, 査読無し, 通常論文
  • Development of fluorescent retinoid X receptor ligands as a ligand screening tool
    Shoya Yamada; Mariko Nakayama; Makoto Makishima; Hirotaka Naitou; Hiroki Kakuta
    ABSTRACTS OF PAPERS OF THE AMERICAN CHEMICAL SOCIETY, 2013年09月, 査読無し, 通常論文
  • Vitamin D receptor activation enhances Benzo[a] pyrene metabolism via CYP1A1 expression in macrophages
    Shigeyuki Uno; Manabu Matsunawa; Daisuke Akagi; Kaori Endo-Umeda; Kazumasa Ikeda; Makoto Makishima
    FASEB JOURNAL, 2013年04月, 査読無し, 通常論文
  • レチノイドX受容体を標的とするリガンド探索ツールとしての蛍光性リガンドの開発研究
    山田 翔也; 小原 一剛; 中山 真理子; 槙島 誠; 内藤 博敬; 加来田 博貴
    日本薬学会年会要旨集, 2013年03月, 査読無し, 通常論文
  • Discovery and application of a fluorescent RXR antagonist to fluorescence polarization assay
    Shoya Yamada; Mariko Nakayama; Fuminori Ohsawa; Makoto Makishima; Hirotaka Naitou; Hiroki Kakuta
    ABSTRACTS OF PAPERS OF THE AMERICAN CHEMICAL SOCIETY, 2012年08月, 査読無し, 通常論文
  • Discovery of a novel benzotriazole-type retinoid X receptor partial-agonist decreasing plasma glucose level in type-2 diabetes mellitus with decreased side effects
    Hiroki Kakuta; Nobumasa Yakushiji; Fuminori Ohsawa; Shoya Yamada; Mariko Nakayama; Kohei Kawata; Yui Ohta; Chisa Fujiwara; Toshitaka Oohashi; Makoto Makishima; Akihiro Tai; Hiroyuki Yasui; Yutaka Yoshikawa
    CANCER RESEARCH, 2012年04月, 査読無し, 通常論文
  • RXRアゴニストCBt-PMNのパーシャルアゴニスト活性発現機構の解明
    大澤 史宜; 薬師寺 信匡; 篠崎 亮介; 山田 翔也; 中山 真理子; 川田 浩平; 槇島 誠; 加来田 博貴
    日本薬学会年会要旨集, 2012年03月, 査読無し, 通常論文
  • 蛍光性RXRリガンドの創出とRXRリガンド探索への応用
    山田 翔也; 中山 真理子; 大田 由衣; 槇島 誠; 内藤 博敬; 加来田 博貴
    日本薬学会年会要旨集, 2012年03月, 査読無し, 通常論文
  • ヒト単球系細胞株におけるビタミンDによる生体異物代謝修飾
    槇島誠; 松縄学; 赤木大輔; 梅田香織; 宇野茂之
    ビタミン, 2012年
  • Oxysterolによるマスト細胞活性化の制御
    布村 聡; 槇島誠; 羅 智靖
    臨床免疫・アレルギー科, 2011年12月, 査読無し, 招待有り
  • 新規低脂溶性RARβ選択的アゴニストの創製研究
    大澤 史宜; 山田 翔也; 山本 篤毅; 深井 良祐; 鄭 霞暁; 槇島 誠; 杉本 幸雄; 田井 章博; 加来田 博貴
    日本薬学会年会要旨集, 2010年03月, 査読無し, 通常論文
  • 脂溶性低減を志向したカルボン酸等価体を有する新規RXRアゴニストの創製研究
    藤井 周司; 大澤 史宜; 深井 良祐; 山田 翔也; 槇島 誠; 加来田 博貴
    日本薬学会年会要旨集, 2010年03月, 査読無し, 通常論文
  • 活性化ビタミンD3によるAhR-CYP1A1誘導メカニズム増強作用
    宇野茂之; 松縄学; 赤木大輔; 遠藤香織; 槇島誠
    生化学, 2010年
  • Design and Synthesis of Peroxisome Proliferator-activated Receptor (PPAR) Delta Agonists and Its Implication to the Driving Force to Elicit PPAR Delta Selectivity
    Jun-ichi Kasuga; Takuji Oyama; Izumi Nakagome; Atsushi Aoyama; Kumiko Sako; Makoto Makishima; Shuichi Hirono; Kosuke Morikawa; Yuichi Hashimoto; Hiroyuki Miyachi
    YAKUGAKU ZASSHI-JOURNAL OF THE PHARMACEUTICAL SOCIETY OF JAPAN, 2009年06月, 査読無し, 通常論文
  • Design and in vitro/in vivo evaluation of novel Retinoid X Receptor (RXR) Agonist Possessing a 3-Isopropoxy4-isopropylphenylamino Moiety, NEt-3IP.
    Hiroki Kakuta; Kayo Takamatsu; Atsushi Takano; Nobumasa Yakushiji; Ken-ichi Morishita; Makoto Makishima; Shigeyuki Uno; Yukio Sugimoto
    CANCER RESEARCH, 2009年05月, 査読無し, 通常論文
  • 配座固定を基盤とした核内受容体LXRの新規リガンド創製
    青山惇; 青山洋史; どど孝介; 石本憲司; 槇島誠; 土井健史; 橋本祐一; 宮地弘幸
    日本薬学会年会要旨集, 2009年03月05日, 査読無し, 通常論文
  • RXRアゴニストNEt-3IPの抗アレルギー作用について
    加来田 博貴; 久山 翔司; 尾崎 友美; 杉山 茉由; 宇野 茂之; 槇島 誠; 森下 健一; 鄭 暁霞; 原田 隼; 杉本 幸雄
    日本薬学会年会要旨集, 2009年03月, 査読無し, 通常論文
  • RXRアゴニストNEt-3IPの樹状細胞分化抑制・制御性T細胞誘導能と抗アレルギー作用
    加来田博貴; 大澤史宜; 杉山茉由; 杉本幸雄; 槇島誠; 鈴木基之; 中村修治
    メディシナルケミストリーシンポジウム講演要旨集, 2009年
  • 配座固定を基盤とした核内受容体LXRの新規リガンド創製
    青山惇; 青山洋史; どど孝介; 石本憲司; 槇島誠; 土井健史; 橋本祐一; 宮地弘幸
    メディシナルケミストリーシンポジウム講演要旨集, 2008年11月10日, 査読無し, 通常論文
  • PEROXISOME PROLIFERATOR-ACTIVATED RECEPTOR (PPAR) AGONISTS WITH 3,4-DIHYDRO-2H-BENZO[e][1,3]OXAZINE AND 2,3,4,5-TETRAHYDROBENZO[f][1,4]OXAZEPINE SKELETONS: EFFECTS OF CYCLIZATION OF LINKER MOIETY ON PPAR-AGONISTIC ACTIVITY (vol 75, pg 2187, 2008)
    Kenji Ohgane; Jun-ichi Kasuga; Takuji Oyama; Yuko Hirakawa; Kosuke Morikawa; Makoto Makishima; Yuichi Hashimoto; Hiroyuki Miyachi
    HETEROCYCLES, 2008年11月, 査読無し, 通常論文
  • 配座固定を基盤とした核内受容体LXRの新規アンタゴニスト創製
    青山惇; 青山洋史; どど孝介; 橋本祐一; 宮地弘幸; 石本憲司; 土井健史; 槇島誠
    反応と合成の進歩シンポジウム講演要旨集, 2008年10月17日, 査読無し, 通常論文
  • RXRα/βデュアルアゴニストNEt-3IPの開発と生理活性評価
    高松 佳代; 高野 敦史; 薬師寺 信匡; 師橋 一徳; 森下 健一; 大澤 史宜; 藤井 周司; 松浦 信康; 槇島 誠; 永澤 秀子; 杉本 幸雄; 田井 章博; 佐々木 健二; 加来田 博貴
    日本薬学会年会要旨集, 2008年03月, 査読無し, 通常論文
  • ダイオキシン受容体を介する遺伝子特異的VDR活性増強作用
    松縄学; 宇野茂之; 槇島誠
    日大医学雑誌, 2008年
  • ヒト白血病細胞における強心ステロイドbufalinによるビタミンD受容体の核タンパク安定化作用と転写活性化作用
    あまの ゆうすけ; あまの ゆうすけ; 松縄学; 長克武; 小宮山一雄; 槇島誠
    生化学, 2008年
  • ビタミンD受容体のリガンド選択的作用発現機構の解析
    石澤通康; 松縄学; 山田幸子; 槇島誠; 安達竜太郎; 増野弘幸; 清水正人
    ビタミン, 2008年
  • Design, synthesis, and evaluation of selective PPAR delta agonists for the treatment of metabolic syndrome
    Jun-ichi Kasuoa; Atsushi Aoyama; Kumiko Sako; Michiyasu Ishizawa; Michitaka Ogura; Makoto Makishima; Yuichi Hashimoto; Hiroyuki Miyachi
    DRUGS OF THE FUTURE, 2007年07月, 査読無し, 通常論文
  • Design and synthesis of diphenylpentane (DPP) derivatives as steroid skeleton substitutes
    Shinnosuke Hosoda; Aya Tanatani; Masahiko Kainuma; Makoto Makishima; Hiroyuki Miyachi; Yuichi Hashimoto
    DRUGS OF THE FUTURE, 2007年07月, 査読無し, 通常論文
  • 細胞選択的ビタミンD受容体モデュレーターの作用機構
    松縄学; 稲葉有香; 稲葉有香; 稲葉有香; 山本恵子; 吉本暢子; 吉本暢子; 吉本暢子; 宇野茂之; 山田幸子; 槇島誠
    生化学, 2007年
  • 作用選択的ビタミンD受容体効果を有するリトコール酸誘導体
    石澤通康; 石澤通康; 松縄学; 安達竜太郎; 宇野茂之; 池田和正; 増野弘幸; 清水正人; 山田幸子; 槇島誠
    生化学, 2007年
  • ダイオキシン受容体を介する遺伝子特異的VDR活性増強作用
    槇島誠; 松縄学; 西田滋; 宇野茂之
    ビタミン, 2007年
  • Selective allosteric ligand activation of the retinoid X receptor heterodimers of NGFI-B and Nurr1
    K Morita; K Kawana; M Sodeyama; Shimomura, I; H Kagechika; M Makishima
    JOURNAL OF PHARMACOLOGICAL SCIENCES, 2006年, 査読無し, 通常論文

書籍等出版物

  • Bile acid-derived vitamin D receptor ligands. In: Feldman D (ed), Vitamin D, fourth edition
    Makishima M; Yamada S, 共著, Makishima M; and Yamada S
    Academic Press, 2017年12月
    9780128099636
  • Cooperative regulation of expression of cytochrome P450 enzymes by aryl hydrocarbon receptor and vitamin D receptor. In: Yamasaki H (ed), Fifty Years of Cytochrome P450 Research
    Makoto Makishima, 共著, 277-290, Makoto Makishima
    Springer Japan, 2014年07月, 査読無し
    9784431549918
  • The bile acid derivative lithocholic acid acetate and lithocholic acid propionate are functionally selective vitamin D receptor ligands. In: Feldman D., Pike JW, and Adams JS (eds), Vitamin D, third edition
    Makishima M; Yamada S, 共著, 1509-1524, Makishima M; and Yamada S
    Academic Press, 2011年06月, 査読無し
    9780123870346
  • Nuclear receptors sense bile acid metabolism: A hormonal action of bile acids. In: Morikawa K, Tate S (eds), Functional and Structural Biology on the Lipo-network
    Makishima M, 単著, 17-35, Makishima M
    Transworld Research Network, 2006年, 査読無し
    8178952327
  • 核内レセプターによるコレステロール胆汁酸代謝調節. 食習慣を監視する分子メカニズム. 荒川泰行(編) 消化器病学の進歩 2005 ― モノグラフ ― 肝・胆・膵 編
    槇島誠, 単著, 2-5, 槇島誠
    日本消化器病学会, 2005年, 査読無し
  • Vitamin D receptor as a bile acid sensor. In: Paumgartner P (ed), Falk Symposium. No. 129. Bile acids: From Genomics to Disease and Therapy
    Lu, T. T; Makishima, M; Mangelsdorf, D. J, 共著, 39-45, Lu; T. T.; Makishima; M.; and Mangelsdorf; D. J.
    Kluwer Academic Publishers, 2003年, 査読無し
    9780792387817
  • Orphan nuclear receptors and regulation of cholesterol and bile acid metabolism. In: I. M. Arias, J. L. Boyer, F. V. Chisari, N. Fausto, D. Schachter, D. A. Shafritz (eds), The Liver biology and pathology. Fourth edition
    Repa, J. J; Makishima, M; Lu, T. T; Mangelsdorf, D. J, 共著, 1029-1040, Repa; J. J.; Makishima; M.; Lu; T. T.; and Mangelsdorf; D. J.
    Lippincott Williams & Wilkins, 2001年, 査読無し
    9780781723909
  • Nuclear orphan receptor regulation of cholesterol and bile acid homeostasis. In: van Berge Henegouwen GP, Keppler D, Leuschner U, Paumgartner G, Stiehl A (eds), Falk Symposium. No. 120. Biology of Bile Acids in Health and Disease
    Lu TT; Makishima M; Repa JJ; Mangelsdorf DJ, 共著, 28-36, Lu TT; Makishima M; Repa JJ; and Mangelsdorf DJ
    Kluwer Academic Publishers, 2001年, 査読無し
    9780792387688
  • Alternative protocol: assay for luciferase in cells growing in 96-well plates. In: J. Sambrook, D. W. Russell (eds), Molecular Cloning. A laboratory manual. Third edition
    Makishima, M; Mangelsdorf, D. J, 共著, 17.47, Makishima; M.; and Mangelsdorf; D. J.
    CSHL Press, 2001年, 査読無し
    9780879695774
  • Novel uracil analogs and vitamin D3 cooperatively inhibit proliferation and induce differentiation of human myeloid leukemia cells. In: S. Waxman (ed), Challenges of Modern Medicine Volume 10, Differentiation Therapy
    Honma, Y; Kanatani , Y; Makishima, M, 共著, 335-339, Honma; Y.; Kanatani; and Makishima; M.
    Ares-Serono Symposia Publications, 1995年, 査読無し
    9788885974319

講演・口頭発表等

  • 分解耐性型ビタミンD誘導体は細胞治療法に利用可能な多能性細胞の骨分化誘導に有用である
    石澤通康; 高野真史; 橘高敦史; 松本太郎; 槇島誠
    日本ビタミン学会第76回大会, 2024年06月, 通常論文
  • Regulation of hepatic immune cells by the oxysterol receptors, LXRs
    Makoto Makishima
    The 21st IRCM Symposium on The Dynamics and Development of Normal and Malignant Hematopoietic Stem Cells, 2024年02月, 招待有り
  • リトコール酸のマウス大腸炎抑制効果におけるビタミンD受容体の役割
    石澤通康; 窪田仁美; 児玉真; 長瀬佳弘; 加藤茂明; 櫻井健一; 槇島誠
    第46回日本分子生物学会年会, 2023年12月, 通常論文
  • 摂食同調後の給餌によるFGF15発現量低下機構の解明
    片渕剛; 本多彰; 槇島誠
    第44回胆汁酸研究会, 2023年11月, 通常論文
  • 肝臓免疫細胞におけるVDR依存性の機能発現の解析
    槇島誠; 梅田香織; 山口凉香; 山岸賢司
    第377回脂溶性ビタミン総合研究委員会, 2023年09月, 通常論文
  • レチノイドX受容体(RXR)を蛍光標識するNBD結合プローブに関する研究
    田中優希奈; 藤原美智子; 高村祐太; 川﨑真由; 中野祥吾; 槇島誠; 加来田博貴
    日本レチノイド研究会第34回学術集会, 2023年09月, 通常論文
  • レチノイドX受容体を選択的に蛍光標識するNBD結合プローブの創出
    田中優希奈; 藤原美智子; 高村祐太; 川﨑真由; 中野祥吾; 槇島誠; 加来田博貴
    おかやまバイオアクティブ研究会第63回シンポジウム, 2023年09月, 通常論文
  • リガンド選択的ビタミンD受容体作用を利用する治療戦略
    槇島誠
    第41回日本ヒト細胞学会学術集会, 2023年08月, 招待有り
  • レチノイドX受容体を選択的に蛍光標識するNBD結合プローブの創出研究
    田中優希奈; 藤原美智子; 高村祐太; 川﨑真由; 中野祥吾; 槇島誠; 加来田博貴
    日本ビタミン学会第75回大会, 2023年06月, 通常論文
  • ビタミンD活性を有する胆汁酸誘導体の構造活性相関
    岡村佳奈; 吉原沙織; 平田尚也; 諫田泰成; 石澤通康; 槇島誠; 増野弘幸; 影近弘之; 棚谷綾
    日本ビタミン学会第75回大会, 2023年06月, 通常論文
  • Regulation of immunity by LXR and VDR in the liver and intestine
    Makoto Makishima
    Mango 2023 Symposium – Metabolism in Health, Obesity, Cancer and Beyond, 2023年06月, 招待有り
  • 炎症性腸疾患モデルマウスにおけるリトコール酸のビタミンD受容体を介した効果
    石澤通康、窪田仁美、児玉真、長瀬佳弘、加藤茂明、櫻井健一、槇島誠
    第43回胆汁酸研究会, 2022年12月, 通常論文
  • ESS2/RSK依存的な核内受容体ROR機能制御の解析
    高田伊知郎、槇島誠
    日本レチノイド研究会第33回学術集会, 2022年10月, 通常論文
  • 核内受容体liver X recetporによるナチュラルキラーT細胞分布及び肝臓抗腫瘍活性制御
    梅田(遠藤)香織、中島弘幸、宇野茂之、豊島翔太、梅田直、相澤(小峯)志保子、関修司、槇島誠
    日本レチノイド研究会第33回学術集会, 2022年10月, 通常論文
  • リトコール酸のビタミンD受容体を介した炎症性腸疾患抑制効果
    石澤通康、窪田仁美、児玉真、長瀬佳弘、加藤茂明、櫻井健一、槇島誠
    日本ビタミン学会第74回大会, 2022年06月, 通常論文
  • ビタミンD受容体は胆汁酸の大腸炎抑制効果に関与する
    石澤通康、窪田仁美、児玉真、長瀬佳弘、加藤茂明、櫻井健一、槇島誠
    第371回脂溶性ビタミン総合研究委員会, 2022年03月, 通常論文
  • Liver X receptors regulate natural killer T cell population and hepatic antitumor activity in mice
    Kaori Endo-Umeda; Hiroyuki Nakashima; Shota Toyoshima; Shihoko Komine-Aizawa; Shuhji Seki; and Makoto Makishima
    第50回日本免疫学会学術集会, 2021年12月
  • 核内受容体liver X receptorによるナチュラルキラーT細胞分布及び肝臓抗腫瘍活性制御
    梅田(遠藤)香織、中島弘幸、宇野茂之、豊島翔太、梅田直、相澤(小峯)志穂子、関修司、槇島誠
    第44回日本分子生物学会年会, 2021年12月
  • Benzo[a]pyreneのマウスdextran sulfate sodium誘導性大腸炎軽減効果
    石澤通康、安達慶太、宇野茂之、窪田仁美、櫻井健一、槇島誠
    第44回日本分子生物学会年会, 2021年12月
  • 胆汁酸受容体TGR5を標的とした新規レチノイド誘導体の創製
    三澤隆史、照井龍晟、槇島誠、須原義智、出水庸介
    日本ケミカルバイオロジー学会第15回年会, 2021年06月, 通常論文
  • 5,6,7,8-Tetrahydronaphtalene骨格を用いた選択的TGR5アゴニストの開発
    三澤隆史、照井龍晟、栁瀨雄太、横尾英知、槇島誠、須原義智、出水庸介
    第141回日本薬学会, 2021年03月, 通常論文
  • 核内受容体によるコレステロール胆汁酸代謝及び免疫の調節
    槇島誠
    日本レチノイド研究会第31回学術集会, 2020年10月, 通常論文
  • 脂肪由来多能性細胞を利用したビタミンD誘導体の骨芽細胞分化誘導評価
    石澤通康、高野真史、橘髙敦史、槇島誠
    第365回脂溶性ビタミン総合研究委員会, 2020年09月, 通常論文
  • 新規TGR5リガンドの開発
    三澤隆史、照井龍晟、槇島誠、須原義智、出水庸介
    日本ビタミン学会第72回大会, 2020年09月, 通常論文
  • ミクログリアおよび神経前駆細胞のインフラマソーム活性化に対するTransrepression作用選択的なLXRリガンドの影響
    石塚俊晶、高橋さやか、合田和香美、槇島誠、石川稔、橋本祐一
    第93回日本薬理学会年会, 2020年03月, 通常論文
  • コレステロール・胆汁酸代謝の調節機構、関連疾患及び治療への応用
    槇島誠
    第478回鳥取県東部医師会臨床懇話会, 2020年01月, 招待有り
  • Chitinase 3-like 1 produced by fibrocytes promotes myelofibrosis
    Shoichiro Kato; Takaaki Maekawa; Hiraku Ogata; Yukiko Osawa; Kota Kawasaki; Kohei Takada; Takehiro Sone; Keita Saito; Takuya Izumi; Shigeki Nagao; Kosuke Takano; Yosuke Okada; Noriaki Tachi; Masahiro Teramoto; Toshikuni Kawamura; Toshikatsu Horiuchi; Ayako Kobayashi; Shinichi Kobayashi; Ken Sato; Kaori Endo-Umeda; Shigeyuki Uno; Soji Morishita; Marito Araki; Makoto Makishima; Norio Komatsu; Fumihiko Kimura
    61st ASH Annual Meeting & Exposition, 2019年12月, 通常論文
  • アダマンチル基及びアルキル基を付加した新規ビタミンD誘導体の細胞選択的活性
    石澤通康、前川和樹、常盤広明、Antonio Mourino、風間智彦、松本太郎、槇島誠、山田幸子
    第42回日本分子生物学会年会, 2019年12月, 通常論文
  • 導波モードセンサーを用いた血液検査の確立
    宇野茂之、清水武則、芦葉裕樹、藤巻真、田中睦生、粟津浩一、槇島誠
    第42回日本分子生物学会年会, 2019年12月, 通常論文
  • 早期再発肝癌に発現亢進していたトランスグルタミナーゼ2の肝細胞癌培養細胞における機能解析
    山口裕美、阿部百合子、Ramiro J. G. Duarte、高田伊知郎、秦咸陽、小嶋聡一、槇島誠、江角眞理子
    第42回日本分子生物学会年会, 2019年12月, 通常論文
  • オキシステロール受容体liver X receptor αによる脂肪肝炎の抑制と肝臓免疫調節
    梅田香織、中島弘幸、梅田直、関修司、槇島誠
    第41回胆汁酸研究会, 2019年11月, 通常論文
  • 新規核内因子ESS2の機能解析
    高田伊知郎、槇島誠
    第560回日本大学医学会例会, 2019年11月, 通常論文
  • 新規ビタミンD誘導体の細胞選択的活性及び治療効果の検討
    石澤通康、前川和樹、常盤広明、風間智彦、松本太郎、槇島誠、山田幸子
    第560回日本大学医学会例会, 2019年11月, 通常論文
  • 炎症性腸疾患モデルにおけるbenzo[a]pyreneの炎症抑制効果
    安達慶太、石澤通康、宇野茂之、鈴木佑奈、窪田仁美、高田伊知郎、江角、眞理子、槇島誠
    第560回日本大学医学会例会, 2019年11月, 通常論文
  • 内耳における酸化ストレス誘導性細胞老化モデルの確立
    鈴木佑奈、林賢、槇島誠
    第560回日本大学医学会例会, 2019年11月, 通常論文
  • ヒト肝癌由来細胞株におけるdiaalyl trisulfideのbenzo[a]pyrene誘導性CYP1遺伝子発現及び代謝活性化に及ぼす影響
    宇野茂之、槇島誠
    第560回日本大学医学会例会, 2019年11月, 通常論文
  • 早期再発肝細胞癌に発現亢進するトランスグルタミナーゼ2の解析
    阿部百合子、山口裕美、Ramiro Jose Gonzalez Duarte、高田伊知郎、Xian-Yang Qin、小嶋聡一、高山忠利、槇島誠、江角眞理子
    第560回日本大学医学会例会, 2019年11月, 通常論文
  • アダマンチル基及びアルキル基導入型新規ビタミンD誘導体のユニークな生物活性
    石澤通康、前川和樹、常盤広明、風間智彦、松本太郎、槇島誠、山田幸子
    日本レチノイド研究会第30回記念学術集会, 2019年10月, 通常論文
  • Chitinase 3-like 1 produced by fibrocytes promotes myelofibrosis and is a potent therapeutic target
    Shoichiro Kato; Takaaki Maekawa; Hiraku Ogata; Yukiko Osawa; Kota Kawasaki; Kohei Takada; Takehiro Sone; Keita Saito; Takuya Izumi; Shigeki Nagao; Kosuke Takano; Yosuke Okada; Noriaki Tachi; Masahiro Teramoto; Toshikuni Kawamura; Toshikatsu Horiuchi; Ayako Kobayashi; Shinichi Kobayashi; Ken Sato; Kaori Endo-Umeda; Shigeyuki Uno; Soji Morishita; Marito Araki; Makoto Makishima; Norio Komatsu; and Fumihiko Kimura
    第81回日本血液学会学術集会, 2019年10月, 通常論文
  • 早期再発肝細胞癌におけるトランスグルタミナーゼ2の発現亢進
    山口裕美、 阿部百合、Ramiro José González Duarte、高田伊知郎、Xian-Yang Qin、小嶋聡一、高山忠利、槇島誠、江角眞理子
    第22回トランスグルタミナーゼ研究会, 2019年08月, 通常論文
  • アダマンチル基及びアルキル基導入型新規ビタミンD誘導体の生物活性と骨芽細胞分化能の解析
    石澤通康、前川和樹、常盤広明、Antonio Mourino、風間智彦、松本太郎、槇島誠、山田幸子
    第5回Neo Vitamin D Workshop学術集会, 2019年08月, 通常論文
  • 肝がん細胞の上皮間葉転換における核内受容体リガンドの効果
    高田伊一郎、貝沼雅彦、佐野圭二、槇島誠
    第5回Neo Vitamin D Workshop学術集会, 2019年08月, 通常論文
  • MicroRNA expression profiling and functional analysis of dysregulated micro RNAs in bone aging
    Bhawal Ujjal Kumar、Michiyasu Ishizawa、Makoto Makishima
    第5回Neo Vitamin D Workshop学術集会, 2019年08月, 通常論文
  • MicroRNA expression profiling and functional analysis of dysregulated microRNAs in bone aging
    Ujjal Bhawal; Fengzhu Zhang; Kiyomi Yoshida; Makoto Makishima; Koh Shibutani; Koichi Hiratsuka
    2019 IADR/AADR/CADR General Session, 2019年06月, 通常論文
  • ビタミンD受容体リガンドによる腸管部位選択的標的遺伝子調節
    石澤通康、槇島誠
    日本ビタミン学会第71回大会, 2019年06月, 通常論文
  • レチノイドX受容体ホモ二量体選択的アゴニストCBTF-EEの創出
    渡邉将貴、中山(中村)真理子、瀧奥真歩、山田翔也、高村祐太、藤原美智子、槇島誠、川崎真由、本山智晴、伊藤創平、中野翔吾、加来田博貴
    日本ビタミン学会第71回大会, 2019年06月, 通常論文
  • p38 MAPK and GADD45 enhance vitamin D signaling on TRPV6 mRNA induction in intestinal cells
    Michiyasu Ishizawa; Makoto Makishima
    The 22nd Vitamin D Workshop, 2019年05月, 通常論文
  • 胆汁酸受容体、関連疾患そして治療への応用
    槇島誠
    第10回桜衛生医療フォーラム, 2019年04月, 招待有り
  • 肝臓の炎症・免疫におけるビタミンD受容体の役割(コンカナバリンA誘導性肝炎モデル)
    梅田直、梅田(遠藤)香織、中島弘幸、加藤茂明、関修司、槇島誠
    第361回脂溶性ビタミン総合研究委員会, 2019年03月, 通常論文
  • Liver X Receptor activation exerts the different effects on the function of liver resident Kupffer cells and recruited macrophages
    Takuya Ishikiriyama; Hiroyuki Nakashima; Kaori Endo-Umeda; Masahiro Nakashima; Manabu Kinoshita; Makoto Makishima; Shuhji Seki
    第47回日本免疫学会学術集会, 2018年12月, 通常論文
  • 核内受容体による肝臓免疫と脂質代謝調節
    槇島誠
    第32回肝類洞壁細胞研究会学術集会, 2018年12月, 招待有り
  • 胆汁酸受容体FXRアゴニストによる肝がん細胞の上皮間葉転換の誘導
    貝沼雅彦、高田伊知郎、槇島誠、佐野圭二
    第40回胆汁酸研究会, 2018年12月, 通常論文
  • Transrepression 作用選択的PPAR γリガンドの創製を指向した構造活性相関研究
    豊田洋介、野村さやか、槇島誠、橋本祐一、石川稔
    第36回メディシナルケミストリーシンポジウム, 2018年11月, 通常論文
  • 対称分子構造を非対称構造とする化学修飾を用いた低分子化合物の水溶性向上策
    森本淳基、宮本和範、市川裕樹、内山真伸、槇島誠、橋本祐一、石川稔
    第36回メディシナルケミストリーシンポジウム, 2018年11月, 通常論文
  • レチノイドX 受容体ホモダイマー選択的アンタゴニストの創出
    渡邉将貴、中山真理子、山田翔也、藤原美智子、西井緑、槇島誠、川﨑真由、中野祥吾、伊藤創平、加来田博貴
    第36回メディシナルケミストリーシンポジウム, 2018年11月, 通常論文
  • FXRリガンドの肝がん細胞における上皮間葉転換への影響
    高田伊知郎、貝沼雅彦、佐野圭二、槇島誠
    日本レチノイド研究会第29回学術集会, 2018年10月, 通常論文
  • コンカナバリンA誘導性急性肝炎マウスにおける核内受容体VDRの役割
    梅田(遠藤)香織、梅田直、中島弘幸、加藤茂明、関修司、槇島誠
    日本レチノイド研究会第29回学術集会, 2018年10月, 通常論文
  • 対称分子構造を非対称構造とする化学修飾を用いた核内受容体リガンドの水溶性向上策
    森本淳基、宮本和範、市川裕樹、内山真伸、槇島誠、橋本祐一、石川稔
    日本レチノイド研究会第29回学術集会, 2018年10月, 通常論文
  • DNA損傷応答の抑制は神経芽腫のCHK1阻害剤感受性を増強する
    安藤清宏、中村洋子、越永従道、槇島誠
    第77回日本癌学会学術集会総会, 2018年09月, 通常論文
  • 25位アダマンチルビタミンD誘導体の構造と活性
    石澤通康、Rocio Otero、沼本修孝、伊倉貞吉、伊藤暢聡、常盤広明、Antonio Mourino; 槇島 誠; 山田 幸子
    第4回Neo Vitamin D Workshop学術集会, 2018年08月, 通常論文
  • 転写共役因子DGCR14依存的な核内受容体機能性制御
    高田伊知郎、高橋さゆり、槇島誠
    第4回Neo Vitamin D Workshop学術集会, 2018年08月, 通常論文
  • Relationship between initial vancomycin trough levels and early-onset vancomycin-associated nephrotoxicity in critically ill patients
    Masayuki Chuma; Makoto Makishima; Toru Imai; Naohiro Tochikura; Shinichiro Suzuki; Tsukasa Kuwana; Nami Sawada; Norikazu Kikuchi; Yoshikazu Yoshida; and Kosaku Kinoshita
    WCP18 - 18th World Congress of Basic and Clinical Pharmacology, 2018年07月, 通常論文
  • Development of transrepression-selective liver X receptor (LXR) ligands
    Sayaka Nomura; Umeda-Endo Kaori; Makoto Makishima; Yuichi Hashimoto; Toshiaki Ishizuka; Minoru Ishikawa
    WCP18 - 18th World Congress of Basic and Clinical Pharmacology, 2018年07月, 通常論文
  • Phenanthridin-6(5H)-one骨格を有する非ステロイド型プロゲステロン受容体拮抗薬
    西山郵子、森修一、槇島誠、藤井晋也、影近弘之、橋下祐一、石川稔
    日本レチノイド研究会第28回学術集会, 2017年11月, 通常論文
  • 肝臓免疫細胞における核内受容体LXRの自然免疫調節作用
    梅田(遠藤)香織、中島弘幸、梅田直、関修司、槇島誠
    日本レチノイド研究会第28回学術集会, 2017年11月, 通常論文
  • ビタミンD受容体の糞中胆汁酸代謝への関与
    石澤通康、槇島誠
    日本レチノイド研究会第28回学術集会, 2017年11月, 通常論文
  • 高脂肪食摂取マウスの胆汁酸代謝系におけるビタミンD受容体の関与
    石澤通康、槇島誠
    第39回胆汁酸研究会, 2017年11月, 通常論文
  • LXRアゴニスト活性を持つ新規ナフトキノン誘導体の合成
    西岡達馬、梅田香織、吉田悠真、槇島誠、須原義智
    第59回天然有機化合物討論会, 2017年09月, 通常論文
  • 腸管粘膜由来SW480細胞でのビタミンD依存性カルシウムチャネルTRPV6の発現誘導におけるp38とGADD45Aの関与
    石澤通康、赤木大輔、山本純平、槇島誠.腸管粘膜由来SW480細胞でのビタミンD依存性カルシウムチャネルTRPV6の発現誘導におけるp38とGADD45Aの関与
    第356回脂溶性ビタミン総合研究委員会, 2017年09月, 通常論文
  • 活性型ビタミンDはp38とGADD45発現を介してTRPV6転写を促進する
    石澤通康、赤木大輔、山本純平、槇島誠
    第3回Neo Vitamin D Workshop学術集会, 2017年08月, 通常論文
  • Con-A誘導性急性肝炎モデルマウスにおけるVDRの肝免疫調節作用
    梅田(遠藤)香織、梅田直、中島弘幸、関修司、槇島誠
    第3回Neo Vitamin D Workshop学術集会, 2017年08月, 通常論文
  • 小腸由来高比重リポ蛋白 Small Intestine-derived HDL (SI-HDL) - 新規創薬ターゲットとしての可能性
    平野賢一、山口知是、辻田麻紀、鈴木朗、恩田弘明、原康洋、朝長毅、槇島誠
    第49回日本動脈硬化学会総会・学術集会, 2017年07月, 通常論文
  • ビタミンD受容体の消化管・肝臓における非カルシウム作用
    槇島誠
    第22回特定非営利活動法人東北内分泌研究会・第34回日本内分泌学会東北地方会, 2017年04月, 招待有り
  • DGCR14 associates with both transcriptional factors and spliceosome
    Ichiro Takada; and Makoto Makishima
    Keystone Symposia. Bile acid recetpors as signal integrators in liver and metabolism, 2017年03月, 通常論文
  • Lithocholic acid selectively induces ileal CYP24A1 mRNA via Vitamin D receptor
    Michiyasu Ishizawa; and Makoto Makishima
    Keystone Symposia. Bile acid recetpors as signal integrators in liver and metabolism, 2017年03月, 通常論文
  • 食事性肥満における胆汁酸組成変動とビタミンD受容体の関与
    石澤通康、槇島誠
    第38回胆汁酸研究会, 2016年11月, 通常論文
  • 導派モードセンサーによる標識抗体を用いた抗B型肝炎ウイルス表面抗原抗体の検出
    清水武則、芦葉裕樹、宇野茂之、槇島誠、田中睦生、藤巻真、粟津浩一
    第39回日本分子生物学会年会, 2016年11月, 通常論文
  • Con-A誘導性急性肝炎モデルマウスにおけるビタミンD受容体による肝免疫調節作用
    梅田直、梅田(遠藤)香織、中島弘幸、関修司、槇島誠
    第39回日本分子生物学会年会, 2016年11月, 通常論文
  • RSK阻害剤BI-D1870による核内レセプターRORγt制御と実験的自己免疫性説髄炎(EAE)発症マウスへの効果検討
    高田伊知郎、槇島誠
    日本レチノイド研究会第27回学術集会, 2016年10月, 通常論文
  • ニンニク精油成分Diaalyle trisulfide (DATS)のダイオキシン受容体(Ah受容体)を介する生体異物代謝への影響
    宇野茂之、槇島誠
    日本レチノイド研究会第27回学術集会, 2016年10月, 通常論文
  • 脂肪脱分化過程におけるビタミンDの役割
    石澤通康、水島優介、風間智彦、松本太郎、槇島誠
    第2回Neo Vitamin D Workshop学術集会, 2016年08月, 通常論文
  • 核内受容体LXRαの肝免疫細胞における脂質代謝及び炎症調節メカニズムの解明
    梅田(遠藤)香織、中島弘幸、関修司、槇島誠
    第2回Neo Vitamin D Workshop学術集会, 2016年08月, 通常論文
  • 新規転写共役因子DGCR14ノックアウトマウスの解析
    高田伊知郎、飛騨野真也、小林隆志、槇島誠
    第2回Neo Vitamin D Workshop学術集会, 2016年08月, 通常論文
  • ニホンウナギのビタミンD受容体クローニング及び機能解析
    石澤通康、高田伊知郎、吉永龍起
    日本ビタミン学会第68回大会, 2016年06月, 通常論文
  • ビタミンD受容体 (VDR) の活性を制御するノンセコステロイド型VDRリガンドの創製
    三澤隆史、出水庸介、谷内出友美、大岡伸通、木下恵愛、野尻久雄、橘高敦史、槇島誠、内藤幹彦、栗原正明
    日本ビタミン学会第68回大会, 2016年06月, 通常論文
  • アンドロゲン受容体AF-1モジュレーターの構造展開
    沼館慧剛、谷内出友美、梅田香織、槇島誠、橋本祐一、藤井晋也
    日本ケミカルバイオロジー学会第11回年会, 2016年06月, 通常論文
  • Development of a microfluidic sedimentation system for separation of plasma utilizing the Boycott effect
    Chiaki Kuroda; Yoshimichi Ohki; Hiroki Ashiba; Makoto Fujimaki; Koichi Awazu; Takenori shimizu; Torahiko Tanaka; and Makoto Makishima
    Biosensors 2016, 2016年05月, 通常論文
  • 組織および遺伝子選択的作用を持つ新規ビタミンD受容体モジュレーター( SVDRM)の開発〜骨粗しょう症治療に期待できる作用選択的アダマンチルビタミンD化合物〜
    槇島誠、山田幸子、常盤広明
    第13回アカデミックフォーラム, 2016年05月, 通常論文
  • ビタミンD 受容体とリガンド複合体の水素結合ネットワークに関する理論的解析
    熊谷茜、Rocio Garcia Otero4、松尾直也、岡崎誠司、渡會友祐、槇島誠、山田幸、Antonio Mourino、常盤広明
    日本薬学会第136年会, 2016年03月, 通常論文
  • AF-1 領域による機能制御を指向した新規アンドロゲン受容体モジュレーターの創製
    沼館慧剛、谷内出友美、梅田香織、槇島誠、橋本祐一、藤井晋
    日本薬学会第136年会, 2016年03月, 通常論文
  • 血液型判定のための導波モードセンサ用マイクロ流路チップ
    芦葉裕樹、藤巻真、粟津浩一、田中寅彦、槇島誠
    第63回応用物理学会春季学術講演会, 2016年03月, 通常論文
  • 血漿分離のための血球沈降孔の形状最適化
    黒田千愛、大木義路、芦葉裕樹、藤巻真、粟津浩一、田中寅彦、槇島誠
    第63回応用物理学会春季学術講演会, 2016年03月, 通常論文
  • ポータブル血液検査装置を実現する導波モードセンサのためのマイクロ流路の開発
    黒田千愛、大木義路、芦葉裕樹、藤巻真、粟津浩一、清水武則、田中寅彦、槇島誠
    電気学会 計測/光応用・視覚合同研究会, 2016年02月, 通常論文
  • 導波モードセンサーを用いた血液検査装置の開発
    宇野茂之、清水武則、田中寅彦、田中睦夫、芦葉裕樹、藤巻真、粟津浩一、槇島誠
    第9回日本大学先端バイオフォーラム, 2016年01月, 通常論文
  • DGCR14 induces Il17a gene expression through the RORγ/BAZ1B/RSKS2 complex
    Ichiro Takada; and Makoto Makishima
    Keystone Symposia. Nuclear Receptors: Full Throttle (J1), 2016年01月, 通常論文
  • Development of novel fluorescent retinoid X receptor antagonist using RXR antagonist NEt-SB as a lead compound
    Shoya Yamada; Mariko Nakayama; Makoto Makishima; Hirotaka Naitou; and Hiroki Kakuta
    The International Chemical Congress of Pacific Basin Societies (Pacifichem) 2015, 2015年12月, 通常論文
  • Development of transrepression-selective liver X receptor (LXR) ligands
    Sayaka Nomura; Kaori Endo-Umeda; Atsushi Aoyama; Minoru Ishikawa; Yuichi Hashimoto; and Makoto Makishima
    The International Chemical Congress of Pacific Basin Societies (Pacifichem) 2015, 2015年12月, 通常論文
  • ステロール代謝酵素CYP27A1による7-デヒドロコレステロール代謝産物の同定及び核内受容体LXRの転写活性化能に対する影響
    梅田(遠藤)香織、安田佳織、杉田和幸、本多彰、太田美穂、石川稔、橋本祐一、榊利之、槇島誠
    第38回日本分子生物学会年会・第88回日本生化学大会合同大会, 2015年12月, 通常論文
  • 導波モードセンサーを利用した抗B型肝炎ウイルス表面抗原抗体の検出
    清水武則、芦葉裕樹、田中寅彦、槇島誠、田中睦生、藤巻真、粟津浩一
    第38回日本分子生物学会年会・第88回日本生化学大会合同大会, 2015年12月, 通常論文
  • 導波モードセンサを用いたABO血液型ウラ検査の確立
    宇野茂之、田中寅彦、芦葉裕樹、藤巻真、粟津浩一、槇島誠
    第38回日本分子生物学会年会・第88回日本生化学大会合同大会, 2015年12月, 通常論文
  • ノンセコステロイド型ビタミンD 受容体リガンドの創製〜官能基変換による活性制御〜
    三澤隆史、依岡桃子、出水庸介、谷内出友美、大岡伸通、木下恵愛、野尻久雄、橘高敦史、槇島誠、内藤幹彦、栗原正明
    第33回メディシナルケミストリーシンポジウム, 2015年11月, 通常論文
  • Transrepression 作用選択的なLXR リガンドの創製
    野村さやか、梅田( 遠藤) 香織、青山惇、槇島誠 、橋本祐一、石川稔
    第33回メディシナルケミストリーシンポジウム, 2015年11月, 通常論文
  • フェナンスリジノン骨格を有するステロイドホルモン受容体リガンドの創製
    西山郵子、藤井晋也、石川稔、橋本祐一、槇島誠
    第33回メディシナルケミストリーシンポジウム, 2015年11月, 通常論文
  • 大災害時におけるポータブル血液検査装置の開発に関する研究
    清水武則、芦葉裕樹、田中寅彦、槇島誠、田中睦生、藤巻真、粟津浩一
    第63回日本ウイルス学会学術集会, 2015年11月, 通常論文
  • 胆汁酸代謝制御における時計遺伝子BMAL1の役割
    和田平、吉田賢新、大西悠太、石澤通康、槇島誠、榛葉繁紀
    第37回胆汁酸研究会, 2015年11月, 通常論文
  • Discovery and optimization of distinctive nuclear receptors modulators (I): Inhibitors of the interaction of VDR with coactivators, and nuclear receptors-degradation inducers
    Minoru Ishikawa; Yusuke Mita; Yukihiro Itoh; Risa Kitaguchi; Makoto Makishima; and Yuichi Hashimoto
    The 3rd International Conference on Retinoids, 2015年10月, 通常論文
  • Discovery and optimization of distinctive nuclear receptors modulators (II): Transrepression selective LXR ligands, and LXRβ selective agonists
    Minoru Ishikawa; Sayaka Nomura; Atsushi Aoyama; Kaori Endo-Umeda; Kazunori Motoshima; Makoto Makishima; and Yuichi Hashimoto
    The 3rd International Conference on Retinoids, 2015年10月, 通常論文
  • Development of androgen receptor (AR) activation function-1 (AF-1) modulators
    Shinya Fujii; Akiyoshi Numadate; Tomomi Noguchi-Yachide; Kaori Endo-Umeda; Makoto Makishima; and Yuichi Hashimoto
    The 3rd International Conference on Retinoids, 2015年10月, 通常論文
  • Discovery and optimization of non-canonical nuclear receptors modulators
    Minoru Ishikawa; Yusuke Mita; Sayaka Nomura; Atsushi Aoyama; Kaori Endo-Umeda; Makoto Makishima; and Yuichi Hashimoto
    10th AFMC International Medicinal Chemistry Symposium (AIMECS15), 2015年10月, 通常論文
  • SIRS duration influences serum concentrations of vancomycin in sepsis patients
    Masayuki Chuma; Makoto Makishima; Toru Imai; Naohiro Tochikura; Takako Sakaue; Norikazu Kikuchi; Kousaku Kinoshita; Morio Kaburagi; Yoshikazu Yoshida
    14th International Congress of Therapeutic Drug Monitoring & Clinical Toxicology, 2015年10月, 通常論文
  • 禿頭をきたすビタミンD受容体遺伝子の新規変異の機能解析
    田村麻由子、石澤通康、磯島豪、岡明、槇島誠、北中幸子
    第49回日本小児内分泌学会学術集会, 2015年10月, 通常論文
  • MDM2は神経芽腫においてCHK1阻害剤感受性に関わる生物学的因子である
    安藤清宏、中村洋子、槇島誠、永瀬浩喜、中川原章
    第74会日本癌学会学術総会, 2015年10月, 通常論文
  • マウス脱分化脂肪細胞の誘導におけるビタミンDシグナルの影響
    石澤通康、水島優介、風間智彦、松本太郎、池田和正、槇島誠
    第348回脂溶性ビタミン総合研究委員会, 2015年09月, 通常論文
  • 坂根里枝、木村キミト、廣田佳久、中川公恵、石澤通康、槇島誠、和田昭盛、岡野登志夫、須原義智
    ニューロンへの分化誘導する新規ビタミンK誘導体の簡便な活性評価法の検討
    第59回日本薬学会関東支部大会, 2015年09月, 通常論文
  • 長鎖アルキル基を有するビタミンD受容体リガンドの創製
    三澤隆史、依岡桃子、出水庸介、大岡伸通、木下恵愛、槇島誠、内藤幹彦、栗原正明
    第59回日本薬学会関東支部大会, 2015年09月, 通常論文
  • アダマンチル基と2 つの三重結合を有するビタミンD 誘導体に関する理論的研究
    熊谷茜、岡崎誠司、渡會友祐、槇島誠、山田幸子、常盤広明
    第59回日本薬学会関東支部大会, 2015年09月, 通常論文
  • ニューロンへの分化を誘導する新規ビタミンK誘導体の探索と作用メカニズムの解析
    坂根里枝、木村キミト、廣田佳久、中川公恵、石澤通康、槇島誠、和田昭盛、岡野登志夫、須原義智
    第57回天然有機化合物討論会, 2015年09月, 通常論文
  • ポータブル血液検査装置のためのマイクロ流路を用いた血漿分離・導入システムの開発
    黒田千愛、大木義路、芦葉裕樹、藤巻真、粟津浩一、田中寅彦、槇島誠
    日本分析化学会第64年会, 2015年09月, 通常論文
  • ビタミンDと消化管
    槇島誠、石澤通康、西田滋
    第1回Neo Vitamin D Workshop学術集会, 2015年08月, 招待有り
  • 共役三重結合とアダマンチル基を導入したビタミンD誘導体の生物活性及びユニークな受容体結合様式
    石澤通康、渡會友祐、伊倉貞吉、Flavia C. M. Zacconi、Antonio Mourino、常盤広明、伊藤暢聡、山田幸子、槇島誠
    第1回Neo Vitamin D Workshop学術集会, 2015年08月, 通常論文
  • RSK阻害剤BI-D1870はTh17細胞分化を抑制する
    高田伊知郎、槇島誠
    第1回Neo Vitamin D Workshop学術集会, 2015年08月, 通常論文
  • 肝免疫細胞における自然免疫調節機構に対する核内受容体LXRの影響
    梅田(遠藤)香織、中島弘幸、関修司、槇島誠
    第1回Neo Vitamin D Workshop学術集会, 2015年08月, 通常論文
  • ノンセコステロイド型VDRリガンドの創製
    三澤隆史、出水庸介、槇島誠、栗原正明
    第1回Neo Vitamin D Workshop学術集会, 2015年08月, 通常論文
  • 成熟脂肪細胞の脱分化過程及び脱分化後におけるビタミンD受容体の関与
    石澤通康、水島雄介、風間智彦、松本太郎、池田和正、槇島誠
    日本ビタミン学会第67階大会, 2015年06月, 通常論文
  • ビタミンK誘導体の分子誘導作用を評価するための簡便なスクリーニング法の検討
    坂根里枝、石澤通康、木村キミト、廣田佳久、中川公恵、岡野登志夫、槇島誠、須原義智
    日本ビタミン学会第67階大会, 2015年06月, 通常論文
  • Forward blood typing microfluidic chips embedded in a multichannel waveguide-mode sensor
    Hiroki Ashiba; Makoto Fujimaki; Koichi Awazu; Torahiko Tanaka; and Makoto Makishima
    4th International Conference on Bio-Sensing Technology, 2015年05月, 通常論文
  • CYP1A1による経口曝露BaPが誘導する脂肪肝の抑制作用
    宇野茂之、Nebert; D. W.、槇島誠
    日本薬学会第135年会, 2015年03月, 通常論文
  • 核内受容体選択的なCoactivator Binding Inhibitorの創製研究
    福田寛充、槇島誠、石川稔、藤井晋也、橋本祐一
    日本薬学会第135年会, 2015年03月, 通常論文
  • ニューロンへの分化を誘導する新規ビタミンK誘導体の合成と簡便な活性評価法の検討
    坂根里枝、石澤通康、木村キミト、大西創、廣田佳久、中川公恵、岡野登志夫、槇島誠、須原義智
    日本薬学会第135年会, 2015年03月, 通常論文
  • 水平円筒流路を用いた血漿分離システムの開発
    黒田千愛、 大木義路、芦葉裕樹、藤巻真、粟津浩一、田中寅彦、槇島誠
    第62回応用物理学会春季学術講演会, 2015年03月, 通常論文
  • マイクロ流路結合導波モードセンサによる赤血球凝集検出
    芦葉裕樹、藤巻真、粟津浩一、傅梦穎、大木義路、田中寅彦、槇島誠
    第62回応用物理学会春季学術講演会, 2015年03月, 通常論文
  • Biosensing interfaces to reduce nonspecific binding in serum and plasma samples
    Fujimaki; M.; Tanaka; M.; Ashiba; H.; Yoshioka; K.; Hirata; Y.; Awazu; K.; Shimizu; T.; Tanaka; T.; and Makishima; M.
    2nd International Conference on Label-Free Technologies, 2015年03月, 通常論文
  • Liver X receptor modulates innate immune response in hepatic mononuclear cells
    Endo-Umeda; K.; Nakashima; H.; Seki; S.; Makishima; M.
    第43回日本免疫学会学術集会, 2014年12月, 通常論文
  • LXR (Liver X receptor) β選択的アゴニストの創製
    野村さやか、石川稔、橋本祐一、梅田香織、槇島誠
    第32回メディシナルケミストリーシンポジウム, 2014年11月, 通常論文
  • フェナンスリジノン誘導体の多重薬理学的プロファイリング
    三澤隆司、青山洋史、杉田和幸、石川稔、橋本祐一、中込まどか、槇島誠、馬場昌範
    第32回メディシナルケミストリーシンポジウム, 2014年11月, 通常論文
  • 蛍光性レチノイドX受容体アンタゴニストの創出とFRET現象を利用したリガンド探索法の開発研究
    中山真理子、小原一剛、槇島誠、内藤博敬、加来田博貴
    第32回メディシナルケミストリーシンポジウム, 2014年11月, 通常論文
  • 大規模災害現場で使用可能なポータブル血液検査装置開発の検討
    清水武則、芦葉裕樹、田中寅彦、槇島誠、田中睦生、藤巻真、粟津浩一
    第37回日本分子生物学会年会, 2014年11月, 通常論文
  • 高脂肪高コレステロール誘導肝障害モデルにおける核内受容体LXRの脂質代謝及び自然免疫調節機構の解明
    梅田(遠藤)香織、中島弘幸、関修司、槇島誠
    第37回日本分子生物学会年会, 2014年11月, 通常論文
  • ステロール代謝酵素CYP27A1による7-デヒドロコレステロール代謝産物の同定及び核内受容体LXRの転写活性化能に対する影響
    梅田(遠藤)香織、安田佳織、杉田和幸、本多彰、太田美穂、石川稔、橋本祐一、榊利之、槇島誠
    第36回胆汁酸研究会, 2014年11月, 通常論文
  • 大災害時を想定した、導派モードセンサによるポータブル血液検査装置開発の試み
    清水武則、芦葉裕樹、田中寅彦、槇島誠、田中睦生、藤巻真、粟津浩一
    第62回日本ウイルス学会学術集会, 2014年11月, 通常論文
  • Microfluidic sedimentation system for separation of plasma from whole blood
    Kuroda; C.; Ohki; Y.; Ashiba; H.; Fujimaki; M.; Awazu; K; Tanaka; T.; and Makishima; M.
    IEEE Sensors 2014, 2014年11月, 通常論文
  • Transrepression作用選択的なスチニルフェニルフルイミド骨格を有するLXRリガンドの創製
    野村さやか、石川稔、槇島誠、青山惇、橋本祐一
    日本レチノイド研究会第25回学術集会, 2014年10月, 通常論文
  • 脱分化脂肪細胞の形成におけるビタミンDシグナルの影響
    石澤通康、水島優介、風間智彦、松本太郎、池田和正、槇島誠
    日本レチノイド研究会第25回学術集会, 2014年10月, 通常論文
  • ニューロンへ分化を誘導する新規ビタミンK誘導体の創製
    坂根里枝、石澤通康、木村キミト、大西創、槇島誠、須原義智
    第58回日本薬学会関東支部大会, 2014年10月, 通常論文
  • 乳癌原発巣におけるKlotho発現と予後に関する検討
    鈴木周平、櫻井健一、長島沙樹、原由紀子、天野定雄、榎本克久、槇島誠
    第73回日本癌学会学術総会, 2014年09月, 通常論文
  • 細胞選択的及び遺伝子選択的活性を有するビタミンD誘導体の生物活性評価
    石澤通康、高野真史、橘髙敦史、坂根里枝、須原義智、山田幸子、槇島誠
    第344回脂溶性ビタミン総合研究委員会, 2014年09月, 通常論文
  • Rh(D) 血液型検査のための導波モードセンサの開発
    傅梦穎、大木義路、芦葉裕樹、藤巻真、粟津浩一、田中寅彦、槇島誠
    第75回応用物理学会秋季学術講演会, 2014年09月, 通常論文
  • RXR partial agonist NEt-4IB exerts therapeutic effects on inflammatory bowel disease without the side effects of RXR full agonists
    Furusawa; Y.; Kobayashi; T.; Kawata; K.; Nakayama; M.; Yamada; S.; Makishima; M.; Tai; A.; and Kakuta; H.
    248th American Chemical Society National Meeting & Exposition, 2014年08月, 通常論文
  • Development of fluorescent retinoid X receptor ligands and Fer resonance energy transfer (FRET)-based RXR ligand screening method
    Yamada; S.; Nakayama; M.; Kohara; K.; Makishima; M.; Naitou; H.; and Kakuta; H.
    248th American Chemical Society National Meeting & Exposition, 2014年08月, 通常論文
  • Activation fucntion 2構造修飾型ビタミンD受容体パーシャルアゴニストのユニークな遺伝子発現誘導
    石澤通康、前川和樹、工藤健、中林誠、内田光、伊藤暢聡、常盤広明、山田幸子、槇島誠
    日本ビタミン学会第66会大会, 2014年06月, 通常論文
  • ポータブル血液検査装置のための血漿分離システムの開発
    黒田千愛、芦葉裕樹、藤巻真、粟津浩一、田中寅彦、槇島誠
    電気学会E部門総合研究会, 2014年05月, 通常論文
  • A microchannel-integrated waveguide-mode sensor for detecting hemagglutination
    Ashiba; H.; Fujimaki; M.; Awazu; K.; Fu; M.; Ohki; Y.; Takana; T.; and Makishima; M.
    Biosensors 2014, 2014年05月, 通常論文
  • 優性遺伝形式を示したビタミンD依存性くる病2型(HVDRR)の分子メカニズムの解明
    磯島豪、吉村和子、石澤通康、廣瀬伸一、槇島誠、北中幸子
    第87回日本内分泌学会学術総会, 2014年04月, 通常論文
  • Microsystem of blood plasma separation for blood typing test
    Awazu; K.; Fujimaki; M.; Ashiba; H.; Kuroda; C.; Fu; M.; Ohhi; Y.; Tanaka; T.; and Makishima; M.
    2014 Materials Research Society Spring Meeting & Exhibit, 2014年04月, 通常論文
  • Transrepression 作用選択的なliver X receptor (LXR) リガンドの創製
    野村さやか、石川稔、槇島誠、青山惇、橋本祐一
    日本薬学会第134年会, 2014年03月, ホテル日航熊本(熊本県), 通常論文
  • 核内受容体RORγ選択的リガンドの創製
    西山郵子、中村政彦、槇島誠、中込まどか、石川稔、橋本祐一
    日本薬学会第134年会, 2014年03月, ホテル日航熊本(熊本県), 通常論文
  • 高精度第一原理計算およびMD シミュレーションを用いた核内受容体AF2 インターフェースの動的構造解析
    丸藤友彦、石坪江梨花、加来田博貴、山田幸子、槇島誠、常盤広明
    日本薬学会第134年会, 2014年03月, ホテル日航熊本(熊本県), 通常論文
  • 新規PPARγアンタゴニスト/ インバースアゴニストの創製
    大橋雅生、蒲生佳奈恵、田中雄大、紅山容子、脇稔、松浦信康、槇島誠、大山拓次、松野研司、天田雅文、和田淳、江口潤、宮地弘幸
    日本薬学会第134年会, 2014年03月, ホテル日航熊本(熊本県), 通常論文
  • LXRを介したマスト細胞における炎症性サイトカイン産生の抑制
    布村聡、梅田香織、岡山吉道、照井正、槇島誠、羅智靖
    第524回日大医学会例会, 2014年03月, 通常論文
  • マウス動脈におけるCYP1A1のBaP誘導毒性に対する抑制作用
    宇野茂之、槇島誠
    第524回日大医学会例会, 2014年03月, 通常論文
  • C型肝炎ウイルスNS4Bと細胞内脂肪滴の相互作用
    田中寅彦、黒田和道、槇島誠
    第524回日大医学会例会, 2014年03月, 通常論文
  • ビタミンD受容体パーシャルアゴニストの開発と組織選択的機能発現の可能性
    石澤通康、前川和樹、工藤健、中林誠、内田光、伊藤暢聡、常盤広明、山田幸子、槇島誠
    第524回日大医学会例会, 2014年03月, 通常論文
  • 導波モードセンサを用いたABO血液型検査
    傅梦穎、大木義路、芦葉裕樹、藤巻真、粟津浩一、田中寅彦、槇島誠
    第61回応用物理学会春季学術講演会, 2014年03月, 通常論文
  • マウス膵臓ランゲルハンス島におけるビタミンD受容体依存性の食欲調節ホルモンpeptide YYの発現誘導
    崔美花、小関淳、梅田香織、石原寿光、加藤茂明、槇島誠
    第342回脂溶性ビタミン総合研究委員会, 2014年03月, 通常論文
  • Optical detection of hepatitis virus proteins using waveguide-mode sensors
    Ashiba; H.; Fujimaki; M.; Awazu; K.; Tanaka; M.; Yamamoto; M.; Tanaka; T.; and Makishima; M
    ACS Division of Analytical Chemistry Pittcon 2014, 2014年03月, 通常論文
  • 肝免疫系細胞における自然免疫調節機構に対する核内受容体LXRの影響
    梅田(遠藤)香織、中島弘幸、関修司、槇島誠
    第36回日本分子生物学会年会, 2013年12月, 通常論文
  • CYP1A1によるBaP含有ウエスタンダイエット誘導する肝毒性の抑制作用
    宇野茂之、Daniel W. Nebert、槇島誠
    第36回日本分子生物学会年会, 2013年12月, 通常論文
  • 導波モードセンサーを応用した血液検査装置開発の試み
    田中寅彦、山本真民、槇島誠、田中睦生、芦葉裕樹、藤巻真、粟津浩一
    第8回日本大学先端バイオフォーラム, 2013年11月, 通常論文
  • AF2構造修飾型の新規VDR選択的モジュレーターの合成と生物活性
    石澤通康、渡會友祐、前川和樹、工藤健、内田光、伊藤暢聡、常盤広明、山田幸子、槇島誠
    第8回日本大学先端バイオフォーラム, 2013年11月, 通常論文
  • 新規VDRパーシャルアゴニストの立体選択的合成、X線結晶構造解析、および生物活性
    前川和樹、工藤健、渡會友祐、石澤通康、内田光、中林誠、伊藤暢聡、常盤広明、槇島誠、山田幸子
    第31回メディシナルケミストリーシンポジウム, 2013年11月, 通常論文
  • 新規アセチレンアミド型PPARγアンタゴニストの創製
    大橋雅生、蒲生佳奈恵、田中雄大、紅山容子、脇稔、松浦信康、槇島誠、松野研司、天田雅文、和田淳、江口潤、宮地弘幸
    第31回メディシナルケミストリーシンポジウム, 2013年11月, 通常論文
  • 共役diyneとアダマンチル基を側鎖に有する19-ノルビタミンD誘導体の立体選択的合成と生物活性評価
    渡會友祐、前川和樹、石澤通康、宇野茂之、Antonio Mourino、槇島誠、常盤広明、山田幸子
    第31回メディシナルケミストリーシンポジウム, 2013年11月, 通常論文
  • C型肝炎ウイルスNS4Bの両親媒性ヘリックス内疎水性残基がウイルス複製に果たす役割
    田中寅彦、山本真民、黒田和道、脇田隆字、池田正徳、加藤宣之、槇島誠
    第61回日本ウイルス学会学術集会, 2013年11月, 通常論文
  • ビタミンD受容体欠損マウスにおける胆汁酸代謝
    西田滋、石澤通康、槇島誠
    第35回胆汁酸研究会, 2013年10月, 通常論文
  • Development of polymeric nanoparticles for liver-specific ribavirin delivery
    石原務、平野展孝、斉藤義雄、春木満、宇野茂之、槇島誠
    平成25年度化学系学協会東北大会及び日本化学会東北支部70周年記念国際会議, 2013年09月, 通常論文
  • ビタミンD依存性E-Cadherin発現誘導に対する亜鉛の抑制効果
    石澤通康、平湯彩子、池田和正、槇島誠
    第340回脂溶性ビタミン総合研究委員会, 2013年09月, 通常論文
  • Development of fluorescent retinoid X receptor ligands as a ligand screening tool
    Yamada; S.; Nakayama; M.; Makishima; M.; Naitou; H.; and Kakuta; H.
    246th ACS National Meeting & Exposition, 2013年09月, 通常論文
  • ビタミンD受容体依存性の遺伝子発現に対する亜鉛の影響
    平湯彩子、石澤通康、池田和正、槇島誠
    日本レチノイド研究会第24回学術集会, 2013年08月, 通常論文
  • VDRパーシャルアゴニスト活性を示す新規ビタミンD誘導体の合成・生物活性
    渡會友祐、前川和樹、石澤通康、内田光、Flavia Zacconi、宇野茂之、常盤広明、Antonio Mourino、槇島誠、山田幸子
    日本レチノイド研究会第24回学術集会, 2013年08月, 通常論文
  • 核内受容体による代謝制御のメカニズムについて
    槇島誠
    ととろの会, 2013年06月, 招待有り
  • Coordinate expression of P450 enzymes by aryl hydrocarbon receptor and vitamin D receptor
    Uno; S.; Matsunawa; M.; Akagi; D.; Amano; Y.; Endo-Umeda; K.; Yamada; S.; and Makishima; M
    18th International Conference on Cyotochrome P450, 2013年06月, 招待有り
  • レチノイドX受容体リガンド探索への応用を指向した蛍光性リガンドの開発研究
    山田翔也、槇島誠、内藤博敬、加来田博貴
    第11回次世代を担う有機化学シンポジウム, 2013年05月, 通常論文
  • p38MAPキナーゼ関連分子によるビタミンD受容体標的遺伝子発現制御機構の解析
    石澤通康、赤木大輔、槇島誠
    日本ビタミン学会第65回大会, 2013年05月, 通常論文
  • Vitamin D receptor activation enhances benzo[a]pyrene metabolism via CYP1A1 expression in macrophages
    Matsunawa; M; Akagi; D.; Uno; S.; Endo-Umeda; K.; Ikeda; K.; and Makishima; M.
    Experimental Biology 2013, 2013年04月, 招待有り
  • VDR新規パーシャルアゴニストの立体選択的合成、Ⅹ線結晶構造解析、および生物活性
    前川和樹、工藤健、石澤通康、内田光、中林誠、伊藤暢聡、伊倉貞吉、常盤広明、槇島誠、山田幸子
    日本薬学会第133年会, 2013年03月, 通常論文
  • 共役diyneとアダマンチル基を側鎖に持つ19-ノルビタミンD誘導体の立体選択的合成
    渡會友祐、Flavia Zacconi、Antonio Mourino、石澤通康、宇野茂之、槇島誠、常盤広明、山田幸子
    日本薬学会第133年会, 2013年03月, 通常論文
  • S-ally1-L-cysteineの小胞体ストレス誘発神経細胞死抑制効果にはcalpain阻害作用が関与する
    今井徹、小菅康弘、梅田香織、石毛久美子、槇島誠、伊藤芳久
    日本薬学会第133年会, 2013年03月, 通常論文
  • RXRヘテロ二量体型核内受容体LXR及びVDRによる代謝調節
    槇島誠
    広島大学大学院医歯薬保健学研究院基礎生命科学部門口腔生化学加藤幸夫教授退職記念シンポジウム「転写因子による生体機能の制御と疾患」, 2013年03月, 通常論文
  • C型肝炎ウイルスNS4Bと脂肪滴との相互作用
    田中寅彦、黒田和道、豊澤恵子、脇田隆字、池田正徳、加藤宣之、槇島誠
    第85回日本生化学会大会、, 2012年12月, 通常論文
  • ビタミンDによる胆汁酸代謝調節
    槇島誠
    第10回日本機能性食品医用学会総会, 2012年12月, 通常論文
  • VDR欠損マウスにおける胆汁酸代謝遺伝子解析
    西田滋、石澤通康、槇島誠
    第85回日本生化学会大会、, 2012年12月, 通常論文
  • リトコール酸による腸管部位選択的なビタミンD受容体標的遺伝子転写誘導
    石澤通康、宇野茂之、槇島誠
    第35回日本分子生物学会年会, 2012年12月, 通常論文
  • CYP1A1 protects oral BaP-induced liver toxicity
    Uno; S.; Nebert; D. W.; and Makishima; M.
    50th Anniversary Symposium on Cytochrome P450 in Fukuoka, 2012年12月, 通常論文
  • Cooperative regulation of expression of P450 enzymes by aryl hydrocarbon receptor and vitamin D receptor
    Makishima; M.
    50th Anniversary Symposium on Cytochrome P450 in Fukuoka, 2012年12月, 通常論文
  • リトコール酸は腸管部位選択的にビタミンD受容体標的遺伝子の転写を誘導する
    石澤通康、宇野茂之、槇島誠
    第34回胆汁酸研究会, 2012年12月, 通常論文
  • RXR フルアゴニストに見られる副作用を回避しつつ炎症性腸疾患を改善するRXR パーシャルアゴニストNEt-4IB の創出
    川田浩平、中山真理子、森下健一、大澤史宜、山田翔也、小林俊貴、槇島誠、田井章博、加来田博貴
    第30回 メディシナルケミストリーシンポジウム, 2012年11月, 通常論文
  • C型肝炎ウイルスNS4Bと脂肪滴との相互作用の分子機構
    田中寅彦、黒田和道、豊澤恵子、槇島誠、池田正徳、加藤宣之
    第60回日本ウイルス学会学術集会, 2012年11月, 通常論文
  • 代謝調節性核内受容体におけるリガンド選択的作用発現
    槇島誠
    第17回分生研シンポジウム.アカデミア創薬—分子標的と化合物の力−, 2012年10月, 通常論文
  • 活性型ビタミンD及びレチノイン酸の白血病細胞への分化誘導作用とそのマクロファージ活性化における機能解析
    高橋宏通、槇島誠、内田光、中川優、八田善弘、竹内仁
    日本レチノイド研究会第23回学術集会, 2012年10月, 通常論文
  • 免疫調節作用選択的な肝臓X受容体(LXR)リガンドの創製
    青山惇、梅田(遠藤)香織、岸田健治、大金賢司、谷内出(野口)友美、青山洋史、石川稔、宮地弘幸、槇島誠、橋本祐一
    日本レチノイド研究会第23回学術集会, 2012年10月, 通常論文
  • All-transレチノイン酸がRXRαを介してPPARδの転写活性を誘導する可能性
    中込まどか、大工原直美、野口真行、戸田雄大、槇島誠、首藤紘一
    日本レチノイド研究会第23回学術集会, 2012年10月, 通常論文
  • ヒト単球系細胞株におけるビタミンDによる生体異物代謝修飾
    槇島誠、松縄学、赤木大輔、梅田香織、宇野茂之
    第335回脂溶性ビタミン総合研究委員会, 2012年07月, 通常論文
  • Zinc finger転写因子である核内受容体による代謝調節
    槇島誠
    第23回日本微量元素学会学術集会, 2012年07月, 通常論文
  • 胆汁鬱滞モデルマウスにおけるビタミンD受容体の機能解析
    石澤通康、小倉道一、加藤茂明、槇島誠
    日本ビタミン学会第64回大会, 2012年06月, 通常論文
  • 膵臓におけるビタミンDの新規標的遺伝子の同定と発現機構の解明
    崔美花、小関淳、石原寿光、加藤茂明、槇島誠
    日本ビタミン学会第64回大会, 2012年06月, 通常論文
  • All-trans retinoic acid induces the transcriptional activity of PPARδ via RXRα
    Nakagomi; M.; Daikuhara; N.; Makishima; M.; and Shudo; K.
    FASEB Research Conferences. Retinoids, 2012年06月, 通常論文
  • Identification of PYY as vitamin D target gene in the pancreas
    Choi; M.; Ozeki; J.; Ishihara; H.; Kato; S.; and Makishima; M.
    Keystone Symposia. Nuclear Receptor Matrix: Reloaded, 2012年04月, 通常論文
  • Investigation to elucidate the expression mechanism of RXR partial agonist CBt-PMN
    Ohsawa; F.; Yakushiji; N.; Shinozaki; R.; Yamada; S.; Nakayama; M.; Kawata; K. Makishima; M.; Kakuta; H.
    The 5th International Symposium for Future Technology Creating Better Human Health and Society "Siganl Transduction in Cancer and Infectious Diseases –Prevention, Diagnosis and Therapy-", 2012年03月, 通常論文
  • Creation of fluorescent RXR ligands and their application for FP assay
    Yamada; S.; Ohsawa; F.; Makishima; M.; Naitou; H.; Tai; A.; Kakuta; H.
    The 5th International Symposium for Future Technology Creating Better Human Health and Society "Siganl Transduction in Cancer and Infectious Diseases –Prevention, Diagnosis and Therapy-", 2012年03月, 通常論文
  • Molecular and physiological basis of ligand-selective vitamin D receptor function
    Makishima; M.
    The 5th International Symposium for Future Technology Creating Better Human Health and Society "Signal Transduction in Cancer and Infectious Diseases –Prevention, Diagnosis and Therapy-", 2012年03月, 通常論文
  • HCVの非構造タンパク質4B(NS4B)と細胞内脂肪滴との相互作用
    田中寅彦、黒田和道、槇島誠
    第7回日本大学先端バイオフォーラム, 2011年12月, 通常論文
  • P38 MAPキナーゼ経路はビタミンD受容体標的遺伝子TRPV6の転写誘導に関与する
    石澤通康、赤木大輔、山本純平、池田和正、槇島誠
    第34回日本分子生物学会年会, 2011年12月, 通常論文
  • ビタミンD受容体欠損マウスにおける胆汁鬱滞モデルの解析
    石澤通康、小倉道一、槇島誠、加藤茂明
    第333回脂溶性ビタミン総合研究委員会, 2011年12月, 通常論文
  • ビタミンD受容体-レチノイドX受容体-コファクター蛋白質複合体のリガンド選択的ダイナミック相互作用
    崔美花、山田幸子、槇島誠
    第33回胆汁酸研究会, 2011年11月, 通常論文
  • 胆汁鬱滞モデルマウスにおけるビタミンD受容体の役割
    石澤通康、小倉道一、槇島誠
    第33回胆汁酸研究会, 2011年11月, 通常論文
  • Hairlessによるリガンド選択的VDR活性の抑制作用
    中馬真幸; 遠藤香織; 榛葉繁紀; 山田幸子; 槇島誠
    日本レチノイド研究会第22回学術集会, 2011年11月, 通常論文
  • ビタミンD受容体パーシャルアゴニストの設計・合成および生物活性の検討
    工藤健、石澤通康、宇野茂之、常盤広明、槇島誠、山田幸子
    日本レチノイド研究会第22回学術集会, 2011年11月, 通常論文
  • レチノイドによる骨髄性白血病細胞のビタミンD受容体核内発現の増強作用
    長谷川雄一郎、高橋宏通、内田光、槇島誠
    日本レチノイド研究会第22回学術集会, 2011年11月, 通常論文
  • Hairlessによるリガンド選択的VDR活性の抑制作用
    中馬真幸、遠藤香織、榛葉繁紀、山田幸子、槇島誠
    日本レチノイド研究会第22回学術集会, 2011年11月, 通常論文
  • ビタミンD受容体パーシャルアゴニストの設計・合成および生物活性の検討
    工藤健、石澤通康、宇野茂之、常盤広明、槇島誠、山田幸子
    日本レチノイド研究会第22回学術集会, 2011年11月, 通常論文
  • レチノイドによる骨髄性白血病細胞のビタミンD受容体核内発現の増強作用
    長谷川雄一郎、高橋宏通、内田光、槇島誠
    日本レチノイド研究会第22回学術集会, 2011年11月, 通常論文
  • LXRリガンドの構造展開による選択的IL-6産生抑制剤の創製
    青山惇、遠藤香織、宮地弘幸、槇島誠、橋本祐一
    日本レチノイド研究会第22回学術集会, 2011年11月, 通常論文
  • 蛍光性RXRリガンドの創出とその応用
    山田翔也; 大澤史宜; 槇島誠; 内藤博敬; 加来田博貴
    日本レチノイド研究会第22回学術集会, 2011年11月, 通常論文
  • LXRリガンドの構造展開による選択的IL-6産生抑制剤の創製
    青山惇、遠藤香織、宮地弘幸、槇島誠、橋本祐一
    日本レチノイド研究会第22回学術集会, 2011年11月, 通常論文
  • 蛍光性RXRリガンドの創出とその応用
    山田翔也、大澤史宜、槇島誠、内藤博敬、加来田博貴
    日本レチノイド研究会第22回学術集会, 2011年11月, 通常論文
  • C型肝炎ウイルスNS4Bとlipid dropletの相互作用
    田中寅彦、黒田和道、池田正徳、加藤宣之、槇島誠
    第84回日本生化学会大会, 2011年09月, 通常論文
  • C型肝炎ウイルスNS4Bとlipid dropletの相互作用
    田中寅彦、黒田和道、池田正徳、加藤宣之、槇島 誠
    第84回日本生化学会大会, 2011年09月, 通常論文
  • Dynamic and ligand-selective interactions of vitamin D receptor with retinoid X receptor and cofactors in living cells
    Choi M; Yamada S; Makishima M
    EMBO Conferece Series "Nuclear Receptors from Molecular Mechanism to Health & Disease", 2011年09月, 通常論文
  • コレステロール胆汁酸代謝調節の新知見と臨床応用
    槇島誠
    東葛臨床学術講演会, 2011年09月, 通常論文
  • 核内受容体による脂質代謝及び炎症・免疫の調節
    槇島誠
    第35回日本産科婦人科栄養・代謝研究会, 2011年08月, 通常論文
  • 胆汁酸受容体とそれらを標的とする創薬可能性
    槇島誠
    第20回西日本臨床胆汁酸研究会, 2011年07月, 通常論文
  • ヒト単球系細胞株におけるビタミンDによる生体異物代謝修飾
    槇島誠、松縄学、赤木大輔、遠藤香織、宇野茂之
    日本ビタミン学会第63回大会, 2011年06月, 通常論文
  • ヒト単球系細胞株におけるビタミンDによる生体異物代謝修飾
    槇島誠、松縄学、赤木大輔、遠藤香織、宇野茂之
    日本ビタミン学会第63回大会, 2011年06月, 通常論文
  • Ligand-selective dynamic fluorescence resonance energy transfer between vitamin D receptor and cofactors in living cells
    Mihwa Choi; 赤木大輔、永瀬浩喜、山田幸子、槇島誠
    第33回日本分子生物学会年会・第83回日本生化学会大会合同大会, 2010年12月, 通常論文
  • C型肝炎ウイルス非構造タンパク質4Bにおけるlipid dropletとの相互作用部位の同定
    田中寅彦、黒田和道、槇島誠、池田正徳、加藤宣之
    第33回日本分子生物学会年会・第83回日本生化学会大会合同大会, 2010年12月, 通常論文
  • 活性化ビタミンD3によるAhR-CYP1A1誘導メカニズム増強作用
    宇野茂之、松縄学、赤木大輔、遠藤香織、槇島誠
    第33回日本分子生物学会年会・第83回日本生化学会大会合同大会, 2010年12月, 通常論文
  • 25-hydroxycholesterolによるLXR依存性および非依存性のマスト細胞活性化抑制機構の解析
    布村聡、遠藤香織、槇島誠、羅智靖
    第60回日本アレルギー学会秋季学術大会, 2010年11月, 通常論文
  • 1α-Hydroxyvitamin D3によるマウス胆汁酸代謝の調節
    西田滋、小関淳、槇島誠
    第32回胆汁酸研究会, 2010年11月, 通常論文
  • 核内受容体による胆汁酸の生理代謝調節機構
    崔美花、赤木大輔、山本純平、槇島誠
    第32回胆汁酸研究会, 2010年11月, 通常論文
  • C型肝炎ウイルスNS4Bとlipid dropletの相互作用
    田中寅彦、黒田和道、槇島誠、池田正徳、加藤宣之
    第58回日本ウイルス学会学術集会, 2010年11月, 通常論文
  • 経口血糖降下作用を示すレチノイドX受容体パーシャルアゴニストの創製
    加来田博貴、薬師寺信匡、大澤史宜、山田翔也、篠崎亮介、深井良祐、大塚正人、槇島誠、田井章博、吉川豊
    日本レチノイド研究会第21回学術集会, 2010年11月, 通常論文
  • RAR及びRXRリガンドによるカルニチンパルミトイルトランスフェラーゼ発現誘導
    石澤通康、影近弘之、槇島誠
    日本レチノイド研究会第21回学術集会, 2010年11月, 通常論文
  • ビタミンD受容体-レチノイドX受容体-コファクター蛋白質複合体のリガンド選択的ダイナミック相互作用
    崔美花、赤木大輔、山田幸子、槇島誠
    日本レチノイド研究会第21回学術集会, 2010年11月, 通常論文
  • 分子の非平面化・非対称化によるPPARδ部分作動薬の水溶性向上
    石川稔、春日淳一、米原光拡、槇島誠、橋本祐一、宮地弘幸
    第28回メディシナルケミストリーシンポジウム, 2010年11月, 通常論文
  • 1型・2型糖尿病モデルで経口糖尿病降下作用を示すベンゾトリアゾール型レチノイドX受容体パーシャルアゴニスト
    加来田博貴、薬師寺信匡、篠崎亮介、大澤史宜、山田翔也、深井良祐、大塚正人、槇島誠、田井章博、吉川豊、安井弘之
    第28回メディシナルケミストリーシンポジウム, 2010年11月, 通常論文
  • 活性型ビタミンD3及びリトコール酸によるリガンド選択的なビタミンD受容体標的遺伝子の発現誘導
    槇島誠、石澤通康、赤木大輔、山本純平、山田幸子
    第329回脂溶性ビタミン総合研究委員会, 2010年09月, 通常論文
  • リガンド選択的なビタミンD受容体作用発現機構の解析
    石澤通康、宇野茂之、赤木大輔、山田幸子、槇島誠
    日本ビタミン学会第62回大会, 2010年06月, 通常論文
  • リガンドを介した1α,25(OH)2D3/VDRのアロステリックコミュニケーション
    元吉沙也加、山岸賢司、槇島誠、山田幸子、常盤広明
    日本ビタミン学会第62回大会, 2010年06月, 通常論文
  • 生体異物代謝異常による動脈硬化発症メカニズム
    宇野茂之、遠藤香織、槇島誠
    第37回日本トキシコロジー学会学術年会, 2010年06月, 通常論文
  • リガンド選択的ビタミンD受容体の機能調節
    宇野茂之、槇島誠
    第64回日本栄養・食糧学会大会, 2010年05月, 通常論文
  • 核内受容体による代謝制御と臓器連関
    槇島誠
    第115回日本解剖学会総会・全国学術集会, 2010年03月, 通常論文
  • ビタミンD受容体蛋白質複合体のリガンド選択的ダイナミック相互作用
    槇島誠、崔美花、赤木大輔、山田幸子、木村真、永瀬浩喜、芝田敏克、黒田和道
    第327回脂溶性ビタミン総合研究委員会, 2010年03月, 通常論文
  • The basic helix-loop-helix proteins differentiated embryo chondrocyte (DEC) 1 and DEC2 function as corepressors of retinoid X receptors
    Cho; Y.; Noshiro; M.; Choi; M.; Morita; K.; Kawamoto; T.; Fujimoto; K.; Kato; Y.; and Makishima M.
    Keystone Symposia. Nuclear Receptors: Signaling, Gene Regulation and Cancer, 2010年03月, 通常論文
  • Modulation of bile acid metabolism by 1alpha-hydroxyvitamin D3 in mice
    Nishida S; Ozeki J; Makishima M.
    14th International Congress of Endocrinology (ICE2010) Official Satellite Symposia "Nuclear Receptor and its Frontier", 2010年03月, 通常論文
  • The basic helix-loop-helix proteins DEC1 and DEC2 repress RXR transactivation
    Cho Y; Noshiro M; Choi M; Morita K; Kawamoto T; Fujimoto K; Kato Y; Makishima M.
    14th International Congress of Endocrinology (ICE2010) Official Satellite Symposia "Nuclear Receptor and its Frontier", 2010年03月, 通常論文
  • Induction of SREBP-1c mRNA by differentiation and LXR ligand in human keratinocytes
    Kawana A; Terui T; Makishima M
    日本研究皮膚科学会 第34回年次学術大会・総会, 2009年12月, 通常論文
  • ベンゾ[a]ピレン代謝活性化を抑制するヒトCYP1A1
    宇野茂之、遠藤香織、槇島誠
    第32回日本分子生物学会年会, 2009年12月, 通常論文
  • ヘテロダイマー選択的RXRアゴニストHX600はCPT1A mRNAを誘導する
    石澤通康、影近弘之、槇島誠
    第32回日本分子生物学会年会, 2009年12月, 通常論文
  • 7-デヒドロコレステロール誘導体による選択的LXR作用機構
    遠藤香織、宇野茂之、山田幸子、槇島誠
    第32回日本分子生物学会年会, 2009年12月, 通常論文
  • Dynamic and ligand-selective interactions of vitamin D receptor with retinoid X receptor and cofactors
    Choi M; Akagi D; Kumura M; Nagase H; Shibata T; Kuroda K; Yamada S; Makishima M
    第32回日本分子生物学会年会, 2009年12月, 通常論文
  • 24(S),25-Epoxycholesterolのマスト細胞の細胞死誘導機構の解析
    福永牧子、布村聡、権寧博、橋本修、槇島誠、羅智靖
    第493回日大医学部例会, 2009年11月, 通常論文
  • 慢性関節炎リウマチに対するRXRアゴニストNet-3IPの有用性について
    山本篤毅、大澤史宜、杉山茉由、槇島誠、鈴木基之、中村修治、杉本幸雄、加来田博貴
    日本レチノイド研究会第20回学術集会, 2009年11月, 通常論文
  • Retinoid X receptorアゴニストHX600によるNGFIファミリー依存的カルニチンパルミトイルトランスフェラーゼ発現誘導
    石澤通康、影近弘之、槇島誠
    日本レチノイド研究会第20回学術集会, 2009年11月, 通常論文
  • ビフェニルカルボン酸型PPARδ選択的アンタゴニストの創製
    宮地弘之、山崎大典、槇島誠、土井健史、橋本祐一、春日淳一
    日本レチノイド研究会第20回学術集会, 2009年11月, 通常論文
  • 作用選択的なビタミンDリガンドに関する理論的研究2
    元吉沙也加、山岸賢司、槇島誠、山田幸子、常盤広明
    第28回メディシナルケミストリーシンポジウム, 2009年11月, 通常論文
  • 新規ビフェニルカルボン酸型PPARδ選択的アンタゴニストの創製
    春日淳一、橋本祐一、山崎大典、土井健史、槇島誠、宮地弘幸
    第28回メディシナルケミストリーシンポジウム, 2009年11月, 通常論文
  • 白血病治療薬を志向した新規低脂溶性RARβ選択的アゴニストの創製研究
    大澤史宜、山田翔也、山本篤毅、深井良祐、鄭霞暁、槇島誠、杉本幸雄、田井章博、加来田博貴
    第28回メディシナルケミストリーシンポジウム, 2009年11月, 通常論文
  • リガンドの代謝を介するビタミンD受容体シグナル系とダイオキシン受容体シグナル系のクロストーク
    槇島誠
    第2回博多シンポジウム「内・外環境と生物応答」, 2009年10月, 通常論文
  • 過重力負荷はビタミンDの代謝に影響を与える
    石澤通康、岩崎賢一、加藤茂明、槇島誠
    第2回博多シンポジウム「内・外環境と生物応答」, 2009年10月, 通常論文
  • ベンゾ[a]ピレン代謝におけるヒトCYP1A1の役割
    宇野茂之、遠藤香織、槇島誠
    第2回博多シンポジウム「内・外環境と生物応答」, 2009年10月, 通常論文
  • 新規ヒトLXRαスプライシング変異体の作用機序の解明
    遠藤香織、宇野茂之、藤森功、内藤義一、斎藤幸一、山田幸子、槇島誠
    第2回博多シンポジウム「内・外環境と生物応答」, 2009年10月, 通常論文
  • 1α-Hydroxyvitamin D によるマウス胆汁酸代謝の調節
    西田滋、小関淳、槇島誠
    第82回日本生化学会大会, 2009年10月, 通常論文
  • 天然由来RXRリガンドhonokiolによる核内受容体の機能調節作用
    小谷仁司、安井友浩、佐藤千尋、田邊宏樹、大野高政、水上元、槇島誠、井上誠
    第82回日本生化学会大会, 2009年10月, 通常論文
  • Application of Ab initio docking procedure based on FMO-ONIOM method to novel VDR ligands
    Motoyoshi. S.; Yamagishi; K.; Yamada; S.; Makishima; M.; and Tokiwa; H.
    14th Workshop on Vitamin D, 2009年10月, 通常論文
  • X-ray crystal structures, biological activity and structure-activity relationships of novel vitamin D partial agonists/antagonists
    Yamada; S.; Nakabayashi; M.; Ikura; T.; Ito; N.; Yoshimoto; N.; Shimuzu; M.; Yamagishi; K.; Kudo; T.; Tokiwa; H.; Ogura; M.; Chuma; M.; and Makishima; M.
    14th Workshop on Vitamin D, 2009年10月, 通常論文
  • In silico molecular screening of novel vitamin D ligands
    Yamagishi; K.; Yamada; S.; Makishima; M.; and Tokiwa; H.
    14th Workshop on Vitamin D, 2009年10月, 通常論文
  • ビタミンD代謝に対する過重力の影響
    石澤通康、槇島誠、岩崎賢一、加藤茂明
    第325回脂溶性ビタミン総合研究委員会, 2009年09月, 通常論文
  • Macrophage ABCA1 induction by natural RXR ligands
    小谷仁司、水上元、田邊宏樹、大野高政、槇島誠、井上誠
    第41回日本動脈硬化学会総会・学術集会, 2009年07月, 通常論文
  • 急性期重力負荷によって起こるビタミンD受容体標的遺伝子変化
    石澤通康、岩崎賢一、槇島誠
    第489回日大医学会例会, 2009年03月, 通常論文
  • 急性期重力負荷のビタミンD受容体感受性に対する影響
    石澤通康、岩崎賢一、槇島誠
    第489回日大医学会例会, 2009年03月, 通常論文
  • ヘテロダイマー選択的RXRアゴニストHX600によるカルニチンパルミトイルトランスフェラーゼ1遺伝子の誘導
    石澤通康、槇島誠、影近弘之
    第323回脂溶性ビタミン総合研究委員会, 2009年03月, 通常論文
  • ヒト白血病細胞における強心ステロイドbufalinによるビタミンD受容体の核タンパク安定化作用と転写活性化作用
    天野雄介、松縄学、長克武、小宮山一雄、槇島誠
    第3回炎症・脂質代謝・メタボリサーチフォーラム, 2009年01月, 通常論文
  • 生体物代謝活性化による動脈硬化発症メカニズム
    宇野茂之、槇島誠
    第31回日本分子生物学会・第81回日本生化学会大会合同大会, 2008年12月, 通常論文
  • DECは核内受容体のコリプレッサーとして機能する
    長克武、能城光秀、加藤幸夫、河本健、藤本勝巳、槇島誠
    第31回日本分子生物学会・第81回日本生化学会大会合同大会, 2008年12月, 通常論文
  • ヒト白血病細胞における強心ステロイドbufalinによるビタミンD受容体の核タンパク安定化作用と転写活性化作用
    天野雄介、松縄学、長克武、小宮山一雄、槇島誠
    第31回日本分子生物学会・第81回日本生化学会大会合同大会, 2008年12月, 通常論文
  • 天然由来RXRリガンドによる核内受容体の機能調節作用
    小谷仁司、水上元、田邊宏樹、大野高政、槇島誠、井上誠
    第31回日本分子生物学会・第81回日本生化学会大会合同大会, 2008年12月, 通常論文
  • ヒトLXRαスプライシング変異体の作用機序の解明
    遠藤香織、宇野茂之、藤森功、内藤義一、斎藤幸一、山田幸子、槇島誠
    第31回日本分子生物学会・第81回日本生化学会大会合同大会, 2008年12月, 通常論文
  • 作用選択的なビタミンD受容体リガンドに関する理論的研究
    元吉沙也加、山岸賢司、槇島誠、山田幸子、常盤広明
    第36回構造活性相関シンポジウム, 2008年11月, 通常論文
  • フェニルプロピオン酸型ペルオキシソーム増殖剤応答性受容体(PPAR)δ-選択的アゴニストのサブタイプ選択性発現機構解明
    宮地弘幸、春日淳一、中込泉、大山拓次、槇島誠、広野修一、森川耿右、橋本祐一
    日本レチノイド研究会第19回学術集会, 2008年11月, 通常論文
  • RXRα/β選択的デュアルアゴニストNet-3IPの抗アレルギー作用について
    杉山幸雄、久山翔司、尾崎友美、杉山茉由、宇野茂之、槇島誠、森下健一、鄭暁霞、原田隼、加来田博貴
    日本レチノイド研究会第19回学術集会, 2008年11月, 通常論文
  • ヒト白血病細胞における強心ステロイドbufalinによるビタミンD受容体の核タンパク安定化作用と転写活性化作用
    天野雄介、松縄学、長克武、小宮山一雄、槇島誠
    日本レチノイド研究会第19回学術集会, 2008年11月, 通常論文
  • DECは核内受容体のコリプレッサーとして機能する
    長克武、能城光秀、河本健、藤本勝巳、加藤幸夫、槇島誠
    日本レチノイド研究会第19回学術集会, 2008年11月, 通常論文
  • フェニルプロピオン酸型PPARアゴニストのサブタイプ選択性発現機構
    春日淳一、中込泉、大山拓司、槇島誠、広野修一、森川耿右、橋本祐一、宮地弘幸
    第27回メディシナルケミストリーシンポジウム, 2008年11月, 通常論文
  • 配座固定を基盤とした核内受容体LXRの新規リガンド創製
    青山惇、青山洋史、闐闐孝介、石本憲司、槇島誠、土井健史、橋本祐一、宮地弘幸
    第27回メディシナルケミストリーシンポジウム, 2008年11月, 通常論文
  • 新規創薬手法を用いたビタミンD受容体と各種リガンドとの相互作用解析
    山岸賢司、槇島誠、山田幸子、常盤広明
    第27回メディシナルケミストリーシンポジウム, 2008年11月, 通常論文
  • 脂溶性側鎖にアルコキシ基を有するレチノイドX受容体リガンドの系統的構造変換と構造活性相関
    森下健一、大澤史宜、藤井周司、松浦信康、槇島誠、佐々木健二、加来田博貴
    第27回メディシナルケミストリーシンポジウム, 2008年11月, 通常論文
  • RXRα/βデュアルアゴニストNet-3IPの抗アレルギー作用
    加来田博貴、久山翔司、尾崎友美、杉山茉由、鄭暁霞、森下健一、宇野茂之、槇島誠、佐々木健二、杉本幸雄
    第27回メディシナルケミストリーシンポジウム, 2008年11月, 通常論文
  • Benzoazoleを基本骨格とする複素環型RXRリガンドの開発
    薬師寺信匡、高野敦史、森下健一、藤井周司、大澤史宜、松浦信康、槇島誠、佐々木健二、加来田博貴
    第27回メディシナルケミストリーシンポジウム, 2008年11月, 通常論文
  • オキシステロール受容体によるコレステロール代謝調節および細胞増殖抑制作用機序
    宇野茂之、槇島誠
    第29回日本肥満学会, 2008年10月, 通常論文
  • ビタミンDによる病態モデルにおけるサイトカインの制御
    槇島誠
    第5回骨と関節の代謝調節を考える基礎の会, 2008年10月, 通常論文
  • Targeting of the vitamin D receptor, a nuclear receptor acting as an endocrine receptor and a metabolic sensor
    Makishima; M.
    Chem-Bio Informatics Society 2008 International Symposium on Pathway/Network to Disease and Drug Discovery Specially Focused on Nuclear Receptors and Metabolic Syndrome, 2008年10月, 通常論文
  • SAR-oriented discovery of substituted phenyl propanoic acid-based peroxisome proliferator-activated receptor (PPAR) pan agonists as candidate antipancreatic cancer agents
    Miyachi; H.; Kasuga; J.; Sato; M.; Makishima; M; Doi; T.; Morikawa; K.; and Hashimoto; Y.
    Chem-Bio Informatics Society 2008 International Symposium on Pathway/Network to Disease and Drug Discovery Specillay Focused on Nuclear Receptors and Metabolic Syndrome, 2008年10月, 通常論文
  • Lithochoic acid derivatives act as VDR agonists without hypercalcemia
    Ishizawa; M.; Matsunawa; M.; Adachi; R.; Uno; S.; Masuno; H.; Shimizu; M.; Iwasaki; K.; Yamada; S.; and Makishima; M
    Chem-Bio Informatics Society 2008 International Symposium on Pathway/Network to Disease and Drug Discovery Specillay Focused on Nuclear Receptors and Metabolic Syndrome, 2008年10月, 通常論文
  • DEC is a nuclear receptor co-repressor
    Cho; Y.; Noshiro; M.; Kawamoto; T.; Fujimoto; K.; Yukio; K.; and Makishima; M.
    Chem-Bio Informatics Society 2008 International Symposium on Pathway/Network to Disease and Drug Discovery Specillay Focused on Nuclear Receptors and Metabolic Syndrome, 2008年10月, 通常論文
  • 胆汁鬱滞モデルマウスにおけるビタミンD3の効果
    小倉道一、西田滋、石澤通康、宇野茂之、槇島誠
    第321回脂溶性ビタミン総合研究委員会, 2008年09月, 通常論文
  • アダマンチルビタミンD誘導体を結合したビタミンD受容体の結晶構造
    山田幸子、田中崇、中林誠、吉本暢子、五十嵐美晴、伊倉貞吉、伊藤暢聡、清水正人、槇島誠、Hector F. DeLuca
    第321回脂溶性ビタミン総合研究委員会, 2008年09月, 通常論文
  • 過重力負荷依存的に発現変化するビタミンD標的遺伝子
    石澤通康、岩崎賢一、槇島誠
    日本宇宙生物科学会第22回大会, 2008年09月, 通常論文
  • コレステロール胆汁酸代謝のセンシング機構と生活習慣病
    槇島誠
    第2回かわごえ並木の会, 2008年07月, 通常論文
  • 作用選択的なビタミンD受容体リガンドの開発
    槇島誠、石澤通康、松縄学、山田幸子
    第7回国際バイオフォーラム ~バイオアカデミックフォーラム~, 2008年07月, 通常論文
  • フェニルプロピオン酸型PPARパンアゴニストの立体選択的合成と転写活性化作用の立体選択性
    宮地弘幸、春日淳一、大山拓次、佐藤眞友美、槇島誠、土井健史、森川耿右、橋本祐一
    シンポジウム モレキュラー・キラリティー 2008, 2008年05月, 通常論文
  • ビタミンD受容体のリガンド選択的作用発現機構の解析
    石澤通康、松縄学、山田幸子、槇島誠、安達竜太郎、増野弘幸、清水正人
    第319回脂溶性ビタミン総合研究委員会, 2008年03月, 通常論文
  • ダイオキシン受容体を介する遺伝子特異的VDR活性増強作用
    松縄学、宇野茂之、槇島誠
    第482回日大医学会例会, 2008年03月, 通常論文
  • 閉塞性黄疸モデルマウスに対する1α(OH)D3投与の検討
    小倉道一、槇島誠
    第482回日大医学会例会, 2008年03月, 通常論文
  • マウスにおける胆汁酸代謝に及ぼすビタミンDの影響
    西田滋、小倉道一、槇島誠
    第482回日大医学会例会, 2008年03月, 通常論文
  • 大腸癌細胞におけるLXRによるβ-カテニンシグナル抑制作用
    宇野茂之、遠藤香織、槇島誠
    第482回日大医学会例会, 2008年03月, 通常論文
  • 胆汁酸応答性核内レセプターによる生体機能調節
    槇島誠
    第13回Hindgut Club Japanシンポジウム, 2007年12月, 通常論文
  • 作用選択的ビタミンD受容体効果を有するリトコール酸誘導体
    石澤通康、松縄学、安達竜太郎、池田和正、増野弘幸、清水正人、山田幸子、槇島誠
    第30回日本分子生物学会・第80回日本生化学会大会合同大会, 2007年12月, 通常論文
  • 胆汁酸センサーとして機能する核内受容体
    槇島誠
    第29回胆汁酸研究会, 2007年11月, 通常論文
  • RXRα/β選択的アゴニストNet-3IPの開発と生理活性
    加来田博貴、高松佳代、高野敦史、薬師寺信匡、森下健一、師橋一徳、大澤史宜、原田隼、藤井周司、鄭暁霞、松浦信康、槇島誠、Hamed Isamailo Ali、赤穂榮一、永澤秀子、杉本幸雄、田井章博、佐々木健二
    日本レチノイド研究会第18回学術集会, 2007年11月, 通常論文
  • リトコール酸誘導体の作用選択的VDR活性とその有用性
    石澤通康、松縄学、宇野茂之、増野弘幸、清水正人、山田幸子、槇島誠
    日本レチノイド研究会第18回学術集会, 2007年11月, 通常論文
  • フタルイミド骨格を有するα-グルコシダーゼ阻害剤の構造展開による肝X受容体(LXR)リガンドの創製
    青山惇、谷内出友美、青山洋史、宮地弘幸、槇島誠、橋本祐一
    日本レチノイド研究会第18回学術集会, 2007年11月, 通常論文
  • 新規PPARδ選択的アゴニストの創製研究とその選択性発現解析
    春日淳一、中込泉、青山惇、迫久美子、槇島誠、広野修一、橋本祐一、宮地弘幸
    第26回 メディシナルケミストリーシンポジウム, 2007年11月, 通常論文
  • 構造活性相関に基づいたPPAR パンアゴニストのピンポイント創製とその抗膵臓がん活性
    宮地弘幸、春日淳一、佐藤眞友美、槇島誠、土井健史、橋本祐一
    第26回 メディシナルケミストリーシンポジウム, 2007年11月, 通常論文
  • RXRアゴニスト脂溶性部位の脂溶性低減によるRXRサブタイプ指向性の創出 -リンカー部位にスルホンアミド基を有する-
    高松佳代、高野敦史、薬師寺信匡、森下健一、大澤史宜、藤井周司、松浦信康、槇島誠、Hamed Ismail Ali、赤穂榮一、田井章博、佐々木健二、加来田博貴
    第26回 メディシナルケミストリーシンポジウム, 2007年11月, 通常論文
  • 高活性RXRα/β選択的アゴニストNet-3IPの開発 ―脂溶性部位にアルコキシ基を有する-
    高松佳代、高野敦史、薬師寺信匡、森下健一、師橋一徳、大澤史宜、藤井周司、松浦信康、槇島誠、田井章博、佐々木健二、加来田博貴
    第26回 メディシナルケミストリーシンポジウム, 2007年11月, 通常論文
  • RXRα/βデュアルアゴニストNEt-3IP の抗炎症及び抗がん作用の検証
    高野敦史、原田隼、鄭暁霞、薬師寺信匡、森下健一、大澤史宜、藤井周司、杉本幸雄、田井章博、槇島誠、永澤秀子、佐々木健二、加来田博貴
    第26回 メディシナルケミストリーシンポジウム, 2007年11月, 通常論文
  • ステロイド代替骨格として機能するジフェニルペンタン誘導体の創製
    細田信之介、春日淳一、槇島誠、宮地弘幸、橋本祐一
    第26回 メディシナルケミストリーシンポジウム, 2007年11月, 通常論文
  • ベンゾ[a]ピレンのDNA付加体形成とダイオキシン受容体の転写活性化におけるCYP1ファミリー酵素の役割
    遠藤香織、宇野茂之、山田幸子、槇島誠
    第30回日本分子生物学会・第80回日本生化学会大会合同大会, 2007年11月, 通常論文
  • 細胞選択的ビタミンD受容体モデュレーターの作用機構
    松縄学、稲葉有香、山本恵子、吉本暢子、宇野茂之、山田幸子、槇島誠
    第30回日本分子生物学会・第80回日本生化学会大会合同大会, 2007年11月, 通常論文
  • ベンゾ[a]ピレン(BaP)誘導性胎児毒性を抑制するCYP1A1
    宇野茂之、槇島誠、Timothy P. Dalton、Daniel W. Nebert
    第30回日本分子生物学会・第80回日本生化学会大会合同大会, 2007年11月, 通常論文
  • ビタミンD3のマウス胆汁酸代謝に及ぼす影響
    西田滋、小倉道一、槇島誠
    第317回脂溶性ビタミン総合研究委員会, 2007年09月, 通常論文
  • Design, synthesis, and evaluation of selective PPARdelta agonists for the treatment of metabolic syndrome
    Kasuga; J.; Aoyama; A.; Sako; K.; Ishizawa; M.; Ogura; M.; Makishima; M.; Hashimoto; Y.; and Miyachi; H.
    6th AFMC International Medicinal Chemistry Symposium, 2007年07月, 通常論文
  • ダイオキシン受容体を介する遺伝子特異的VDR活性増強作用
    槇島誠、松縄学、西田滋、宇野茂之
    第315回脂溶性ビタミン総合研究委員会, 2007年03月, 通常論文
  • 核内受容体によるコレステロール胆汁酸代謝調節
    槇島誠
    情報計算化学生物学会(CBI学会)第270回研究講演会, 2006年12月, 通常論文
  • ビタミンD受容体機能制御因子としての核膜孔複合体蛋白質CAN/Nup2124の同定
    道上敏美、阪口奈保子、槇島誠、大薗恵一、宮内芳輝
    第314回脂溶性ビタミン総合研究委員会, 2006年12月, 通常論文
  • 細胞選択的なVDRモジュレーターとして作用するビタミンD3誘導体
    稲葉有香、吉本暢子、山田幸子、槇島誠、山本恵子
    日本分子生物学会2006フォーラム 分子生物学の未来, 2006年12月, 通常論文
  • ペルオキシゾーム増殖剤応答性受容体(PPAR)リガンドのクラススイッチ:PPARα/δデュアルアゴニストからPPARδ選択的アゴニストへの展開
    春日淳一、青山惇、迫久美子、槇島誠、橋本祐一、宮地弘幸
    日本レチノイド研究会第17回学術集会, 2006年11月, 通常論文
  • 側鎖にメチレンラクトンを持つビタミンD受容体アンタゴニストの合成と活性
    吉本暢子、稲葉有香、清水正人、玉村啓和、槇島誠、山田幸子、山本恵子
    日本レチノイド研究会第17回学術集会, 2006年11月, 通常論文
  • 高脂血症治療薬を目指したfarnesoid X receptor (FXR)アンタゴニストの創製
    貝沼雅彦、宮地弘幸、槇島誠、橋本祐一
    日本レチノイド研究会第17回学術集会, 2006年11月, 通常論文
  • Pharmacodynamicsとpharmacokineticsを利用した選択的ホルモン受容体作用薬の創薬
    槇島誠
    第3回骨と関節の代謝調節を考える基礎の会, 2006年09月, 通常論文
  • 多環芳香族炭化水素のDNA付加体形成におけるCYP1ファミリーの役割
    宇野茂之、槇島誠
    シンポジウム「内・外環境と生物応答」, 2006年07月, 通常論文
  • オキシステロール受容体LXRによるβ-カテニン転写活性抑制作用
    川名克芳、槇島誠
    シンポジウム「内・外環境と生物応答」, 2006年07月, 通常論文
  • ステロール胆汁酸反応性核内受容体による細胞機能調節
    槇島誠
    シンポジウム「内・外環境と生物応答」, 2006年07月, 通常論文
  • オキシステロール受容体LXRによる細胞増殖調節メカニズム
    槇島誠
    第38回日本動脈硬化学会総会・学術集会, 2006年07月, 通常論文
  • ビタミンD受容体を標的とする新規治療戦略
    槇島誠
    第27回日本炎症・再生医学会, 2006年07月, 通常論文
  • コレステロール代謝センサーLXRによる細胞増殖の制御
    槇島誠、川名克芳
    平成18年度生理学研究所研究会「バイオ分子センサー研究会」, 2006年06月, 通常論文
  • Reciprocal action of CYP1A1 and CYP1B1 in oral benzo[a]pyrene-induced disease
    Uno; S.; Dalton; T. P.; Dragin; N.; Curran; C. P.; Derkenne; S.; Miller; M. L.; Shertzer; H. F.; Makishima; M.; Gonzalez; F. J.; and Nebert; D. W.
    20th IUBMB International Congress of Biochemistry and Molecular Biology and 11th FAOBMB Congress, 2006年06月, 通常論文
  • ビタミンD受容体におけるリガンドシグナリング機構
    槇島誠
    第2回VD3研究会, 2006年05月, 通常論文
  • NGFI-B/RXRおよびNurr1/RXRヘテロ二量体選択的アロステリックリガンド
    森田健太郎、川名克芳、袖山真理子、下村伊一郎、影近弘之、槇島誠
    第79回日本薬理学会年会, 2006年03月, 通常論文
  • 高脂血症治療薬を目指したFXRリガンドの創製
    貝沼雅彦、宮地弘幸、槇島誠、橋本祐一
    日本薬学会第126年会, 2006年03月, 通常論文
  • ビタミンD受容体合成リガンドの作用発現機構に関する研究
    稲葉有香、吉本暢子、川名克芳、槇島誠、清水正人、山田幸子、山本恵子
    日本薬学会第126年会, 2006年03月, 通常論文
  • メタボリックシンドローム治療薬を目指した新規PPARalpha/deltaデュアルアゴニストの創製
    春日淳一、槇島誠、橋本祐一、宮地弘幸
    日本薬学会第126年会, 2006年03月, 通常論文
  • Suppression of beta-catenin signaling by the liver X receptors
    Kawana; K.; and Makishima; M.
    Keystone Symposia. Nuclear Receptors: Orphan Brothers, 2006年03月, 通常論文
  • Vitamin D receptor, ligand recognition and allosteric network: from total alanine scanning mutational analysis of the residues lining the ligand binding pocket of vitamin D receptor.
    Yamada; S.; Yamamoto; K.; and Makishima; M.
    Keystone Symposia. Nuclear Receptors: Orphan Brothers, 2006年03月, 通常論文
  • コレステロール代謝センサーLXRによるβ―カテニン転写誘導活性の抑制
    川名克芳、槇島誠
    第28回日本分子生物学会年会, 2005年12月, 通常論文
  • Design, synthesis and evaluaton of substituted phenylpropanoic acid as perosixome proliferator-activated receptor ligands
    Miyachi; H.; Kasuga; J.; Makishima; M.; and Hashimoto Y.
    2005環太平洋国際化学会議, 2005年12月, 通常論文
  • メタボリックシンドローム治療薬を目指したペルオキシゾーム増殖剤応答性受容体(PPAR)α/δデュアルアゴニストの創製
    春日淳一、槇島誠、橋本祐一、宮地弘幸
    日本レチノイド研究会第16回学術集会, 2005年11月, 通常論文
  • 強心配糖体ブファリンによるリガンド依存性ビタミンD受容体転写誘導活性の増強作用
    松縄学、中野寛之、川名克芳、槇島誠
    日本レチノイド研究会第16回学術集会, 2005年11月, 通常論文
  • 新規ビタミンD受容体アンタゴニストの作用発現機構に関する研究
    稲葉有香、吉本暢子、川名克芳、槇島誠、清水正人、山田幸子、山本恵子
    日本レチノイド研究会第16回学術集会, 2005年11月, 通常論文
  • 喫煙及び胆汁うっ滞の骨代謝への影響
    宇野茂之、槇島誠
    第2回骨と関節の代謝調節を考える基礎の会, 2005年10月, 通常論文
  • コレステロール胆汁酸代謝センサーLXR及びVDRを標的とする代謝性疾患および悪性腫瘍の新規治療戦略
    槇島誠、川名克芳
    日本薬学会生物系薬学部会 生体機能と創薬シンポジウム2005 「疾病に関わる生体分子と治療薬」, 2005年09月, 通常論文
  • ペルオキシゾーム増殖剤応答性受容体(PPAR)α/δデュアルアゴニスト活性を有する新規置換フェニルプロピオン酸誘導体の創製
    春日淳一、槇島誠、橋本祐一、宮地弘幸
    日本薬学会生物系薬学部会 生体機能と創薬シンポジウム2005 「疾病に関わる生体分子と治療薬」, 2005年09月, 通常論文
  • 大腸がんにおけるオキシステロール受容体LXRのβ-カテニン転写活性抑制作用
    川名克芳、槇島誠
    第64回日本癌学会学術総会, 2005年09月, 通常論文
  • 核内レセプターによる生活習慣監視メカニズム
    槇島誠
    第1回九州メタボリックシンドローム研究会, 2005年07月, 通常論文
  • 胆汁酸によるビタミンD受容体活性化機構の解析
    槇島誠
    第78回日本内分泌学会学術総会, 2005年07月, 通常論文
  • ベンゾ[a]ピレンによって誘導される免疫毒性を抑制するCYP1A1
    宇野茂之、槇島誠、Timothy P. Dalton、Daniel W. Nebert
    第78回日本内分泌学会学術総会, 2005年07月, 通常論文
  • サブタイプ及び種選択的PPARリガンドの創製
    宮地弘幸、春日淳一、槇島誠、橋本祐一
    第6回長井長義記念シンポジウム, 2005年07月, 通常論文
  • Regulation of lipid and xenobiotic metabolisms in intestine by nuclear receptor/dioxin receptor-cytochrome P450 pathway
    Uno; S.; and Makishima; M.
    The 15th International Symposium on Gnotobiology, 2005年06月, 通常論文
  • 胆汁酸誘導体によるビタミンD受容体の活性化機構の解析
    槇島誠、安達竜太郎、川名克芳
    平成17年度生理学研究所研究会「バイオ分子センサー研究会」, 2005年06月, 通常論文
  • ベンゾ[a]ピレンの代謝活性化におけるCYP1ファミリーの役割
    宇野茂之、槇島誠.Timothy P. Dalton、Daniel W. Nebert
    第32回日本トキシコロジー学会学術年会, 2005年06月, 通常論文
  • 多環芳香族炭化水素の代謝活性化におけるCYP1A1の役割
    宇野茂之、槇島誠、Timothy P. Dalton、Daniel W. Nebert
    第59回日本栄養・食料学会大会, 2005年05月, 通常論文
  • 核内レセプターによるコレステロール胆汁酸代謝調節.食習慣を監視する分子メカニズム
    槇島誠
    第91回日本消化器病学会総会, 2005年04月, 通常論文
  • ビタミンD受容体のリガンド依存性アロステリックネットワーク
    阿部大二朗、山本恵子、稲葉有香、清水正人、川名克芳、槇島誠、山田幸子
    日本薬学会第125年会, 2005年03月, 通常論文
  • Development of new ligands for sterol-sensing nuclear receptors LXR and VDR
    Makishima; M.
    The University of Tokyo International Symposium “Frontiers in Drug Development”, 2005年02月, 通常論文
  • コレステロール胆汁酸代謝の調節因子として機能する核内レセプター
    槇島誠
    第12回母子医療センターシンポジウム, 2005年02月, 通常論文
  • リトコール酸誘導体によるビタミンD受容体の選択的活性化
    槇島誠、安達竜太郎、本間良夫、増野弘幸、川名克芳、下村伊一郎、山田幸子
    第27回日本分子生物学会年会, 2004年12月, 通常論文
  • ベンゾ[a]ピレンによって誘導される免疫毒性におけるCYP1A1の役割
    宇野茂之、槇島誠、Timothy P. Dalton、Daniel W. Nebert
    第27回日本分子生物学会年会, 2004年12月, 通常論文
  • ビタミンD受容体と胆汁酸との構造活性相関
    槇島誠、安達竜太郎、本間良夫、山本恵子、増野弘幸、川名克芳、下村伊一郎、山田幸子
    レチノイド研究会第15回学術集会, 2004年11月, 通常論文
  • ビタミンD受容体の新規リガンド
    槇島誠
    第1回骨と関節の代謝調節を考える基礎の会, 2004年11月, 通常論文
  • 核内レセプターによるコレステロール胆汁酸代謝調節機構
    槇島誠
    第63回日本大学医学部総会, 2004年10月, 通常論文
  • 胆汁酸の受容体として働くビタミンD受容体
    槇島誠
    第46回歯科基礎医学会学術大会, 2004年09月, 通常論文
  • 時計遺伝子DEC1, DEC2の末梢組織におけるリズム発現
    能城光秀、古川匡恵、河本健、藤本勝巳、濱田泰三、槇島誠、本間さと、本間研一、加藤幸夫
    第46回歯科基礎医学会学術大会, 2004年09月, 通常論文
  • 植物ステロール誘導体に反応するコレステロール代謝センサーLXR
    槇島誠
    平成16年度生理学研究所研究会「バイオ分子センサー研究会」, 2004年09月, 通常論文
  • ビタミンD受容体に作用する胆汁酸誘導体
    槇島誠、川名克芳、安達竜太郎、下村伊一郎、本間良夫、山本恵子、増野弘幸、山田幸子
    第305回脂溶性ビタミン総合研究委員会, 2004年09月, 通常論文
  • Development of a tissue-selective agonist for liver X receptor
    Makishima; M.
    The 3rd International Nuclear Receptor Meeting in Japan, 2004年04月, 通常論文
  • コレステロール胆汁酸代謝を調節する核内レセプター
    槇島誠
    第77回日本薬理学会年会, 2004年03月, 通常論文
  • Bile acid derivatives acting on VDR and their effects on leukemia
    Makishima; M.
    The US-Japan Workshop on: The Role of Nuclear Receptors in Carcinogenesis, 2004年03月, 通常論文
  • Akr1b7, an aldo-ketoreductase that metabolizes the byproduct of side-chain cleavage of cholesterol is activated by FXR in the adrenal gland
    Cummins; C. L.; Makishima; M.; Liverman; A. B.; Lobaccaro; J.-M. A.; and Mangelsdorf; D. J.
    Keystone Symposia. Nuclear Receptors: Orphan Brothers, 2004年02月, 通常論文
  • Development of an intestine-selective agonist for liver X receptor
    Kaneko; E.; Tachibana; Y.; Matsuda; M.; Yamada; Y.; Shimomura; I.; and Makishima; M.
    Keystone Symposia. Nuclear Receptors: Orphan Brothers, 2004年02月, 通常論文
  • 標的遺伝子産物の特性を利用した小腸選択的LXRリガンドの開発
    金子恵美、下村伊一郎、槇島誠
    第26回日本分子生物学会年会, 2003年12月, 通常論文
  • 内分泌及び生体異物シグナルに反応するVDRの構造解析
    安達竜太郎、山本恵子、下村伊一郎、山田幸子、槇島誠
    第26回日本分子生物学会年会, 2003年12月, 通常論文
  • NGFI-B/RXRヘテロ二量体選択的なRXRリガンド
    森田健太郎、影近弘之、下村伊一郎、槇島誠
    レチノイド研究会第14回学術集会, 2003年11月, 通常論文
  • ステロールセンサーとして機能する核内レセプターLXRに作用する植物ステロール誘導体
    金子恵美、橘陽二、下村伊一郎、槇島誠
    第45回天然有機化合物討論会, 2003年10月, 通常論文
  • Interaction between vitamin D receptor and ligands: two-dimensional alanine scanning mutational analysis
    Yamada; S.; Yamamoto; K.; Shimizu; M.; Choi; M.; Abe; D.; Mihori; M.; Makishima; M.; DeLuca; H. F.; Garabedian; M.; and Nguyen; T. N.
    12th Workshop on Vitamin D, 2003年07月, 通常論文
  • How does VDR recognize bile acids?
    Masuno; H.; Yamamoto; K.; Choi; M.; Shimuzu; M.; Ito; T.; Yamada; S.; Makishima; M.; Garabedian; M.; and Nguyen; T. N.
    12th Workshop on Vitamin D, 2003年07月, 通常論文
  • New function of vitamin D receptor as a bile acid sensor
    Makishima; M.
    1st Joint Meeting of International Bone and Mineral Society and Japanese Society of Bone and Mineral Research, 2003年06月, 通常論文
  • 核内レセプターVDRによるビタミンD・胆汁酸認識機構の解析
    安達竜太郎、山田幸子、下村伊一郎、槇島誠
    平成15年度生理学研究所研究会「バイオ分子センサー研究会」, 2003年05月, 通常論文
  • コレステロール胆汁酸代謝と核内レセプター
    槇島誠
    第2回「ステロイドホルモンを考える会」研究発表会, 2003年03月, 通常論文
  • 胆汁酸センサーとしてのビタミンD受容体
    槇島誠
    第80回日本生理学会大会, 2003年03月, 通常論文
  • 核内レセプターによるコレステロール胆汁酸代謝調節
    槇島誠
    第123回日本薬学会, 2003年03月, 通常論文
  • ビタミンD受容体は胆汁酸をどのように認識するのか
    増野弘幸、山本恵子、崔美花、伊藤俊将、槇島誠、山田幸子
    第123回日本薬学会, 2003年03月, 通常論文
  • PPARgamma binds and activates the human adiponectin promoter
    Iwaki; M.; Matsuda; M.; Matsuzawa; Y.; Makishima; M.; and Shimomura; I.
    Keystone Symposia. PPARs: Transcriptional Regulators of Metabolism and Metabolic Diseases, 2003年02月, 通常論文
  • Nuclear receptor and ABC transporter
    Makishima; M.
    The 5th Conference on ABC Proteins and Ion Channels, 2003年01月, 通常論文
  • 胆汁酸センサーとして働く核内レセプター群
    槇島誠
    第25回日本分子生物学会年会, 2002年12月, 通常論文
  • RXRヘテロ二量体型核内レセプターVDRによる二次胆汁酸監視機構
    槇島誠、David J. Mangelsdorf
    第13回日本レチノイド研究会, 2002年11月, 通常論文
  • 胆汁酸センサーとして機能する核内レセプターFXRおよびVDR
    槇島誠
    第297回脂溶性ビタミン総合研究委員会, 2002年09月, 通常論文
  • Nuclear receptor regulation of bile acid metabolism
    Lu; T. T.; Makishima; M.; and Mangelsdorf; D. J.
    XVII International Bile Acid Meeting, 2002年05月, 通常論文
  • Nuclear receptors as the body’s lipid sensors
    Mangelsdorf; D. J.; Makishima; M.; Lu; T. T.; Zhang; Y. Gauthier; K.; Liverman; A.; and Repa; J. J.
    Keystone Symposia. Nuclear Receptor Superfamily, 2002年04月, 通常論文
  • Moses, a novel Drosophila orphan receptor-binding protein
    Baker; K. D.; Makishima; M.; and Mangelsdorf; D. J.
    Keystone Symposia. Nuclear Receptor Superfamily, 2002年04月, 通常論文
  • Nuclear receptor regulation of bile acid metabolism
    Lu; T. T.; Makishima; M.; and Mangelsdorf; D. J.
    Keystone Symposia. Nuclear Receptor Superfamily, 2002年04月, 通常論文
  • Identification of a nuclear hormone receptor energetic connectivity pathway reveals the structural basis for RXR ligand permissivity and the phantom ligand effect.
    Shulman; A. I.; Larson; C.; Makishima; M.; Ranganathan; R.; and Mangelsdorf; D. J.
    Keystone Symposia. Nuclear Receptor Superfamily, 2002年04月, 通常論文
  • RXRヘテロダイマー型核内レセプターによる脂質代謝調節
    槇島誠
    第12回日本レチノイド研究会学術集会, 2001年11月, 通常論文
  • 脂質代謝調節因子としての核内レセプター
    槇島誠
    第6回アディポサイエンス研究会, 2001年08月, 通常論文
  • D8FL, a novel Drosophila nuclear orphan receptor-binding protein
    Baker; K. D.; Makishima; M.; Hall; B. L.; and Mangelsdorf; D. J.
    83rd Annual Meeting of The Endocrine Society, 2001年06月, 通常論文
  • Molecular basis for feedback regulation of bile acid synthesis by nuclear receptors
    Lu; T. T.; Makishima; M.; Repa; J. J.; Schoonjans; K.; Awerx; J.; and Mangelsdorf; D. J.
    XVI International Bile Acid Meeting, 2000年10月, 通常論文
  • Nucelar receptor control of cholesterol homeostasis
    Repa; J. J.; Turley; S. D.; Lobaccaro; J.-M. A.; Makishima; M.; Lu; T. T.; and Mangelsdorf; D. J.
    81st Annual Meeting of The Endocrine Society, 1999年06月, 通常論文
  • Differanisole Aは、9cisRAによる骨髄性白血病細胞の分化誘導を増強する
    金谷泰宏、槇島誠、元吉和夫、本間良夫
    第61回日本血液学会総会, 1999年04月, 通常論文
  • 骨吸収阻害剤humuloneによる骨髄性白血病細胞の分化誘導と活性型ビタミンD3との併用効果
    本間良夫、槇島誠、横山明弘、角純子
    第60回日本血液学会総会, 1998年03月, 通常論文
  • 9-cis Tretinoin tocoferilによる前骨髄球性白血病細胞の選択的分化誘導の解析
    槇島誠、梅園和彦、首藤紘一、本間良夫
    第56回日本癌学会総会, 1997年09月, 通常論文
  • 活性型ビタミンD3の骨髄性白血病細胞に対する分化誘導活性のエタクリン酸による促進効果
    槇島誠、本間良夫
    第1回がん分子標的治療研究会総会, 1997年06月, 通常論文
  • 新規レチノイド誘導体による分化誘導と治療への応用
    1. ͆ìáêΩÅAñ{ä‘ó«ïv
    第59回日本血液学会総会, 1997年03月, 通常論文
  • BufalinとVD3併用によるヒト急性前骨髄球性白血病細胞NB4の分化誘導
    山田一成、日野研一郎、友安茂、鶴岡延熹、槇島誠、本間良夫
    第59回日本血液学会総会, 1997年03月, 通常論文
  • 新規ウラシル誘導体の白血病細胞株に対するVD3による増殖抑制・分化誘導増強機構
    金谷泰宏、槇島誠、元吉和夫、永田直一、本間良夫
    第59回日本血液学会総会, 1997年03月, 通常論文
  • Tretinoin tocoferil, an alpha-tocopherol ester of all-trans retinoic acid, enhances the activity of 1alpha,25- dihydroxyvitmain D3 for growth inhibition and differentiation induction of myelomonocytic leukemia cells
    Makishima; M.; and Honma; Y.
    3rd Internet World Congress on Biomedical Sciences, 1996年12月, 通常論文
  • 9-cis Tretinoin tocoferilによるヒト前骨髄性白血病NB4細胞の分化誘導
    槇島誠、金谷泰宏、本間良夫
    第55回日本癌学会総会, 1996年10月, 通常論文
  • エタクリン酸とビタミンD3による骨髄性白血病細胞の相乗的な増殖抑制と分化誘導
    槇島誠、本間良夫
    第58回日本血液学会総会, 1996年04月, 通常論文
  • トレチノイントコフェリル(レチノイン酸のα-トコフェロールエステル)で促進される1 ,25-ジヒドロキシビタミンD3によるヒト白血病細胞の増殖抑制と分化誘導
    槇島誠、金谷泰宏、山口ゆり、本間良夫
    第54回日本癌学会総会, 1995年10月, 通常論文
  • ヒト骨髄性白血病細胞に対するプロテインキナーゼ阻害剤ML-9の可逆的分化誘導効果
    山口ゆり、槇島誠、金谷泰宏、粕壁隆、本間良夫
    第54回日本癌学会総会, 1995年10月, 通常論文
  • ヒト単球性白血病U937細胞に対するHerbimycin Aの増殖抑制効果のGM-CSFによる解除
    槇島誠、本間良夫
    第57回日本血液学会総会, 1995年06月, 通常論文
  • Synergistic effect of novel uracil analog and vitamin D3 on proliferation inhibition and differentiation induction of human myeloid leukemia cells
    Kanatani; Y.; Makishima; M.; Kasukabe; T.; and Honma; Y.
    The Sixth International Conference on Differentiation Therapy, 1995年06月, 通常論文
  • Inhibition by GM-CSF of differentiation of human monoblastic leukemia U937 cells treated with inhibitors of myosin light chain kinase
    Honma; Y.; and Makishima; M.
    The Third International Mochida Memorial Symposium on Horizon in Cytokine Research, 1993年10月, 通常論文
  • GM-CSFと蛋白リン酸化酵素の阻害剤の組合せによるヒト白血病細胞株U937細胞の分化
    槇島誠、本間良夫、元吉和夫、永田直一、穂積本男
    第55回日本血液学会総会, 1993年04月, 通常論文
  • プロテオグリカン型M-CSFの構造解析
    木村文彦、鈴伸也、脇本直樹、金谷泰宏、槇島誠、大西真由美、元吉和夫、永田直一
    第55回日本血液学会総会, 1993年04月, 通常論文
  • TGF-βによるヒト骨芽細胞株MG63細胞のM-CSF産生抑制
    脇本直樹、鈴伸也、金谷泰宏、槇島誠、大西真由美、木村文彦、元吉和夫、永田直一
    第55回日本血液学会総会, 1993年04月, 通常論文
  • 化学療法施行後の肺真菌症における局所注入療法
    吉田仁、木村文彦、槇島誠、大月哲也、水上浩明、大西真由美、元吉和夫、永田直一
    第38回防衛衛生学会, 1993年01月, 通常論文
  • 化学療法後の肺真菌症に対する経気管支鏡的局所注入療法
    吉田仁、木村文彦、槇島誠、大月哲也、水上浩明、大西真由美、元吉和夫、永田直一
    第34回日本臨床血液学会総会, 1992年11月, 通常論文
  • 甲状腺機能低下症に伴った自己免疫性溶血性貧血の症例
    大西真由美、槇島誠、大月哲也、水上浩明、鈴木洋司、元吉和夫、永田直一
    第34回日本臨床血液学会総会, 1992年11月, 通常論文
  • Effects of inhibitors of protein kinase activities on differentiation of human myeloid leukemia cells
    Makishima; M.; Sampi; K.; Honma; Y.; and Hozumi; M.
    5th International Congress on Differentiation Therapy, 1992年09月, 通常論文
  • 甲状腺機能低下症に合併した自己免疫性溶血性貧血の1例
    大西真由美、松村琢也、槇島誠、水上浩明、大月哲也、木村文彦、元吉和夫、永田直一、鈴木洋司
    第17回埼玉血液同好会, 1992年06月, 通常論文
  • スタウロスポリンによるヒト骨髄性白血病細胞株ML-1細胞の分化誘導
    槇島誠、本間良夫、穂積本男、三比和美、元吉和夫、永田直一、服部理男
    第54回日本血液学会総会, 1992年04月, 通常論文
  • 好中球機能の著しい亢進を認めた慢性好中球性白血病の1例
    大月哲也、水上浩明、槇島誠、木村文彦、大西真由美、元吉和夫、永田直一、松浦喜房
    第55回日本血液学会総会, 1992年04月, 通常論文
  • 形質細胞性白血病に進展し、非分泌型に変化したと考えられた多発性骨髄腫(IgD-λ)の1例
    水上浩明、大月哲也、槇島誠、木村文彦、大西真由美、元吉和夫、永田直一、松浦喜房
    第55回日本血液学会総会, 1992年04月, 通常論文
  • 子宮体部原発悪性リンパ腫の1例
    大月哲也、水上浩明、槇島誠、木村文彦、大西真由美、元吉和夫、永田直一
    第408回日本内科学会関東地方会, 1992年03月, 通常論文
  • Ara-C及びMTXの髄注により神経障害を生じたと考えられる急性リンパ性白血病の一例
    酒井優、槇島誠、大月哲也、水上浩明、大西真由美、木村文彦、元吉和夫、永田直一
    第16回埼玉血液同好会, 1992年02月, 通常論文
  • ウラシル誘導体によるヒト骨髄性白血病細胞の分化誘導
    槇島誠、三比和美、服部理男、元吉和夫、永田直一
    第33回日本臨床血液学会総会, 1991年11月, 通常論文
  • 化学療法後の血清M-CSFの変動
    木村文彦、竹村洋典、金谷泰宏、大月哲也、水上浩明、槇島誠、萱嶋信介、元吉和夫、永田直一
    第33回日本臨床血液学会総会, 1991年11月, 通常論文
  • 新規ピリミジン・ヌクレオシド化合物によるヒト骨髄性白血病細胞株HL-60の分化誘導
    槇島誠、本間良夫、穂積本男、服部理男、小倉治夫、元吉和夫、永田直一
    第50回日本癌学会総会, 1991年09月, 通常論文
  • Tyrosine kinase活性及びphosphatidylinositol代謝回転の阻害物質によるヒト骨髄性白血病細胞の分化誘導
    槇島誠、本間良夫、穂積本男、三比和美、服部理男、元吉和夫
    第53回日本血液学会総会, 1991年04月, 通常論文
  • CLL患者末梢血単核球培養上清にみられたM-CSF誘導活性
    木村文彦、槇島誠、金谷泰宏、萱嶋信介、鈴伸也、大月哲也、水上浩明、山本光一郎、元吉和夫、永田直一
    第54回日本血液学会総会, 1991年04月, 通常論文
  • 再発性悪性リンパ腫に対する自家骨髄移植療法の成績
    久我貴、三比和美、槇島誠、柵木信男、金子安比古、土持恒人、桜井雅温、服部理男
    第54回日本血液学会総会, 1991年01月, 通常論文
  • 長期間不明熱が続いた後に非定型抗酸菌が証明された慢性骨髄性白血病の一症例
    萱嶋信介、佐々木強、金谷泰宏、青木晃、槇島誠、桂善也、木村文彦、高木聡、山本光一郎、元吉和夫、高谷治
    第35回防衛衛生学会, 1990年02月, 通常論文
  • 胞体内に粗大好塩基性顆粒を有する急性リンパ性白血病の1例
    高木聡、木村文彦、佐々木強、槇島誠、桐生拓司、山本光一郎、高谷治
    第35回防衛衛生学会, 1990年02月, 通常論文
  • 同種骨髄移植後の血清M-CSFの変動
    木村文彦、青木晃、太尾田正彦、金谷泰宏、中村幸嗣、槇島誠、萱嶋信介、高木聡、佐々木強、松浦喜房、山本光一郎、元吉和夫、永田直一、高谷治
    第12回日本骨髄移植研究会, 1989年12月, 通常論文
  • Neuron-specific enolase(NSE)が高値を示した非ホジキンリンパ腫(NHL)の2例
    中村幸嗣、金谷泰宏、槇島誠、萱嶋信介、佐々木強、木村文彦、高木聡、松浦喜房、山本光一郎、元吉和夫、永田直一、高谷治
    第107回日本臨床血液学会例会, 1989年12月, 通常論文
  • Interferonαが奏功した慢性骨髄性白血病の一例
    佐々木強、萱嶋信介、槇島誠、桂善也、木村文彦、高木聡、松浦喜房、山本光一郎、元吉和夫、高谷治
    第31回日本臨床血液学会総会, 1989年11月, 通常論文
  • 脊髄症状で発症した胸髄原発悪性リンパ腫の1例
    木村文彦、富山浩二、青木晃、中村幸嗣、金谷泰宏、竹村典治、槇島誠、萱嶋信介、桂善也、高木聡、佐々木強、山本光一郎、元吉和夫、高谷治、寺畑信太郎
    第104回日本臨床血液学会例会, 1989年09月, 通常論文
  • 著明な血小板減少を伴った骨髄線維症の1例
    槇島誠、山本光一郎、佐々木強、木村文彦、高木聡、元吉和夫、高谷治、松浦喜房、布施裕補
    第384回日本内科学会関東地方会, 1989年07月, 通常論文
  • 長期間不明熱が続いた後、非定型抗酸菌が証明された慢性骨髄性白血病の一例
    萱嶋信介、佐々木強、金谷泰宏、青木晃、槇島誠、桂善也、木村文彦、高木聡、山本光一郎、松岡健、元吉和夫、高谷治
    第4回埼玉感染症懇話会, 1989年07月, 通常論文
  • 寛解後2年9カ月で視神経に浸潤を来したM4Eoの一例
    木村文彦、萱嶋信介、金谷泰宏、竹村洋典、小針伸一、槇島誠、水上浩明、大月哲也、桂善也、佐々木強、高木聡、松浦善房、下村智、山本光一郎、元吉和夫、永田直一、高谷治、沖坂重邦
    第11回埼玉血液同好会, 1989年06月, 通常論文
  • 肝炎後に発症した重症再生不良性貧血の3例
    槇島誠、佐々木強、高木聡、佐藤典治、永田直一、高谷治、下村智
    第34回防衛衛生学会, 1989年02月, 通常論文

所属学協会

  • 2009年12月 - 現在
    胆汁酸研究会
  • 2009年03月 - 現在
    日本ビタミン学会
  • 2002年11月 - 現在
    日本レチノイド研究会
  • 日本内科学会
  • 日本血液学会
  • 日本癌学会
  • 日本薬理学会
  • 日本生化学会
  • 日本分子生物学会
  • The American Society for Biochemistry and Molecular Biology
  • The Endocrine Society
  • American Society of Microbiology
  • 脂溶性ビタミン総合研究委員会
  • 日本内分泌学会

共同・受託研究希望テーマ

  • 代謝調節因子として機能する核内レセプターを標的とする新規治療法の研究, 産学連携等、民間を含む他機関等との共同研究を希望

共同研究・競争的資金等の研究課題

  • 非ウイルス性肝障害の病態における肝臓免疫細胞ビタミンD受容体の役割
    日本学術振興会, 科学研究費助成事業, 2022年04月01日 - 2026年03月31日
    槇島 誠
  • ビタミンD受容体シグナルによる腸管・肝臓免疫調節
    日本学術振興会, 科学研究費助成事業, 2016年04月01日 - 2020年03月31日
    槇島 誠
  • 肥満モデルマウスにおけるビタミンDシグナルと胆汁酸代謝の関係
    日本学術振興会, 科学研究費助成事業, 2014年04月01日 - 2016年03月31日
    石澤 通康; 槇島 誠; 本多 彰; 西田 滋
  • ビタミンD受容体を介する腸管・肝臓の免疫と代謝の調節機構
    日本学術振興会, 科学研究費助成事業, 2013年04月01日 - 2016年03月31日
    槇島 誠; 関 修司; 梅田 香織; 石澤 通康; 山田 幸子; 西田 滋; 梅田 直
  • 核内受容体活性化を基盤とした漢方方剤における厚朴配合の意義の解明
    日本学術振興会, 科学研究費助成事業, 2011年 - 2012年
    小谷 仁司; 井上 誠; 永津 明人; 槇島 誠; 田邉 宏樹
  • 膵臓におけるビタミンDの新規標的遺伝子の同定と発現調節分子機構の解明
    日本学術振興会, 科学研究費助成事業, 2010年 - 2012年
    崔 美花; 石原 寿光; 槇島 誠
  • 肝臓免疫系細胞のビタミンD受容体による炎症及び代謝の調節機構
    日本学術振興会, 科学研究費助成事業, 2010年 - 2012年
    槇島 誠; 櫻井 健一; 梅田 香織; 関 修司; 石澤 通康
  • セルセンサーの分子連関とモーダルシフト
    日本学術振興会, 科学研究費助成事業, 2006年 - 2010年
    鍋倉 淳一; 冨田 江一; 富永 真琴; 岡田 泰伸; 槇島 誠; 小泉 修一; 富永 真琴; 岡田 泰伸; 槇島 誠; 小泉 修一
  • 胆汁酸応答分子の分子内及び分子間活性化制御機構と生理代謝調節
    日本学術振興会, 科学研究費助成事業, 2007年 - 2009年
    槇島 誠; CHOI Mihwa

産業財産権

  • 特願2011-045022, パーシャルアゴニスト活性を持つ新規ビタミンD受容体モジュレーター
    槇島誠、山田幸子、常盤広明、工藤健
  • 特許出願平8-42668, 白血病治療薬
  • 特許出願平9-171519, 白血病治療薬
  • 特許出願平9-173408, 9−シス−レチノイン酸−α−トコフェロールエステルを含有する白血病治療薬
  • 特願2002-376589, アディポネクチンプロモーターおよびその用途
  • 特願2003-115518, コレステロール血症治療薬
  • 特願2006-077193, 神経突起伸長誘導剤
  • 特願2007-147866, 作用選択的ビタミンD受容体作用剤